« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

似非太気拳・・・

2010930日(木)

Sn3d1373

7時半起床、曇り。

気圧が下がると寝坊するいつものパターン。

うねりは30cm台、のんびりしてから偵察行。

サイズは膝。

連日あった波も今日は一休み。

前線の通過で明日できそうなので今日のところは・・・、

どうしようか?

ここら辺でサーフィンは一休みでも良いんですが。

偵察の帰りに下駄履き立禅。

暫くすると雨がぽつぽつ。

―――

about 太気拳

禅の時に足をハの字にして組むのが最初に沢井先生に習った形。

いろいろあって意拳風にしてみたりまた戻ったり。

ハの字にすると螺旋が協調される。

緩くすると別の形の張りが出てくる。

たどり着いたのは、形が違っても同じもの。

多分ここまでは誰でも来る。

ここまでは健康法でも養生でも同じ。

後はそれを生かすための一歩を見つけられるかどうか。

感じていても、活かせるかどうか。

Sn3d1375 これは感性、工夫。

或いは余分な事を考えない素直さ。

心の領域・・・。

―――

     氏意拳だとか×氏意拳だとかよく言われる。

これは意拳に限らず太気拳でも同じ。

形式がちょっと違えば内容が違う。

見えるのは形式だから、内容には言及しない。

と言うより、そういうことを語る輩は語るべき内容を持ってないのが殆ど。

でも、形式が違うと内容が異なるって、ホントか?

そりゃそういうこともある。

でも、もっと良くあるのは、

形式が同じで内容が違うって事。

つまり似て非なるもの、って奴。

同じように禅を組んでも、内容が違う。

似非立禅。

―――

形式は異なるが、内容は同じ。

これもある。

それを見て取れない輩が○氏だとか×氏だとかいうわけだ。

ーーー

志は

「古人の跡を求めず 古人の求めたるところを求めよ」

―――

今日は午後から茅ヶ崎での稽古。

いつの稽古に来れないメンバーも来るので、

しっかり稽古。

似非太気拳なんて言われないように・・・。

| | コメント (0)

少女趣味な・・・

2010929日(水)

Sn3d1362

4時起床、晴れ。

先ずはお茶。

涼しくなるとお茶がおいしい。

うねりチェックは80cm台。

夜明けと共に出かけたいのを我慢。

パソコンの前に座ってちょっとお仕事なんですが、

波が無くならないか気が気じゃありません。

明るくなったので偵察行。

サイズは腹位で皆さん快調です。

Sn3d1367 ふと見ると海から空に駆け上がるような虹。

1日の始まりを祝福してるようです。

さてさて、そんな少女趣味な事を書いてる暇はありません。

急がないと波がなくなっちゃう・・・。

| | コメント (0)

めでたし、めでたし・・・

2010928日(火)

Sn3d1358

6時起床、雨。

朝一は満潮なんでのんびり。

うねりはあるんで色々とお仕事?をしてから海。

サイズは腹、大雨に打たれながらでした。

久しぶりに走れる波で楽しく終了。

夕方散歩に行くと???あるじゃないですか、波が・・・。

という事で第二ラウンド。

今度は胸サイズ。Sn3d1360

幸せな一日で、台風12号を外した鬱憤を晴らすことができました。

めでたし、めでたし・・・。

| | コメント (0)

あるじゃん・・・

2010927日(月)

Sn3d1357

6時起床、雨。

天気が悪いと寝坊する、はいつもの通り。

ぐっすりと寝てスッキリシャッキリ。

―――

起きると息子が「もう」と言うか「まだ」と言うかパソコンの前。

どうしたんだ、と言うと

「将来が不安で、眠れなかった」。

お、そうでなくっちゃいけないね、と天野。

やたらめったら希望に燃えて、

いきなりストンと落っこちる。

そんな繰り返しが生きてくって事だよな。

なんて思うんだけど、

さてさて、能天気がトレードマークの天野。

悩みの無いのが悩みです・・・。

―――

うねりは90cm台。

前線に吹き込む風で上がった波(多分)。Sn3d1355

急いで偵察行。

おお、あるジャンあるじゃん。

台風を外した天野としては、

天の恵み。

はは、嬉しいね。

これじゃあ、悩む暇がありません。

いやいや、何処で何時から入るか、

Sn3d1356 これが問題だ・・・。

―――

昨日の基礎講座では、一日中殆ど禅ばっかり。

禅と組み手を直結。

今ここで自分の持ってる力を最大限に引き出す。

同時に、明日のために自分を育てる。

禅を組むって言うことは、

その両方に直結する。

ギリギリと引き絞った弓のように禅を組む。

引き絞った状態で向かい合う。

只のんびりとなるようになるなんて禅じゃなくて、

何となく組むんじゃなくて、

はっきりと何処をどのように引き締めて、

また緩めるのか。

何故組み手に直結するのか。

速さ・力強さが禅の意味です。

それが無いなら組む必要なし。

正しい禅なんて無い、

でも、より良い禅を探す・・・。

| | コメント (0)

こんな事もあるわいな~・・・

2010926日(日)

Sn3d1351

5時起床、晴れ。

うねりチェックは60cm台。

むむ、随分落ちてる、と思いながら着替えて海、

サイズは胸位でワイド。

入って暫くすると皆さん続々登場で満員御礼。

一時間で上がってホッと一息。

―――

上がったから暫く海岸でボーっとして海を眺めてた。

秋風が立って、空気がひんやりと冷たく透明。

この二三日で一辺に季節が変わった。

海の中から見る朝焼け、雲間から漏れる光の筋。

海面に反射した光に浮かぶサーファーの影。

良い波に乗れなくても、

こんな時間を持てるのはありがたいもんです。

禅を組んでるときは、自分の中に小さな世界を感じ、

海にいると、世界の中にいる小さな自分を見つける。

限りある人生の中での、

短いけれども満ち足りた時間。

生まれ落ちで、今生きてる事に感謝・・・。

―――

昨日は昼位から波が上がって場所によってはトリプルだったそうです。

F0150051_145642481 画像はAXLE サーフショップからお借りしたもの。

凄いです。

エキスパート・オンリーと言う波だったそうです。

今回の12号の波、残念ながら天野は外したようです。

ま、こんな事もあるわいな~・・・。

―――

about 太気拳

という事で、今日は心置きなく稽古。

月に一度の「基礎講座」。

今日は立禅から半禅に至る過程をじっくり見つめて、

腰の力に眼が行くようにして行くつもり。

昨夜はみんなで自主稽古をやったそうで、

どんな稽古だったのか、聞くのも楽しみ。

| | コメント (0)

意守丹田・・・

2010925日(土)

Sn3d1347

5時起床、雨。

結局昨日は波上がらず。

強い北風に抑えられた1日。

起きてうねりチェックは60cm台。

Sn3d1348 Sn3d1349

相変わらず北風強く14m。

今朝は久しぶりのフル・スーツで出動。

所によってはサイズは胸。

でも、うわっと盛り上がって一瞬にドッカーン。

ギロチン・ダンパー!!!

入っては見たものの、這う這うの体で退散。

水は温かいものの、北風が強くて寒い。

ちょうど真冬にぬるい露天風呂に入ったみたいで、

寒くて出るに出られず・・・。

帰ってからの熱いシャワーがこんなに有り難いとは・・・。

―――

about 太気拳

このところは旧に復す。

立禅を以前の形に戻して稽古。

足を打ち向けにして、膝を絞る。

腹がヒクヒク、何ともいい感じ。

ヒクヒク感はまるで腹具合が悪い時みたいだけど、

スッキリと安定。

このヒクヒクするところを、多分丹田て言うンだと思う。

まあ、丹田なんて定義があるような無い様なのは、

命門と一緒。

―――

よく「意守丹田」なんて言う。

なんで「意守丹田」かって言うと、

簡単に言えば守らないと無くなるから。

守らなくても無くならなければ、守る必要なんて無い。

だから「意守丹田」なんて必要ない。

―――

貧乏人は財布の中身がなくならないように「意守財布」。

金持ちは財布の中身がなくならないから「意守財布」なんて気にしない

(といっても、天野は金持ちになった事が無いからほんとのところは判んないけど・・・)。

| | コメント (0)

The dayか・・・

2010924日(金)

Sn3d1341

4時半起床、雨。

うねりチェックは20㎝台!!!

台風が徐々に近づいてるんですが、

どうなってるんでしょうか。

ぽつぽつ降ってる雨が止んだのを見計らって偵察行。

数字の通りにまったいらな海面。Sn3d1335

ぽつねんと入ってる青年が一人、

もちろんサーフィンになりません。

暫く見てると、僅かにセットの薄いうねりらしき筋が・・・。

途中で、犬と散歩中の先輩とお話。

「焦る事ないよ、遅くとも午後には一辺に上がるよ」。

―――

安心して?帰りにいつものところで禅。

今朝は下駄履き立禅で足が冷えてくる。

あっという間に秋。

夏が終わらないんじゃないか、

なんて思ってた今年の夏。

Sn3d1345 それでも季節は巡る巡る、ぐるぐる巡る。

♪巡る季節 想い出に変えながら~♪っと・・・。

―――

帰ってから気象庁のH.Pで調べる。

紀伊半島沖の記録が一辺に3mを越えてる。

いよいよThe dayか・・・。100924031

| | コメント (0)

命門が開きました・・・

2010923日(木)

Sn3d1332

5時半起床、晴れ。

相変わらずお茶を飲みながらのうねりチェック。

50cm台、満潮なんでどうかな、と思って偵察行。

お、あるじゃん。

のんびり偵察決め込んでる場合じゃありません。

昨日の風波の残りなんで、すぐに無くなりそう。

という事で着替えて海。

サイズは腰。

Sn3d1333 いろんな所で出来るようで、ポイント・パニックにならずに二時間。

時間とともに潮が引いてきて、徐々に繋がってきて危険な雰囲気。

今日のところはこれにて終了。

―――

台風12号は相変わらず北緯20度の辺りに停滞。

でも、気圧はどんどん下がってきて強くなってるようです。

明日にはうねりが入ってくると、希望的観測。100923061

土曜の午後から日曜はクローズか或いはエキスパート・オンリー。

月曜まで残ればいいんですがね。

―――

about 太気拳

65歳から稽古を始めて6ヶ月目のAさん。

やっと所謂命門が開きました。

命門を開くなんていう、

訳の判ったような判らないようなことはあんまり言わない。

命門というツボがあって、

で、そのツボを開くということ。

でも開くからには、閉じてなきゃいけない。

開いたり閉じたりするツボなんてあるのかい。

なんて思うんですが、話として便利だから使わせてもらうことがある。

開いたり閉じたりするのは、命門の位置の骨格の事だ。

随分以前に書いたことがあると思うんですが(多分)、

へその裏側の「そへ」がこの命門。

「そへ」の命名は野口体操で有名な野口三千三氏。

その「そへ」をきちんと収める。

これが収まって腹と腰が生きてくる。

だから、これが収まらないと武術にならない。

簡単に言えば姿勢の事だ。

でも、これは別に難しい事じゃない。

みんな姿勢に対する思い込みで命門を閉じちゃってるだけ。

先日、苗場でスキー・パトロールをしていた先輩サーファーと話した。

その時試しに命門・「そへ」を開くコツを話したらすぐに出来た。

ほんとにあっけないくらい簡単に。

―――

6ヶ月立って、姿勢が少しできてきた。

つまり、これから立禅が始まるところ。

これからが面白いトコだよ、Aさん。

| | コメント (0)

人を刺します・・・

2010922日(水)

Sn3d1325

朝帰り、と言っても何の疚しいことなく、

実家の母の様子を見に行っての事。

朝のラッシュ時間を僅かに過ぎた時間の地下鉄。

車内に入って、辺りを見回す。

何となく違和感があったんですが、

取り敢えずはデイ・パックを網棚に・・・。

ホッと一息ついたんですが、やはり違和感。

何となく周りに見られてる感じがする。

チラッ、チラッ・・・。

ズボンのチャックは締まってるし、何かおかしいかな。

ふと眼についたステッカー「女性専用車」。

あちゃ、そのせいかと網棚から荷物を降ろして、

そそくさと隣の車両に。

眼が口ほどにものを言い、って言うけど、

ものを言うだけじゃなくて、人を刺します(痛かった)。

―――

帰ってから海岸偵察。

Sn3d1329 サイズは膝前後。

天気がいいせいか、サイズの割には皆さんしっかり入ってます。

―――

熱帯低気圧が台風12号に格上げ。

今のところは高気圧に抑えられて、北緯20度の辺りに停滞。

多分24日位から速度を上げてくるんでしょうか。

どちらにしても週末。100922061

直撃でクローズ何てこともあるかもしれません。

安全第一です。

| | コメント (0)

残念でした・・・

2010921日(火)

5時起床、晴れ。

台風11号のうねりが残ってるかどうか、

と思ってうねりチェック、40㎝台で下降気味。

取り敢えずは偵察行。

満潮と重なってどうもよろしくありません。

潮の引くのを待つか、

とのんびりと朝食。

暫くして出かけましたが・・・。

サイズは膝から腿。

ショアー・ブレイクで走れません。

11号は二日でおしまい、残念でした・・・。

―――

今朝の天気図を見ると、

100921091 台風12号の卵が生まれたようです。

11号より東よりで発生。

北緯20度を越えるとうねりが届く可能性。

明日朝には台風になりそう。

今週末に影響が、と思いますがどうなるでしょうか。

被害が無くて波乗りだけできる、

って言うのが一番なんですが。

―――

about 太気拳

暫くぶりの組み手で戸惑っているのは天野だけでは無いようです。

たったひと月間が空いただけで、

全ての感が狂います、とは古参の弟子。

そうだよな、

たったひと月で勘が狂うんだから、

昔どうだったこうだった、なんてのはね~・・・。

ともあれ、涼しくなってきたんで、

しっかりと巻きなおし!!!

| | コメント (0)

福音は西から・・・

2010920日(月)

Sn3d1322

5時起床、曇り。

うねりは60cm台。

休日なんで混み合う前に、と暗いうちに出発。

ポイントを探しながら走ったんですが、

結局は昨日のポイント。

日の出がとっても綺麗でした。

雲が徐々に茜色に染まる。

雲間から光がこぼれる。Sn3d1321

水面の反射がキラキラと辺りを照らす。

こんな夜明けに立ち会えるだけで幸せ。

―――

サイズは腹から胸。

なかなか乗れない。

あと一息、ってな感じ。

ロングの皆さんは調子よく乗ってるんですが、

短い板では・・・。

一時間半後ポイント変えようかな、

と上がって一息入れてると、

顔なじみのお兄さんが西から自転車で登場。

耳元で「○×△□が良いですよ、人もいないし」。

え、ホントですか!と一緒にいたKさんとひたすら自転車漕ぎ。

到着、サイズは頭。

入るとひっきりなしに波が入ってきて、

う~ん、コイサー・モーニング再び。

福音は西から訪れる・・・。

―――

アウトで待ってる。

波なんて無いじゃん、と数分間。

一見無さそうです。

それが来たかな、と思うと眼の前にむくむくと小山のように波が盛り上がる。

Sn3d1323 真っ黒い壁のように立ち上がった波にパドル。

最初は波の癖が飲み込めなかったんですが、

段々慣れてきて、

うわ~、最高ジャンジャンジャン・・・。

上がるともう昼でした。

| | コメント (0)

テイサー・・・

2010919日(日)

Sn3d1314

4時に一旦起床、うねりチェックは40㎝台。

なんだ、やっぱり届いてない、

という事で二度寝。

5時半に再び起床、うねり60cm超。

うわっ!お茶も飲まずに着替えて海。

サイズは胸から肩。

皆さん揃い踏み、笑顔でご挨拶。

途端にいい波が来て最高~。

こりゃ最高の朝、コイサー・モーニング~!!!Sn3d1316

1時間半ほどで終了、

これから駐車場が開くと混むんでしょね。

事故にはくれぐれも気をつけてください。

―――

about 太気拳

涼しくなってきたので、昨日はひと月ぶりに組み手。

丸出だめ夫の内容でがっくり。

どうしても胸を貸すという感じになるので、

腰が高くなる。

他にも悪いところばかりがでた。

こんな組み手を弟子に見せても参考にならない。

要は組み手をやるときのスタンスの問題。

もちろんやっつける組み手をしても始まらないんで、

いいところを引き出しつつ、天野のいいところも出す。

このバランスが結構難しい。

コイサー・モーニングなんですが、

組み手に関しては、テイサー・・・。

Sn3d1313 そんな悩みを鳩知らん振り・・・。

| | コメント (0)

3歳サーファー・・・

2010918日(土)

Sn3d1307

5時半起床、晴れ。

お茶を飲みながらうねりチェック。

辛うじて30cm台。

台風11号の発生から今日で三日目。

発生は北緯22度東経130度付近の海域。

日本から二千数百キロ離れた海域なんで、

やはりうねりはまだ届く気配はありません。

―――

現在進行方向は西にシフト。

先島諸島は昼頃から暴風域。

波予想のサイトを見ても、今日のところは期待薄。

早くて明日の午前中。

はるかな大洋を静かに進む旅人、

早くお会いしたいな~。

―――

という事で、お出迎えの準備を整えるために偵察行。

Sn3d1305 やはりサイズはすね膝の力の無い波。

中には始めて海に入る3歳サーファー。

羨ましいものです。

―――

台風の波予想で皆さんと話が盛り上がる。

さていつからうねりが入ってくるんでしょうか。

明日朝一派と、明日の夕方派、いやいや明後日でしょう派。

今度のうねりは34日続く派と、いや精々2日でしょう派。

天気図とにらめっこの希望的観測派、

そして今まで裏切られた経験からの懐疑派。

Sn3d1303 Sn3d1310

台風うねりを当て込んで、

連休明けに早々と有給休暇を申請済みの方も・・・。

さてさて、本当にどうなるんでしょう。

To be continued!!!

―――

about 太気拳

白鵬が千代の富士の記録を抜いて53連勝。

久しぶりに白鳳の土俵入りを見た。

型は雲竜型との事。

腰を落として前ににじり出る動き。

これって、立禅の地を踏みにじる感触とたぶん同じ。

腰が開き閉じ、押し出し引き込む。

中心の力を引き出すのは、

相撲だろうがなんだろうが同じなんだな~。

| | コメント (0)

気分最高・・・

2010917日(金)

Sn3d1294_2

5時起床、晴れ。

うねりは20㎝台。

北緯22度に台風11号。

今のところ石廊崎も室戸岬もデータでは静かなモンです。

でも北上してるようなんでひょっとすると日曜辺りには・・・。

期待は期待として、今のところは波は無さそう。

のんびりと偵察行。Sn3d1300_2

もちろんこんな日でも、いつもの方はいつものように・・・。

空気がひんやりしてスッキリシャッキリの朝です。

気分快調。

Sn3d1290_2 見上げる空に波乗りできそうな雲がポッカリ。

あの雲が海に下りてくれればいいんだけど。

―――

ここのところ稽古のときに疲れを感じる事が多かった。

むむ、歳のせいか、なんて思ってたんですが、

昨日の稽古では元気一杯。

たぶん今夏の暑さでちょっとまいってたんですね、きっと。

復活!という事で帰りに軽く禅を組んで、

遊ぶような感じで稽古。

気分最高の朝~!!!

| | コメント (0)

ヒクヒク・・・

2010916日(金)-2

Sn3d1286

about 太気拳

六面に力を得る、について「太気拳ノート」に覚書程度に書いたけど、

稽古してる最中に別の見方に気がついた。

六面、つまり上下前後左右は力の方向だけど、

じゃ、それは一体何の方向なのかだ。

何が六面に力を得るのか。

六面が方向なら、それはそれ以前に何かが存在し、

その何かが六面に力の方向を見出す、と言うことだ。

つまり上下前後左右の真ん中に何かがあるから、

その何かが六面に力の方向を見出すと言う事だ。

つまり、六面に力を得るためには、

それ以前にその中心にあるものを見出さない限り、

六面は無いって言うことだ(何て面倒な事言ってるんだ)。

―――

じゃあ、その中心にあるものっていうのは何か。

六面に行こうとするものは、

離合集散の、合であり、集だ。

つまり身体の中心。

先ずは合・集があり、それを維持しつつ引き裂き、開き、合わせる。

それが方向性を持った時に六面になる。

先ずは全てを中心に集め、その上で初めて六面を得る。

―――

ちょっと中心を維持する意識が足りなかったのか、

と気が付いたのが成果。

やっぱり腹はヒクヒクしてなきゃいけません。Sn3d1288

―――

猫はいつでも飄々、孤高。

天野の稽古なんて知らん振り・・・

| | コメント (0)

限界か・・・

2010916日(木)

Sn3d1279

6時起床、雨。

東京で気温が20度を下回った。

なんと二ヶ月ぶりのことだそうです。

一辺に秋が到来。

波が無いのは判ってるんで、

お茶飲んで朝食をガッチリ。

ここのところちょっと体重増なので気にはしてるんですが、

今のところは許容範囲内という事で・・・。

―――

体重に関しては、健康のためだとか言うんではなく、

身体が無理なく動かせるようにしておくために

ある程度のコントロ-ルは必要だと思っている。

若い時は身体を鍛えて筋肉モリモリでも構わない。

体重を筋肉でカバーできるかもしれない。

でも、歳を取ると当然腱や骨格・関節も弱くなる。

だから動ける身体を維持するためには、

軽い方が良い。

天野も今は80㌔くらいですが、

5年位先には5キロ位減でないと負荷がきついかもしれない。

何て考える。

という事で、結論として体重減に取り組むのは5年先で良い。

だから、まあ、今のところは好きなものを好きなだけ・・・。

―――

ちょっと雨が小降りになったので偵察行。

Sn3d1280 波は無く、本当に波は無くてフラット~!

漣も立たないくらいで、海面と言うより湖面。

―――

about 太気拳

立禅と半禅があって、

立禅は何とかなんだけど、半禅が、ってよく聞く。

判る、気持ちは判る。

半禅はなかなか気持ちよく組めないモンです。

でも、ものは考えよう。

―――

立禅と半禅、二つの禅があるって考えがネックになる。

立禅が一で半禅が二分の一か、なんたって半だから、

二つが別のものだと思う。

そこが違うと思う。

立禅も半禅も、格好が違うだけで中身は同じ。

一があったら、四分の一があって半分もある、

ついでに四分の三もある。

一から半分つまり二分の一までは、

細分化すれば無数の禅がある事になる。

例えば立禅の次は、二十五分の二十四禅とか・・・。

そう考えて立禅から徐々に変化していって結果的に半禅にいたる。

そうやって、徐々に半禅に向かうと感じやすいかもしれない。

形の変化は力の方向の変化を生む。

でも質は変わらない。Sn3d1282

―――

立禅を一として、半禅を二分の一として、

その先はと言うと、四分の三まではある。

四分の三禅は、意拳でよくやる独立椿。

ここまで良くと、前足と後ろ足が逆転する。

前足が後ろ足で、後ろ足が前足になる。

ここから半禅を見直す事もありだ。

だけどその先は・・・。

降龍椿で限界か・・・。

| | コメント (0)

牛の粘り・・・

2010915日(水)

Sn3d1269

5時に眼が覚めて布団でうつらうつら。

肌寒い外気が窓から入ってくる。

むむ、水はまだ暖かいけど、風は冷たい。

こんな朝はどんなウエットを着て海に入ればいいんだろう、

何を着ようか、

と夢見ながら悩む夜明け(極め付けの能天気)。

5時半起床、曇り。

昨夜の雨が上がって秋の朝。

秋刀魚の塩焼きが食べたくなる・・・。

うねりチェックは20㎝台北風、

石廊崎は10cm!

久しぶりに涼しくて偵察行も短パンに長袖のトレーナー。

海は左官屋さんが鏝で押さえたみたいにフラット。

―――

今朝は軽く稽古する気で運動靴。

Sn3d1273 暫く禅組んで、揺り。

半禅がこのところすっきりと組めるようになったのが嬉しい。

ただ、半禅から発力にいたる動作が緩慢で不満。

推手等で、一呼吸入ってしまうのが気に食わない。

予備動作無しで、身体の平行移動の感覚を確認。

基本的な理は前方も後方も同じなのに、

どうしても前に向かうと一呼吸・・・。

生理的な或いは構造的な原因なのか、

それともやっぱり稽古が足りない・・・。

―――

何はともあれ、前に行くしかないんで、

ここは兎に角、牛の粘り・・・。

―――

牛の粘りに大事なもの。

一番大事なのは一人でいること、孤独である事。

程よいところで慰めあわない事。Sn3d1275

太気拳は自分に向かい合うためのもの。

強くなるとか、役に立つとか、

そんなことは二の次三の次。

Sn3d1276 自分に向かうために太気する・・・。

| | コメント (0)

三文の徳・・・

2010914日(火)

Sn3d1261

5時起床、曇り。

昨日のうねりが消えそうなので、

支度して海。

サイズは前のように膝。

それでも何とかかんとかトレーニング。

雲間から朝陽が顔を出すと、

海面が輝き、雲が光る。

早起きは三文の徳って言いますが、

今朝は三文の得でした。

―――

about 太気拳

動作と状態と言う見方で稽古を見てみる。

ある種の状態は動作から生まれる。

例えばサッカーでのボールを蹴る瞬間。

その瞬間に身体がまとまる、それを状態と言う。

身体がまとまった瞬間だ。

テニスプレーヤーがサーブを打つ、

この瞬間も身体がある種のまとまった状態だ。

そんな状態は一連の動作から生まれる。

しかし、状態と言うのは言ってみれば静的な物だ。

当たり前だ、だから状態と言う。

という事は逆に言えば、

その静的な状態を一連の動作無しに作り出すことも出来る。

ゴルフプレーヤーがミートの瞬間を再確認するに似ている。

パッとの瞬間は、動作とも言えるし、

静的な状態とも言える。

それぞれの身体が整った状態から、

それぞれの動作の特殊性を取り去る。

つまり枝葉の要素を取り去って、

残った幹だけ残す。

その残った幹を保ちつつそれぞれの動作に関連付ける。

太気拳の稽古はそんな具合だ。

―――

Sn3d1265 発見の途上にある弟子を見る。

感じているものの正体がつかめないでいる。

ある姿勢、ある動作でしか引き出せないまとまりがある。

それを見極めて、身体に残して普遍化、偏在化する。

見極めて普遍化する。

ある種のまとまった状態を常態化する。

力を得ると言うことは、

そういうことだ。

| | コメント (0)


サイズ膝。とりあえず朝飯前のトレーニング。

| | コメント (0)

後悔しちゃいそうです・・・

2010913日(月)

Sn3d1259

6時起床、曇り。

8時間睡眠、ぐっすりと寝て気持ちよく起床。

Sn3d1257 今日は昼から風が吹いて、

その風波でサーフィンと思ってたので、

のんびりとお茶を飲んでから偵察行。

殆ど無風。

で、何と波がある。

所によっては腹くらい・・・。

しまった、のんびり散歩なんかしてる場合じゃありません。

今のうちに入っておかないと、

後で後悔しちゃいそうです・・・。Sn3d1256

| | コメント (0)

馬鹿さ加減・・・

2010912日(日)

Sn3d1244

5時半起床、曇り。

ハナから波の期待はしてないので、

のんびりと梅干とお茶(何とまあジジ臭い)。

新聞を読んでから偵察行。

日曜日なので、皆さん海に出てますが波はありません。

テイクオフした途端に海岸上陸。

Sn3d1243  でも、波は無くても朝一に海に入ると気分上々ですよね。

上がってからの朝食も楽しみだし・・・。

―――

about 太気拳

気になったのが、腰が緩んでる事。

腰とは股関節。

もちろん股関節に限らないけど、

身体中の間接が適度に引き付けあって初めて、

身体が一体になる。

それを禅で見つけるんだけど、

動いた途端にそれがなくなる。

身体がバラバラになる。

フワフワする。

見ていて頼りない、力がない。

形の問題じゃなくて、内部の問題。

身体は常に中心に向かう力があって、

それを守った上で動き・運動がある。

それを無くしたら只の形だけ。

もちろん腰だけの問題じゃない。

でも、肝心要が腰。

腰が引き締まって、背骨や頸に力があって、

その上で頭を突き上げる感触。

それを守りきる事。

―――

発見があって、工夫があって、それが形になって・・・。

発見があって、大体一週間が検証期間。

やりすぎたり、足りなかったり。

で、一週間位すると落ち着いてきて、

それがどんなものだか見えてくる。

その上で大事に育てると、

別の角度から見えてくる。

これで二週間位。

で、それから推手なんかでためつすがめつする。

駄目なものは捨てる(でも抽斗には入れておく)。

どんなものでも、組み手で使おうと意識しない。

たまさか意識して出来たって、

意識しなくちゃ出来ないものなんて役に立たないからだ。

―――

身体から出てくるものに嘘は無い。

でも、往々にしてその位置付けを間違う。

大事なものに気付いているにもかかわらず、

その価値に気がつかない。

Sn3d1228 どうでもいいものを後生大事にして引きずられる。

そんなことの繰り返しから、

自分の馬鹿さ加減を思い知らされる。

―――

よく自分にあきれないで続けてるモンです・・・。

| | コメント (0)

願い事にも値札が・・・

2010911日(土)

Sn3d1237

5時半起床、晴れ。

タオルケット一枚では寒い位の夜。

土鳩の鳴き声で目覚め。

お茶を飲んでからのんびりと偵察行。

もちろん波は無し。

下駄履き立禅を15分ほど、気分良好。Sn3d1235

今朝は靄が掛かっていて江ノ島が見えませんでした。

―――

昨日は娘の通う高校の文化祭。

連れ合いは、野球部の父兄会でハワイアン・リボン・レイを売ったらしい。

一月くらい前から内職のようにコツコツ作り溜めた作品。

「願い事がかなう」と言うのがキャッチ・コピー。

それを見た高校生が、連れ合いに聞いたそうです。

「本当に願い事がかなうんでしょうか?」。

答えに窮した生真面目な連れ合い・・・。

後ろにいた顧問の先生が助け舟。

「値段の分くらいは叶うと思うよ」。

因みにリボン・レイの値段は小が70円、大が160円だそうです。

最近では願い事にも値札がつくらしい・・・。

―――

先日書いた太気拳ノート。

先ずは六面力について1000字ほど。

六面力はこれが無くちゃ太気拳は始まらない、って所。

二三日のうちにホーム・ページに載ると思います。

興味のある人はどうぞ・・・。

| | コメント (0)

真理が潜んでいるのである・・・

2010910日(金)

Sn3d1230

5時起床、曇り。

昨日に引き続き気持ちのよい目覚め。

窓から入ってくる外気が爽やか。

波には期待しないで偵察行。

大潮の満潮で何となくウネウネしてますが、

サーフィンは無理な相談。

空気が冷たくて肌寒い位で、

さすがに秋めいたな、と嬉しいような寂しいような・・・。

♪いまは~ もう秋~♪

―――

昨日の夕方に海水浴場まで行くと、

海の家の解体中。Sn3d1225

一夏ご苦労様でした。

―――

エアコンの設定温度の28度について

息子が「これって凄くない」と一言。

何が凄いんだ、と聞く。

「だって、今は28度って夜なんか寒い位涼しいけど、

冬になったら暑すぎない?」。

Sn3d1227 オオ、息子ヨ!オ前ハ何ト言ウ賢イ子ダ。

ソコニハ人生ノ真理ガ潜ンデイルノダヨ。

何てことは無いんですが、

同じ28度が夏には涼しく、冬には暑い。

夏でも冬でも28度は変わらないが、

同じ人間がそれを涼しいと感じたり、暑いと感じる。

人は自分がずっと同じで変わるものじゃないと思ってる。

俺は俺で、ずっと前から変わらずに俺だったって。

ところが、その時その時でコロコロ変わるのが人。

感覚も考えてる事も変化・変転・転向・有意転変に朝令暮改が人の常。

―――

同じ人間でも、同じじゃなくなる。

だから何でも契約する。

アナタヲ一生愛シマス、

なんて口で言っても駄目なんで、

神様や仏様の前で約束する、誓いを立てる。

契約書に判子を押して区役所に出す。Sn3d1232

世間様に対してもお披露目して約束する。

―――

そうしたって、何年かすると「俺は一体何処がよくて・・・」

なんて思うのがまあ、人って奴だな。

たかだかエアコンの設定温度などと馬鹿にしたものでもない。

世の中の森羅万象全てに真理が潜んでいるのである・・・。

| | コメント (0)

こころなりけり・・・

201099日(木)

Sn3d1215

4時起床、曇り。

うねりは北風に抑えられて40㎝台。

未明から海岸で禅を組んだりぶらぶらしたり・・・。

うねりはあるもののノーサーフ。

次々現れる皆さんもため息まじり。

―――

昨日の夕方。

雨中波が上がり始めたので海に。

たまに聞こえる遠雷に不安を覚えながら30分。

台風のもたらすうねりを思い出した途端にピカッ!

慌てて海から上がりました。

―――

先日の敬老攻撃についてちょっと考えた。

まあ、席を譲られるなんてのは想定外のことだったんで、

一瞬何の事だか判らなかったけど、

別に意地を張って立ってる気は無い。

皆さん、どんどん天野に席を譲ってください。

喜んで座ります。

―――

で、老いるって事はどういうことなんだろう、と考えた。

一体何が老いるんだろう、って事だ。

人が生きてるって言うことは、

そのまま老いるっていう事で、

つまり生きることは老いる事と同義だ。

だから老いることを否定的に捉える必要は無い、

と言うか、否定したら生きる事を否定する事になっちゃう。

で、何が老いるかと言うと、

それは肉体だ。Sn3d1217

肉体は老いる、でもそれは精神が老いるという事では無い。

肉体が若くても、精神が歳老いた者もいる。

年齢を重ねると言う事と、精神が老いると言うことはまるで別物。

肉体は衰えても、

精神はますます滋味深く、豊かに、

そして生き生きと出来るのがヒトの素晴らしさだ。

―――

おもしろき こともなきよを おもしろく

すみなすものは こころなりけり

高杉晋作の辞世の句だそうで、

上の句を晋作が、下の句を尼さんが継いだそうです。

句の良し悪しは別にして、

すみなすものは こころなりけり

だよな~。

| | コメント (0)

台風一過

台風一過
10メートルを越える北風に押さえられて割れません。

| | コメント (0)

変換できない・・・

201098日(水)

Sn3d1209

5時起床、雨。

隣の部屋で寝ている娘のアラームで夫婦共々起床。

娘は白河夜船。

耳元での大音量にも平然として。

もしや大人物にでも成長するか、それとも・・・。

海岸偵察は前ページ参照。

雨と言っても、空気中の酸素と水素が眼の前で結合しました、

と言った感じで、水滴が漂ってるような感じでした。

これから台風9号の影響で久しぶりのお湿り。

これで一気に秋到来か。

―――

海岸のデッキでしばし白想(む、変換できない)。

太気拳もサーフィンも何で面白いんだろう。

何てことを考えるとも無く考える。

あれこれあれこれを迷走しながら瞑想・・・。

結局、知らない事を知りたい。

やったことないことを経験してみたい。

行ったこと無いところに行ってみたい。

ああやったらどうなるか。

こうやったらどうなるか。

―――

要は、此処じゃない何処か。

自分じゃない誰か。

今までと違う自分。

既知ではなくて未知。

昨日と違う今日。

それを太気拳やサーフィンを通して見つけたり、

予感したり出来るからだろうな。

―――

金は一向に増えないけど、

その分皺が増えた。

煩悩は無くならないけど、

髪の毛は随分無くなった。

だけど、毎朝新しく生き直してる。

―――

こうやったら・・・。

ああやったら・・・。

| | コメント (0)

無風

無風
ほぼ満潮、インサイドの腿。無風、いやわずかにオフショア!これで潮が引けば絶好なんですが…。

| | コメント (0)

お幸せな悩み・・・

201097日(火)

Sn3d1197

眼が覚めたのが5時。

窓から入る風が気持ちよくて、

そのままうつらうつら。

久しぶりに少し涼しい朝。

南風が強くてその割にはうねりが小さい。

海岸偵察でサイズは腿位。Sn3d1200

今のところはサーフィンよりウィンド日和。

途中でお会いしたYさん、

今日はどっちにしようか迷ってるとの事。

なんとまあ、お幸せな悩みであることよな~。Sn3d1202

―――

昨夜は20年来の弟子が奥さんと子供、そして一升瓶を提げて・・・。

もうすぐ3つになる娘、8ヶ月の息子。

「紅葉のような手」なんて言いますが、

ほんとに小さな手。

娘が可愛い可愛いとおおはしゃぎ。

君も昔はこうだったんですがね~。

Sn3d1204 でも、ほんとに可愛い。

人の子どもでも可愛いんですから、

これが孫だったら、なんて考える天野は・・・。

| | コメント (0)

生まれ変わった・・・

201096日(月)

Sn3d1194

入りたては胸肩。

見る見るうちに頭オーバー。

おお、久しぶりのハラハラ・ドキドキ。

最初は良かったんですが、

潮が引いてくると繋がってきて走れない。

波を取り損なって戻ろうとしたところ、

立て続けにセットを喰らってまるで拷問のよう。

一時間半でポイント変更、腹から胸。

こちらは少し大人しくマイルドモード。

見回すと他の皆さんもポイント変更したみたいでした。

混雑の中でトータル3時間。

第二ラウンド期待して取り敢えずは、

という事で上がりました。

―――

しかし、見事に頭に中が空っぽになる。

波のこと以外何にも考えない。

組み手と同じで、終わると虚脱状態。

ふと我に返ると、

そこには生まれ変わった天野が・・・。

(何てことは無い)

| | コメント (0)


やった!やっと台風9号のうねりが届いた。サイズ胸から肩…。

| | コメント (0)

スイマセン・・・

201095日(日)

Sn3d1191

6時起床、晴れ。

うねりは小さいが、ひょっとすると出来るかも、

という事で着替えて海。

サイズは膝。

それでもたまに腰くらいのしっかりしたうねりが入ってくる。

ただ地形が悪いのでインサイドでドカンと来る。

今日はこれから稽古もあるし、

という事で30分で上がってきました。

帰りに他のポイントを見ると綺麗な波。Sn3d1192

後ろ髪引かれながら帰宅。

今日は茅ヶ崎市長杯もあるし、湘南祭も開催。

何となくお祭り気分の海岸です。

―――

about 太気拳

いつも思うんだけど、稽古の時には実に色々浮かんでくる。

浮かんでくるのは言葉、だ。

自分の中で浮かんでくるものもあるし、

弟子の稽古を見ていて浮かんでくるものもある。

どちらにしても、自分の中に沈殿していて、

いつもは表面に出てこないものがある。

それが稽古の時にふと言葉になって浮かんでくるわけだ。

大体は散文的でとりとめもないことが多いけど、

結構大事なものがある。

ところがそれらは皆稽古が終わると消えちゃう。

これをちょっと記録してみようと思い立ったのが昨日。

で、携帯にちょこっとメモ書き。

言ってみれば「太気拳ノート」。

―――

ちょっと書き出すと4つばかり。

前後の力―立ち幅跳び。

身体の回転軸は親指とその付け根。

対人稽古は気持ちを読む稽古。

「ご破算で願いましては・・・」が禅。

そのうちにもう一冊位は書きたいと思ってるんで、

その創作ノートの意味も含めて、

もう少しわかるように整理して

ホーム・ページに載せようと思います

(ここのところほったらかしてますから・・・スイマセン)。

| | コメント (0)

敬老攻撃2連発・・・

201094日(土)

Sn3d1188

6時起床、相変わらずの晴れ。

今朝は海に入るつもりが無いんで、

のんびりとお茶を飲んでから偵察行。

サイズは膝、潮が引きすぎてる感じです。

休日なので週一サーファーが沢山出ていて知らない人だらけ。

もっとも同じ週一サーファーでも、

週に一回しか休まない週一もあれば、

見渡したところ、週に一回も休まないという週一サーファーも遊んでました。

脱帽です・・・。Sn3d1187

海岸の陽射しは夏満開。

もう9月なんですが。

―――

しかし、一体なんだったんだ。

昨夜は海岸で取ったナガラミを肴に一杯やりながら考えた。

朝一でサーフィン、ついでにナガラミ取り。

帰宅してから大汗掻きながら全自動洗濯機のお掃除。

無論夜は太気拳の稽古。

充実した一日であった、

なんて思ってたんですが、

ちと腑に落ちないことがある。

―――

昼食後の暑い時間に前の道路の落ち葉を掃除

(なんとまあ、掃除ばかりの一日であるよな~)。

そこを通りかかったご近所の奥さん。

ご夫婦ともに色白でお上品な方。

天野より10歳位若い。

暑いですね、のお決まりのご挨拶の後に

「ご苦労様ですね、でもお身体に気をつけてくださいね」。

ふむ、この「お身体に気をつけて」ってのは何処から出てきたんだろうか。

なんてつくづく考えた訳。

大体こんな丁寧な口の聞き方をされた記憶が無い。

―――

そうか!はたと気がついた。

あれは年寄りをねぎらう言葉だったんだ。

むむむ、変な話しだけど、

ご近所さんはごく普通の方

(ま、ここは普通の方なんて何処にも居ない、なんて突っ込まない)。

武術をやってるわけでも無いし、サーフィンをやってる訳でもない。

ごく普通の眼で天野を見ると、

まあ、頭は薄いし顔も歳相応にしわもある。

Sn3d1160 だから、この糞暑い中で外に出てると熱中症になりますよ。

部屋の中でクーラー掛けてじっとしてたほうが良いですよ。

年寄りの冷や水のならないように気を付けてくださいね。

という事だったんだ・・・。

―――

なんて思って夕方の稽古。

終わっての帰りの東海道線。

4人がけの席の前に立つと、

座ってる青年がひたとこちらを見る。

んん、知ってる人か、誰だっけと見返すと一言。

「座りますか?」。

一瞬意味を図りかねたんですが、

「いや、大丈夫結構です」。

件の青年「お元気そうですもんね、はは」。

―――

むむむ、1日のうちに敬老攻撃2連発・・・。

―――

連れ合いに言うと「そりゃ座りゃいいじゃん」。

「人間は素直が一番だよ」だとさ・・・。

| | コメント (0)

ちょっと安いんじゃねーの・・・

Sn3d1183_2

暑いので毎日毎日洗濯機はフル稼働。

とっても頼もしいんですが、

よく見ると結構汚れてる。

洗濯物を洗えても、

洗濯機自身を洗えないのが辛いところ。

という事で一大決心。

全自動洗濯機を洗濯するぞ!

―――

先ずはネットで全自動洗濯機の掃除を検索。

いろいろ研究

結構自分で掃除できるようなんで決行。

2時間奮闘。

組み立てなおして雑巾を洗濯。

動いてくれたんでホッと一息。

業者に頼むと178000円位との事。

連れ合いの査定は缶ビール6本入り1パック。

ちょっと安いんじゃねーの・・・。

| | コメント (0)

ただでは起きない・・・

201093日(金)

Sn3d1178

5時起床、晴れ。

うねりは50cm台。

昨日の波が残ってる可能性にかけて着替えて海。

サイズは膝から腿、繋がっていて走れない。

チンクイにやられながらの奮闘も効を奏せず、

立った途端にバッシャ~ン。

で、立ち上がると、

膝位のところで足元にじゃりっとした感覚。

ここは転んでもただでは起きない。

という事で、足元を探ってナガラミ取り。Sn3d1181

去年と違って10円玉位のサイズですが、

海底の砂を一掴みすると多い時は5つ位取れる。

先輩連からは「邪魔邪魔!!!」と言われつつ・・・

海岸で拾ったビニール袋に詰めてこれから砂抜き。

今晩のおつまみはこれです。

| | コメント (0)

八月の石にすがりて・・・

201092日(木)

Sn3d1176

波は思ったより良くなかった。

サイズはそこそこだったんですが、

繋がり気味で速い速い、

殆ど走れず・・・。

それでも3時間粘って終了。

皆さん期待はずれの様相。

南の海上では、熱帯低気圧がまたまた発生の模様。

再び沖縄に接近のようで、

被害が無ければいいんですが・・・。

―――

昨日の稽古前。

Sn3d1169 ふと道路を見ると蝉がひっくり返ってる。

そっと手に取ると、ジジッと鳴いて必死にもがく。

手から飛び出して2.3m行くとまたアスファルトに落ちる。

―――

ある時たった一人目覚め、

本能の赴くままに暗いトンネルを掘り、

餌をとり、

地中の7年間を生きて生きて生き抜いて、

ある朝地上にもそりと這い出して、

日がな一日鳴き暮らし、

交尾を終えて夜には一生を終える。

蝉は父を知らず、母も知らず、

その子を見ることもなく、

朝にはカラスや猫の餌食となる。

―――

八月の石にすがりて

幸多き蝶ぞ いま、息たゆる。

わが定めを知りしのち、

たれかよくこの烈しき

夏の陽光の中に生きむ。

     伊東 静雄

―――

ふと思い出したこの詩は、

蝶じゃなくて蝉が良い、

なんて思っちゃう。

| | コメント (0)


寝坊したんですが、間に合いました。サイズ腹、たまに胸…。

| | コメント (0)

カンフー映画・・・

201091日(水)

Sn3d1174

5時起床、晴れ。

台風7号からのグランド・スウェルが届いて、

頭オーバーの波が炸裂・・・。

何てことは全然なくてうねりは30cm台。

いつもの静かな夜明けです。

サイズは膝から腿、何とかできるといった具合。

Sn3d1175 もちろん皆さんは元気一杯の朝です。

すれ違う皆さんと「なかなか届きませんね~」のご挨拶。

―――

about 太気拳

何の折だか忘れたが、

先生の自宅にお邪魔したときのこと。

先生に昨夜のテレビを見たか、と聞かれた。

何の事だか判らないで戸惑っていると、

深夜にやった香港製のカンフー映画のことだった。

「何か参考になることでもあるか、

と思ってずっと見てたが、

何にも無かったな」。

そりゃ当時は粗製濫造のカンフー映画。

参考になることなんかあるはず無い。

そう思うが、

それでも自分の知らないものが隠れてるんじゃないか、

ひょっとすると発見があるんじゃないか、

沢井先生はそんな風に考えたらしい。

これをあほらしいと片付けるのは簡単。

でも、一番大事なのはこういった邪気の無さ。

少年のような無邪気さが先生の太気拳に対する思いの原点だと思うんだよね。

素直に他から学ぶという気持ち、と思っても良いし、

好奇心を失わない、と思っても良い。Sn3d1167

どちらにしても、心はいつも煌めいていたい。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »