« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

スタンバイ・・・

2011228日(月)

Test_027

5時起床、雨。

冷たい雨がしょぼしょぼ降って、

何とも景気の悪いような朝。

昨日の南風で1mを越えていたうねりはあっという間に消え、

今朝は30cm台。

雨の中海岸偵察はうっすらとしたうねりのみ。

さすがに海は無人。

―――

西から低気圧が接近中で気圧が徐々に下がってきている。

石廊崎では夜明け前から1mを越えたうねり。

と言う事はもうすぐこちらにも、

と気持ちはスタンバイなんですが。

―――

Test_038 海岸の電子広報版に波浪注意報。

でも、静かなモンです。

| | コメント (0)

お呼びじゃない・・・

2011227日(日)

P1010013_2

6時起床、晴れ。

うねり40㎝台。

ひょっとすると出来るかも。

と思いつつ偵察行。

海岸到着でサイズは腿位。

朝一組はエンジン全開の模様。

今日は「太気拳基礎講座」の日なので海はお休み。

その代わりに久しぶりにデジカメを持ち出して撮影。

機能が一杯あってどうしたらいいのか良く判らない。

で、取り敢えずはただ撮っただけ。

―――

about 太気拳

兎に角大事なのは姿勢。

形という意味での「姿勢」ではなくて、

力を内在させた姿勢を作る。

今日もこれが中心の稽古。

これは武術がどうのと言う問題以前の前提だと思う。

形では無い姿勢と言うのは、

「姿勢を正す」とか「物事に取り組む姿勢」なんて一般的に言われるけど、

それと同じで、

太気拳をやるなら「太気拳に取り組む姿勢」を見つける。

「取り組む姿勢」が見つけられないと、

太気拳に取り組めないからだ。

禅を組んで組み手をやればいいんじゃない。

―――

バレーだって踊りだって、

姿勢が駄目なのは

お呼びじゃない・・・(古い!)

| | コメント (0)

早起きしたんですが・・・

2011226日(土)

Sn3d2294

4時半起床、晴れ。

昨日吹いた南風が春一番。

それが夜半には北に変わった。

と言う事は今朝の海はグッド・コンディション。

と言うことで早起きしたんですが・・・。

うねりチェックは40㎝台でがっくり。

お茶を飲んだだけで諦めて二度寝。

6時半に再び起きて偵察行。

やはり風に抑えられて静かな海。

ロングなら何とか、と言ったコンディション。

二度寝のお陰で疲れも取れて、

体調は完璧。

元気に稽古に行ってきます。

| | コメント (0)

ウインド日和・・・

2011225日(金)

Sn3d2291

6時半起床、晴れ。

春が来た!

窓を開けた瞬間に暖かい風。

梅じゃなくて桜が匂ってくるような朝。

今朝は南風予報。

朝一はそれほど吹かないとの予想に反して10m以上。

うねりは1mを越えてますがジャンクだろーな、

と思いつつ偵察行。

多少は波のまとまったところもあり、

元気なお兄さん数人とウインド・サーファー1名。

今日はこれから風が強まるようで、

ウインド日和と言う事でしょうか。

Sn3d2289 Sn3d2292

| | コメント (0)

また明日・・・

2011224日(木)

Sn3d2283

6時起床、曇り。

昨夜遅くのチェックで90cm超。

と言うことで期待の朝。

80cm超でお茶を飲みながらにんまり。

遠ざかる低気圧と高気圧の何とかかんとか、

が原因らしい。

よく判りませんが、波があれば没有問題。

今日は慣例の茅ケ崎での稽古があるので、

早めに入って休んで、の予定。

―――

海岸到着でサイズは腰から腹。

ほぼ満潮ですが十分、十分。

次第にサイズが上がってきましたが、

稽古があるので2時間で切り上げ。

また明日・・・。Sn3d2286

| | コメント (0)

休む時は休む・・・

2011223日(水)

Sn3d2277

5時起床、晴れ。

いつも通りにうねりチェック、50cm台。

高気圧の影響で東からのうねり。

と、いう事は判るんですが、

正直言って、何でこの気圧配置で湘南に波があるのか良く判りません。

通過した低気圧からのうねりがまだ届いてるということなんでしょうか。

判らなくても波があれば何の問題も無いんですが・・・。

―――

判っても判らなくてもまずは偵察行。

サイズは腰からたまに腹。

朝日の中、精勤の皆様方はいつもの通り。

Sn3d2282 満潮を前にしてロングを中心に結構出来てます。

ショートはもうちょっと潮が引いた方がいいのかな。

―――

ちょっと疲れが溜まってる感じ。

腰じゃなくてお尻。

大臀筋と中臀筋の張り。

禅組んでるお陰で腰を痛めることは無いけど、

筋肉疲労は如何ともし難い。

ま、ちょっと休む時は休む・・・。

| | コメント (0)

アクセル全開・・・

2011222日(火)

Sn3d2275

6時起床、晴れ。

うねりは40㎝台。

何ですが、いろいろ情報を総合すると出来そう。

そわそわしながら朝食。

偵察行。

サイズは腹から胸。

陽射しを受けて波が煌めく。

そんな中、皆さんはアクセル全開モード。Sn3d2276

負けちゃいられない、

ってんで、これから着替えです・・・。

| | コメント (0)

腰砕け・・・

2011221日(月)

Sn3d2272

6時起床、曇り。

窓を開ける、外気がスッと入り込む。

身が竦むような冷たさが無くなって、

季節の変わり目が部屋に入り込んでくる。

―――

うねりチェックは30cm台。

え、今朝は波が上がると予想してたんですが・・・。

本州南岸の低気圧が停滞。

そのうねりが入って来て・・・。

ところが高気圧の吹き込みでしょうか、

波が消えちゃったようで、がっくりな朝。

それでもお茶を飲んでから偵察行。

やはり波は無く、弱いうねりが入っているだけ。

改めて二度がっくり・・・。

―――

about 太気拳

そろそろ春が近づいてきたので?

組み手を再開。

のんびりと軽~く、

とは言ってもなかなかそうは行かないようでした。

組み手は相手との関係を作る、

と言う事。

だからこう打つとかこう蹴るじゃなくて、

こういう位置関係になれば、

と言う事のほうが重要。

変化って言うのは、

受け方とか避け方じゃなくて、

簡単に言えば相手と自分の相対的な位置関係の変化。

何かをやるよりも、

何でも出来る状態、位置関係をイメージするのが一番大事。

そうじゃないと当たったからいいとか、

今日は勝てたからいいとか、

そんな事にしかならない。

―――

誤解を恐れないで言えば、

「勝ちパターン」のイメージを作れるかどうか。

こうなったら何とでもなる、

これを手に入れる。

―――

皆を相手に組み手の後にそんな話をした。

その後帰宅。

帰って遅い昼食をと思いながらもメールをチェック。

ついでにうねりチェック。

わ!出来てるようです、

ってんで、卵かけご飯を掻き込んで海。

サイズは腰から腹。

やっほ~!と入ったんですが・・・。

ところがデス・・・。

稽古して、組み手して、

気持ちは元気なんですが、

海に入ったとたんにドッと疲れが出た。

そりゃそうです。

帰りの電車では

空席を探して座って帰ったくらい。

軽くやったつもりでも、

やはり組み手でちょっと疲れたかも・・・。

波に乗った途端に腰砕け・・・。

―――

疲れたときは休みましょう。

| | コメント (0)

太気拳は・・・

2011220日(日)

Sn3d2267

6時起床、曇り。

稽古と波乗りで疲れが溜まっていたのか、

8時間睡眠ですっきり目覚め。

うねりは40㎝台。

潮まわりも悪いんで朝一サーフは無し。

いつものように偵察行。

やはり今の所はノー・サーフ。

二人ほど浮かんでましたが難しそう。

でも、うねりはしっかりとあるので、

これから引いてくれば結構出来そうな雰囲気。

―――

about 太気拳

稽古にはいろんな注意点がある。

手指の向きはこうで、膝はこうで、顔はこうで・・・。

注意は言葉だ。

でも、言葉では身体は動かない。

言葉で動くのは頭で、

身体は言葉を拒否する。

身体は、

言葉で浮かび上がったイメージが出来上がった時初めて動き始める。

これは当たり前で、言葉はイメージを置き換えたものだからだ。

まずイメージが言葉に置き換えられて語られる。

そして今度は受け止めた言葉をイメージに翻訳する。

翻訳されないイメージは単なる言葉の羅列。

台本に書かれた台詞と同じだ。

伝えられたものは語られたものだ。

言葉にしても、形にしてもそれ自体は空疎なものだ。

―――

語られたものを自分の中に取り込む。

死んだ言葉の羅列を、

自分の中に生き返らせる。

その翻訳機が「意」と言われ、

時に「気」と言われる。

―――

台本を巧く語るのではなく、

自分の気分を自分の言葉で紡ぐ。

太気拳はそんなものだと思う。

| | コメント (0)

get wet・・・

2011219日(土)

Sn3d2265

6時起床、曇り。

跳ね起きて、お茶を飲みながら着替えて、

自転車にボードを積んで・・・。

海岸到着、うねりはあるんですが、

大潮の満潮で厳しそう。

入るかそれともこのまま帰るか、

と一瞬悩んだものの、

勿論get wet

二本だけ乗って終了。

これから稽古に行ってまいります。

| | コメント (0)

勿論稽古です・・・

2011218日(金)

Sn3d2258

昨夜は実家泊。

母の元気な顔を見てホット一息。

車の中にはウエットスーツとボード。

今日は低気圧が抜けるので、

いつもと別のところで波乗りを、

と先輩連と打ち合わせ済み。

逗子と鎌倉由比ガ浜で計2ラウンド。

逗子は腰腹で由比ガ浜は胸肩サイズ。

帰宅後に海岸偵察。

茅ケ崎は何処も頭サイズで形良いですが、

結構ハードな雰囲気です。Sn3d2253 Sn3d2262

でも、皆さん果敢にアタック。

たいしたものです。

さて、今日の締めくくりは、

勿論稽古です・・・。

| | コメント (0)

いい加減めげる・・・

2011217日(木)

Sn3d2241

6時起床、曇り。

徐々に冬が終わりに近づいてるのか、

寒さが緩んできている。

窓を開けても入り込んでくる空気が和んでいる。

うねりチェックは40㎝台。

これならひょっとすると出来るかも、

と勇んで偵察行。

サイズは腿位で、弱いながらも短い板でも出来そうです。

海岸を歩きながらも、

やはり今まで張り詰めていた冷気がホワッと緩んできて、

何となくのんびりした雰囲気。

―――

いろんな所にヒントって言うのは転がってる。

相変わらず上達しないサーフィン。

いい加減めげる・・・。

そう思ってた昨日、

海に入ったら、たまたまかっ飛び先生のすぐ脇だった。

大きい波は勿論、

膝位の小波でもシャシャカ見事に乗りこなす。

先生の波乗りを見ながら、一体何処が違うんだろうと暫し観察。

別に技を盗もうなんて思ってるんじゃない。

技なんか盗めないのは判ってる。

ただ何処が違うんだろうって見てた。

何か違うんだよな・・・。

そうしたらハッと気がついた。

先生は気持ちと身体が先に行っちゃって、

その後をボードが追いかけてる。

気持ちが先に行けば、身体も先に行く。

身体が先に行って、

板は勝手に後を追ってく。

あ!ッと納得。

これ組み手と同じ。

―――

組み手でドッと相手の玄関に土足で踏み込む。

その瞬間に何をするのかがひらめく。

ひらめきが次々浮かぶ。

何かをやろうとして入るんじゃなくて、

踏み込んで初めてひらめくものがある。

その場に踏み込まないと見えてこないもの、

感じ取れないものがあって、

そこで初めて何かがスパークする。

何かをやろうとすると、

何かをやったら気持ちも動きも止まる。

予め何かをやろうとするんじゃなくて、

その場で即興的に引き出されてくるものを形にする。

形になった時は、

イメージはもう次々と先に展開する。

―――

身体がどうとか、

歳がどうとかいう問題じゃなくて、

連綿と引き出されるイメージ、

次々と点滅する着想が湧き上がって、

その具体化を保障する身体があって・・・。

―――

太気拳もサーフィンもこういう意味ではおんなじ。

型に嵌った事をやるんじゃない。

風が吹けば風、

雨が降れば雨、

雪が降れば雪、

その時その時、

その場その場、

気持ちが何かを生み出す。

―――

言葉だって同じ。

台本に書いてある台詞をいくら上手く言えても、

所詮自分の言葉にならない。

その時その場で何かを感じ取る心があって、

初めて口をついて出てくる言葉。

そこにその人の心がこもる。

―――

太気拳もサーフィンも台本が無いから面白い。

いや、考えてみれば、

天野の人生に台本は無かった。

だから面白いのか・・・。

| | コメント (0)

原点回帰・・・

2011216日(水)

Sn3d2240

6時半起床、晴れ。

昨日1mを越えたうねりは一気にダウンで40㎝台。

いつものパターンですね。

お茶を飲んでから偵察行。

うねりは僅かに残っていてサイズは膝から腿。

何とか出来てます。

―――

新しい板に変えてから3ヶ月。

大人しい波の時は問題ないんですが、

ちょっと厳しいくなるとテイクオフの失敗が多い。

掘れた波の立つ瞬間、

僅かに脚の引き付けが遅れる。

その原因が少し判った。

波の乗った瞬間に身体を大きく前に乗り出す。

これが足りなかった気がする。

以前先輩に注意されたポイント。

これから乗る波を見る、板を見ない。

やっぱり基本です、基本。

うまくいかなかったら基本に戻る。

原点回帰・・・。

| | コメント (0)

空より花の 散りくるは・・・

2011215日(火)

Sn3d2233

5時起床、雨。

お茶を飲みながらしばらく読書。

6時過ぎにチェックすると、

今まで30cm台があっという間に60cm超。

これは、と慌てて朝食、出撃。

砂浜にも積もった雪、海面から上がる蒸気。

ちょっと幻想的な風景。

サイズは胸から肩。

誰も入っていないポイントに一人でGo。

一時間位は独り占め。

しかし、陽が昇ると同時に皆さんどんどん入ってきて、

ヘタクソ天野は太刀打ちできなくなって終了。

でも最初の一時間を心の糧に一週間は過ごせそうです。

Sn3d2234

―――

昨夜来再び雪。

――

冬ながら 空より花の 散りくるは

  

雲のあなたは 春にやあるらん

――

もうすぐ春・・・。

―――

about 太気拳

組み手のときにどうしても前に出られない。

出ようとすると自分の前に壁があるような気がする。

まるで自分の前の空気だけが密度が濃くて、

出ようとするとまるであがくようで、

行こうとしてから身体が言う事を聞くまでが、

永遠のように時間が掛かる。

身体全体がもがくようで言う事を聞かない。

たまにそんな風になることがあった。

で、ああしたらこうしたらと工夫して、

ますます蛸壺から出られなくなる。

こんなもどかしさを思い出すことがある。

原因は今になって大体判る。

脚を動かそうとするから、

動こうと思ってから動くまでに時間が掛かる。

腿がだるい、動けない・・・。

それが戸惑いや迷い、逡巡になって自縄自縛。

何のことは無い、身体の中心だけ動かす気分があれば、

気持ちと身体の時間差も無くなる。

脚が動かないからドタバタするんで、

脚じゃなくてその大元のスイッチを入れる。

稽古してても、

何の稽古をしてるのか判ってないとそんな風になる。

―――

漫然と稽古するんじゃなくて、

何のための稽古なのか、

何でこんなことしてるのか、

自分がこうだと思ってることを、

本当にそうか?と何回でも問い直す。

一番大事なのは、

大前提で疑問の余地も無い、

そう思っているものをもう一度俎板に載せる勇気。

自分の考えてる前提を疑って掛かる事、

それで初めて根本が変わることがある。

疑問を持つこと、

疑問を探す事。

答えっていうのは、

疑問があるからこその答えだ、

そう思う、つくづく・・・。

―――

| | コメント (0)

紙袋の山・・・

2011214日(月)

Sn3d2230

6時起床、曇り。

昨日波があったので、

ちょっと期待してのうねりチェック。

残念ながらハズレで30cm台。

それでもひょっとしたら、と偵察行。

うねりは僅かに有るものちょっと・・・。

―――

15分ほど禅を組んでから帰宅。

見ると食卓の上が紙袋の山。

何だコリャ!

全部娘のチョコレート。

そういえば今日はヴァレンタイン・デー。

昨夜娘たちがああだこうだやってました。

下の娘は野球部全員分及びクラスの友チョコetc ,etc

上の娘はもう手作り卒業だそうです。

―――

about太気拳

禅を組んでるときの充実感。

ただ立っているのに、動いていないのに何で充実するのか。

何か似たものないかな、

なんて色々考えてたら思いついたのがスキー。

特にジャンプ。

ジャンプ選手の飛行姿勢。

動かないけど力感が溢れている。

テレビなんかで見ると、当たり前に飛んでる。

当たり前に動かないでいるけど、

空中は風が巻いたり、逆に止まったりと一瞬も留まる事は無い。

その中で静止に近い状態を保ち続ける。

止まっているのは、身体の内が動いてるから止まっていられる。

手足の問題ではなく、身体の中心を引き締める事が大事になる。

つまり身体の芯の芯から力を振り絞る。Sn3d2063

それが出来る者しか、

アスリートとしてのジャンパーになれないということでもある。

―――

思い出したのが父の事。

父の大学時代の友人にジャンプの全日本学生チャンピオンが居たそうです。

彼は兎に角相撲が強かったそうで、

体重が互角なら相撲部にも負けないと豪語していたそうです。

それを聞いた当時はそれをただ単に腰が強いから、

と思って聞いていましたが、

それだけじゃないと言う事に気が付いた。

―――

禅の組み方を説明する時に相撲の話をすることがある。

特に上下の力の引き出し方の時に多い。

身体の芯の芯、奥の奥の力を引き絞るようにするのは、

相撲だろうがジャンプだろうが同じ事。

もちろん太気拳だって・・・。

| | コメント (0)

退化と言うのか・・・

2011213日(日)

Sn3d2225

6時半起床、晴れ。

うねりチェックで60cm台!

わ、しまった寝過ごした・。

速攻で着替えて海。

サイズは腹からたまに胸。

皆さんに挨拶、

「いや~、やっと波が上がってくれましたね~」。

満潮で厚めながらも結構良い波に乗れました。

一時間で終了。Sn3d2223

湿った砂が寒気で凍り付いてがちがちの砂浜。

浜辺まで走ると足を挫きそうでした。

―――

about 太気拳

推手の際の注意事項。

進退しながらどこかで必ず半禅の感覚を引き出す事。

重心は常に足の親指を中心に置き、

両足の反発する力を確認すること。

それを可能にするような身体全体の調整をすること。

それだけで全体がキシッとするはず。

―――

クラシック・バレーに幾つかの基本ポジションがあって、

どうもそのポジションの変化形が立禅のような感じ。

爪先に重心が乗り、

腰が引き締まり、

上体がスッと立つ。

腹と腰を中心にして動くのはバレーだろうが太気拳だろうが同じ。

―――

動物の中で踵があるのは人間だけ。

これは進化と言うのか、

それとも退化と言うのか・・・。

人はアキレス腱が伸びすぎて弾力を失ってしまったが、

他の動物はその弾力で変化し跳躍する。

| | コメント (0)

だーれもいません・・・

2011212日(土)

Sn3d2221

6時半起床、曇り。

思ったほど雪が積もっていない。

お隣の芝生の上に僅かに白いものがのっかってる感じ。

低気圧の通過にもかかわらず、

うねりは相変わらず29センチ台、がっくり。

引き続き日本海側から低気圧が接近とも事。

さて、これからどんな具合になりますか。

―――

朝食後の偵察行。

勿論海は静かなもので、

休日にもかかわらず、だーれもいません。

これで心置きなく稽古に向かえるというものです。

| | コメント (0)

あなたも狙われてる・・・

2011211日(金)

Sn3d2216

6時起床、雪。

細かい霧雨のような雪がちらちら。

キュッと冷え込んだ朝。

四国の南岸の低気圧が東進、

今夜には関東の南岸に。

影響で今日明日と天気予報では何処でも雪に注意の呼びかけ。

今のところは波に影響は無し。

雪は降っても良いから、波上がれよな、

と思ったんですが、

雪が積もると自転車で海まで行けない。

ウエットを着て、

とぼとぼ雪の中を歩いていくって言うのはちょっと勘弁。

―――

朝食後に偵察。

うねり僅かでノー・サーフ。

冷気が海面に当たって蒸気になって立ち上る。

ちょっと幻想的な海。

―――

about 太気拳

そろそろ単推手から双推手に転換、

と思いながらも昨日の茅ケ崎での稽古でも単推手。

不思議なもので、経験から引き出したものを教えてると、

そこから何故そうなのか、どうしてそうならざるを得ないのか、

と言うことが見えてきたりする。

中心を守る、

と言う事は、同時に中心を生かす、

と言う事。

そしてその中心とは何処から引き出されるのか。

そんな事を言葉にすることで初めて確認できることもある。

ここら辺は教えると言う事のお陰、

つまりは弟子に感謝って事か。

―――

中心がきちっとして崩れない姿勢、

それが六面に力を持つって事で、

そして六面力の根底は体幹部の力で身体をまとめる事。

インナーマッスルを感じ取ることと、

同時にその効率的な角度と方向を守る事。

鍛えるのは簡単だけど、

効率的な角度や方向は禅を組まないと見えてこない。

―――

―――

先日連れ合い宛に妙な電話。

昨年義理の母が亡くなり、年明けに納骨。

その母の死を聞いたとの電話。

聞いてみると、亡くなった母に数万の借金があり、

それを払うか相続放棄するかして欲しいとのことらしい。

聞いた事の無い会社で、

問い合わせると義理の弟にも同じような電話があったらしい。

たかだか数万の借金なんて母がするわけないけど、

面倒だから払うか、って所を狙っての電話かもしれない。

相続するものが多ければ、

たかだか数万だからって、

調べもしないで払うかもしれないんで、

それを狙っての電話?

あるいは相続放棄しないって事は、

それなりに財産があるということで、

誰かさんは次の一手を打つのかもしれない。

しかし、何処で人の死や電話を調べるのか・・・。

―――

亡くなった母は弟一家と一緒に住んでたんですが、

お金のことって言うのは、なかなか親子でもオープンにならない。

そこら辺を狙っての色々画策する詐欺師がいるのかも知れない。

―――

オレオレだけじゃなくて、

実はあなたも狙われてる・・・。

| | コメント (0)

しょぼくなって・・・

2011210日(木)

Sn3d2209

6時起床、曇り。

起き抜けにうねりチェック40㎝台。

昨日の夕方には80センチを超えたと言う事で、

期待して起きたんですがちょっとがっくり。

それでも元気に偵察行。

ほぼ満潮の中でも何とか出来てるんで、

慌てて帰って着替えてGet wet

最初は腿位だったのが、

Sn3d2210 段々しょぼくなって膝。

それでも機嫌よく2時間。

今日は一休みしてから茅ケ崎で稽古。

太陽も出てきて気持ちよく稽古できそうです。

| | コメント (0)

嬉しい・・・

201129日(水)

Sn3d2208

5時半起床、雨。

と思ってしばらくすると霙(みぞれ)。

久しぶりにキュッと寒い朝。

南海上を低気圧が通過。

低気圧と前線に吹き込む風で多少は波が上がるか、

と期待のうねりチェックは無残に打ち砕かれて辛うじて30cm台。

いやいやこれからです、と期待を繋ぎながらも未だ反応せず。

雨の中の海岸偵察は期待はずれの確認行。

満潮も相まってまっ平ら。

もう一週間dry days

頭のお皿が乾いちゃってます。

―――

about 太気拳

此処のところの禅の変化で見えなかったが見えてくる。

以前見ても判らなかったものが見える。

もう20年も前から見てる映像があって、

それなりに学んでいたものがあったと思ってたんですが、

禅の変化のお陰で違った見え方がしてくる。

自分に無い時には、見て取れなかったもの。

それが自分の中に入って来た時に、初めて見えてくる。

ストン、と違いが判る。

知るとか覚えるじゃなくて、

何かが自分の中に入る。

少し成長した。

それが嬉しい・・・。

中心が活き始めた。

実は密かに感動。

| | コメント (0)

忘れそうで不安・・・

201128日(火)

Sn3d2203

6時起床、曇り。

半分諦めながらのうねりチェック、30cm台。

試験勉強、徹夜で一夜漬けの息子、

「完璧~!」と叫んで寝た。

どうせ寝るなら、寝てからやりゃあ良いものを・・・。

―――

のんびりしてから偵察行。

うっすらとうねりは有るもの満潮で駄目。

昼まで待ったけど、潮が引いたらうねりがなくなった・・・。

サーフィンを忘れそうで不安・・・。

―――

ひとつき前に漬けた沢庵。

Sn3d2201  上出来上出来・・・。

考えてみれば随分好みが変わった。

以前は梅干苦手、沢庵苦手。

最近ありがたいと思って食べるものの一つに煮干がある。

味噌汁鍋の最後に沈んでる出汁の煮干。

これを結構ありがたいと思って食べる。

歳のせいかな~。

| | コメント (0)

今のところちょっと・・・

201127日(月)

Sn3d2184_2

5時半起床、曇り。

一番に起きて雨戸を開ける。

冷たい空気がサッと吹き込んでくる、

筈なんですが全く寒くない。

冬型が緩んで、今日は3月下旬の暖かさとか・・・。

うねりは何と30cm台。

此処のところ連日20㎝台だったので驚き。

と言っても勿論サーフィンは難しいだろうな。

と思いつつ朝食後に偵察行。

やはり波は無し。

それでも、昨日あたりよりは僅かにうねり有り。

Sn3d2200_2 のんびりと自転車で鵠沼まで。

スケート・パーク前で辻堂のローカルご夫婦が仲良く海に入ってました。

ロングはともかく、ショートは今のところちょっと・・・。

―――

about 太気拳

動かないところを動かして動く。

動いているのが見えないところが動く。

手が動き、脚が動くのは、

手を動かし、脚を動かすからではなく、

その大元が動くから、結果的に手が、脚が動く。

車輪が動くのではなく、エンジンが動くから結果として車輪が動く。

外からはエンジンの動きは見えない。

内燃機関、つまり内で燃えるものがあり、

伝達があり、結果として動作が生まれる。

動作をいくら積み重ねても、

内で燃えるものにたどり着けるかどうかは別の問題。

―――

体幹部と言い換えても良いし、

気持ちと言い換えても良い。

気持ちや神経と一番近いところ、

身体の深いところを感じる。

―――

動こうと思ってから動くのではなくて、

動こうと思った時には動いてしまうところ。

脳と神経の伝達、そして筋や腱の緊張。

その距離の問題でもあるようだ。

考えてみれば当たり前。

伝達距離と時間の関係。

単純な話しだ。

| | コメント (0)

文句なんぞ言わせん・・・

Sn3d2180 201126日(日)

6時半起床、曇り。

残念ながら南岸の低気圧は湘南の波とは全く無関係らしい。

うねりはずっと20㎝台で、

お陰でのんびりと朝食。

海岸偵察では、こちらもまったりのんびりムード。

こんなに平らな海も珍しい。

油凪と言う言葉があるけど、

無風、うねり無しで油を流したような海。

霞が掛かったようで、

江ノ島も見えない。

Sn3d2179 それでも海に浮かぶサーファー1名。

こちらは懸命にパドル・トレーニング中、

若い・・・

―――

大相撲は春場所中止だそうだ。

何処にも世間の縮図って言うのはあるモンで、

それは相撲界でも同じなんだろうね。

星の貸し借り。

営業の仕事してれば売り上げの貸し借りだってある。

常に成績が頭にある仕事だもんね。

今月はノルマ達成できないから課内の同僚から借りる。

何処でもありそうなことだ。

必死に階段を昇ろうとするものもいれば、

自分を見限って、

とりあえず既得権を守ろうとするものもいる。

相撲界だけが聖域って訳じゃない。

―――

元来が神事だからって言っても、

坊さんがベンツに乗って金のブレスレットをしてる世の中。

相撲興行をプロレスとして見ても良いんだけど、

問題は「公益法人」て所になるんでしょうかね。

―――

「相撲興行株式会社」。

これで誰にも文句なんぞ言わせん・・・。

| | コメント (0)

判ったような気になる・・・

201125日(土)

Sn3d2176

4時半に一旦起きたが、

うねり20㎝台に肩を落として二度寝。

夜半に石廊崎が120cmの数字が出てたんでひょっとすると、

と思ったんですが・・・。

7時起床、曇り。

九州の南に小さな低気圧。

これが今晩には関東南岸に。

西高東低の冬型の気圧配置が崩れてどうなりますか。

期待半分、諦め半分。

―――

ゆっくりと偵察行。

やはり予想通りで静かな海です。

それでもすこ~しだけうっすらとうねり。Sn3d2175

ひょっとすると潮が引けば出来るかも。

―――

DVDの「Trunk Exercise」についての質問が来て、

それについて返信した。

質問は人の上半身のS字カーブについてだった。

背骨はS字カーブが正しい、と言うのはどこでも言われてる。

それは間違いじゃないけど、

ただそれだけの事だ。

―――

ただそれだけの事、ってどういう意味か。

ただそれだけって言うのは、

カタカナで言えば「デフォルト」って言う事だ。

工場出荷時をデフォルト。

つまりあるがまま、生まれた時のまま。

「正しい」じゃなくて、「工夫が無い」って事。

―――

工夫するって言うのをカタカナ使えば「カスタマイズ」。

「デフォルト」を工夫して「カスタマイズ」する。

「カスタマイズ」して「ポテンシャル」を「アクチュアライズ」する。

「タイキケン」の「コンセプト」・・・。

―――

カタカナは便利、

判ったような気になる・・・。

| | コメント (0)

波が無くてよかった・・・

201124日(金)

Sn3d2173

昨夜は実家泊。

一ヶ月ぶりで昼食後に帰宅。

バイクで行ったので帰りに海岸偵察。

遠くに見える鵠沼辺りにだけ人がいるが、

ほかは殆ど無人。

僅かに表面だけ漣のようになってるだけ。

波が無くてよかった・・・。

海に入れない時に波が無いと

いっぺんに言うことが違ってくる。

| | コメント (0)

二つで一つか・・・

201123日(木)

Sn3d2164_2

6時半起床、晴れ。

うねりチェックは20㎝台。

南岸の高気圧の吹き出しで多少は、

と思ってたんですがね・・・。

「何だ、夢も希望も無いね」と言ったら、

息子に「朝からそんなこと言うもんじゃないよ」。

老いては子に従え、ですかね。

―――

気を取り直して偵察行。

思ったとおりに海はまったいら。

Sn3d2167_2 無風、凪、静穏、穏やかで陽射しも暖かくて申し分の無い朝。

なんですが、やはり波が欲しいな~。

―――

about 太気拳

言葉にならないもの、

形にならないもの、

見えないもの、

教えられないもの、

教われないもの。

―――

それを知らせる。

それがやるべきこと。

―――

芸を盗む、と言う。

心を汲み取る、と言う。

盗むは身体で、

汲み取るのは心か。

―――

二つで一つか・・・。

| | コメント (0)

危機管理だ・・・

201122日(水)

Sn3d2162

6時半起床、今日は曇り。

少し寒気が収まった朝。

窓を開けるとキリッと引き締まった寒気が飛び込んでくる。

そんな毎日だったんですが、

今朝はそれほどでも無い。

寒気が収まると波も無くなる。

と言うことなのかどうか判りませんが、

うねりは30cm台。

海岸偵察では、思ったとおりに僅かなうねりのみ。

今のところはノー・サーフ。

勿論見渡しても1人も海に入っていません。

太陽が出てないせいか、人が少ない。Sn3d2156

暫く海岸のデッキで禅を組んで帰宅。

―――

about 太気拳

形なんていくらやったって、

と言うのは形を真似るのが悪いと言うわけじゃない。

形をまねることに気を取られると、

見えなくなることがあるということだ。

外に出たものと、それを外の押し出したもの。

外観は同じに見えても質が違う。

形は結果で、大事なのは形を生み出す原質。

そういったものが、形を追い求めるのを捨てた時に浮かび上がる。

先師が形を捨てたって言う事はそういうことだと思う。

内に原質を求める事で、

初めて外に形が現れる。

―――

音楽だって、絵画だって全部同じだと思う。

音楽の心、絵心。

太気拳だって同じ。

―――

朝刊の記事。

「これは隠蔽ではなく、危機管理だ・・・」

流石に頭の切れる人は言う事が違う。

これが本当だとしたら今年の名言集の一番に推薦。

「隠蔽」と「危機管理」の違い。

「頭が切れる」と「頭が切れてる」の違い。

言葉って難しい・・・。

| | コメント (0)

幸せの青い鳥・・・

201121日(火)

Sn3d2153

6時起床、晴れ。

相変わらず連日天気良し。

これだけ晴天が続くと、

流石にそろそろ雨でも降らないかな、なんて思う。

うねりは50cm台。

昨日はこの感じでノー・サーフだったので期待薄。

それでも元気を出して偵察行。

うねりは有るものの、満潮で今のところは駄目。

と言うことで、帰りに公園で軽く禅。

終わってから再び海岸に戻ると僅かに出来そうな気配。

こういう時は即行動。

―――

明日ありと思う心の徒桜 

   夜半に嵐の吹かぬものかわ(親鸞聖人)

―――

ぐずぐずしてると、

いつ無くなるか判りません。

―――

着替えて海に着くと、

やっぱりショボイ。

Sn3d2154 自転車を走らせて藤沢方面。

サイズ腿くらいで一時間ほどして上がっての帰り道。

いつものところで結構出来てます、

と言うことで、再び海。

こちらは腰位の波でそこそこ走れて大満足。

幸せの青い鳥はやっぱり足元のいるものですね・・・。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »