« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

結婚記念日・・・

1031日(土)

1031_002 1031_005

6時半起床、晴れ。

気持ちのいい朝です。

今朝はノー・サーフで偵察のみ。

サイズ膝腿。

土曜日と言う事で、皆さん朝から頑張ってます。

波なんかなくても、

こんな日に海に入れるのは気持ちのいいものです。

今日はカヌーの大会、関係者が忙しそうにしてました。

1031_009

全国から参加者があるようで、

道路には各地のナンバーの車が駐車場の空くのを待ってました。

写真屋さんの店頭に七五三の記念写真の宣伝。

折りこみチラシにおせち料理、

駅では年賀はがき販売。

ウエットスーツもそろそろ冬仕様。

―――

昨日1030日と書いて、なんかが頭に引っかかった。

なんだろ、と思ってそのまま。

夜台所で連れ合いの顔を見て「おい、今日は1030日だよな」。

と言うと、何言ってるのって顔。

「ってことは、今日は結婚記念日じゃないの?」

「うわ、そうだ!」

夫婦二人そろって忘れてました。

片一方だけだと喧嘩になりそうですが、

両方一緒だと笑うしかありませんでした(良かった)。

1031_008

| | コメント (0)

パンツ 再び・・・

1030日(金)

1030_015

5時起床。

何となく期待が持てそうな朝です。

よく言う高気圧の吹き出しによるうねりって奴。

まだ暗いのでゆっくりお茶を飲んで、新聞熟読の日課。

昨日の夜、1時くらいにトイレに起きた。

夜更かししてる17歳の上の娘が居間でテレビ。

そのとき天野はトレーナーを着て下はパンツ一丁。

お酒を飲んで、着替えもせずにGパンだけ脱いで寝ちゃったんでした。

それを見て娘が一言。

「お父さん、脚細くなったんじゃない」。

そんなことありません、細くなる暇ないです、この脚は。

尤も脛は判りませんが・・・。

トレーナを着て、上がもっこり下はパンツですっきり?

だからそう見えただけです。

しかし、知り合いに聞くと、

パンツ一丁でいると娘どころか奥さんにも注意される家もあるとのこと。

うちの家族は結構寛大、娘2人ともビクともしません。

鍛えられてます!

―――

海に偵察行。

サイズ腿腰。

朝一組みは全開です。

1030_0021030_014_2 

江ノ島は霞が掛かってますが、

帰る頃にははっきり見えるようになってました、

ご近所さんの庭になってる蜜柑、秋です。

1030_016

今日は6フィートの板選択して行ってきます。

| | コメント (0)

暗黙知?

1029日(木)

6時起床、曇り。

1029_012

のんびりとお茶飲んで、新聞熟読。

海岸へ偵察行。

靄がかかって江ノ島が見えません。

うっすらとうねりがあります。

サイズは膝から腿?

ロングでちょっと、って感じです。

1029_004

―――

about 太気拳

ここのところ立禅をちょっと変えた。

お蔭で今まで見えなかったものが少しずつ見えてきたような感じ。

点で立つということの大事さを痛感。

ヒトは自分の周りを同じように意識できない。

ほとんどの場合は前面の比重が他に比べて圧倒的に大きい。

意識の上では前につんのめってるようなもの。

つまり真っ直ぐに立てない。

それが点で立つ事で全く変わってくる。

姿勢が変わって、意識が変わってくる。

途端に身体に新しい軸が生まれてくる。

ずっと何だろう、と疑問に思っていたことがあった。

歩法のときの感覚。

前に出る。

でも後ろ足の力は横に向ってる。

力の方向と進む方向が90度或いはそれ以上にずれる。

ずっと何でだろうと思ってたんですが、

その疑問が氷解。

こういうのを発見て言うんだろうか。

稽古で作り出した力の経路があって、

それが何だかわからなくて、

やっとそれが腑に落ちた。

でも、発見てなんだろうって改めて思う。

よく皆気付きッて言葉を使ったりするけど、

在る事と知る事との間に一体何があって

発見と言う事になるんだろう。

その触媒って何だろう。

在る事をヒトは直感的に感じ取ってるんだろうか。

ポラニーって人が「暗黙知」て言葉を使ってるけど、

自分の身体と言う自然と、

知性と言う自分の間に一体何があるんだろう。

なかなか解けない問題です。

1029_008 1029_011

うう~ん、秋はもの思う季節ですね~。

| | コメント (0)

神は細部に宿る・・・

1028日(水)

1028_004

6時起床、晴れ。

秋も深まり、昨夜から羽毛布団。

朝起きる時に、布団を鼻まで引き上げてウダウダ。

寒くなってきた時の楽しみの一つ。

台風20号の騒ぎも収まりました。

しかし、この台風は未だに成長してるみたいです。

中心気圧が956hPa、普通だったらもう消えてるはずなんですが、

太平洋の水温がよっぽど高いんでしょうか。

次は21号。

こちらはどうなりますか。

20号と同じような経路を辿ってるようですが・・・。

海に偵察行。

サイズ腿から腰。

出来てます。

1028_006 1028_008

と言う事で、着替えて海に。

昨日とは打って変わってマイルドモード。

皆さんとの挨拶「昨日の波はえぐかったね~」。

酷い目に遭ったのは天野だけではなかったようです。

―――

昨日の午後の稽古の最中に天気雨、狐の嫁入り。

太陽の光を含んで落ちてくる雨粒がとっても奇麗でした。

帰りに弟子が一言。

先生が説明してる時、後ろにとっても奇麗な虹が出てました。

「言おうと思ったんですが、

話してるのを遮っちゃいけないと思って黙ってました」。

そういう時はいくら話を遮ってもかまいません。

どうせたいしたこと言ってないんですから。

そんなことより自然が生み出す玄妙に触れることのほうがずっと大事。

今度は教えてくれよな・・・。

―――

ここのところ立禅の見直し、って言うか原点復帰。

腰を落として膝を締めて足首に注意を向ける。

見えなかったことが少しづつ形になってきた感じ。

親指とその付け根で全身を支える。

こうしないと姿勢が定まらない。

こういう見逃しがちなところに大事な事が隠れてる。

「神は細部に宿る」って誰の言葉だか忘れましたが、

言いえて妙。

| | コメント (0)

死に急ぐ事無いよ!

1026日(火)

4時起床、波情報チェック。

うねり40cm!え、台風だぜ。

と言う事で、不貞寝、再起床8時。

遅い朝食、新聞熟読。

で、海の偵察、サイズ腿!え、台風だぜ。

まあ、とりあえず着替えて海へ。

じゃじゃん・・・。

1026_013 1026_014

入った途端に急激にサイズアップ。

最初は腰、あらら、胸、あらら、頭、うわ~頭オーバー。

でも、波質悪くドッカ~ンの波、ワイド・ダンパー。

波乗っても行くところありません、超危険。

ほうほうの態で逃げてきました。

いや~、海って怖いです。

上がったところで、還暦越えた先輩御二人。

「今日の波は命がけ、今更死に急ぐこと無いよ」。

はい、ごもっともで。

きょうは、これから茅ヶ崎で昼の稽古。

怪我しなくて良かった。

でも、台風のお蔭で空気がきれい。

1026_002

富士山もばっちり、真鶴岬や伊豆半島も奇麗に見えました。

| | コメント (0)

ワクワク!

1026日(月)

6時起床、雨。

迷走していた台風20号、沖縄からこちらに向ってくるようです。

低気圧の影響で北風が強く吹いてます。

うねりはこの風に抑えられてるようですが、

これから台風のうねりが強烈になりそうです。

あまり大きくなる前に海に入っておこうと思ってますが、

まあ、とりあえずは偵察です。

1026_015

サイズは胸肩、ワイドで繋がり気味。

つまり乗った途端にドッカーン。

つまりは危険な波。

もう少し潮が上げてきたほうが良いとは思うんですが、

でも、あまり待ってると今度はサイズが上がって手に負えなくなるかも・・・。

思案のしどころです。

今日は稽古も休みなので、時間は気にしなくてもいいんですが。

1026_011 1026_016

―――

昨日の基礎講座。

結局組み手の戦術的なトコまでは進めませんでした。

で何をやったかって言うと、

稽古ッて言うのはどういう風にやるのか、と言う事。

ただ、稽古するんじゃ無くて、自分の中の可能性とか、

判らない事とか、或いは判りたい事とか、

そういうものにどう向かい合うかって言うところ。

自分の中のなんだかわからない部分があって、

その判らないものとを判らないまま向かい合う。

これって結構難しいもんです。

みんな答えがあるって思ってるから、

答えなんか出ないよって言う稽古でした。

考えてみれば当たり前だけど、

答えなんか何処にも予め用意されてない。

生きてる不思議に答えが無いように、

禅組んで、何で禅組んでるんだろうって疑問にも答えなんて用意されてない。

唯一の答えってのは、答えが無いって言うことだね。

或いは答えは自分で作れって事かね。

とまあ、なに書いてんだかわかりませんが・・・。

―――

でも、組み手を見て正直嬉しかったね、昨日は。

もちろん全員て訳じゃないけど、

どんどん内容が変わってきてるメンバー数名。

稽古は長い眼で自分を変えていくって言うことだけど、

組み手は、今ここで何をやるかって言うことを見つける稽古。

何をやるかって、勿論技や技術ってことじゃないよ。

組み手とのスタンスかな。

組み手ってなんだって言うことを探す。

向かい合い方を探す。

人生だって同じ、向かい合い方で生き方が変わる。

向かい合い方を変えるってことが、生き方を変えるって事になる。

同じ人間でも変わるって言うことだ。

人は同じでも、生き方は変えることが出来る。

人生だって、組み手だってそこは同じ。

それでやることが変わって、動きが変わって・・・。

見てるほうがワクワクするような組み手になってきてます。

ワクワクするって、何でだろうと思ったんです。

考えたら当たり前でした。

みんな天野とは違うからです。

みんなそれぞれに今まで生きてきた経験があって、

つまりそれぞれに個人史があって。

その違った経験が太気拳の稽古で、

その人風にアレンジされて出てくる。

だから天野には真似できないことが出てくる。

だから見てるほうもワクワクしちゃう。

そういうことです。

ワクワクさせてくれて「ありがとう」です。

今度は天野がワクワクさせる番です。

| | コメント (0)

迷走台風?

1025日(日)

4時起床、たぶん曇り。

昨夜は稽古して帰って8時就寝。

早起きは三文の得。

日曜日に海に入ろうとすると、

早起きしないと混んで混んで・・・。

7時過ぎると一遍に人増えるので、

それまでが勝負?

と言う事で、うねりは既に80cmを超えてます。

迷走してる台風20号のせいでしょうか。

まあ何が原因がわかりませんが、

稽古の前に軽く洗顔サーフ出来るって言うのもいいものです。

1025_003

サイズは腰腹。

繋がり気味で危険な波が多かった。

一時間で上手く乗れたのが23本。

まあ、十分です。

1025_006

サクッと7時過ぎに上がって帰宅。

連れ合いが昼の弁当を作ってくれてました。

今日は太気拳基礎講座の日。

月に一回のこの日は弁当持参。

口には出しませんが、感謝してます。

(誰か間接的に言っといてください、点数が上がります)

今日の基礎講座では、歩法から打拳。

組み手の時の戦術的なことまで行ければと思ってます。

| | コメント (0)

挨拶反射?

1024日(土)

6時半起床、曇り。

寝た寝た、十分寝ました。

気持ちよく起きました。

とりあえず海に偵察行。

と言っても、今朝は海に入る気は無し。

うねりは50cmを超えていて、このところの感じで良くと、

それなりに出来そう。

行ってみると、サイズは腿くらい。

いつも上手く乗れるとは限りません・・・。

1024_001

カットバック(サーフィン用語で切り返し)した

台風20号の影響でしょうか。

明日はひょっとすると今日より上がるかも・・・。

1024_008 1024_009

帰り道、自転車に乗った先輩サーファーのKさんに挨拶。

手を上げて「おはようございます」と言ったら、

前にいる2人(勿論知らない人)に不思議そうな顔しながら挨拶を返されました。

挨拶の反射行動って奴です。

何となく気まずかった・・・。

| | コメント (0)

問題だらけだもんな~・・・

1023日(金)-2

10232_005

先日ある方から電話をいただいた。

大変丁寧な物言いで、こちらが恐縮するぐらい。

どういう内容か、と言うと以下のようなこと。

40も半場に差し掛かり、腰が悪かったり、

あるいは呼吸に問題があるんじゃないかと思っている。

それで(僕の)立禅のDVDなどを参考に立禅の真似事をしている。

一度直接指導をお願いしたいが、武術と言うことではなく、

健康法としてお願いできるか」。

と言う事でした。

ご本人は若い頃に友人について神宮に行った事があるとの事。

その時に、空手の友人がこてこてにやられてるのを見ているせいで、

太気拳をとっても乱暴なんじゃないか、

と心配しての電話のようでした。

これは時にある誤解だと思ってます。

太気拳はとにかく組み手だ、って言うわけじゃない。

組み手は強くなりたい人がやれば良い、と思ってる。

そうじゃない目的で太気拳をやってる人がいれば、

それはそれで良い。

ゴルフが、あるいは野球が上手くなりたくて太気拳をやる。

それだって良いと思ってる。

太気拳はこの前に書いたように、味の素みたいなもん。

何にでも役に立つ。

やってることは、自分の可能性を引き出す為の稽古。

組み手にしか役に立たない事なんかやってない。

大事なのは課題が野球だろうと組み手だろうと、

問題を発見して解決する事。

組み手をやるのは武術としては当たり前。

組み手をしなければ、

人と向かい会ったときの課題を見つけられない。

心の問題が出てこないからだ。

だから組み手をやる、当たり前。

ゴルフに活かしたいヒトは、

その課題を稽古で解決の糸口、

ヒントを見つければ良い。

健康の為にやりたいヒトは、禅組んで課題を発見すれば良い。

そういうことだと思ってる。

―――

10232_006

で、もう一つついでに天野の思ってる稽古の組み手について一言。

稽古の組み手は勝つためにやるんじゃないよ。

殴られて効かなかったから良いとか、

或いは殴れたから良いって言う事じゃない。

勝負って言うのは、相手との相対的なもの。

今ここで勝ったって或いは負けたって、

それはたいした問題じゃない(勿論稽古でだ)。

そうじゃなくて、今ここにいる相手と組み手をするんじゃなくて、

自分の発見した課題と組み手をする。

勝負なんて言うのは、勝つときもあるし、負ける時もある。

当たり前。

勝負に金や名誉をかけてるわけじゃないから、

今日じゃなくて、明日の為に(お、ジョーみたい)稽古する。

それが大事。

だから相手を大事にする。

組み手しても、どっちが勝ったなんて弟子に言ったことは無い。

だいたい人に勝敗を決めてもらうなんて、子供じゃあるまいし・・・。

そんなことは自分で考えること。

例え勝ったと思っても、

自分の課題が出来てなけりゃ何の意味も無い。

稽古で何を発見するか。

何かを覚えるんじゃなくて、何を発見するのか。

まず発見しなくちゃいけないのが「問題」。

問題の発見があって、次に答えの発見がある。

そんなこと考えて、天野は組み手やってます。

天野の組み手は問題だらけだからな~。

| | コメント (0)

台風20号

1023日(金)

5時起床、曇り。

昨日のうねりが残っているとの予想で、

お茶を飲んでから出動。

昨日の夕方でも結構サイズのある波が入ってました。

この写真は夕方の柳島。

10222_008

何処で入ろうか迷っているうちに時間が過ぎる。

結局昨日入ったところで・・・。

サイズは腹、たまのセットは胸。

8時の満潮を機に一気にサイズダウン。

遂に台風20号の波も終わったようです。

1023_001

上がり間際に娘の同級生のお母さんが入ってきました。

挨拶、子供の近況報告。

受験なのに勉強しませんね~、とお互いに溜息。

途中板を交換。

お母さんのロングに乗ってみる。

わ、波に乗ったは良いけど、

どうしたらいいか判りません。

やっぱり、短い板のほうに慣れちゃったんですね。

9フィートの板ですが、大きくて動かす自信がありませんでした。

帰りには同じく娘の元同級生のお父さんと一緒になりました。

娘って言うのは難しいですね~。

ホンとですね~。

3人の子供が卒業した小学校や中学校が海沿い。

お蔭で子供たちの同級生の親御さん、

また時には学校の先生と海で一緒になったりします。

地域のコミュニティーの一つになってます。

しかし、台風20号は進路を変えて東に向う可能性もあるとの事。

フィリピンや台湾は随分迷惑な事でしょうね。

| | コメント (0)

わ、チューブ!!!

1022日(木)-1

1022_004

5時半起床、晴れ。

まずはのんびりお茶です。

今日は焦らなくても波はあるし、

風は昼間ではオフ・ショアー。

午前中は出来るって言う感じです。

と言う事で、みんなが起きるまで居間でゴロゴロ。

波があると勿論みんなが起きる前に海に入ってるし、

そうでない時も、どこかで禅組んだりしてるんで、

子供たちも「あれ、お父さんいるんだ」ってな具合。

いいんだか悪いんだか判りませんが、まあこんな調子。

で、娘の顔見て、長男に遅刻するなよ、

なんて柄にもない事を言ってから着替えて海へ。

サイズ胸・肩、場所を選んで7時半から入る。

今日も6.8Hynson、ツィンザー。

1022_003

昨日はちょっとビビって突っ込めなかったんで反省。

とにかく突っ込む、が今日のテーマ。

波のトップから落っこちる感じでテイク・オフ。

板の上に立つんじゃなくて、腰を落としたまま落っこって横へ走る・・・。

3回に2回は波に背負い投げを喰らう。

これをサーファー用語で「パーリング」とか「刺さる」とか言います。

何回も刺さったんですが、たった一回「わ、チューブ」ってのがありました。

そう思った瞬間、板を抑え切れなくて波に捲かれました。

これがチューブか、って瞬間の記憶は焼きついてます。

チューブの時の巻き上がる波の力を初体験。

この一瞬の記憶で、ひと月は晩酌で酒の肴はいりません(嘘です)。

先日、師匠の一人に「ビーチのチューブは上から狙う」って教わりました。

ちょっと狙ってみようかな、なんて・・・。

―――

背筋の具合も良いようです。

まだちょっと引きつるような感じはありますが、

推手や組み手も出来るかな、って言うところまで回復。

| | コメント (0)

こうなりたいもんだ・・・

1021日(水)-2

10212_001

海に着くと快晴。

気持ちいいですね、と皆さん。

朝陽、爽やかな風、海水が顔を洗う。

サイズ胸、ちょっと厚め。

10212_003

師匠の一人は眼の前でチューブ・イン。

ただし、僕は背中の具合がちょっと悪い。

立つ瞬間に僅かに遅れる。

残念ながら二時間ほどで上がる。

でも、満足。

格闘技の選手がサーフィンをやるって言うけど、

それはバランスがって言うけど、ちょっと違うな。

サーフィンの要は立つ瞬間、テイク・オフ。

ここが命。

その瞬間は考えてどうするって言うのとは全然違う。

感じて動く、ソレしかない。

パドルの掻き方、力の入れ具合、ボードの方向、

レールの入れ具合、立つタイミング。

どれも考えるとか、言うのとは全く違う。

考えない、考える暇が無い。

感覚のままに動く。

恐れないで、自分の感性を信じていく。

その瞬間に、経験の全てが注ぎ込まれる。

勇気の全てが注ぎ込まれる。

初心者で下手な僕は、自分を信じられないで、恐れて、結局失敗する。

チクショーな毎日を送っているわけなんだな~(悔しい!)。

ローカルの師匠、海岸に立ってるときから自信満々。

10212_006

こうなりたいもんだね・・・。

| | コメント (0)

休肝日

1021日(水)-1

1021日は「じゅってん にいいち」とも読みます(ま、いいか・・・)。

5時半起床、曇り。

うねり1.3m。

石廊崎で1.7m超、

で、昨日の朝の段階で静岡方面では頭オーバーとの情報。

やっぱり台風の影響が届いたんでしょうか。

それに昨日の南風の起こした波がプラスされてるんでしょう。

結構できそうです。

昨日は休肝日。

日曜からちょっと飲みすぎの気配。

お蔭で快調な目覚め。

濃い目のお茶をたっぷり飲んで偵察なしの出発です。

もうウエットは冬仕様、板は6.8Hynson

カメラ持ってくんで、また後で・・・。

| | コメント (0)

夢見が悪い・・・

1020日(火)

5時半起床、晴れ。

何となく頭が重いような気がする。

十分に寝たんだが、夢見が悪かった。

高いところで落っこちそうになる夢やらなんやら、

思い出せないが変な夢ばかり見たような気がする。

何でだろう、と考えると多分就寝前の読書が原因か、

と思い至る。

東直己の「墜落」。

前半に売春をする中学生の陰惨な描写があり、

そのせいかもと思い至った訳。

小説と同じ年齢の子を持つ親としては、

夢見が良い訳がない。

東直己は好きな作家の一人なんですがね。

・・・・・

と気分を変えるべく海の偵察。

南風10mを超えて、波は腹胸くらい。

1020_005

1020_001

皆さん元気に入ってます。

台風18号以来10日ほど波が無かったんで、

皆さん待ちわびてんでしょう。

1020_003

海岸で皆さんと雑談。

入りたいんですが、ちょっと背筋を痛めたんで躊躇の朝です。

| | コメント (0)

男を磨く・・・

1019日(月)

7時半起床!若干二日酔い気味。

1019_005

稽古の後に帰ってから飲みすぎたようです。

いつも稽古の後はのんびり雑談。

組み手の緊張感が一気に緩む為に、

ジョーク連発、になります。

ところが、です。

昨日は事もあろうに、

組み手の最中にジョークかました弟子一名。

1019_014

初段やろうと思ってましたが、3級に降格。

てのは冗談ですが、一番大事なのは組み手の緊張感。

緊張感を乗り越える。

組み手の前は緊張します。

当たり前。

今日はやりたくね~な~、って日も勿論あります。

でも、これを乗り越えるのも稽古のうち。

嫌だ、怖い、気が乗らない。

これを乗り越える。

男を磨くのはこれに限ります。

男を磨く。

最近聞かないけどいい言葉だね~。

―――

昨日は稽古の後に久しぶりに大学時代の友人と自宅で一杯。

その前に駅で待ち合わせて開高健記念館へ。

091018_153001

海岸からラチエン通りを入って数百メートル。

開高健の作品で一番印象深いのは「日本三文オペラ」。

戦後の大阪砲兵工廠後地を舞台の小説。

ここを舞台にした小説でやはり印象深いのが他に二編。

小松左京の「日本アパッチ族」、梁石日の「血と骨」。

この三冊を続けて読んで外に出ると、

世界が違って見えます。

主題はみんな違っても、

この日本にある瞬間に存在した異質な世界。

小説を通してそんな世界を知るだけで、

日本の今を見る眼が変わるかもしれません。

091018_152901

| | コメント (0)

混沌 再び・・・

1018日(日)

7時起床、快晴。

昨夜は稽古のあと飲み会。

そんなに飲んだ覚えは無いんですが、起きられなかった。

起きてからまず風呂、昨日の残り湯。

で、朝食は同じく昨日の残り物。

朝からメンチカツ、これは茅ヶ崎B級グルメの定番「香川屋」。

キャッチ・コピーが

「開口健が愛したメンチカツ」。

まあ、それほどでもないけど、土曜日は半額で行列。

連れ合いの手抜き時のこれまた定番。

風呂も朝食も残り物だけど、朝陽は新品。

海岸に行くと、波のある日のいつもの光景。

駐車場が空くのを待つビジター・サーファーの車列。

1018_001

自転車で海にいけるのは幸せな事だといつも思います。

波のサイズは腿から腰。

ショップ主催の大会もあるようで、

海岸に色とりどりのボード。

1018_002

波もあるし天気も良くて良かったですね。

波に乗るのはサーファーだけじゃありません。

カヌーも波乗りを楽しんでます。

1018_012

いや、波乗りはカヌーがそもそもの始まり。

これも結構面白そうです。

確か今月はアウトリガー・カヌーの大会があるとの事。

時間があったら見てみようかな、と思ってます。

―――

今日の稽古、引き続き立禅の確認。

形じゃなくて、身体の中の混沌を見据える事。

混沌を失わないこと。

ここのところのテーマがこれ。

皆も何となく判ってきてるようなので、駄目押し。

来週の太気拳基礎講座でも更に駄目押し。

色んな武術があって、あってッて言うのは何かって言うと名前。

つまり色んな武術の名前があるって言う事。

で、名前って何についてるか、考えたことありますか。

当たり前に空手とか少林寺とかボクシングとか言うけど、

それって何の名前かって言う事。

変なこと言うな、と思うかもしれないけど、

これって結構大事。

で、じゃあ、何の名前かって言うと、それは「形式」。

そう、色んな名前があるけど、

その名前って言うのは「形式」の名称って訳。

こういう稽古着とか、こういう技があってとか、こういうルールとか・・・。

じゃあ、太気拳もそうかって言うと、僕はそう思わない。

太気拳て言うのは形式の名称じゃない。

先生が「気と気分」て言ったけど、

それは形式じゃないってことでもある。

じゃあ、何をやってるかって言うと、

混沌の方向付けじゃないかと思ってる。

身体の持ってる混沌と言う可能性の方向付け。

それは時に形になるけど、

その形を追うんじゃなくて、

あくまで可能性という混沌を追う。

形になんか拘ってる暇はない、人生は短いんだから。

なんか大仰なものの言い方だけど、

そんなことを最近考えてる。

「太気拳はなんにでも役に立つ味の素みたいなもんだ」

って言うのは先生の言葉だけど、

これこそ形式じゃないって言う事だよな・・・。

(味の素って言うのは古いけど・・・)

| | コメント (0)

頭を捨てる 手も捨てる

1017日(土)

6時起床、曇り。

うねりはやっと30㎝、ひょっとすると20㎝台が出るか・・・。

のんびりとお茶を飲んでから海岸偵察。

1017_002

サーファーはひとりもいません。

北風微風、肌寒いくらいの朝。

これから釣りに出る人。

1017_010

海岸で朝練の中学生。

1017_008

段々秋が深まってきます。

―――

about 太気拳

昨日の稽古で言った事。

「チャンネルを替えろよな」。

頭で考えて動こうとしてる弟子に注意。

何のチャンネルかって、勿論テレビ。

同じテレビでもチャンネルを替えると映る番組が違う。

当たり前すぎるくらい当たり前。

違う番組を見たければチャンネルを替える。

でも、皆これを自分に当てはめない。

テレビのチャンネルを替えるように自分のチャンネルを替える。

勿論これは例え話。

自分の身体は取替えが効かないテレビみたいなもん。

でも同じテレビでもチャンネルを変えれば違う番組を見ることが出来る。

違うチャンネルがある、皆それを知らない。

だから同じチャンネルで他の番組を見ようとする。

そりゃ無理だよ。

禅を組むって言うのは、

チャンネルの替えかたを探すって言う事。

チャンネルが違えば同じものが違って見える。

生れ落ちて以来この身体とは付き合いが古い。

旧型のテレビみたいなもん。

でも、眠ってるチャンネルがあるんだよ。

それを探して、同じテレビで違う番組を見る。

違う番組を見られるようにする。

稽古しないと、いや単なる稽古じゃなくて、

違う番組を見ようとする稽古をしないと、

映らないチャンネルもある。

別に難しいことじゃない。

禅を組んでる時は、

それだけで違ってきてる。

姿勢を変えるだけで世界が変わる。

それに気が付かないって言うところが、

自分で自分を客観視するって言う事の難しさかな・・・。

それは気持ちを何処に置くかって言う事でもある。

気持ちは腹に置く。

頭は捨てる、手も捨てる。

1017_003

| | コメント (0)

合掌

1016日(金)

昨夜は横浜の実家泊。

お土産にお米を分けてもらいました。。

妹の嫁ぎ先が新潟。

と言っても実家が新潟と言うだけで、

住まい神奈川県内。

その新潟から新米、勿論こしひかり。

そのおすそ分けとして大変ありがたく頂戴。

これって凄く嬉しいんですが、

このお米を食べ終わっていつものお米に戻る時は結構寂しい。

慣れっていうのは恐ろしいもので、

おいしいが当たり前になると、

今普通と思ってるものが普通以下になっちゃう。

舌が奢るって奴です。

まあ、ほんの暫らくですが、舌を奢らせてやりましょう。

―――

帰ってから海を偵察。

快晴の下、皆さん海の中。

サイズは膝って言うより脛。

1016_003 1016_006

台風のお蔭で少し砂付きが良くなって、

こんな日でも少し出来てます。

スクールの指導で入っているプロの方が

「水が凄く奇麗ですよ!」

本当に奇麗です。

1016_001

湘南て、時に凄くにごる時もあるんですが、

時にこういうときもあります。

いつもこうだといいんですがね。

―――

昨日は朝から告別式。

3年位前だと思う。

海でTさんから「天野さん、ちょっとこの板乗ってみる?」

と言って貸してもらった板。

Tさんのネーム入り、オーダーしたものでした。

癌で入院したのが今年の6月。

手術、退院。

「また海にカムバックするよ、待っててよ」

そう言ってました。

このブログでも6月にスーパーマンって書きました。

そのTさんがシルバーウィーク明けに再入院。

一週間くらい前にお見舞いに行ったときは

「もうサーフィンは無理かも、でも今度はビーチから口出しするからね」

回復に意欲的でした。

告別式の控え室には愛用のロング・ボード、ウエット・スーツ、ブーツ。

091015_103501

還暦に撮ったと言うボードを抱えてご満悦の写真。

・・・・・

お葬式の時にいつも思い出す小説があります。

吉村昭の「少女架刑」。

少女が息を引き取った、その瞬間から始まる物語。

死の瞬間に魂が生き始める。

その魂が献体を通じて葬られ、違う時間を生き始める物語。

最初の数ページの活き活きとした描写が、

ともすると陰惨になりそうな話を別の方向に引っ張って行きます。

死者の魂は天に戻る、そうキリスト教なんかでは言います。

でも、日本人はそうじゃないよなって思います。

死者の魂は、死んでもここに残る。

骨となっても、骨に宿る。

そんな心性が日本人にあるように思う。

遺骨収集もそんな心性の表れかもしれない。

生きている時の魂や心の座は脳かも知れない。

でも、死んだ後の魂の座は骨だ。

死んで初めて生きる魂もあるかもしれない。

Tさん、僕はそんなことを思いながら見送りました。

合掌。

| | コメント (0)

挫折?

1015日(木)-1

6時半起床、晴れ。

昨日考え事をしながらちょっと飲みすぎ。

起きて食卓を見ると置き手紙。

長男から連れ合い宛のメッセージ。

起きられそうに無いので「弁当頼む!」。

むむ、弁当作りはどうやら一日で挫折のようです。

――ー

海岸偵察。

うねりは僅か、地形が良いのでロングは何とかできてるようです。

1015_004

快晴、雲ひとつ無し。

カヌークラブの面々は、今日はのんびり釣竿下げて出艇準備。

1015_007

昨日はレース用のブイを出してトレーニングって感じだったんですが、

今日はちょっと違うようです。

海面では、たまに小魚が追われて群れをなして跳ね回ってます。

なんか判りませんが、寄ってきてるようです。

1015_001

| | コメント (0)

精神一到 何事か?

1014日(水)

6時起床、曇り。

寝床の中、携帯でうねりチェック、望み無し。

起きると息子が台所でごそごそ。

何やってるんだ、と聞くと「弁当作り」。

何を急に、と聞くと、小遣いの使いすぎで学食の昼食の節約目的。

ちょっと手伝ってやって、その残りで朝食。

ひき肉のそぼろ、ほうれん草入りオムレツ、玉葱とキャベツ炒め。

いつもより豪華になりました。

―――

ここのところ、朝食の時の決まりごとがない。

決まりごとって言うのは、ホームドラマでよく見る、皆揃っての「いただきます」。

最大の理由は連れ合いと娘のバナナ・ダイエット。

朝起きてバナナ一本と紅茶。

これでは「いただきます」のタイミングがない。

僕が食べ始めて味噌汁すすった時には「ご馳走様」。

ダイエットにこんな影響があるとは思っても見なかった。

ダイエットの結果は言及不可です。

―――

海岸はどんよりとした曇り。

1014_002

波のサイズ膝。

でも、この間の台風で砂が付いたようで、

形は良くてそれなりに遊んでました。

今朝の写真は、昨日の夕陽。

091013_165201

沈んでいくのは本当にあっという間。

昼間の太陽の動きに速さを感じることって無いんですが、

日の出と日の入りは太陽や月、

地球が本当に動いてるんだな、って感じます。

―――

ヒトは稽古すると、とんでもないことができるようになります。

何トンもあるテトラポット。

これだって、稽古して精神統一、できないことはありません。

僕の足刀の一蹴りで・・・。

ホレこの通り、スパッと。

1012_018

・・・って、そんなわけ無いでしょう。

勿論台風18号の威力、凄いもんですね。

| | コメント (0)

喧嘩に軟派!

1013日(火)

5時半起床、曇り。

昨日の日没後、うねりは一時70cmを越えた。

で、今朝はどうなるのか、と期待したんですが・・・。

サイズは膝上くらい、ロングでなんとかって言うところ。

1013_004 1013_003

徐々に朝の気温が下がってきてます。

肌寒さを感じます。

通勤途中の若いサラリーマン。

自販機で買った缶コーヒーで、

手に暖を取るようにして飲んでました。

あっという間に年末になっちゃうんだろうな~。

1013_007

そういえば、そろそろ忘年会をかねた交流会。

日程を決めなきゃいけないな・・・。

と考えて見ると、交流会の皆さんは私の兄弟子ばかり。

年上の弟弟子だったんですね、僕って。

―――

で、ちょっと思い出話。

神宮に通いだした頃、

なんと言うか、横の繋がりって言うのがあんまりなかった。

皆沢井先生と縦に繋がってる感じ。

妙な雰囲気だな、と思ってました。

まあ、僕は島田先生の紹介で入ったんですが、

その後空手仲間が入ってきて、自然に稽古の後に新宿行って・・・。

最初は皆で昼食って具合だったんですが、

そこは飲むのが好きな僕のこと。

いつの間にか陽のある時間から飲むようになっちゃいました。

飲んで喧嘩した事もあったし、ディスコ(懐かしい)で軟派した事もあったし・・・。

時には沢井先生に池袋の焼肉屋に連れてってもらったことも。

そんなこんなで、毎朝稽古しよう、と決心してたんですが、

気が付いたら月曜だけは二日酔い。

だから早起きしての稽古は良いか、

って事になっちゃいました。

| | コメント (0)

禅は旅・・・

1012日(月)

5時起床、でも布団でうだうだ考え事。

こんな時間も時には大事。

結局6時に布団から出て朝の散歩。

日の出。

1012_008

今の季節は江ノ島の左側、つまり市街側から朝陽が昇ります

それが少しずつ右側、南に移っていきます。

そこら辺はのんびり見といてください。

季節の変化っていう奴です。

空が高く、空気が澄んで、透明で軽やか。

朝日に照らされて、

ほんのり赤く染まった綿のような雲。

1012_009

何かいいことありそうな、

って、こんないい朝と巡り合える事が「いいこと」。

Tバー脇から茅ヶ崎のアウトリガー・カヌー・クラブの出艇。

1012_011

今日はのんびり朝ごはんを食べて、

禅を組もう。

―――

about 太気拳

禅の組み方を変えたらポロポロといろいろ出てくる。

形にすると多分以前組んでた禅の形。

でも中身が全然違う。

静と動が混在、・・・なんて言うといかにも大仰・御大層。

でも、そうなる。

前後も左右もないと言うことを禅を組んでると感じる。

禅は人が混沌、カオスだってことを教えてくれる。

言葉にならないことのほうが断然多くて、

いや、言葉をあたえた途端になくなるって言う事かも。

なんか高邁な事言ってるようだけど、

そうじゃなくて動いてみればよく判る。

形や言葉で括ろうとするから判らなくなるだけ。

自分で実際に動いてみると、やはりそうで、

昨日の稽古では弟子にやってもらって確認できた(まあ、彼らはどう思ったか知らんが・・・)。

動と静の共通項を感じればそれで十分。

まだ、探手なんかで動くと若干の違和感。

でも、それも多分解消する予感。

そうなれば組み手も新しい局面が出てくるかもしれない。

禅はちょっとしたショート・トリップ。

10112_007

そんな風に考えてもいい。

旅に出ることで新たな経験をして、

見えなかったこと、感じられなかったことが現れてくる。

ちょっと禅を変えただけで、まるで違う旅になって・・・。

禅組むのが楽しみです。

| | コメント (0)

体脂肪率

1011日(日)

5時半起床、晴れ。

新聞読んで、お茶飲んで、

ハッと思い立ってパンツ一丁になって風呂場へ。

何したかって言うと体重計に乗りました。

昨日連れ合いが新しい体重計を買ってきました。

今まであったのはデジタルの体脂肪やらなんやらが測れる奴だったんですが、

それが故障で体重しか量れなくなって一年。

部活引退でダイエットが気になる娘のたっての願いで買い替え。

と言う事で、体重は判ってるんですが、

さて体脂肪は・・・。

この間の健康診断でも、

医者からは身長と体重の割合から言うと若干太りすぎ。

で、診断書に要指導と書かれました。

身長が約180㎝だから体重は72㌔ぐらいに、と。

現在は80㌔前後を行ったり来たり。

まったく医者は数字見て、平均値の話しかしないな~、

なんて思ってました。

眼の前に現物!がいるんだから、それ見て言えよな~、

ってのが本音。

とは言っても、実際はどのくらいの数値かな、とは思ってたんです。

で、昨日稽古から帰って食事前に測ってみたら、

体重は79.6㌔、体脂肪率が19.8

なんだ、やっぱり平均値だよ、お医者さん。

何が要指導?とまあ、やっぱりとも一安心とも思って飲んで食べて。

一晩寝たらどうなるか、

と思って体重計に乗りましたが変化無し。

ま、これから稽古やサーフィンの前後に計って見る、

そんな楽しみが増えたっていうとこでした。

――ー

公園経由で海偵察。

快晴、気持ちの良い朝。

秋晴れの言葉がぴったり。

海岸ではサーフィンの大会。

色とりどりのボード。

1011_003 

のんびりと散歩してる人。

1011_016

パドルボードを楽しむ人。

1011_015

バーベキューの準備をしてるグループ、様々な連休の中日です。

―――

帰ると中三の娘がなにやらせわしげ。

今日は模擬試験との事。

人生、最初の試練だよな・・・。

| | コメント (0)

膝は緩めて、腰は張る。

1010日(土)

5時半起床、曇り。

今朝は海に入る気無しなので、のんびり。

うねりは60cmを切ってるし、連休で人で多しの予想。

一応は情報をチェック。

お茶を飲んでから、公園経由で偵察。

―――

公園で禅を30分ほど。

昨日から立禅の形を少し変えた。

いつもより脚を内側に切り、内転筋の緊張を感じながら、

足がハの字のなるくらい。

足首は外に張り、膝を緩めて、腰を外に張る。

腰もやや低め。

この方が膝が緩むし、下腹が充実。

禅にこうじゃなくちゃいけない、と言うのは無いと思う

(と言っても、こうじゃいけないってのはあるよ)。

健康の為に組む禅と強くなる為に組む禅、

勿論同じでもかまわないけど、

大事なところが守られてれば違ってもかまわない。

だから、僕自身何時も同じ禅を組むわけじゃない。

その時その時、まあ、自分に甘えた禅を組む時もあるけどね。

毎日禅組んでればいろんな時があるさ・・・。

ーーー

禅の後に海へ。

海はいつもの波の無い静かな湘南。

1010_004

昨日に引き続き空気がきれい。

東は三浦半島の先端まで見える。

西は真鶴半島から伊豆半島。

南には烏帽子岩の向こうに大島。

1010_005

台風が来ないと空気が澄まないってのは困るけどね~。

――ー

で、また次の台風が出来たようです。

台風19号。

あまり大きくは無いようですが、

ただいま日本の南海上に停滞中。

ちょっと気になるところです。

| | コメント (0)

伸張性収縮

109日(金)

4時半起床。

お茶を飲んで公園へ。

昨日は禅も組まなかった。

禅を組まない日なんて久しぶり。

何となく落ち着かないので海の前に公園へ。

組んでるとなんと言うか、

自分の家に帰ったようなほっとした気分。

まず最初に頭が緩んでくる感じです。

首を引っこ抜くようにして、背中を伸ばして腹を緩める。

この背中を伸ばすって言うのは、皆が考えてるのとは多分逆。

背を伸ばすって言うと、

皆は胸を張るって言う感じになると思うけど、

それは逆。

それは背筋を縮めてるだけで伸びてない。

所謂伸張性収縮って奴を引き出せる状態って事。

そして腹を緩めるのは、腹を締められるようにする為。

そこら辺に注意してのんびり禅組んで這いやって・・・。

一時間ほど稽古してから海へ。

109_004 109_005

好天、雲はありますが空気がとっても澄んでいます。

江ノ島の橋げたまで見えました。

海を見てると、やっぱり血が騒いできます。

109_013

んでもって、これから食事して行ってこようかな・・・。

| | コメント (0)

台風一過

108日(木)-2

一日中台風のニュースばかり。

補正予算なんか何処の話でしょうかって感じ。

ともあれまずは台風一過。

風はまだまだ強いですが、雨は収まりました。

家の中に干してあった満艦飾の洗濯物がやっと外に・・・。

台風で明けた一日は何となく落ち着かず、

サーフィンは無論無しですが、

禅を組む気分にもなれず中途半端。

なんか生活の核がなくなっちゃたみたいで落ち着きません。

で、とりあえず海の様子を偵察に。

空気は澄んで青空、雲が遠くにあって夏空のよう。

108_001 108_002

でも、今回の台風は記憶にある中では一番凄かった。

平塚沖のデータで7mを超えるうねり。

海岸はどんなかと言うと、凄いです。

遊歩道まで波が来たようで、

昨日まであったベンチが流されてなかったり、

防砂柵が無くなっていたり。

所によっては海岸の砂が遊歩道を覆っていたり。

108_012 108_003

結構知った顔の皆さんも、偵察に来てます。

皆さん心配なんですね、海がどうなったのか。

中には奥さんと手を繋いで来てるローカルさんも。

挨拶するとはにかんでるのがかわいいです。

海で会う時とは違う顔。

―――

台風で海が荒れるとニュースで必ず出る映像があります。

東名高速の由比パーキングエリア。

今日も映像が出てました。

波が海沿いのパーキングエリアを洗ってました。

此処を見ると何時も亡父の納骨の日を思い出します。

清水で生まれ育った父を故郷の寺に葬るその日。

由比のパーキングエリアで止まって、

父の骨を抱いて故郷の海を見せました。

爽やかな青空、静かな海だったことを思い出します。

| | コメント (0)

18号上陸!

108日(木)

5時半起床、雨。

まずはお茶。

意外と外は静かです。

雨は降ってますが、風はそれほどでもありません。

うねりは2メートルを超えてます。

茅ヶ崎ではサーフィンのポイントがいくつかあって、

それぞれに名前がついてます。

で、昨年だったと思いますが、

海岸の養浜事業の一環で、

県が海岸の監視カメラを設置。

ポイント名でいうと、白樺、ショップ下、カボチャの

三つのポイントの動画を見ることが出来るようになりました。

勿論無料。

画面の右側が何時も自転車で散歩してる遊歩道。

上に見えるのが茅ヶ崎漁港です。

こんなに沖から波が割れてるなんて、何年ぶりでしょう。

この三つのポイントはそこそこ波が上がらないとサーフィン出来ないんですが、

そこがもう大変な様子です。

勿論誰も入ってません。

―――

昨日鎌倉でサーファーが一人亡くなったそうです。

中学校の先生と言う事で、早朝サーフィンをしてそれから職場へ、

と言う事だったんだと思います。

何が起きるか判らないのが自然相手のスポーツ。

スリルも楽しみの一つなんですが、

気をつけたいものです。

サーフィンの事故はどんな風にして起きるのか。

いくつかあると思いますが、一番多いのが多分自損。

つまり、波に捲かれて自分の板と体がぶつかる。

板で頭でも強打すれば失神、溺死。

良くて打撲、裂傷。

フィンも濡れた身体には刃物と一緒。

次は捲かれて海底にたたきつけられての怪我。

これは首が一番心配。

下が砂地だったらともかく、岩場だったらって考えるとぞっとします。

そして人との衝突事故。

生身の人間がかなりのスピードで突っ込んできます。

これは怪我しなくても、大喧嘩の元。

自分の技量にあった波に乗る。

そういっても、それを乗り越えるのも大きな喜びの一つ。

出来ない事に挑戦して、

乗り越えるのが生きてる証でもあります。

ここら辺が難しいトコですね。

ーーー

今朝は雨なんで、写真は無し。

その代わり、昨日の昼頃の海岸の写真です。

1072_001 1072_002

上の動画と比べると、のどかです。

でも、僕のレベルは超えてます。

1072_005 これは、あ、チューブに入った!!!

くわばら、くわばら、です。

長男は大学休講との事。

娘も学校は多分休み。

通勤電車も大方は5割減の運転との事。

新幹線は運休?

仕事も休みたいよね~。

| | コメント (0)

男下げます!

107日(水)

5時半起床、雨。

台風18号接近中。

お茶飲んでから海岸偵察。

平塚沖のうねりは1mをちょっと越えたくらいなんですが、

場所によっては頭オーバー。

107_001

早速着替えて海へ・・・。

入ったところで、師匠連にご挨拶。

と、そこに頭半くらいのが入ってきた。

師匠が僕の顔見て「Go!Go!」。

こういう時は何が何でも行かなくちゃ行けません。

先輩が波を譲ってくれてるんですから、

怖くても何でも行かなくちゃダメ。

行かないと、男を下げます。

下手は下手でかまわない。

でも怖がって行かなかったら、以後相手にしてもらえません。

いや、相手にしてもらっても、そういう奴だって思われます。

まともに付き合ってもらえません。

でも、入ったばかりで気持ちの準備も・・・。

それでも鳥肌立てながらパドル・イン。

立った瞬間に捲かれて、グリグリ・グルングルン。

最初の洗礼、リーシュ・コード(ボードと脚を繋いでる紐)掴んで何とか水面に。

こりゃ凄い、見た目以上のパワー。

あっという間にダブルサイズ。

それでも「わおー!」ってやつ二本。

107_018

2時間ほどで退散退散。

明日は18号が直撃予想。

サーフィンどころじゃなさそうです。

「わおー!」の二本が18号の持ってきてくれたお土産。

家の周りに飛ばされるものが無いかどうか、

それをしっかりチェックしておきましょう。

で、最後に何時も平塚沖のうねりって書いてます。

その正体は「平塚沖波浪等データ」。

今回の台風の影響もこれ見るとデータで確認できます。

| | コメント (0)

おでん!

106日(火)

超すっきりと4時起床、雨。

昨日の記憶がほとんどありません。

朝起きて海岸で禅組んで、朝食。

9時に海に入って何と14時まで。

都合5時間も海に入りっぱなし。

以前ロングの時の記録が6時間連続。

ショートにしてからは3時間が限界、

と思ってたんですが記録更新。

特に波がよかったって訳じゃないんですが、

悔しい、もう一回もう一本で延々5時間と相成りました。

サイズは腹、たまに胸。

で、上がってほとんどぶっ倒れ寸前、

ビール飲んだら晩御飯。

晩御飯はおでん、秋の食卓です。

おでんの大根に薀蓄。

厚さだとか、切れ目を入れてどうたらこうたら・・・。

最後におでんの汁をご飯にかけて、

これが一番とか言って・・・。

そこら辺まで記憶があって、あとは記憶障害。

気を失って、気が付いたら朝というか夜中というか・・・。

―――

昨日も師匠に色々アドバイス貰いました。

僕の師匠ってのは一人じゃなくて何人もいます。

聞くと教えてくれるんですが、聞かないと何にも教えてくれません。

皆さん寡黙、ジッと波待ち、謙虚(じゃない人もいるけど、たまに)。

何時も同じ顔見て、目礼して、

一年二年してから初めて「おはようございます」の挨拶。

またそれから一、二年してから話し始めます。

そうしてやっと仲良くなっていきます。

「遅れてきた青年」ならぬ、遅れてきた中年親父を、

皆さん面倒見てくれます。

「ここはちょっとこうした方が」

「今ので良いんです」とか。

ちょっと上手く乗れると口笛吹いてくれたり。

ほとんどの師匠は愛称だけで名前知らなかったり、

住んでる所も、仕事も知りません。

でも、とっても良く知ってて、とってもよく知って貰ってます。

サーフィンしてると、本当に素が出ます。

なんかの振りが出来ません。

判ってくるのはありのまま。

らしく、なんて化けの皮を被れません。

ありのままの性格というか、人格というか、

そのまま出ちゃいます。

怖いもんです。

ここら辺は、組み手と同じ。

必死になってる時はお飾りなんて無くなっちゃいます。

拳を通じての友を「拳友」と呼びます。

飾りの無い、素で向かい合える出会い。

人生の幸せの一つだと思います。

| | コメント (0)

人身は得がたし・・・

105日(月)

4時半起床。

まずはお茶。

先日鮨屋のお湯飲みを割って以来小さいのを使っていた。

遂に(って大げさですが)連れ合いが大きなのを買ってきてくれました。

これでたっぷりと飲めます。

105_004

と思って湯飲みにお茶を注ぐと、半分にも満たない。

急須に入れるお湯の量が、

小さい湯飲みに適応しちゃってるんですね。

本当にヒトは直ぐに状況に適応するんだ、

などと埒もないこと考えながらまずは一杯。

波はあります。

でも慌てない。

今日は稽古が休みって言う事もありますが、

波はこれから上がる一方。

だから余裕です。

――ー

お茶飲みながら新聞をゆっくり読んで朝が来るのを待ちます。

中川元財務省が死亡、中国の首相が訪朝、日本郵便のずさんがまた明るみに・・・。

て、まあいろいろありますが、

そんなことより先日のラミダス猿人の方が僕にはもっと刺激的。

何考えるにかって言うと、偶然と必然なんて事を考える。

僕が此処にいるのは偶然なのか、必然なのかなんていうこと。

僕の側から観ると、世界は僕の為にあって、

僕がいないと世界がなくて、僕が此処にこうしているのは必然だ、なんて思う。

ラミダス猿人が440万年の昔から、試行錯誤を重ねて、

440万年経ってようやく僕と言う存在を生み出すのに成功した。

40万年間を積み重ねてようやく到達したのが「僕」って訳。

これは僕が必然だっていう風に考えたときの世界。

他のヒトは僕に世界を提供する為にのみ存在する。

で、キリスト教みたいな視点だと、

神様とそれぞれが契約してるわけだから、

それぞれがそれぞれの世界を絶対的な神様と共有する(のかな)。

起こったことは全て必然だ、

って思うとこんな感じになるんじゃないかな~。

でも、世界は偶然の積み重なりで出来上がった、

って考えると見え方がまるで違っちゃう。

僕も偶然、連れ合いの存在も子供も偶然、

今朝僕を刺した蚊も同じように世界の気まぐれで生まれちゃった。

たまたまこの世界に人として生まれちゃった。

で、たいしたことしてないから次は蚊に生まれちゃうかもしれない。

だから人身は得がたし、って訳だ。

そうなるとどうなるかって言うと、

妙に優しくなっちゃうんだね、僕の場合。

生きとし生けるものみんな平等に生を受けて、生を甘受して全うして、

次代に託して静かに眠っちゃう。

なんてこと考えてたら、そろそろ日の出。

朝陽にかしわ手を打つ代わりに、

今日生きてる幸せに感謝しながら(ちょっとくさい台詞)禅でも組んできます。

| | コメント (0)

秘技「のらりくらり」

104日(日)-3

朝一にサーフィンやって、

昼には稽古して組み手して・・・。

で、帰ってから缶ビールもって海岸へ。

1042_004

突堤の上でビール飲みながら皆さんのサーフィン見てました。

潮が上げてきてるので、結構厚くて乗りにくそう。

ロングで何とか。

ショートはちょっときつそうでした。

1042_005

でも、快晴。

青空見ながら良い一日でした。

―――

About 太気拳

よくこのブログでも書くけど、武術の稽古って言うと何をやるか。

と言うと、簡単に言うと攻防の稽古。

こう来たらこうする、ああ来たらああするって奴。

それはそれで好きにやって良いと思うけど、

もっと大事な事を忘れちゃいけない。

何かって言うと、組み手の機微と言うかまあそんなところ。

この間弟子に僕の組み手の感想を言われた。

どんな風に言われたかっていうと、

「のらりくらりして、急にババッと来る」そうです。

そう、確かにのらりくらりした組み手をします。

何でのらりくらりするのかって言うと、

そうしないと直ぐに終わっちゃうって事もある。

でもそれだけじゃなく、そののらりくらりを教えてる。

のらりくらりって、実は結構難しいんです。

組み手の機微と言うか、心理戦というか、駆け引きと言うか・・・。

それをやってるわけです。

相手が攻めようとする、それを感じ取る。

圧力をかける、その時の相手を見る。

相手が来ようとする、すかしたり、受け止めたりする。

圧力のかけ方も、そのはぐらかし方もいろいろある。

それは言葉でも形でもない。

それを教えるには実際に組み手でやって見せるしかない。

それを感じ取れるか、

見過ごすかは弟子のレベルだし、

彼のものの捉え方。

問題をそこに求めるかどうかで、

稽古のやり事がまるで違ってくる。

大事なんだよね、こういうとこを教えるのが。

技術としての攻防の方法なんて言うのは、

こういう機微・駆け引きが出来る力が付かないと意味がない。

こういったものを土台にして技術があるって言う事に眼を瞑って技の稽古してもね~。

と思うんですよね・・・。

秘技「のらりくらり」、研究してみてください。

| | コメント (0)

104日(日)-2

行ってきました。

サイズは腰から腹。

払暁はやはり人少なめ。

104_001

もうちょっとして潮が引いてきたらもっと良くなりそう。

6フィートの板、ちょっとだけ慣れてきた感じです。

まだテイクオフの時に安定しないので、ちょっとドキドキですが・・・。

しかし、20㎝ばかり板が短くなっただけなんですが、

動く事動く事。

ロングから6.8に乗り換えた時もこんなに違うのか、

と思いましたが、今度もそうです。

板の性格もあるんでしょが、

動け、と心で思っただけで動く感じです。

波に乗れる回数は少なくなりましたが、

違う面白さ発見。

で、違う怖さも体験。

7時前には人・人・人。

104_006 104_009

一時間半ほどでスキッと上がって一休み。

これから稽古です。

行って来ます。

で、後でまたちょっと組み手について書きたいことがあるんで、

今日はその③まである予定です。

| | コメント (1)

RE:コメント

104日(日)

4時起床。

健康というのは良い。

昨日は一日中サングラス。

雨に中でサングラス、夜の電車でサングラス。

右目が何故かお岩さん状態だったんですが、

今朝見たら少し良くなってました。

目尻がちょっと痒いんで、やはり海で何かに刺されたでしょう。

何とか人前に出られるようです。

組み手で青タン赤タンもよくありますが、

こんなのは初めてでした。

それから、実はこの二三日歯茎は腫れて硬いものが噛めなかった。

これは原因がはっきり。

このところ歳のせいか歯に隙間がある。

それで糸楊枝を使ってるんですが、

この間酔っ払って歯茎に傷をつけた。

それが原因での腫れ。

それも昨日で直ったので快調。

ちょっとでもどこかが不調だと、

生活全般が変調をきたす。

当たり前の生活を送れるのは健康のお蔭。

健康に感謝です。

―――

昨日は結構波も上がり、なおかつ風もよかったようです。

土曜日ということで人出も多かったとの事。

今朝もそれなりに残ってるようなので、ちょっと行ってきます。

6フィートの板かな、持ってくのは。

来週からの台風の波に備えて、ってトコです。

土日は波の取れる6.8の方が良いとは思うんですが、

ちょっと慣れてきたんでトレーニングです。

―――

about 太気拳

9月の27日の記事にコメントがあったんですが、

気が付きませんでした。

ごめん。

でもちょっと話しのきっかけになるんで、

此処で引用させてもらいます。

コメントの内容は、以前稽古に来たことのある人からなんですが、

その時に僕が組み手関してに関して

「理詰めにやってる」って言ったそうです(まあ、憶えてませんが)。

で、それが組み手は創造だって言うのと、食い違わないか、

或いは組み手のやり方を変えたんでしょうかって言うことでした。

これって、ちょっと話したい事とリンクするんで、

此処で取り上げます。

まず、組み手のやり方を変えたんですかっていうとこです。

これは当たり前です。

組み手のやり方なんていくらでも変えます。

変える為に稽古してるんですから、変わります。

変わんなかったら、稽古してる意味無いですから。

それから、組み手のやり方はいくつかストックがありますから、

相手に応じて、時に応じていくらでも変えます。

で、理詰めって言う事と創造的ってことですが、

これは全然矛盾しません(いや、別に矛盾したって良いんですが)。

太気拳は創造だ、なんて気張って言うつもりはないんですが、

人の創造的なこういってものの最初には、目論見があります。

音楽だろうと詩だろうと、何らかの形式を踏襲します。

つまり理詰めの処があって、

行為が始まったところでその枠を押し広げていくわけです。

作者の思ってもいなかったものが出てきたりするわけです。

よく小説家が「登場人物が勝手に話し始める」なんて言いますが、

そんなところでしょう。

組み手も同じ。

こうしようと思っても、こうならない。

当たり前です、なんたって相手がいます。

それもやられたくないって思ってる相手です。

だからそこで自分の思ってもいなかったことが起きる。

当たり前です。

だからそこで、その場で、その時に対処して良いほうに持っていく。

思ってもいなかったことをやっちゃう。

へえ、俺こんな事やっちゃうんだ、って事になります。

それが面白いんです。

理詰めのところがあって、それが外れてもやりきるってトコかな。

組み手って言うと、みんな勝ち負けを考えるみたいだけど、

少なくとも、僕はそんな組み手は教えてない。

今眼の前にいる相手に勝つ、

なんて言うのはどうでもいいとさえ思ってる。

今の自分より少しでもよくなる。

そのために今日の稽古があって、

その相手をしてくれる仲間がいる。

これって、素晴らしい事だと思うんだ。

| | コメント (1)

男お岩さん?

103日(土)

5時半起床、曇り。

昨日の天気予報だと今朝はずっと雨とのことでしたが、

全然降ってません。

103_001

海は南西の風強く、風波。

コンディションは良くないんですが、

朝早くから皆さん出動です。

遠くの雲の間に僅かですが虹が見えます。

103_005

今朝は海に入りません。

何の祟りか判りませんが、

昨日から右目の周りが腫れて、

男お岩さん状態。

昨日海で何かに刺されたのかも知れません。

お見せできないのが残念です。

―――

昨日の水戸の空襲の後日談。

実家が全焼してその後ですが、行政のフォローがあったそうです。

何かって言うと、柱になるような材木が配給になったそうです。

その柱に筵をかけて暫らく生活したそうです。

焼け出された住民を何とかしなくちゃ、

市役所も出来る限りの事はしようと努力してたんですね。

| | コメント (0)

遺伝・・・

10月2日(金)

なんにしても忙しい一日です。

勿論まだ終わってないのでこれからも忙しいかもしれませんが・・・。

朝は6時に起床。

実家に泊まったので、一番に朝食の用意。

猫に餌やり。

片付け、ゴミだし。

携帯で波チェック、おお有る。

ってんで、車に乗ってとんぼ返り。

例によって、連れ合いに「ただいま、行ってきます」。

サイズ腰くらいだったのが徐々に上がって腹、たまに胸。

102_014

6フィートの板持参。

相変わらず上手く乗れません。

師匠曰く、「まずは乗ったら何もしないで板が動くままにさせておく、

そのうちにボードの性格が飲み込めますよ」。

スーパー初心者になった気分で、それでも最後の一本はうまく乗れたようです。

102_006

という事で、帰って遅い昼食。

やっと一息つきました。

来週は台風が重なって接近かもしれません。

どうなりますか・・・。

―――

母に庭で生った柿を持っていった。

食べながら昔話。

母の実家は茨城県の水戸。

戦争末期の86日に空襲があって実家は全焼。

防空壕で難を逃れたそうです。

その前日に柿の樹を見ながら祖父が「明日あたりに食べようか」と言っていたそうです。

ところが、そこに空襲。

柿の樹は残ったそうですが、実は火事の熱で見事にみんな落ちたそうです。

脇で火消し棒(はたきの親分みたいなものだそうです)

で残り火を必死で消して回っている祖母を尻目に、

祖父は母に言ったそうです。

「あの柿、昨日のうちに食べりゃ良かったな」。

能天気って言うのは、確実に遺伝します・・・。

―――

確かに子どものころ、母の実家に遊びに行くと、

竹薮に錆びた焼夷弾が転がってました。

八角形をして長さが50cmくらいあったでしょうか。

子供のころはそういった戦争の遺物がそこら辺に転がっていました。

防空壕で遊んだりしたのも、もう遠い思い出です。

| | コメント (0)

温泉気分

101日(木)

5時半起床。

前線通過で波は、と思ったらダメ。

うねりは30㎝台、ぎゃふん。

と言う事で、のんびりカテキン摂取。

ぶらぶら海岸散歩。

101_001

いつものポイントに数人入ってましたが、手持ち無沙汰。

波無いですもんね~。

―――

about 太気拳

お気に入りの立禅ポイントで禅。

禅を組むと気分が変わっていくんだけど、

どう変わっていくんだろうそう思ってやってみる。

禅を組んで腕を挙げた瞬間に首がすっとして、

それだけで気分がのびのびする。

肩が落ちて首が整う。

当たり前で、首に神経が集中してる。

そこが整うって言う事で気分が一瞬に変わる。

鼻が詰まってるときなんかは、ここで鼻が通る。

次はどうかと探ると、腹。

腰を少し落としてると、

下腹が温かくなってきてゆったりしてくる。

温泉気分。

今朝は一分くらいでなってきた。

もうここら辺になると、探るなんてどうでもよくなって来る。

手や足の指に神経が行き渡ってくると、

まあ、ぼっとしてきていい感じ。

満たされた幸福感、て奴かな。

この世界、風景に漂うって感じ。

101_008

探るなんてことは忘れて、この気分をなくさないようにして探手。

今朝は寒かったんで、Gパンにトレーナー。

終わる頃はTシャツでちょうど良いくらいに身体が温まりました。

気分のいい一日の始まりです。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »