« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

レッド・キャビア・・・

20131031日(木)

P1010098

寝坊するのは春だけじゃない。

秋だって寝坊する。

寝坊してもやることは変わらず。

うねりチェックして天気図眺める。

で、今朝はのんびりとお茶のパターン。

―――

一息ついてから久しぶり軽~く海岸を走る。

身体が温まったところで、

禅を組みながら腰を割る。

記憶では、

半禅でのこれを腰を滑らす、

と中国で言われたような記憶がある。

確かにそんな感じでもある。

あるいは他の事だったのかもしれない。

腰を割るのに、

相撲のように腰を落とす必要は無い。

立禅や半禅で十分に腰を割る。

腰を割ることで、

立っていながら座っていられる。

―――

走って汗をかくのも気持ち良い。

―――

電車に乗るときにスイカを使う。

残額をを見ながら、

それをネタに頭の体操。

残金が2000以下だと歴史の年号を頭から搾り出す。

これは受験の名残・・・。

たまたま昨日は1192

弟子に、

「おい!1192だ、鎌倉幕府だ」。

と言ったら、

「先生、最近は鎌倉幕府は1192ではありません」。

調べたらイイハコ・・・。

イイハコ作ろうでは、どうも今一パッとせんがな。

―――

ついでにもう一丁。

先日撮った写真の小鳥。

稽古後に鳥オタの弟子から一言。

「先生、あれは椋鳥ではなくヒヨドリ!」

まあ、良いじゃありませんか。

飛び魚の子だって、

たまにはレッド・キャビア・・・。

| | コメント (0)

銀婚・・・

20131030日(水)

P1010094

雨上がりには波がある。

との予想は裏切られて、

海岸は静か。

ロングで何とか、

ってな雰囲気で数人が海に浮かぶのみ。

暫くウォーキングしてると、

向こうから瀕死の交通事故を乗り越えた先輩。

もうすっかり元気で毎朝波乗り。

その先輩いわく「○×はショートもガンガンだよ!」。

それを聞いて、

気持ちも波立つ天野は、

今日で銀婚・・・。

―――

という事で、

朝食後に早速着替えて海。

○×ポイントセット腰・腹でガラガラ。

もちろん暫くすると皆さん登場。

二時間で終了。

今日は良い日になりそうだな・・・。

| | コメント (0)

豊かになった気がする・・・

20131029日(火)

P1010085

どんよりした雲から雨粒が落ちてきたのが朝食後。

そのまま家に居っきり。

パソコンで原稿を書いて、

ふと庭を見ると松に小鳥。

高いところなので、

急いで二階に上がってパチリ。

どうやら椋鳥のようです。

最近は弟子に鳥の名前を教えてもらったりしたので、

多少は覚えた。

今まではカラスに鳩くらいしか知らなかった。

名前を覚えただけなのに、

多少は豊かになった気がする・・・。

| | コメント (0)

皆が来るのを・・・

20131028日(月)

P1010081

久しぶりにな~んにも無い一日。

稽古も無し、波も無し、

もちろん何の事件もなし。

ぶらぶらして身体を休める。

夕方になってやっと始動。

秋ですな・・・。

――― 

about 太気拳

昨日の基礎講座では殆どの時間を使って立禅。

残りは半禅。

基本中の基本が立ち方。

此処から総てを始める。

別に立禅が特別だなんてことは考えてない。

空手だって、

他の拳法だって、

同じようなもんがある。

でも、誰もそれを大事だと思ってない。

単なる基本の立ち方で、

基本が終わると綺麗さっぱり忘れてしまう。

意味が判ってん無いんだろう。

―――

出発点が立禅だ。

それを守りきる事が太気拳だ。

だから禅が何であるかを明確にしないといけない。

だから徹底的に立つ。

何処をどのようにするか。

それをどのように現実化するか。

一日でどうなるもんじゃないけど、

それでも指針にはなる。

楽しみにしてるよ、

皆が来るのを・・・。

| | コメント (0)

そのまんま・・・

20131027日(日)

P1010078

お茶を飲みながらいつものチェック。

台風一過でグンとうねりは落ち着き加減。

これくらいなら何とかなるか、

と着替えて海。

―――

サイズ腿から腰。

うねりは入るものの、

砂を持っていかれて深くて割れない。

SUPが辛うじてうねりから乗るのみ。

本日は30分で終了。

それでも一本ゲット。

体力温存で今日は基礎講座。

―――

about 太気拳

伝えるにも技術が必要だ、

と言う事を痛感。

合宿からこの二月に渡って同じ事を色んな表現で言っている。

言ってる事の内容は総て同じ。

根本を変える。

立ち方から歩き方と言う根本を変えないと、

技だ、技術だ、なんてモノは空念仏。

まともに立てて歩けない奴は何やっても半端。

どう立ってどう歩くのか、

が基本中の基本。

その基本を腹を据えて守る気があるかどうか。

本気になって守れるか、だ。

本気に成れば、

必ず変わる。

本気じゃなければ、

そのまんま・・・。

| | コメント (0)

これでかよ・・・

20131026日(土)

P1010069

雨上がりの夕方に海岸偵察。

とても手の出るような波ではないので、

悔しいけど見学オンリー・・・。

サイズは頭半。

上がってきた先輩によると、

随分と落ち着いてきたよ、との事。

これでかよ・・・。

―――

パドル・アウトするサーファーのドルフィンを数える。

一回、二回、と数えて二十回でやめる。

それでもまだ半分に満たない。

アウトに着くまで四十回は堅い。

天野は二十回でも多すぎる。

P1010076

| | コメント (0)

60分一本勝負・・・

20131025日(金)

P1010056

もちろんまずはお茶を飲んで始動。

台風接近でうねり上昇。

朝食前の一時間は波乗り。

ととと、海に着いたら波が無い。

うねりは入ってくるものの、

満潮で割れない。

それでもポイントここぞ、を選んで。

まずは一本乗って、

さあ、これから、

と思ったら潮が上げて終了。

本日の朝は、

60分一本勝負・・・。

―――

昨日から予定していた由比ガ浜ミニミニ・トリップに朝食後に出発。

サイズは腿から腰でロング波。

それでも何本か良いのに乗って終了。

たまにはほかの場所もいいもんです。

明日から週末。

週末は週末ライダーにお任せで、

天野は稽古に集中。

| | コメント (0)

二ラウンド・・・

20131024日(木)

P1010055

暗いうちに着替えて準備万端整えて。

さあ、出発・・・。

ところが何故か昨日よりも無い。

台風が徐々に近づいてるにも拘らず、

何故かうねりが下がってる。

それでも来た以上は入る。

しょっぱなに一本乗って後は無し。

はい、一時間で終了です。

でも、今日は休みなんで二ラウンド・・・。

―――

about 太気拳

要は出発点の問題。

出発点が違えば到達点が変わる。

当たり前だ。

何を原点に据えるか。

稽古でその原点を見つけるって事だ。

出発点を探すのが稽古だ、

と言う視点。

| | コメント (0)

一生無明・・・

20131023日(水)

P1010047

さあ、今朝も朝一サーフィン。

満潮直前で分厚くて割れにくい。

それでも胸サイズを2本。

その後は音沙汰なし、

一時間で終了。

腹ペコで終わった後は朝食がっちり。

―――

about 太気拳

力には二つの種類がある。

もちろん基本になるのは身体自身の持つ力。

つまり筋肉によるもの。

そしてもう一つの力は、

筋肉運動によって動かされた質量の持つ力。

ボールを投げる力と、

投げられたボールの持つ力。

似ているようでその性質はまるで違う。

―――

ボールを投げる力は太気拳では腰腹の力だ。

じゃあ、ボールは何だって。

それは自分自身だ。

体幹が引き締まって、

軸が出来て、

そこから始まる・・・。

―――

腰の力が膝に出て、

それを塞ぐと体幹が動く。

わかれば簡単だけど、

そうでなければ一生無明・・・。

無明を抜ける稽古の質だね。

| | コメント (0)

満足満足・・・

20131022日(火)

P1010045

暗いうちに出発。

意外と人が少ない。

満潮で割れずらいだろうと、

本日はヒンソン・ツインザー6.8

入った途端にサイズ胸を立て続けにゲット。

これはしめた、と思ったのは最初だけ。

潮が止まって後は浮かんでるだけ。

それでも満足満足・・・。

| | コメント (0)

これからこれから・・・

20131021日(月)

  • 昨日とは打って変わって気持ちのいい朝。

    雨のおかげで空が澄んで高い。

    どうやら台風のうねりの気配濃厚。

    腹位のうねりが頻繁に入っている。

    今のところは満潮で、

    SUP以外はきつそうですが、

    これからこれから・・・。P1010042

    ―――

    about 太気拳

    ここの所稽古は充実。

    教えることが多すぎて困る。

    みんなは困惑気味かも、

    とは思うけど、

    身体が動くうちに伝えることは伝えないと。

    もし今判らなくても、

    気付く日が必ず来る。

    ―――

    ゴルフクラブでも、

    あるいは釣竿でも持ち方は似たようなもの。

    小指から軽く握りこむようにする。

    もちろん剣でも同じ。

    一番力のない小指から丁寧に包みこむ。

    これは足指でも同じで、

    小指に力の無い足の踏み方では出る力も出ない。

    これは身体の運用だけの話ではない。

    多分世界もそんなもんなんだろう。

    力の無い弱い人間が、

    それなりに力を尽くし、

    充実感を持てない世界は、

    結局のところ歪になるんだろう。

    身体が世界の凝縮なのか、

    それとも世界が身体の反映なのか。

    P1010036

    | | コメント (0)

    相互補完の関係・・・

    20131020日(日)

    朝から冷たい雨。

    台風27号が接近中。

    これだけ連続すると、

    なにやら不穏・・・。

    27号の後に続く熱低も発生。

    ―――

    about 太気拳

    人の動ける範囲は二本の脚の間でしかない。

    こんな当たり前のことは無い。

    ところがそれを守るのは結構難しい。

    相手が居れば前のめりになったり、

    接触すれば凭れかかったりする。

    どんな時にも自立していること、

    これが大事だ。

    自立してるって事は、

    つまりは真っ直ぐに立つ事に他ならない。

    ―――

    どんな時にも自立している、

    真っ直ぐに立てるとは、

    つまりは剛性を保つということでもある。

    剛性が保たれて重心が生まれ、

    軸が出来上がる。

    普通の人には定まった重心がない。

    ヒトはモノじゃないから、

    動けば重心がふらふら変動しちゃう。

    重心はあるものではなく、

    作り出し獲得するもんだ。

    だから重心があって、

    尚且つそれを動いても失わないという事は難しい。

    その為には、柔軟でなくてはいけない。

    剛である事と、

    柔である事は相互補完の関係・・・。

    | | コメント (0)

    訪問者無し・・・

    20131019日(土)

    P1010030

    秋だな~、と布団の中で伸びをする。

    まずは朝風呂。

    風呂場の窓を開けたままだと、

    冷気で身体が冷える。

    こうなると、

    熱いお茶が一塩。

    で、お茶を飲みながら庭を見る。

    小鳥を呼ぶために作った祭壇?

    林檎の芯と渋柿、おまけに酢橘。

    今朝のところは無視されてる様子。

    残念ながら今朝のところは訪問者無し・・・。

    ―――

    about 太気拳

    ゴルフクラブを握るときに、

    小指から巻き込むようにする。

    これは野球でもあるいは剣でも同じ。

    そして、

    これは足でも同じ。

    歩くときには、

    小指から地面を巻き込むようにする。

    そうして膝を引き締め、

    腰の張りを引き出す。

    歩法に限らず、

    立禅でも同じで、

    組むときは小指から地面を巻き込み、

    掴みあげるようにする。

    これは空手だろうと、

    なんだろうと同じだ。

    | | コメント (0)

    何となりますか・・・

    20131018日(金)

    P1010028

    昨日までの嵐が過ぎ去った小枝に、

    小鳥が遊ぶ。

    獲物を狙う鷹が居ないので、

    小鳥遊で「たかなし」の姓になるそうです。

    ―――

    P1010025 炸裂した海には、

    うって変わって船が行き交う。

    嵐がすぎて、

    平穏な湘南を苗字にすると、

    はてさて、

    何となりますか・・・。

    | | コメント (0)

    伝わんね~だろうな・・・

    20131017日(木)

    P1010020

    朝食を挟んで3時間。

    サイズは胸から次第に下がって腰。

    昨日のトンデモ波から一転しておじさん向き。

    それでも流れがきつくて殆どパドルしっぱなし。

    上がってふと気付くと、

    今日が何日で何曜日なのかも忘れて、

    頭の中はカラッポ。

    なんかやらなくちゃいけないことが有ったような気がするけど、

    何にも浮かばない。

    その割には乗った波の事はしっかり憶えてる。

    なんと言うか、

    まあ、体力の消耗が原因か

    それとも歳のせいか、

    P1010021 ボケたのか・・・。

    ―――

    暫くボーっとしてたら、

    やっとやらなくちゃいけない事を思い出した。

    天野の出したDVDの独習者からメールで質問が来た。

    その中に「足の親指とその付け根に体重を乗せて・・・」、

    との内容があったので慌てた。

    え、そんな事書いたっけ・・・。

    と思って、随分前の原稿をひっくり返して再読。

    誤解の原因になった文章を発見。

    その返事を書かなきゃいけなかったんだな。

    と、やっと思い出した。

    ―――

    太気拳に限らないけど、

    大事なのは腰と腹。

    その腰の力を引き出さなくては何にも始まらないんだけど、

    その為には日常的な立ち居振る舞いから離れなくちゃいけない。

    その第一が体重を何処で支えるかってところにある。

    普通は体重を親指だとかそこら辺で支えてる。

    そうすると、

    膝の内側で支える事になる。

    これが間違い。

    そこで体重を受け止めると、

    足、特に腿で動くしかなくなる。

    ―――

    体重は足指全部で支えるようにする。

    そうすると、

    膝は僅かに外になり、

    O脚気味になる。

    それで初めて腰の力を見つけ出す準備が出来る。

    だから五本の指とその付け根で体重を支える。

    そうすると、

    特に小指側に荷重が掛かるようになる。

    そう、つまり膝が立ち、

    腰が外に張り、

    結果として足指に外向きの力が加わるように立たないと、

    立禅を組んでる意味が半分になる。

    ―――

    って、やっと思い出した。

    しかし、いつも弟子に言ってることでも、

    文章にすると、

    結構しんどくて、

    いくら書いても、

    伝わんね~だろうな・・・。

    | | コメント (1)

    20131016日(水)-2

    P1010006

    雨上がりの海岸。

    もちろん海に人影は無し。

    今まで見たこともないような沖で、

    音が聞こえそうに波が砕ける。

    烏帽子岩の高さを超える波で、

    一瞬岩を見失う。

    漁港では、

    波がテトラを超える。

    なんとも凄まじい。

    P1010017

    | | コメント (0)

    ちょっと心配・・・

    20131016日(水)

    Ir1

    ゴー、と風の音が雨戸越しに聞こえる。

    グッと家が震動して風の圧力に耐えてるのが判る。

    雨戸を少し開けてみると庭の植木も風に耐えてる。

    思わず家にも植木にも、

    頑張れ!なんて擬人化して励ましてる自分に苦笑。

    雨戸は今少し閉めたままのほうが良さそうだ。

    もちろん波乗りどころじゃありません。

    昨夜は稽古も中止。

    いくら稽古しても自然には勝てません。

    ―――

    しかし、それでも新聞は届くし、

    新幹線は通常通り。

    なかなかしぶとい。

    これだって情報を判断して、

    決断を下してる人間がいる。

    その人間が結果の責めを背負ってる訳で、

    事故が起きるかひやひやしてるかも知れんな~。

    テレビでは荒れる海を映し出してるけど、

    これだってカメラマンがいる訳で、

    報道も結構大変だ。

    ―――

    外出を控えよう、

    と呼びかけながら、

    だからこそ外に出なきゃいけない仕事だってある。

    ―――

    しかし、26号に発達する熱低の発生が5日前。

    同じ場所、グアム付近にまた新たに熱低。

    これが27号の卵になるのか。

    ちょっと心配・・・。

    | | コメント (0)

    攻める・・・

    20131015日(火)

    P1010002

    台風26号のうねりがきっちり入って、

    サイズは頭。

    見たところ速くて難しそう。

    ちょっとレベルを超えてる感じで本日はノー・サーフ。

    今のところは雨もたいした事はなさそうですが、

    これから徐々に影響必死。

    今日の夜から明日朝の通勤時間帯に直撃予報。

    明日も静かにしてるしかなさそうです。

    ―――

    しかしこの波で嬉々として海に入ってる皆さんも多い。。

    際どいところを攻める。

    見た目にはやさしそうでも、

    難しいし恐怖も伝わってくる。

    際どい波に乗る時は恐怖感がある。

    そんな時は上手くいった時のことだけ考える。

    これは組み手でも同じだ。

    攻める気持ちを持ち続ける。

    ―――

    いやいや波乗りや組み手だけじゃない。

    前に向かって攻める・・・。

    | | コメント (1)

    もうちょっと待って・・・

    20131014日(月)

    P1010002

    午前3時には北緯20度を超えた台風26号。

    徐々に届き始めたようで、

    サイズは小さいながらも確実に変化。

    遠くから筋張ったうねりが届き始めた。

    今のところは引きすぎでワイド。

    もうちょっと待って・・・。

    ―――

    うねりが届くの届かないの、

    なんて事を考えてると、

    なるほど凪がいつまでも続くわけでもないし、

    終わらない時化もない。

    照る日もあれば曇りもあるし、

    嵐の後には陽の恵みが待ってる。

    楽しいことばかりでもなければ、

    苦しみや悲しみばかりでもない。

    P1010005 人生ってのは天気みたいなもんか。

    ―――

    冬の後には春が来て、

    夏もさすがに終わりを告げて、

    遂にきたのが食欲の秋。

    秋とくれば目玉は秋刀魚。

    さあ~、今日は弟子たちと秋刀魚会。

    午前は波乗り、

    午後秋刀魚。

    明日の二日酔いに気をつけて、と。

    | | コメント (0)

    ロングでチョロッ・・・

    20131013日(日)

    P1010019

    ハッと眼が覚めると7時半。

    何でこんな時間に、

    と思って気が付く。

    昨日は一杯飲んでそろそろ寝るか、

    という時間に波乗りの先輩からTEL

    先輩からの呼び出しには素直に従う。

    居酒屋には皆さん勢ぞろい。

    で、次の店のおまけがついて12時半帰宅就寝。

    いつ寝たのかも覚えなし。

    ―――

    波は勿論なし。

    皆さん浮かんで入るものの、

    辛うじてロングでチョロッ・・・。

    朝早くからスクールをやってるようで、

    やった、立ったぞ~、

    てな雰囲気の和やかさ。

    昨夜の先輩は一人もお見えになっていませんでした。

    (だよな~、結構皆さん飲んだもんな)。

    ―――

    about 太気拳

    歩法というと、

    歩き方と思うけど、

    これは全ての基本。

    ちょっと五輪の書を借りる。

    ――

    足のはこび様の事、つまさきをすこしうけて、
    くびすをつよく踏べし。

    ――

    爪先を少し浮かせて踵を強く踏む。

    これは禅を組んでる時の前後の振動に通じる。

    単に踵を強く踏むんじゃなくて、

    爪先を浮かせる、

    つまり引き上げる力で踵を踏む、

    という意味。

    これが腰の力での重心移動を可能にする。

    これは発力時の重心の収め方と同じ。

    まったく笑っちまうくらいに同じ。

    つまり、当たり前は、

    ずーっと前から当たり前。

    | | コメント (0)

    沢井先生の言葉・・・

    20131012日(土)

    P1010015

    引き続き南風強。

    おかげで波も上がってサイズは腰腹。

    もちろんコンディションは望めず。

    それでも土日サーファーは頑張ってます。

    しかし、

    なんと言ってもウィンド日和。

    P1010017 セールに朝陽を受けて、

    かっ飛んで増した。

    天野は来週の26号に期待を寄せて、

    今日のところは稽古に集中。

    ―――

    テレビでシニア・マスター陸上。

    70台で100メートル13秒台。

    これは驚異的。

    鈍足天野は高校時代に辛うじて12秒台。

    皆さんに勇気をもらいました。

    陸上は苦手だけど、

    太気拳で勇気の源になりたい。

    60なんてのは、

    まだ青春時代だ、

    は、沢井先生の言葉・・・。

    | | コメント (0)

    同じだ・・・

    20131011日(金)

    P1010010

    朝の雨が嘘のように晴れ上がる。

    途端に夏の蒸し暑さがぶり返す。

    今日はこれから南風が入るとの予報なので、

    ますます暑さが襲来。

    既に海岸では結構吹いてますが、

    波が上がる気配は無し。

    ウインドの皆さんも暫くは様子見との事。

    ―――

    グアム付近の熱低が台風26号に。

    来週の水曜日あたりから影響が出そうで、

    木曜は沖縄接近。

    さて、どうなりますやら。

    ―――

    about 太気拳

    推手にしても組み手にしても、

    割と膝の位置に無頓着。

    特に前足の膝が前に出すぎる。

    前足の膝は精々が爪先辺りまで。

    それ以上前に出ると、

    膝に負担が掛かって怪我の原因になるし、

    腰の力が引き出せない。

    相手に凭れ掛かると、

    どうしてもそんな姿勢になり勝ちだ。

    ―――

    どんな時にも自立していないといけない。

    相手が居ようとそうでなかろうと、

    姿勢は同じだ・・・。

    | | コメント (0)

    快調・・・

    20131010日(木)

    P1010007

    風が収まって、

    さあ、波が上がって、

    と期待したけど思ったほどではない。

    それでもサイズは腿から腰。

    ―――

    暑いにつき本日は袖なしショート・ジョン。

    持って出たのがヒンソン6.8

    御日様を浴びて二時間半。

    相変わらずの下手ですが、

    気分だけはすこぶる快調・・・。

    | | コメント (0)

    ただ立ってるだけ・・・

    2013109日(水)

    P1010006

    温帯低気圧の変わったとは言え、

    影響は結構強くて、

    海岸は目を開けていられないほど。

    まだウインドのは半端だそうで、

    かと言って、

    波乗りも出来ない。

    家に帰ると、

    頭はじゃりじゃり、

    首筋も砂だらけ。

    ―――

    about 太気拳

    学ぶ事の大部分は言葉による。

    共通了解事項としての言葉は大事だ。

    ただ同時に誤解を生むのも言葉。

    赤は赤だ。

    でも、赤でイメージするものは、

    それぞれで違う。

    言葉は理解できても、

    意味が伝わるとは限らない。

    ―――

    出てきたのは、

    高校の物理で習った力の合成。

    そうなんだな、立禅は。

    立禅は力の合成を生み出すんだ。

    脚が引き出す力と、

    腰がもたらす力の合成。

    これが基本中の基本。

    これが判らないと、

    何も産み出せない。

    ただ立ってるだけ・・・。

    つまり時間の無駄。

    | | コメント (0)

    二度とない今日が・・・

    2013108日(火)

    P1010001

    まずまずのうねり有り。

    ただ満潮で今のところはロングのみ。

    分厚くてなかなか割れない。

    3時間かな。

    それでも朝の海岸は清澄。

    今日も一日が始まる。

    P1010002 二度とない今日が・・・。

    ―――

    徒然草五十二段

    仁和寺に、ある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩よりまうでけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。

     さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。

     すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり。

    ―――

    だから登り続ける。

    何かが見えてくるから。

    「あらまほしき」を求めて。

    | | コメント (0)

    波が続きそうです・・・

    2013107日(月)

    P1010054

    朝の雲が嘘のように消えて、

    夏が戻ってきたような天気。

    うねりは減衰傾向。

    まあ、シニア向きの波ですな~。

    -―――

    23号に続いて24号が沖縄から九州へ。

    場合によると本州縦断。

    その後にどうやら熱低発生予報。

    暫く波が続きそうです・・・。

    ―――

    膝の具合はまあまあ。

    このところ膝の張りで腰の力を引き出す、

    を課題にしての稽古がやりすぎた感じで、

    その負担が少しばかり・・・。

    これで軸の転換に眼が行ってくれれば良いんですがね。

    | | コメント (0)

    タイミング・・・

    2013106日(日)

    P1010046

    台風23号、24号。

    ついでに2.3日後にはグアム近海で低気圧発生の予想。

    夏場に貯めておいた台風を、

    満期口座から引き落とし?

    ―――

    about 太気拳

    何が出来るのか、

    何が出来ないのかを見つけるのはやさしい。

    形になるからだ。

    でも、何故出来るのか、

    何故出来ないのか、

    を見つけるのは難しい。

    何故、は形にはならない。

    感覚の問題だからだ。

    その感覚を引き寄せるために禅を組む。

    でも、それだけじゃなくて、

    もっと具体的な方策も大事だ。

    ―――

    此処の所の課題だった問題。

    昨日の稽古で、

    やっと教え方の目処が立った。

    後は個々のタイミング・・・。

    | | コメント (0)

    2013105日(土)

    Photo

    朝から冷たい雨。

    うねりはまだ小さいけど、

    徐々に台風23号の影響が出始め。

    雨の合間に見ると、

    サイズ腰から腹が時々来る。

    24号も後に付いて来てるんで、

    しばらくは波がありそう。

    あああ、早く足が復調しないかな。

    ―――

    太気拳と波乗りの共通点。

    波乗りのいろんな写真を見てると共通点がある。

    どんなに無理な体勢でも、

    顔は必ず真っ直ぐになっている。

    時には腰や首にかなりな角度を持たせたりするけど、

    顔は常に真っ直ぐになっている。

    頭が全身を率いているわけだ。

    ―――

    考えてみれば、

    顔が真っ直ぐになっていないと、

    板の上に立つことすらできない。

    腕立てのように、

    顔を下向けてる姿勢では絶対に立つ事ができない。

    顔つまり頭の位置が真っ直ぐで初めて板の上で立つ事ができるし、

    コントロールできる。

    太気拳だってそうで、

    常に顔が真っ直ぐで、

    視線が相手を見失わずにいるのが鉄則。

    下を向いたり、は無論のこと、

    顔が斜めに傾いだりしたら、

    相手を見失うばかりか、

    自分のバランスだって怪しくなる。

    ―――

    眼が常に水平であること、

    これが波乗りに限らず、

    太気拳に限らず、

    全てにとって大事なんだ。

    頭が全身を率いる、

    つまり顔が真っ直ぐで、

    眼が水平で初めて見えるものが見える。

    そうじゃないと、

    見えるものすら見えなくなる・・・。

    ―――

    今日の写真はいつも元気を貰ってるソウル・サーファー、

    ベサミー・ハミルトン嬢。

    | | コメント (0)

    じっと待つ・・・

    2013104日(金)

    P1010040

    あっという間に本格的な秋。

    試運転から一夜明けて、

    む、少しばかりハムストに張り。

    やはりちょっと早かったか・・・。

    別に試合を控えた選手じゃないんだから、

    焦ることなんかないんですが、

    そこら辺のせっかちは性格。

    ―――

    台風23号が北緯20度を超えて北上中。

    今のところうねりは20cm台で静か。

    高気圧の北風で届くものも届かない。

    波が上がるのは明日明後日。

    なんだ、土日か。P1010042

    ―――

    野球の前田智がついに引退。

    イチローをして天才と言わせた前田。

    でも、努力の人だとも言う。

    才能って何だろう。

    才能ってのは、

    努力の仕方を見つけた人なんだろうな。

    無駄な努力もあれば、

    実りに繋がる努力もある。

    ただ頑張るんじゃなくて、

    何をどうすれば結果に繋がるのか。

    それを常識に捕らわれないで、

    自分なりの枠組みを作り上げる。

    ―――

    30年禅を組んで判ったこと。

    常識ってのは、

    殆どが思い込みに過ぎない。

    世間の殆どがそう思ってるってだけのことで、

    或いは思わされてるだけのことで、

    そこに本当の事なんてありゃしない。

    ―――

    モノを見るんじゃなくて、

    モノそれ自身が現れてくるのを、

    じっと待つ。

    ああしよう、こうしようじゃなくて、

    ふとした弾みに、

    不意に顔を出す自分がある。

    自分が驚く。

    それを、

    じっと待つ・・・。

    | | コメント (0)

    かも・・・

    2013103日(木)

    P1010037

    最初は速足でしばらく歩いて、

    今度は恐る恐る走ってみる。

    歩くに毛が生えたくらいの速さ。

    それでも徐々に心拍数が上がってくる。

    陽射しを浴びた背中に汗が流れ始める。

    20分ほどで試運転終了。

    これで痛みや張りが出なければ、

    明日も試運転してみよう・・・。

    ―――

    台風22号のうねりは通り過ぎて、

    それでも何となくうねりが入って、

    乗れそうで、

    でもやっぱり乗れなくて、

    悔しそうな顔ですな~。

    そんな顔しなさんな、

    きっと明日か明後日には23号のうねりがド~ンと入る、

    かも・・・。

    ―――

    前回の東京オリンピックで初めて知った外来語。

    コンパニオン!

    お・も・て・な・し をするために選んだ女性軍。

    当時は選ばれた女性って感じだったな、

    教養があって外国語が堪能、ついでに美人。。

    確か長嶋茂雄の奥さんがそうだった。

    いつの間にか意味が変わって来ちゃった。

    今では宴会に呼ぶ女性を指す場合が多いような気がするけど。

    ふと思い出した懐かしい言葉。

    | | コメント (0)

    どうしようかな・・・

    2013102日(水)

    P1010033

    台風22号接近。

    昨夜は一旦うねりが上がったものの、

    朝になると30cm台にダウン、北風強。

    ―――

    膝の具合も徐々に回復。

    稽古には殆ど問題なし。

    今日辺りは、軽~く走ってみようか、

    なんて思いもするけど、

    此処はもう少しばかり我慢か、とも・・・。

    ―――

    P1010035 雨の合間を縫って偵察行。

    サイズは腿。

    どうしようかな・・・。

    | | コメント (0)

    どうなりますやら・・・

    2013101日(火)

    Photo_2

    台風が連続発生。

    22号に引き続いて23号。

    そして新たに熱低も。

    今のところはこれ以上ないくらい静か。

    雲ひとつない、

    なんていうけど、

    波ひとつない海岸。

    さてこれからどうなりますやら・・・。

    ―――

    速さを考える。

    動作の速度が速さ。

    これは見える速さだ。

    人に見えるのはこれしかない。

    つまり出力の速度だ。

    これは一定以上は改善できない。

    身体的な限界って奴。

    しかし、出力は入力があって、

    次に身体的準備があって出力にいたる。

    と言う事は、

    入力と準備の改善が必要になる。

    動作自体ではなく、

    どんな準備を自分がしているのか、

    を見極める必要がある。

    そして予めその準備を済ませておく。

    それが禅。

    ―――

    動くよりも、

    動かない事で、

    その準備が出来る。

    何かをやるより、

    やらない事を考える。Photo_3

    | | コメント (0)

    « 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »