« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

思いながら・・・

20121130日(金)

P1010027

娘の部屋で大音量の目覚まし。

おかげで夫婦共々起床。

しかし音源を耳元の娘は知らぬ顔。

―――

うねりは20cm。

ネットで鵠沼河口の映像確認するも、

僅かに十数人のみ。

今朝は完璧にフラット・・・。

―――

P1010030 朝食後に海岸。

思った通りに静か。

僅かにうねりは見えるものの波乗りにはなりません。

帰りに公園で30分ほど禅組んだり動いたり。

10分掛かる。

エンジンが掛かるまで10分。

この10分を短縮。

短縮と言うよりエンジン掛けっぱなし。

この方がいい、

そう考えての帰り道。

自転車を押しながらエンジンが切れないように。

そうか、これが稽古か。

なんて思いながら・・・。

| | コメント (0)

20121129日(木)

P1010020

あと一日で11月も終わり。

寒いわけだ。

今日は語呂合わせで、

良い肉の日で良い服の日だそうです。

お茶を飲みながらうねりチェックは50cm台、むむむ、行けそう。

何着て行こうかな・・・、と考える。

―――

セミドライで海に直行。

サイズは腿で思ったよりは小さいが、

それでも十分、

というかこれくらいが実力相応。 

二時間半でバテて終了。

P1010023 すかっとして気分上々・・・。

―――

about 太気拳

MDFを見つける。

たった一つのスイッチを起動させることで、

身体全体がひとつになって動き出す。

足指から手先まで繋がって、

全体を繋げてひとつにする事と、スイッチの在りかを探す事。

そのスイッチは例えてみればMDF。

Main Distributing Frame

中央配電盤だな。

それを沢井先生が「中心」と言ったんだろうな。

―――

何で身体のことを考えるときに機械だとか設備が出てくるのか。

多分、これは人間が作れるものが総て作り手自身を模したものでしか有り得ない、

って事なんだろうな。

だから時に例えがパソコンになったり自動車になったりする。

―――

動作で引き出されるものを、

静に定着させる。

禅を組むということはそんな作業だ。

だから静中に動がある。

それによって余分が省かれる。

まあ、最適化ってやつだな。

なんったって起動が速くなる。

| | コメント (0)

夢だったのか・・・

20121128日(水)

P1010019

昨日の波は夢だったのか・・・。

あっという間に消えた一夜の夢。

少しは期待したたんですが、

こうまで無くなるとは。

それでも一時間入って、

帰りの風の冷たいこと。

ああ、冬が来た。

| | コメント (0)

許してください・・・

20121127日(火)

P1010006

9時就寝の4時半起床。

うねりは1.9m。

お茶を飲みながら夜明けまで待機。

―――

6時海岸着、サイズは胸から肩。

既に先着の十数人に混じって波乗り。

入った途端に良い波ゲット。

しばらくするとキッズ・サーファーのど真ん中。

やれやれ、どうやっても彼らのテイク・オフの早さにはかないません。

ロングのそのまたアウトから平然と波を持って行かれちゃう。

早く学校に行きなさい、君たち。

ともあれ、楽しく一時間。

ああ、いい朝だな。P1010005

―――

ある日

会社をさぼった

あんまり波が

良かったので

海で

半日過ごして

午後は

ビールを飲んだ

つまり人間らしくだな

生きたいんだよぼくは

なんて

喋ってるおっさんが今日あたりは茅ヶ崎に居そうだ。

辻征夫の「ある日」(詩集「かぜのひきかた」)からのパクリ。

僕の好きな詩ですから許してください・・・。

―――

しかし、自然の変化の速さには驚く。

昨日の石廊崎のうねり。

9時には0.1m、つまりフラット真っ平ら。

それが一時間後には一挙に2m。

そして5時間後には4mそして5m

平塚沖でも40㎝台が一時間後には2m超。

静かな海だな、

なんて安心してるとあっという間にとんでもない事になる。

やっぱり自然はなめちゃいけませんね。

もっとも人もなめると返り討ち。

まあ、人も自然のうちですからね。

| | コメント (0)

相変わらず苦手・・・

20121126日(月)

P1010001

3時半に起床、

寝床でうねりチェックで30cm台。

起きてもやること無いので布団に包まって一時間ほど読書。

で、結局二度寝。

意外とよく寝て6時半起床。

今日は1126日で風呂の日。

敬意を表して朝風呂。

小原庄助さんに習って、

風呂上りにビールと行きたいところですが、

まだ身上を潰すわけにもいかないんで熱いお茶で我慢。

身体は軽いんですが、

気が重い。

理由は午後の歯医者。

相変わらず苦手・・・。

―――

今日はこれから天気が崩れて雨風予報。

低気圧通過の明日期待。

今日中にやることやって明日こそ・・・。

と、まずは偵察。

思った通りのフラット日和で諦めがついて。

―――

about 太気拳

禅は未発状態の設定だ。

通常の静は不発。

禅の静は未発。

引き絞られた弓、

矢は弦につがえられ、

動を秘めた未発の静。

静中の動が此処にある。

| | コメント (0)

再発か・・・

20121125日(日)

P1010001

昨夜は爆睡。

起きて初めて寝てた事に気がついた。

連れ合いに聞くと「9時半頃に寝た」。

天気は快晴。

―――

うねりは30cm台と減衰。

今日は波乗りなしで偵察のみ。

思った通りに波はわずか。

それでもロングの皆さんは朝から全開模様。

冷たい空気に聳え立つ富士の冠雪も七割方。

思いっきり砂浜で伸び~。P1010003

―――

about 太気拳

力を静に閉じ込める。

静に動を封じ込める。

動は静の解放に過ぎない。

動の源になるような静を如何に形作るか。

それが禅を組む目的の一つ。

静は動の源であり、

動は静の実現に過ぎない。

―――

意念は単なる言葉に過ぎない。

しかし、

その言葉によって動と静を繋ぐ。

その意味で、

言葉は灯台であり、希望を繋ぐ光。

(今朝の気分はコピーライター)

―――

P1010002 それにつけても、

調子に乗るってのは良くない。

60過ぎて何言ってんだ、だけど・・・。

昨日の稽古が終わってから再び座ってお遊びの発力。

昨日は体重の重い弟子を相手に。

途端に、

痛!!!60肩が再発か・・・。

心配しましたが今朝は回復。

今日は月イチのセミナーなんでホッとしました。

| | コメント (0)

なりにけり・・・

20121124日(土)

P1010008

東に走り去った低気圧。

17時には石廊崎で一挙にうねりが1mを越えた。

2時間後にはこちらも20cm台から60cm

そして1mを越えた。

ところがあっという間に明け方には40㎝台!!!

がっくりしながらも着替えて海。

―――

暗い中既に先着五名様。

サイズは腿から腰。

でも、たまにいいのが来て満足な一時間。

―――

しかし、帰りの自転車が寒い。

そんな季節になりにけり・・・。

| | コメント (0)

退屈したら稽古できる・・・

20121123日(金)

P1010005

5時半起床、曇り。

9時就寝でこの時間。

まあ、よく寝る・・・。

低気圧は四国沖から徐々に接近。

しかし、今のところはうねり20cm台。

―――

朝食後に散歩、

と思ったら既に雨が降り始めて断念。

―――

About 太気拳

座って禅を組むことができるのは新しい発見。

ま、坐禅て言えば終わっちゃいますが。

腹と腰の具合を整えてあえて脚を捨てる。

脚を捨てて上下の力を保持。

前後左右に力を引き出せるかを確認。

頼りなさはあるものの、

それなりに出る気配。

これなら電車で座っていても、

退屈したら稽古できる・・・。

―――

これを反語風に格好付けると、

動を求めて静に至る・・・。

| | コメント (0)

達人だ・・・

20121122日(木)

P1010004

うむむ、と7時半起床。

朦朧としながら朝食。

昨夜は長女と3時までだべりながら飲みながら・・・。

つまみは話題の餃子の皮で作るピザ。

途中から餅も入って醤油味。

久しぶりに大笑いの深夜でありました。

―――

もちろん波が無いのは織り込み済みなので、

再びソファーで居眠り・・・。

―――

起きてふと外を見ると鳥が樹に。

カメラを取り出して写そうとするが難しい。

鳥の動きにテレホンが無い。

シャッターを切る瞬間を合わせられない。

鳥はなかなかな達人だ・・・。

―――

About 太気拳

稽古の後に戯れに座っての発力。

上下の張りだけなので頼りなくはあるが力は出る。

これからは座っていても稽古が出来る?

王師が座って人を飛ばした、

との話が残っている。

その真偽は置いておくとしても、

そのおかげでこんな試みが出来る。

意外と足が無い分上下の力が強調できて、

力の中心を見極める稽古になる。

―――

そんなことを思いながら、

パソに向かって発力???

| | コメント (0)

励起・・・

20121121日(水)

P1010003

6時半起床、晴れ。

空はピーカン。

冷え込み強しでヒーター入れてお茶一杯。

うねりは30cm台で心静か。

朝食後に海岸散歩。

出会った先輩とポイント情報交換。

あああ~、と大きく伸び。

P1010001 胸一杯に朝の元気を吸い込む・・・。

―――

about 太気拳

太気拳が何に依って太気拳なのか。

拠り所は何であるか。

腹であり腰であり、

その持続であり、

呼吸の響きであり、

起伏でもある。

総じて身体と心の励起・・・。

| | コメント (0)

気分爽快・・・

20121120日(火)

P1010064

6時起床、晴れ。

のんびりと朝のひと時。

期待せずに海岸散歩。

空気はもう冬の気配で、

手袋がほしいくらい。

到着すると、

おお出来てる!!!

慌てて帰って、

それでも皆と朝食を摂ってから出発。

―――

サイズは腰から腹でオジサン向きのいい波。

一時間で帰る、

と言ったにもかかわらず二時間。

気分爽快・・・。P1010058

―――

About 太気拳

師の師である王向斉師。

素は弱かったんだよ、

と稽古の後軽口。

もともと強い人は稽古法なんて残せない。

素が弱かった人が強くなった。

弱かったからこそ道筋が残せた。

そう思うと楽しいね、稽古って。

| | コメント (0)

塵も積もれば・・・

20121119日(月)

P1010049

5時起床、曇り。

うねりは一挙にダウンで40cm台。

これから満潮に向かうので迷う。

ま、今朝はちょっと待ちの姿勢。

―――

急須にお茶の葉を、

と茶筒を手に取ると空。

毎朝の量はスプーン一杯。

僅かな量なんですが、

気が付くと茶筒が空になっちゃう。

塵も積もれば・・・。

稽古もな、

って朝から親父の小言。

―――

海岸偵察は思った通りでサイズは膝からたまに腿。

P1010057 体重が2030㌔のキッズにとっては腰腹でかっ飛ぶ。

ぐっと冷え込んできてこれから行き帰りが堪えるな~。

―――

About 太気拳

推手をする。

組み手する。

対人練習だと眼の前に相手に負けまい、

勝とう、と思う。

誰だってそうだ。

でも、と考える。

目の前の相手に勝っても、

別の人間には負けるかもしれない。

そうならない為には世界中の人間を相手にしないとならなくなっちゃう。

と言うことは、

限られた人と対人練習をしてもしょうがない、

なんて考える。

―――

眼の前の人間とやって、

それ以上の人間にも通じるものを得る。

目先に捉われるのではなく、

遠くを目指すとはどういうことか、

をじっくり考える必要がある。

| | コメント (0)

怖かった・・・

P1010036 20121118日(日)

8時就寝4時起床の優等生。

うねりは2m超。

石廊崎では一時5mを超えた模様。

台風並みの低気圧だったって事でしょうか。

しかし、早起きしても日の出は6時過ぎ。

と相変わらずのお茶。

―――

暗い海岸でうごめく人影。

「まだ夜だよ」とお互いに笑いながら準備体操。

サイズ頭でパワー全開。

一度巻かれて溺れそう。

慌ててリーシュを掴んで水面に。

う~、久しぶりに怖かった・・・。

稽古があるんで一時間で撤収。

でも明らかに技量を超えた波。

それでも3本乗れて満足。

―――

さて、気分爽快で

これから稽古に気合入れるぞ。

| | コメント (0)

呆れたもんだな~

20121117日(土)

P1010034

今にも雨が降り出しそうな朝の海岸。

南風が結構吹き、

更に強まる予想。

準備を始めているウィンド・サーファーが数人。

サーファーが10人ほど入ってますが、

こちらはサイズ膝から腿で立って終わり。

―――

ちょっと必要があって30年前の映像を。

何とも貧しい組み手をしてるんで、

沢井先生も随分歯噛みしただろうな、

と今更ながら感慨を覚える。

お見合いの練習してるんじゃねえぞ!

なんて今の天野なら言いそう。

―――

あの頃は、それでも一丁前のつもりだったとすれば、

まあ、呆れたもんだな~。

自分の未熟に気付かない、

って事が未熟の条件なんだな。

これを称して能天気。

| | コメント (0)

捨てがたい・・・

20121116日(金)

P1010031

6時起床、晴れ。

昨日までのうねりは一気に減少で20cm台突入。

ま、昨日は2ラウンドやったので今朝はノー・サーフィン。

―――

西高東低の冬型の気圧配置。

西から低気圧が接近して南風で風波サーフィン。

で、通過して北風になって面つるサーフィン。

次の低気圧まで一息ついて・・・。

ここで休むのが肝心。

そして再び南が吹いて・・・。

―――

いつものように海岸散歩。

同じく散歩中の先輩と遭遇。

ポイントの情報交換。

パが良いとかチもいいとかツも捨てがたい・・・。

空気が澄んでいて烏帽子の彼方に大島。P1010032

―――

About 太気拳

自分の限界を知る。

出発点はそこだろ。

限界で撤退するか、

それとも突破しようともがき足掻くか。

同じ処が人によっては出発点。

人によっては終結点。

天野はなんと往生際の悪いことか。

おかげで往生しないで済んだ。

往生するのはほんとに逝く時で良い。

| | コメント (0)

おしまいかな・・・

20121115日(木)

P1010026

お茶を飲んで、即着替えて海岸。

サイズは腰から腹。

冠雪した富士山を眺めながら波乗り。

冬間近の冷え込みで冬用のウエット。

さすがに今朝はスプリングは無し。

青空、遠い雲、光る波・・・。

十分に楽しんだ3時間。

今日で波はおしまいかな・・・。

| | コメント (0)

また明日・・・

20121114日(水)

P1010024

6時起床、晴れ。

うねりは1m超、風が北西。

即着替えて、

と行きたいところを我慢。

今朝は連れ合いが日帰り旅行に行くんで、

天野が朝食準備を仰せつかってる。

サラダを作って卵を焼いて、と。

8時出発でサイズは腰から腹。

一時間ほどで風が変わって終了。

また明日・・・。

―――

About 太気拳

連載の原稿を書いてたら気が付いた。

「技」って漢字が「枝」と似てる。

枝は幹から出たものでその先には葉。

称して枝葉。

幹や根じゃない。

技を練習するのを稽古のすべてと勘違いしちゃいけない。

技の練習は枝葉の稽古、ってところ。

枝葉が繁るには幹や根がしっかり張ること。

幹や根を育てるんだね、禅組んで・・・。

| | コメント (0)

月日の経つのは・・・

20121113日(火)

P1010020

悪い癖が出て夜中に起きて本読んで・・・。

目覚めたのは7時。

朝食後に波乗り、サイズは腰で激混み。

波取り合戦に参加。

数本ゲットで終了。

何でこんなに混んでるの?

―――

気が付いたらもう11月の中旬。

月日の経つのは・・・。

まだ今年一年の感想なんて早すぎだけど、

実りが結構あったな~。

この調子で暮れまで突っ走りたいね。

| | コメント (0)

嬉しい!・・・

20121112日(月)

P1010018

6時起床、曇り。

波が上がるのは午後だろうな、

とのんびりとお茶飲んでパソを立ち上げてうねりチェック。

と、なんと70cm台!!!

慌てて着替えて朝食パスで海岸直行。

サイズ腹でインサイドまで乗れて満足。

絶好調~なんて思ってたらカレントが強くて、

パドルばっかりで二倍疲れる。

2時間でヘロヘロな朝一サーフィンでした。

この分だと明日もいけそうで嬉しい!

―――

About 太気拳

パンチの速度を上げようとする。

どうすれば速く拳を繰り出すか、

に腐心する。

でも、そんな速さはいくら稽古しても大して速くなるもんじゃない。

もちろんそんな工夫も大事だけど、

もっと大きな目線を持ったほうがいい。

動作一つ一つの速さより、

各部の強調した速さと言うものがある。

見た目は速そうには見えない。

しかし、立ち会ったものにしか感じられない速さがある。

力もそうだ。

見た目は何もしていないように見える。

しかし、立ち会ったものにしか感じられない力がある。

速度を求め、

力を求める、

そして変化を求める。

どれも身体全体が協調し、

相乗的に働いてこそだ。

―――

足指が膝を引き出し、

膝が腰に絡み、

腰が腹に連なり、

腹が肩を押さえ、

腕に、そして頭部へと続いていく。

どこが動いても身体全体に波及する。

小さな指の動きが大きなうねりになって身体全体を駆け巡る。

| | コメント (0)

気合・・・

20121111日(日)

P1010012

5時半起床、曇り。

P1010015

うねりは30cm台・・・。

波は極々小波、超~小波。

でも地形が良いので出来てます、ほんのちょっとですが・・・。

明日通過する低気圧に期待。

―――

先日のグランド・チャンプのライディングがまだ脳裏に。

あのイメージで気合がはいって、

むむ、この勢いで次の波に乗るぞ。

って、まあ気合だけで終わるのが常なんで。

空回りする気合・・・。

なんとなく想像できちゃうな。

| | コメント (0)

見かけーーー

庭の片隅に柿の木。実がたわわになつている。

隣家の庭先にも同じく柿の木。

お隣さんの柿は甘く、こちらの柿は渋い。

見た目で中身は推し量れない。

なるほど、真理は何処にも転がっておるもんじゃの~。
1352525193543.jpg

| | コメント (0)

感心・・・

2012119日(金)

P1010006

昨日のうねりが少し残っていて、

混雑の中で一時間。

乗った本数は少なかったけど、

プロが3人ほど入っていて、

ひたすら感心・・・。

もっと感心したのはビキニにタッパーで入っていたお嬢さん。

もう11月も中旬になろうと言う日。

まあ、太めだから大丈夫だったのかな。

P1010008 このお嬢さんにも感心・・・。

| | コメント (0)

間近・・・

2012118日(木)

P1010001

6時起床、晴れ。

うねりが落ちるのを懸念していたが60cm台をキープ。

ホッとしてのんびり朝食。

天気が好いのでちょっと迷ったが、

冬用のウエットで海。

―――

平日のもかかわらず結構な人出。

それでも腿腰サイズで一時間半。

上がってしばらく皆さんのライディング観賞。

この波でくるくる回ったり空飛んじゃうライダー。

実に凄いもんだな~、と感心・・・。P1010003_2

―――

帰り道で富士山を見上げる。

雪を頂いた山頂がまぶしい。

冬間近。

交流会・忘年会も間近・・・。

P1010004

| | コメント (0)

心身互根・・・

2012117日(水)

P1010070

6時起床、雨。

靄がかかっていて、庭先の緑がぼやけて見える。

うねりは50cm台と落ちてきている。

これは早いとこ、

と着替えて海岸へ。

いつもの通りも靄のおかげで違う雰囲気。

海岸到着で海を見ると、

波があるんだか無いのかもわからない。

ただ波音がするだけ。

わずかに数人がかすむ波間に浮かぶ。

ところが入ってみると、

皆さん結構集合でそこそこの混雑。

サイズは腰で2時間ほど。

気持ちよく今日一日を始められて満足。P1010074

―――

About    太気拳

意念・意は言葉だ。

何も難しく考えることは無い。

―――

じゃあ、何故言葉があるのか。

どんな時に言葉を使うのか。

それは気持ちを伝えるときだ。

気持ちは見ても判らないときが多いからだ。

感覚を伝えようとする。

感覚とは心だ。

だからそれを言葉で伝えようとする。

意念も言葉だからまったく同じ。

―――

何かをする。

動きからはどんなつもりで、

あるいはどんな気持ちでやっているのか判らない。

だから言葉で伝えようとする。

それが意念だ。

だから意念は言葉に過ぎない。

―――

でも、もうちょっと踏み込む。

言葉にならないもの。

例えば手触りとか感触。

そう言ったものを「暗黙知」といった人も居る。

そんなものも伝えようとするのも意念。

言葉で言葉にならないものをも伝えようとする。

なんとも人間的な営みだ。

伝えきれない心の動きを伝えようとする。

それが太気拳だ。

―――

心の動きは伝わらない。

それを何とか伝えようともがいて成立したのがこの拳だ。

―――

そして心は身体の鏡であり、

同時に身体は心の鏡でもある。

心身互根・・・。

| | コメント (0)

心映え・・・

2012116日(火)

P1010061

5時半起床、雨。

低気圧接近でうねりは50cm台。

にんまりしながら海岸偵察。

サイズは腿から腰。

潮が引いてるのでまだ若干速め。

これからでしょう・・・。P1010067_2

―――

About 太気拳

放送大学で有田焼14代今泉今右衛門のインタビュー。

伝統を繋いでいく、継いでいく。

そのために形を真似しようとすると似て非なるものになる。

精神的なものを模倣しないといけない。

出来上がったものに技術が出るのではなく、

ものとしての存在感が表れてくるようなものじゃないといけない。

精神的なものを充実させていく。

太気拳も同じだと思う。

意であり心であり、気持ち、気分あるいは心映え・・・。

―――

一年で結果を出そうとすると、

一年で結果を出せる程度のことしかやろうとしない。

10年で結果を出そうとすると、

10年のスパンで結果を求める。

終身を掛けて求めると、

その人の器量が表れる。

―――

その器量が存在感であり、

心映えなんだろうか。

| | コメント (0)

あ~ああ・・・

2012115日(月)

P1010060

今日ももちろん波は無し。

とりあえずのチェックも20cm台。

まあ、期待してないのでそれほど落ち込みもせず、

のんびりと海岸偵察。

思ったとおり静かな凪。

あ~ああ・・・。

―――

About 太気拳

息の長い稽古。

性急に何かを求めるんじゃなくて、

続けることで初めて滲み出てくるもの。

そんなものが良い。

―――

大事なものは思いもしなかったところから顔を出す。

稽古して気付かされるのは、

足りないもの。

足りないものが見えて初めて一歩進める。

そういう意味では、

欠落こそが希望だ。

―――

一年の計、十年の計、

そして終身の計。

何処を見るかでやること、

考えることが違ってくる。

一年先を見ようとする、

十年先を見据える、

身果てる時に充ちる事を考える。

―――

当たり前だけど、

人は死ぬまで生きている。

死ぬまで活き活きと生き切る。

| | コメント (0)

腹が立つーーー

2012年11月3日


1351933609973.jpg


最初はみんな脚で立つ。

次に徐々に腰で立てるようになる。

そして更に腹でも立てるようになる。

腹が立つ、では無い。

腹で立てるようになって、

少しは様になる。

変わって行くのを見るのも面白い。

| | コメント (0)

期待はずれ・・・

2012112日(金)

P1010051

7時起床、晴れ。

ありゃ!うねりが40cm

期待はずれ・・・。

それでも一応は海岸偵察。

秋晴れの中、サイズ膝たまに腿。

富士山は既に雪化粧。P1010050

―――

帰りに公園で禅。

連日で脚がパンパン。

で、殆ど立った(?)状態で立禅。

―――

潮の引きを待って海。

もちろんサイズは膝。

それでも肩の入れ方が少しずつ進歩で満足。

水温も暖かくて気持ちの良い波乗りでした。

| | コメント (0)

そうありたい・・・

2012111日(木)

P1010045

7時起床、晴れ。

もちろんうねりは無し。

おかげでのんびりした朝。

朝食後に海岸散歩。

凪~、で漣が波打ち際で砕けるばかり。

海に浮かんでる方々も、

実に所在無さそう。

今日はこれから南風予報。

P1010042 明日だな・・・。

―――

About 太気拳

形は単なる形に過ぎない。

しかし形に動きが宿ると、

止まっていても動いて見える。

写真でも絵画や彫刻でも動きが感じられるものは素晴らしい。

それが時に肉体の動きであったり、

心の動きであったりする。

―――

動きとは何だろう、

って考える。

「動き」って時間だ。

時の移ろいを動きというんだ。

すべては時と共にあるということだ。

静止に中に時間を刻み込む。

時間が組み込まれた静。

静中の動。

天野の禅もそうありたい・・・。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »