« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

人は数字じゃありません・・・

831日(月)-3

健康診断から帰って昼食。

やっと人心地。

健康診断でやったこと。

身長・体重・血圧・採尿・採血・心電図・バリューム・レントゲン。

あ、それから腹囲を計られました、

勿論メタボ診断。

今日はお医者さんとは一切無接触。

数字だけが僕と言う人間。

顔色も、肌の色艶も雰囲気も一切関係なし。

でも、本当は見立てっていうくらいで、

見て取ることが一番先じゃないのかね。

まあ、次回は先生と数字を基にして面談。

そこでそういう所を見るんでしょうが・・・。

最初に着いて先ずは血圧を測った。

自分で腕を差し込んで計るやつです。

普段はどちらかと言うと低血圧。

それが最初は168124

え、と思って計りなおしたら147117、やっぱり・・・ ぎょ!

おかしいな、とは思ったんですが、

それで提出。

でもやっぱりおかしい。

まあ、サーフィンやった直後って事もあるかも知れない。

で、今度は椅子に座って3分ほど立禅(座ってるから座禅か?)。

そしてもう一度。

そしたら12472

禅で血圧下がるんだ、やっぱり。

僕は睡眠不足が続くとたまに不整脈が出る。

そういう時も禅組むと暫らくは収まる。

不思議なもんです、禅を組むって言うのは。

時には心臓の鼓動もコントロールできる気がする位です。

勿論データ無し。

しかし、何でも数字で計るってどこか変。

主観を排して、客観的にって言うのは判るけど、

主観・直感て言うのはとっても大事な要素。

科学的って言う言葉の下に、

数字が一人歩きしてる気がする。

人それぞれ数字で計れないものをいっぱい持ってるのに、

判りやすいところだけで見ようとする。

それでめんどくさい事を考えなくて済んじゃう。

気がつくと、それがいつの間にか当たり前と思ってしまう。

そこに乗っかって疑問を持たない。

何でも最大公約数的なものの見方をする。

先日弟子が聞いてきた話。

格闘技は体重が5キロ違うと絶対勝てない、

って言うのが常識だって。

何言ってんだかね。

まあ、そう思ってる世界に人もいるのはいいけど、

それぞれだからね。

そんな事言ったら相撲なんてどうなるのかね、

って思うけどね。

僕は自分より強いやつ、大きいやつ、

そういうのにどうやって勝つか、

そのためにどうすればいいか。

どう考えればいいか、ってのを先生から学んでる気がするんだけど。

それを乗り越えるのが太気拳だ、って。

身長や体重、それもひとつの要素。

それは今更どうしようもない。

大きい人間は大きい。

小さい人間は小さい。

それだけのこと。

そういう事に左右されないものもある。

だからそんなものを見つける、

それが太気拳だと思うんだけどね、僕は。

そうじゃないって言うのは、技術じゃないよ。

そんな小手先の事じゃない。

病院から帰って、海岸に偵察行。

831_005 831_009 831_011

11号接近中の割にはサイズは上がってません。

朝より少し下がったような気がするくらい。

北風(18m)で波が抑えられてるんでしょうか。

うねりは2mを切ってました。

でも、海岸は立ち入り禁止。

831_012 831_014_2

電車は中央線や総武線その他で影響がでてる様子。

台風被害が無ければいいんですが・・・。

| | コメント (0)

台風11号ヒット

裏パーク、サイズ肩、やがて頭オーバー。

上がってからネットで見ると、この時間うねりは2.6メートル超。

北風強く、雨。

切れた波で奇麗にピークから左右に割れる。

久しぶりにいい波、みんな笑顔。

意外とすいてるんですが、顔ぶれは壮観。

上級者・エキスパートレベル。

皆さんに朝の挨拶して端の方に入る。

これでもか、のセッション。

それでも気持ちよく乗れました。

ファンタスティックな朝一サーフ。

で、入るとき写真を撮ったんですが、シャッターを切った途端に電池切れ。

お蔭でこんなボケ写真一枚。

830_001

想像力で膨らませてください。

二時間ほどで終了。

お腹ペコペコ。

でも、今日はこれから健康診断。

お蔭で朝食は抜き。

これって結構辛いです。

仕方ないんで、お茶飲んで我慢・・・。

とほほ・・・。

| | コメント (0)

フルスーツ

831日(月)

4時40分起床、曇り。

平塚沖うねり160cm強。

昨日は台風接近にもかかわらず、

北風で波は思ったほど上がらず。

稽古から帰って海岸に行くと

皆さんがっくりした様子。

期待してたのにね、

って顔に書いてありました。

今朝は十分できそうですが、

相変わらず来た風が強く、

うねりを抑えてるんでしょう。

北風が14m

さて、お茶も飲んだしこれから出かけてきます。

今日は寒いので2.3ミリのフルスーツ。

こうやって秋になっていくんですね。

| | コメント (0)

830日(日)-2

about 太気拳

弟子の稽古で一番気になってるのが姿勢。

立禅で立ち方を見つける。

それが動き始めると途端に無くなる。

禅を組んでるときは、周囲に気を配る。

見る、聞く、肌で感じる、鼻を利かせる。

見えないところにも気を配る。

そういうところから姿勢が作られる。

姿勢は形じゃない。

感性・感覚を開くことができる。

それが形になったのが姿勢。

そういう意味では、姿勢も心の産物。

形から入って作れるものじゃないと思う。

090829_123601

で、何とか立禅では様になってきた者も動くとそれが無くなる。

気がつくと、這いの稽古をしながら後ろに気持ちが無い。

気持ちが前にしか行っていない。

前を見てるだけで、耳が聞こえてないし、

五感が貧しくなっていく。

前に進むから気持ちが前に行くのは当たり前。

それを当たり前と思ったらそれはそこまで。

それを何で当たり前と思ってるのか、

それを自分に問え。

当たり前を自分に問う、

太気拳はそこから始まる。

前に行きながら、

後ろに気持ちを残せるようにならないといけない。

そうなって初めて身体と気持ちの安定が得られる。

前に行っても後ろに行っても、

気持ちは四方に向けられる。

そういう姿勢が出来ないと、

組み手のときに組み手に飲み込まれる。

組み手に飲み込まれて、身体が固まって、

気持ちも固まって自由に動けなくなる。

 

いつも相手と向かい合ってる自分を、

どこかで冷ややかに見据える自分が無いといけない。

それを作るのは先ずは姿勢。

単なる形としての姿勢じゃない。

気持ちで作り上げた姿勢。

世阿弥の言う「離見の見」だってそこからしか出てこないはずだ。

| | コメント (0)

どっかーん

830日(日)

5時起床

台風11号接近。

昨日までは関西方面に進むかと思われていた台風。

どうも進路を北東にとって関東に大接近か。

今のところうねりは60センチを越えるくらい。

と言う事で、先ずは着替えて海へ。

827_006

いつものポイント、サイズ腰、セットで胸。

サイズは良いんですが、速くてワイド、全然走れません。

波に乗って立った瞬間にドッカーン、グリングリン。

一時間ほどで命からがらって感じで上がりました。

827_007

ビーチでは皆さんが「何処もよくないね~」。

これから午後にかけて台風接近。

夕方はクローズかも。

| | コメント (0)

非常道

829日(土)-2

大事な事は言葉にならない。

本当に大事な事は語ることは出来ない。

自分の中で起きる、ある種の世界観の転換。

ヒトは生きてる、生きてると何かを手がかりにする。

何かを手がかりに、何かを考える。

僕は先生と出会ったお蔭で、太気拳を通じて物を考える。

武術をやるって言う事は、それを通じて世界を見ること。

いくら技を稽古したって、世界に見え方は変わらない。

技なんてのは何のことは無いただのマニュアル。

マニュアルに普遍性は無い。

当たり前だ。

こう来たらこう、がマニュアル。

こう来なかったら、役に立たない。

じゃあ、って言うんでこう来ないときはこう、ってまたマニュアルを増やす。

いくらやってもキリがない。

いくらやっても、覚えるだけで世界は変わらない。

やってる本人が変わらないから、

世界が変わらないのは当たり前。

こんなこと考えてたら、やっぱり昔の人も同じ事を考えてたって気がついた。

道可道 非常道 

名可名 非常名 

無名 天地之始 

有名 万物之母 

道と言う事が出来るなら、それはもう道じゃない。

名前を付けられるなら、それは単なる名前に過ぎない。

天地は何にも無いところから始まった。

全てのものは名前が付けられたから、有るようになっただけだ。

ってなとこ、迷訳なり。

大事な事は語りつくせない。

全ては混沌、カオスのなかか・・・。

中国の賢人、老子先生のお言葉。

「はじめに言葉ありき」と始まる西洋との違いがくっきり。

言葉を知って言葉に遊ばれる人の業。

語って知る事、それで一体何がわかったんだろう。

昨夜の稽古、空を見上げると奇麗な半月。

あと四、五日で満月。

太陽と月と地球の位置関係を思い浮かべる。

でも一体それで宇宙の何がわかったんだろう。

遺伝子の解析。

これって凄いことらしい。

でもそれで人の何がわかったんだろう。

ここに宇宙があって、ここに僕がいて・・・。

父と母がいて、連れ合いがいて、子どもがいて。

その不思議の一体何がわかったんだろう。

玄之又玄 と続ける老子おじさん。

玄は神秘。

神秘で、その上に神秘。

結局、何でここに居るのか、よく判らん・・・。

が、それでいいらしい・・・。

| | コメント (0)

台風11号発生!

829日(土)

Dscn0855

5時半起床、晴れ。

平塚沖50センチ、西風。

のんびりお茶を飲んでから偵察行。

サイズ膝。

日曜日のせいで人が多い。

今日のところは遠慮。

日本の南海上に台風11号(クロヴァン)発生。

進路が西日本に向かいそうとの事。

先日の地震で静岡中心に被害。

この台風で被害が広がらなければいいんですが・・・。

海岸に行ったのが6時過ぎ。

これから入る人、今日は止めとくよ、と言う人。

ローカルの皆さんもそれぞれ。

Dscn0856 Dscn0859

娘さんと入る場所を選定中のローカルさん。

羨ましいですね・・・。

| | コメント (0)

雲・・・

828日(金)

実家から帰ってから海へ。

サイズ腿、南風。

ちょっと自転車で辻堂まで遠征、第二駐車場前。

何とかできるって言う感じ。

まあ、こんなもんでしょう。

江ノ島がいつもより近くです。

827_004

空を見上げると雲。

皆さんに雲のおすそ分け。

827_001 827_002

雲が何かを教えてくれるって言う事は無い。

雲は言葉を持たない(当たり前)。

太陽も風も雨も一言話さない(これも当たり前)。

知るって言う事に言葉が必要なんだろうか。

言葉で知った事って、

言葉で知る事が出来る事って、

言葉に出来る事だけ。

言葉に出来ない事を、言葉で知る事は無い。

見て知る事、これもそう。

見る事で知る事が出来るのは、

見えるものだけ。

言葉に出来ない事、

眼に見えない事、

太気拳やってて思うのは、

見えないことをどうやって掴むか、

言葉にならないものをどうやって伝えるか、

それが太気拳だって事。

雲が移ろうように人も移ろう、心も移ろう。

827_006 

そんな危うくて脆い時間の流れの中で、

求めるのは、結局自分の内にしかない。

自分の中にあるものって言葉にもならない。

見えることも無い。

求めるものは自分の中にあるって言うことを知る。

自分の内にしかないって事を知ってるって言うこと。

禅を組んで知ったことは、そういう事だ。

禅を組んでてホントに良かった・・・。

| | コメント (0)


昨夜は実家。写真は実家の庭に来る猫。子供の頃から何時も猫のいる家でした。歴代の猫の名前はミーコ。初めてミーコ以外の名前がついたのはポンポン、確か妹が命名。一体何考えてつけたんでしょう。

| | コメント (0)

福見優勝!

827日(木)

6時半起床、平塚沖うねり51センチ。

のんびりお茶を飲んでから偵察行。

二箇所だけ出来てるところあり。

サイズ腿、ワンピークに多人数が集中。

ここに割り込んだらキツイよな。

そろそろ朝一組みが上がる時間。

交替で入るか・・・。

827_001 

陽射しは強いが透明、

空気はひんやりと清澄。

空は高く、雲が光る。

827_006

最後の夏を楽しむ人たち。

デッキでそんな風景を見ながらのんびり立禅。

禅を組んで幸せを育てる。

今日はやらなくちゃいけないことが一杯。

のんびり出来るのはもうちょっとだけ。

Dscn0843_2 Dscn0844 

昨夜は柔道世界選手権を見て夜更かし。

48キロ級の福見選手優勝。

谷亮子の影から躍り出た福見友子24歳。

遅すぎた新時代の幕開け。

技をかけられた瞬間の腰の反応が気持ちいい。

腰を中心として姿勢がぶれない。

強さって言うのは、こういう自然な反応にあるんだろうな。

反応の中心をキッチリ仕上げる。

こういうところは参考になる。

所謂打撃系ってのは見ても得るところは余りない。

頭でやってる感じ。

柔道やレスリングは頭じゃなくて、

身体の想像力が飛翔する。

太気拳と同じ。

| | コメント (0)

栗の実

826日(水)

6時起床、薄曇り。

平塚沖波浪50センチ強、北風。

満潮を迎えて出来ないかな、

と思いつつ偵察行。

家を出るときは小雨混じり、狐の嫁入り。

Dscn0832

サイズ膝、ロングで何とか。

潮が引けば出来そうですが、

今のところショートではきつそう。

写真を撮って、のんびりいつものところで禅。

朝の風がとっても心地よい。

一時間ほど、禅組んだり、揺りをやったり。

昨日は、午後に近くの公園で数人で稽古。

その時に見つけたのが栗の木。

11

12_2  13

いや、見ただけで栗の木だなんて判らないんです。

でも、実がなってるのを見て判りました。

いがぐり頭の栗の実がしっかりとなってました。

もう実がはぜて落ちてるのも・・・。

秋だな~、なんて人が思う前に木々は実りの季節を準備しています。

桃や西瓜が終わって、梨や葡萄、林檎です。

夕方の稽古のときの蝉時雨。

陽が暮れると、虫の声が取って代わります。

今は~♪もう秋~♪誰もいない海・・・、

って、海にはいっぱいサーファーが浮かんでるんですけど。

歌にならない茅ヶ崎海岸。

| | コメント (0)

大地震です!

825日(火)

5時半起床、曇り。

パソコンの電源ON。

平塚沖うねり60センチ超。

ちょっと厳しいか、と思って他を調べると出来てるよう。

ってことで、更新は後回しにして海へ。

090825_055803   

相変わらず皆さんお早いですね・・・。

朝一組み曰く「早いうちはもっと良かったんですよ」。

へいへい、どうせそうでしょうよ。

サイズは腿から腰。

昨日と比べるとうねりの力強さがアップしてる感じ。

台風10号のうねりでしょうか。

暫らくすると、防災放送。

パンパラリン、パンパラリン、大地震です!大地震です!

みんな顔を見合わせて、どうしろってんだよね・・・。

お父さんお母さんが海で遊んでるうちに家が倒壊。

それでも、放送を聴いて上がる人皆無。

能天気は僕だけではありません。

海から上がると身体が冷えてる事に気がついた。

いつもは頭から水を浴びるだけだったのが、

今日は温水。

季節は変わりつつあります。

090825_055801_3

たましいの たとえば あきのほたるかな (蛇笏)

もの思う季節・・・。

となりは何を 食う人ぞ・・、が僕には似合ってます。

| | コメント (0)

太気拳基礎講座

824日(月)-2

about 太気拳

昨日は講習会。

ポイントは腕の動きを身体全体に繋げる事。

まあ、一日で何が出来るようになる、なんてことは考えてない。

だけど、問題の在り処、あるいは問題意識を持ってもらえればいい。

そう思ってる。

立禅の状態からの動きはまあまあ。

歩法が加わると??。

でも、やっててこういう教え方は良いんだろうか。

そう思ったりもする。

教えようとすると、判りやすいようにと思う。

判りやすい、という事はどういうことか。

判りやすく、とは自分がそこに降りていく、という事。

また、見えるようにするという風にもなる。

で、と思うんだよね。

太気拳は見えないんだよね。

見えるとか言葉になる、というもんじゃあないんだよね。

じゃあ、どんなもんかって言うと、感じ取る。

身体の中に作り出す、醸成する。

気がついたらなってる。

覚えるとかそういうことじゃない。

何処が変わったのか、

自分でも判然としないけど、明確に違う。

何年かを経て、ふと振り返った時に気づく。

「変わっちゃったんだな、俺」。

そういうもんなんだよな~。

初めて遠方から参加の方、49歳。

最後の組み手に参加希望。

初めて参加で、知らない人と組み手、未知の経験。

緊張して息が上がったみたいでした。

でも、その心意気や良し。

心と意と気。

これがあれば人生は豊かになる。

実りをもたらすのはこれだ。

| | コメント (0)

アラ還、でも あすなろ!

824日(月)

4時起床、小雨。

平塚沖うねり62センチ、北風。

これで潮がもう少し引いてればいいんだろうな。

そう思って、雨上がりの海岸へ偵察。

サイズ腿から腰。

出来てます。

Dscn0823

ワイドですが切れ目を狙えば、ってとこでしょうか。

偵察中にローカルのお兄さんと遭遇。

茅ヶ崎の支部予選を一位通過。

明日から三重県で行われる全日本に出場との事。

頑張れ!!!

サーフィンの面白いとこ。

それはプロや全日本クラスのサーファーと一緒に遊べる事。

サッカーや野球だったら、

絶対にプロと一緒のグラウンドに立つことは無い。

それがサーフィンでは当たり前に隣にプロがいたりする。

彼らのライディングを見て思うこと。

考えてることが違う、或いは感じてることが違う。

同じ波を見て、瞬間的にライディングを組み立てる。

それは誰でも同じ。

その時その場でどうするか、

って言うのを思い描いて乗っていく。

それを波をメイクする、って言うんだけど、

そのときの発想がちょっと違うなって思う。

波をメイクする力。

身体能力ってのもあるけど、それだけじゃない発想の妙。

勿論発想ったって、それは経験と技術に裏打ちされてるんだけど。

そこら辺が、プロのプロたるところ。

こういう処は、太気拳と同じ。

僕だって波をメイクする。

でも、僕は並のメイク。

同じ波でも、波と並。

似てるけど、随分違うのがちょっと悔しい。

でも良いんです。

Dscn0822

アラ還あすなろサーファー、今朝も出陣。

| | コメント (0)

台風10号

823日(日)

5時半起床、曇り。

Dscn0819

平塚沖のうねり50センチ台、北風。

今朝のサーフィンは無理か・・・。

台風10号は北緯26.5度、東経1555度。

距離的にはうねりが届くのは明日早朝か。

今回は小笠原を直撃の可能性。

この進路の台風は今夏初めて。

東うねりなので、湘南の波は期待薄かも・・・。

という情報を仕入れて海岸へ偵察行。

満潮と重なって、厚いうねり。

サイズ腿、ロングならなんとかって言う感じ。

しかし、波数と入ってる人数が合いません。

Dscn0820

これじゃなかなか乗れないね~。

日曜日は結構危険、今日は遠慮です。

お気に入りの場所に自転車で移動。

今日は先客も無し。

禅組んで揺りをのんびり。

―――――

今日は「基礎講座」。

一日中稽古って事になります。

テーマは「手」。

手の重さを感じて、

身体全体の動きにつなげて行きたいんですが、

みんな感じてくれるでしょうか・・・。

| | コメント (0)

822日(土)-2

昨夜の稽古。

始める頃は蝉の声。

それが終わるころになると、虫の声に変わる。

季節の変わり目。

夏から秋へとこちらの思惑とは別に季節は移り変わる。

虫の声をヨーロッパでは雑音としか思わない。

そう聞く事がある。

本当かどうか知らない。

確かに、そこらの草むらから湧き上がるように聞こえてくる鳴き声は、

時に凄まじいとさえ感じる。

それでも、うるさいとは思えない。

いや、うるさいと思っても、

そこにもう一つの情感が重なる。

その鳴き声に季節の変化を感じる。

何で虫の音が雑音に聞こえるのか。

日本人とヨーロッパ人と耳の構造が違うのか。

聴覚が違うのか・・・。

日本人であれ、ヨーロッパ人であれ、或いはアフリカ人であれ、

耳の構造は同じ、聴覚も同じ、脳みそも同じ。

何が違うのか、というと文化が違う。

文化が違うってことは、どういうことか。

同じ耳を持ってても、それを使う脳みその使い方が違うってことだ。

脳みそも使い方で、

虫の音が雑音になったりそうでなかったりするわけだ。

何処に行ったって虫の音はそうは変わるまい。

でも同じ音を聞いても、

印象は全然違う。

同じ物を見ても違うって言う事。

要はこういう脳みその使い方を、

僕は心って時に言うわけだ。

心が違うから、同じものでも聞こえ方が違ってくる。

なんで、こんな話をするかって、

これが太気拳の核だと思うからだ。

身体の使い方にはみんな眼が行く。

身体をこう使えばこうなる。

力を引き出すにはこう。

だけど、脳みその使い方、心の使い方になると・・・・。

みんなと同じもの見て、同じように感じてたら、

やることも一緒。

いや、それがいけないってことじゃない。

でも、今見てるものが、今感じてることがホントの事か。

思い込みでものを見てないか。

これはこうだと思い込んで見てないか。

これはこうでしかない、ってホントにそうか。

世界は何処にも無いって知ってるか。

世界は自分の心に映った幻かもしれないって思ったこと無いか。

それぞれの心に、それぞれの世界が映ってるって思わないか。

そうすると、自分の思ってる世界が、

人によっては実は全然違う見え方になってる、

ってそう思わないか。

虫の音と同じだ。

Dscn0808

ここだよ、一番大事なのは。

これはみんなそれぞれ違うんじゃないか。

違う事感じてりゃ、違う動きになる。

これは当たり前。

強くなるって言う事。

身体的なこととは全然別に、

世界をどう見るかって事にもかかってくる。

心って大事だ。

組み手で相手と向かい合うとき。

君はどんな心で世界を見てるんだ・・・。

| | コメント (0)

ツィンザー

822日(土)

6時起床、曇り。

Dscn0804

昨日吹いた南風のお蔭で、うねりは90cm超。

ただ今朝はちょっと気落ちしてて海に入る気無し。

理由はお気に入りのフィッシュ、Hynson ツインザー。

Dscn0817

去年の夏からこればっかり。

昨日ちょっとひび割れを見つけたんで、

ショップに行って見てもらおう。

と、ワックスを落としてみたら・・・。

そことは別に後ろ足を置くところに「剥離」。

つまり表面の樹脂が中身と剥がれて浮いちゃってるんです。

がっくりです。

ひび割れの方は、自分でも直せるように専用の樹脂を買ってきました。

マスター曰く、ボードワークスのはよくあるんだよね。

剥離は直すより騙し騙し乗った方がいいんじゃないかな。

との事。

まあ、去年の夏からって言っても、

回数から言えば200回位は海に入ってるんで、

しょうがないって言えばしょうがないんですが・・・。

という事で、海岸に行ってもいつもよりテンション低め。

| | コメント (0)

朝一番の幸せ

8月21日(金)

5時起床。

曇り、うねり90センチ超。

但し南の風強なので風波でコンディション悪そう。

海岸へ偵察行。

やはりインサイドでちょっと、って感じ。

今のところは入る気無し。

Dscn0794

------

と言う事で、お気に入りのところで稽古、

と思ったら先客あり。

場所をかえて海岸のデッキで潮騒を聞きながら立禅。

起きて身体が緩んでるはず、と皆思うけどさにあらず。

禅を組んでると、身体の不自然が溶けてくる。

毎日禅を組んでいても、

日常生活で身体が変な具合になる。

これはしょうがないんで、

だから禅で身体を整える。

立って当たり前の身体になる。

ゆったりした気分で揺り、軽~く探手。

朝一番の幸せなひと時。

| | コメント (0)

沢井先生

8月20日―2

About  太気拳

沢井健一という存在のの影響は大きい。

でも、何でもかんでもまねをしようという気はしない。

勿論できない、と言うこともあるからだ。

人はそれぞれ、ってのが僕の身上。

でも、これは何としても真似してみたい。

これができたら素晴らしい、とかそういうものもある。

まあ、そういう意味ではいまだに追いかけてる。

しかし、そう思うのとは裏腹に、これはやっぱり無理だ。

そう思ってあきらめていたものもある。

よく先生が相手の攻撃を差す、

そういう変化を見せてくれた。

それをやってみたい。

できるようになったら、と思って稽古した。

爾来20年を越して、

やっぱり僕にはこれは無理だ、そう思った。

やろうとしてもできないからだ。

これは人生の遣り残しだな、多分。

そんな気分だった。

ところが、だ。

ある時組み手でひょっとした瞬間に、

らしい動きができた。

え、っとやってから思った。

コツを掴んだ、というやつかもしれない。

それまで先生のやってる形を真似してた。

で、できない。

組み手の時にやろうとしてできたためしがない。

だからもうあきらめてた。

それがある瞬間に、らしい事ができた。

その時、ハッとした。

「技なんか使おうとして使えるわけないじゃん」。

嫌になるくらい弟子のそう言った。

でも、そう言った自分が

実は先生の技を真似しようとしてた。

それに気がついた。

こう来たらこうして、こうする。

そんなことできるわけないじゃん。

そんな事できるんだったら苦労無いよ。

そういってた僕が、そうやろうとしてた。

だからできるわけ無い。

できた時は、全て瞬間。

こう来てこうなんて順序無し。

時系列的感覚無し。

起承転結て言葉があるけど、そうじゃない。

起があって次は結。

瞬間の事。

技と言う時系列の思い込み。

そりゃあ起こったことを説明しようとすれば、

こう来たらこう、と時間的な整理が必要。

でも、実際はそんな暇無し、当たり前。

それを「技」と言う時系列に沿った稽古の無駄無理そして無知。

自分の中の思い込み。

思い込んでいると気が付かない、思い込み。

自分にメスを入れるって言うのは、ほんとにしんどい。

でも、それで少しずつでも眼が開く。

時にパッと眼の前が明るくなる。

これが嬉しい。

| | コメント (0)

