発勁の原則

2022年4月16日(日)

Img_0053_20220416182501

今年最初の台風1号が通過。

稽古から帰って海岸偵察。

サイズ胸肩で南風結構ワイド。

皆さん乗れてはいますがあまり走れない。

そろそろ皆さんもブーツを脱いで徐々に春モードですね。
Img_0030_20220416182501

―――

About 太気拳

このところブログ更新どころではなかった。

年末から教え方を工夫。

言ってみればカリキュラムの作成に精を出していたからだ、

それを下敷きにこの4か月いろいろ工夫。

思ってもみない変更もあったがそれなりに成果。

話した概要を箇条書きっぽいですが少し整理しておきます。

稽古でやった事を思い出して頭の中を整理してください。

―――

稽古内容はひたすら「発勁・発力」を出来るようになるのが目的。

推手も組手も発勁が目的の稽古だからです。

発勁自体は普通に運動できる能力があれば誰でもできるものです。

ちょうど波乗りが誰でもできるのと同じです。

その中でチャンピオンになれるかどうかは別の問題ですが、

誰でも波乗りが出来るように、

誰でも発勁出来なければ、何のための稽古か判りません。

速度や強度・変化は個性に依りますが、発勁自体は可能です。

以下はこの間説明した内容を散文的に書いたものです。

発勁の原則
物理法則との親和性―――ニュートン力学の運動の三原則
 慣性の法則・質量と加速度に関する法則・作用反作用の法則  

自身の重力と親和
注目すべきは誰でも持っている位置エネルギー(重量)とその方向転換
位置エネルギーの運動エネルギーへの転換―上下の力
自身の重量(位置エネルギー)はリソースつまり資源(潜在から顕在へpotential energy→actualized energy)
まずは自身の重量(位置エネルギー)の支え方の転換―石橋の要石(かなめいし)の分力(垂直から水平へ)
立禅は位置エネルギーの水平方向への転換準備(足首の外螺旋=これが「樹を抱くように立つ」の根本)ちなみにこれは立禅に限らず空手その他の武術でも同様―一重量を支えない質量移動=台車様の移動形態―接触・作用反作用・発勁
潜在的な位置エネルギーの運動エネルギーへの転換(初期は横歩き)とそれを支える二つの楔を核にした強靭な体幹。

構造的な理解―――効率的な力の伝達(特に腕に於いては注意)全ての運動は円と直線からなる、円運動は大負荷が掛かり、直線運動は小負荷(クランク・シャフト)。 
震動(強靭な体幹)の原理は板バネの構造=基盤となる板の両脇に二枚の異なる金属板を張ることで、板バネが出来上がる=大腿骨と頸骨が基盤であり、外旋に依る外と内の筋緊張が二枚の異なる金属板にあたる。

 足首の外旋・螺旋運動による上体の落下運動(位置エネルギーの運動エネルギーへの転換)反発する弾力=内旋・螺旋運動(滑車運動・ヨーヨーに似たエネルギー保存法則)これにより上下と左右の力が保証される
脚部の抜重(外螺旋力)と加重(内螺旋力)板バネの弾力獲得(外旋運動は同時に螺旋でもあるため外螺旋運動と表現、内螺旋も同じ)

最も基本になる動き
具体的には、瞬間的に抜重・加重を繰り返すこと(自由落下より素早く)により、自身の持つ上下の反発力(運動エネルギー)を確認する。同時にこの時に腰の楔の緊張及び横隔膜の緊張が引き出される事にも注目する。この楔と横隔膜の緊張が前後の力を保証する(ここにおいて上下前後左右の六面力が保証される)。ちなみに六面力とは位置エネルギー(上下)の運動エネルギーの水平方向への転換の可能性を意味する。つまり足首の内外螺旋と楔・横隔膜が水平方向の鍵。
これが確認できれば、後は支点転換、或いは時間差転換で方向は上下前後左右に方向を定め運動エネルギーを発揮することが可能になる(この初期が左右歩法)。

また上体では腰を支えるのと同じく胸・肩・背・肩甲骨周りの協調による外螺旋・内螺旋力が腕を支えると同時に上体の強度を高める(荷崩れしない体幹の強靭さ)。
これを「背の楔」と名付けておきます。背の楔が無いと、獲得した運動エネルギーを腕に伝えられない。
これは揺りの動き=脚部の内外螺旋力に腕肩背も同調する=腰と肩の二つの楔の連携・協調。
具体的には、初期は腕を水平に揚げ二人に持ってもらい引き寄せ押し返すところから始め、徐々に方向を変え、脚部の抜重加重外旋内旋と同調させる。
抜重加重による体幹部の緊張と腕の動きの調和は、中国拳法に伝統的な稽古法「震脚」に顕著にみられる。


基本的な発勁
腰での発勁から始め、肘そして肩での発勁に進む。

生理的な理解―――神経伝達の順序と反応速度
神経伝達速度は、その発信元の脳に近いところが最も速いのは自明。伝達は脳から頸骨・背骨・腰椎へと連なるため、それらを体幹を起点とした筋緊張=動作は神経伝達と同様の最も速い経路をたどる(反応速度の改善、驚力、或いは熱い鉄板に触れるような・・・)。
抜重加重は腰椎と密接に関係し、腕肩背の内外螺旋は頸骨と背骨に由来し、首・背・腰の幹神経の活性化に繋がり、精神の安定、亢進、高揚をもたらす

発勁を受ける側の物理的理解
 直立する物体の上方が後方に傾けば、朽木が倒れるように自身の重力で倒れ、その後押しを指先で行う技術。傾けさえすれば動きの助長は指先の力で賄える(発勁の方向性)。

| | コメント (0)

こんな日もあるさ・・・

2021年12月17日(金)

Img_0007_20211217230801

雨が上がると波も上がる。

低気圧通過でサイズ腹胸、所によっては肩頭。

潮回りもあって、結構形の良いのが入ってます。

皆さん急げ急げで板を抱えて走って海に。

今日はどうしてもやらなければいけない事があるので、

こちらは悔しいけど見学のみ。

まあ、こんな日もあるさ・・・。
Img_0010_20211217230801

―――
About 太気拳

10月から稽古法に工夫をしました。

通常の稽古の考え方を逆転。

静的な立禅主体の稽古から動を強く押し出した方法です。

元来「動静互根」つまり静と動は勁力の持つ二つの側面があります。

二つの側面とは静=「在り方」と動=「やり方」。

つまり「存在の形式」と「方法の形式」で、

この二つを普通からどう変化させるか、が稽古の課題です。

内家拳の方法論は、在り方を変えることでやり方の変質を求める。

これに対して外家拳は、やり方を繰り返すことで在り方の変質を求める、という事です。

方法が違うだけで、求めるところは同じ。

―――

この二つの形式、存在の形式と方法の形式の一致を求めるのは至るところに見られます。

昔から芸事は身体的な型、つまり動きの形式を繰り返す事で、

身体的な在り方、形式を変えていく。

バレーや舞踊、能や歌舞伎を思い浮かべればすぐ判る。

芸事が身に付いた人の挙措はすぐ判ります。

芸を離れても在り方が変わらないからです。

王郷斎師はこの順序を逆転しただけの事です。

つまり身体的在り方を変えれば出来る事、やる事が変わる。


―――

話がずれましたが、

このところの稽古の再確認です。

頭の中ももう一度整理しておいてください。

整理できていないと次に進めませんからね。

10月の初め、第一に取り組んだのが歩法の改善。

改善すべきところはまず、重心の確実な移動。

その為に、前方への素早い踏込みからの膝蹴りのような移動形式。

ハムストの緊張と瞬間の停止状態を作ること。

素早い動きと瞬間の停止、逆行。

これにより体幹の強度を感じ取れたと思います。

六面力の上下・前後の感覚を取り込む。

そしてそれを応用しての推手。

これで重心の移動と腰の力を確認できました。

引き続き第二は同じような速度のある移動を左右に転換。

これも速度を求めると同時に瞬間の停止状態、逆行を作り出すことで、

上下と左右の力の確認。

そして第三段階で第一第二を踏まえたうえでの歩法の注意点、

細かく言えば足裏の方向と腰の力の相関関係、

そして螺旋力の確認。

運動は単純化すれば直線と円しかないので、

左右の重心移動は直線を描き、

重心それ自体は回転する。

つまり歩法の本質は、

回転する質量が直線的に移動することに尽きます。

この単純な状態が勁力の本質で、

次はそれを実現するための足裏の体重移動のコツです。

―――

まあ、書いてみると随分いろいろやったようにも思いますが、

此処まではひと月分、10月の内容。

次は11月の分をまとめてみます。

結構疲れますね、文章にするのは・・・。


| | コメント (0)

出遅れた・・・

2021年12月3日(金)
Img_0005_20211203153101

早朝の散歩では波無し。

ところが朝食後に再び海岸に出ると、

セットサイズ胸位。

皆さんいそいそと海に向かってました。

しまった!

出遅れた・・・

Photo_20211203153201

―――

About 太気拳

意味が判らなくてもとにかくやるしかない。

これをやったらこうなる、

ああしたらこうなる、

なんて事を考えて稽古したことはない。

とにかく禅を組んで、練って、組手をして、

また禅を組んで、練って・・・。

この繰り返し。

禅を組むことと強くなることの関係性が皆目判らなかった。

しかし、師がやれと言うからひたすら禅を組んで練る、

の繰り返しで日々が過ぎた。

意味も分からず稽古した日々が今の財産だ。

―――

考えてみれば当たり前で、

出来ない人間には判らないことをやらせたのは、

出来なければ判らないことを教えたかったからだ。

「ない奴には何をどう言っても判らない」。

気を語る時には必ず言われた。

―――

別な表現をすれば、

外にあるものは見え、効き、触れる事が出来る。

しかし、拳は外の世界にあるのではなく、

その萌芽は既に身の内にある。

内にあるものは見ることも聞くことも、触れることもできない。

しかし、レールは全ての人の内部に引かれている。

| | コメント (0)

師走か・・・

2021年11月30日(火)
Img_0075_20211130173601

今日で11月の終わり。

明日から師走か・・・。

今朝は久しぶりに早朝の海岸散歩。

もちろん寒いけれど気持ち良い。

波が無くてもビーチにサーファー、

サップで沖に向かう釣り人。

よし、明日から再び早朝散歩、

と思ったら明日の朝は雨・・・。
Img_0078_20211130173701
―――

About 太気拳

矛盾し相反する言葉。

しかし、それらは矛盾でも相反でもなく補完。

―――

上下とは上と下で意味は正反対。

前後とは前と後ろで意味は相反する。

左右も左と右で意味は逆方向。

―――

上に行ったら下に行けない。

いやいや、下に向かわなければ上に行けないだろ。

同じく、前に向かうには後ろに行かないと。

そして左が無ければ右もない。

―――

開合、開く力と合わせる力。

開く力と閉じる力。

意味は真逆、

ところが開けば閉じる、

或いは開くところがあれば閉じるところが生じる。

じっくり考えれば、

これが当たり前なのが良く判る。

―――

ロケットは後ろに噴射するから前に進む。

つまり後ろに力が向かうから前に進む。

下に蹴るから上に跳ぶ。

左を押すから右に傾く。

前は開けば後ろは閉じる。

そいて上下前後左右に向かう力が均等であれば「此処」に止まる。

立禅の静は六面に力が整った状態。

禅の静は動の均整の上に成り立っている。

―――

言葉は矛盾するように見えて、

現実は矛盾しない。

| | コメント (0)

必要条件は何か・・・

2021年11月28日(土)

Img_0073_20211128171201

稽古から帰って昼食、そして午睡。

すっきりして海岸に散歩に出る。

爽やかな秋晴れ。

日曜日で犬を連れて家族で散歩や釣りで結構にぎわい。

波打ち際でリビングの鉢植えの飾りに貝殻拾い。

鮮やかに沈む夕日、他に比べるもの無し。

Img_0072_20211128171301
―――
About 太気拳

10月の中旬から始めた六面力を中心にした指導は今週から第4段階。

通常の静から動への移行ではなく、

逆転して「動」から「静」を捉える試みは案外上手くいっている。

ひと月前に歩法の動きから上下の力を感じ、

それを静に纏める。

次に前後の力を加え、

楔の力と表裏の呼吸の弾力へと進み、

左右の力に至り、

これで上下前後左右六面となった。

最後の仕上げは六つの力の統合。

ひとつにまとまってこそ「六面力」。

六面力は勁力の必要最低条件・・・。

―――

まずは筋トレじみた速い動きから始めて、

筋肉疲労を起こさせて要求する部分を明確にする。

次に静に於いて同部分の緊張を引き出し固定する。

これを六面に延長して全部を固定化して、

その質を変化させずに動にもっていく。

結構上手く行くもんです。

推手の動きを見ながら感じるのは、

皆の腰付きの変化で、

結構どっしりと落ち着き、

勁力も時たま見えるようになりました。

今週まではこの感じで来週からは次の課題「速度」です。

どっしりと力強くなれたら、

次は「素早く」です。

力強いからこそ素早く動ける。

その源も「六面力」。

さて、速度を引き出す必要条件は何か・・・。

Img_0074_20211128171301

| | コメント (0)

«釣果ゼロ・・・。