うらら・・・

2019年4月23日(火)
Img_0022_1
べた凪。
油を流したようにさざ波もなく、
沖の釣り船も置物のように見えて、
揺れている気配なし。
まるで湖のように静かな朝の海。
9時過ぎの一番人の少ない時間。
しばらく歩いていると汗ばんでくる。
春うらら・・・。
Img_0016_1
―――
About 太気拳
30年も昔の話。
人に教えるのはとても勉強になる。
だから機会が有ったら教えなさい。
そう澤井先生に言われた。
その言葉をつくづく思いだす。
Img_0020_1
―――
教えたいことは形でも動き方でも、
やり方や方法でもない。
稽古を続けてきた中で、
自分自身の中に育んできたもの。
言葉にも殆ど形にもならないもの。
ただ続けるだけではなかなか見つけ出せないもの。
それを自分なりに整理して、
弟子たちと共有できるものに落とし込んでいく。
そうすることで、
そのものでは無いが近似値を伝える。
あくまで近似値に過ぎないから、
そこからそのものに到達するかどうかは本人の努力しかない。
しかし、
その近似値を探る過程で、
拳に対する理解が深まったのも事実。
そうか、
教えるのも勉強になるとはこういう事か、
そう思えるようになった。
ともすると独りよがりで、
どうせ判りはしないだろう、
と独断に陥りがちなのを救ってくれたのは、
実は弟子だったか・・・。

と言う事は、
澤井先生も我々に教えながら整理してたんだろうか。

| | コメント (0)

夏が待ち遠しい・・・

2019年4月21日(日)
Img_0010 うららかな春の陽射し。


 


カヌーやSUPものんびりムード。


 


今が一番いい季節、


 


と言いつつ実は夏が待ち遠しい・・・。
Img_0009_1 ―――


 


About 太気拳


 


人の動きは物理法則に基づくべきだ。


 


合理的な動きは物理法則に則る。


 


しかし、


 


実際はどうだろうか、


 


一体どんな法則に基づいて動いているのか、


 


を考えてみる事も大事だ。


 


色々な拳で似たような動きがあるのは、


 


根本には法則があるからだ。


 


剛体の動きは並進と回転だ。


 


面積速度一定の法則は、


 


攻守変化の要。


 


回転運動の変化は楕円に由来する。


 

なんといってもコスパが良い。

| | コメント (0)

シャバシャバ・・・

2019年4月19日(金)
Img_0008
何故かうねりがある。

理由はともかく波があれば海に入る。

で、入ってはみたけれど、

薄っぺらでシャバシャバ・・・。

おまけにワイドで乗ってお終い。

まあ、昨日に引き続き二日連続は久しぶり。

満足って事にしておきましょう。
Img_0006
―――

About太気拳

歩法で足裏は地面と水平を保つ。

これは古来剣でも言われていることで、

基本だ。

しかし、これは形を言っているに過ぎない。

何故足裏が水平になるか。

これはなるべくしてなるもので、

必然の結果だ。

なるべくしてなる。

ならないのは必然を必然たらしめるものが無いに過ぎない。

形は目的ではなく結果だ。

結果を以って原因を探るために形は厳密に守るべきものだ。

| | コメント (0)

出ない・・・

2019年4月15日(月)
Img_0003_1
稽古前に海を覗くと思った通りにうねりあり。

サイズ胸肩たまに頭。

今のところは修行モードかな・・・、

と安心して稽古。
Img_0001_2
―――

海に入るのはあの世に行くのとおんなじ。

浜はこの世・・・。

浜から見てるだけなら海もこの世。

ところが一旦海に入って海から見ると、

あの世からこの世を見る思い。

海と浜。

あの世とこの世の違い、

別の世界。

―――

About 太気拳

稽古をすると言う事は、

どうしたらあちら側に行けるか、

その道を見つけることだ。

もしその道を見つけて少しでもあちら側、

つまりあの世に行ったら戻らない。

稽古時間は精々のところ二時間半から三時間。

その間は一瞬もこの世に戻らない。

禅を組む、

これがまずは入り口で、

一度入ったら出ない。

禅を組んで次の稽古に移る時も戻らない。

練っても推手しても、

そして一息入れている時も戻らない。

用を足しに行ってもあの世から戻らない。

稽古が終わってこの世に戻る、

勿論戻らなくても、

行ったきりでも構わない。

勁を知るとはもう一つの世界を知ることで、

新しい世界を知ったら、

そこから出ない・・・。

| | コメント (0)

もちろん武術であれ・・・

2019年4月14日(日)
Img_0044
About 太気拳

世界には四つの力がある。

引力、電磁気力、大きい力に小さな力。

世界のどんな存在も四つの力から逃れる事は出来ない。

この四つの中の先の二つを乗り越えるのが全ての運動の課題になる。

スポーツであれ、ダンスであれ、もちろん武術であれ・・・。

引力は位置エネルギーを生み、

電磁気力は摩擦を生む。

要するに重さと抵抗だ。

重さとは位置エネルギーであり、

抵抗とはその位置エネルギーの移動に関わる。

位置エネルギー、重さは諸刃の剣、

そして摩擦力、抵抗力もしかりだ。

この二つの力とどう付き合うのか、

が鍵になる。

これに関する考察が無ければ、

拳の理は成り立たない。

| | コメント (0)

«疲れが抜けん・・・