« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

此処まで来た・・・

20131231日(火)

P1010041

気がつくと布団に寝てた。

頭がチョト重い。

飲むばかりであまり食べなかったせいか腹ペコ。

まずは冷たい麦茶で、

次は熱いお茶。

―――

台所には空の一升瓶がごろごろ。

よくもまあ飲んだもんです。

これで本年は全て終了。

―――

朝食後に海岸に出ると、

おおお、出来てます。

サイズ腿からたまに腰。

皆さん楽しそうですが、

ここは自重。

二日酔いで入って心臓麻痺、

なんて新聞に載りそう。

明日元旦の日の出サーフィンを楽しみに。

P1010040

―――

今年一年良く稽古した。

手ごたえも十分あった。

稽古は裏切らないってことが、

一番の成果。

この道をまっすぐに歩いていける、

と確信できた。

―――

人には其々の個性があって、

運動が得意だとか苦手だとか、

大きいとか小さいとか、

あるいは格好良いとか悪いとか・・・。

そんな個性はバラバラだけど、

それは相対的なもんでしかない。

求めるのは相対評価できるものじゃなくて、

自らの確信を実現できるかどうか。

―――

此処まで来れた、

そう満足できるかどうか。

やっと此処まで来た・・・。

―――

波乗りは行けてないけどな。

| | コメント (0)

懐かしの受験英語・・・

20131230日(月)

P1010006 

夜明け前。

日の出も素晴らしいけど、

この時間が一番好きだ。

薄暗い中にほのかにさす光の予感。

夜でもなく朝でもなく、

希望をはらんだ薄明・・・。

―――

そうは言っても日の出は壮麗。

朝日を浴びながら禅を組んで、

腰をスッと伸ばす。

気持ちがしゃんとして、

今日を生きていく元気、

それが身体の奥から湧いてくる。

真っ直ぐに、

偽りなく、

そんな気分。

―――

明るくなった海を見ると、

今年初の「けあらし」。

「あらし」ってほどでもないですが、

それでも一瞬現れて、

つかの間消える自然の力。

P1010031_2

―――

うねりはうっすら。

もう少し引けばできそうな予感。

久しぶりにロングでも・・・、

なんて思いながら、

でも、昼から納会もあるし。

むむむ、To surf ,or not to surf.

It's better to think nothing than to worry too much.

おお、出た懐かしの受験英語・・・。

| | コメント (0)

一番の遊び・・・

20131229日(日)

寝床でスマホ・チェック。

うねりは30cm台・・・。

天気図を見ても期待薄。

出来る所は限られてるし、

もう正月休みに突入人口が多いので、

まあ、のんびりと朝寝。

とは思うものの、

そう何時までも寝てられないので、

結局はいつもの時間にのこのこ起きだす。

―――

夜明け前の散歩。

サイズ膝の波がたらたら。

それでも海に浮かぶ数人の影。

日の出を撮ったら、

何故かファイルが壊れてた、

あら、不思議・・・。

―――

P1010003_2

階段の踊り場に置いてあるボード。

殆ど乗ることのない6f

これを利用してテイクオフ改良マシーンを作るか・・・、

と朝から妄想遊び。

台を作って、

その上に板を固定して、

角度をつけて。

さて台の材質は何にするか。

緩衝材はどうするか・・・。

何だって最初は妄想から始まって、

構想に成長して、

計画になって、

成就となる。

改良マシーンがどうなるかはいざ知らず、

妄想力いまだ健在(小学生の頃から変わらん)。

これが一番の遊び・・・。

そんな事を連れ合いに話したら、

「座布団丸めて上に乗っけりゃ良いじゃない!」

ごもっともですが、

ロマンというか、

遊びがないじゃん・・・。

(しかし、実に納得)

―――

さて、今日は最後の稽古

個人的にはそろそろ借り入れ!じゃない、

刈り入れ時期・・・。

今年一年で、

収穫準備は整いつつある、

そんな一年。

半分は自分のがんばり。

半分は弟子のおかげ。

| | コメント (0)

日の出・・・

20131228日(土)

P1010160

日の出・・・。

顔を出すその上に雲がぽっかり。

縁が金色に光って、

日の出をうながすようだ。

―――

途中で会ったロングの先輩。

しまった外した・・・。

そうです、

昨日の波は一挙にダウン。

しかし、

年末年始は何とかできそうな気配。

西風さまさま。

―――

P1010165

about 太気拳

練る練る練る。

練りでどんな具合に自分がなってるのか。

なぜ連続して練りが練りとなるのか、

を考えると、

組み手の構えとか、

変化とか、

そんなものが何に由来するのか、

が見えてくる。

| | コメント (0)

何を出そうかな・・・

20131227日(金)

P1010154

まだ雨が残っている。

窓を開けた瞬間、

ヒヨドリが名前どおりに、

「ヒーヨヒーヨ」と鋭く叫んで飛びさる。

今朝は朝の散歩は無し。

ただし、

徐々にうねりは上がっている模様なので、

朝食後狙いで、

一週間ぶりの波乗りに気持ちが踊る。

―――

サイズは腰から腹。

なかなか思ったようにはいきませんが、

それでも二時間、

へたる位で終了。

しかし、まだまだですな・・・。P1010153

―――

新聞の折込に年末の売り出し。

お節料理はともかく、

刺身用の鮪だの海老だのって、

今買ったら傷むんじゃないの??

年末の納会には弟子が集まるけど、

はてさて、

何を出そうかな・・・。

―――

ともあれ、

本当に押し詰まってきて、

稽古も今日をあわせて後三日。

でも、今年は実りのあった一年だった。

稽古は裏切らない、

を実感した。

自分の成長もそうだし、

弟子も伸びた。

自分が伸びないと弟子も伸びないし、

彼らが伸びると自分も伸びる。

―――

一年前に何を考えていたのか、

を思い出すのは結構難しい。

でも、

それには良い区切りがある。

毎年一月中旬、

島田先生の道場開きにお邪魔する。

その際に演舞をさせられる。

(なかなかただ酒は飲ませてもらえない・・・)

今年の初めにやった演舞を覚えてる。

人前で動くってのは、

結構記憶に残るもんだ。

そうすると、

その時の問題意識が鮮明になる。

あああ、こんな事を考えて、

あんな事をやったんだ、

って浮かび上がる。

―――

一年前のレベルが低いのか、

それとも一年で少しは上がったのか、

の比較がはっきりする。

交流会や合宿などのイベントが幾つかあるけど、

それ自体より、

記憶に残りにくい、

問題意識の推移が成長を感じさせてくれる。

| | コメント (0)

信じるに足るか・・・

20131226日(木)

P1010151

久しぶりの曇り空。

雲が空を覆って、

寒さから守ってくれているようで、

何時もより少し暖かい。

低気圧と前線接近中で、

これが抜ければ、

と期待・・・。

―――

朝食後にネットで調べると、

少しばかりうねりアップの兆候。

急に落ち着きがなくなってきた。

でも、まさかな~。

―――

評価って事を考える。

じゃ無いな、

評価って事を気にする事を考える。

でも無いな。

評価なんて事を気にするって事を考える。

簡単だね、これは。

自分を信じられるか。

信じているか。

信じるに足るか・・・。

沢井先生没後、

信ずべきものを伝えているか。

| | コメント (0)

にくしゃみに鼻水・・・

20131225日(水)

P1010147

珍しく雲ひとつ無い夜明け。

深く青い空に茜色。

うねりは実に乏しく、

何処にもサーファーの影無し。

天野と同じく散歩中の先輩と遭遇。

明後日狙いで意見が一致。

P1010135 ひょっとするとこれが今年最後になるかも。

―――

昨日は昼間から盛大にくしゃみに鼻水・・・。

こりゃ参ったな、

暮れにきて風邪引いたか。

と思って稽古始めると、

一変に鼻水もくしゃみも収まる不思議。

そうなんだよね、

風邪引いてても、

禅を組むと何故か収まる。

| | コメント (0)

決意新た・・・

20131224日(火)

P1010120

朝起き出して、

まずお茶を入れるためにお湯を沸かす。

その間、

台所で独立椿をする。

ピタッと決まれば、

何となく良い事がありそうな気がする。

今朝はピタッと決まった。

幸先良し。

―――

幸先良しだけど、

波は無い。

うねりは20cm台でこのまま推移予想。

せっかく、

出直しの決意新た・・・

なのに。

まあ、こちらの思いとは別にあるのが自然て奴だからしょうがない。

波一つ。P1010129

これだって、

太陽と月と、

地球の自転やその他もろもろの影響だからな~。

| | コメント (0)

The sun also rises・・・

20131223日(月)

P1010112

よく寝た、

実に良く寝た・・・。

うねりは30㎝台、

今朝は心静かに海岸散歩。

毎日昇る太陽、見ていて飽きませんね。

何があっても、

雲が掛かっていても、

雨が降っていても、

見えないところでは必ず日の出。

The sun also rises・・・。

―――

about 太気拳

昨日は一日中一本足。

殆どの時間を掛けて、

腰を立てることを探す。

これが判ったら変わる。

それを探す。

腰を立てる、

別の表現で、

楔を締める。

これが前提。

此処が締まっていれば、

一本足で立つなんて、

ちょろい。

―――

一本足で立つように、

二本足で立ちゃ良い、

だけの事。

発力だって、

おんなじ・・・。

| | コメント (0)

これから波乗りを始めるんだ!!!

20131222日(日)

P1010090

寝不足だったせいか、

ぐっすりと寝た。

スマホチェックは40cm台。

昨日は一日出来たようで、

ひょっとすると今朝に残るか、

と思ったけど残念でした。

安心?して海岸散歩。

―――

朝は気持ち良い。

毎日見る日の出だけど、

日々新たなり、だ。

―――

海を見ながらいろいろ考える。

ふと立ち止まって禅を組む。

暫く禅を組んでから、

今度は波乗りを考える。

肩痛から始まったスランプ。

元に戻りたい、

スランプを抜けたい、

なんて考えてた自分を発見。

そうじゃないんだ!!!

これから始めればいいんだ。

そう、

これから波乗りを始めるんだ!!!

一から始めるんだ!!!

そう考えたら、

なんか勇気が出てきた・・・。

| | コメント (0)

後悔先に立たず・・・

20131221日(土)

P1010067

布団の中で耳を澄ますと、

遠くに電車の音がする。

こんな時は北よりの風。

スマホチェックするとうねりは90cm台。

一瞬どうするか、

と考えるが答えも瞬時、

「今朝はやめとこ・・・」。

なんったって寒いし、

たいした時間も取れないし。

それより気温が結構低いんで、

ひょっとすると「けあらし」が見られるんじゃないか、

と、着膨れて海岸。

―――

P1010079 外に出ると、

思ったより暖かい。

家に居るから

外が寒いと思うだけの事か・・・。

―――

波があるんで今朝は皆さん既に全開。

見ちゃうと、

ああ、着替えて来れば良かったか、

と後悔先に立たず・・・。

―――

about 太気拳

何にでも形はある。

立禅だって形っていえば形だ。

形の真似なんて誰だって簡単に出来る。

でも、同じ形でも違いが出る。

何が違いを作るんだろう。

―――

形から入って理を見つけたのと、

形を形式だと思ってる、

の違い。

P1010061

| | コメント (0)

当たり前か・・・

20131220日(金)

P1010042

昨日の夕方に上がったうねり。

某ポイントで胸サイズでラッキー。

で今朝もまずはポイント・チェックしたんですが、

今一。

そうそう良い事は続かない。

―――

そこで西に走ってサイズは腹から腰。

でも、セットは繋がってどうしようもない。

狙いは腿サイズでテイク・オフのお稽古。

帰りに先輩と遭遇。

某ポイントが出来てるよ、

の情報にもう一ラウンド。

ところがローカルきつくて一時間一本で終了。

P1010043 それでも海に入れて大満足。

しかし、行き帰りに手が冷たい事。

もう冬だもんな、

当たり前か・・・。

―――

肩痛から調子が崩れて、

テイク・オフが安定しない。

今日のインサイド小波練習で、

少しばかり思い出した。

なんだ、こうだったんだっけ。

て、言葉にすると出来なくなる。

言葉はやはり外にある。

言葉になったものは別物。

だから言葉にならないものを染み付ける。

| | コメント (0)

自分じゃない・・・

20131219日(木)

Photo

広い?道場の真ん中にポツンと敷かれた布団。

そこで眼が覚めた。

久しぶりに来日したジャンリック氏。

神宮時代の兄弟弟子。

雑誌社の取材を見学、

と思ったらなんと通訳させられた。

あああ、疲れた。

英語の下手なフランス人と、

同じく錆付いた頭の天野で、

果たしてどんな記事に・・・。

―――

で、帰れなくなってお泊り。

久しぶりの朝帰り。

通勤の皆さんと一緒だと、

何となく軽い罪悪感。

これから一日を始める皆さんと、

昨夜の酔いを溜め込んだ自分。

この感じは久しぶり・・・。

これを称して春菊の罪悪感。

ほろ苦く・・・、

でも???。

―――

外と内がある。

自分の外と内だ。

言葉や形は外だ。

大方は外を求める。

見えて言葉になるからだ。

でも、そんなものは、

所詮は形と言葉じゃないか。

外のものは、

つまりは自分じゃない・・・。

| | コメント (0)

動くんだぜい・・・

20131218日(水)

P1010039

うねり20cm台。

はなから波乗りできる可能性無し。

まずは湖のような海を眺めながら散歩。

どんよりとした空で、

今朝は太陽も顔を出さない。

カメラを構えて鵜を撮ったら、

おおお!餌をとった。

あれは多分カマス。

最近釣れてるらしい。

―――

about 太気拳

総てに抵抗を感じながら動く。

水飴の中を行くように、

なんて事を稽古の中でやる。

そこまでは、

そこそこ出来たり、

雰囲気が掴めたりする。

ところが、

それが組み手になると何処かに飛ぶ。

それじゃ何の為の稽古だい???

―――

後の先、なんて惚けたこと考えない。

そんなのは起こりのある相手にしか通じない。

―――

起こりがあるのは、

起こってないからで、

最初から起きてれば、

起こりなんて無いじゃないか。

―――

だから抵抗を感じながら動くんだぜい・・・。

| | コメント (0)

良かったかな・・・

20131217日(火)

P1010018

ガクッと落ちて20㌢台のうねり。

さすがに今日は出来ませんね。

昨日波乗りできて良かった。

海岸に行くとやはり予想通り。

静かな静かな海ですな・・・。

―――

慣例の交流会が終わって一週間。

当日の映像が出来上がって手元に届いた。

映像で見ると、

現場で見るのとまた違った見方が出来る。

何となく、

成績表を見せられるような気もする。

―――

つくづく思うけど、

伸びしろと言うのは、

稽古量に比例だね。

伸びた人間を見ると、

週に何回も稽古参加のメンバー。

沢井先生が言われた

「人と摩擦することが大事なんだ」

の言葉を改めて思い出す。

一人稽古は前提だけど、

摩擦が無いと、

思い込みで終始する。

―――

人と触れ合い、

摩擦し、

励ましあいながら伸びていく。

そんな会でありたい。

もちろん痛いことも悔しいことも

たくさん有るけどね。

―――

今回の成績表は、

思ったよりちょこっと良かったかな・・・。

| | コメント (0)

何かを掴んだぞ・・・

20131216日(月)

P1010005

昨日のうねりはまた落ちて30cm台。

こりゃあかん、

とのんびりと朝食を摂ってから海岸。

某ポイントを覗いたら、

あ、出来る。

―――

急いで取って返して急行。

サイズ腰から腹。

皆さん勢ぞろいで、

水が冷たい冷たい、

とのたまわりながらも笑顔で2時間。

さて、今日も何かを掴んだぞ・・・。

海から見上げる富士山が綺麗だ。

---

P1010006 帰りに海岸に集団。

何かと思ったら「撮影です」。

誰かと聞いたら、

竹之内豊です。

ああ、東京ガスの、

と言ったら笑われた。

| | コメント (0)

日々新た・・・

20131215日(日)

P1010131

まずは早起き。

熱いお茶で喉を潤してから着替え。

外はまだ真っ暗ですが、

そんなことに構っちゃおれん。

うねりは70cm台で、

皆が出てくるまえにチャチャッと入っておきたい。

―――

サイズ腰からたまに腹。

徐々にブーツにも慣れてきて、

それほど気にならなくなってきた。

それでも一本ミスった、

残念・・・。

それでも日の出を海から眺めながら一日が始める。

日々新た・・・。

―――

出てから写真を撮ろうと思ったら、

電池切れ。

| | コメント (0)

本気で考えないと・・・

20131214日(土)

P1010223

リベンジ!!!

昨日は朝食後に急いで着替え。

海に着くと、

西風びゅんびゅん。

それでもせっかく来たんだから、

と入ったんですが30分で尻尾を巻いて退散。

で、リベンジ・・・。

―――

今朝は払暁出発。

風はオフでサイズは腹から胸。

小一時間も出来なかったけど、

やっぱり朝一サーフィンはいいな。

―――

about 太気拳

稽古をしてると、

本来の目的それちゃうことがある。P1010222

稽古が上手く出来るようになるのが良いんじゃないか、

と勘違いする。

稽古はあくまでも稽古に過ぎない。

稽古を何のためにするか。

本気で考えないと・・・。

| | コメント (0)

溜息・・・

20131213日(金)

P1010216

昨日のうねりはダウン。

それでも多少は出来るんだろうな、

着替えるかそれとも・・・。

結局今朝はダウンにオーバーズボンの着膨れ海岸偵察。

ポイントは限られてるものの、

サイズは腰から腹、

たまに胸。

P1010217 もちろんキッズ中心。

まあ、朝食後に陽射しを頼みに挑戦かな。

―――

昨日は風の中一時間ほど。

サイズは胸。

今季初のブーツ着用。

一本目で問題無しで立てたんで、

良し!と思ったけど、

二本目にはやはり引っかかって駄目。

暫くはブーツ慣れが課題。

毎年この時期は何時もこうだもんな、

と溜息・・・。

| | コメント (0)

not to be・・・

20131212日(木)

P1010196

今日は南から南西の風強。

多分グシャグシャ・・・。

まあ、のんびりと偵察でも、

と思って海岸に出たら無風。

こんな朝はもちろんいつも通りにキッズ天国。

これなら出来るか、

と思ってたら、

あっという間に西がそよそよ。

やっぱりこれから吹く模様。

むむむ、風を承知で入るか、

P1010199 それとも,

To be or not to be・・・

―――

五輪の書って、

結構面白い。

途中から襟を正して読む。

天野は30年以上太気拳をやって、

と思ったけど、

武蔵は剣を志し、

初めての立会いから三十七年を超えてから道に出会う。

もちろん立会いの前から修行が始まっていたわけだから、

四十年を超えての道のり。

まだまだこれからよの~、

と思い、

先があることを喜ぶ。

| | コメント (0)

感心・・・

20131211日(水)

P1010184

うねりがあるんだよな、今朝は・・・。

急ぐことはなさそうなんで、

朝食前に偵察。

この時間はキッズ天国。

彼らが学校に行ってからが今朝の狙い目。

サイズは腹から胸で良い感じ。

―――

朝食後にいそいそと着替え。

空いてるところを探してパドルアウト。

久しぶりの波で、

P1010195 皆さんと近況報告しながら2時間半。

なんか少しばかり掴めたモンがあるような・・・。

―――

about 太気拳

変化ってのは結局のところ歩法にある。

でも、その何処に有るのかが判らない。

踏む、あるいは刻む。

それを歩法で見つける。

そう言えば、

随分と刻む稽古をしてきた。

自分で工夫した方法なんで、

あんまり教えたりしてなかったけど、

実は此処から自分の変化が出てきてる。

自分でやってきて、

でも、教えてなかったことに気が付いた。

これも結構な能天気だな、

と、つくづく自分に感心・・・。

| | コメント (0)

ぎこちと、って・・・

20131210日(火)

P1010177

厚い雲。

低い部分の雲はもう既に北に流れ始めている。

今日は南風びゅんびゅんの予報。

これで波が上がれば、

明日当たりは久しぶりに出来るかも。

帰ると途端に雨。

―――

しかし、

かえると、と打つとなぜか「ぎこちと」と変換。

なんだろな?ぎこちと、って・・・。

| | コメント (0)

年末なんだな~

2013129日(月)

P1010165

どうにか日付が変わる前に帰宅。

二日酔いも大した事が無し。

少しばかり寝坊で、

朝の散歩は無し。

その代わり、

朝食後に足を伸ばして鵠沼までウォーキング。

何処まで行っても波無し。

ようやく地下道前に数人。

たま~に入る膝波に、

おお!立った!立てた!!!

てな具合でありました。

―――

交流会参加の皆さんはご苦労様。

さらに気功会島田先生の道場での忘年会参加者は、

更に更にお疲れ&ご苦労様でした。

中道会の鹿志村先生の指導から始まった交流会ですが、

やはりメインは組み手交流。Jpg3

感想は色々ありますが、

一番の好印象は組み手が早かった事。

お見合いが無くなりました。

先の先があるなら、

更にその先を取るつもりで行って欲しいね。

後の先なんてのは、

起こりが見える相手にしか通用しないからね。

―――

でも、冬の交流会が終わると、

ああ、年末なんだな~、

ってな雰囲気になってきます。

| | コメント (0)

溜息混じり・・・

2013128日(日)

P1010160

相変わらず波の乏しい湘南。

うねりは20cm台か、

と溜息。

散歩の途中であった先輩に、

12月ってこんなに波無かったっけ、

と聞くと、

まあね~、

とやはり溜息混じり・・・。

―――

さて、あっという間に交流会。

気功会の島田先生、

中道会の鹿志村先生、

今日はお世話になります。

| | コメント (0)

それを見てる自分・・・

2013127日(土)

P1010154

昨日と同じように陽が昇る。

毎日良く飽きもせずに、良くもまあ。

何も変わらず昨日と同じに。

でも、総てが同じように見えて、

総てが違う。

―――

上る場所も違えば、

雲も違うし、

空の色も、

波に照り返す輝きも。P1010148

全部が全部同じに見えて、

全部が全部まるで違う。

一番違うのは、

それを見てる自分・・・。

―――

と言うことに成ればいいんだけど。

| | コメント (0)

干上がるな・・・

2013126日(金)

P1010134

連日波が無いので、

いつもの皆さんと顔を合わせない。

たまに町で出会うと、

もう十日入って無い、

とか、

こっちはひと月。

あああ、お皿が干上がるな・・・。

P1010140

| | コメント (0)

様々・・・

2013125日(木)

P1010128

ちょっと寝坊。

海岸に着くともう既に陽が高い。

一時間ほど速歩で軽~く汗。

あああ!腹減った、と朝食。

―――

少しでも波があれば、

ロングを持ち出しても波乗りしたい、

と思っても、

うねりは10cm台・・・。

駄目だ、こりゃ。

―――

about 太気拳

簡単なことをしっかりやる。

一点をしっかりと見つめ、

視線を定める。

簡単なことだ、

とみんな思う。

P1010122 ところがどっこいだ。

こんなに難しい事はない。

何も無ければ簡単なことが、

相手が居ると途端に難しくなる。

―――

動くものを眼で追うのが人の性。

そう出来てるのが人間の眼。

でも、それを封印する。

動で失うもの。

静で得るもの。

様々・・・。

| | コメント (0)

情けない・・・

2013124日(水)

P1010119

期待が無いと、

失望も無い。

うねりは20cm台だもんな。

期待のしようが無い。

おかげで静かな気持ちで海を眺めながら散歩。

―――

そうか、

期待されないと、

失望されない。

失望は希望の裏返しか。

これは自分に対しても同じ事。

足りない、

出来ない、

情けない・・・。

これこそが自分に対する希望の証。

信じるからこその失望。

失望の夜が明ければ、

朝陽が昇る。

| | コメント (0)

ああ言えばこう言う・・・

2013123日(火)

P1010114

今朝も波無しです。

それはそれとして海岸散歩はいつもの通り。

朝の爽やかさを堪能。

身体の歪みが膝に負担が来るらしいので、

デッキで身体の歪みを直す体操。

おかげで膝裏の張りが無くなってきた気がする。

身体が回復傾向だと、

気分も良くなってくる。

――――

about 太気拳

やり方、方法とか要領。

それを覚えれば上手くいく。

なんて事は一切ないんだな。

そんなものは相手が替われば幾らでも替わる。

一定のものなんて何処にも無い。

だからそんなものやっても役に立たない。

「いたちごっこ」って奴だ。

ああ言えばこう言う・・・。

と同じで、

こうしたらああする、ってなるだけ。

―――

自分の中心が何処に在って、

その中心を如何に守るか。

自分の居場所をしっかりと持つ。

それが自立、あるいは独立することが一番。

だけど、

面倒なのはその中心は、

あるもんじゃなくて、

P1010118 見つけ出し、

育てないとならないってことだ。

―――

でも、

もっと大事なのは、

自立してないって事に気付くかどうか。

自分を見る眼があるかどうか、だな。

| | コメント (0)

この感触・・・

2013122日(月)

P1010103

今朝も完全防備。

散歩してると、

太陽が徐々に顔を出してくる。

ほんの一分間のショー。

これで豊かに気持ちになる。

―――

参院選の一票の格差問題。

違憲判決が出て、

ああだこうだ、

と話してると娘が一言。

「甲子園の一校格差はもっとだよ」。

神奈川の高校は百九十校

鳥取は二十五校。

ほぼ八倍か・・・。

P1010091

―――

膝も肩も徐々に回復傾向。

とは言え、

セイブするものはセイブする。

とは言え、

我慢できないものもある。

とは言え、

思い切りやる訳には行かない。

とは言え、とは言え・・・。

そんな訳の判らないような状態で、

久しぶりの組み手。

―――

でも、やはり膝に不安があるせいか、

何となくぎこちない感じ。

何にも考えないと、

それでも辛うじて身体が動く。

ところが、

じゃあ、こうしてみよう、

と思った途端に身体が強張る。

―――

身体のことは身体に任せる。

それをこうしようなんて、

頭でコントロールしようってのが傲慢。

身体に任せる。

組み手をしないと、

これを忘れる。

―――

しかし、

久しぶりに顔を張られると、

おお、眼が覚めた!

この感触・・・、

帰ってきたぞ。

| | コメント (0)

人生そのもの・・・

2013121日(日)

P1010089

完全防備。

正ちゃん帽、ダウン、オーバーズボン装着、

体積二倍で海岸偵察。

もちろん波の期待無し。

雲間から朝陽が昇るのを見てると、

気分が新たになる。

陽を背中に浴びて歩くと、

汗をかくほどではないが、

暑くなってくる。

あああ、眼が覚めた。

気力充実・・・。

―――

about 太気拳

自立して真っ直ぐに立つ。

相手に凭れたり、

預けない。

自立して真っ直ぐに立てば、

相手に対して一番遠い位置に自分を置くことが出来るし、

同時に、

自分の手を相手に一番近い位置に置くことができる。

出発点が自立すること。

自立。

むむむ、人生そのもの・・・、

であるよな~。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »