« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

合宿

合宿
慣例の全員組み手終了… 私はマグロ。

| | コメント (0)


ひぐらしの こえにおわれて くもながれ 静寂 蝉と鳥の鳴き声だけ…

| | コメント (0)

くわばらくわばら・・・

2010730日(金)

Sn3d0998

3時起床、雨。

早起きも当たり前で、昨夜は寝たのが9時前。

早速うねりチェックで130cm台。

まだ暗いんでのんびりお茶を飲みながら手製の梅干。

酸っぱいしょっぱいでお茶を三杯。

雨の中4時半に出発。

サイズは胸、南風7から8m。

コンディションは良くないが、昨日と比べて結構まとまって来ていて、

波に力がある。

ちょっとした台風並みとまでは行かないものの、

久しぶりに波乗りらしいスリル。

ついでに7時前には雷も鳴り出して退散。

遠くにパッと光ったんで同じように上がる方がたくさん居たんですが、

それでも粘る皆さんも・・・。

くわばらくわばらです、

雷にはかないません・・・。

―――

日記を見返すと、今月は波が無くてもトレーニングがてら海に入ってた。

今日までで25日間でそれぞれ時間は短いものの、

Sn3d0997 連日という感じだったので、上半身の充実感がある。

稽古で下半身の充実は感じる事が多いけど、

上半身の充実感は今までそれほど無かった。

そのおかげかどうか、背中がスッとする。

禅を組んでいても、腕の上下左右の張りが気持ちいい。

―――

さ、これから一休みしてから出発。

今のところ天気はぐずついてますが、

午後には雨も上がりそうです。

| | コメント (0)

太気専心・・・

2010729日(木)-2

南風ビュンビュンの一日でした。

それでも午前に一時間半、午後に二時間ほど海に入って来ました。

午前は腹サイズ、午後は波も上がったけど風も吹いて雨も降って・・・。

波待ちしながら顔に雨粒が当たって痛いこと痛いこと。

なかなか面の皮が厚くなれません・・・。

夕方になるとローカルの小学生や中学生が大挙押し寄せてきたので終了。

なんたって彼らにはかないません。

組み手だったら負けないんですが(って何言ってんだか・・・)

明日から合宿なんで海とはお別れ。

頭切り替えて「太気専心」です。

―――

合宿に向けて課題を簡単に書きました。

参加者は各自頭に入れるなり、

印刷するなりして置いてください。

課題のファイル「2010.doc」をダウンロード

| | コメント (0)

いつものように・・・

2010729日(木)Sn3d0995

7時起床、雨。

起きたんですが窓から入ってくる冷気が気持ちよくて、

ずるずると転がりながら本を読んだり・・・。

久しぶりの雨で気温も下がってぐっすりと眠れました。

起きると娘は部活で県大会の決勝観戦。

「気楽なもんだよ」とのたもうて出発。

海岸偵察行。Sn3d0994

腰くらいのうねりが入ってますが、

潮が上げてるのでショートはまだきつそう。

風波でコンディションはもちろん望めません。

Sn3d0996 でも、もちろんいつもの皆さんはいつものように・・・。

いつも通りの茅ヶ崎の朝です。

私はこれからのんびりとして、

時間を見計らってから出撃です。

| | コメント (0)

上虚下実・・・

2010728日(水)

Sn3d0988

7時起床、晴れ。

晴れも晴れ、今日も晴れ。

朝から南風が強めに吹いてます。

期待を持たずに偵察行。

Sn3d0985 満潮と相まって今のところはちょっと難しそう。

海岸散歩しながらと先輩のOさんとお話。

天野より10歳年上のOさんが最近開眼のテイクオフ法。

立つ時に後ろ足を真っ直ぐに引き付けてから前足を寄せる。

これを海岸の見晴台で腹ばいからの実演。

「コレが結構かっこいいんだよね」との事。

男って言うのは、幾つになってもカッコイイを追い求めるモンです。

―――

暫く待ってから着替えて海。

サイズは腰くらいの波で、

良くは無いもののそれでも板の上に立つことを思い出すくらいにはできました。

めでたしめでたし・・・。

―――

稽古で痛めた足がやっと治ってきた。

痛めたといってもたいした事ではなくて、

足の指にマメが出来ただけ。

マメが出来た原因はよく判っている。

歩法に重点を置いて稽古をすると良くマメが出来る。

中高とサッカーをやっていたので、

その影響で足指の間隔が普通の人より狭い。

これはきついスパイクを履いた名残。

特に歩法というわけではないが、

稽古の時にはかなり強く地面を指で掴むようにする。

これは相撲も同じらしいが、足指が地面を掴む力が下半身の力の源泉になる。

上虚下実というのは、中国拳法でよく言う言葉だけど、

Sn3d0989 その下実を作るのが足指の力。

歩法だと、その力が過剰になるのかそれとも単に指の形の問題なのか、

どちらにしても稽古の成果って言えないことも無い。

マメが硬くなってきて、

もう稽古しても良いよって信号です。

| | コメント (0)

風爽やか・・・

2010727日(火)

Sn3d0980

6時起床、晴れ。

なぜか庭で小鳥の鳴き声がかまびすしくて眼が覚める。

何日かぶりで熱帯夜から解放された感じ。

昨夜は落雷と驟雨で空気が少し冷えたようですが、

起きるともう地面も乾いてるし相変わらずの夏日。

うねりチェックは最初から希望なしでもとりあえず、で30cm台。

Sn3d0981 海岸偵察はやはり波無し。

パドル・ボードのローカルさんがただ一人。

でも、風爽やか・・・。

| | コメント (0)

結構難しい・・・

2010726日(月)

Sn3d0976

5時起床、曇りかと思ったがやはり晴れ。

もうそろそろピーカンの天気に飽きが来た。

連日の猛暑、で多分今日も・・・。

波が無いのは判ってるんで、うねりチェックもなしに着替えて海。

もちろん海はフラット~で、パドル・トレーニングを30分ほど。

ひたすらパドルした後は、浮き身を取ってラッコ状態。

上がってから暫く見晴台でのんびり。

偵察の方々続々登場。

波が無いのが判ってるんで、「もう腹も立ちません」と皆さん。

泰然自若、大人の余裕、高僧の悟り、諦めと言うかなんというか・・・。

それでも「なんか今日はちょっと出来そうな感じしない?」

何てのたまう諦めの悪い御仁も・・・。

―――

今朝の海は水がとっても綺麗。

この二三日は水が濁った感じだったので、

Sn3d0977 気持ちよくのたりのたりとうねる波に身体を任せて・・・。

水温も適度ですっきりとして爽やかな朝を過ごせました。

―――

about 太気拳

稽古の敵は何だ、って気張ってるわけじゃないけど、

いつも気になるのは「習慣」てやつ。

習慣て言うのは、気が付かないでやっちゃうこと。

やってるつもりもないのにやっちゃう事。

稽古の敵はこの習慣てヤツ。

稽古だから当然反復がある。

見てると、ってもちろん自分もそうなんだろうけど、

反復のための反復になってる場合が多い。

昨日やったのと同じようにうやって、

さっきやったのと同じように今やって。

今やったのと同じように明日もやるんじゃ、面白くもなんともない。

繰り返すのは、どうすれば違う感じで出来るのかを探すため。

同じように見えるものの中に違うものを見つけるため。

外から見ると同じでも、内から見ると違って見える。

それを探してる。

―――

連日のパドル・トレーニング。

パドルなんて今までどれだけパドルしたか判らないくらいやった。

サーファーなら当たり前で、サーフィンするって言うことは、

ひたすらパドルするって事だ。

で、最近になってやっとパドルが少しずつ安定してきた気がする。

水を掻くと言う、とっても簡単なことが、

やってみると結構奥深い。Sn3d0978

最初は筋力なんて思ってたけど、

パドルってのは、腕じゃなくて上体の安定だとか、

膝の押さえだとか、水を掻く深さや押し出す長さ、胸のそらせ具合。

肩のねじり具合や手首の角度、いろんな工夫があるんだってやっと判ってきた。

結構難しい・・・。

| | コメント (0)

人生は短いからね・・・

2010725日(日)

Sn3d0973

5時起床、晴れ。

もちろんうねりは無し、40㎝台。

偵察は抜きにして、と言うか偵察してもしょうがないんですが・・・。

着替えてボードを持って海へ。

サイズは無し、フラット、静穏、凪、湖状態。

天野はただただ海に浮かんでパドル・トレーニング。

30分ほどで本日のトレーニング終了。

皆さんとは顔を見合わせて苦笑い。Sn3d0971

ローカルの先輩は釣竿を持って、ロングボードに乗って沖に・・・。

―――

娘の高校は初のベスト8進出ならず。

残念でしたが、テンションが下がって少し涼しくなるかも。

―――

干し始めて今朝で三日目。

Sn3d0974 少しずつ梅干らしくなってきました。

今日は月例の「太気拳基礎講座」の日。

いつも連れ合いに弁当を作ってもらうんですが、

今日はこの梅干を入れて貰いましょうかね。

―――

about 太気拳

今日の課題は、合宿とリンクさせていく予定。

禅の大事な注意点の一つ。

重心を置く位置と足首の外旋と膝の内旋。

なぜコレが大事な注意事項になるのか、ということから始めて、

太気拳の変化や力に対する考え方の方向を明確にしたい。

漫然と禅を組んでりゃ強くなる、も良いけど、

人生は短いからね。

何でも近道って言うのは無いけど、

納得して稽古できるかどうかって言うのは、

モチベーションの問題でも有るし・・・。

―――

禅に限らず、他にも色々注意事項はある。

で、それぞれに何故注意しなくちゃならないかって言う理由もある。

それが判って注意するのと、何でか判らないけど注意する、

では、それこそ天地の開きがあるって事だ。

| | コメント (0)

ホット一息・・・

2010724日(土)-2

Sn3d0966

暑い中の稽古が終わっての帰り道。

自転車で海岸を走っていると、

満月に近い月がポッカリと浮かんでました。

疲れてたんですが、

なんかホット一息。

明日に繋がる元気が出てきました。

明日の講習会、気力で乗り切る・・・。

| | コメント (0)

勇気・・・

2010724日(土)

Sn3d0964

5時半起床、晴れ。

朝からせわしなくざわざわしてる。

原因は野球の応援。

ベスト8を目指す娘の高校。

応援に行く連れ合い、何故かお泊りの娘の部活仲間。

日焼け止めを塗ったり、氷を用意したりてんやわんや・・・。

学校からバスを仕立てていくということで、6時半に出発。

急に静かになりました。

―――

で、うねりはもちろん無し、20㎝台。

昨日は初めて10cm台という数字を確認。

波が上がる期待は全く無し。

サーフィンに関しては、合宿後の茨城トリップに期待しかなさそうです。

海水浴がてら着替えてボードを持って海岸偵察。

全くのフラット、静穏。

30分ほどパドル・トレーニングで終了。

―――

昨日は梅雨明けで待ちわびた梅の土用干し。

100円ショップで買ったすだれを用意して、

その上に慎重に置いていく。Sn3d0961

朝方干して、夕方には裏返し。

一つ食べてみると見事にしょっぱい、酸っぱい。

昔食べたおにぎりに入っていた梅干です。

懐かしくて嬉しくてほのぼのした味でした。

―――

そういえば昨日のテレビで吉田沙保里が言ってたけど、

いくら練習しても勇気がなければタックルできない。

タックルで世界を制した彼女でも、タックルに勇気を必要とする。

蛮勇ではない勇気。

大事にしたいものの第一です。

―――

さ、これから気合を入れて稽古です。

| | コメント (0)

大暑・・・

2010723日(金)

Sn3d0958 

7時半起床、晴れ。

今日は二十四節季で「大暑」との事。

聞くだけで暑くなっちゃいます。

―――

連日の熱帯夜、昨夜は流石にクーラーを入れて就寝。

夜中に寒くなって起き、

クーラーを切ったら今度は暑くてまた起きて・・・。

最後はクーラーを切って窓を開けて扇風機を回して・・・。

寝たんだか寝てないンだか判らないような目覚め。

冷たい麦茶を飲みながらうねりチェック、20㎝台。

全く希望なし。

―――

取り敢えずは偵察行。

日差しが強烈。

外で作業の人は本当に大変。

犬と一緒に海水浴のお馴染みさん。

「波の上がる要素が無いもんね」と諦め顔。

Sn3d0959 海岸ではocean’s love主催の「障害者のためのサーフィン教室」。

強い陽射しの中、開催前のゴミ拾いの真っ最中でした。

―――

ここのところ少しずつ手をかけていた手作りフィンの完成。

と言っても、じっくりと見ると気泡が入っていたり、

凸凹していたりと不本意。

思ったほど透明感がないので、そこら辺は次回に工夫。

もうちょっと芯の竹材を厚くして、

その分樹脂を節約すれば質感量感ともアップするんじゃないか、

なんて考えてます。

ま、今回はこんなところで・・・。Sn3d0956

でも暫くは海デビューの機会はなさそうです。

ETC車載機の取り付けと相まって Do it yourself の二幕目でした。

―――

about 太気拳

午後二時という一番暑い時間の稽古。

ちょっと動くと汗がたらたらで、30分ごとに給水。

天野は稽古中は余り水分は取らないほうなんですが、

昨日は特別。

熱中症で倒れるんだったら、

弟子に殴られて倒れた方がまだマシなんで、

水分補給に気を付けました。

でも、徐々に棒の稽古を組み手に生かせるようになって来た気がします。

単に棒を避ける技術なんてものじゃなくて、

呼吸や間を計ることを覚えたり、

組み手の主導権をどう手に入れるかという事にも、

繋げていければ結構有益です。

今度の合宿でも、

ここら辺は抑えていこうと思ってます。

| | コメント (0)

初体験・・・

2010722日(木)

Sn3d0952

7時起床、晴れ。

居間に下りた途端に娘から一言。

「朝一に神奈川新聞を買っておいてくれるって言ったでしょ」。

そうなんです、娘の高校が高校野球の県予選三回戦突破。

全国紙では扱いが小さいんで、そこは地方紙の良さ。

それを買いに行っておく、と約束してたんですが、

夜更かしで寝坊、ゴメン。

あっという間に学校に行ってしまいました。

―――

その後、新聞を販売店に買いに行きながら波チェック。

サイズは脛。

それでも皆さん元気に海に入ってます。

天野も早速着替えて海。

どうせ乗れる波が無いんで、

一番短い6ftの板を持って出かけました。

―――

パドルトレーニングのつもりでバシャバシャ。

後は水に浸かって皆さんと世間話。

すると沖から水上バイクに乗ったMさん登場。

イントラの資格を持ってるMさんの指導で初体験。

スピードを出して爽快って言えば爽快なんですが、

なんかイマイチ。

機械に頼ってる、ってのがちょっと悲しい感じでした。

―――

さて、と・・・。

今日はこれから茅ヶ崎で稽古。

ばてないようにちょっと休憩。

| | コメント (0)

Do it yourself ・・・

2010721日(水)

Sn3d0950

6時起床、晴れ。

昨夜は実家に泊まって母と遅くまで昔話。

帰宅後偵察行。

サイズは膝、たらたらで立てるか立てないかの波。

それでも頭にお皿の付いてる方や、

水かきの付いてる方々は相変わらず。Sn3d0951

―――

昨日は昼の一番暑い時間にDo it yourself

ヤフーのオークションで購入したETC車載機の取り付け。

車の内装を剥がして、オーディオを外してと大汗を掻きながらの3時間。

取り付け方をネットで調べながら何とか終了。

普段実家に向かう時は普段は高速道路は使わない。

使っても10分違うかどうかって言うところなんですが、

取り付け具合を確かめたくて高速使用。

ETCレーンに入ってブレーキを踏んで減速。

ブザー音と共にバーが上がった時は快哉。

やってできないことは無い、

なんて程大袈裟じゃないんですが、

大満足でした。

―――

about 太気拳

稽古では反復練習が多い。

或いは反復が稽古だって言い換えることが出来るくらいだ。

でも、気をつけたいのは、稽古と組み手は違うって言うことだ。

一人で稽古してる時のように組み手で出来るようにするのが稽古だ、

って言うのは間違い。

Sn3d0949 自分で稽古してる時は十の力でやる。

だから十の力を組み手で出そうとする。

だけど、それは間違い。

自分の稽古で十で出来たら、

組み手といった形式の稽古では七から八割くらいでやる。

そうでないと動けない。

稽古で出来ることが、組み手で出来ないのは、

稽古と同じようにやろうとするから。

組み手などのときに十の力を出そうとすると、

他の事に気が回らなくなる。

自分が見えなくなる、ついでに相手も見えなくなる。

だから楽にやることが一番。

普段の稽古を十でやるのは、

その七割の力の底上げのため。

―――

なんてことを稽古の時に話した。

苦は楽の種、楽は苦の種、なんてね・・・。

| | コメント (0)

雨ニモ負ケズ・・・

2010720日(火)

Sn3d0945

5時半起床、晴れ。

寝てる間に随分汗を掻いたようなので、

先ずはシャワーを浴びてからうねりチェック。

うねりは40㎝台、

しかし昨日は結構風が吹いたのでひょっとすると早いうちなら出来るかも、

と偵察は抜きにして着替えて海。

着替えと言っても、トランクスには着替えて袖なしを持って出るだけ。

夏のサーフィンは気軽に出来るのが良い。

冬だったらウエットに着替えて、ブーツを履いてと結構面倒。

到着するともう既に入ってる方々が。

皆さん、雨にも負けず 風にも負けず 夏の暑さにも 冬の寒さにも負けない

立派な皆さんばかりであります。

という事で、早速仲間入り。Sn3d0946

サイズは膝から腿。

たらたらでショートは立ってお終い。

だからどうしたって感じの波ですが、

上手い人は流石にそこに一アクションが入る。

レベルの違いはいかんともしがたく、

暫くして退散。

夏の朝一洗顔サーフ。

気持ちの良い一日の始まりです。

―――

帰ってからの新聞に桑田真澄のオピニオン「球児たちへ」。

効率的な練習、ミスから学ぶ、勝利ばかり追わない。

或いは精神主義や指導者・先輩への服従への疑問。

結構良い事書いてあります。

武術って言うとよく聞くのは、スクワットや腕立てを何百回とかやらせて、

或いはやった事で何か凄い稽古したように勘違いする人も多い。

稽古を終わって、マグロのようになったってのを自慢する手合いも居る。

まあ、自分で好きでやる分にはいいけど、

そんな自己満足を人に押し付けることだけはやめて欲しいもんです。

思い出作りで武術をやる人はソレでいいですけどね・・・。

―――

指導者って言うのは本当に考えなくちゃいけない。

指導する人間にとって、弟子は何人かの中の一人かもしれないけど、

Sn3d0948 指導される本人に取っては、

たった一回の人生の、

今しかない時間を掛けてやってるもんなんだから・・・。

| | コメント (0)

頼りないもんだよ・・・

2010719日(月)-2

Sn3d0943

暑い暑い一日でした。

何処もかしこも今年一番の暑さとか。

午後海の偵察がてらサザンビーチまで。

海水浴客で一杯。

皆さん肌を真っ赤に染めてますが、

明日が大変ですよ・・・。

―――

テレビで各地の事故の報道。

海・山・河ってのは、生活の安全を行政に保護されているところじゃない。

肩書きも何にも役に立たないところで、

身体一つで向かい合わなくちゃならない時もある。

本当に情け無いくらい頼りないもんだよ、人っていうのは。

それを都市生活の延長で遊ぶ。

自然が怖いって事を知らない人が多いんだろうな・・・。

| | コメント (0)

時代は巡る・・・

2010719日(月)

Sn3d0939

5時起床、晴れ。

麦茶を一杯飲んでから着替えて海。

昨日の風の名残でサイズは腿位。

休みなのに意外と人が少ない。

お馴染みさんに「なんか人少ないですね」と言うと、

「今日は浜降り祭だからじゃないですか」との事。

それでも暫くするとやはり人も増えてくるし、

Sn3d0941 波も力がなくなってきたので二時間ほどで終了。

―――

高校野球の神奈川県予選。

娘の学校が昨日延長接戦の末勝利。

せがまれて神奈川新聞を買いに行かされました。

見ると見事にホームランを打つところの写真が掲載。

次回は横浜スタジアムで試合との事。

それに勝てばベスト16

娘のテンションも上がってます。

―――

そういえば40年以上前のことですが、

天野も出身高校の応援でスタジアムに行った覚えがあります。

もちろん現在のスタジアムではありませんが・・・。

時代は巡る・・・か。

| | コメント (0)

お楽しみに・・・

2010718日(日)

Sn3d0933

5時半起床、晴れ。

ピーカンの朝、しかしながら波は無し。

海岸偵察行。

三連休の中日と言うこともあるのか、

Sn3d0935 Sn3d0936 海岸ではカヌーの出艇準備や、

パドルボードのスクールの準備完了。

スクール生は円陣を組んで準備体操に余念が無い。

散歩していつもの見晴台で皆さんと雑談。

ローカルのMさんから烏帽子岩周回のクルージングのお誘い。

明日は波もなさそうなので、それもいいか・・・。

しかし、本格的な夏到来。

このまま海に入っちゃおうか、と一旦は思いましたが、

とりあえずおとなしく帰ってきました。

―――

about 太気拳

Sn3d0934 歩法に関してふと気が付いた。

太気拳で言う歩法は通常の歩くとは全く違う。

これは当たり前で、通常の「歩く」と違うから歩法として稽古する。

歩くことは、どういう風に歩いてるかなんて、普通の人は考える事も無い。

でも、動くの基本は歩くことで、

その「歩く」をしっかりと見据えないと、

組み手をやっても推手をやっても、

全部が日常動作の延長にしかならない。

禅を組むのが歩法の基本だ、と言うと不思議に聞こえるかもしれない。

でも、歩法の中から前後方向の成分を取り去れば、左右の足の踏み替えになる。

そして次に、左右の成分を抜き出せば、何の事は無い「立禅」になる。

動くということから、動くという成分を抜き出すとどうなるか。

それは動かないではなく、「動こう」が残る。

この「動こう」を見つめることで、

動く時の身体の起動順位が整い、

動作の起点と収束点が明確になる。

―――

ということは、禅を組むことで日常とは違う動作の定型を作り上げる。

力にしても、速度にしても、変化にしても、

日常とは違う動作の定型なくしては生まれない。

技術というのは、その定型を基盤にしてしか意味を持たない。

―――

今回は夏合宿のレジュメを文章で起こします。

今まで合宿のレジュメを作ったことなんか無いんですが、

今回初めてやってみます。Sn3d0937

そしてそれを基にして合宿の内容を進める。

「禅を組み手に直結させる」がテーマ。

お楽しみに・・・。

| | コメント (0)

何かがへたる・・・

2010717日(土)

Sn3d0931

5時起床、晴れ。

うねりチェックで33.3㎝。

今日のうねりは一尺です。

お決まりの海岸偵察。

やはり波は無く穏やか・・・、静穏・・・。

朝が早いので空気はひんやりしているが、

暫く歩くと汗が吹き出てくる。

青空とそこに浮かぶ雲はもう完全に夏雲。Sn3d0930

もう梅雨明けなんでしょうか・・・。

―――

しかし、と言うか何と言うか毎年この季節になると何かがへたる。

一昨年は冷蔵庫がへたった。

夏の暑い季節に氷が出来なくなった。

修理を頼んだら二週間掛かって、

結果は直すより買うほう安いとの事で買い代え。

去年は合宿から帰ってみるとパソコンが起動しなくなってた。

自作機で色々いじっても直らず、

結局そのままになって、サブ機で凌いで今に至ってる。

今年は何かと思ったら、案の定へたりが来てるのがあった。

へたったのはプリンター。

最新鋭機という気がしてたんですが、

買った時は最新鋭でも今は昔。

2003年の最新鋭も今では十分の旧型機。

CanonMP770って奴なんですが、

プリントヘッドがどうのという表示が出て、

調べたらヘッドの交換に一万円位掛かるとの事。

なら新しいのを買えるんじゃないの、と思うんですが、

さてさてどうしたらいいんでしょうか・・・・。

―――

Sn3d0928 機械はへたると簡単に買い換えたり出来るんですが、

人間はそう簡単に行かないんで、

皆さん大事に使いましょうね。

| | コメント (0)

もがいてますが・・・

2010716日(金)

Sn3d0921

4時半起床、曇り。

一旦起きたんですが、ここは我慢。

我慢して起きない、寝てる。

寝てるのも修行?

疲れを取るにはとにかく寝る。

で、ついに我慢できずに6時起床。

野球部のマネージャーをしてる娘。

昨日はコールド勝ちで朝からテンション高くてうるさい。

という事で、海に偵察行。

夏の空、雲、強い陽射し、でも波は無し。

夏が好きな天野は暑いだけで気分がうきうきします。

陽射しを跳ね返すには「気合だ~!」Sn3d0919

―――

帰りに公園で軽く禅。

今朝は腰を高くして、足指の螺旋に力を引き出す感じ。

足指の力の方向と、

膝や腰の効率的な角度なんて事をのんびり考えながら。

禅を組んでると、足指と手指の繋がりが明確になってくる。

それを膝と繋げると、今度は肘や肩、そして腰と繋がる。

禅を組み終わって、ベンチで考え事。

一体何時からこういった繋がりが出てきたのか。

繋がっちゃえば当たり前のことが、

繋がる前は見えない。

今まで何時間禅を組んだか判らないけど、

時間こそが物事を熟成させる。

―――

稽古って言うのは面白い。

何でかって言うと、結果が見えないから。

山に向かって進んでると思ってたら、

眼の前に海があったり、

河をさかのぼってると思ったら、

谷底だったり。Sn3d0923

結果はどうか判らないけど、

進もうという気持ちが宝だな。

―――

休養日を決め込んだ昨日。

結局夕方に海に入って一時間ほどサーフィン。

風波で面はがたがた。

ftの板を出してテイクオフの練習。

板が短い分滑り出しが遅いので、

パドルの一掻きが足りない。

それさえ慣れれば何とか上手く行きそうなんですが、

そこが課題ともがいてますが、なかなか・・・。

| | コメント (0)

完全休養・・・

2010715日(木)

Sn3d0914

4時半起床、曇り。

うねりチェックで60cm台。

ほとんどここら辺は夢遊病者状態で、

サーフィンは今のところなし、との判断でそのまま再び布団の中へ・・・。

気が付くと8時半。

子供たちは既に登校した後で、

何というか、

閑散とした居間で一人ぽつねんと熱いお茶。

昨夜稽古の帰りに珍しく疲労感。

やはり疲れが溜まってたようです。

―――

疲労の原因は12日間連続のサーフィン。

とにかく入れば何か発見がある、

という事で、しゃにむに連日海に突撃してたんですが、

やはり限界。

―――

発見というのは、探しにいっても見つからない事が多い。

でも、ただ必死に何かをやってると、

気が付いたら向こうからこっちに飛び込んでくることがある。

何が飛び込んでくるかは、来るまで判らない。

そんな気分での連続サーフィンでした。

ここら辺は、太気拳の稽古と同じで、

時には頭を空っぽにしてがむしゃらに立ち向かうってのも、

時に大きな転換点になる。

ま、今日辺りで一区切りでもいいでしょ。

―――

という事で、今日はのんびり見物を決め込むつもりで海岸偵察。

Sn3d0916 南風が半端に吹いていて、

波も上がる気配なし。

見晴台でローカルの方とお話、

ついでに愛犬Jとじゃれて来ました。

―――

今日は稽古も無いんで、完全休養を決め込みます。

Sn3d0917 で、休養の片手間はフィン作り。

TW1のメインフィンの型取りが終わり、

荒削りまでは昨日の作業。

もうちょっと形を整えるくらいはやろうかな・・・。

―――

about 太気拳

昨夜の稽古を見てると、

段々棒を相手の動きが様になりつつある。

そろそろ棒を相手の動きが、

組み手のときにどう生きていくのかを工夫する時期かも。

棒を持つ方も、また受ける方も間やタイミング、

或いは攻防の中に生まれる、逡巡や戸惑いをどうするのか。

そこら辺に眼が行くと、変化していくかもしれない。

| | コメント (0)

同じ事なんて二度無いのに・・・

2010714日(水)

Sn3d0902

4時半起床、曇り。

うねりチェックで30cm台を確認してから二度寝。

再び起きたのが6時。

のんびりとお茶を飲んでから偵察行。

南風ビュンビュン。

同じく偵察中のSさんに「これじゃ出来ないですね」といったら、

「これで明日は出来るって事だよ」と言い返された。

ものは考えよう、ポジティブ・シンキング・・・。

―――

about 太気拳

なんでもそうだけど、上手くいく時とそうでない時がある。

この間は上手く行ったけど、今回は上手く行かない。

結局、駄目なとこが自分の実力かな、なんて思ったりする。

でも、上手くいったのが自分の実力っていう風にはなかなか考えない。

上手くいったときを思い出して、同じようにやろうとすると失敗する。

記憶に縛られて、記憶の通りにやろうとして失敗する。Sn3d0905

何かに捉われないから上手くいったのに、

今度は上手くいった事に捉われちゃう。

今までの経験で、

何かに捉われて上手くいったためしは無い。

当たり前だけど、

同じ事なんて二度無いのに・・・。

| | コメント (0)

修行・・・

2010713日(火)

Sn3d0893

4時半起床、曇り。

梅干食べながらお茶。

うねりチェックで70cm台。

昨日あれだけ吹いたのに波が思ったほど上がってないようです。

という事で偵察行。

満潮と重なっているために、

うねりは入ってるんですが割れません。

Sn3d0895 出来ると思ってきたサーファーが途方にくれちゃってます。

これから潮が引いてくれば出来ると思うんですがね。

―――

昨日は一時間半ほど風がビュンビュン吹いてる中でサーフィン。

半端な波に二三本乗っただけで、後はドルフィン・スルーの連続。

ドルフィンてのは寄せてくる波を潜る技術ですが、

これを十回もやると結構疲れる。

おかげでサーフィンというより、修行をしたって感じでした。

サーフィンも昨日書いたように生き生き出来るからいいんで、

何となく昨日は消極的な気分。

風波が苦手って事もあるんですが、

怪我しそうな嫌な予感がしたんで、

Sn3d0898 皆の居ないところを探してのサーフィン。

メンタリティーってのは、言うのは簡単ですが、

コントロールするのは難しいもんですね・・・。

―――

午後は車で近くのホームセンターに・・・。

今度はメインフィンを自作しようとの目論見。

樹脂とガラス・クロスを買い足して、

フィンの芯に入れる竹を加工して形を整える。

芯の竹材は二枚を張り合わせるので、

とりあえず張り合わせるまで終了。Sn3d0900

自作のバンブー・フィン。

どうなりますか・・・。

| | コメント (0)

メンタリティー・・・

2010712日(月)

Sn3d0886

4時起床、曇り、強風。

起きてすぐテレビの前に・・・。

延長をスペインが制して初優勝。

スペインの少しでも前に行こうとする気力。

オランダの攻撃的とも言える守備。

試合終了で見てるほうが疲れた・・・。

―――

早速海岸偵察。

南風ビュンビュンですが、もう既に十数人が強風の中サーフィン。

今日は一日こんな感じだと思うので、

のんびりと朝食を取ってから入ろうと思います。

―――

about 太気拳

ここのところ組み手とご無沙汰。

Sn3d0887 理由は簡単で、棒の稽古に主眼を置いてたから。

で、土曜日に久しぶりに弟子と組み手。

顔を二回ほど殴られた。

組み手をやればやられることがあるのは当たり前で、

それ自体はどうってことは無い。

なんでやられたのか、を考えた。

一回目は組み手の最中にふと別の事に気がいった、

つまり気が散ったところを見透かされた。

二回目は、余り記憶に無い。

多分、一瞬身体の動きが止まって棒立ちになったんじゃないか、と思う。

これが原因かという事で、判ったといえばそれまで。

じゃあ、それをどう直すか、と言うところで猛反省。

―――

何を反省かって言うと、気分だ。

動きが止まるとか、気持ちが他に行っちゃうとか、Sn3d0889

じゃあ、そうならないようにしようっていうのは簡単。

こういう風にするとか、こう動くとか・・・。

でも、問題はそんなところにあるんじゃない。

そんなのは単なる対症療法に過ぎない。

一番大切にしなければいけなかったのは気分だ。

それが抜け落ちてた。

気分て言うのはどういう意味か。

それは組み手のときに心が生き生きして無かったって事だ。

ああするとかこうするって言うのは、良いけど肝心なのはそれをする時の心。

心が生き生きしてないから、身体が止まる、気持ちが他に行く。

気持ちが生き生きとして躍動してれば、身体は自然に動くもんだ。

それを抜きにしての技術なんてのは「仏作って魂入れず」の例え通り。

―――

兄弟子の鹿志村氏が以前交流会の組み手を見て言った事を思い出した。

「躍るような気持ちで、湧き立つような気持ちで」。

これはもちろん沢井先生の言葉だけど、

全くその通り。

心が湧き立ち、躍る様なって言うのは、

生き生きとして躍動する心そのものだ。

武術っていうのは技だとか、身体能力だとかそんな事ばかり言う。

そんなのは二の次三の次だ。

自分の気持ち、心を生き生きさせること。

それが無ければ、組み手なんかいくらやったってその場限りのゲームと同じ。

稽古を生き生きと出来ること。

そして生き生きと生きること。

こうやってああやってなんて事を弟子に言うんじゃなくて、

生き生きした稽古を弟子に見せること。

これが天野の役目です。

―――

という事で、昨日は改めての出直し組み手。

ここのところ受ける組み手ばっかりだったので、ちょっと気分一新。

上手く出来たとか出来なかったじゃなくて、

上手くいえないけど、朗らかに組み手が出来た・・・。

前向きな姿勢での組み手。

やっぱり姿勢は前向きじゃなくちゃいけない。

―――

気持ちだとか心だとかいうとなんか辛気臭いな、

Sn3d0892 と思ってたらサッカーの解説の山本氏が良い言葉を教えてくれた。

それは「メンタリティー」。

三人や四人に囲まれていても行こうとするメンタリティー。

どんな技術があっても、こういったメンタリティーがないと生きない。

生かす場を作れない。

リスクを犯しても前に行こうとする心。

サッカーにしても武術にしても、それだけでは生きていけない。

でも、前向きな気持ち、心、メンタリティーがあれば、

ボールを蹴る事が出来なくなっても、

武術が出来なくなっても生きていける。

武術をやるために生きてるわけじゃなくて、

良く生きたいから武術をやってるんだから・・・。

| | コメント (0)

刺青・ピアスのお兄さん・・・

2010711日(日)

Sn3d0882

4時半起床、曇り。

スポーツドリンクをがぶっと飲んで、

うねりチェックで50cm台。

どんどん無くなる気配なので着替えて海。

いつもの所からちょっと離れたところに決めて入る。

サイズは腿。

まあ、何とかできるって感じでサクッと一時間ばかり。

上がってから初めて会った金髪に緑のメッシュ、

おまけに刺青・ピアスのお兄さんと情報交換。Sn3d0881

最近は何処が良いとか、潮の引きから上げに掛けての時間が良いとか・・・。

板が短くなってから、やたらとお兄さんたちと話す機会が増えました。

若い子はやっぱりショートが多い。

波待ちの位置の関係で同じ場所で暫くうろついてる訳ですから、

何となく話し始めて結構フレンドリーになる。

見た目は怖そうでも、話すと結構可愛かったりする。

人は見かけじゃ判りません。

―――

帰ると娘と連れ合いがやたらと騒がしい。

娘の中学の後輩が試合で勝ちあがってるとの事。

その試合がこれから始まるので、これから応援。

娘は野球部のマネージャーで、

今日は県予選開会式で横浜球場の予定。

後輩の応援してから開会式で、持ってく物が何とかかんとか。

あら、あたしは何着ていこうかしら、とか・・・。

日焼け止めクリームはどれが良いとか、

―――

騒ぎが去ってホット一息。

気持ちを静めて、

さあ、稽古。

| | コメント (0)

洗顔サーフ・・・

2010710日(土)

Sn3d0878 Sn3d0879

5時半起床、晴れ。

風が止んでる、ということで着替えて海。

多分風でよれてる波だと思うんで、6Fの板を選択。

サイズは腹、今朝はポイント変更。

入ってみると結構まとまっていて感じのいい波。

今日は土曜日だし、これから人で一杯になりそう。

快晴、太陽の下で海に入れるのは幸せ。

朝一洗顔サーフということで、

一時間でスパッと切り上げ。

Sn3d0858 さあ、これから稽古行くぞ・・・。

| | コメント (0)

小賢しいだけ・・・

201079日(金)

Sn3d0876

4時半起床、曇り。

うねりは70センチ超で本日も希望満載の朝。

で、のんびりとお茶を飲んでから偵察行。

サイズは腰くらいで十分出来ます。

朝一サーフィンを終わったKさん。

「朝一で出来ると一日が長いね」。

「ほんと、その分8時には寝ちゃうけどね」。

朝一サーフィンでそのあと仕事して8時に寝ちゃう。

どこぞの誰かみたいに覚醒剤なんてやる暇ありません。

これが普通のサーファーです。

―――

about 太気拳

禅を組んでると色々発見があるけど、

それが自分自身のことだったり、

時には他人の事がふと眼についたりする。

禅を組んでいて先ず自分で確認する事がある。

それは腹の内部が締まると同時に腹の外側が緩む事。

先ずこれを確認してこれを維持することが全ての前提にする。

他人はどうか知らない。

内部が締まるのは、足先から膝、股関節と繋がる螺旋の力に引き出される。

この螺旋の力、平たく言えば各関節のねじれようとする力だ。

これが水平方向の反力を引き出すんだろうけど、

それが腹の内部の緊張を高める。

これで身体全体の内部が締まって、外側が緩む。

身体に芯が出来るって言う事だ。

―――

それがどうもみんなの禅を見てると、

各関節の力はある程度感じてるんだろうけど、

それが腹の締まりや緩みということに繋がっていない。

だから組み手や推手と言った対人稽古でも、

小手先の技術的なことに眼が行っちゃうみたいだ。

対人の稽古で「ああやってみよう、こうやったらどうだ」って言うのはとっても大事。

でも、肝心の腹の締まりと緩みが無いと、

何時まで経っても表面だけで、

変わっていけない。

―――

Sn3d0855 入門すると3年間は禅だけ組ませる。

昔の中国ではそんな風だったと聞いたりする。

実はそれが一番なのかもしれない。

こういう技やああいう技なんて、

ただ小賢しいだけ・・・。

| | コメント (0)

リスクを犯す・・・

201078日(木)

Sn3d0851

4時半起床、晴れ。

うねり70センチ強。

テレビをつけるとスペイン対ドイツが00

トランクスに着替えたままテレビ観戦。

途端にスペインが1点、まだまだと結局最後まで。

雨上がりの爽やかな風の中、海へ。

昨日の良かったポイントに直行。

サイズ腹から胸。

三角波からきれいに乗れる波でご機嫌。

何故かこのポイントに人が来ないで終始10人程度。

皆さん顔見知りで、譲ったり譲られたりとのんびりサーフィン。

こういうのが一番です。

今日は木曜日で普通は稽古無いんですが、実は茅ヶ崎で稽古。

あんまりやってると疲れて稽古できないんでそこそこで上がり。

上がってから別のポイントを偵察。Sn3d0852

すっかり夏って言う感じの陽射し。

梅雨に入る前に梅雨が明けちゃったみたいな陽射しです。

―――

サッカーを見てると、よく聞く言葉に「リスクを犯す」という言葉がある。

これはサッカーに限らず、組み手でも同じ。

リスクを犯さない事には、実りを手に入れられない。

組み手なんて言うのは、リスクを犯す稽古みたいなもの。

稽古でリスクを犯して、

そのリスクの確率を安全の方にシフトする努力。

いくら稽古しても、力量が拮抗すれば絶対安全なんていうことは無い。

Sn3d0846 でも、リスクという事と、無謀という事は別物。

つまり稽古してないとリスクも犯せないって言う事。

| | コメント (0)

欲張りです・・・

201077日(水)

Sn3d0844

4時半起床、曇り。

うねりチェック、1m超。

テレビをつけるとウルグァイとオランダ戦1対1.

む、どうしようかと迷ってたらあっという間にオランダが2点追加。

という事で、迷うことなく着替えて海。

サイズは腰から腹、よれ気味の波。

思ったほど人が居ないのは、

連日波があるのでお疲れモードなのとサッカーか。

暫くしてから場所移動。

こちらは肩から頭サイズがきれいに入ってる。

潮が上げに入った途端に割れなくなって終了。

とりあえず堪能。

―――

about 太気拳

どうやら棒の稽古が徐々に組み手に生きはじめてるみたいです。

棒に対する技術じゃなくて、技術以前の構えとか気持ちの持ちようとか、

そう言ったものが変化してるのかもしれない。

組み手のときに大事なのは、ほとんどはメンタルなものだと思ってる。

技術なんてものは一人で稽古できる。

で、出来たものが出来るか出来ないかは、結局本人の気持ちのという事になる。

組み手のときに、当たり前だけどもともと出来ないものは出来ない。

日頃出来ない事が組み手でできる訳は無い。

だから問題は、出来ることが出来なくなるという事にある。

だから組み手は、出来ることを出来るようにする稽古。

当たり前のことを当たり前にやること。

簡単みたいだけど、それが出来ないから稽古する。

一人稽古で動けるなら、相手が居たってできるはず。

はず、何だけど出来ない。

―――

今日は七夕です。

Sn3d0841 Sn3d0842 出来ない事をくよくよ悩まないで、

何が出来るようになりたいか、

これを言葉にするのも頭の中を整理する事になるかも。

でも、くれぐれも欲張りすぎない事。

子供って、大人より欲張りです・・・。Sn3d0843

| | コメント (0)

夢広がるな・・・

201076日(火)

Sn3d0837

4時半起床、曇り。

先ずはうねりチェックで、70cm超。

冷蔵庫のスポーツドリンクを一口、

速攻で着替えて海。

サイズは腰、もう既に入ってる先輩方。

早い人は4時過ぎからとの事。

ホントに皆さん早起きですね~。

今朝は7時半くらいが干潮。

それを過ぎると徐々に短い板ではきつくなってきて終了。

と言うか、お腹ぺこぺこで。

―――

先輩方に自作のフィンを見てもらったら、

そこに美大卒のI先輩。

Sn3d0819 直接石膏で型を取るんじゃなくて、

シリコンで一次型を取り、

その上で石膏型との有り難いご指導。

なんか自作フィンにはまりそうです。

今のところはレプリカ作りですが、

慣れたらオリジナルを、なんて夢広がるな・・・。

| | コメント (0)

心が初心で・・・

201075日(月)

Sn3d0831

5時起床、曇り。

眠い眼をこすりながら着替えて海へ。

サイズは腰くらいでちょっとだらだらな感じの波。

それでも皆さん早起きですね。

おはようございますの挨拶がそこかしこ。

つながり気味の波をスルーしたら、

横で見てた先輩から

「駄目だよ、行かなきゃ!だめもとでトライ、それで立てれば何かの練習になるんだから」。

そりゃそうです、初心者は貪欲に行かなきゃ上手く慣れません。

しかし、何時になったら初心者マークが取れるんでしょうかね・・・。

「初心忘るべからず」とは言いながら、

心が初心で、やってる事がやっぱり初心者じゃな~。

―――

about 太気拳

やっぱりきちんと立つのが一番大事で、

一番難しい。

爪先に重心を乗せる、というのは簡単。

同じように爪先に乗せるといっても、乗せ方がみんなバラバラ。

爪先と腰と肩と頭がスッとしなけりゃいけないんですが、

なかなかそれが難しい。Sn3d0836

なんでそういう風に立つのか、

と言えば相手と向かい合った時にそうでなければ動けないから。

そうでないと力が出ないし、反応が遅いし。

簡単に言えば動けないって言う事。

みんな前のめりに成りがちなのは気持ちが前に行き過ぎるから。

そうなると腰が引けてどう贔屓目に見てもへっぴり腰になる。

前にめりに成ると走るのだって速く走れない。

短距離でも長距離でも一流のランナーはみんな腰と肩と頭が上下に揃ってる。

きちんと立てて初めて地面の反力も生かせるってこと。

とっても当たり前すぎる位当たり前。

前のめりがいいと思うのは、

素人の浅はかさだと思うんだけどね。

| | コメント (0)

初陣・・・

201074日(日)

Sn3d0827

5時起床、曇り。

今朝はうねりチェック無しで着替えて海。

着替えると言っても、トランクスに袖なしのタッパなんで気軽。

ちょっとジョギングにという感じで、

ウエットを着るめんどくささが無い。

サイズは腰くらいで厚め。

まだ6時前なのに皆さん既に全開。

久しぶりの波で皆さん上機嫌。

今日は自作のフィンTW1の初陣。Sn3d0830

一時間半ほどで上がって、

先輩にフィンを見てもらって色々アドバイス。

クロスの巻き具合をもっと慎重に、

それから硬化剤を入れすぎないように。

作業台にまで話が及んで、

どうやら皆さんも結構やってることがわかりました。

これから波の無い時はフィン作りにかぎります。

―――

about 太気拳

Sn3d0826 攻防の稽古の時は動作の前に気をつけることがある。

攻防の稽古って言うと、

相手が攻めてこちらが守るって言う具合になる。

だから相手の出方を見てしまい勝ち。

つまり待ってしまう。

これをしない。

見て動くような稽古はしない。

つまり待つような間合いではやらない。

逆に言えば、待つような瞬間にはもう行ってなくちゃいけない。

ここら辺の呼吸を工夫しないとただの動作の反復になる。

動作の反復なら相手は要らない。Sn3d0829

もう一つは接触時の皮膚感覚を大事にする。

右手と左手がお互いに皮膚感覚でどこにあるかを知るようにする。

ただ考えないでやったって、時間の無駄。

まあ、ここらへんは言葉じゃないけどね・・・。

| | コメント (0)

Tw1のその後・・・

201073日(土)

Sn3d0821

5時半起床、曇り。

希望を持たずにうねりチェック、40㎝台。

それでも昨日よりはうねりが上がってます。

先ずは目覚ましの海岸チェック。

腿位のうねりはあるものの、ちょっと厳しい。

ローカルの皆さん、海岸で鳩首会談?

皆さん頭のお皿が乾いてるそうです。

でも、明日の午後は出来そうな気配。

―――

手作りフィンTw1のその後。

型から取り出してみると、二つのうち一つは何故か曲がってました。

多分一辺に樹脂を流しすぎたのと、気温の問題かもしれない。

しかし、一つは無事に脱型に成功。

グラインダーでバリを取って、60番、120番、240番と形を整えて、

400番と最後は1000番で水磨き。

磨いていくと気泡が入ってるのが見えてくる。

硬化剤を入れすぎで、速く固まりすぎたのが原因。

次回からは注意。Sn3d0819

これにウレタンのクリアーを二度三度吹いて・・・。

とりあえずはここまで。

後はもうちょっとクリアーを塗り重ねて、もう一度水磨き。

―――

フィンの中に埋め込んだのは、

Sn3d0817 頂き物の焼酎のラベル。

酒飲みサーファにはうってつけ。

飲んだお酒のラベルを集めるなんて趣味の人が居ます。

天野は全然そんな趣味は無くて、

飲み終わったらそれでお終い。

今回はたまたま瓶ゴミの前だったんで残ってた。

次回からはフィン作りを見越して取っておきます。

越の寒梅や八海山のフィンとかMacallanのとか・・・。

ダサいと言われればそれまでですが。

| | コメント (0)

サザンビーチ・・・

201072日(金)

5時起床、晴れ。

最近は起き抜けに梅を一つ食べる。

梅酒をつけてある瓶が空に近くなってつまみ出しやすくなった。

一粒食べると梅の香りとアルコール分が気持ちをしゃきっとさせる。

それからもちろんお茶、でうねりチェック、20㎝台。

早く起きても甲斐が無い。

で、今朝はすぐさまフィン作り。Sn3d0811

石膏の型に脱型しやすいように蝋を塗る。

蝋と言っても、実は娘のグローブの保革油。

そこに樹脂と硬化剤を混ぜて流し、グラスウールを置く。

そこに一工夫の紙片を一枚。

これは出来てのお楽しみ。

―――

のんびりと海岸偵察。

Sn3d0812 やはり波無し、居るのは釣り人のみ。

暫く走ってサザンビーチまで。

こちらは明日海開きとの事。

海岸清掃の人と海の家の最終準備の人ばかり。

海水浴客は気の早い男ども約3名。

しかし、茅ヶ崎の海の家は相変わらず昭和30年代。

江ノ島や鎌倉・逗子なんて結構洒落てるのもある。Sn3d0814

南欧のリゾート風だったり、イパネマったり・・・。

ま、ご当地はいまいち垢抜けないのがいいのかも。

―――

昨日は静岡のIさんから玉葱、茄子、胡瓜が届いた。

玉葱は軒下に吊るす。

茄子は焼いて鰹節に醤油。

胡瓜は冷やして味噌付けて。

ふと思いついて胡瓜のへたを切り落とし、その切り口をへたで擦る。

ちょっと擦ると灰汁が出てくる。

最近のスーパーで売ってる胡瓜はこうしても灰汁が出ない。

灰汁が無いって言うのは実は水っぽいだけで味がしない。

頂いた胡瓜、齧ると青臭さと何ともいえない渋さもある。

これが胡瓜の旨味だね、何ぞと連れ合いと二人。

昨夜は平塚の七夕で、子どもたちは全員家出状態。

こんな夜もまたよし・・・。

| | コメント (0)

フィンを自作・・・

201071日(木)

Sn3d0805

6時起床、晴れ。

冷たい麦茶を一杯飲みながらうねりチェック、20㎝台。

梅雨前線が高気圧に抑えられて動かない。

九州の方は大雨・突風などが多いとの事。

こちらは梅雨といってもむしむしと暑いだけ。

雨は少ない。

前線が動かないので、天気の変化が無くて波が無い。

でも取り敢えずは偵察行。

思ったとおりに波無し、フラットの湖状態。

せっかくのオフなのに波が無いので、

やることを探して一つ見っけ。

―――

先日サーフィンで自爆してフィンを一枚紛失。

フィンはFuture のTw1、って言っても知らない人は知らない。

大小の4枚でセットなんですが、

悔しい事にメーカーがばら売りしてくれない。

一枚なくしても4枚買う事になる。

これが悔しい、何と言っても14000円近くする。

実は今までに何枚か無くしてるんで、

余りがあったので今回は買わずに済んだ。

二度有ることは三度あるのが世の習いなんで、

ここで一工夫。

フィンを自作しちゃおうとの目論見。

フィンは樹脂製だからボードの補修用のポリエステル樹脂を使う。

で形をどうするかということで一考。

閃いたのが石膏での型取り。

先ずは小さいフィンで物は試し。

Sn3d0809 石膏で型を取って、そこに樹脂を流し込む。

後は取り出してサンディング、これはこの間買った機械を使用。

で、取り敢えずは石膏での型取りにトライです。

さて、次はただ樹脂を流しても面白みがないんで、

オリジナルな模様を入れたい。

お酒のラベルでも中に入れようかとも思うんですが、

なかなか良いのがありません。

さて、これからどうなりますやら乞うご期待・・・。

―――

about 太気拳

構えはこうだ、って言うとやはり形になる。

でも、やっぱり形じゃなくて、

いや形なんだけど形じゃなくて・・・。

って、ここんとこ棒をやっててつくづく感じる。

手と眼と気持ちがピタッと揃うところがあって、

手でも相手を見るって言う感じになる。Sn3d0807

その形をまねても気持ちが手に乗らないと手が見てくれない。

手で見るなんていうとオカルトチックだけど、

手に気持ちが乗ってるかどうかを感じるんだからしょうがない。

もちろん実際に手に眼が付いてるわけじゃないから、

見るわけは無いけど、眼から入る情報と気持ちを素直に手がかなえる事が出来る。

避けようとして避けるんじゃなくて、手が自然に避けてくれる。

そんな状態になれば、

形としても整う。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »