« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

入れ食い・・・

2013630日(日)

P1010001

朝風呂。

風呂上りの風が気持ち良い。

自転車で海岸散歩。

勿論波は殆どなし。

浮かんでいるのはSUP.

竿を振ればSUPの入れ食い・・・。

―――

試しにデッキをちょっと走ってみる。

5メートルで諦め。

ハムストが張ってまだまだ。

焦らない、

諦めない、

くさらない。

| | コメント (0)

期待してはいるんですが・・・

2013629日(土)

P1010002

フィリピン沖に台風6号発生。

しかし、今回は真っ直ぐ北上予想。

日本に被害が無いのは良いんですが、

勿論うねりもなし。

来週くらいには腰も間に合いそうなんで、

ちょっと期待してはいるんですが・・・。

―――

海岸はのんびりした雰囲気。

数人が海に浮かんで哲学してるようでした。

―――

about 太気拳

あたかも樹を抱くように。

でも、勿論そこに樹なんて無い。

―――

無い袖は振れない。

じゃあ、袖を付ければ良い。

見えないものは無い事になる。

ならば見えるようにすれば良い。

無いものを感じ、

見えないものを可視化する。

無いのではなく、

無いと思ってるだけ。

見えないのではなく、

見ようとしてないだけ。

―――

立禅で空間を感じるとは、

スポイルされた自分の感覚を取り戻す作業。

無いけど有る、

じゃ無くて、

有るのに無いと思ってるだけだ。

| | コメント (0)

波有りの朝・・・

2013628日(金)

P1010032

昨日に引き続いて波有りの朝・・・。

サイズは腿から腰。

ロングなら十分、

短くてもたまに来る。

乗ってるのはいつもの皆さん。

―――

昨日は悩んだ末に波乗り。

最初の一本で失敗を悟る。

立った途端に腰に電気がビリッっと腰砕け。

後はひたすらパドルして皆さんにご挨拶。

それでも海に入って気分一新。

まあ、しばらくこんな感じかな。

それでも肩の回復の兆し確認が収穫。

| | コメント (0)

the question・・・

2013627日(木)

P1010022

ベランダを開けると雨上がりの冷たい風。

大きく伸びをして眼一杯深呼吸。

低気圧通過でうねりは60cm台。

海岸では早起きの皆さんが全開。

でも、波と人の数が合わない。

P1010028 通勤前の波乗りも大変です。

―――

思わず砂浜でスクワット数回。

坐骨結節に少し痛みはあるものの、

できないことは無さそう。

ここで我慢かそれとも行くか。

To surf or not to surf.

That is the question・・・.

| | コメント (0)

先週も先々週も・・・

2013626日(水)

P1010005

水曜日は雨、

先週も先々週も・・・。

急に本格的な梅雨到来。

紫陽花も陽射しの中より、

雨に濡れるほうが風情あり。

―――

朝から一日中読書。

と決め込んだはずが、

〆切を思い出して急遽パソコンの前。

形にもならないし、

言葉にもできないことをやってきて、

今度はそれを文章に。

なんかおかしい・・・。

―――

結局は行の一言なんだ。

| | コメント (0)

そこで乗るか・・・

2013625日(火)

P1010004

窓からの肌寒い風を感じながら毛布に包まりながら眼が覚める。

窓から見る空は薄曇。

起き出して東の空を見ると淡く茜色に染まる雲。

今日は暑くなりそうな予感。

波乗りの当ても無いのにうねりチェックは40㎝台。

晴れたら裸でパドル・トレーニングでもしようかな・・・。

―――

P1010003 早出の長男を見送ってから海岸。

思ったよりうねりはあるものの満潮。

うわっ、そこで乗るか・・・、

の上陸覚悟。

壊れるのは板か身体か。

―――

波乗りでも太気拳でも共通するのは真っ直ぐ立つこと。

きちんと立てないと始まらないのが波乗り。

テイク・オフの時の胸から頭にかけての感覚は、

禅を組んでる時の上下の張りと殆ど同じ。

だから頭は殆ど動かない。

腹這いの姿勢から立つ瞬間も、

頭の位置は不変。

頭が身体を統べる。

―――

これは武術だろうが波乗りだろうが、

あるいは野球だろうがすべて同じ。

胸が突き上げ、肩が平らで、

且つ頭が率いる。

要は、

立禅か・・・。

| | コメント (0)

いけません・・・

2013624日(月)

P1010046

明け方まで降った雨。

おかげで空気が冷たくて気持ち良い。

いつものように海岸散歩。

腿から腰くらいのうねりが入る。

ほぼ満潮で今のところは難しそうですが、

潮が動けばいけそう。

いけそうと言っても、

無論天野はいけません・・・。

―――

P1010040 一日一日腰も回復傾向。

負担がかかり過ぎないようにすれば、

ある程度腰を落としても大丈夫。

肩も回復でやっと満足の良く禅が組めるようになった。

おかげで禅が楽しい。

肩の位置がほんの少しずれるだけで、

全体が狂うんだな、

と良い勉強。

練りもそこそこはできるんで、

対人ももうすぐだな、

と明るい希望。

| | コメント (0)

気が済むんじゃ・・・

2013623日(日)

P1010027

もう茨城か千葉に引っ越そうか、

なんて冗談言いながら海岸で波乗り見学。

快晴の日曜日、サイズは腿たまに腰。

おかげで大混雑。

怪我してなくても入る気が起きない。

ベテランから初心者、

ショートにロングにSUPが入り乱れての波争奪合戦。

一つの波に何人乗れば気が済むんじゃ・・・。

―――

さあ、梅雨の合間、

と言っても大して降ってないんですが、

屋外での稽古が一番気持ちのいい季節。

毎日が生まれ変わった気分。

| | コメント (0)

幸せですよ・・・

2013622日(土)

P1010006

布団の中から窓を見る。

実に爽やかな青空、

そして白い雲。

起き出して窓を開けて深呼吸。

冷たい麦茶で喉を潤して海岸へ。

―――

サイズ腰から腹で波数多し。

しかしながら繋がって尚且つ激混み。

それでも波乗りできるだけ幸せですよ!

砂浜を歩いてると、

海から上がった先輩が新しい板。

そこに現れた別の先輩もまっさらな板。

P1010023 台風シーズンに備えて皆さんボード新調の季節でしょうか。

―――

about 太気拳

禅で見えてくるのは力の道筋。

力は骨に存する、

をしっかりと身体に染み込ませる。

指から手首、そして肘肩、

首胸から中心に至る経路をどんな時にも失わないようにする。

推手はその確認だと思えば良い。

問題は相手にあるんじゃなくて自分にある。

独楽はただ回るのみ。

ただ真っ直ぐに回るのみ。

そこに在る様に在れば良い。

| | コメント (0)

風の名残・・・

2013621日(金)

P1010010

連日の雨。

梅雨前線に台風4号のダブル。

九州の西に進んだ台風は温帯低気圧に衰退気味。

しかし、これからボトム・ターンして東進予想。

まだうねりの影響は殆どなし。

サイズは腰くらいでよれ気味で風の名残・・・?

どちらにしてもこれからサイズ・アップなんでしょうが、

今回も見るだけか。P1010020

―――

海岸で豹紋ダコの話題。

先輩連はしばらく海水浴場は敬遠との事。

河豚よりも毒が強いとの事。

海水浴場はどうするんだろう。

| | コメント (0)

んんん・・・

2013620日(木)

P1010009

律儀なもんで、

波乗りできないのに、

パソコンを立ち上げるとうねりチェックに気象庁のページを開く。

ついでに潮周りを調べて風を見る。

ついでにメールをチェックするとそれ以上することなし。

で、音楽聞きながらお茶を飲む。

―――

いつもならそこから海に出る時間を算段。

一日の予定が組み上がる。

それがないと、

核が抜け落ちた気がするな・・・。

―――

とは言うものの、

今朝は先ずサッカー。

んんん・・・、惜しかった。

しかし、隔世の感あり。

―――

P1010002 見終わってから海岸散歩。

サイズは腰から腹で風波の残り。

途中で会う先輩方に「入らないの?」。

―――

帰りに公園で軽く禅を組んで、

腕の感触を確かめながら、

ああ、動きたい・・・。

| | コメント (0)

じぇじぇじぇ!!!

2013619日(水)

P1010006

本日は南風強。

海岸は飛砂で眼が開けられない。

勿論こんな朝はウィンド・サーファーの出番。

日本海側を東進中の低気圧。

そして太平洋を北上中の台風4号。

相乗効果で大雨の可能性。

なんか、胸騒ぎ。

―――

天野さん、これ典型的な剥離骨折だね・・・。

じぇじぇじぇ!!!肉離れじゃないの。

―――

痛みが徐々に引いてきたので、

いつもお世話になってる整体へ。

そこでの先生の一言。

帰ってパソコンで調べると、

なるほどなるほど、教科書に出てくるような症状。

そうかそうか、坐骨結節でありますか・・・。

う~ん、まだしばらく養生生活か。

今回の波も見送りか。

―――

こうなると本気で何ができるか考える。

怪我をした時にしか出来ないことは何だろう。

今しか出来ないこと。

今だからこそ出来ること。

―――

稽古でできることはハッキリしてる。

とにかく腕の感触を磨くこと。

これは骨折してようが関係ない。

波乗りは???

波乗りはイメージ練習。

何のことはない、

ただのDVD鑑賞。

さて、日常は・・・、

と考えたら、

天野の日常は稽古と波乗りしか無かった・・・。

―――

about 太気拳

手が利くようになる。

でも、それは本当じゃない、

と最近は思う。

手が利くんじゃない、

腕が利くんだ。

―――

手偏じゃなくて、

肉月なんだな。

手が利くって言うと手先が器用と同じで、

手首と指の事になる。

つまり手偏。

それに対して腕は肘や肩、

つまり肉月。

だから手が利くは誤解の元。

腕が利くが正解だな、

まあ、言葉の問題に過ぎないけど、

殆どの人は手偏で終わってるからね。

手先なんてのは、

程度の差こそあれ、

誰だって利いてるんだ。

| | コメント (0)

健康も実力のうち・・・

2013618日(火)

P1010005

フィリピン沖の熱低は徐々に発達しながら北上中。

これから進路及び規模がどうなるか注意。

こちらは南南西の風7m、うねりは40㎝台、

勿論今のところ影響は全くなし。

天気は薄曇で、

太陽が雲の間からうっすらと見える程度。

湿度は高そうだが、

歩く限りはひんやりして気持ち良い。

これで走ると結構な汗をかきそう。

―――

怪我も回復傾向で歩く分には余り違和感も無くなった。

しかし、稽古にも波乗りにもいま一歩。

時間が必要なのはわかってるけど、

その時間が経つのを待つ身が辛い・・・。

―――

去年は春の左肩痛と秋に顔面骨折。

今年は春に右肩痛と肉離れ。

後一回くらいは何かありそうな。

なんたって注意一秒怪我一生、

これからの怪我は下手をすると一生お付き合い、

なんて事になりかねない。

―――

健康も実力のうち・・・、

と娘に教えてもらった。

結構いいことを言う。

| | コメント (0)

買い替えか・・・

2013617日(月)

P1010001

ノートの具合が良くない。

キー・ボードで触りもしないのにカタカタ。

再びノート分解。

ヒンジからばらして蓋を取って見ると、

キー・ボードのジョイントが不安定になってるのを発見。

きちんと差し込んで再組み立て。

立ち上げると今度は落ち着いて作動。

やれやれと一安心してワードを開く。

打ち込んでenterキー・・・。

ありゃ、今度はenterキーが反応しない。

再びばらして差し込み確認。

再度立ち上げましたが結果は同じ。

これはもう確実にキー・ボードの破損。

ああ、買い替えか・・・。

―――

気を取り直して海岸散歩。

今朝も陽射しは強い。

ジェット・スキーも走り回って夏の雰囲気。P1010004

―――

既にフィリピンの東で熱帯低気圧発生。

台風4号に発達の気配濃厚。

ああ、早く治れ肉離れ・・・。

―――

about 太気拳

形なんてものに拘ってもしょうがない。

組み手やれば変化自在を目指す。

だから形に拘らない。

でも、拘らなくちゃいけない形もある。

ちょとした手指の形の変化で、

実は精神状態も左右される。

気持ちの集中を形で求める。

だから手の形からも集中力の有無が見える。

気持ちのスイッチが入った形と切れる形。

気持ちのオン・オフは形から作れるもんだ。

それを稽古の中で実感させる。

皆それが判るようになってきた。

気持ちのオン・オフを知る。

それが判る感受性。

それも稽古で育てる・・・。

| | コメント (0)

おめでとう・・・

2013616日(日)

P1010003

少しずつ回復してるのが嬉しい。

昨日は足を引きずっていたけれど、

今朝は見栄を張れば普通に歩ける。

治りかけると、

何所がどう痛んだのかが判ってくる。

何でも壊れるのは一瞬。

しかし回復するのは時間が掛かる。

身体や命もそうだし、

人との関係も同じ。

作り上げるのは時間の堆積。

―――

午前中の雨が上がると夏の陽射し。

その陽射しを浴びながら坊やがお父さんに押されて波乗り挑戦。

お!波の乗った!!!

立て~、と残念ながら今回は無理。

しかし、しばらく見てたら見事に立った。

やった、おめでとう・・・。

君もこれから沢山良い時間を積み重ねろよ~。

| | コメント (0)

快方へ・・・

2013615日(土)

P1010025

朝起きると治ってるんじゃないか、

と布団の中でチェック。

そう簡単に治るもんじゃないってのは判ってるんですが、

一応は希望を持って。

一昨日よりは昨日、

昨日よりは今日。

まあ、少しずつ快方へ・・・。

―――

うねりはぐっと落ちて50cm台。

たまに腿位の波。

それでもこの人数か。

数分見てるだけでも際どいシーンが。

皆さん気をつけましょう。

 

| | コメント (0)

ピピピ・・・

2013614日(金)

P1010024

今朝も北風オフの風。

いい感じになってるんだろうな、

なんて思いながらお茶飲んで。

心の中で「他人事他人事・・・」。

怪我から五日めなんですが、

まだまともに歩けない。

それでも立つ事は出来るんで、

それなりに禅の真似事を部屋の中でやったりする。

腕の感触を無くさないように。

―――

今回の肉離れ騒動に限らず、

トラブルってのは突然にやってくる。

波があるのに海に入れない。

本もちょっとばかり読み飽きた。

で、パソコンを持ち出した途端にトラブル発生!

―――

電源を入れる。

途端にピープ音が連続。

ピピピピピピピ・・・・・・・・・・・・。

何だコリャ・・・。

今まで何の予兆も無かったのに。

意を決してノートを分解。

ヒンジをマイナスでこじ開けて、

キーボードを外して、

と作業してたら原因発見。

カバーの爪が折れてファンに引っかかってる。

多分これでファンが回らずにピープ音発生。

ついでに埃を掃除して組み立て完了。

うむ、何とか動いた。

やってみるもんだ。

原因が簡単で良かった。

身体も分解修理できればいいのにな。

| | コメント (0)

切歯扼腕・・・

2013613日(木)

Ir

台風3号はフツーの低気圧に。

なるほど渦巻きが消えてる。

しかし伊豆諸島近海でのんびり停滞気味。

やっと梅雨になったか。

―――

口惜しい、臍をかむ、歯噛みする、切歯扼腕・・・。

今の気持ちを表現するとこうなります。

何故か噛む系が多いですね。

今朝もうねりは1mを越えて尚且つ風もぴったりオフの北風。

こんなにコンディションが整う日が続くなんてめったに無いんですがね。

―――

お茶を飲みながらの朝一CDはLeft alone

なんか元気出ない・・・。

もちろん選曲間違い。

―――

食堂で本を読む。

ソファーで寝転がって読む。

布団に寝そべって読む。

眠くなるとそのまま寝て、

起きると続きを読む。

朝になると昨日何冊読んだか忘れてる・・・。

| | コメント (0)

あああ・・・

2013612日(水)

P1010019

習慣というものは大したもので、

波乗りできないのに起きるとチェック。

昨日はファースト・スウェルなんてはしゃいでましたが、

何のことは無い、午後にはダウンで腿サイズ。

P1010021 どうやら台風からのうねりではなかったようです。

―――

そして今朝改めて、

始めまして!の台風スウェルです。

もちろん天野は眺めるだけ。

見てると最高のグーフィーが次々と。

あああ・・・、悔しいな。P1010018

―――

About 太気拳

下手をすると稽古すればするほど弱くなる。

弱くなるために稽古する、

なんてアホな事に成りかねない。

姿勢が悪いとか空間が無いとか、

そんな状態で推手してると、

どんどん弱くなる。

悪い癖が染み付く。

何故、何のために稽古するのか。

何がポイントなのかを考えないとね。

| | コメント (0)

無理だもんな・・・

2013611日(火)

P1010024

待ちに待ったファースト・スウェルが届いた。

1000キロ余り南で渦を巻く台風3号。

そこから旅をして列島に到達。

でも、残念ながらこのスウェルは指をくわえて眺めるだけ。

相変わらず脚を引きずる状況では諦めもつくと言うもの。

P1010006 少なくともスクワットが出来るようにならないと無理だもんな・・・。

―――

それでも偵察は欠かさず。

今のところうねりに反応してるポイント一箇所のみ。

サイズは胸から肩。

満潮で繋がり気味。

ロングはともかく短い板は苦戦。

―――

3号がまっすぐこちらに向かう雰囲気なので、

あっという間にクローズの可能性大かな。P1010017

―――

About 太気拳

稽古の終わりに神宮時代の話になって、

いろいろ思い出す事もある。

あの頃はなんで禅を組んでるとか、

這いの何処がポイントだ、

何てことはまるで判らなかった。

それでも何となく出来るようになったりする部分もあった。

でも、それでは大したものに仕上がりはしない。

結局は個々人の資質頼み。

未だにそんな風にしか稽古できないのもいる。

半端は何時まで経っても半端。

―――

以前の自分を考えると半端だ、

としか言いようがない。

何ものでもない自分が居るだけ。

ただの乱暴者だね。

―――

稽古ってのは、

それぞれが一つの方向を持っている。

それがどんな方向なのか、

を何時も考えないと駄目。

―――

だから何年やっても駄目は駄目。

半端は半端で終わる。

そうならない為に考える。

工夫する。

頭を切り替える。

発想を転換する。

―――

稽古の成果ってのは形に出る。

形を貫く何かが出来上がる。

どんな時にも失わないものが育つからだ。

じゃあ、その失わないもの、

失っちゃいけないものって何だ。

それを探すのが稽古。

その場しのぎではないもの。

―――

禅を組んで何を見つけましたか。

そしてそれを人と向かい合って失わずに居られますか。

それは相手との問題じゃなくて、

自分の問題。

自分自身に突きつけて、

自分で答えなければいけない問題。

―――

毎年数回でしかないけど顔を合わせる兄弟弟子、

と言うか皆兄弟子だけど、

島田先生や佐藤先生、鹿志村先生を見てると、

以前とまるで違う。

振り返って自分はどうか。

残念ながら自分は見えない。

お三方のように自分も進歩したのか、

と問い返す。

誠実な兄弟子をもてるのは幸運な事だ。

| | コメント (0)

やった・・・

2013610日(月)

P1010005

予測がつかないのが人生と言う奴。

朝食前のジョギングが当たり前になって、

走る筋肉も徐々につき始める。

気分よく日課をこなす。

走るのも楽しくなってきた。

その一方天気図を見ながら台風のスウェルを期待。

なんてお気楽なところに落とし穴。

―――

デッキの窪みに脚をとられて転びそうになってたたらを踏む。

その瞬間にやった・・・。

臀部にびりっと痛み。

軽重は判らないが確実に肉離れ。

脚を引きずりながら帰ってがっくり。

―――

しかし、ものは考えよう。

これで暫く海には入れないけど、

この怪我が無ければ当然台風の海に入るはず。

そこでもっと重篤な怪我があるかも知れず。

そう考えれば災難を肉離れで逃れたのかも知れない。

怪我を受け入れて、

出来ることを探す。P1010007

―――

しかし、台風の進路が怪しい。

九州四国辺りから日本海に抜ける予想が変化。

ひょっとすると列島縦断の可能性もあり。

週末はちょっとやば気味。

―――

それでも肩は上向き。

弟子の立禅の形を治すのに軽く腹を殴る。

姿勢が悪いと腹に力が入らない。

腹に力を入れる必要はないけど、

入れられる状態に無いといけない。

それを判ってもらうために軽く腹を打った。

打ってから気付いた。

使ったのは右。

今までは上げるのさえ億劫だった右腕。

これは明るい兆し。

軽くでも使えるようになった。

素直に嬉しい。

―――

P1010006 さあ、今日は茅ヶ崎での稽古。

出来る事を探して今日を始める。

| | コメント (0)

ドキドキ・・・

201369日(日)

P1010002

フィリピン沖の熱帯低気圧は台風に。

北北東に進路を変えながらゆっくりと発達中。

台風名はYAGI(ヤギ)。

現在は北緯20度東経130度付近。

早ければ明日あたりにも兆しがあるかも、

とちょっとドキドキ・・・。

―――

天気が良くて気持ちがいい朝。

うねりは少し。

P1010003 波乗り出来なくはない。

レスキューの皆さんは海パン一丁。

元気元気・・・。

| | コメント (0)

ぐずぐず・・・

201368日(土)

P1010018

一日だけの波。

今朝はすっかり無くなって、

SUPの皆さんもクルージングのみ。

―――

走って海岸まで。

浜で師匠と遭遇。

波乗り不調のアドバイスその他。

フィリピン沖の低気圧が徐々に北上中。

明日には北緯20度を超えて来そうです。

あんまり近くに来ないでほしいんですが、

遠くても困るし・・・。

―――

いつもは稽古が終わってから公園で雑談。

それが昨日はさくっと着替えて引き揚げ。

原因は酔っ払い。

お巡りさんが酔っ払いを挟んで登場。

酔っ払いのおじさんは既にべろべろ。

相手がお巡りさんともわかってない様子。

隣のベンチでなだめたりすかしたりが始まった。

酔っ払いに絡まれるのも面倒と

そそくさと退散。

おかげで家に早く帰れた。

―――

酒飲みは 奴豆腐にさも似たり 初め四角で 後はぐずぐず・・・。

| | コメント (0)

入ったんですが・・・

201367日)(金)

P1010015

久しぶりに熱帯低気圧。

フィリピンの東に小さく発生。

北東に進んでるようでこちらに影響は無さそうですが、

そんな季節になりました。

―――

低気圧接近で雨模様ですが、

今のところ影響なし。

これからに期待・・・。

とばかり朝食後に入ったんですが・・・。

まあ、海に入れただけ幸せ。

―――

梅雨時の定番は泥はね。

それを研究してる大学の先生がいるとテレビで紹介。

そんな事も研究対象になるんだ。

泥はねをしない歩き方のご指導があったんですが、

まあ、先生ってのはこのレベル。

要は足で歩きなさいって事で、

根本の「歩く」が研究されてない。

大股で歩いて踵で着地。

後ろ足の爪先で地面を蹴りだすそうです。

そんな風に歩くように人は設計されてない。

泥はねの研究なんで、

ヒトの研究じゃないからな、

と納得。

細かい事言ってしょうがないですが、

腰で歩けば泥はねも少ないんだけどね。

―――

腰で歩くも足で歩くも、

違いが判らなくちゃしょうがないですが。

| | コメント (0)

etc・・・

201366日(木)

P1010011

一応は習慣でうねりをチェック。

うん、今日も素晴らしい30cm台。

もう波乗りなんて忘れましたね、すっかり・・・。

―――

昨夜稽古から帰ったら娘が単語帳を開いて暗記中。

お、英語か。

なら任せろ、と単語帳を手に取ったら知らない単語ばかり。

何だこれは、

と裏を返すと松果体にすい臓etc・・・。

こんな単語知ってるわけない。

―――

ちょっとオーバーワークかな、

と 思いつつ汗を流したくて海岸までジョギング。

干潮で何人か入ってましたが、

かえってストレスが溜まりそうな波。

―――

老スペックの天野をおばさんランナーが追い抜く。

勿論おじさんも追い抜く。

子供も追い抜く、皆追い抜く。

止まると、

皆あっという間に点になって消える。

抜かれても走るのをやめなければ消えない。

止まらないこと、

これが一番。

―――

老スペックの天野がなんで皆と稽古できるか。

見てるところが違う。

考えてることが違う。

だから同じに見えてもやってることは違う。

稽古ってのは頭を切り替えること。

同じ風景が、

違う景色に見えるようにする。

| | コメント (0)

少しずつ・・・

201365日(水)

P1010010

相変わらず波無し。

梅雨時期ってこんなだったっけ?

と思いながら海岸を走る。

何時も海で会う皆さんもやはり天野と同じく走ってる。

お互いに立ち止まって愚痴の言い合い。

―――

昨日は母を連れて病院。

病院だから居るのは殆ど病人。

元気なのは職員、そして医者と看護師。

内科の待合室。

もちろん病気の原因なんて天野は知らない。

でも、これは自分で病気になったんでしょう、

てな感じの人も多い。

その腹の出方はあんたのせいだよ・・・。

自分で自分をスポイルする。

―――

テクノロジーが人間をスポイルする。

テクノロジーを時代といっても言い。

あるいは文明かもしれない。

知らず知らずに自らをスポイルしてる。

環境があるべき能力を不要にする。

少しずつ少しずつ・・・。

だから本人はスポイルしてることに気付かない。

自分が駄目になっていることに気付かない。

―――

武術がどうの太気拳がどうの、

と言っても何も特別なものじゃない。

必要なものは生まれついたときから備わってるんだ。

ただ、それをスポイルしちゃっただけ。

それをもう一度取り返す。

言い換えれば稽古ってのは、

機能回復訓練、

つまりリハビリだ。

―――

失ってしまったものがある。

それに気付くかどうかが、

それぞれの器量・・・。

天野は稽古にそれを教えてもらった。

| | コメント (0)

調の原因は・・・

201364日(火)

P1010005 

相変わらず波なしウィーク続行中。

うねりは20cm台。

朝食前に走る。

海岸は本当に静かなもの。

走り初めてそろそろ2ヶ月。

最近徐々にフィジカルの変化が感じられて面白い。。

走りながら実はテイク・オフの練習。

手をつく位置の確認確認。

これだ不調の原因は・・・。

| | コメント (0)

SF気分・・・

201363日(月)

P1010003

うねりは希望無し。

今日はのんびりと走るか。

走りながらピッチを速める。

リズムが変わる。

そしたら突然呼吸が甦った。

昔も昔、

中学や高校時代の呼吸法。

ひたすら走っていた時に自分で工夫した呼吸。

身体は昔の呼吸を何処かに保存してたんだな。

45年の月日を跳躍して今朝天野の身体に戻ってきた。

走りながら様々なことが去来。

中学生の自分と話す。

―――

向こうから走ってきた少年。

それが45年前の天野だったら、

すれ違いざまになんて声を掛けてやろうかな。

なんて事を走りながら考える。

そしてその少年の45年後。

同じように走ってくる45年前の自分に出会ったら、

なんて朝からSF気分・・・。

―――

About 太気拳

ものの見方、考え方。

稽古するってのはそれを変えていくことだ。

同じ事を考えてたら、

同じものが同じにしか見えない。

ある瞬間に同じものが別に見える。

見方が違えばやることが変わる。 

一番肝心なのは何が大事で、

何が要らないか。

その見極め。

| | コメント (0)

二度寝・・・

201362日(日)

P1010006

布団のなかでスマホ・チェック20cm台。

二度寝・・・。

昨日は睡眠不足。

電車に乗るとすぐ寝る。

気が付くと涎を流さんばかり。

二度寝のおかげですっきり。

朝食後に海岸散歩。

もちろん波はまったく無し。

―――

肩痛がきっかけの波乗り不調。

原因をいろいろ考える。

出来たものが出来なくなる。

実にいろんな原因が考えられる。

―――

少なくとも年齢や体力的なものではないのは明白。

何も100mを速く走ろうというのではない。

何か忘れてしまった感覚。

それを引き戻そう。

問題は、

何を忘れたのか忘れちゃったことだな。

―――

波乗りでも太気でも同じ。

出来ない人間は何故?と理由を知りたいと思う。

出来る人間は理由なんて知りたいとも思わない。

| | コメント (0)

納得・・・

201361日(土)

P1010002

起き抜けのボーっとした頭で、

シャワーでも浴びるか・・・。

いや、どうせならちょっと走ってから。

麦茶を一杯飲んで出発。

朝から稽古なんで4キロ位。

海岸まで走って今度は砂浜。

ポイントに来ると、

お!!!少し出来てる。

サイズは腿から腰でロング中心にのんびりした波乗り風景。

お馴染みさんに手を振ってご挨拶。

―――

大体3キロ辺りから走るのが楽しくなる。

それを途中で切り上げるのはちょっと残念・・・。

―――

帰ってシャワーを浴びてすっきり。

庭を見ると梅雨を待っていたように額アジサイ。

地味だけど野趣溢れる趣。

朝食前にお茶を飲みながら原稿チェック。

P1010003 もう少し手を入れないとな・・・。

―――

About 太気拳

当たり前にやってることの点検。

何で当たり前に思ってやってるのか。

それを見直す。

当たり前にやってたら、

当たり前にことしか出来ない。

当たり前じゃなくなるための稽古なんだから、

最初は意識的に当たり前を排除する。

暫くすると、

当たり前じゃないのが当たり前に成る。

―――

禅を組んでる状態は当たり前じゃない。

それを当たり前にするのを稽古って言う。

自分で書いて、

自分で納得・・・。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »