« 学者と音楽家 | トップページ | 結局 ビール »

新手 大吟醸

6月20

なんと7時半起床。どうせ波無いから、と半分ふてくされ気味。月曜日に膝波に乗っていらい。こんな一週間も珍しい。静岡サーファーの運営する某サイト、毎日のサーフ日記なんですが、まあ、良く毎日波があること。毎朝4時には海に入ってる。羨ましい、の一言。波があれば負けないんですが・・・。

という事で、納豆と豆腐のヘルシー朝食の後、今朝は海も見ずに稽古に出発。見学希望の人と待ち合わせて稽古場へ。先着のN君の「いつもより早いじゃないですか」に、一言多いんだよ。

見学のS君に、見たって面白くないから立禅でも組むか、と言うと「見よう見まね、と言うか本やビデオを参考にしてやってます」と言うので早速始める。

立禅ていうのは、教えようが無い。ただ組んでりゃそのうち判る、そのうち感じるっていうもの。でも、それじゃしょうがないので色んな教えかたを考える。形を見せたって、どうせ何にも見えない。感覚を教えないといけないから、いつも迷う。なにせ、自分の感覚と言う内的なものを他人に移し変えようと言う作業だからだ。やってみてもらって、その中で自分で探し出してもらうしかない。だからその人その人を見て教える。ケース・バイ・ケースって奴、まあ気分しだいとも言う。

で、今日は肩の感じを教えるのにちょっと一工夫、新手を考案。「コップになみなみと酒を注いでな」と始める。「その酒をこぼさないように、こうやって隣の部屋の運ぶんだ、何せ大吟醸だぞ」なんて言いながら、背を緩め腹を緩め肩を緩めるんだっと講釈。

人によるんだろうけど、この例えが上手く言ったようでそこそこな立禅になった。本人もその感覚が面白かったようで「何か初めての感覚です」との事。

めでたしめでたし。

615_003

土曜日は午前と午後の二本立ての稽古。その両方で軽く組み手。午後の組み手で基本的なことを少し守れたので収穫。この一週間でそこそこの成長かな。

ただ、ちょっと力が入ったのが気になる。

|

« 学者と音楽家 | トップページ | 結局 ビール »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学者と音楽家 | トップページ | 結局 ビール »