« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

雪降ったよ・・・

2011131日(月)

Sn3d2143

5時半起床、今日も晴れ。

今日も晴れか、

と言ったら娘が「昨日雪降ったよ」。

うねりチェックは50cm台、

微妙なところ・・・。

いつものように偵察行。

自転車の乗ると顔が冷たい。

手袋をしてても手が痛くなる。

波は腿くらいのうねりで、

何とかできるかな、と言う感じ。

波打ち際を歩くと砂が硬い。

砂に触れてみると表面がカチッと凍ってる。

気温が低いので海水から蒸気が上がる。Sn3d2149_2

沖の岩礁で早くから釣り人が居るんですが、

寒いだろ~な~。

| | コメント (0)

欲張ってもな・・・

2011130日(日)

Sn3d2137_3

5時起床、勿論晴れ。

うねりチェックは80cm強、当たり!

昨夜は夜更かししてサッカーを見るか、

それとも早寝して朝一サーフィンか悩んだ。

所詮サッカーは人のやること、

サーフィンは自分のやること。

と言うことで早寝早起き三文の徳。

徳が重なって波の贈り物。

―――

今朝は紅茶に生姜と蜂蜜入れて身体を暖めて・・・。

日の出を待って海へ。

サイズは腿から腰。

少しばらけ気味ですが、

何本かは上手い事乗れて楽しかった。

一時間半で終了。Sn3d2142

何たって、あんまり疲れちゃうと後が大変・・・。

―――

about 太気拳

どう考えても太気拳と言うのは実に地味なもの。

とうに最近は地味~に地味~になる。

年が明けてからは組み手も今のところやってない。

推手もそれほどでもない。

立禅と半禅の見直しばかり。

でも、そこからしか何も出てこない。

「六面力」の伝え方が多少出来てきたって感じなので、

殆どの稽古はそこに集中。

皆も禅が変わってきてるようで、

それが見ていて判るのが面白い。

―――

六面力という力の側面だけじゃなくて、

もう一歩踏み込んで生理的な部分。

つまり自律神経を整える、と言うところにも気を付けていきたい。

でも、あんまり一辺に欲張ってもな・・・。

| | コメント (0)

get wet ・・・

2011129日(土)

Sn3d2128_4

6時半起床、晴れ。

キリッと引き締まった朝。

でも、うねりは30cm台でノー・サーフ。

お茶を飲んでの偵察行。

太陽が出てるからホッとするけど、空気は冷たい。

Sn3d2132_3 手袋をしてても指先が冷えてくる。

そんな中でも1人海に入ってるローカルさん発見。

Every day get wet !!!

―――

about  太気拳

「太気拳をやるまで、

立つとか歩くとかなんて考えたこと無かった」。

大体はそうだと思う。

いつも立って歩いてるから、

そんなことを見直そうなんてことは考えない。

でも、そこから変えないと行けない所がある。

―――

何処に行きたいか。

求めるものはどんなものか。

それによりけりだけどね。

―――

明日の基礎講座のテーマも「立つ」・「歩く」。

ここから始まって、

ここに尽きる。

| | コメント (0)

兆しが消える・・・

2011128日(金)

Sn3d2127

6時起床、晴れ。

うねりは50cm台。

娘と朝食を摂ってから偵察行。

冷たい空気、太陽は雲に隠れて薄日のみ。

寒い中でも数人がサーフィン。

サイズは腿くらい、満潮にもかかわらず少し出来てます。

通りの脇を見ると菜の花。Sn3d2123

夜は朝の前振り、冬は春の前振り。

―――

about 太気拳

動きの兆しを無くす。

人の反応は動きに反応する事もあれば、

兆しに反応もする。

兆しに対する反応は殆ど無意識の領域。

だから動きを速くすることに留意しても、

兆しに関してはわりと無関心。

―――

見えるところで動くんじゃなくて、

見えないところで動く。

見えないところが動くから、

兆しが消える・・・。

| | コメント (0)

力の照準・・・

2011127日(木)

Sn3d2121

7時起床、晴れ。

うねりチェックで40㎝台。

朝食後に着替え。

と思って外に干してあるインナーを取ったら凍ってた!

カチカチのインナーをヒーターの風に当てて、

柔らかくなったところをサッと着る。

サッと着ても冷たいものは冷たい。

海岸到着すると、満潮ながらも少し出来そう。

しかし水が多いのでロング向き。Sn3d2122

暫くしてからショート向きの場所に移動。

水は冷たいけど陽射しがあるので気分上々でした。

―――

about 太気拳

連日単推手を中心にした稽古。

単推手を上手く出来るようになるためにやってる訳じゃない。

単推手を通じて推手や組み手全般に通じる課題をハッキリさせるため。

やっていて自分でもハッキリしてきたのが力の焦点。

組み手を見ていて、皆何となく居心地が悪そう。

相手が何かやってくれば反応するけど、

自分から明確な方向を作れない。

何か起これば対処するけど、

自分から上手く仕掛けられない。

何でかと言うと、相手に力の焦点・照準が在っていない場合が多い。

それを単推手で明確にする。

―――

人には右と左があって、その転換が命だけど、

相手に照準を合わせるというのは、

左で狙うとか、右でとか言うのではなく、

そのどちらも照準が相手に定まっている事。

でも、その前に先ず片方だけでもきっちりと、

照準を合わせられるようにする。

単推手でそれを明確にする。

―――

あわせるのは力と気持ちの照準。

力が何だか判らなければ、

照準も合わせられない。

力の照準は腹と腰。

| | コメント (0)

無理じゃないの・・・

2011126日(水)

Sn3d2119

7時起床、晴れ。

今朝はのんびりと寝坊。

何と言っても、昨夜はサッカー。

延長からPK戦、終わってホット一息。

やっぱり日韓戦は見ていて緊張、興奮。

日韓戦でいつも思い出すのは、メキシコオリンピック最終予選。

随分古い話で、

殆ど歴史の彼方の話しで、

日本サッカーの歴史なんていう番組でもちょっと触れられるくらい。

あれは日本サッカーの夜明け前って位置付けなんでしょうか。

天野の中では、あれこそが出発点なんですがね。

―――

Sn3d2114 うねりチェックは40㎝台。

昨日よりはマシ、とお茶を飲んでから偵察行。

海は満潮でうねりはあるものの、ノー・サーフ。

1名海に入ってますが、

お兄さん!ちょっと今は無理じゃないの・・・。Sn3d2116

| | コメント (0)

すっきり爽やか・・・

2011125日(火)

Sn3d2112_2

6時起床、晴れ。

快調な目覚め、すっきり爽やか。

うねりは勿論今一で20㎝台。

ま、こんなもんでしょう。

取り敢えずは偵察行。

やはり波無し、この分では潮が引いてもちょっと無理かな・・・。

帰って朝食。Sn3d2111

気持ちよく1日が始まるのが何と言っても一番。

―――

下の娘は通っている学校の入試で休み。

去年の今頃はピリピリしてたのが嘘のよう。

Sn3d2113 一年が経つのは速いものです。

| | コメント (0)

ちょっとご勘弁・・・

2011124日(月)

Sn3d2103

沈没、撃墜、討ち死に、自滅・・・。

7時起床、一旦おきたが頭が重いと二度寝。

10時頃再び起床、朝食。

相変わらず頭が重い。

重い頭を抱えて偵察行。

殆どうねり無く、上陸覚悟のサーファー数名のみ。

気分を変えるのに着替えて入るか、

と思ったけど自重。

このまま入ったら心臓麻痺でも起こしそう。

と言うことで帰宅後再び布団の中。

―――

復活は15時。

皆さん呑み過ぎには気をつけましょう。

再び海岸で散歩。

Sn3d2105 もう夕陽が・・・。

敵はにっくき「越の寒梅」。

―――

昨日の気功会演武会。

同席した平直行氏が太気拳を評して

「噛めば噛むほど味が出て」。

太気拳という触媒を通じて自分の内から染む出てくる滋味。

―――

佐藤聖二氏、鹿志村英雄氏、島田道夫氏の演武。

弟子の諸君のひたむきな組み手。

天野も負けていられません。Sn3d2104

新鮮な刺激をありがとうございました。

また明日から元気に稽古します

(今日はちょっとご勘弁・・・)。

| | コメント (0)

鬼門です・・・

2011123日(日)

Sn3d2084

6時起床、曇り。

ハナから期待無しでのうねりチェック。

思ったとおりに30cm台、お陰で平和な朝。

朝食後に偵察行。

静かな海、でも僅かにうねりらしきものが・・・。

今は満潮ですが、潮が引けばそれなりに出来そうな雰囲気。

―――

134号線が何となく慌しげ。

STAFF」のベンチコートを着た方々が忙しそうにあちこちで動いてます。

Sn3d2101 Sn3d2102 湘南国際マラソンの準備に警備の方も集まり始めてました。

見慣れないテントには給水用のペットボトル。

―――

about 太気拳

昨日書いた自律神経の話し。

稽古で大事なのはリラックスと集中。

二つの相反する状態を求める。

禅で先ず大事なのは緩める事。

身体を緩める事で心を緩める。

首筋から温かいお湯をかけてもらってる、

何てイメージを持ったりする。

それでリラックスする。

そしてその上で、想像力で緊張を引き出す。

昔は「夜道で虎と向かい合う」様になんて言ったらしい。

現在ではちょっと現実離れ。

天野は、何処からか弓で狙われてる、

なんて意識で緊張を引き出す。

多分神経で言えば、

副交感神経と交感神経の働き高めてるんじゃないかと思う。

リラックスと緊張、この二つが集中力って奴を引き出す。

―――

単純に身体能力ってことじゃなくて、

その他に大事な事はたくさんある。

神経系の感応力を高めるって言うのは、

今ある自分自身の肉体を交換できない以上、

必須の事だと思う。

―――

でも、経験で生み出された稽古法って言うのは、

多分分析できない多くのものも含んでると思う。

勿論、良い意味でも悪い意味でもだ。

―――

さて、と。

今日は稽古の後に島田先生の「気功会26周年演武会」に行ってきます。

演武会は良いんですが、

問題はその後の親睦会、

これが鬼門です・・・。

| | コメント (0)

心臓がバクバク・・・

2011122日(土)

Sn3d2076

6時半起床、晴れ。

うねりは無いものと思いつつもチェック。

30cm台、加えて満潮でノー・サーフ。

安心して朝食後に偵察行。

朝が遅いのもあって、

何となくのんびりした雰囲気。

天気の崩れもなさそうで、

これから暫くは波がなさそうな湘南です。

―――

年のせいかもしれないけど、

最近はとんでもない事を思い出して冷や汗が出る事がある。

布団の中で昔のことを思い出してゾッとする。

もう30年以上前のことを思い出す。

あの時もう一歩前だったら死んでた、

とか、もし後ろを振り返らなかったらアウトだったとか・・・。

或いは穴があったら入りたい、とか。

―――

結構無茶をやる方だったから、

その時は勢いとか威勢で乗り切ったことが、

いま冷静になって考えるととんでもない事だったりする。

―――

遊びの中で、

単に勢いだけでの無茶だったり、

或いは承知の上での命懸け・・・。

―――

そんなことをふと思い出すと、

寝ていても急に心臓がバクバクいったりする。

よくまあ、此処にこうして居るモンだよな、何て思う。

―――

布団の中で汗をかいたり、心臓がバクバクってのは、

要は自律神経の成せる業。

こんな時は布団の中で禅を組む。

禅を組むと(布団の中だろうと電車の中だろうと禅は何処でも組める)

スッと落ち着く。

汗も引くし、心臓の鼓動も元に戻る。

当たり前の自分に戻る。

―――

当たり前の自分に戻るのも禅なら、

当たり前じゃない自分に持っていくのも、

やっぱり禅・・・。

―――

禅を通して自分の神経、

特に自律神経って奴。

それとお付き合いしてた。

―――

結局、ここら辺を視野に入れないと武術にならない。

体育との違い・・・。

| | コメント (0)

海は空いてる?・・・

2011121日(金)

Sn3d2074

7時起床、曇り。

随分寝坊した、と起床。

うねりは40㎝台。

お日様が出ていないと気合が今ひとつ。

それでも朝食後に偵察行。

途中で何時も朝一サーフィンしてるローカルさんとご挨拶。

ランニング姿だったんで、つまり今朝は波無しか、

と思って海岸到着。

すると思ったよりうねりが入っていて、

眼の前で腰くらいのが割れた。

何でランニングしてたんだろう、

と考えて気が付いた。

明後日は湘南国際マラソン。Sn3d2072

そういえば、ハーフに毎年参加してると言ってたっけ・・・。

結構サーファーで参加してる人がいるみたいです。

と言う事は、

来週は皆さん筋肉痛。

おかげで海は空いてる?・・・。

| | コメント (0)

こんな凄いの見たことない・・・

2011120日(木)

Sn3d2068

6時起床、晴れ。

取り敢えずはうねりチェックで40㎝台。

西高東低で西うねりがメインなんで、

うねりが小さくても何とか連日できてる。

多分今日も潮が引けば・・・。

と言うことで偵察行。

大潮の満潮でタプンタプン。

腿くらいのうねりは入るものの、

今のところは無人の海でした。

―――

昨夜は今年二回目の休肝日。

で、布団の中で図書館から借りてきた「サーフィンを極める本」を眺めながらウトウト。

どうやったら上手くなるか。Sn3d2067

登場のプロ・サーファー曰く「兎に角海に入って練習する事」との事。

やっぱり本では極められませんか・・・。

―――

ハレイワとかワイメアと言えばハワイの大波の立つところ。

映画などの撮影等もよくやるんですが、

映画では混雑振りが分からなかったんですが、

カメラマンKimoto Noyayaの

http://www.surfdayz.jp/blog/kimoto/

を見たら凄まじい。

とんでもない大波に1m間隔で最大8人が同時にテイク・オフ。

混雑のメッカ、湘南鵠沼でもこんな凄いの見たことない

(勿論サイズじゃなくて混雑振り、人数です、人数・・・)。

ありゃあ、幾つ命があっても足りません。

しかし、あの波に向かう腹の座り具合は大したもんだ

(でも、楽しいとか言うレベルじゃないです)。

勿論事故もあるようで、

サーファー以上に腹の座ったレスキューも。

| | コメント (0)

力で誤魔化さない・・・

2011119日(水)

Sn3d2065 

7時起床、晴れ。

うねりは50cm台で、まあ何とかてな雰囲気。

のんびりと朝食とってから着替えて海。

サイズは腿くらいで、

やっぱり何とか・・・。

今朝は久しぶりに6.8fのヒンソン。

うむ、ボリューム満点でロングが出来るときならこれで十分。

―――

途中でローカルの方と板を交換、

これが10fのロング。

やっぱり波に乗ってからどうしたらいいか分からない天野。

それに引き換えて、先輩は当たり前にロングから乗り換えて平然と乗ってます。

さすが・・・。

―――

about 太気拳

昨日の稽古も引き続いて単推手。

兎に角、触れたときに相手の意図を察する。

形に拘ると、相手の意図や動きを無視しがちで、

力任せにやったりしがちなので注意。

力が入ったと思ったら抜く。

稽古では力を使わない。

力を使わないことで、

質を高める。

力は稽古で使わなくても、

必要な時には出ちゃうもの。

力で誤魔化さない稽古が一番です。

| | コメント (0)

極意はタウカンにあり・・・

2011118日(火)

Sn3d2059

6時起床、晴れ。

うねりは60cm台、今朝も少しは出来そう。

今のところはほぼ満潮なので少し時間を置いてから・・・。

朝食前に偵察行。

サイズは腿くらい。

Sn3d2060 もうちょっと潮が引くのと、

うねりが弱まるのとの兼ね合いですかね。

―――

about 太気拳

一昨日の日曜日の稽古では引き続いての単推手。

単推手をやっているとそこから色々出てくる。

何が出てくるのかと言うと、

ものの見方だ。

推手の方法に習熟すると言う見方もある。

腕の触覚が鋭敏になる、と言うこと。

勿論それもある。

しかし、それだけではなく、

単推手が太気拳全般の質に関わってくる、

と言う観点から眺める。

ひとつひとつの技術的な注意点は勿論だけど、

そこから派生するものは、組み手などにも必要なもっとも武術の本質的な部分。

つまり相手との相対的な関係の結び方に行き着く。

当たり前にこういうもんだ、

と思って考えもしないで相手と向かい合っているのが普通だと思う。

その相対仕方を根本からひっくり返すヒントが単推手にある。

特に特徴的なのが、陰陽の切り替え。

陰陽と言わないで、内外でも良いし、左右でも良い。

兎に角、相手を陰陽の狭間で捉えること。

陰陽、内外、左右の中間は無くて、

常にその二つの間の転換に機を窺うのが太気拳。

正面と言う言葉があるけど、

陰陽の中間は、面ではなくて線。

陰陽は形ではなくて、

力の陰陽。

―――

立禅だと「内外」と言う感覚が濃厚。

それが半禅になると「左右」が引き出される。

そして、左右の切っ先が刃物のように切り立ってくる。

この切っ先で相手と対峙する。

―――

よく陰陽を言う時に「八極拳」の稽古法を例に取ってたけど、

多分、八極拳に限らず太極拳も陰陽の転換に機を見出す、

これを中心に置いたのかもしれない。

何と言っても、陰陽とくれば「太極図」。

太極図とくれば「陰陽」だものな。

―――

そうか、と独り言。

太極図とくればタウカン。Sn3d2062

言わずと知れたTown & Countryのロゴ。

太気拳の極意はタウカンにあり・・・。

今度買う時はタウカンのボード。

いや、板は高いからステッカーにしておくか。

| | コメント (0)

微妙な数字・・・

2011117日(月)

Sn3d2043

6時起床、晴れ。

うねりは50cm台、微妙といえば微妙な数字。

今朝は時間があるので偵察行。

海岸到着。

サイズは腿くらいでたいしたこと無いんですが、

そこ此処で波が立っていて、

場所を選ばずに出来そうな雰囲気。

この分なら混雑を避けて出来そうです。

Sn3d2054 砂浜散歩中に日の出。

気持ちのいい一日の始まりです。

| | コメント (0)

幸せ・・・

2011116日(日)

Sn3d2039

5時半起床、晴れ。

昨日寝坊したので、今朝は朝一狙い。

うねりは70cm超でにんまり。

水温チェックすると15度台。

ノー・ブーツに決定。

海岸到着すると、砂浜に霜。

水温はやはり暖かく、ノー・ブーツで正解。

サイズ腰腹で三角の良い波。

気温と水温の違いで海面から湯気が上がって幻想的な夜明け。

沖の烏帽子岩は蜃気楼のように海面から浮き上がって揺れる。

こんな朝を迎えられる幸せ・・・。

―――

about 太気拳

昨年末から始めた単推手。

じっくりと進めてきて一部で「らしく」なって来た。

まだ全体では上手くいかないが、

少しずつ意味を掴みかけてる様子。

螺旋、伸縮、接点の変化、そして力の内と外。

力を線として捉えられれば、次は自分の軸を守ると言う事に繋がり、

そしてそれが組み手での相手の捉え方に繋がる。

単推手が腕の感覚、神経を育てるだけじゃなくて、

稽古全体をカバーする質になる。

その場その場での勝負なんかに拘らないで、

どんな時も全体を見渡せる稽古になれば良いな、

と思う。

| | コメント (0)

寝た~!

2011115日(土)

Sn3d2037

おっと、気が付いたら外が明るい。

起き上がったのが7時半。

遅くまで起きてたわけじゃないんですが、

寝たいだけ寝た~。

では、これから稽古に行ってまいります。

| | コメント (0)

神様みたい・・・

2011114日(金)

Sn3d2030

6時起床、晴れ。

うねりは30cm台で心は平穏。

朝食後に偵察行、のんびり散歩。

波無しは予想通り。

空気はひんやりですが、陽射しが暖かで透明な冬の朝。

―――

挨拶をしたローカルさんによると、

今朝水難事故があったとの事。

パド・ボーで釣りに出ていた方が発見したそうですが、

時既に遅く亡くなられていたそうです。

テトラから足を滑らせたかしたんだと思いますが、

本当にちょっと日常から外れたところには危険が一杯。

当たり前の日常からほんの少しずれただけで、

世界がひっくり返る。

―――

気持ちのいい朝が、

足を滑らせた瞬間に冷たい海水と呼吸不全に心臓が悲鳴を上げる。

傍から見ると何遊んでるんだ、

なんて見える世界。

でも本人には驚天動地だよな。

この世界が一瞬にして違う世界になる。

―――

別に事故だとかそういうものじゃなくても、

そんな自分の世界が一瞬にしてひっくり返ることがある。

一歩踏み出して事故に逢うのは勘弁してもらいたいけど、

人や、物、事、一歩踏み出す事で見ることの出来る新しい世界。

そういう事にハングリーでいたい。

―――

話し変わって昨日の事。

Sn3d2031 午後になって潮が引いてから一大決心してロング。ボードを抱えて海へ。

散々でした。

波に乗ってどうしていいかわからない。

曲げようと思っても曲がらない。

身体は曲がってるんですが、

板は真っ直ぐに進んじゃう。

で、あっという間にドボン。

先輩方には、10ftの板とショートを持ってきて、

両方乗ってる方も居ますが、

天野からすると神様みたい。

一体何食べたらああなるんでしょうか。

| | コメント (0)

存在の肯定・・・

2011113日(木)

Sn3d2022_2

6時起床、晴れ。

思ったとおりでうねりは30cm台。

波が無いと心が平和。

のんびりとお茶を飲んで、今朝は朝食抜き。

朝食を抜いたのは海岸偵察にジョギングをあわせるため。

9時に出発。

もちろん波は無し。

腿から腰くらいのうねりは入るものの、

満潮と相まってノー・サーフ。

同じく偵察のローカルさん「今日はできると思ったんだけどな」。

西を見ると伊豆半島に雲。

向こうは雨かな。Sn3d2024_2

―――

いつもの所で30分ほど禅を組んでから

昨日と同じルートで砂浜を小一時間走る。

海を見ながら走ると、

某ポイントで一回だけ腰くらいのが割れましたがそれっきり。

引けば出来そうなうねりはあるんですが、

さて、どうなりますか・・・。

―――

about 太気拳

親指、膝、腹、そして頭頂部がスッと一つになる。

何処をどうとかで無しに、

全部が整う感じでスクッと立つ。

何とも気持ち良い。

動くと消えてしまい勝ち。

そうならないように姿勢を整える。

止まっているように動く。

動くように止まる。

―――

強いとか弱いとかそんなことじゃなくて、

自分が十分だ、と言うこと。

あるいは充足感。

深いところでの存在の肯定・・・。

| | コメント (0)

片男波・・・

2011112日(水)

Sn3d2019

7時半起床、晴れ。

昨晩は遅くまで本を読んでいたので、

ハナから寝坊予定。

うねりチェックは20㎝台でほぼ予想通り。

波の無い時は、何と心が穏やかなんでしょうか。

今朝もジョギィング・モードで着替えて海岸まで自転車。

ちょっと心肺機能を軽くいじめるつもりで走り始める。

1キロほど走ったところで軽く負担が来て、

暫くするとギァーが切り替わったようにフッと楽になる。

この瞬間が好きだ。

ちょうどドライブ・モードに入った感じで小一時間。

びっしょりと汗をかいて見晴台でストレッチ。

日差しも穏やかで伸びやかな気分。

―――

about 太気拳

稽古のときに正しい立禅とかいう言葉を聞く。

これが正しいのか、それともこれか。

そんな煩悶を重ねながら稽古する。

どこかに「正しい」があって、

そこに向かっていく。

そんな気分があるんじゃないかな、と思う。

でも、考えてほしい。

人のやる事に「正しい」なんてあるのか。

定まった「正しい」なんて何処にも無い。

あるのは「より良い」だけ。

―――

禅を組む。

最初の五分と十分後と同じ禅じゃ面白くない。

止まってるから同じだ、

なんて思ってるのは、禅を組んでないからだ。

止まってるからこそ、動くものがあり、

次から次へと変化する。

昨日と違う禅を組む、

当たり前だ。

昨日と同じ事やったら、

今日が退屈だ。

同じに見えるのと、同じと言うことは違う。

ドンドン変えていく。

おかしかったらいつでも戻せばいい。

ほんのちょっとの変化でまるで違った禅になる。

Sn3d2020 何時までも何時までも「もっと良く」を求める。

―――

北斎が90歳、臨終の言葉。

     ・・天、我をして五年の命を保たしめば

真正の画工となるを得べし・・・

―――

話しは飛ぶけど、

北斎と言えば波の絵。

で、思い出す言葉が「片男波」。

別に相撲部屋の話じゃないんですが、

この「片男波」っていうのは、

どうやらサーファーの言う「セット」。

「男波」と「女波」があって、

「男波」はたまにくるまとまった波の事。

で、一句。

片男波見送る人無し冬の朝

         by 天野

これは無論盗作。

―――

この道や行く人無しに秋の暮れ

         by 松尾 ばなな

でした・・・。

| | コメント (0)

the question・・・

2011111日(火)

Sn3d2012

6時起床、曇り。

冬至を過ぎて随分経つのに夜明けが遅い。

起きても暗いので、今ひとつ気合が・・・。

うねりチェックは30cm台。

のんびりとお茶飲んでから朝食。

子どもたちは今日から学校で、

あわただしい朝が戻ってきました。

―――

海岸偵察行。

満潮で波無くノー・サーフ。

無人の海です。

でも、所によっては腰くらいのうねりが入って、

ひょっとすると引けば出来るかも、と言ったところ。

―――

昨日は、午後の引き潮を待って海へ。

サイズは腰くらいで結構楽しめました。

休日なので混雑、

と思ってたんですが、

寒さのせいか思ったより少人数。

ロングの皆さんとちょっと離れた場所で

波取り放題、乗り放題で幸せ気分。

これが夏だったら大混雑間違いなし。

―――

今のところノー・ブーツ、ノー・グローブでも、

海に入ってる時は何とか凌げる。

でも、きついのは帰りの自転車。

Sn3d2013 手先はもげそうだし、足指と踵は魔物に噛み付かれたように痛い。

冬場の海は腰が引けそうですが、

お陰で人が少ない、と思えば救われる。

―――

何時までもノー・ブーツって訳には行かないと思ってるんですが、

ブーツを履くと立てない症候群のヘタクソ天野。

どこかで解消しないと、と思ってるんですがね~。

履くべきか、履かざるべきか。

That is the question・・・.

| | コメント (0)

何を思い出したんだか・・・

2011110日(月)

Sn3d2010

6時半起床、晴れ。

うねり20㎝台のお陰でのんびりとした朝。

本日は成人の日。

長男が二十歳で、市の主催する集いに参加との事。

40年前の自分は、そういった集いに参加する感覚は皆無。

時代と言うか、それぞれの感性と言うか・・・。

―――

休みでやること無し。

海に入れないとやることが無いって言うのは、

まあ、なんという貧困な人生なんだろう。

と言うことで、気を取り直してジョギング。

海岸まで自転車で行って、

波打ち際を一時間ほど。Sn3d2008

砂浜に足跡をつけて走る。

その足跡を波が次々と消し去っていく。

―――

人生もこんなもんだよ。

生きて何かを成し遂げても、

時代が変わって続々と新しいものが生まれて消えて。

3人の子どもたちも暫くすれば大人になって、

もうすぐお役ゴメン。

親の務めが終われば、

もう人としての役目も終了間近。

後は、自分が培ったものを伝えるだけ。

それで自分のお役目終了。

幸せなのは、伝えるものを自分の中に少しでも培った事。

太気拳が無かったら、

子ども以外何にも残せない人生だったかもしれないな、

なんて思っちゃう。

―――

走り終わってから、

海岸のデッキに寝転んで柔軟とクールダウン。

ゴロゴロとデッキで回転、

捻ったり伸ばしたり縮こまったり・・・。

これが結構気持ちよくて、

明日からは、このゴロゴロをリストに加えます。

―――

about 太気拳

稽古してると、いろんな事が身体の中から浮かび上がってくる。

ああだ、こうだ、なんて考えなくても身体の方から声を上げてくる。

個人差はあっても、

誰でも稽古すると出てくる。

でも、大事なのはそこから。

何がそこからかって言うと、

人は何かが出てくると、

それをああだこうだと評価する。

これはこういうものだ、あれはあんなものだ、

だからこれをこうして、あれをああして・・・。

此処でよく勘違いする。

―――

科学の実験と同じ。

実験すればデータが出てくる。

計測器が間違ってなければ、

データは正しい。

そこで大事なのは、

データの読み方、評価の仕方。

それを間違えると、

せっかくのデータが無駄になる。

―――

太気拳でも同じ。

いろんな感触が出てくる。

それを引き出して、色々工夫する。

それが面白みでもあるし、楽しいものだ。

でも、評価を間違えると時間を無駄にする。

無駄にするのが一年や二年だったら良いけど、

時には2030年間違えたまんま人生が終わる。

随分、そんな感じで武術やってる人が居るよね。

―――

まあ、間違いに気が付かないまま終わるなら、

それはそれで幸せかも・・・。

―――

霜が立つ、氷が張る。

Sn3d2005 でも、ふと見上げるとポッと赤い花。

梅の花が冷たい風の中で揺れてました。

冬は春の前触れ。

明けない夜が無いように、

♪苦しくったって~♪悲しくったって~♪

♪コートのなか~じゃ♪

って、急に何を思い出したんだか・・・。

| | コメント (0)

一番の謎・・・

201119日(日)

Sn3d2001_2

4時起床、晴れ。

うねりチェック60cm台、

西風でこれから上がりそうな雰囲気。

時間が早いので暫く読書、

ダン・シモンズ「愛死」読了。

再びチェックすると80cm超。

紅茶に生姜を入れて身体を暖めて出発。

サイズ腹からたまに胸。

いつもは上級者が一杯のポイント。

皆さんが来ないうちに・・・。

一時間ほどで本日の部終了。

人が少ないうちに結構乗れて楽しかった。

―――

一体自分の何を知ってるのか、

そして何を知らないのか。

準備体操をしてボードに乗ってパドル・アウトする。

「む、いけそうだ」今朝はそう感じた。

思ったとおりに、

いや思った以上に積極的に波を取りに行った。

今日は駄目だな、なんて感じる時もある。

なんて事の無い波を「怖い」と思ったりする。

何処にその差があるのか自分にも分からない。

疲れてるとか、飲みすぎだとか、体調がとか、

そんな明確なものも無い。

いやいや行く事なんか無い。

何時もうずうずして海に入る。

でも、最初にパドル・アウトする瞬間に感じる。

「今日は駄目だな」「今日はいけそうだ」。

自分が知らない事を、

もう一人の自分が知っている。

―――

ふと思いがよぎる、なんて言い方がある。

考えたんじゃなくて、

何処からか思いが湧いてくる。

そこに任せる。

組み手なんかは、そんな範疇だ。

沢井先生が言われた「手に任せる」もそんな言葉だ。

ふと頭をよぎり、走り去る黒い影のような思い。

脳ミソのひだの奥の、そのまた奥底に潜んでる何か。

自分が思っている以上に自分が知っていたり、

思っているほど知らなかったり。

結局一番の謎は自分自身の心って事か・・・。

| | コメント (0)

少年の朝・・・

201118日(土)

Sn3d1997

6時起床、晴れ。

寒い朝で、布団から出たくない。

部屋が暖まるまで、

両手を湯飲みで暖めるようにして一杯目のお茶。

うねりはは30cm台なので焦ることなく、

陽が昇ってから偵察。

うねりは有るもののフラット、ノー・サーフ。

―――

昨日は2011年度はじめての休肝日。

暮れから連日の酒池肉林。

肉林と言っても豚肉と鶏肉、

本来の意味とは全く無関係なんですが・・・。

胃袋と肝臓はこれから正月休み?

朝起きるとスッキリ爽やか、

忘れていた10代の少年の朝。

Sn3d1998 「酒なんか飲むモンじゃないよ」等と思ったりもします

(年に数回なんですが)。

―――

about 太気拳

稽古が始まって、

久しぶりの推手、対人練習。

やっぱり相手が居ると良いね。

こちらの動きに対して相手が反応してきて、

それを受け止めて次々と展開していく。

なんというか、やっとこの場に帰ってきたか、

って感じの懐かしさ。

人と対することで初めて引き出されるものがあって、

それが自分を驚かす。

―――

スキーヤーがシーズン最初の一本目を、

リフトから降りて滑り始めるワクワク。

サーファーが日の出と共に一本目に乗るドキドキ。

対人練習は、そんな懐かしくて新鮮で期待に満ちて始まる。

たった10日会わなかっただけで、

その空白に稽古の積み重ねを感じたりする。

楽しい初稽古でした。Sn3d2000

―――

でも、足りないところは足りない。

立禅で一番最初に注意するところ。

足裏の重心の置き所。

足指から始まる螺旋。

なんで最初にそういったところを注意するのか。

それはそここそが一番肝心なところだからだ。

重心は独楽の軸だし、螺旋は全体の運動の要。

―――

伸筋が運動する時に、屈筋が休む。

屈筋が働く時に、伸筋が休む。

そんな平面的なことを常識と勘違いする。

教科書に出てる、そんな事どもは、

理解するための単純化に過ぎないって事。

人は平面的に動くわけじゃないし、

直線で動くわけでもない。

螺旋で身体を絞り上げるところから全て始まる。

―――

教科書的な常識から抜け出るには、

自分自身と丁寧に話しこむ。

| | コメント (0)

サーフビレッジ・・・

201117日(金)

Sn3d1991

6時起床、晴れ。

うねりは30cm台。

いつもの波の無い湘南復活です。

自転車で偵察は、いつもより足を伸ばして鵠沼海岸。

流石に此処は何とかできる波があります。

サーフビレッジ脇の公園でのんびりと稽古。

今日が稽古始なので、

今年の方針を色々考えながら・・・。

―――

小一時間ほど稽古してから、

サーフビレッジの中へ。

暖房が効いているのでホッとします。

冷えた身体を温めてから家に向けて出発。

海岸沿いを走りながらポイントチェック。

Sn3d1992 うねりは有るものの、風に抑えられているせいか何処も厳しい。

―――

about 太気拳

今年の前半は特に推手をはじめ、丁寧に取り組む事。

ともすると力任せになったり、

勝ち負けに拘ったりしがち。

だけど、そんな拘りを捨てて、

じっくりと自分の中身を育てるために対人練習をする。

今此処で負けようが、勝とうがそんなことに気を取られない。

負けん気って言うのは大事だけど、

目先の小さな事に拘らないでもっと遠くを見据えること。

―――

あるプロ・サーファーが言ってた。

「コンペに出なくなる時が来る。

でも、サーフィンをやめることは無い」。

相手との勝ち負けに拘る時も有る。

そういう時期もあって良いけど、

本当に拘りたいのは、自分自身の太気拳、武術に誇りを持てる事。

誰と競争するわけじゃないけど、

自分の満足できる自分になりたい。

他人にどんな嘘もつけるし、

カッコいい事もいえるけど、

自分には嘘を付き通せないもんな。

| | コメント (0)

あけまして・・・

201116日(木)

Sn3d1982_2

5時半起床、晴れ。

うねりは1m超。

風が変わるのを待つ、とのんびりとお茶。

今朝は娘と同じく紅茶で、生姜入り。

海岸偵察行。

サイズは腹から胸。

風も収まって今がチャンス。Sn3d1983

さて、これから着替えて行ってきます。

―――

今日初めて気がついたんですが、

相変わらず2010年なんて冒頭に書いてました。

能天気のブログは今日から2011年です。

Sn3d1986 あけましておめでとうございます・・・。

| | コメント (0)

禅組んで・・・

201015日(水)

Sn3d1980

6時起床、晴れ。

うねりは50cm台、

此処のところの雰囲気ではちょっと厳しい。

お茶飲んで朝食を摂って、天気図チェック。

三陸沖の低気圧の影響で西うねりが入るのが早いか、

それとも風が入るのが早いかが微妙。

どちらにしても、

今のところは波無しと言う事で近くの公園で禅組んで・・・。

暫くしてから海岸に。

え、波あるの?

と言うことで遅ればせながら着替えて海。

Sn3d1981 サイズは腰から腹で無風。

今朝は久しぶりに6.8fのヒンソン。

浮力がありすぎる感じですが安定感はさすが。

暫くして南風が強くなってきて終了。

しかし、水が冷たくなったな~。

| | コメント (0)

十年待たれよ・・・

201014日(火)

Sn3d1977

6時起床、晴れ。

うねりは20㎝台!

いつもの静かな海に逆戻り。

年末から年明けまでの湘南は出来すぎ。

毎年、正月は稽古も無く波も無いんで2.3キロの体重増。

今年はそんなこともなく年が明けました。

―――

当たり前に目玉焼きに納豆味噌汁の朝食。

栗きんとんも数の子もいいんですが、

当たり前が良いんです、当たり前が。

と言うことで、朝食後に散歩。

海岸は静かで海に入ってるサーファーは皆無。

帰りにいつものところで暫く禅。

―――

禅を組みながらちょっと考えた。

何時もみんなの稽古を見て歯がゆく思うこと。

疑問・問題・課題の建て方、持ち方。

疑問を疑問と感じない。

問題を見つけないで素通りする。

課題があるのに気が付かない。

身体の問題じゃなくて、頭・感性の問題。

大事なのは身体能力じゃなくて、感性。

―――

なんて考えてたら、それが自分に跳ね返ってきた。

何時まで経っても下手なままのサーフィン。

疑問も問題も課題もほっといてただ波乗りしてるだけ。

ああ、人の振り見て我が身を直す難しさよ・・・。

―――

正月休みもほとんどの人が終了。

正月、正月と騒いでも明けてみればあっという間。

一番楽しいのは、

明日から正月、なんて思ってる大晦日かも知れません。

と言うことで、今年の仕事始めは沢庵漬け。Sn3d1972

瑞々しかったのも今は昔、

2週間以上干してシワシワ、

人にも大根にも容赦なく過ぎ行く時の流れ。

浅漬けは浅漬けの味わい。

でもシワシワはシワシワの味わい、還暦越えて古稀の味?

天野もそろそろシワシワの味わいが出てもいいんですが、

まだちょっと早い、十年待たれよ・・・。

| | コメント (0)

箱根駅伝か・・・

201013日(月)

Sn3d1973

6時起床、晴れ。

うねりは40㎝台。

久しぶりの小波も雰囲気。

今朝はサーフィンバージョンを外して立禅。

今年初めての禅、白い息を吐きながら30分ほど。

ゆっくりと揺りで仕上げて海岸偵察。

―――

ロングが数人、たまに腿上位。

のんびりした雰囲気。

帰りにウエットに着替えて海に向かう方々数人。

ひょっとするとこれから混む?

どうしようかな。

海に入るか、箱根駅伝か・・・。

テレビをつけると早稲田と東洋の接線。

ちょっと暫く見てから考えます・・・。

| | コメント (0)

箱根駅伝・・・

201012日(日)

Sn3d1971

6時半起床、晴れ。

うねりチェックで50cm台。

昨日のテンションが半減。

ま、のんびりと偵察でも行くか・・・。

所によっては胸から肩。

形のいいのが入ってますが、

テンションが下がったのは天野だけじゃないのか人がまばら。

昨日鬼のような顔をして波を追っかけてたのが嘘のようなのんびりした雰囲気。

帰ってから朝食。

箱根駅伝のスタートを見て、

これから着替えて出動するかな。

Sn3d1968 あんまりのんびりすると134号線が通行止め。

時間になったら、いったん上がって学生諸君の走りを見学も良いかな。

| | コメント (0)

by 一休さん・・・

201111日(土)

Sn3d1960

4時半起床、晴れ。

うねりは130センチ超、風はオフで問題なし。

後は夜明けを待つばかり。

新年のお祝いに冷蔵庫から缶ビール一本。

おせちのキンピラをつまみ食いしながらたった一人で乾杯。

思わずもう一杯、となりそうなのを我慢我慢。

後は熱いお茶に。

―――

Sn3d1965 海岸はいつもと違って初日の出を観に来た人で一杯。

日の出の写真を撮ろうかとも思ったんですが、

待ちきれなくてAポイントにドボン。

サイズ胸。

一時間ほどでポイント移動Bポイントへ。

こちらはサイズ頭。

つながり気味で一時間ほどで再び移動Cポイント。

サイズは腹で此処が一番走れました。

暫くするとA、Bポイントに居た方々も移動してきました。

元旦から4時間海に入って幸せ。

これからお屠蘇とおせちで・・・。

―――

ふと思いついてテレビをつけると正月の大騒ぎ番組。

何をこんな朝早くから・・・。

正月と騒いだって、何のことは無い。

昨日の次の今日があるだけ。

なんて事言ってた坊さん。

―――

世の中は起きて稼いで寝て食って後は死ぬを待つばかり・・・

                by 一休さん

―――

と、世の中を斜に構えてすまないのが浮世の義理。

今日はお年玉を配りに出かけます。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »