« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

心広がる・・・

2012430日(月)

P1010007

7時起床、曇り。

連休につき海は無し、

と思いつつも取りあえずはチェックで30cm台。

朝食後に偵察行。

P1010002 東に走って鵠沼まで。

波無しにかかわらず人出多し。

地引網で子供たちが大勢。

もちろん大人は朝からビール片手。P1010005

―――

途中であった先輩曰く

「昨日は一日出来て楽しかった」。

天野は講習会で充実の一日。

心地よい疲労感が脚にあり、

実りに繋がりつつある感触。

何とはなしに心広がる一日の始まり・・・。

| | コメント (0)

へ~・・・

2012429日(日)

P1010013

6時起床、曇り。

うねりは50㎝台。

引けば出来るかも、と言う感じ。

サンダルにTシャツで海岸偵察。

うねりは少しあり昼頃には出来るかな・・・。

―――

P1010007 昨日のテレビで速く走るとかの運動能力を上げる番組。

確かに子供たちが速く走れ、投げられるようになる。

それを見ていた出演者の一人が

「みんな出来るようになっちゃったら同じじゃん」。

―――

へ~、そんな事を考える人が居るんだ。

できない事が出来るようになって、

他人も同じようになったら意味ないって事なんだろう。

いやいや、貧しい人が居るもんだな。

他人との比較でしかものを見ることがないんだろう。

言い方を変えれば、

人の眼でしかものを見ることが出来ない。P1010014

―――

昨日できなかったことが今日できる。

今まで知らなかった事を今知る。

判らなかった事を理解する。

そんな喜びが一番で、

人との比較なんてあんまり関係ないと思うけどな。

| | コメント (0)

食の大事さ・・・

2012428日(土)

P1010001

6時起床、曇り。

昨日のうねりは一気にダウンで30cm台。

取りあえずは海岸偵察。

西に走ってサザン・ビーチ。

今日明日開催の湘南際の準備。

―――

大体ががさつなほうで、

健康に気を配った覚えが余り無い。

もちろん具合が悪いときはあるので、

そんな時に「気をつけなアカンな~」

なんて思うくらい。

P1010003 だから自分が不健康だなんて思ったことは無かった。

―――

ところがところが、だ。

ひと月前の自分を思い出して、

あの頃は不健康だったな、

なんて思う。

まあ、相対的なものだけど、

あの頃は不健康だった。

いや、ひと月前と言うのじゃなくて、

ずっと不健康だったんじゃないか、

と思う。

―――

不健康だったな、

と思うのは、

以前に比べて健康に成ったからで、

健康に成っては初めて不健康に気がつく。

―――

此処のところ母の減塩食に付き合って、

家族全員が減塩状態。

もちろん天野もだ。

そんな状態がひと月続いてふと気がついた。

身体が軽い。

何となくすっきりしてる。

―――

食事にほとんど制限なんて考えない生活を続けてきて、

初めての減塩。

―――

そんな事を稽古の合間に話した。

弟子曰く、

「人の身体は食べたもので出来てますからね・・・」。

素晴らしく正しい一言。

髪の毛の先から爪の先までぜ~んぶ食べたもので出来てる。

食べたものしか身体に無い。

妙なもの食べれば、

身体も妙に成る。

当たり前・・・。

―――

母に教えてもらった食の大事さ・・・。

| | コメント (0)

クリアー・・・

2012427日(金)

P1010002

5時半起床、雨。

気がつくと素足でぺたぺた今を歩く。

靴下にスリッパ無し。

ちょっと前までは足先が寒くて出来なかった。

徐々に夏バージョンに転換。

ところが、

寒がりの母は起き抜けに足元が寒いとヒーター。

―――

うねりチェックは80cm台でにんまり天野。

焦らず朝食を摂って、

引き潮に向かった頃を見計らって、

と頭の中で計算。

この間できなかった事を反芻して、

今日こそは・・・。

―――

海岸到着サイズは胸。

厚めだが力のある波。

何とかかんとか3時間。

多少は改善の感有りと満足。

きわどい波も何回かクリアー・・・。

―――

P1010004 恐怖心は何処から来るのか。

怖いと言う感情は生きていくために必要な感覚で、

痛いとか、苦しいと同じで、

無いと困る、

自分を守るための一つの指標でもある。

しかし、怖いというのが本当危険なのか、

それとも乗り越えられるものなのかどうかはまた別の話。

―――

意味無く怖がる事もあれば、

感じるべき畏怖を素通りする事もある。

その峻別は経験を通して知るしかない。

―――

経験を通して染み付く恐怖もあれば、

経験で無くす事が出来る恐怖もある。

懼れるな、恐れるな、

波も組み手も・・・。

―――

なんて考えながら海に浮かんでました。

| | コメント (0)

大根の花

2012426日(木)

P1010004

6時起床、雨。

天気の定まらない春。

ぽつぽつと習いたてのピアノを弾くような雨。

朝食後に海岸偵察。

南風が吹いているものの、

うねりアップとはならずざわつくだけ。

足元に咲く浜大根の花が春を知らせる。

―――

about 太気拳

気持ちが動く。

次に身体が動く。

ではなくて、

その狭間に起こる変化を先取りする。

意拳で意に重きを置くのは、

その狭間に眼を向けるからだ。

意識と無意識の狭間。

気持ちが発して、

身体が受け止める。

その中間に分け入ることで違うものが見えてくる。

―――

こんな事を昔は考えもしなかった。

何故考えもしなかったのか、

と言えば、

それを感じなかったからだ。

感じなければ無いことになる。

無い事は考えようが無い。

―――

一体何を考えて禅を組んでたんだろう。

つくづく遠くに来たもんだ・・・、

なんて思う。

―――

P1010006 芽を出した植物を、

速く伸びろと引っ張っても詮無いことだ、

とは先人の教え。

成長には時間が必要だ。

太気拳は時間を撚り合わせて紡いでいくもんなんだな。

---

冬を越せれば、

大根の花も咲く。

| | コメント (0)

速度と力・・・

2012425日(水)

P1010004

7時起床、曇り。

夜更かしと連日の疲れで寝坊。

連れ合いに起こされる。

P1010005 朝食後に海岸偵察で多少は出来そうな感触。

ですが、

今日は波乗り無しで、

明日の風波に期待。

―――

about 太気拳

身体を緩める、

と言う事を勘違いしがち。

禅で身体を緩めるのは大事だが、

それは、緩める事で初めて引き締めるところを見つけ出せるからだ。

ただ緩めりゃ良いってもんじゃない。

余分な力を緩める事で、

関節の呼び合う力を見つけること。

緩める事は緊張を見つけ出すためとも言える。

―――

動こう、

と言う気持ちの変化が引き出す緊張と、

動きによって起こる緊張とは別種のものだ。

そこを見つめる事で、

速度と力が生まれる。

| | コメント (0)

今度こそ・・・

2012424日(火)

P1010006

5時起床、晴れ。

雨上がりの爽やかな朝。

うねりは下がりつつあるもののこれからこれから。

と、まずは海岸偵察。

―――

サイズはたまに胸くらいのが入っている。

今の時間は満潮なので、

もう少し引いてから、

と余裕で公園でちょっと禅を組んでから帰宅。

朝食後に着替えて・・・。

―――

なんと波が無くなっている。

ロングで辛うじて、

といった感じ。

急遽先輩方と西へ西へ。

ポイントにつくとサイズ胸。P1010013

―――

何とかできるようにはなったものの、

やはり調子は落ち気味。

きわどい波に恐怖感が起きてトライできない。

最後の一かきが怖くて突っ込めない。

今度こそ、怖がらない、

今度こそ、今度こそ・・・。

突っ込む、巻かれる、

突っ込む、巻かれる・・・。

―――

たかだか胸で何を怖がってる。

ちょっと前まで何も考えずに乗れてた波に、

つい気持ちが後ろ向きになる悲しさ。

巻かれるのを怖がってたら始まらない。

組み手だって何だって、

失敗を考えたら何にも出来ない。

―――

そんな事を自分に言い聞かせながらの2時間。

明日こそ、

と思いつつ、

明日は波無しかも・・・。

| | コメント (0)

悲しさ・・・

2012423日(月)

P1010002

5時半起床、雨。

低気圧接近につれてうねりが上がり50㎝台。

これからもっと上がる様相で、

朝食抜きでGo

海岸に着いたところで東から帰ってきた先輩が

「胸!!!」。

もちろん自転車を漕いで東へ東へ・・・。

―――

到着!

サイズ胸で飛び込む。

波が来る。

パドルする。

波の乗る。

立つ・・・。

へへ、今日も立てる。

―――

しかし、

一時間半で肩が痛くなって終了。

まあ、まだリハビリの最中だからな、

終了。

―――

茅ヶ崎に戻ると出来てるところがあるってんで、

再び飛び込む。

こちらは皆さん顔見知りで一安心。

ところが3月のブランクか筋力が落ちて、

パドルがきつい。

結局一時間入って2本で終了。

それでも満足な合計2時間半。

―――

帰って風呂に入って

「ビューティフル ライフ」なんぞと叫んで、

連れ合いの失笑。

久しぶりに軒先にウエット干し。

―――

about 太気拳

洒落た事を小耳に挟む。

「結局走るより、歩いたほうが早く着く」。

20年近く一緒に稽古している、

もう弟子と言うより弟弟子の台詞。

足元を踏み固めながら少しずつ進む。

気がつくと遠くに来ている。

何時どんな風に出発したのかも、

もう定かではない。

振り返るより、

今とこれからを見据える。

―――

強くても、

強く生きられない人生があって、

弱くても、

強く生きる人生があって。

今だけでも足りなくて、

これからだけでも不十分で、

今とこれからの両方を見るのが志。

―――

おお、これは波乗りの極意かも・・・。

と、判っても出来ない悲しさ・・・。

| | コメント (0)

手袋が欲しい・・・

2012422日(日)

P1010006

5時起床、曇り。

良く寝た良く寝た。

昨日の睡眠不足を取り戻してお釣りが来るくらい。

一応はうねりチェックで30cm台。

朝一サーフィンの時間が十分、

と思ったが波はそう行かず。

―――

海岸偵察はやはり波無しですが、

数字以上には何とはなしにうねりの筋。

低気圧の影響は出始めてるんでしょうか。

それにしても今朝は寒い。

自転車を漕ぎながら手袋が欲しい・・・。P1010005

―――

about 太気拳

此処のところは低い禅が面白い。

低くすると長く組めない。

疲れたらちょっと休んでまた低く組む。

背中を汗が伝う。

膝を緩めて低く組めば、

腰が眼を醒ます。

それを失わないように少しずつ動く。

消える。

もう一度呼び戻す。

その繰り返し。

| | コメント (0)

月曜日かな・・・

2012421日(土)

P1010005

6時起床、曇り。

夜中に目覚めて読書したおかげで、

若干寝不足気味。

海岸散歩では、

鵠沼帰りの先輩曰く「激戦区でした・・・」。

茅ヶ崎はほとんどうねり無し。P1010003

ちょっと肌寒いですが、

気持ちのいい朝。

波乗りはあさっての月曜日かな・・・。

| | コメント (0)

なんて事を・・・

2012420日(金)

P1010004

まったりと、

と言う雰囲気でしばらく禅。

公園を歩き回りながら、

気が向くと禅を組んで、

またうろうろ歩きまわる。

稽古して得たもの。

そして、

稽古して失ったもの。

そんな事を考える。

稽古して得るものと、

気がつくと無くしてしまったもの。

失ったものには気がつかないのかもしれない。

時間が教えてくれるものと、

時間と共に失われてしまうもの。

P1010005 その量と質のどちらが大事なんだろう、

なんて事を・・・。

| | コメント (0)

充実感・・・

2012419日(木)

P1010002

7時半起床、晴れ。

うねりは30cmで知らん振り。

まあ、のんびりと時間を過ごす。

―――

禅を少し変えただけで腿の張り。

張りを楽しんでちょっと禅。

のつもりが気付くと一時間。

禅を組むから楽しいんじゃなくて、

楽しいから禅を組む。

足元がミシッと充実感。

| | コメント (0)

語れない・・・

2012418日(水)

P1010004

どうも階下がやかましい。

そう思って時計を見ると七時。

よく寝たもんだ、

と居間に下りるとガヤガヤと朝食の真っ最中。

母の耳が遠いので、

話し声のテンションが上がり気味。

―――

のんびりしてから海岸偵察。

場所によっては出来てるようですが、

レスキューのメンバーが、

なんとまあ、

海パン一丁・・・。

いくら陽射しが暖かいと言ってもやりすぎ。P1010005

―――

帰ってから新車の試運転。

連れ合いと母の三人で快調に。

もっとも、

新車と言っても母専用の車椅子。

これで散歩の範囲も少し広がる。

―――

about 太気拳

教えられた事。

見つけたこと。

そういった事を時には全て忘れる。

こう思うとか、

ああ思うとか、

そうに決まってる、

と言った事を全て放り投げる。

投げ捨ててただ禅を組む。

知識も経験も綺麗さっぱりとおさらばして、

生まれて初めて禅を組むように、

驚きをもって自分と向き合う。

―――

これはこうする、

このときはこれに注意する。

そんな理屈なんかいらない。

理屈で武術が出来てるわけじゃないし、

人間が理屈で生まれた訳じゃない。

理屈や論理なんてものは所詮後知恵。

―――

そうして禅を組んで見ると、

どれだけ様々なものに自分が毒され、

回り道をし、

人の知恵を自分の知恵と勘違いしていたのか、

がよく判る。

―――

人は考える。

もちろん言葉で。

しかし、

太気拳は言葉ではない。

言葉で考えて生まれたものじゃない。

人の核のようなものを掬い取る。

掬い取るとは、

感じ取るだ。

言葉では語れない・・・。

だから禅を組む。

どう組むかを感じ取る。

| | コメント (0)

わからない・・・

2012417日(火)

P1010005

5時起床、小雨。

お茶を飲んでから偵察行。

うっすらとうねりはあるものの、

波乗りとはいかず海岸散歩。

雨も上がりいつもの腕立てと自転車漕ぎを4セット。

―――

なんていうことのない一日の始まり。

というのは簡単ですが、

なんていうことのない一日なんてあるんだろうか、

と自問。

今日生きてるということを噛みしめる。P1010009

―――

散歩しながら腹が減る。

腹が減る、喉が渇く。

この欠乏感が生きていくエネルギー。

満ち足りたい、充足したいと思うのは当たり前だけど、

満足や充足は生きていく力にはならない。

足りない、欠落、欠乏・・・。

それらを満たそうとするから生きていくのが面白い。

―――

武術も波乗りも足りないからこそ面白い。

金は・・・、

有った事がないからわからない・・・。

| | コメント (0)

初心者マーク・・・

2012416日(月)

P1010004

5時起床、曇り。

うねりは50㎝台。

まあ、あんまり希望を持たずに海岸偵察。

―――

春霞が掛かったようで、

江ノ島も霞む。

太陽もおぼろげ。

全ての輪郭が緩んでいる。

波も同じくゆる~くうねるのみ。

ゆ~ったりとした朝の一時。P1010011

―――

帰りに桜の散った公園で暫く禅。

気持ちを引き締める。

身体は緩める。

気持ちを緩めて、

身体を緩めるのは誰でも出来る。

大事なのは、

気持ちが引き締まって、

尚且つ身体が緩む事。

忘我無恐が求めるところで、

その上で身体が緩んで変化に対応する。

―――

禅で緩めるのは、

緩める事で全身の協調を見つけるため。

その上で事に望んでは忘我無恐。

―――

語るは安く、

行なうは難し。

一度出来たから次も出来るって訳でもない。

毎度毎度の初心者マーク・・・。

| | コメント (0)

半袖で・・・

2012415日(日)

P1010003

夜中の3時にトイレに起きる。

ついでにうねりチェックは20cm台。

寝坊するか、

と二度寝で起きたのが6時半。

寝すぎるくらいに寝て、

爽やかに起床。

―――

海岸偵察ものんびりムード。

春、春、春、の伸びやかな空気が充満。

桜の花びらが道路に散り、

鮮やかな道路をペダルを漕ぐ。P1010001

気持ち良い日で、

今日は半袖で稽古しても良いくらいです。

| | コメント (0)

花冷え・・・

2012414日(土)

P1010006

6時起床、雨。

此処のところ週末になると雨。

今日あたりまで花見の予定してた人が多いんだろうな。

予報では一日雨。

気温もぐっと下がって花冷えの朝。

―――

母のディケア初日。

送り出してひとまずホッと一息。

八十八歳の母を見ながら、

人の一生を考える。

生れ落ちて育てられ、

ひとり立ちして今度は育てる側に回り、

さて、

その後に何が来るのか。

―――

ドアを開けざまに「生」と叫び、

「死」とつぶやいてドアを閉める。P1010003

―――

死は誰にでも公平に来る。

でも、できることなら、

生きてきた道のりを思い返す時間が少しだけ欲しい。

―――

ああ、生きてきたな~、

いろんな事があったな~、

さよなら・・。

―――

そんなのがいいな、と思う。

―――

about 太気拳

波乗り復帰と同時に推手復帰。

稽古でやっと人並みに推手が出来るようになった。

長くやると痛みが来るので短時間だけ。

それでも長足の進歩、

と言う事にしておく。

―――

気持ちを前に押し出す。

その事に重点を置いて禅を組む。

気分は身体で作る。

身体が前に向くと気分が前に出る。

身体で気分を作り、

気分で身体を押し出す相乗効果。

最後に気分に乗り遅れないために技術。

| | コメント (0)

感動再び・・・

2012413日(金)

P1010001

春の陽射し。

春の風。

海岸偵察もサンダル履き。

―――

波乗り再開で、

何が楽しいって、

板の上に立てるだけで嬉しい。

立つだけで何が出来るわけじゃないですが、

板が波に乗って、

その上に立っている。

ただそれだけで今は満足。

初心者に毛が生えた程度の実力が、

再び毛が抜けて初心者に逆戻り。

それでも十分。

立てた~!

また立てた~!

―――

感動再び、

って奴ですね。

| | コメント (0)

幸せ・・・

2012412日(木)

P1010015

一旦3時半に起床。

まずはうねりチェックは2m。

急ぐこと無しとの判断で二度寝。

再び起きたのが6時。

居間に下りると全員集合。

がやがやとホームドラマ並みに六人で朝食。

―――

まずは偵察。

海岸に着く前に出会った先輩が、

「ま、良いんじゃないですか・・・」。

サイズは胸位ですが、

満潮で厚めの波。P1010016

―――

しばらく見学してから着替えてGO!

ぎこちないものの、

波乗りの楽しさをやっと思い出しました。

この三ヶ月は長かったけど、

ああ、幸せ・・・。

| | コメント (0)

早朝狙い・・・

2012411日(水)

P1010001

5時起床、曇り。

うねりは30センチ台で希望なし。

あわてず騒がずにのんびりと朝食を摂ってから海岸偵察。

勿論波はなくさわさわと南風。

ランニング中の先輩と立ち話。

ポイントの情報交換。

茅ヶ崎は砂地なので地形の変化が激しい。

この情報交換は欠かせない。

―――

お決まりの腕立てとベンチサーフィンをやっていると、

徐々に風が強くなり、

風上に向かって眼を開けていられなくなって退散。

波乗りは明日の早朝狙い・・・。

―――

Sn3d2360 about 太気拳

低く禅を組むと疲れる。

当たり前。

でも、どこに負担が来るのか、

が問題。

かなり低くしても膝の負担が無いように立つ。

膝は下半身の中で一番負担がかかりやすく、

にもかかわらず脆い。

そこに負担がかかるような状態では、

腰や腹の力を受け止められない。

間接の引き合う力を求めていかないと、

そのうちに膝を壊す。

―――

負担のかからない立ち方を見つけるためにも、

腰を落として禅を組む。

―――

禅を長く組めばそれでいいという訳じゃない。

長く組まなければ見えてこないものがある。

長く組まなければ工夫の必要性があらわれない。

「必要は発明の母」と言う諺がある。

必要とされないものは、

見いだされることなく、

埋もれ続ける。

―――

稽古で辛いものもある。

辛いからこそ、

どうすれば辛くなくなるか、

が発見の源。

―――

辛いから高く組む、

を発見とは言わない。

工夫とも言わない。

―――

それで良しとするならそれも良し。

―――

人は嘘をつく。

人は誤魔化す。

それも良し。

嘘や誤魔化しは人の習いだ。

―――

しかし、

自分に対してだけは、

嘘も誤魔化しもつき通せない。

だって、

本当は知ってるからだ。P1010002

| | コメント (0)

始動・・・

2012410日(火)

P1010001

4時半起床、晴れ。

昨日の風に夜うねりは大幅にダウン傾向。

まずは、

と明るくなるのを待ってから海岸偵察。

ダウン傾向ではあるものの、

それでも少しは出来そうな雰囲気。

大急ぎで帰って仕度。

―――

先日は西が良かったんで、

キコキコと自転車を漕いで到着。

海は無人、

で波は無し・・・。

今度は改めて東に走ること20分。

やっとポイントを決める。

サイズは腿たまに腰のインサイド・ブレイク。

一時間ほどで、やっと波乗りを思い出した。P1010004

―――

テイクオフの問題点は「溜め」だった。

手を付く位置でも、

筋力の衰えでもなく、

板が走り出すまで待つという溜めが不足。

思い出してみればどうということはない。

でも、判らない時は、

何処がどう悪いのか見当が付きにくい。

あそこか、

此処か、

それとも・・・。

―――

なんでもそうだが、

思ったところとはまるで違うところに問題点。

さあ、これから春に向けて波乗り始動・・・。

一呼吸遅れて推手始動できるか・・・。

| | コメント (0)

次回もよろしく・・・

201249日(月)

P1010001

5時起床、晴れ。

毎年お花見の次の朝は二日酔い。

それが今年は無し。

なんとお花見で一滴のお酒も飲まずに終了。

まあ、車の運転があるから当たり前ですが。

素面でのお花見もそれはそれで楽しかった。

朝食後にすっきりとした気分で海岸散歩。

南風がさわさわ吹くだけで、

波はほとんど無し。

春の到来・・・。

―――

about 太気拳

P1010002 交流会は中道会の鹿志村先生の逆手の講習から・・・。

まあ鹿志村先生の抽斗の多彩な事に感心。

そんなに一遍にやったって、

消化はできまいに、

と言うくらいの大盤振る舞い。

今頃消化不良で混乱してるかも。

―――

みんなの組み手を見てると、

こちらが手を出したくなる。

遅い!

違う!

今!

そんなで身体が反応する。

だから見ていても結構疲れる。

傍目八目で、

見るとやるとは大違い。

言うように出来たら文句はない。

―――

キャリアって言うのは伊達じゃない。

そう思いました。

古株がそれなりに締まってきた気もする。

それでも更にその上に行こう。

そう思う。

―――

島田先生の「名人を最低レベルとして上を目指す」を噛みしめる。P1010005

―――

拳学研究会、気功会、中道会、そして太気会の皆さん、

また次回もよろしく・・・。

| | コメント (0)

交流会&お花見・・・

201248日(日)

P1010005

5時起床、曇り。

うねりは40cm台。

今朝は波があっても無くても心動かず。

交流会に向けての準備。

と言っても、

やるのはバーベキューの諸々を車に積み込むだけ。

準備は良いけど、

明日の片づけが大変。

―――

朝食前に偵察行。

海岸に着くと江ノ島がくっきり。

空気が澄んで気持ちのいい朝。

雲が切れて快晴の予感。

いつもの時間にいつもの人にいつもの所でお会いする。

そんな朝の一時。

お決まりの腕立て4セット。P1010011

―――

about 太気拳

今日は春の交流会&お花見。

一人でやらないと見えてこないものがある。

何かを自分の身のうちに育てるのは孤独な作業。

でも、

一人では出来ないものもある。

P1010014 人と触れ合って、

自分とは違う世界を感じる。

そこを出発点にして、

また一人で自分に向かい合う。

島田先生、佐藤先生そして鹿志村先生と会うのも楽しみですが、

弟子の皆さんと会うのも楽しみです。

| | コメント (0)

ストレス・・・

201247日(土)

P1010005

5時半起床、晴れ。

気持ちのいい朝の陽射しの中、

自転車を漕ぐ楽しさ。

ママチャリでも爽快な気分になるんだから、

これがレーサーだったらもっと気分が良いんでしょうが、

そんな比較は無し。

顔を吹き抜ける風も冷たいが、

気分をしゃきっとさせるのにちょうど良いくらい。

―――

うねりはあるものの、

今のところ波乗りは無理。

それでもスタンダップが一名朝連。

桜だけでなく、

いろんな花も咲き始めて春・・・。

―――

昨日の稽古でほんの少しだけ推手。

相手をしてもらった弟子には申し訳ないが、

何となくふわふわした感じ。

一人で稽古してても、

やはり対人練習はまた別、

と言うのがよく判る。

―――

相手がいると言うストレス。

肩も一人でやるときは動かさない角度になったりする。

自分では気がつかないところに気付かされる。

相手に感謝。P1010006

―――

一人でやっていて見えないところは無いことになる。

それが対人では露わになる。

推手に限らず、

組み手に限らず、

ストレスが成長させる。

ストレスを乗り越えるのを楽しむ。

―――

仕事をしないとボケる。

ストレスが無いからボケる。

稽古しないと弱くなる。

ストレスが無いから弱くなる。

―――

でも、波乗りでは、

人のストレスは御免蒙りたい。

波それ自体が多分ストレス・・・。

| | コメント (0)

勇気を出して・・・

201246日(金)

P1010001

3時半起床、曇り。

昨日の風が夜半に北風に転換。

待ってました、待ってました。

連日の強風で上がった波がこの風で整う。

波乗りには絶好の日和。

うねりの数字は60cm台と低いものの、

今朝は数字よりも経験重視。

―――

夜明けを待って自転車にまたがって・・・。

あれ!!!

無い・・・。

こんなはずは、と東に走ること10分。

やはり無い。

ここで頭を切り替えて逆走。

西に向かってポイント発見。

サイズは腹からたまに胸。P1010003

―――

入っているのは3人。

ローカルの間に入るのはちょっと気が引けるな、

と思うものの、

そこしかないんで勇気を出して・・・。

と、入ってみたら御三人とも顔見知り。

ほっとして一時間半。

不調は相変わらずですが、

何となく復調の兆しあり・・・。

―――

さて、これから一休みしてから母を病院に。

その後はディ・ケアの面談。

それに日曜日の交流会の準備。

結構忙しい。

| | コメント (0)

いいのかも・・・

201245日(木)

P1010014

5時半起床、曇り。

今朝も相変わらずの強風。

うねりは1m超ですが、

西風も15mを超えて波はガタガタ。

それでも元気にお茶飲んでから海岸偵察。

―――

風が舞い砂が飛ぶ。

サーファーは一名のみ。

サイズは腰から腹くらいですが、

乗れてません。

ご苦労様です・・・。

―――

海岸では何も出来ない、

といつもの公園で暫く禅組んで身体ほぐして、

おまけにベンチで腕立て3セット。

―――

テレビでは気温も上昇でお花見日和との事。

この強風で???と思ったんですが、

東京は風が1m前後。

なるほど・・・。P1010017

―――

此処のところの楽しみは減塩食品探し。

調味料は減塩醤油当たり前で、

ソースにケチャップ、

マヨネーズに減塩塩。

食品では、まず第一にナトリウム量を見て塩分換算。

いろんな食品のいろんな塩分みてると面白い。

母の分だけ作るのも面倒なので、

気がついたら家族全員が低塩分食。

これはこれでいいのかも・・・。

| | コメント (0)

ぐちゃぐちゃ・・・

201244日(水)

P1010009

嵐の過ぎ去った朝。

布団の中で眼を醒ましたのが4時半。

小一時間じっと風に耳を澄ます。

日の出を待って海岸偵察。

データではうねりが2mから3m。

風は西風で波はぐちゃぐちゃ。

約一名ボディ・ボード抱えて飛び込んでいきました。

今日は出来るとしても午後くらいかな~。P1010004

―――

昨日は電車も止まる気配で稽古は中止。

板に書き込むと途端に東海道線ストップ。

今回の低気圧は台風並みで、

なんで台風じゃないかと言うと、

発生場所が台風の定義と違うかららしい。

南シナ海や北西太平洋で発生しないと名前がつかない。

今回は日本海台風だな。

| | コメント (0)

新しい楽しみかも・・・

201243日(火)

P1010001_2 

6時起床、晴れ。

うねり30cmで問題外。

それでも海岸は気持ち良し。

南風がざわついていて、

嵐予報の前触れの雰囲気。

―――

帰ってから朝食。

此処のところ母の塩分管理食事に留意。

それなりに夫婦して面白がりながらの挑戦。

ああじゃない、

こうじゃない、

と新鮮な食卓。

気がつくと全員が塩分控えめ。P1010011

―――^

スーパーで買いもしない食品の塩分量の比較。

これも新しい楽しみかも・・・。

しかし、

塩分50パーセント・カットの塩には感心。

| | コメント (0)

いとをかし・・・

201242日(月)

P1010001

5時起床、晴れ。

昨日の風の影響で、

ひょっとすると波乗りが・・・。

と思いながらうねりチェックは30cm台、がっくり・・・。

気を取り直して偵察行。

やはりデータは間違いないようで、

僅かなうねりがあるのみ。

―――

砂浜を歩いていると、

同病相哀れむ先輩と遭遇。

同時期に六十肩で話が合う。

回復傾向も同じでお互いに励ましあう。

―――

帰りに公園で禅を組もうと寄り道。

此処の桜は早咲きで、

梅の花を背景に桜。

P1010004 うめとさくらの おなじくさきたるは

いとをかし・・・。

―――

about 太気拳

ちょっとした工夫が大きな違いを作る。

これは何でも同じ。

組み手のときに、

ぎりぎりの間合いで一呼吸、

ほんの一呼吸分我慢する。

行くか戻るかの瀬戸際に一呼吸留まる。

そこで相手を見ることが出来るかどうか。

そこで見取るのは相手の呼吸、気持ちの変化。

その瞬間に相手の思いを感じ取る。

迷いが有るか無いか、

気持ちが前に向いているか、

それとも後ろか。

相手の気持ちの動く機微を飲み込む。P1010008

―――

塩梅・機微・陰翳・加減。

こういった微妙な部分を掬い取るのが組み手の稽古だと思う。

形でも姿でもないし、

もちろん技でもなんでもない。

やっぱり、

要するに、

匙加減か・・・。

やっぱり、

ここが、

いとをかし・・・。

| | コメント (0)

此処は何処だ・・・

201241日(日)

P1010001

気がついたら朝。

ぐっすりと寝て此処は何処だ、

と一瞬戸惑う。

うねりは1m超。

風も変わっていい具合だろうな、

と思いつつのんびり朝食。

―――

快晴無風と言う絶好の波乗り日和。

ついでに日曜なんでそこそこの人出。

本日は見学のみの天野でした。P1010015

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »