« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

もう一度・・・

2012731日(火)

P1010001

夜中の2時に布団の中でうねりチェックは80cm台。

四時起床、四時起床と呪文を唱えて二度寝。

ところが起き出したのが5時半。

しまった、と慌てて着替えて海。

さて、入るか、

と思ったらリーシュ忘れ。

流石にこの波でノー・リーシュはルール違反。

慌てて取りに戻って・・・。

―――

サイズは腰から腹で厚め。

それでも楽しく1時間。

まずは小手調べの朝一サーフィン。

しばらく休んでからもう一度・・・。P1010002

| | コメント (0)

鳥肌が立つ・・・

2012730日(月)

P1010002

4時半起床、晴れ。

うねりは50cm台南風。

今朝の波乗りは無し。

朝食までゴロゴロ、

と思ったんですが朝陽に誘われて海岸。

波は殆ど無しで、

海面がざわつく程度。

何人か上手い人が入ってましたが、

テイク・オフで終わりの波。

昨日の疲れを取るつもりで見物のみ。

デッキの見晴台で大の字になって伸びをする。

起き抜けには残っていると感じられた疲労感も、

陽が昇ると共に消えていく。

これなら午後の稽古も気持ちよく出来そう。P1010001

―――

about 太気拳

太気拳のもって行き所。

それはどこかを考える。

「太気拳は気と気分」の言葉を思い出す。

詰まるところ、

気持ちの回転数とも言うべきものを上げる。

そこに尽きる。

どんなに稽古しても、

結局のところ、

気持ちが身体を動かしていくわけで、

いくら身体が動くようになっても、

気持ちの回転数が変わらなければ何時まで経っても普通の人。

「意」と言い「気と気分」と言い、

結局は心の働きに迫ることが最後の一手。

P1010006 心の回転数。

気持ちの沸点。

身体が引き出す心の変化は、

時に呼吸であり、

中心に収斂する力であり、

表情でもある。

全身に鳥肌が立つ・・・、

そんな感覚に驚かされる。

| | コメント (0)

ガサゴソ・・・

2012729日(日)

P1010012

4時半起床、晴れ。

お茶の準備をしていると、

風呂場でガサゴソ・・・。

何かと思うと、

娘が水着に着替えて登場。

そういえば、

昨夜「明日は朝一から海だぞ」といったような気が・・・。

うねりは40㎝台で多少なら出来そう。

日曜日に付き、

混雑前に初心者トレーニング。

―――

日の出を見ながらの朝一波乗り。

娘の介添えでまるで波には乗れませんでしたが、

それでも朝の海は気持ちよし。

―――

今日は月一の太気拳基礎講座。

今日のテーマは上下の力と横の変化。

さ、ひと休みしてからGo!

| | コメント (0)

立った~!!!

2012728日(土)

5時起床、晴れ。

お、うねりは50cm台でちょっと良し。

約束どおりに娘を起こして、

本日はlesson 2・・・。

サイズはたまに腿。

波が来る、

娘のボードを押す。

走り出した板の上で立つ、

立った~!!!

三回ほど立てて笑顔で終了。

何故か一本は横に走った。

―――

いつもの皆さん!

初心者マークをよろしく&

お邪魔しました。

またよろしく・・・。

―――

自分では一本も乗れてないけど、

結構楽しかった。

さあ、元気にこれから稽古・・・。

―――

で、今朝は写真忘れと言うことで・・・。

| | コメント (0)

たぶん・・・

2012727日(金)

P1010009

4時起床、晴れ。

今日も暑くなりそうなので、

陽の上る前に海岸でしばらく禅。

勿論波は今日も無し。

―――

娘の海デビュー!

と思ったが勿論波は無い。

それでも行くか、

と、とりあえずはパドルトレーニング。

波は無くても海に入ればそれはそれで気持ちよし。

海水浴気分でした。

―――

about 太気拳

351020年。

20年やって駄目ならあきらめなさい。

先生の言葉・・・。

つまりは20年やって気付けないようなら、

30年やっても同じこと。

稽古の中で見出す様々な事共。

P1010010 それらの何処に眼を向けて行くのか。

誰でも稽古していれば見えてくるものがあって、

しかしながら、

それが何であるのか、

の眼の付け所で駄目じゃそうでないかの分かれ道になる。

たぶん・・・、

大事なことは、

あまりに当たり前すぎるからかもしれない。P1010011

| | コメント (0)

もって瞑すべし・・・

2012726日(木)

P1010001

夏本番・・・。

暑い暑い暑い。

と何回繰り返しても気温は変わらず。

うねりは相変わらず30cm台で希望なし。

―――

P1010004 それでも今日は忙しかった。

波乗り挑戦の娘の買い物。

買い物は水着にトランクスとラッシュ。

それだけなのに茅ヶ崎・藤沢・大船・鎌倉。

なんでこれくらいのことで5時間も・・・。

ああ、波乗りなんて進めるんじゃなかった。

―――

後悔先に立たず。

もって瞑すべし。P1010005

| | コメント (0)

見事・・・

2012725日(水)

P1010004

5時半起床、晴れ。

お茶を飲みながら新聞読んで・・・。

織り込みチラシを見ると、

そこらじゅうにウナギ・鰻・うなぎ。

土用の丑が明後日。

母曰く、

昔は鰻じゃなくて鯰を随分食べたんだけど、

いつから食べなくなったんだろう・・・。

確かに世界では鰻じゃなくて鯰が常食だよな。

―――

そんなこんなを話ながらうねりチェックは30cm台。

ああ、今日も希望なし。

唯一の希望はフィリピンの東側に熱帯低気圧発生の可能性有りとのこと。

これは多分台風になりそうな、

と単なる期待・・・。

―――

朝食後に海岸散歩。

陽射しがきつい。

海水浴場まで足を伸ばしてみたが、

流石に海水浴には時間が早いのか、

ほんの数人が海に浮かぶ程度。

勿論サーファーの影は無し。

―――

About 太気拳

P1010009 柔道やレスリングをやっていれば大抵は判るんだけど、

組み合った瞬間に相手の強さがわかる。

これならいけそうだ、

とか、

これはかないそうにない。

それが組み合った感触で判る。

強さというのはそういうものだ。

確かに技が切れるとか、

力が強いとかいったものもある。

しかし、それ以上に触れた瞬間に身体に響く強さというものがある。

―――

それが根幹の力だと思う。

禅で培かうもののひとつにそれがある。

ここにいる強さとも言える。

総てはその上に積み重ねる。

不思議なことに、

これがある人は、

自分に何故それが身に付いたか記憶がない。

逆にない人は、

それがあることにすら気づかない。

だから自然発生的に、

貴方任せになってしまうのが普通だ。

それを基盤に据える体系自体が稀有だ、

と思う。

以前柔道家に聞いたところ、

そんな練習はない、

と言った。

つまりは、

強くなる奴しか強くなれない、

と言うことになる。

稽古をして、

自然に身に付く奴は身に付けるし、

そうじゃなければそれだけのこと。

―――

芸能の立ち姿。P1010011

前後左右からワイヤーで引かれるように、

と言うが、

これも多分同じ根幹の力を意味してるんじゃないか、

と思う。

―――

美しいと言うこと。

強いと言うこと。

潔いと言うこと。

ひっくるめて「見事」・・・。

―――

「見事」に生きたいもんだな。

| | コメント (0)

あああ!!!

2012724日(火)

P1010003

6時起床、晴れ。

うねりは30cm台、

期待はしてなかったんですが、

それでもガックリ。

―――

テレビを見ているとニュース速報が・・・。

また地震か、とドキッとしたがそうではなかった。

マリナーズのイチローのヤンキース移籍。

―――

朝食後に海岸。

曇り空に霞がかかったようで水平線もあやふや。

空と海の境界もなく、

灰色の海がそのまま空に消えていく。

海に浮かんでいるのはSUPのみ。

あああ!!!!

波乗りしたい・・・。

| | コメント (0)

乙女心と秋の空・・・

2012723日(月)

P1010001

5時半起床、久しぶりの晴れ間。

しかしながらうねりは30cm台・・・。

朝食前に海岸偵察に行くと、

思いのほかうねりがある。

満潮でうねりのみですが、

この分だと引き始めればいけるんじゃないか、と期待。

―――

しばらくのんびりしてから着替えて海に向かったのが9時過ぎ。

茅ヶ崎は相変わらずうねりのみなので、

東に走れば、と20分。

確かにできないことは無いが・・・。

この波でこの混雑・・・。

しばらく皆さんの奮闘振りを見てあきらめて帰る事にしました。P1010003

―――

午後はスポーツショップ巡り。

目的は女性の水着!?!?

―――

なんと下の娘が波乗りをやる、とのこと。

そこで、水着を買ってと言う次第で、

まずは値段調べでショップ巡りという訳。

(しかし、水着売り場をおじさん一人でうろつくのは結構勇気がいる)

―――

高校生の娘と一緒に波乗りするなんて、

世の中のお父さんにとって夢のような話。

この機を逃してなるものか、

と一人で気合を入れた夏の一日。

ほっぺたと同じで、

財布の紐も思わず緩んで、

果たしてどうなりますか・・・。

何と言っても、

乙女心と秋の空・・・

| | コメント (0)

有るのか無いのか・・・

2012722日(日)

P1010018

相変わらずの肌寒さ。

夜中の雨は上がったものの、

どんよりとした空模様。

うねりは20cmから30cm台をうろうろ。

この先一週間の予想天気図を見ても、

特に期待を持てそうも無い。

台風8号は全く影響の無い方向にぶらり・・・。

しばらくはのんびりと波乗りは骨休め。

―――

しかし、この歳になって身体をどのようにすれば休められるか、

に気づいた。

とにかく寝ること(当たり前か・・・)。

火曜日に風邪気味と感じてからひたすら寝た。

暇があると寝る。

布団の上に転がって、

本を読む。

眠くなると寝る。

起きてまた本を読んで、

読みながら寝る。

退屈したまま、

退屈を楽しむ。

夜も殆ど酒は飲まない。

稽古して帰って、

そのまま寝る。

3日すると驚くほど元気になった。

疲れをどこにも感じない。

いつも腰や背中、あるいは肩に張りがあったのが無くなった。

なるほど、

疲れはこうやれば取れるのか。

―――

P1010021 還暦を越えて一つ利口になった・・・。

―――

about 太気拳

つくづく稽古で感じる。

根幹の力ということ。

何をどうやるなんてことを考えても、

根幹に力がなければどうしようもない。

そこにどのようにして力を得るか。

それが無い動きは、

単なる動き・・・。

禅でそれを感じられなければ、

感じ取れるまで組む。

それしかない。

根幹の力の無いところで、

何を工夫しても、

所詮は、

それが無いところでのものでしかない。

―――

はてさて、

それが自分に十分に有るのか無いのか・・・。

| | コメント (0)

簡単なはずなのに・・・

2012721日(土)

P1010013

5時半起床、雨。

梅雨に逆戻り、

では無くて、

実は梅雨明けしてなかった、

と、気象庁が言いそうな

何ちゃって梅雨明け。

先日の猛暑は梅雨に晴れ間だったに違いない。

おかげで中途半端に干した梅干。

あと一日陽が出てくれれば仕上がるんですが、

と連れ合いと困惑。

はてさてどうしたものか・・・。

―――

うねりは30cm台でこちらも希望は無し。

暫くは波無しが続きそうな天気図。

ともあれ、まずは海岸偵察。

思ったとおりにまったいらな海。

静かな静かな海面をカヌーが滑るように進む。

デッキではイベントの準備。P1010015

―――

about 太気拳

驚きや発見は、

無意識から浮かび上がってきた身体の自然。

身体の当たり前、自然に無頓着な日常。

稽古はそれを意識と言う俎板に載せる。

禅を組む、這う、練る。

その中で当たり前を引きずり出す。

無意識と言う当たり前を引きずり出して、

意識と言う俎板に乗せる。

無意識の当たり前に意識でヤスリをかける。

磨く・・・。

そして再び無意識と言う闇に返す。

闇に戻してこそ光りを取り戻す。

―――

P1010014 語られないところを語り、

再び語れないところに返す。

そんな気がする。

―――

無いものは無い。

しかし、

在るものは在る。

無いと思っていたものが実はあり、

あると思ったものが幻影だったり。

―――

在るものを在るとし、

無いものを無いとする。

そんな簡単な事も稽古しないと見えてこない。

人ってものは結構愚かだ・・・。

―――

ここに在りもしない幻影を見たり、

そこに在るものから眼をそらせたり・・・。

あるがまま、

の言葉が一番難しい。

一番簡単なはずなのに・・・。

| | コメント (0)

エンジン快調・・・

2012720日(金)

P1010006

5時起床、曇り。

肌寒い夜だった。

タオルケットを身体に巻きつけて、

それでも寒くて丸まって朝を迎える。

風が北に変わって、

うねりは30cmから40cm台。P1010002

―――

それでも海岸では、

子供たちは元気に砂浜で朝練。

大人は海でSUPの練習。

P1010005 夏は朝からエンジン快調です。

| | コメント (0)

初心者と同じ・・・

2012719日(木)

P1010008 

6時起床、晴れ。

うねりは40㎝台南風弱。

ま、急ぐこと無し。

しかし、再び波無し湘南が幕開け。

―――

朝一の仕事は梅干の土用干し。

ひと月ほど前に漬けた実家の梅。

樽から取り出してざるの上に。

減塩生活と言いながら梅干とは、

とは思うもののこれも季節の仕事。

漬けた時点での梅の熟成度で硬さが違うのが面白い。

今年の梅は大きくて柔らかい。

塩分15%だったのを今年は12%。

P1010004_2 食べてみるとやはりまろやか。

―――

のんびりしてから海岸偵察。

サイズは膝からたまに腿。

たまにはこんな波でロングもいいか、

と着替えて再び海。

なれないロングで、

皆さんにいろいろからかわれながらも一時間半。

海水浴気分で結構楽しかった。

しかし、ロングだと波に乗っても何をしたらいいのか判らない。

初めて組み手をやった初心者と同じ・・・。

| | コメント (0)

潤いを・・・

2012718日(水)

P1010003

4時起床、曇り。

うねりは70cm台北東の風1.4m。

コンディション良し、

と着替えて海岸へ。

東の空が明らんでくるのを海の上から眺める。

いつもの皆さんも続々登場。

サイズは腹からたまに胸。

しかし、入ってから小一時間すると、

急にサイズが下がって波が取れなくなる。

結局2時間で終了。

連日の風で今日こそは、

と勇んだ割にはすぐ終わった・・・。

―――

しかし、急に暑くなったせいか、

昨日は体調を崩した。

熱っぽい感じで身体がだるかった。

だるいと歩調もしゃっきりと行かない。

これはいかん、

と帰宅後に酒も飲まずにバタンギュウ・・・。

これが良かったのか復調。

―――

風邪を引くのも年に一回あるかないか。

かえって身体を気遣わなくなるのは考え物。

太気拳も波乗りも健康一番。

できるところまで楽しみ続けるぞ。

―――

「するめ」

とうとう

やじるしになって

きいている

うみは

あちらですかと・・・

     まど みちお

―――

心にも潤いを・・・。

| | コメント (0)

頂けません・・・

2012717日(火)

P1010005

5時起床、晴れ。

頭の芯に酒かすがこびり付いている。

ともあれ起き抜けに麦茶をがぶっ。

うねりは70cm台で風は南西。

今朝も風波で意気阻喪。

今夕には九州接近予想の熱低、

と思っていたら台風に。P1010003

場合によってそのうねりが入る。

とは言え、

高気圧がっデンと居座って動かない。

―――

海岸偵察に行くと、

ウインド・サーファー氏。

流石に一週間吹き続くと飽きますとの事でした。

別の先輩曰く、

この南風でカツオノエボシが来てるとの事。

これだけは頂けません・・・。

―――

富士山を見上げると殆ど雪が消えて、

山襞に僅かに残る程度。

| | コメント (0)

楽しさよ・・・

本日は実にさまざまなことあり。

一つとして                                                                             語りきれること無し。

とは言いつつ、

甥姪の顔を見る楽しさよ。    

                                                                                                                                              

| | コメント (0)

サーフィン教室・・・

2012715日(日)

P1010020

6時起床、曇り。

うねりは70cm台で昨日に引き続いて南風。

海岸を見ると、

流石に連休の中日。

子供たちのサーフィン教室もあるし、

バーベキューを準備する方々もいて・・・。

勿論天野は今朝もノー・サーフです。P1010018

| | コメント (0)

火鉢・・・

2012714日(土)

P1010016

5時半起床、雨。

窓の外から聞こえる雨音で目覚め。

ばたばたと雨が窓を打つ。

起きた途端に雨が止んで、

まぶしい朝陽が差し始める。

木々の雨粒に朝陽が映えて輝く。

♪なんか良いことありそうな~♪

気持ちのいい朝になりました。

うねりは1m超で南風。

風波は懲りてるんで、

今朝はノー・サーフ

―――

雨上がりの海岸は気持ちよし。

波は腹から胸くらい。

入ってる皆さんを横目にのんびり散歩。。

―――

平均台の上を歩くような、

と例えて歩法の要領を教えていて、

ふと後で考え込む。

「平均台」って何気なく使っているけど、

急に意味がわからなくなる。

平均てのは、

アベレージのことで、

つまり統計をとってそれを押しなべて、

と言うような意味じゃないの。

ここはアベレージじゃなくてバランス。

だったら「平均台」じゃなくて「平衡台」じゃないとおかしい。

等と妙なことを考える。

―――

P1010010 多分これは英語を日本語に置き換えるときに生まれた妙な日本語。

これが逆になるとどうなるか。

つまり日本語が英語になるときに妙な英語になる。

ibachiなる英語がある。

hibachi」即ち「火鉢」.

最近は見ることも無い暖房器具だが、

これがれっきとした英和辞典に載っている。

意味は、と言うと、

バーベキューに使う器具。

屋外でのバーベキューに火鉢を使う日本人はいません。

それでもアメリカ人はhibachiでバーベキューをする。

ちょっと待ってくれ、

それは「七厘」だろう。

でも、shichirinと言う英語は無い・・・。

等と稽古が終わってから言葉の話。

―――

ついでに出た話題。

I love you.

これを明治の文豪、夏目漱石や二葉亭四迷はどう訳したか。

loveに該当する言葉の無かった明治の日本。

流石の文豪も苦労したようです。

| | コメント (0)

よく寝た・・・

2012713日(金)

P1010004

6時起床、曇り。

よく寝た・・・。

布団に入ったのが8時。

途中で起きたものの、

結局この時間までグースカ。

寝るが健康の元。

―――

相変わらずの南風で波はあるものの、

苦手な風波。

昨日は一時間ほど頭サイズで入って、

疲れまくり。

食らって流されてパドルして、

それでも殆ど波の乗れずにギブ・アップ。

今朝はサイズダウンで腰。

入りはしたものの、

立って終わり。

上手い人は走るものの、

へたくそは後が続かずにテイクオフのみ。

一時間で終了。P1010007

昨日に引き続いてウインド日和。

水温が上がってきていて、

ウエットはベストで十分と言うのが判った。

これが唯一の収穫。

で、次の心配はチンクイとクラゲ。

―――

帰ってからちょっと気になっていた梅干をチェック。

なんと黴が浮いてるのを発見。

慌てて消毒用の焼酎を買って処理。

減塩12%で作ったので、

さて、どうなりますか。

―――

生きていくのに目標ってのがあるほうが良い。

でも、目標を持つこととゴールを定めることの違いを考える。

武術と競技の違いにも繋がるかもしれない。

太気拳はゴールが無い。

いつもそう思う。

これで良いんだ、

と思うとすぐにもっと良いが顔を見せる。

何だ、またかよ。

と、ニヤッとする。

| | コメント (0)

複雑・・・

2012712日(木)

P1010003

今朝は寝坊、

と決めてたんですが、

なんとなくざわざわしてるので起きだす。

夏の高校野球初戦、

と言うことで早起きの次女、

応援に気合の入った連れ合い。

弁当がどうだの、待ち合わせがどうだのとうるさい。

負ければ部活終了の夏。

記憶の中の自分の高校生活はとっても長かった気がするが、

子供のそれはあっという間で気分複雑・・・。

7時前に家は空っぽで母と二人で朝食。

―――

昨日の午後。

二十歳の長女が居間で長電話。

チラシを見ながら話す内容が、

目玉商品の値段とそれを使った料理。

電話の相手は中学の同級生で既に子持ち。

話が完全にオバハン化した娘を目の当たりにして複雑・・・。

そのおかげか晩飯は娘の作ったから揚げ。

―――

長男は内定した企業に提出する入社承諾書記入。

勿論保証人に天野の名前。

連れ合いの弟に頼んだ連帯保証人。

こうして皆巣立って行くか、

と、やはり複雑・・・。

―――

P1010002 朝食後の海岸。

南風びゅんびゅん。

波はあるがコンディション悪し。

入るかどうか迷う。

休みなので疲れても良いとは思うものの、

風波苦手の天野としては、

これもやはり複雑・・・。

―――

about 太気拳

自分が出発点になれば良い。

ゼロからではなく、

天野の到着点が出発点。

そう思って皆と触れ合う。

なかなか思うようには行かないが・・・。

| | コメント (0)

多分・・・

2012711日(水)

P1010015

5時起床、快晴。

南の風でうねりは無し。

強い陽射しで海面がキラキラ光る。

Tシャツを脱いで上半身裸でデッキを散歩。

青空に浮かぶ雲は既に盛夏。

飛行機雲の下、鳶・かもめが忙しそうに飛び交う。

帰りにいつもの公園に寄るが、

今朝は禅は無し。

ただ、木陰で涼む。

P1010013 ああ、夏の朝の快適さ満喫。

―――

about太気拳

芝の上をドリブルするプレーヤー。

前を見ながらもボールを見る。

顔は余り動かさずに眼が動いて下を前を見る。

顔が動くとバランスが狂う。

走っていても顔の上下動は余り無い。

―――

ボードに腹ばいのサーファーが波を見る。

行き先を見ながらボードを抑えて立ち上がる。

その瞬間、

頭の位置は殆ど動かない。

視線も変わらない。

頭だけ見ていると、

腹ばいなのか立ったのか判らない。

―――

太気拳でも同じで、

顔がしっかりと正面を向いていないと、

重心が前に移らない。

前が見えない。P1010019

―――

下を向くドリブラーは遅い、変化に対応できない。

重心が後ろになるからだ。

下を向くサーファーは立てない(天野がこれだ)。

後ろ足に腰が残るからだ(十分反省してる)。

下を向いて組み手すると、

前に出られない、

手が届かない、

顔を打たれる。

ろくな事はない。

―――

人生も、

前を向いて生きていけって事だな、

多分・・・。

| | コメント (0)

たり前・・・

2012710日(火)

P1010007

4時起床、うねりは30cm台

いつものようにのんびりとお茶。

少しばかり肌寒い。

今朝入るんだったらスプリングが必要だな、

等とどうでもいいことを考える。

―――

朝食後に海岸偵察。

P1010008 歩くと砂が熱い。

陽射しで焼けた砂で浜は歩けず。

海で遊ぶ人はもう水着。

海開きも終わってるんで、

当たり前と言えば当たり前・・・。

| | コメント (0)

ちょっとずつ・・・

201279日(月)

P1010001

4時に布団にくるまってスマホでチェック。

うねりは40cm台を見て二度寝。

6時に起きて海岸偵察。

梅雨の晴れ間で爽やか。

もちろん波は無しは情報どおり。

でも、少しばかりうねりの筋あり。

―――

about 太気拳

P1010005 正しい禅の組み方が判らない、

とか、

正しい練りがわからない、

なんて聞かれたりする。

じゃあ、と思う。

これが正しい立禅で、

これが正しい練りだ、

って言われたら納得するんだろうか。

多分納得しないだろう。

―――

正しいとか良いとか言うのは、

他人のもので、

大事なのは自分がどう思うかだ。

どう思えるか、だ。

人に正しいとか良いとか言われても、

自分でそう思えなければ正しくも良くも無い。

―――

翻って考えれば、

人にこれが正しいとか良いという人間ほど信用の置けないものはない。

あるのは「ちょっと良い」位が良いところ。

もうちょっと位は良くなりたい。

そう思う人間が稽古する。

だからちょっと良くなる。

少しずつ少しずつ。

ちょっとずつ、ちょっとずつ・・・。

希望という名の、

少しずつ、ちょっとずつ。

| | コメント (0)

晴れやか・・・

201278日(日)

P1010011

4時起床、曇り。

布団の中でのスマホチェックは70cm台。

満潮が6時くらいなので、

今のうち・・・。

お茶を飲んでから出発。

薄暗い中で既に数人が海に浮かぶ。

サイズは腹からたまに胸。

しばらくするとSUP続々登場。

ついでに潮が上げてきて終了。

朝一時間の波乗り。

気分晴れやか・・・。

| | コメント (0)

Beを訳すと・・・

201277日(土)

P1010006

5時半起床、曇り。

うねりチェックで70cm台!!!

麦茶を一杯飲んで早速着替えて海に直行。

サイズは胸肩の二等辺三角形の波。

少ししか入れないので残念ですが、

それでも楽しく一時間。

すっきりしてこれから稽古のい活力アップ。

―――

about 太気拳

稽古はdoだ。

でも、求めるのはbe

何かをうまくやるためではなく、

何かになるために稽古する。

Beを訳すと境地になる。

| | コメント (0)

昨日よりはマシ・・・

201276日(金)

P1010002

6時起床、曇り。

うねりは50cm台で、

少なくとも昨日よりはマシ?

―――

朝食後に海岸偵察。

いつものところに海を見ながらたたずむ師匠を発見。

これから良くなるかも、

と師匠。

しばらく掛かりそうなので帰りに禅を組む。

―――

about 太気拳

知る、判ると出来る、

を考える。

知る、判るを忘れるために稽古する。

そんな気がする。

知ったことも判ったことも忘れ去った時。

そんなときに初めて出来るに変化していく。

P1010005 太気拳も波乗りもそんな部分では同じ。

禅を組んでいても、

いろいろなものが見えてきて、

それを意識してるうちは、

そのものに捉われる。

自分のものになった時、

つまりは捉われなくなった時。

それをいつも目指す。

忘れるために稽古する。

| | コメント (0)

初めて---

Photo

今朝は少しはできるんじゃないか、

少なくとも昨日くらいは、

という甘い期待は裏切られ、

西へ走ってもサイズ膝。

それでも休みだからと頑張って一時間半。

楽しかった事にしておこう---。

で、海岸から始めてのスマホアップ。

できるかな???

と思ったんですが、

やはり画像が入りません。

悪しからず---。

| | コメント (0)

上を向~いて・・・

201274日(水)

P1010010 

朝起きたときからテレビでは夏日予報。

確かに陽射しはもう夏。

まずは朝食後に偵察。

サイズは膝くらいで静かなもの。

それでも皆さん「この天気だから入ろうよ」。

と言うこと、

今季初の海パンに袖なしデビュー。P1010012

入るときはヒヤッとしたが陽射しのおかげで寒さを感じることなく一時間半。

勿論波がどうのではありませんが、

気持ちよい夏に一日。

それでも師匠が一緒だったので、

一本一本にちょっと緊張。

―――

波に力が無いと、

ともするとテイクオフの時に視線が下を向く。

そしてスタンスが狂う。

そこで師匠の一言。

♪上を向~いて パドろうよ~♪ 

| | コメント (0)

かも・・・

201273日(火)

P1010005

今日も波は無し。

海岸偵察に行くも意気上がらず・・・。

梅雨時は毎年こんなもんだよ、

と言う先輩も所在無さげ。

―――

午後には雨になるとのことで、

禅を組んで軽く動く。

―――

about 太気拳

ああしようこうしようが何で意味無いか。

ああとかこうとか考える前に、

考えると言うこと自体を考えてみれば良い。

考えるって、

一体何を考えてるかというと、

それは過去と未来。

過去と未来は考えるけど、

今この瞬間を考えない。

考えないで何をしてるかというと、

感じてる。

「今」は考えないで感じるしかない。

逆に言えば、

今を考えることは出来ない。

「今」という「刹那」を感じ取ること。

禅で感じるのは「刹那」。

だから感じる刹那を考えることで台無しにする。

これを矛盾と感じないで、

禅の感覚をこうだああだと考えて、

自分自身の成長を台無しにする、かも・・・。P1010006

| | コメント (0)

練る・・・

201272日(月)

P1010001

5時起床、雨。

低気圧通過でひょっとすると波が上がるかも、

の期待は外れてうねりは20cm台。

石廊崎では徐々にうねりが高まりつつあるのに。

しかし七月の声を聞いても、

羽根布団にくるまって朝を迎える。

―――

朝食後の海岸偵察。

数値どおりで本当にうっすらとうねりは入るものの、

ロングで何とか乗れる程度。

本日のところは希望なし。P1010002

―――

about 太気拳

稽古の方向が問題だな、

と思う。

稽古をしているといろいろな可能性が見えてくる。

身体と向かい合うと、

身体の方から声を上げてくる。

こうするとこうなる、

ああするとああなる、

と頭で考えがちだけど、

正直言って、

そんな考えは殆ど役に立たない。

何故ならそれは考えだからだ。

「考え」は自己満足で終わる。

―――

「練る」と言う事が一番大事なんじゃないか、

と思う。

身体は全てが複雑に絡み合う混沌。

よく大腰筋がどうしたとか、

そんな部分を取り上げていろいろ話す。

知識としては良い。

でも、そんな知識は分析に役立つだけ。

分析や理解と実践は違う。

混沌を混沌として捉える。

「練る」というのは混沌をそのまま飲み込むことだと思う。

何種類もの色の違う粘土を練る。

最初は筋が入って模様を描く。

それを更に更に練っていくと、

いつか全ての色が絡み合い、溶け合い一つになる。

一つでありながら、

全ての色を内包する。

―――

例えて言えば、

人は決して単色ではない。

様々な色の複合体のようなものだ。

善でもあり悪でもあり、

美でもあり醜でもある。

創造的でも在れば、

退廃をも生む。

それを全て飲み込んで此処に居る。

―――

色を扱う人はこういう事に敏感だ。

例えば絵の具やペンキ。

調色された色を見て、

どんな色を混ぜて作られた色なのかを見て取る。

作り上げられた色の中から、

個別の色を見て取る。

個別の色を合わせて一色を創作する。

―――

全ての要素を複合的に練り合わせていく。

個別に分解する事は後戻りになる。

―――

此処が人の矛盾するところで、

身体は複合的なカオスに向かうにもかかわらず、

頭は分析して整理して判りたがる。

方向がまるで逆向きだ。

判ったところで何にも出来ないのに・・・。

| | コメント (0)

気合入りすぎ・・・

201271日(日)

P1010005

5時半起床、曇り。

うねりは40cm台。

テーブルの上に充電中の単三電池。

何の乾電池だろうと思うと、

娘が部活で使うスピード・ガン用とのこと。

高校でスピード・ガンか・・・。

―――

朝食前の海岸偵察。

波なんて無いだろうな、

と思って来たら、

なな、なんと出来てます。

既に二十人近くが遊んでました。

P1010007 膝からたまに腿くらいでロングなら十分。

しかい、皆さん情報が速いです。

―――

砂浜を歩くと疲れが腰に来てることに気が付く。

此処のところちょっとばかし気合入りすぎ・・・。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »