« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

下手の上書き・・・

2013131日(木)

P1010066

相変わらず静かな湘南です。

のんびりジョギングで鵠沼まで。

砂浜を走ったり歩いたり、

往復2時間掛けてのんびり。

銅像前も脛膝サイズ。

それでも結構な人出。

とってもこの中に入る勇気無し。P1010071

―――

もう一月も今日で終わりなんですが、

今月は本当に数えるくらいしか海に入ってないな~。

これじゃ、ますます下手になる。

下手の上に下手の上書き・・・。

―――

About 太気拳

推手では、

必ず自分の顔面を護り、

空間を維持する。

それが無くなると却って相手を呼び込む稽古になりかねない。

これが一点と、

もう一つは螺旋の意識。

螺旋なんて面倒なことを考えなくても良い。

P1010063 力はしめ縄のような強さを求める。

鋼の強さではなくて、

しめ縄のようにしなやかだが張りのある力。

身体各部のそんな締りを求める工夫。

| | コメント (0)

2013130日(水)

P1010048

無いのは判ってるけど、

まずはチェックで30㎝台、やっぱりな~。

一体何時になったら・・・。

―――

あれがしたい、

これがしたい、

あれもこれも。

でも、やりたいけどできない。

―――

P1010058 だからできるのが嬉しい。

やりたいことが一杯あるのも、

でも、できないことも一杯あるのも、

両方とも。

| | コメント (0)

見苦しい・・・

2013129日(火)

Photo

ん、うねりが50cm???

何故かは知らねど良い感じ?

まあ、今日は父の墓参りなので、

波があっても知らん振り。

―――

そうは言っても気になるのは仕方なし。

途中の七里が浜はサイズ腰。

だらだらの感じで、

ロングはともかくショートはな、

ってな感じでした。

―――

帰り寄った秋谷の立石。

さすがに神奈川景勝五十傑。

―――

about 太気拳

頭が考えてる正面と力の線のズレ。

漫然と稽古してると、

この違いに気付かない。

力の線は斜になる。

棒をいじっているとこの違いが判るが、

棒という道具が無くなると、

同時に力の線もなくなる。

素手の状態でも力の線を維持できるかどうか。

力の線を通じて相手を捉えられるかどうか。

それがものの見方の違いとなる。

ものの見方は心の問題だけど、

それを変えて行くのは身体の質だ。

心を身体から変えていくって事だな。

―――

変化というのは、

力の線の転換。

だから肝心の線を見つけないと、

ただやたらと動くか、

居付くか。

そのどちらかになってしまう。

つまり見苦しい・・・。

| | コメント (0)

最高の休日・・・

2013128日(月)

P1010043

布団の中でスマホ・チェック。

うねりは20cm・・・。

う~ん、残ると思ったんだけどな。

ま、昨日の朝一に少しできたから良しとするか。

―――

昼前に海岸ジョギング。

鵠沼まで行きは砂浜、

帰りは遊歩道。

慌てず急がずのんびり汗をかいて爽快。

しばらくカモメの遊ぶのを眺めたり、

貝を拾ったりしながら。

天気は快晴、ほぼ無風。

これで波があれば最高の休日・・・。

| | コメント (0)

暗い、寒い・・・

2013127日(日)

P1010038

6時起床、晴れ。

うねりは70cm台。

暗い、寒い・・・。

どうしようかな、

と迷ってる自分を発見。

迷ってる、

と気付いたんで着替えて海。

ブーツに初グローブ。

サイズは腰で若干だらだら気味。

―――

波乗りをしに海に入る、

じゃ無くて、

気持ちを洗うために海に入る。

おかげですっきり。

しかし、

今日からブーツとグローブは離せませんね。

―――

さて、

今日は月一の基礎講座。

気分爽快で出発。

| | コメント (0)

2013126日(土)

P1010034

5時半起床、晴れ。

雲ひとつ無い青空。

風は西南西。

早速防寒着をしつらえて海岸。

朝一組みは寒さに負けじと全開。

でも、寒い・・・。

特にキッズは寒さなんて関係無さそう。P1010033

―――

About 太気拳

稽古の成果を組み手などの対人で引き出す。

これが結構難しい。

一瞬の反応が命で、

迷い、恐れ、戸惑いが錯綜する。

そんなときに出てくるのは心の問題。

―――

心の問題って言っても、

大それたことじゃなく、

相手をどのように捉えるのか、

と言った事。

―――

P1010032 相手との関係をどんな風に捉えて、

どんな風に見るのか。

注視してもだめだし、

しなくても駄目。

―――

相手を見る眼と

自分を見つめる眼。

その両方の按配だ。

―――

人と向かい合うと言うストレス。

思ったより厳しい。

| | コメント (0)

13m・・・

2013125日(金)

P1010029

南西風13m・・・。

海岸まで自転車を漕いでも進まない。

ようやく辿り着いた浜は砂嵐。

数人のサーファーとウィンドのみ。

早々に退散。

入るか入らないか、

それが問題だ。P1010026

今日明日は風はこのまま予想。

日曜の朝一狙いかな。

| | コメント (0)

休養日・・・

2013124日(木)

P1010011

お決まりのうねりチェックは30cm台。

いつもの波無し湘南が戻ってきました。

南岸を小さな低気圧が通過してるようですが、

今のところは影響なし。

ちょっとがっくり。

―――

走る準備で海岸偵察。

思った通りに波無しで静かな海岸。

一時間ほどジョギング、腹筋ですっきり。

後は休養日・・・。P1010014

―――

About 太気拳

どんな動きでも、

単に動くのじゃなくて、

抵抗を感じながら動く。

水飴の中で動く感じだ。

―――

中心が各部を動かす感覚を掴む。

それは逆に各部が中心を動かしていくことに繋がっていく。

指が動けば身体全体が動く。

指の小さな動きが全体に連なっていく。

動かし、

動かされるものが混然と一体になる。

―――

稽古で繋がりを求めて、

それが組み手などの稽古でなかなか出てこない。

相手がいる、

と言うストレスは想像以上に厳しい。

それを乗り越えるには、

あれをやる、

これをするではどうしようも無い。

―――

躍る心を失わない。

結局は心の問題に行き着く。

自分を失わない。

それは自分を感じ続け、

P1010006 見つめ続けることなんだろうな。

| | コメント (0)

腹ごしらえ・・・

2013123日(水)

P1010023

6時半起床、晴れ。

うねりは80cm台をキープ。

干潮が8時半過ぎ。

まずまず午前中なら波乗りが出来そう。

しっかりと腹ごしらえ・・・。

―――

海岸到着すると先輩から一言

「出勤が遅いよ!」。

サイズは腰から腹。

寒いせいか人が少ない。

久しぶりにいつもの皆さんと挨拶。

身体がかじかんでるのと、

ブーツ慣れしてないせいでテイク・オフに何回か失敗。

それでも何本かは良い波に乗れて満足。

海に入ると、

日常が戻ってきた気分。

| | コメント (0)

そわそわそわ・・・

2013122日(火)

低気圧接近で雨。

予報では雪の可能性ありとの事。

今のところは紀伊半島あたりを通過中。

ここはじっと待つの一手。

波が届くのは午後かな~。

水温は13度前後で結構冷たい。

心しておかないと・・・。

―――

雨を眺めながらのんびり。

こまごまとした事の片付け。

こまごまも山になると結構大変だ。

そうこうして気象庁のページで石廊崎のうねりを確認すると、

なんと一挙に2.4m!!!

ホントかな?

----

ホントならば昼過ぎにはドカンの可能性あり。

そわそわそわ・・・。

ーーー

P1010020_4 

やっぱりうねりは本物で、

午後から上がって胸肩サイズ。

待てば海路のうねりかな。

| | コメント (0)

寝坊・・・

2013121日(月)

P1010011

寝坊寝坊・・・。

原因は談志.

早寝しすぎで夜中に起きて、

本読む代わりに落語。

「居残り佐平治」に3分で引き込まれて、

「つるつる」に「権助提灯」。

あ、寝なきゃ・・・。

―――

P1010019 うねりは相も変わらず20cm台。

しょうがないんで、

走るかっこうして海岸。

小一時間ジョギング。

海が静かだとやたらに鳥が目に入る。

鳶に鳩に雀、と空飛ぶ鉄の鳥も。

―――

体調を整える。

これが自分の大事な仕事だと、

最近になって気付いた。

健康で居ること。

これが一番大事なことだと・・・。

もちろん身体だけじゃなくて気持ちもだけど。

―――

さて、今日は茅ヶ崎で稽古。P1010015

気持ちよく禅が組めそうな予感。

| | コメント (0)

頑張れ・・・

2013120日(日)

P1010067

6時起床、うねり20cm台。

遠くのお屋敷の壁に朝陽が当たって光る。

日の出が綺麗だろうな、

と思うけど寒いので海岸に行く気にならず。

ヒーターの前でお茶。

―――

波が無いと、

朝一番の弾みがつかない。

明後日あたりに低気圧接近。

雪、後波の希望的予報あり。

ああ、波乗り忘れそう・・・。

―――

それでも朝食後に海岸。

見事に静かな渚。

お、カヌーに新人搭乗。

小学生くらいの新人カヌーイスト。

大人に混じって、頑張れ・・・。

―――

About 太気拳

外から判らないもの。

一番判らないものは頭の中だ。

頭の回転速度は外から見えない。

その速度を上げる。

その為に身体の回転速度、

転換速度を上げる。

身体の転換速度も見えない。

見えない速度で転換する。

つまりこれも見えない。P1010069

―――

反応は身体以前に頭の反応だから、

これを上げないと始まらない。

反応は頭の回転速度の比例する。

当たり前と言えば当たり前。

―――

ただし、この速度は計算速度でも論理的な思考速度でもない。

禅の振動はこの速さを導くためだ。

振動はリズムじゃない。

リズミカルに、

なんておっとりしてたらやられちゃう。

| | コメント (0)

初詣で

今頃になって初詣でです。

神様は願い事を聞いてくれたでしょうか。
1358573103031.jpg

| | コメント (0)

波が無い・・・

2013118日(金)

P1010051

うねりは1020cm台。

凪ですね。

朝食後に海岸散歩&ジョギング。

波が静かなせいか、

P1010059 鳥が水面に浮かんで休息中。

あの鳥もこの鳥も・・・。

―――

時々歩きながら練りの稽古。

改めて後ろの力を確認しながら前に。

天気に恵まれて気持ちいいんですが、

波が無い・・・。P1010061

| | コメント (0)

間違いのもと・・・

2013117日(木)

P1010027

うねりは、

と布団の中でチェックは60cm。

ほのかな希望を胸に起床。

―――

ジョギングを兼ねて海岸散歩。

波打ち際を走ったり、

歩きながら練りをやったり。

―――

練りで禅の空間のことを考える。

自然に空間は感じてくるけど、

どうも皆内向きの空間。

そうじゃなくて、

外と区切られた空間が大事じゃないか、

と思う。

内に抱え込むより、

外との境界を際立たせる。

相手を自分の外で捉える。

それができないと、

自分の空間を護れない。

―――

なんて散歩だか稽古だか判らん時間を過ごして、

じっくり汗をかいて帰宅。

波は何処も乏しくて、

本日は波乗り無し・・・。

でも、充実感。P1010035

―――

About 太気拳

前に向かう。

前に向かえるのは、

後ろに向かう力があるからで、

それをないがしろにすると全体のバランスが狂う。

力にもバランス・シートがある。

動こうとした時にそれを阻もうとするもの。

それを禅でみつける。

阻力と言ったり、

矛盾力といったり、

でも、結局六面か・・・。

―――

しかし、言葉は何処まで行っても言葉にしか過ぎない。

言葉に対応するものを求めたって所詮は幻花。P1010029

禅を組んでりゃ、

大抵は感じてるもんだ。

それを言葉に置き換えて、

確固としたものにしたがるのが間違いのもと・・・。

| | コメント (0)

希望だった・・・

2013年1月16日(水)

P1010018

うねりは50cm台、

まずまずかな。

とは言え、空は鈍色。

なんかな、気合が入らないな。

―――

なんたって、昨日の海は冷たかった。

ドルフィンすると頭がキュン。

ブーツは履いたけどグローブ無し。

これが効いた。

しばらくすると身体に震え。

テイクオフどころじゃなくなって終了。

まあ、気分はしばらくぶりの波乗りで気持ちよかったけど。

―――

朝食後にジョギングを兼ねて海岸。

うっすらとうねりはあるもののいまひとつ。

もう少し引けば、と言ったところ。

汗をかいてホッと一息。

―――

About 太気拳

ああするこうするもいいけど・・・。

なんでああしてこうするのかな、

って考えたほうがいい。

何言ってんだ、

て聞こえるかもしれないけど、

これは入力と出力のことだ。

ああするって出力は、

こう入力があったからで、

その入力が無いのに、

こうする稽古したって始まらない。

―――

同じものを見ても、

見てるものが違うって事だ。

それを見つける、

見つけたい。

―――

こうする、

いや、こうできる奴は、

ああ入力があったからで、

その入力が無いのに、

形だけ繰り返したってできるわけが無い。

形は上手くなるかもしれないけど、

どんなに上手く描けていても、

絵に描いた餅は食えない。

―――

この人に世界はどう映っているのか。

沢井先生に出会ったときに思った事だ。

見えない世界を見たい。

それが希望だった・・・。

| | コメント (0)

お粗末・・・

2013115日(火)

P1010015

6時起床、晴れ。

早速チェックしたうねりは80cm台。

これからまだしばらくは上昇傾向。

海岸偵察、

と思ったが道路凍結の恐れありで、

今朝のところは自重。

陽が昇ってからに変更。P1010016

―――

やはり凍結の影響か新聞も未配。

しばらくはお茶飲んでのんびり。

午前中の予定を頭の中で組み立て。

波乗りして、

バイクのエアクリ清掃。

次はスマホの電源取りに使ったプラグの不良の結果、

おかしくなった車のシガーソケット交換。

できるかできないかは観察次第。

―――

About 太気拳

反応って何だ。

それは身体の反応の前に頭の反応。

つまり予測と選択。

それを可能にする頭も回転。

その次に身体。

予測は経験であり、

そこで一番大事なのは観察力。

―――

身体の動きから読み取る力と、

心の動きから予測する力。

そこからの選択。

―――

昨日は雪で一日中缶詰。

玄関前の雪かきで汗をかいて一句。

初雪や いつもの湯飲みに 大吟醸

お粗末・・・。

| | コメント (0)

あきれられ・・・

2013114日(月)

P1010010

♪雪が降る~。

今年初めての雨、

と思ったら、

あっという間に雪に変わって大雪。

にもかかわらず娘は成人式。

雪なのに晴れ着とはこれ如何に。

なんて駄洒落であきれられ・・・。

―――

うねりは20cm台で今のところは波無し。

まあ、あってもこの雪では腰が引ける。

天気回復の明日の期待です。

―――

昨日の演武会で刺激を受けて帰ってきました。

いまだに成長を続ける島田氏。

よし、天野も前に進むぞ、

と気合十分。

| | コメント (0)

飲みすぎに注意・・・

2013113日(日)

P1010003

昨日の午後吹いた風。

一気にうねりは1mを超えた。

にもかかわらずあっという間にダウン。

やはり今朝は30cm台ですか、

はあ~。

波がある時にどうしたらいいのか忘れてしまった。

―――

暖かな陽射しの下、

もちろんサーファーの影は無し。

しかし、明日は強い低気圧が接近。

今度は大きすぎても困るな・・・。

明日は娘の成人式だし。

―――

about 太気拳

腰で動くのと脚で動くのとはまるで違う。

腰で動いても脚は動く。

でも脚で動くと腰は死ぬ。

脚で動くと動きは途切れる。

腰は途切れない。

動きが途切れると気持ちが途切れる。

―――

脚で動く事しか出来ないと、

腰が見えてこない。

気持ちが途切れていると、

途切れていることに気付かない。

―――

人は自分にないものは見えない。

見えないとは、

無いことだ。

自分にないものは無いことになる。

しかし見えた瞬間に、

自分に無かったことに気付いて唖然とする。

―――

腰で立つ、動く。

こんな簡単な言葉はない。

簡単だけど、

それは簡単に出来るとか、

判ることじゃないな~。

―――

天野は稽古で腰というものを知った。

気持ちを切らないことも稽古で教えられた。

知って初めて知らなかったことに気付いた。

人によっては、

生まれつき身に付いちゃってる人もいるのかな。

―――

さて、今日は稽古の後は新宿へ。

島田先生率いるの気功会の演武会。

演武はともかく、

飲みすぎに注意・・・。

| | コメント (0)

混むんだろうな・・・

2013112()

P1010018

6時半起床、もちろん引き続いて波は無し。

偵察の 気力も沸かず 湯呑み干す

なんてお粗末をひねりながらため息。

―――

それでも月曜日あたりには西から低気圧接近。

唯一の希望ですが、

休日なんで混むんだろうな・・・。

混んでもいいから海に入りたい。

| | コメント (0)

希望よ・・・

2013111日(金)

Photo

しかし、波が無い。

もちろん今朝も無い。

昨日も無かったし、

多分明日もあさっても。

あああ~、希望よ・・・。

―――

暖かい格好で海岸へ。

そして小一時間ほどウォーキングとジョギングを合わせながら汗をかく。

すっきりして帰宅。

腰が少し渋めだったのが、

昨日の寝だめで持ち直し。

ま、休むのも大事。

―――

以前は親の敵のように潜っていた。

素潜りで一番拳法に役立ったこと。

それはパニックに成りそうになった時の回避法。

潜水ではパニックに陥るのが一番危ない。

どうすればパニックに成らないか。

何が起きても決して表情を変えない。

驚いても、苦しくても表情を決して変えない。

表情が変わった途端にパニクる。

ベテラン・ダイバーなら常識のはずだ。

―――

組み手でもそうで、

歯を食いしばったり決してしない。

歯を食いしばると我慢はできる。

でも、我慢はできても対応ができない。

何があっても平然とした表情を崩さない。

―――

眼は心の窓、

なんて言う。

表情も心の窓だ。

心が表情に出る。

逆に表情をコントロールすることで、

心もコントロールできる。

そんな事をダイビングで学んだ。

| | コメント (0)

驚いたな~

朝の7時に連れ合いに起こされた。

朝食を食べて寝た。

昼過ぎに学校から帰った娘にお昼ご飯は?

と起こされて食べて寝た。

気が付くと、

布団の中でまた眼が覚めた。

時間は16時。

驚いたな~。

こんな事もあるんだ、

と、

まだ布団の中ーーー。

もうすぐ冥土かな~。

| | コメント (0)

冷徹に・・・

201319日(水)

P1010016

今朝も昨日に変わらず20cm台のうねり。

もういい加減にしてくれよ・・・。

と言いつつ海岸偵察。

やっぱりね、

とウォーキング。

―――

About 太気拳

禅で身体を緩める。

身体を緩めるのは気持ちを緩めないといけないからだ。

身体と心の関係がここにも出てくる。

身体が繋がった状態で、

心を緩める。

気持ちと身体を繋げるが、

微妙な距離感もある。

―――

心は身体と共に相手と向かい合わない。

P1010014 もっともっと冷たい心を維持する。

そうしないと相手に飲み込まれる。

「闇夜に霜の降るごとく」との銃の引き金を引く時の言い伝えがあるそうだ。

これは雑賀衆を描いた司馬遼太郎のパクリだけど、

組み手も気持ちはそんな風だ。

どこかで気持ちを遮断する。

―――

どんなに動く身体も、

心が騒ぎ、

捉われると動けなくなる。

気持ちがぶれない。

これは強さよりも冷たさなんじゃないか、

そんな気がする。

何かを捨て、

切り離すことで湧いてくる心。

―――

熱く、しかし冷徹に・・・。

だな。

| | コメント (0)

敗者の言い訳・・・

201318日(火)

P1010012

しかし連日波の無い日が続く。

今朝も20cm台・・・。

朝一の海岸チェックも途絶えがち。

まあ、自然頼みなんで焦ってもしょうがないか。

―――

でも、陽を浴びながらの散歩は気持ち良し。

P1010001 これで波があればな・・・。

―――

About 太気拳

組み手なんてものは、

所詮は相対的なもの。

勝ち負けに拘っても始まらない。

―――

これは勝ったからって、

いつかは負ける。

そんな日が来るからだ。

でも、だ。

これは負けてもいいってことじゃない。

勝って驕るのもあほらしければ、

同じように、

負けて悔しがらないのは、

はなから問題外で、

武術なんてやらないほうがまし。

まして、

相対的なものだからやらない、

なんてのはお話にならない逃げ方だ。

勝者の戒めであり、

敗者の言い訳じゃない・・・。P1010007

―――

人は相対の中にしか居られない。

しかし、

そこからどうやって突き抜けるか、

で苦しむ・・・。

| | コメント (0)

地味~にキープ・・・

201317日(月)

P1010110

今朝も引き続いて波は無し。

うねりは20cm台を地味~にキープ。

のんびり朝を過ごしてから海岸散歩。

すれ違った釣り人に、

どうですか、

と聞くと、

首を振りながらの苦笑いで返されました。

のどかな、のどか~な冬の一日。

―――

フィリピン付近で発生した台風1号。

今回はたいした被害は無かったようです。

―――

さて、今日は茅ヶ崎での稽古日。

あんまりのんびりもしてられません。

| | コメント (0)

試さないことには・・・

201316日(日)

むむ、と7時起床、曇り。

当然うねりは乏しく20cm台。

海岸偵察も無しでのんびりとしてから稽古。

―――

About 太気拳

昨日の稽古でちょっと試してみたのは、

正面で相対できるのか。

新年初日のお年玉組み手。

結果は無理でしょ、

と納得。

変化が出来ない。

正面がある、

とみんな思ってるけど、

それは単なる顔や身体の正面。

正面てのは顔や身体の正面じゃない。

あるのは形じゃなくて力の正面で、

力の正面は二つある。

その転換が変化を引き出す。

―――

やってみるとすぐ判る。

身体の正面でやってると動けない。

その勘違いが常識になって、

勘違いに捉われると抜け出せない。

力の正面を見つける。

変化はそこから出てくる。

何でも、

試さないことには判らない。

| | コメント (0)

志・・・

201315日(土)

P1010108

6時起床、曇り。

うねりは20cm台。

さて、今日から稽古開始。

さすがに正月も飽きた、

というのが正直なところ。

家でごろごろするのも、

テレビのお笑い番組も満腹。

―――

普段はほとんどテレビは見ない。

しかし、正月は皆が見るので仕方なく見る羽目になる。

同じ顔が似たような企画で出ずっぱり。

彼らも大変だ、

あのテンションを落としちゃ行けないんだから、

やっぱり芸人てのもたいしたもんだ。

で、昨夜は談志のDVDで一夜。

パソコンで一人名人会。

ふと「談志」つまり談に志の名に気付く。

何事も志ありき、だな。

志が無ければ何処にも行けない。

P1010105 有っても行けないこともあるけど、

無ければはなから可能性は皆無。

―――

志・・・。

なんとも稽古始にはふさわしすぎて、

ちょっと恥ずかしい。

| | コメント (0)

動いて・・・

201314日(金)

P1010099

6時起床、晴れ。

お茶を飲みながら夜明けを待つ。

夜が明けたからといって、

何をするという予定は無し。

うねりは30cm台、まあ想定内。

―――

波は諦めて、

明日からの稽古に備えてじっくりと準備。

車で少し離れたお気に入りの場所。

遠くに丹沢を眺めながら二時間。P1010104

禅を組んで、

しっかり動いて・・・。

―――

About 太気拳

繋がるって何故だろう、

と稽古しながら考える。

身体が繋がっていないときに、

何故繋がりを見出せないのか。

何処がどう変わって、

それが見えてくるのか。

―――

繋がるともう後戻りはできないので、

以前がどうだったのか判らなくなってる。

神経なのか、

筋肉なのか、

骨格の角度なのか、

それともそれら全部なのか。

いや、多分それ以上のものの総体が、

P1010107 何かを自分に感じさせてくれてるんだろな。

―――

簡単に出来上がるものじゃないけど、

手軽じゃないものだからこそやる価値がある。

そう思う。

| | コメント (0)

帰還・・・

201312日(木)

P1010076

6時起床、晴れ。

吹き続いた南西風でうねりは140cm。

夜半に西に変わりコンディションは上向き。

もう少し待てば、

今度は西から北に変わるとの予報。

皆の起きだす前に、

お茶を飲みながら一人にんまり。

―――

P1010078 まずは偵察。

サイズ腰腹で満潮を控えて厚いが結構ショートでもできてる感じ。

ここはひとつ大人の余裕で引きに入ってからにするか。

帰りに公園で禅。

―――

About 太気拳

年末から数日間禅を組んでない。

足指が膝や腰と繋がって、

腰と腹が繋がって、

腹と肩、そして腕から指先へ。

気持ちいい充実感。

数日組んでなかったけど、

無くしてなくて、

良かった・・・。

―――

この繋がりを失わずに動くこと。

「練り」はめったやたらに動くんじゃなくて、

これを失わずに変化に繋げていく稽古。

あるいは、

この繋がりを求めて動くことだ。

―――

静中の動、

動中の静とは言うけど、

要は、

静で求めるものも、

動で求めるものも同じだ、

というに過ぎない。

―――

禅を組んで、

そろそろ正月騒ぎから帰還・・・。

で、食事も終わったし、

これから海~。P1010082

| | コメント (0)

酒一升・・・

201312日(水)

P1010068

6時起床、晴れ。

南西の風が強くうねりは1m超。

昨日の波乗り疲労&飲み疲れで本日は休業、

Zuzuzu・・・。

―――

新年が明けての節目。

でも、歳が改まっても人は変わらず。

春立つや 新年古き 米五升

とは芭蕉先生の句。

春立つや 新年古き 酒一升・・・

の昨夜。

―――

今日は駅伝に観衆で参加。

そしてそろそろ稽古開始かな。

気持ちのいい時間を探してちょこっと禅にご挨拶してこようかな。

―――

P1010072 海岸は南西15Mの強風。

この中を西を目指す駅伝ランナー。

こりゃ大変だ。

―――

と気付いたらビール片手に、

駅伝にテレビで参加の天野・・・。

| | コメント (0)

楽しい元日・・・

201311日(火)

P1010065

6時起床、晴れ。

まずは着替えて海岸。

ほぼ満潮で厚い波。

一時間で一本も取れずに終了。

―――

朝食後に再挑戦。

サイズ腰でやはり厚いけど何とか少し。

なんだ、立てるじゃん、

という程度ですが。

―――

午後は兄やら妹の家族が集結。

ああ、忙しくて楽しい元日でした。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »