乗ってナンボ・・・

2017年12月14日(木)

P1010096


数字では3-0㎝台のうねり。

ところが海岸に行ってみるとマックス腰。

慌てて帰って着替え。

この往復30分で一挙に混雑。

ロングにショート混在でウロウロしながら2時間。

数だけは山ほど乗って大満足。

やっぱり乗ってナンボ・・・。

| | コメント (0)

何処で遊ばせてもらいましょうかね・・・

2017年12月13日(水)
P1010093_2

P1010094


夜半に風が変わり北風。

面が整ってサイズ胸肩。

但し、

ポイントが限られてこれから混雑必至。

何処で遊ばせてもらいましょうかね・・・。

P1010075_2


P1010086


―――

About 太気拳

禅を組み、身体を練り、

推手や組手をする。

稽古の目的は、

身体の知恵を育む事です。

身体に潜んで居る知恵、

それが素直に出てくるようにする。

ああしようこうしようの意図的なものは、

この身体の知恵を封じ込め、

身体がかえって委縮します。

組手でも推手でも、

気分は立禅のまま。

| | コメント (0)

上手くなるわけですね・・・

2017年12月12日(水)

P1010064


ビュンビュンに吹いた南西の風。

いつもの海岸散歩道は砂丘状態。

ですが、

西に変わり少し弱まりお陰で波は腹胸。

寒さに負けずキッズは登校前の波乗り。

上手くなるわけですね・・・。

P1010065


P1010067


―――

About 太気拳

無事交流会も終了。

先日も最後に感想を言いましたが、

重ねて書いておきます。

参考にしてください。

みんな一生懸命にやっているのは十分見て取れます。

しかし、

勿論全員と言うわけではありませんが、

微妙に違和感を感じています。

強いとか弱いとか、

技術がどうのと言うものではありません。

組手をやる時の気持ちの問題です。

どんな気持ちで組手を含めた対人練習に臨んでいるのか、

に違和感があるのです。

―――

皆それぞれに課題があり稽古をしています。

足りないところを知っているからこそ稽古をし、

組手でも推手でも、

それが出来るように工夫します。

しかし、

それが往々にして、

今度はああしてみよう、こうしてみよう、

になります。

これが組手などで出来ない事をやろうとする、

に繋がります。

私も稽古では、

こんな場合はこうしたほうが良い、

とか、こうするとこうなると指導します。

だからと言って、

それをやってみようとすると絶対に出来ません。

組手のように瞬間的な判断・反応が求められる場合に、

何かをやろうとする意思自体がストレスになり、

状況に対応できなくなります。

当たり前ですが、

状況と対応はセットです。

状況が違うのに予め決めた対応を求めるのは無理があります。

状況は相手が作ると同時に、

その瞬間に自分で生み出すものです。

それを予め作っておくなど出来ない相談です。

―――

勿論構えなど守るべきものはありますが、

それを守りつつ、

相手とぶつかった時に、

一体どんな事を自分がやるんだろう、

と期待する気分。

それが澤井先生の言われた「踊るように」に繋がります。

稽古の成果は意図して出るものではありません。

―――

え!何でこんなことが出来ちゃったんだろう。

やろうなんて思いもしなかったのに何で?

これが成果ですね。

| | コメント (0)

ならばもう一寝入り・・・

2017年12月11日(月)

Img_13291


気が付くと暖かい布団の中。

窓の外は曇り空、

風は南風。

ならばもう一寝入り・・・。

―――

思った通りに軽い二日酔い。

まずはお茶を飲んで風呂。

飲むとあまり食べない悪い癖、

お陰で腹ペコで朝飯。

これで稽古の準備万端。

―――
Img_13231

交流会が終わっての懇親忘年会。

島田道場の片隅に、

先生の書いた振動の模式図。

おお、島田先生はこう描くか・・・、

と感心。

参加の皆も見てるはずなんですが、

誰も気に留めない。

見えるか見えないか、

有るか無いかの違いですね。

| | コメント (0)

年末行事のスタートライン・・・

2017年12月10日(日)

P1010036


P1010048


夜明け前。

徐々に東の空が明るんでくる。

江の島に向かって散歩をすると、

明るさを増した空の色が変わってくる。

紫から徐々にオレンジ、

そして太陽が顔を出す。

日の出を拝んでからUターンして家路。

明るくなった朝の海はサイズ腿。

朝一組はいつもの通り。

既にキャップを被り冬支度。

P1010059


―――

さて、暮れ間近で慌ただしくなってきました。

慣例の冬の交流会と忘年会。

毎年これが年末行事のスタートライン・・・。

| | コメント (0)

«処理・・・