820日(木)-1

4時半起床、晴れ。

Dscn0786

西の風、平塚沖のうねり80センチ。

お茶を飲んでから海岸へ。

満潮で割れづらいながらも、腿くらいのうねりあり。

まだちょっと早そうです。

もうちょっとしたらできそう。

今日は何と無くのんびりした雰囲気。

Dscn0793

いつものところでちょっとだけ立禅。

身体が軽い感じです。

| | コメント (0)

心と身体は・・・

8月19日(水)-2

海に入ったときはサイズ膝腿。

潮が引いてくるにしたがって、サイズアップ。

上がる頃にはセットで腰腹。

サーフィンいつまでできるんだろう。

一番の先輩は68歳。

曰く「あと十年やりたいね」。

後十年したら殆ど80歳。

―――――

振り返って、太気拳はどうか。

よく現役引退なんて事を聞く。

記録を競うような競技は判らない事はない。

でも、武術は現役も何もない。

そう思う。

でも、そうでもなく思ってる人も多い。

何でか、というと試合があるから。

試合に勝てなくなると、決まって出てくるのが「現役引退」。

何考えてんだか、と僕は思う。

何でかって、武術に試合なんて関係ないと思うから。

試合に勝てなくなったら引退って、

何言ってんだよ。

勝てなくなってからが、始まりだろ。

試合のために武術やるって言うのもおかしな話。

まあ、僕は太気拳始めてから試合ってのは

やった事ないから判らないけどね。

でも、組み手に関して言えばよくわかる。

若さや体力に頼らない質は、

若さと体力が無くなってから出てくるもの。

組み手やって、やられて、恥かいて。

それがみっともないから「現役引退」?

恥じかかないで組み手が強くなるなんて、

そんなやついるんかい。

組み手は、眼の前の相手に勝つためにやるんじゃない。

眼の前の相手を通じて、 

自分の拙いところと向かい合う稽古。

唯走るとか、腕力とか、

そういうことでは歯が立たなくても、

人と向かい合うっていうことは、

他の要素が一杯ある。

前に書いた「心」の問題もそう。

自分でも気が付かないいろんな要素を探してく事で、

思いもかけない展開が出てくるもんだ。

何とかとはさみは使いよう、じゃない。

心と身体は使いよう、って事だ。

| | コメント (0)

合掌・・・

819日(水)

5時起床。

めっきり朝が涼しくなった。

寝るときに開けておいた窓、

そこから入ってくる朝の冷気が寒いくらい。

平塚沖のうねり73センチ。

潮があげてるので、まだサーフィンは無理。

そう思ってのんびりお茶。

―――――

昨日のニュースで、

韓国の金大中氏死去の報。

韓国だけでなく、

日本を含めた東アジアの戦後史の

ひとつの時代の終焉。

政治には疎いけど、

この人の存在が投げた光は、

ひとつの流れを作った。

日韓朝の今の関係もこの流れとは

当然無関係ではない。

この人の獄中書簡集を人に薦められて読んだことがある。

志の人、と言うのが印象でした。

合掌。

―――――

Dscn0776

ともあれ誰が死のうと生きようと、

陽は昇り、沈む。

そこに自分が居ようと居まいと、だ。

45億年前に生命が誕生した

その時と同じように、

世界は世界であり続ける。

だからこそ空気と風と太陽と、

家族や人を愛して生きていきたいもんです。

今という、此処にしかない時とともに。

僕を知らない人にとって、

僕の死と生は統計上の数でしかない。

でも、巡り会った人にとって、

何者かでありたい。

―――――

台湾では、先日の台風で大被害。

台湾の会社に勤める弟子からのメール。

被災地への義援金として、

全社員の給料一日分を送る、と決めたそうです。

こういう支援のしかったっていうのは、

やっぱり国民性の違いってやつでしょうか。

日本ではそうならないような気がします。

ともあれ、どんなに辛いことがあっても、

生きていくのが人間。

頑張って欲しいものです。

―――――

Dscn0784

そう思って、海岸へ・・・。

波のサイズは膝、たまに腿。

十分できます。

出勤前のスーパー朝一組は、おなじみのメンバー。

さあ、僕もどうしようかな・・・。

どうしようかなって言うのは、

飯食ってから海に入るか、

入ってから食うか。

僕の悩みはそんなもんです。

――

能天気・・・・こんな言葉、

もちろん知ってます。

Dscn0780

そして、それが僕だけじゃないって事も・・・・・。

| | コメント (0)

親子サーフィン

818日(火)

6時起床。

昨夜深夜に目覚めると、全員がテレビの前。

何してんの?と聞くと。

世界陸上。

まあ、夏休みなんで全員気が緩んでテレビ観戦。

僕もちょっと見たんですが、眠くてダウン。

そういえば、ボルトが本気で走って

とんでもない記録。

僕は高校のとき、陸上部の友人と走って118.

友人曰く、「あれは、殆どフライイングだな、試合じゃ」。

でも、それ以来100メートルに関しては、

勝手に12秒を切った、なんてのたまわってます。

もう、証明のすべが無いんで、誰も文句言えません。

サッカーやってたのに、50メートルが遅かったんです。

確か7秒くらい。

それが12秒を切るって、

やっぱりフライイングだろーな~、と今でも思います。

Dscn0772

平塚沖のうねり65センチ。

引けばできそうですが、今のところサイズ脛・膝。

のんびりした茅ヶ崎の朝。

子どもを連れてサーフィン・トレーニングに向かう親子。

僕もあのくらいからやってれば。

たら・れば言っても人生変わんないんです。

でも、父親との海の記憶。

財産になるだろーな~。

Dscn0774

帰り道、犬の散歩で海岸に向かうローカルさん。

目配せして「どお?」

「ロングでちょろっと」と僕。

にっと笑う真っ黒な顔に白い歯がキラッ。

ほんとに真っ黒な人が多い街です。

| | コメント (0)

817日(月)-2

about 太気拳

心の問題は難しい。

何でかって言うと、

自分の心は自分の中にあるからだ。

自分の中にあるから考える対象にならない。

対象として捉えられない。

だから考えると堂々巡り、空回り。

袋小路に迷いこむ。

ひとり稽古のときの僕。

組み手のときの僕。

その気持ちの違いが、あるいは認識の違いが判らない。

あの時、と考える今の僕は、

あの時が判らない。

・・・・・

隣に寝てる連れ合いの顔をみて、

はて、あの時一体俺はこいつの何処にほれたんだ、

ってのとおんなじ。

人は変わる、心変わりする。

だから神様や仏様の前で誓ったりする。

     ・・・・

    

そんなあやふやな心って言うもの。

でも、これに踏み込もうとしないことには、

いつまで経っても普通のまんま。

だから、焦点は此処にしかないって気がする。

形や技術なんてどうにでもなるものだ。

そんなものに大事なものなんか無い。

好きな人は好きにすればいいだけのこと。

いろんな武術があって、伝える為の形がある。

稽古するにしたって形がいる。

それはそれでいい。

そう言うものだ。

でも形なら誰でも教えられる。

そう、僕じゃなくても教えられる。

僕は僕しか教えられないものを伝えたい。

判りやすい言い方をするなら

「センス」と言い換えても良い。

センスと言い換えても、

やっぱりこれはものの捉え方の問題。

ってことはやはり心。

こういうものは記号に置き換えられない。

言葉は共通のシンボルだけど、

このセンスって言うのは、共通じゃない。

だから言葉に置き換えられない。

でも、敢えてこれを語る。

語る事で、

語り切れないことがあることを知ってもらうために、だ。

僕が特別ってわけじゃない。

みんなそれぞれ独特のものを持ってる。

だから、僕は僕独特のものを伝えたい。

そうすればそれは、

もっと別なものに育って

もっと独特のものになるかもしれない。

でも、それを語り切ることはできない。

もし、これを語りきれる、

と言うならそれは語る、では無い。

騙る、だ。

組み手の際、打ち打たれる一瞬の心の変化。

恐怖や戸惑いや逡巡、迷い。

そういったものを乗り越えるのは、

やっぱり心を抜いては考えられない。

昨日書いた、リズムあるいはふたつの心と言う事。

これもきっかけ。

乗り越える為のきっかけ。

語り切れないから、それぞれ悩んでください。

太気拳は何処にあるのか。

って、それはみんなの中にしかない。

どこかに神聖で由緒正しいものがあるわけじゃない。

みんなの独特を引き出すのが太気拳。

そう思ってる。

だからとりあえず、僕の独特を見てもらう。

だからマスで教えられるわけが無い。

628_003

で、最後に一言。

ひとり稽古のときは、相手と向かい合っているように。

相手と向かい合ってる時は、ひとり稽古のように。

って言うけど、

実は両方ともおんなじなんだよ・・・。

| | コメント (0)

秋きぬと・・・

817日(月)

4時起床。

波は無いと確信してるんで、

安心してゆっくり朝のお茶。

波が無いと心はこんなにも平穏なんです。

自転車で海岸へ。

思ったとおり波無し。

Dscn0755

半そでで少し肌寒いくらい、快適。

お気に入りの場所でのんびり立禅。

軽く身体をほぐす感じで探手。

軽やかな朝陽、涼やかな風、鳥のさえずり。

なんか良い事ありそうな・・・、

ってこんな時間を持てるって事が良い事なんです。

お盆休みが明けて、今日から仕事の人も多いはず。

昼間は暑くなりそうです。

Dscn0758

秋きぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ 驚かれぬる

そんな秋の気配を感じる朝です。

| | コメント (0)

離見の見

816日(日)-2

about 太気拳

昨日帰りの電車の中、

座っていた弟子が急に立ち上がって聞く。

「何で一人でやっている時は上手くできるのに、

組み手になると上手くいかないんでしょうか」。

はは、困っちゃうよね。

一人で上手くいっても、

相手がいると上手く行かないのは当たり前。

でも、それを正面切って言われると答えにくい。

当たり前って言うのは簡単だけど、

何で当たり前なんでしょうかね・・・。

て考えた事みんなあるだろうか。

Dscn0742

人は人。

つまり自分じゃないからどう動くか判らない。

だから思うように行かない。

と思ってるとしたら大間違い。

それはモノを考えるときの、

単なる前提。

それじゃ考える意味も、稽古する意味が無い。

じゃ、何で上手くいかないのか。

ま、それぞれが違うから一言じゃいえない。

だけど、件の彼もそうだけど、一番多いのはリズム。

みんな一定のリズムで動いてるんだよね、大体が。

と言うか、リズムでしか動けない。

だから自分のリズムで動こうとする。

ところが相手は自分のリズムと合わない。

だから上手くいかない。

で、みんな自分がリズムで動いてる、

そんな事すら気が付いていない。

あるいは気付いていても、それがいいことだと思ってる。

だから人によってはピョンピョン跳ねる。

こういうのを相手にするのはとっても簡単。

拍子をずらせばそれでおしまい。

稽古の時は、心を途切らせない。

心が途切れない、ということは動きが途切れないと言うこと。

音楽で言えばリズムが無い、と言う事。

これをみんなできない、知らない。

連綿と気持ちも動きも途切れない。

だから逆に言えば、無段階にギアチェンジができるって言う事。

その時その時、その場その場にあわせて変化できるって言う事。

これは身体って言うより心の用い方。

何とかとはさみは使いよう、って言う。

身体も使い様でいくらでも引き出せるものがある。

だけど、もっと大事なのは「心の使い方」。

リズムともう一つ大事な事。

それは心をふたつ持つこと。

相手と向かい合って殴りあう自分。

もうひとつは、それを冷静に見つめる自分。

このふたつが無いと駄目。

音楽だってそう。

ロックでもジャズでもどんな音楽でも、

汗を飛ばしながら賢明に演奏してても、

確実に脇の演奏を注意深く聞き、

同時に小節をカウントしてる。

演奏してる自分と、それを冷静に見つめる自分。

やってる自分と、そこに埋没しない自分。

「離見の見」なんて小難しい表現もあるけど、

要はこういう事。

ひとりの中に、兵と司令官を同居させる。

言葉にすると簡単。

だけど、これを殴り合いの中でやるのは結構大変。

みんな兵隊だけになっちゃう。

これも心の用い方の問題。

―――――

心の問題はその心でその心を考えなくちゃならないから大変。

心が変われば、変わる前の事を忘れちゃう。

組み手やってる時の心と、

ひとり稽古してるときの心が違ってるって言う事、

それに気が付かないのが普通。

だからひとり稽古が生きないんだよ。

心の使い方を探す、

禅を組むって言う事は、

そう言うことでもあるんだ。

だけど、そう言う疑問に立ち向かえるって言う事。

それは幸せだと思う。

組み手やんなきゃ、出てこない疑問だからね。

| | コメント (0)

のどか…

816日(日)

5時半起床。

まずはお茶、のんびりした朝です。

何故なら海は静穏。

Dscn0746

平塚沖のうねり何と37センチ。

ちょっと前まで160センチとか180センチとか

言っていたのが嘘のよう。

2週間続いたお祭り騒ぎが

ついに終わってしまいました。

Dscn0753

| | コメント (0)

起きない、という奇跡

815日(土)

5時起床。

パソコンで波情報。

塚沖で50センチ。

望み無しって事で二度寝。

うつらうつら感じながらの2時間。

起きて海行ってたら、多分疲労困憊。

合宿から昨日まで、毎日2~4時間サーフィン。

もう休んで良いでしょう。

と言いつつ海に様子見。

Dscn0737

相変わらず休み無しの人がいます。

ご苦労様です。

サイズは膝、たまのセットで腿。

水曜日にクラゲにやられたのがやっと治ってきた。

刺された後がちょっと痒いくらい。

腫れも引きました。

稽古の前に弟子が聞きます。

クラゲに刺されない薬があると良いですね。

あるんです、それが。

セーフ・シーってやつなんですが、

効き目が判らない。

お店で聞いたこともあるんですが、

お店の人も???

そうなんです。

刺された後に治す薬は、

効くか効かないかすぐわかる。

でも、使えば刺されないって言うのは判らない。

使っても刺されなければ

実は使わなくてもされなかったのでは、

って事になる。

ここら辺が予防の難しいとこ。

あった事を治せば事実として残るけど、

起きなかった事は当たり前だけど、

残らない。

これは医療でも歴史でも同じ。

起きた奇跡を人はもてはやす。

でも、起きなかった奇跡の存在に

人は気付く事ができない。

Dscn0739

朝家を出て、夕べに帰ることのできる奇跡。

夜寝て、朝目覚める事のできる奇跡。

奇跡の連続で当たり前の幸せがあるって言う事。

もうすぐUターンラッシュ。

何も起きない奇跡で、

皆さんが無事でありますように…。

| | コメント (0)

何で禅だ!

814(金)-2

bout 太気拳

禅て何で組むんだろう。

禅組んでもう30年になる。

でも、相変わらずそう思う。

勿論禅からいろんな事を見つけた。

教えてもらった。

なのに何なんだろう、と言うのは変な言い方かもしれない。

でもやっぱり不思議。

禅を組むって言うのは、何もするなって言う事だ。

普通の稽古って言うと、こうするとかああする。

それをやる、やらせる。

やりかたを強制するのが稽古だ。

でも禅は違う。

やるなって言う事だ。

じっとして居ろって言う事は、何もするなって言う事だ。

ああもこうもするな。

何もしないで居ろ、だ。

しない事が稽古だ、って言う事だ。

こうしろ、という強制ではなく、何もするな、という強制だ。

何もしないところから、何が生まれるのか。

Dscn0725

宗教もそうだ。

戒律って言うのがある。

社会生活を送る為には、規則が大事。

そんな事は当たり前。

でも、何故宗教に戒律が必要か。

これもするなって言う強制だ。

姦淫するなかれ、あるいは殺生戒、断食しろ。

みんなしたい事ばかりだ。

あるいはしなければ生きていけない事ばかりだ。

人は生殖して遺伝子を受け継いでいくし、

自分以外の命を食べなければ生きていけない。

何で、そんな事を戒律で縛るのか。

多分、多分だ。

それをしない事で、始めてそれの意味を奥底から感得する。

そうなんじゃないだろうか。

言葉ではわかってる事。

人を愛する事。

生き物を殺す事。

その生き物を食べる事。

その本当の意味を、それをしない事で、

それでも奥底から欲求が湧き上がってくることを知って、

初めて世界のあり方が違って見えてくるんじゃないだろうか。

世界が違って見えるって言う事は、

自分が変わっていくって言う事だ。

自分がどうしようもなく、姦淫し、殺生し、食らう生き物だって言う事。

しない事で初めて起きる視点のトランスフォーメーション。

戒律だから、守るじゃない。

戒律を守って、守りきれない自分と出会う。

それが宗教体験て言うものかもしれない。

だとすれば禅を組むって言う事もそうかもしれない。

立禅を組んで、動かないでじっとして。

動きたくなって、それでも動かずにいると、

身体の奥底が、動きたいって言う声をあげてくる。

その声が、何かを見つける手助けだったに違いない。

する事で見えなくなるものが、しない事で見えてくる。

ある時はなんとも思わないものが、

無くなると初めてその意味に気付く。

不思議な生き物だね、ヒトって言うのは。

| | コメント (0)

〆て200円なり…

814日(金)

4時起床。

昨夜早く寝たので快適。

先日書いたと思うけど、

実はメインで使っていたパソコン自作機がアウト。

古い機種なので、

どうしようか迷った挙句オークション。

安い金額で入札。

どうせダメ元、と思ったら

寝てるうちにマザーボードの中古を落札。

Pen4に1Gのメモリーオマケで\5100.

と言う事で、ただいま決済完了です。

今度壊れたら新鋭機。

今回はこれで我慢です。

波情報見ると、平塚沖でうねり90センチ。

たぶん腰くらいで出来そうなので、

これから行ってまいります。

Dscn0727

ところで昨日はピーカン。

スーパーを覗くと生きの良い鰯。 

で、先日の要領で今回は目刺し作り。

Dscn0717

今度はブックエンド利用。

スーパーの籠も勿論利用。

Dscn0719

3時間ほど干して出来上がり。

僕の酒の肴はいつも安上がりです。

〆て200円。

| | コメント (0)

弱くなる秘訣?!?!

813日(木)-2

昨夜の稽古で弟子に一言。

君を弱くするのは簡単だと思うんだけど、

どうすれば弱くなるかわかるかい。

無論弟子は何言われてるんだか判らない。

簡単だよ、と僕。

こういう風に構えなさい。

これでもう君は一遍に弱くなるよ。

それでも何だかわからない様子。

この構えを守って、動いてごらん。

そう畳み掛けてやっと納得。

これじゃ動けません。

そりゃそうだろ。

構えを守るって言うのは、

手を縛るのと一緒。

手を縛られたら動けません。

で、この構えって言うのは何処でも見る構え。

そんな風に構えたらぴょんぴょん跳ねるしか出来ません。

これが伝統武術の実体だから、

僕はとってもアナーキーになるんです。

太気拳を広めるだとか、組織化って言うことに。

宗教って言うのが、

時に宗教で飯食ってる人のためにあるように、

武術って言うのも、

それで飯食ったり、

組織のヒエラルキーに魅力を感じてる人のためにあるみたいだから。

僕は沢井先生に教えられた事を教えるんじゃない。

先生に教えられた事を通して、

自分で考えて、自分で工夫して、

自分で経験して、自分で見つけた事。

僕はそれしか教えられない。

だから嘘をつかないで済む。

これは幸せな事だ。

| | コメント (0)

お盆ですから・・・。

813日(木)

6時起床。

今日は波の期待をしてないんでのんびり。

お茶飲んで、新聞読んで、

納豆・豆腐・海苔・味噌汁、のジャパニーズ朝ご飯。

で、やっぱり少し出来そうなので海に。

サイズ腿?いや膝?ってとこ。

先週の月曜から大波続き。

それで感が狂ったのか、

しょぼい波にテイクオフのタイミングが微妙に合わない。

暫くしてやっとなれる。

今日はクラゲは全くいない。

全く昨日のクラゲは

一体どこからきて何処に行っちゃったんでしょうか。

唇の右半分は少し良くなったものの、

やはりたらこ唇。

娘曰く「おかずが要らないね」。

冗談言っちゃいけません…。

なんとなく海はまったり、のんびり。

こんなのもたまにはいいです。

Dscn0716

海から上がってから一仕事。

何かっていうと、娘のお勉強の家庭教師。

ところが今日は稽古無し、

だからって言うんで海から上がって缶ビール一杯。

酒臭い、と娘に一括されました。

すんません、お盆ですから多めに見て・・・。

| | コメント (0)

クラゲ!

8月12日(水)

朝寝坊。

8時起床。

勿論もっと早く起きてはいたんです。

でも、まあたまにはいいか。

朝起きて日が高いってのは久しぶりの体験。

出遅れ感・・・。

まあ、それでも一応波情報チェック。

うねり1メートル弱。

と言う事で着替えて海へ。

この季節のいいのは着替えが楽。

トランクス穿いて、

タッパという袖なしのウエットを

自転車の籠に放り込むだけ。

サイズ腰、久しぶりの小波。

入ったところが悪かったのか、上手く乗れたのは数本。

入った直後、ぬれた顔を手でぬぐった。

その瞬間です。

顔に電気が走った。

「やっちゃった」瞬間にそう思いました。

クラゲです。

手にクラゲの触手がついてたのか、

それとも顔についてたのか…。

それは判りませんが、

とにかくクラゲの触手で

顔を拭いてしまったようです。

しばらくは顔がチカチカ、ビリビリ。

近くにいたローカルの先輩に、

「顔腫れてません?

と聞くと「唇の上が少し」との事。

それでも気張って入ってるうちに、

痛みはなくなってきたんですが、

なんとなく唇周りが異様な感じ。

舌で触っても唇が腫れてるのが判るようになりました。

ウ~ン、今年初のクラゲの洗礼が顔に来るとは…。、

こればっかりは気をつけようがありません。

上がってから顔を見ると、

右側の唇がバガボンのパパ状態。

暫くは顔を弟子に殴られたって事にしときましょうか…。

天気も良く、皆さんお盆休みで人出も一杯。

気をつけて遊びましょうね。

Dscn0713

庭の柿の木はもう実をつけてます。

人も生き物。

今の稽古が秋に実ります。

----------

About  太気拳

昨日手について書いたけど、

今日もその続き。

サーフィンに限らず、

色んなスポーツの写真を見る機会があると思う。

動きのある写真、躍動感のある写真てどういうのだろう。

多分、危ういバランスをかろうじて切り抜けてるところ。

そんなところに生き生きした

躍動感を感じるんじゃないだろうか。

そんな写真を見ると例外無く腕に表情がある。

腕だけじゃなくて、

指先に至るまでバランスをとるのに

微妙に張り詰めてる。

つまり、手先を含めた腕って言うのは

無意識にバランスをとるように動く。

これが動かないと、

バランスが悪くなる。

だからこれが自由じゃなくなると動けなくなる。

遊びでやるフラフープだって、

手を動かさなくちゃ出来ない。

歩く事だって、手を動かさなくちゃ不自由。

ところが、だ。

武術の先生は皆こう構えろって形を教える。

構えを守ったら、腕が動かない。

だから体が動かない。

だから踏ん張って止まって殴りあう。

体力勝負になる。

武術を習うと弱くなるっていうのは、

要はこういう事。

当たり前な事。

こう構えて、こうやる。

そうやろうとしたら、

身体が動かなくなるのは当たり前。

生き生きとして動く。

躍動する。

それは潜在能力を全開にして、

自分の可能性を引き出す事。

型にはめてどうするんだい。

型にはまってどうするんだい。

「太気はむちゃくちゃ流みたいなもんだ」とは沢井先生の言葉。

自分の中の自然を目覚めさせる。

自然児の拳法だね、太気拳は。

| | コメント (0)

手が大事

811日(火)

4時起床。

これが一回目の起床。

台風接近、ということで雨模様。

で、二度寝。

57分起床。

これはちょっと驚き。

市の防災放送が

「大地震です、大地震です!」と連呼。

言われなくたって、飛び起きました。

横揺れ、ガタガタ、ガタガタ。

家族全員が飛び起きました。

と言いたいんですが、

一番下の娘はぐっすり。

長男が「こいつ神経無いんじゃね―の」。

いやいや、無いんじゃなくて、

使われ方が違うんです。

NHKの放送で、

地震と台風情報を仕入れる。

6時頃朝食。

雨が結構降っていました。

で、庭の芙蓉が咲いてるのに気が付いたので一枚。

Dscn0695

波はうねり1.9メートル。

風も北に変わったところで出陣。

セットでダブルくらい。

巻かれるとグリングリンで溺れそう。

本数は取れなかったけど、

乗れたのはとっても良かった。

Dscn0705

About 太気拳

肝心なのは、手が自由に動くかどうか。

手なんか自由に動かせます。

きっと皆そう言う。

ところが、です。

武術にしても格闘技にしても、

手を自由に動かせているのはほとんど見ない。

何故だろう。

って、それは当たり前。

手を自由に動かせなくするのが

武術や格闘技の練習。

こう構えてこう避ける、とかこう打つ。

これが練習の実体。

手の動きを規格化する。

ところが手はどういうところで一番活躍するのか。

と言うと、それは自分のバランスを取るとき。

手が不自由だと、バランスが悪くなる。

だから動けなくなる。

上半身だけの動きになる。

身体全体が動かなくなる。

すばしっこく、力強く動くには手の助けが必要。

それがなくなると、動けなくなる。

ボブ・サップやキッドが稽古して弱くなった言うけど、

そう言うことだよね、きっと。

習う前は自由に動いてたのが、

習ったお陰で普通にしか動けなくなる。

決まりきった稽古は弱い人を少し強くする。

でも、そうじゃない人を弱くする。

こういうこと、皆考えないのかね。

僕はそんな事ばっかり考えてるけどね・・・。

太気拳の稽古って、何のことは無い。

手と脚が自由に動いて、って事ばっかり。

結局、これが一番大事なんだと思うけどな~。

| | コメント (2)

ヒトの基本設計

810日(月)

5時起床、雨。

台風8号が中国大陸に上陸。

これで波も一息、

と思いきや、四国沖の低気圧が、

熱帯低気圧、そして台風へ。

今朝もうねりは15メートルを越えてます。

昨日の夕方海岸散歩。

行き逢う先輩連、ちょっと疲れ気味。

皆さん、前半飛ばしすぎて疲労蓄積。

波のない日が懐かしいですね、って。

休めば良いんです、休めば。

ま、それが出来ないのがサーファーの性。

という事で、今日も海に入る予定。

でも、いつもより余裕。

なんたって、今日しかない、

じゃ無くて今日もある、ですから。

おのずと余裕が出るってもんです。

=======

しかし、今回の「自称プロサ-ファー」の覚せい剤騒ぎ。

女優の名前が出てきたんで、

マスコミが大騒ぎ。

ローカルの皆さんも結構怒りまくってます。

皆忙しい中、早起きしたり時間をやりくりしてのサーフィン。

ボードやウエット・スーツ買うのに奥さんの顔色見たり・・・。

金髪、ロン毛、刺青、ピアス。

色んなファッションの人もいますが、

皆海が好きで、結構ストイック。

無論、どんな世界でも?な人はいます。

そんな一部のおかげで、サーファーの評判が落ちるのは悲しい事です。

About 太気拳

新しい弟子がようやく歩けるようになってきた。

足で歩くんじゃなくて、腰で歩く。

出来るようになれば簡単。

でも、日常の「歩く」が邪魔して上手くいかない。

身体の力じゃなくて、

頭の切り替えの問題。

「腰で歩く」、

これが出来ないと太気拳は始まらない。

でも、今まで見た弟子でこれが出来ていたのは一人もいない。

空手やボクシング、

中国拳法と色んな経験者が来るけど、

誰も教わってない。

先生が知らないから教えられないのか、

それとも教えたくないから教えないのか。

だから皆普通の歩くしか出来ない。

普通の歩くだったら誰でも出来る。

誰でも出来る事やってたら、いつまでも普通。

二本のの足で動くのがヒトの基本。

その根本に眼を瞑ってどうすんだい。

二本の足と身体を繋げて、

身体全体の弾力で歩く。

それが無いから皆止まって殴りあう。

そんな体力に任せた危ない事はやめようよ。

いつもそう思ってるんだけど、

世の中は簡単に変わらない。

まあ、自分の足下ではそんな不毛を無くしていこうと思ってる。

―――――

それから、歩法もそうだけど稽古全般の大事な事。

それは「快/不快」って言う事。

これは原則。

どんな稽古でも、「快」がないと駄目。

「快」って何かって言うと、「快適」。

快適かそうでないかって言う事。

これは、武術や太気拳だけってことじゃない。

ヒトという生き物の行動原理だ。

つまりヒトの行動原則。

快適な人と生き、快適な場所に住みたい。

これが人って言う生き物の生き方だ。

だから這いにしても、練りにしても、

組み手だってそうだけど、大事なのは快適かどうか。

心地よく動けるかって言う事。

どんなに形を守っても、そこに心地よさが無ければダメ。

快であるかどうか。

心地よくあるかどうか。

快で心地よく動けるって言う事は、

それが自然な動きだって言う事。

自然な動きって言う事は、

ヒトの基本設計に合致してるって言う事。

つまり、ヒトの能力を十分に引き出せるっていう事に繋がる。

それをしっかりと感じ取れる感性。

一番大事な才能って言うのがあるとすれば、

そんな感性を信じられる心。

感性って言う曖昧を信じられるかどうか。

それを手がかりに自分の未開の部分を切り開く勇気。

自分自身の「本当」を探し出す。

きっと太気拳て言うのはその手がかりだ。

| | コメント (0)


8月9日(日) 昨夜は花火大会。 先輩サーファーIさん宅にお邪魔。 マンションの屋上から花火を堪能。 花火は音だと思いました。 で、6時半起床。 酔い醒ましにサーフィン。 おかげですっきり! サイズは腰、ショアブレイク。 お盆休みの日曜日、人が多い海の朝でした。

| | コメント (0)

サンバカーニバル&阿波踊り

8月8日(土)

5時45分起床。

波は相変わらずあるようです。

平塚沖でうねり1.2メートル。

Dscn0694

夏の雲をぬって日差しが結構強い。

お盆休みに加えて土曜日。

朝から結構の人出。

今朝は本気じゃなくて、

水浴びのつもりで入る。

それでもセット胸。

土日しか入れない人が多いので、

そういう人たちの邪魔にならないように隅っこで…。

Dscn0693

--------

昨夜から稽古再開。

立禅組むとなんと言うか、

うちに帰ってきた、って言うほっとした気がする。

数日間サーフィン漬けで、気持ちが外に向かっていた。

それが禅を組むことで自分に戻ってくる。

この数日間はお祭り騒ぎの毎日。

リオのカーニバルと阿波踊りが台風と一緒に来た感じ。

祭りが終わって、我に返る。

楽しくて やがて悲しき 祭りかな

ってのは啄木だっけ?

About 太気拳

昨日の稽古で弟子が合宿の組み手ビデオを持ってきた。

日曜日のもので自分は出ていない。

でも、それを見ると

実にみんな変わったんだな~、と実感。

本人は判らないんだろうけど、

みんなたいしたものです。

運動経験のない40過ぎのおじさんが

まあ、よく組み手が出来るようになった。

でも、満足するなよ。

これからです、これから。

変わり始めると加速がつくもんです。

こんなところに満足するな!!!!!!

| | コメント (0)

台風8号

8月7日(金)

朝5時45分起床。

波情報でうねり2メートル。

これは行くでしょう。

いかにも夏らしい空。

写真だけ、別に携帯からアップしました。

ポイント「裏」、たまにはいるセット、ダブルオーバーヘッド。

なんか目の前に山が迫ってくる感じ。

ひえ~!怖い、と思いつつパドル。

お化けには乗れなかったけど、

頭くらいのに二本ばかりいいのがあった。

もう十分です。

台風8号に感謝で夏休み終了のゴング。

昨夜はお隣のYさん宅に御呼ばれ。

参加者はカヌーイストのYさんご夫妻。

レスキュー・サーファーのKさんご夫妻。

筋肉番付ファイナリスト常連だった、サスケ先生のAさんご夫妻。

なんとまあ、地元アスリート集合ってな具合。

サーフィンの話で盛り上がったり、

Aさんと腕相撲やったり(勿論コロ負け)。

楽しい僕の夏休み最後の夜でした。

Dsc_0400

話は前後しますが、昨日の午後海でリーシュが吹っ飛びました。

ボードが流れて岸に。

でも僕は海の中でグルングルン・・・。

死ぬかと思いました。

台風のときはやっぱりそれ用のが必要かもしれません。

板が吹っ飛んでる写真は月刊「秘伝」のS氏に撮って貰いました。

僕が消えちゃって、ボードだけ吹っ飛んでくる。

今日が命日か、と思ったそうです…。、

| | コメント (0)


| | コメント (0)

8月6日(木)-2

うちに帰ってから、

まずは自転車で海の偵察。

場所によってはオーバーヘッド。

写真の海にサーファーが数人。

どうやったら、

こんな海で沖に出られるんでしょう。

Dscn0692

僕の実力では不可能。

多分30分くらいもがいて、

引き返してくるのが落ち。

で、波が落ち着いてそこそこの場所は人が一杯。

今日はどこかでひっそりと皆さんの邪魔しないように入ろうと思います。

さっきも書いたように、

月曜日から毎日の海三昧。

最後はまったりと行きたいもの。

ただ、一旦入るとそうもいかないんですよね。

| | コメント (0)

電気・・・!

ついに買いました。

何を買った買った科と言うと…。

電気蚊取です。

でも、これは実家用。

年寄りに火の間違いが無いようにです。

でも、何だか有り難味が無いような・・・。

さっき家に帰ってきたんですが、

今日も相変わらず波は胸から頭。

湘南サーファーは完全に非日常、ハレです。

合宿が終わってから、千葉にトリップ。

引き続いて熱底・台風と、頭の中はサーフィン一色。

オマケに海岸バーベキュー。

聞いたところだと、今日から高速が上限千円。

ということは、世間様ではこれから盆休み。

僕は今日まで夏休み。

月曜から今日まで、

完全に世間様と没交渉って感じでした。

今日を最後に、社会復帰なるか…。

(乞う、ご期待!!!)

| | コメント (0)

85日-②

Dscn0685

最初に入ったところはサイズ頭。

結構掘れてる波でワイド。

上がってから写真を撮ると、

こんなに上手く乗ってる人も・・・。

やっぱり腕の差。

Dscn0686

人も多くてちょっと怖い思いもしたので移動。

こちらはサイズ、オーバー・ヘッド。

サイズの割に乗りやすい波で楽しく遊べました。

でも、やっぱりと言うか何というか。

立った瞬間に板を蹴りこむ、って言うのは簡単なんです。

でも、海に入ると忘れちゃうんです。

結局、一生懸命パドルして、一生懸命に乗って。

課題ってのは、海から上がってから思い出すものなんですね。

こんなところは組み手と一緒。

あれが課題、ここを直さなきゃ。

でも、相手と向かい合った瞬間にからっぽ。

やっぱり数をこなしていくしか上手くなる道はない、

って言う事ですね・・・。

休みは明日まで。

明日も波あるといいな・・・。

| | コメント (0)

台風8号

8月5水曜日。

3時半起床。

昨日は最後の試験がある、

と言う息子を学校に送り出してから海へ。

サイズ胸・肩。

ちょっと厚め、つながり気味。

10時過ぎが引き一杯。

その前後は良かったんですが、

だんだん乗れなくなってきました。

それでも、二本ほどインまで走れた。

やっぱりテイクオフ(板の上にたつこと)が下手、

を実感。

速い波は

立った瞬間に板を蹴りこめば抜けられる(時もある)。

そう頭ではわかってるんですが、

ただなんとなく立っちゃう。

ロングと違って、

板が短いと自分でスピードを出さないといけない。

そう言われて、

そうやろうとは思ってるんです。

でも、現実は・・・。

言われたとおりに出来ないから面白いんです。

(これを開き直りと言います・・・。)

途中、頭サイズをドルフィンしきれず、

まともに食らいました。

そしたらトランクスの紐が解けて脱げそうに・・・。

とってもやばい瞬間でした。

で、夕方はトリップに

御一緒の予定だった先輩方と

海岸でバーベキュー。

すると遥かかなたで花火。

江ノ島の花火大会を

海岸で見物しながら飲んだくれてました。

飲んだくれてたんで、写真無し。

帰りは自転車。

自転車の酔払い運転は危険です、

を実感。

気をつけましょう。

さて、現在の海。

東の風2メートル。

うねり、1.3メートル。

昨日熱帯低気圧が台風8号になった。

その本格的な影響が届き始めてるようです。

今日の日の出が454分。

と言う事は、4時半から海岸で待機・・・。

行ってきま~す。

| | コメント (0)

うねり、うねる・・・。

8月4日(火)

4時半起床。

昨夜は帰りに渋滞に巻きこまれ、帰宅は9時。

疲労が限界って言う感じ。

で、ビールを一杯飲んで10時就寝。

まあまあ、すっきりの目覚め。

今日あたりから日本の南海上にある熱帯低気圧と太平洋高気圧の吹き出しによるうねり

が届くはず。

と言う事で偵察。

Dscn0680

風は北風、

雲がゆっくり南に動いていきます。

風力は67メートルって言う感じ。

まだ小さいものの、

かすかにうねりが筋を描きはじめてます。

太平洋の遥か1000キロもかなたのパワーが、

湘南に届き始めてる気配のあるうねり。

Dscn0681

昨日の帰り、食事中の先輩の一言。

「からだがやわらかくなってきましたね」。

「え、ホンとですか」と目じりの下がる僕。

そうなんです、

実を言うとちょっと気づいた所があったんです。

サーフィンでボードは体重移動と脚で動かします。

なんたって立ってるんですから・・・。

で、たまに撮ってもらう僕の写真が何とも動きがない。

姿勢も正直言ってへっぴり腰。

早く言えばへたくそなんです。

そんな事は重々承知。

では、その動きのない、

というのは何故か。

それはボードを脚でしか動かしていないから、

そういう結論。

じゃあ、脚じゃなくてどこで動かせばいいのか。

見えるところで言えば、手で動かすんだ。

そういうことがちょっと判ってきた。

例えば、サンドバッグを蹴る。

その時、手と身体を大きくねじって蹴る。

その方が力強く蹴れる。

それと同じ。

実際に組み手の時は、

あまりモーションが大きいのは問題。

でもサーフィンは相手が海だから、

それは問題にならない。

と言う事は、

腹と腰の力で手を大きく振ることで、

身体全体の力でボードを操れる。

それが見た目にも動きのあるものになる、

っていう事だし、

ライディング自体に流れを作る事が出来る。

うねるように動くっていう事が大事。

まあ、そういうことにちょっと気が付いたんで、

それを言ってくれてるんじゃないか、

と一人合点。

「と言っても、コンクリートから発泡スチロールくらいの変化かな」

とは、先輩の厳しい一言オマケつき。

うねるように動く、

なんて太気拳では当たり前のはず。

だから弟子には訳知り顔で言ってるんです。

でも、ボードに乗るとそうはいきません。

言ってる事と、やってる事が違ってきます。

弟子には見せられないライディング。

サーフィンが僕の太気拳レベルになる日は来るのかな・・・。

| | コメント (0)


午後に場所を移動。鴨川でサイズ頭、食らって食らって、また食らってめげました。それでも何本かモノに出来たので満足。良いトリップでした。連れてきてくれた茅ヶ崎の先輩サーファーに感謝!

| | コメント (0)


着いた所は御宿。月の〜さば〜くを〜で有名な海水浴場。その脇でサイズ腰腹。最初は良かったんですが段々走れない波に…。でも本当に広くてきれいな砂浜です。

| | コメント (0)

千葉 サーフ・トリップ

83日(月)

二時半起床。

なんでこんな時間に起きるんだよ、って時間。

昨夜は疲れてたんでしょう。

8時には布団の中。

と言う事でこんな時間に起きたわけです。

これでも睡眠時間は十分。

で、4時に一人で朝食。

朝起きたときに腹が減ってるって言う幸せ。

合宿でおいしいもんも食べたけど、

朝一の熱いお茶、これがありませんでした。

日本人はやっぱり熱いお茶です…。

で、今日の予定。

千葉にサーフ・トリップ、日帰り。

当初は茨城で二泊三日のキャンプ予定。

でも、天気図を見ると南にある熱帯低気圧が発達。

多分明日には台風7号に出世。

外房は大荒れになりそうな気配。

と言う事で、日帰りに変更。

その後23日は湘南の方が出来そうなんです。

準備万端整えてあったんですが、

自然相手ではしょうがありません。

では、5時にお迎えの車が来るのでこれで失礼。

今日は太気拳のことは頭からすっ飛ばして遊んできます。

お写真は後ほど。

| | コメント (0)

太気会合宿 終了!

 

82日(日)

ただいま合宿より帰宅。

合宿中は疲れを感じなかったけれど、

帰るとちょっとがっくり。

僕も人の子でした・・・。

しかし、熱海からの帰りの車中。

駅弁と缶ビール買って、旅行気分。

なかなかいいもんですね、

みんなほんとにご労様でした。

特に合宿の中心なってくれた伊豆同好会の皆に感謝です。

about 太気拳

自分としての合宿の成果。

これは二日目の全員組み手で、

前にも書いたけど、

気持ちよく踊るような感じで出来た事。

無論後悔する部分もあるが、

それはこれからの課題。

教えるという事に拘らないで、

自分の組み手をする。

これがやっぱりとっても楽しい、

と言う事に改めて気づいた。

それを自分がした事で、

弟子たちに対しても気持ちの持ち方、

そしてそれを引き出す身体の変化、

そういったモノを言葉に出来るようになった気もする。

あるいは見たから判るっていう事かもしれない。

その結果、今までより組み手で自由に動けた者もいた。

ようは、自分が楽しく組み手が出来る。

だから楽しい組み手を教えられる。

そういうことだ、と気が付いた次第。

言葉で、踊るように、とか遊ぶように、

って言ってもそれは所詮は言葉。

具体的な動きを見せるのが一番と言う事だ。

気持ちが踊れば身体も踊る。

そうなって始めて、

自分が開放されて自由に動けるって言うこと。

人まねじゃない動きが出てくる。

これだよこれ。

これが出来なきゃ面白くないね。

今回の合宿には北海道からの初参加者、

あるいは僕より二つ年上の方の参加もあった。

だからみんな同じメニューとは行かず、

むずかしい所もあったけど、

それも教えると言う事の勉強。

三日間は頭の中は太気拳だけ。

ちょっと切り替え、クールダウンが必要かも・・・。

| | コメント (0)


4時に一旦眼が覚めたんですが、みんなの鼾を聞きながら二度寝。6時に再び眼を覚ますとさっき迄の鼾の大合唱が嘘のように静か。鼾も伝染したりするんでしょうか。 下界の天気は分かりませんが、今朝も霧。 寒いくらいです。 昨夜はバーベキュー。 なんと伊勢海老付き。 組み手で口を切った人もなく全員完食。 ごちそうさまでした。

| | コメント (0)


6時起床。 寝床を抜け出して一人でのんびり立禅でも… と思ったら先客が… 今日も霧の降る山での稽古。 山の懐に囲まれて、とってもいい感じ。

| | コメント (0)


おまけは蜘蛛の巣に絡めとられた霧の露。

| | コメント (0)


これは朝の景色ではありません。 山の上は別世界。 霧の流れる中での稽古。 ひんやり、しっとり、鶯、ひぐらし。 いつもと違う深山での稽古…。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »