« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

あら不思議・・・

20121031日(水)

P1010040

ガラス越しに入る日差し。

それを背中に浴びてると、

いつの間にかうとうと・・・。

おっと、やらなきゃならない事が、

と思わず頭を上げて。

―――

まずは一区切りついてから海岸散歩。

あれ!できてんじゃん・・・。

うねりは30cm台だからてっきり無いと思ったんですが。

でも、お蔭様で仕事も区切りがついたし。

明日は低気圧通過で、

明後日狙いですね。P1010039

―――

面白いんで、

昼間も稽古して、

夜の稽古前に準備運動してたら、

あ、来てる・・・。

脚に来てる。

と思ったら、

稽古を始めたら出来ちゃった。

あら不思議・・・。

| | コメント (0)

ほんとに・・・

20121030日(火)

P1010037

5時起床、曇り。

うねりは30cmから40cm台。

昨日のうねりはあっという間にダウン。

一日だけの波乗りディでした。

海岸偵察に行くと、

数人が浮かんでるだけ。

浮かんでるだけでした、ほんとに・・・。

しばらく歩くと手が冷たくなる。

冬までもう一息?P1010038

でも、朝陽に輝く雲がとてもきれいでした。

| | コメント (0)

また後で・・・

20121029日(月)P1010032

6時起床、曇り。

寝床でうねりチェックは60cm台。

むむ、久しぶりに今日は出来るかな、

と、にんまり。

―――

朝食後に海岸偵察。

むは、波があります。

サイズは腿から腰、たまに腹。

偵察中に師匠と遭遇。

顔を見合わせて思わず笑顔。

じゃ、また後で・・・。

―――

About 太気拳

足の指が決まらないと、

膝と腰が決まらない。

同じように手指が定まらないと、

肘と肩が定まらない。

首が収まらないと、

背が収まらない。

決まり、定まり、収まって中心が現れる。

全てに備えるということは、

中心にまとまると言う事。

―――

みんな付いて来いよ。

ここまで来いよ、

天野が生きてるうちに・・・。

死んじゃったら成長したみんなを見れないからな。

―――

教えていると、

整理が進む。

―――

判る、

解かった。

その瞬間に成長は止まる。

それは停滞の別名でもある。

判らないから、

もっと先を求める。

| | コメント (0)

心の傷は・・・

20121028日(日)

P1010028

5時半起床、曇り。

うねりは20cm台、乏しいな~。

―――

波無いよな、

と思いつつも海岸散歩。

SUPのスクール、釣り、カヌー。

日曜日の静かな朝の始まり。P1010029

―――

古傷って無いんですか?

そんなことを聞かれて、

改めて考えると、無い。

身体の古傷ってのは無い。

心の傷は・・・、ある(笑)。

うらやましいですね。

そう言われて、

確かにそうだな~。

| | コメント (0)

だろ・・・

20121027日(土)

P1010026

5時半起床、晴れ。

相変わらずうねりは20cm台。

波が上がる気配なし。

台風23号ははるか彼方で、

次は日本海側から近づく低気圧。

―――

お隣さんの庭の柿の実。

真っ赤に熟して連日鳥がついばみに来る。

それを何とかフレームの収めようとするが、

なかなか上手くいかない。

―――

About 太気拳

普通じゃしょうが無い。

当たり前じゃしょうがない。

普通でも、

当たり前でもないことをやる。

違うことを見つける。

違う方法を見つける。

形じゃない。

外から見ると同じに見えても、

中身は違う。

―――

それは問題意識の転換。

ただやるんじゃない。

ただやっているように見えて、

まるで違うことをやる。

眼の付け所、

問題点の解決の視点の転換。

―――

つまりは動力定型の転換を図る。

先人はそこに活路を見出した。

転換には時間が掛かる。

―――

60歳の割には強い。

60歳にしては強い。

冗談じゃない。

60歳だからこそ強い、

だろ・・・。

| | コメント (0)

感謝だな・・・

20121026日(金)

P1010021

5時起床、曇り。

うねりは20cm台、あと一息で10cm。

波情報やライブ映像のサイトを確認。

何処もまったく可能性無し。

ここまで無ければ、

いっその事諦めもつくというもの。

―――

ふと思いついて、

居間で半禅を組んで腰の具合を確認。

腰がぴっと決まる感じで気持ち良い。

腰が身体に組み込まれた状態が染み付き、

気持ちも安定。

何時でもそこに行ける安心感。

―――

今朝は海岸散歩はお休みで、

代わりに公園でのんびりと稽古。

ピシッと腰を据わらせてゆっくりと動く。

止まれば禅で、

動けば探手。

動静互根・・・。

―――

先人たちは何処まで辿り着いたんだろう。

何処まで行ったんだろう。

稽古をしてると、

つくづくそう思う。

行った先から発した言葉。

それを手掛かりに歩いていく。

形に残せない武術の質は、

その一つ一つの言葉を再発見していく旅路かもしれない。

―――

人生は重き荷を背負いて・・・、

なんて言うが、

それでも目的のある旅と、

行く当ての無い旅とは随分違う。

太気拳に感謝だな・・・。

| | コメント (0)

幸せってやつだ・・・

20121025日(木)

P1010020

6時起床、曇り。

枕元に放り出してあった文庫本。

それを寝転がったまま30分ほど読んでから居間に。

真っ先に朝食を摂り、

新聞を読んで、

と絵に描いたような休日の朝。

波が無いのは先刻ご承知で、

うねりは20センチ台。

さすがの鵠沼も情報では厳しそうです。

―――

波の無い今週は木工週間。

手始めにテーブルを仕上げたんで、

次は先日持って帰った実家にあった古~い椅子。

その塗装をはがす。

そしてニスで仕上げて座面の張替え予定。

どうなるかは神様も判らない。

試されるのは天野の忍耐力か。P1010018

―――

About 太気拳

ちょっと神経質になりすぎの気配がある。

教えなければいけない事、

伝えておかなければいけない事。

それを急ぎすぎている気がする。

慌ててもしょうがないのは判っていても、

気が急く。

弟子たちも応えようと必死になってるのが判る。

―――

ここはのんびり構えよう。

焦らなくても、

誠実に稽古していけば、

何時の日にか辿りつく。

気が付いたら眼の前に新しい風景が広がっていた・・・。

そんな風になる。

天野だってまだ先に行く。

―――

行く処がある。

行きたい処がある。

行かなければならない処がある。

これが幸せってやつだ・・・。

| | コメント (0)

それも禅・・・

20121024日(水)

P1010003

5時起床、晴れ。

昨夜は1.5mを越えたうねりは一挙にダウンで50cm台。

湘南マジックで波の消える前に、

とあわてて着替えて自転車に乗って。

―――

海岸到着は日の出直前。

明らんでくる空を見ながらの波乗り。

サイズは膝から腿で物足りないものの、

朝一は気持ち良い。

元気が足元から湧き上がってくる。

―――

P1010011 About 太気拳

静と動の一致。

静は持続で、

動はその延長にある。

静はただの静ではない。

動にいたる静を探る。

それも禅・・・。

| | コメント (0)

希望の源・・・

20121023日(火)

P1010057

5時起床、晴れ。

窓越しにごーっと風の巻くようなうなり声が時折響く。

日本海側の低気圧の影響で南風15m。

おかげでうねりは170㎝超。

波乗りではなくウィンド日和?

ウィンド・サーファーは朝から気もそぞろかも知れません。

―――

朝食後に雨の合間を縫って海岸散歩。

ところが風が強すぎて散歩どころではない。

構えたカメラが揺れる。

砂が飛ぶ。

と、早々に退散。

P1010052 波乗りは明日に期待・・・。

―――

About 太気拳

中心に力を求めて充満させる。

これに尽きる。

禅の目的もこれに尽きる。

技や形は万では足りず無数だ。

しかしながら身一つに宿らせるのは、

中心の力を措いてない。

たった一つの力を、

たった一つの身に漲らせる。

―――

自分を取り巻く状況は常に変転する。

しかしその中で、

決して変わってはいけないものを見つけ出す。

それが中心に漲る力だ。

気持ちの源であり、

希望の源・・・。

| | コメント (0)

不労把捉・・・

20121022日(月)

P1010050

4時半起床、晴れ。

ったく、波も無いのに早起きしてどうすんだ。

とは言え、目覚めたものはしょうがない。

うねりは20cm台、

ちなみに石廊崎を見てみると同じような数字。

―――

今朝は波乗りは頭から追い出してのんびり散歩。

もちろん波は無く、

ここ数日の炸裂が嘘のような静けさ。

今日は何にもしないで完全休日。

―――

つくづくと天気図を眺める。

次々と高気圧や低気圧が生まれ、

移動し、発達消滅を繰り返す。

台風が去って、

次は日本海側から低気圧が接近。

刻々と天候が変化し、

久しくとどまりたるためしなし。

               

鎌倉時代に天気図があれば、

鴨長明もゆく河の流れと並んで、

ゆく低気圧は、なんて書いたかも・・・。                     

しかし、その天変に一喜一憂する人の面白さ。

全てが変化して何一つ確実なものは無い。

幻花空花 不労把捉・・・。

| | コメント (0)

希望か・・・

20121021日(日)

P1010046

4時半起床、晴れ。

波有る週間が終わったにもかかわらず早起き。

しばらく布団の中で二度寝を試みるが諦めて起床。

うねりは50cm台に減衰。

久しぶりに静かな気分でお茶。

―――

P1010047 日の出を待って海岸散歩。

膝から腿くらいの波がブレイク。

いつもの日曜日に比べると人が少ない。

それでも朝陽を浴びながら皆さん楽しそうでした。

―――

ほぼ10日間続いた波有るウィーク。

いろんな事があった。

ビジターで入ったポイント。P1010040

そこで進路妨害しちゃって怒鳴られて・・・、

後で謝ったら意外と笑顔で手を振ってくれた某ポイントの濃いローカルさん。

それから60歳で定年を機に復帰した天野と同じロートルサーファーさん。

家事を手伝うと奥さんを説得して再開したそうで、

波待ちしながら話が弾んだりもした。

独り者だと思ってたローカルのお兄さんが実は子持ち。

2歳の女の子がどれだけかわいいか、

なんて話で波をスルーしちゃったり。

一番記憶に残ったのが、

師匠に紹介してもらった某メーカーのライダーのお兄さん。

ダブルのポイントで「15発喰らって心が折れそうになりました」。

「それでも折れなかったのは、もう一本の希望」。

そう話したお兄さんとたまたま次の日に同じポイント。

さすがにメーカーのライダー。

むちゃくちゃに上手い。

こんなに上手くても心が折れそうになる時があるのか。

でも、そんなことは当たり前で、

誰だって折れそうな時はある。

心が折れるのは身体が衰弱した時。

その心を立て直すのが希望か・・・。

| | コメント (0)

終わりかな・・・

20121020日(土)

P1010032

4時半起床、晴れ。

うねりは70センチ台で北風。

まずは着替えて海。

今日は土曜日につき混雑予想。

―――

海岸到着が5時半。

すでに皆さん海に浮かんで波待ち。

サイズはぐっと落ちて腿からたま~に腰?

それでも波数が多くて満足できる一時間。

連日の波も今日で終わりかな・・・。

―――

About 太気拳

意拳と名づけられた太気拳の源流。

意拳の意とは一体なんだろう。

何故「意」を重視するのか。

考えてみると至極当たり前の答えが出てくる。

「意」とは「言葉」だ。

イメージだなんだかんだ言っても結局は言葉。

言葉は何故あるのか、

も答えは簡単で、

言葉にしなければ判らないことを伝えるためだ。

見ても判らないものを伝えるのが言葉だ。

言葉に依らなければ伝わらないもの。

―――

言葉は脳が作り出した。

そして脳は身体が作り出した。

身体が脳を生み出し、

脳が言葉を生んだ。

その言葉が遡行して身体を語ろうとするから面倒なことになる。

でも、このプロセスが判ると意拳の成り立ちの必然が判る気がする。

考えようによっては、

こんな判りやすい拳法は無い。

| | コメント (0)

ギロチン・ダンパー・・・

20121019日(金)

P1010015

4時起床、曇り。

まずはお決まりのお茶後着替え。

夜明けに出発。

薄明に富士山の冠雪がほのかに見える。

海岸到着。

おや、波が無い。

サイズは腿から腰の北風。

取りあえずは入って一時間。

まあ、なんとか出来てよかったな・・・。P1010012

―――

昼前に再び海岸チェック。

台風通過で一挙にうねりが押し寄せて、

何処も頭オーバーに・・・。

頭サイズのギロチン・ダンパー。

天野は大人の分別で退散。

しばらくクレージー連中の波乗り見物。

P1010016

| | コメント (0)

未熟の裏返し・・・

20121018日(木)P1010008

4時起床、曇り。

うねりは一mを超えていよいよ台風接近の雰囲気。

明日には21号が南岸通過予報。

今のうちなら、

と、着替えて海岸。

んんん、どうした?

サイズは上がっておらずに腰から腹。

沖の南風の影響かぼよ付いた波で、何とか3本のって終了。

さすがに連日なんで皆さんの出足も鈍ったようで、

混雑もなし。

いつもの皆さんと世間話をしながらの朝一サーフでした。

P1010010

―――

しかし、残念なのは逃した一本。

テイクオフに失敗してバランスを崩した痛恨。

逃した魚は大きい、の諺どおり・・・。

謙虚なのは良いんですが、

謙虚は未熟の裏返し・・・。

そう考えて、

上がってからため息。

―――

About 太気拳

身体を整えて気分を鼓舞する。

人の適応能力あるいは順応力について考える。

20キロで走れば20キロに適応した神経。

200キロで走れば、

明らかに異なった精神状態に至る。

禅の精神状態は、

外見的には静止状態でも、

神経や精神は200キロ状態。

それを引き起こすのが全身の跳ね返るような振動。

これに呼吸が加わると、

鳥肌が立つ。

―――

必要の無いときに、

必要の無いものを引き出す。

何時でもそこに行けるようにする。

例え20キロでも、

200キロの気分。

| | コメント (0)

謙虚なのである・・・

20121017日(水)

P1010001

今日は寝坊、

と決めたわけではないが起床は7時。

よく寝た!

朝食後に偵察行。

場所によっては頭オーバー。

所により腰。

連日で疲れてるんで、

今日は軽く小さい波で良いんだけどな。

どうしよう・・・。

―――P1010004

About 太気拳

一人稽古と対人稽古では違う。

一人で出来ることが対人だと出来ない。

気持ちの問題だよ。

と考える。

でも、気持ちの問題に還元すると何の解決にもならない。

怖いんだったら怖くてもかまわない。

恐れる気持ちがあるんだったら、

無理に抑え込むことも無い。

気持ちで何が変わるのか、

を捉えて、

それを解決すればいいだけのこと。

怖くても、恐れていても、

やることをやれば良いだけの事。

―――

稽古をするということは、

結果を出すこと。

結果を出すために稽古をする。

いくら判ったようなことを言っても、

結果を出せなければ判ったことにはならない。

判ることではなくて、

出来ることを求める。

―――

事に望む機会が多ければ多いほど謙虚になる。

求めるもの多ければ多いほど、

希望があればあるほど、

自分の至らなさがあらわになる。

だから波乗りに関しては実に謙虚なのである・・・。

これも太気拳と同じだ。

| | コメント (0)

ますます下手に・・・

20121016日(火)

P1010064

5時起床、晴れ。

うねりは60cm台北風。

どうやら台風は21号のほうが早く接近の予報。

20号はしぶとく停滞中。

―――

夜明けを待って着替えて海。

サイズ腰、でも混雑。

暗いうちから混雑?

しかし、

日に日に下手になっていく気がする・・・。

―――

手足を殺して活かすところを見つける。

と、言うことは格好良いが、

ふと波乗りに当てはめてみると、

上達しない訳が判った。

天野の波乗りは足で乗ってる。

そう思って上級者を見る。

何のことは無い、

足ではなくて腹腰で板をコントロールしてる。

何だ禅と同じか、

それなら自分も、

とやってみる。

―――

はは、判って直ぐ出来るなら苦労は無い。

地面の上で当たり前に出来ることが、

海の上では出来ません。

ますます下手に・・・。

―――

判ることと出来ることの違い。

その距離を縮める。

このわくわく・・・。

| | コメント (0)

撃沈数度・・・

20121015日(月)

P1010057

5時起床、晴れ。

うねりは60cm台。

しかし、通常のうねりとはもう確実に違う。

台風からの波長の長いうねり。

石廊崎では波長が14秒。

ついでに21号の南東に22号まで誕生。

こちらのほうが北上する速度は速そうで、

発生順と接近順の反転は1719号と同じか。

―――

まずは着替えていつものポイント。

サイズは腹から腰。

でも、バック・ウオッシュが激しくて、

撃沈数度・・・。

―――

About 太気拳

手を殺す、

そして足を殺す。

そうして手足でないところが起動する。

対人では特に手を殺すことに気をつける。

手先や足先で動かない稽古をする。

それは禅の延長だ。

―――

当たり前に禅では手足を殺す。

動かないということはそういう事だ。

手足の動きを殺すことから禅が始まる。

そうすると、

手足を殺すことで活きるところが鮮明になる。

どう殺してどう活かすか。

手足を殺すことで何処が起動するか。

―――

静が動を鮮明に浮かび上がらせる。

―――

これがなんとも面白い。

当たり前だが、

静があるから動があり、

動があるから静がある。

―――

光が闇を産み、

闇が光を際立たせる。

総てそのように在る、

なんてね・・・。

| | コメント (0)

20121014日(日)

P1010055

4時起床、曇り。

気合が入っての目覚め。

うねりは50から60cm台?

そんなはずは、と思いながらも無い筈は無い。

と着替えて暗い中を自転車。

―――

昨日の朝のポイント到着するも波なし。

がっくりしていつものポイントに。

サイズ腿だったのが徐々に上がって腰から腹。

一時間ほどすると激混みで前乗りオンパレード・・・。

雰囲気も殺伐。

危険を感じて早々退散。

それでも朝一は気持ち良し。

| | コメント (0)

胸肩の朝

2012年10月13日(土)
払暁出発。
胸肩で堪能。
でも、何処にも濃い連中がーーー。

お邪魔しました。

1350081763149.jpg

1350081768209.jpg

| | コメント (0)

胸中複雑・・・

20121012日(金)

P1010046

6時起床,晴れ。

爆睡9時間・・・。

しかし、変な夢を見る。

バイクを背負って山登りしたり、

落とした鍵を探してぬかるみを這いずったり。

もっと平穏な夢は無いもんか。

―――

うねりは50cm台、北風。

ほんの少しずつ見えてくる希望の明かり。

石廊崎を見るとやはり上がりつつあるようで、

波の周期が少しずつ長くなってきている。

こういう時はサイズより周期を見ると、

うねりの原因がわかるような気がする。

遠いところから長い周期の波が徐々に入ってきている、

と都合の良いように解釈。

―――

バイクに乗って海岸偵察。

定番ポイントは腿から腰で混雑。

と言う事で偵察もちょっとばかり遠出。

いつもと違うポイントがサイズ胸。

早速帰って着替えてGO。

五日ぶりの波乗りで気分すっきり。

―――

しかし、何処に入っても天野より下手が殆んどいない。

これは不思議なことだ。

天野が何時まで経っても上達しないのか、

それともどんな初心者もあっという間に上手くなってしまうのか。

不思議だ・・・。P1010048

―――

波乗りを終わってからしばらく皆さんのライディングを見てる。

すると一名、

たった一名だけひょっとすると天野と同等かちょっと下手かも、

というのを見つけた。

数十名の中のたった一名。

―――

胸中複雑・・・。

| | コメント (0)

おっしゃるとおりで・・・

20121011日(木)

P1010034

5時起床、晴れ、

うねりは20cm台、今朝もか・・・。

台風21号はほとんど停滞状態、

フィリピン沖から行き先不明。

今のところは西進だが、

後に北上の予報。

明日あたりからうねりが入るのでは、との予想あり。

まあ、今日のところは静かな湘南の朝。P1010038

―――

海岸は思ったとおりで膝サイズのみ。

SUPの独壇場。

―――

朝食後に病院。

一月あまり前の骨折の最終チェック。

レントゲンの結果、まだ隙間はあるものの一応はOK

波乗りは気をつけてやってください、

との事。

と言っても、

やる時はやっちゃうんですよね、

とは先生の弁。

おっしゃるとおりで・・・。

| | コメント (0)

でっち上げるか・・・

20121010日(水)

P1010030

6時起床、晴れ。

悪い癖が出て夜中に読書。

当然朝は寝坊、

と思って寝たんですが習慣で起きる。

うねりは相変わらずのロー・サイズ。

朝食前に海岸偵察。

膝から腿?かな~。

薄い波で短い板にはちょっと悲しい。P1010033

―――

1010日はTOTOバッグの日で、

サッカーくじtotoの日で、

1010で銭湯の日で、

転倒防止の日で、

ついでに眼鏡の日でもあるらしい。

こじつければ毎日何かの日になる。

太気拳の日でも何処かにでっち上げるか・・・。

| | コメント (0)

実に旨い・・・

2012109日(火)

P1010028

5時起床、曇り。

妙な夢を見た。

夢ってのは実に変なもんだ。

40年前の事を夢に見て、

しまった、ゴメンとメールしなくちゃ、

と学生の天野は携帯のメールアドレスを捜す。

おいおい、40年前は携帯なんて無いだろう・・・。

―――

うねりは20から30cm

今朝は無しだな、

と朝食後に海岸散歩。

静かな海なんですが、

それでもたまに入る気配。

P1010029 しまった、入ればよかったか。

―――

未来に自分を托せる。

托すべき未来を持てる幸せ、

そんな話になった。

昨日より今日が、

今日より明日が。

昨日見えなかったものが今日見えて、

今日見えないものが明日には見えるかもしれない。

そんな稽古が出来るってのが楽しい。

秋刀魚を食べながらそんな話。

炭火で焼いた秋刀魚は実に旨い・・・。

やっぱりレモンじゃなくてカボス。

| | コメント (0)

秋刀魚会・・・

2012108日(月)

P1010022

5時起床、晴れ。

うねりは20cm台・・・。

しかし、フィリピンの東の熱帯低気圧が台風21号に。

今のところ西進中ですが、

後は偏西風頼り。

週の後半にはヒットかも・・・。

―――

まずは海岸偵察。

思ったとおりに波はわずか。

サイズ膝たま~に腿。

それでも出来てるのは地形のおかげ。

この地形が変わらないと良いんだけどね。

―――

帰りに公園で30分ほど禅。

腰以外の力を出来るだけ緩める。

張る力と締める力のバランスを探る。P1010027

―――

さて、今日は秋刀魚かい?

いやいや、今日は秋刀魚会・・・。

| | コメント (0)

保守的な革新だ・・・

2012107日(日)

P1010021

4時起床、雨。

うねりは30cm台に落ち着いて平穏な湘南。

今日は出来そうにないんで、

昨日波乗りしておいて良かった。

台風20号も消滅でしばらくは・・・、

と思いきやフィリピンの東に熱帯低気圧。

今のところは西進中ですが、

今後どうなりますか。

カット・バック期待・・・。

しかし、連休中に波が無いと正直ほっとする。

―――

About 太気拳P1010017

兎にも角にも姿勢。

姿勢は身体の構えだからこれが定まらないと全てが始まらない。

構えは備えだ。

備えは結果的に形を持つが、

それを形から求めるんじゃなくて、

「機能」の側面から捉える。

「機能」から捉えるためには、

何に備えるか、

を明確にする。

何のための備えなのかが明確でないと、

構えようがないから姿勢の意味が明確にならない。

禅の意味が判らない。

意味が判らないと稽古が始まらない。

と合わせた鏡の間をうろうろすることになる。

こんなのを憂鬱な稽古って言う。

(昔は憂鬱な稽古をずいぶんしたもんだ)。

―――

「機能」から姿勢をイメージで捉えると回転する独楽になる。

独楽の回転は垂直な軸と水平方向の運動から出来上がる。

軸がぶれれば運動は歪む。

水平方向の回転を明確にする。

ぶれない軸と回転が螺旋を生む。

―――

そんな見方をすると、

日本だろうと中国だろうと、

空手や中国拳法や剣だろうと、

武術では必ず出てくる基本の摺り足、

それが至極当たり前に見えてくる。

独楽が回転すれば摺り足になる。

これが先人の残した足跡ってやつだ。

―――

どうやら太気拳は非常に保守的な革新だ・・・。

| | コメント (0)

気持ちいい朝だな・・・

2012106日(土)

P1010013

4時半起床、晴れ。

うねりチェックは60cm台。

何とか波が残ってくれた模様。

急いで着替えて海岸。

どうせ混むのは判ってるんで、

そこらへんを考慮してポイント選択。

サイズ腰で規定本数?5本を一時間でクリアーして終了。

気持ちいい朝だな・・・。

| | コメント (0)

ありがとう・・・

2012105日(金)

P1010007

4時半起床、晴れ。

うねりチェックは90cm台を確認してから着替え。

混雑する前に、

と思ったんですが既に皆さんスタンバイ済み。

腰から腹の波で一時間半。

昨日の疲れが残って少しバテ気味?

―――

プロってのは凄い。

そう思った昨日の波乗り。

上手い、と思う人はそれこそいっぱい居る。

でも、飛び切りってのを眼の前にすると驚く。

あんなところからってなテイクオフ。P1010012

でもって、そのままバレルに突っ込んで抜けて・・・。

唖然とするようなライディング。

いいものを見た。

いい波には乗れなかったけど、

それをすぐ眼の前で見ることが出来たので満足。

―――

プロという意味では天野も同じ。

こんな風に出来るんだ、

というものを見せる。

いい刺激をもらった。

ありがとう・・・。

| | コメント (0)

人間辛抱だ・・・

2012104日(木)

P1010006

4時起床、曇り。

どうやら台風は南海上でボトム・ターン。

直撃はなさそうで、

今のところうねり80cm台、北風強く12m

風に抑えられてあっという間に無くなるパターンか?

―――

このところ割と出来ているので、

正月以来の落ち込みがやっと復調。

秋になってやっとこさ波乗りに春が来た。

人間辛抱だ・・・、

なんてコマーシャルがあったのを思い出す。

―――

明るくなるのを待ってから偵察行。

満潮直前と風で分厚いショアブレイク気味。

写真が写るぎりぎりの明るさの中、

朝一組は既に走ってました。

それにしても波が見えるんでしょうか。

―――

About 太気拳

一寸先は闇。

しかし、だ。

つくづく思うのは、

一寸先に差している光明に気付けないのも人の悲しさ。

もしあの時、なんて仮定の話しをしてもしょうがないが、

一寸先にあった光明に気付かず、

十間歩いてやっと届く。

気付かなかったのが迂闊なのか、

それとも十間がどうしても必要な距離だったのか。

―――

青い鳥はすぐ隣にいた、

なんてのと同じような気がする。

北風の虎落笛を聞きながら・・・、

ちょっと感慨にふける。

―――

六十を超えた天野に出来ることが、

三十に出来ないはずはない。

あるいは今出来ることを、

三十年前の天野が出来なかったはずは無い。

しかし、

その頃は何も出来なかったのも事実。

―――

眼が悪いから見えなかったんじゃなくて、

見るものが違ってた。

だから見えなかった・・・

| | コメント (0)

来てます・・・

2012103日(水)

P1010036

寝た寝た・・、と起きたのが6時半。

夜半に降った雨でぐっと冷え込む。

一雨ごとに秋が深まる気配。

―――

テレビで山口百恵の話題。

娘曰く「山口百恵って誰かの奥さんだよね」。

天野「・・・」。

―――

近づく台風19号のうねりは今のところなしで、

数値は30cm台。

北風が強くて波が消されて、

来る時は一瞬で、

ドカッと来てスーッと消えるパターンかな。

―――

朝食後に偵察行。

むむむ、来てます来てます・・・。

胸サイズが次々。

| | コメント (0)

ウッド・ボード・・・

2012102日(火)

P1010022

5時半起床、晴れ。

うねりはがくんと落ちて40cm台。

それでもまったく無いなんてことないだろう、

と偵察行。

―――

浜に下りると見慣れないウッド・ボード。

kibaco」とネーム。

眺めているとローカルさん登場。

なんと自作のボードとの事。

半年掛けて自作。P1010030

6.7fでかっこいい。

気持ちがむずむずして、

天野も作ってみたい。

| | コメント (0)

下手を打つ・・・

2012101日(月)

P1010007

晴れ上がった空に中秋の名月。

めいげつや はまをめぐりて あさぼらけ

と、駄句をひねりながら海岸偵察。

台風一過でもっとうねりがあると思いきや胸サイズ。

もちろん南風でコンディションは良くない。

でも出来ないことはない。

今日は久しぶりの茅ヶ崎での稽古なんで、

その前に軽く入るか。P1010017

―――

About 太気拳

難しいこと、判りにくいことを理解しようとする。

そんな時には、身近な問題に置き換えて考える。

そうすると正確ではないにしてもざっくりと理解できたりする。

問題を自分の方に引き寄せてみるわけだ。

自分の身の回りに良くあること、

つまり日常的なこととの類似性を見つける。

―――

ところが稽古ではそうしない。

そうすると、

総てが日常あるいは常識の中に納まってしまう。

太気拳は多分常識外れなんだ。

だからそんな理解の方法は百害あって一利なし。

―――

P1010015 ある時、何かが変わった瞬間に、

パラダイムがコロッと切り替わる。

バッと視界が開ける。

夜が明ける。

いわゆる常識からずれたところに視点が変わる。

頭が切り替わる。

なんだ、こうだったのか・・・。

―――

いつも見過ごしていたものが素晴らしかったり、

すごいと思ったものが実はくだらなかったり。

今の延長じゃないところを見ようとする。

これに気が付かないと、

下手を打つ・・・。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »