« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

エアー・・・

2014131日(金)

P1010203

夜半に風が変わって、

うねりは落ち着きつつある。

サイズ胸肩。

もちろん朝一はキッズ天国。

大空に向かってプル・アウト。

シャキっとエアー・・・。

P1010197

―――

こちらは彼らが登校してからからが勝負。

まずは腹ごしらえ。

P1010202

| | コメント (0)

飲みすぎ・・・

2014130日(木)

P1010188

どうせ今朝は波無し予報。

あっても風波。

そう思って夜中まで娘の話を肴に・・・。

の~んびりと朝寝してから朝食、

そして偵察。

南西の風で、

サイズ腰くらいの風並み。

それが徐々に強まってウィンドの皆さん登場。

波乗りには風強すぎ、

ウィンドには弱すぎ。

天野は飲みすぎ・・・。

| | コメント (0)

これが実力だ・・・

2014129日(水)

P1010170

南風が北に変わったのが夜半。

途端にうねりは落ちて30cm台。

海岸は弱いうねりでキッズが数人。

これはだめだな、

と諦めて朝食。

―――

P1010178

ところが潮が上げに入ってから

徐々に小さいうねりが入り始めて出発。

サイズは腿ですが、

久しぶりに塩水に顔をつけて一時間半。

おかげですっきりです。

しかし、相変わらずのスランプ。

と言うよりは、

これが実力だ・・・。

| | コメント (0)

軽いからな・・・

2014128日(火)

P1010168

日の出が少しずつ早くなってきてるのを実感。

南西風が強く、腿サイズ。

キッズを含めて数人が入ってますが、

乗れてるのはキッズのみ。

なんと言っても軽いからな・・・。

風を避けて帰りは防砂林の中。

―――

P1010167

気がつくと一月も終盤。

毎日があっという間に過ぎて、

一月がああっと過ぎて、

一年があああっと過ぎ去ると、

人生もああああ!であと少し。

何を残して、

何を伝えるか。

残したいものと、

伝えたいもの。

それを培えた事には多少は満足。

| | コメント (0)

コマーシャルか・・・

2014127日(月)

P1010160

ひょっとしたら残ってんじゃないの、

と期待して朝のチェックに出かけたんですが、

残念ながら波無し。

何処のポイントにも数人いますが、

ほとんど割れず。

諦めて散歩に切り替え。

なぜか今朝はヒヨドリが群れて囀る。

風は冷たいけど、

のどかさに気持ちも和む。

―――

about 太気拳

変化を知るには、

変化しないものを知ることから始める。

変化を見るには、

変化しないものを見つけることから始める。

―――

稽古は何かをやることから始める。

やることに習熟する。

しかし、こうやる事の次にああやる事に習熟しても、

次は別のやり方がある。

限りが無い・・・。

無限にやり方・技・方法を増やしていく。

やり方の変化は膨大。

しかし、その中で変化しないものを見つける。

変化しないものを磨く。

変化しないものの洗練。

ほんとの稽古がここから始まる。

まずは稽古の門をくぐる為に稽古してるのに、

それを稽古と勘違いする。

―――

やり方の先のあり方。

やり方を通してあり方に至る、

かどうか、

を問いかける。

―――

気持ちのあり方だし、

身体のあり方でもある。

心と身体、

これで全部、

ってのはコマーシャルか・・・。

| | コメント (0)

締めてくぞ・・・

2014126日(日)

P1010145

雨上がり。

風は南風10mオーバー。

昼から風が変わるから、

今のうちだよ、

とウインドの皆さん。

波乗りはオンで今ひとつ。

でも、久しぶりの波・・・。

P1010151

―――

さあ、今日は一日稽古の基礎講座。

楔を締めてくぞ・・・。

| | コメント (0)

ニキビ・・・

2014125日(土)

P1010144

昨日から顎にできもの。

今朝になって鏡を見ると、

なんと懐かしいニキビ・・・。

真ん中の白いところをプチッ。

―――

朝の散歩はいつものとおり。

明日の基礎講座のテーマを考えながら、

歩きながら稽古して、

立ち止まって稽古して、

このところ、

日がな一日稽古してる気がする。

| | コメント (0)

ほんのちょっと・・・

2014124日(金)

P1010137

いつもより少しばかり早く起きて、

少しばかり早く家を出て、

少しばかり遠くまで・・・。

ちょっと違うだけで、

見える風景も違えば、

聞こえる音も違う。

―――

P1010136 ほんの少し、

ほんのちょっと・・・。

それを変える事を勇気って言うんだろう。

| | コメント (0)

鉄則・・・

2014123日(木)

P1010133

空にはひとつ雲が無く、

すかっと晴れ。

陽射しも暖かく、

歩くと背中が汗ばむ

―――

漁の鉄則・・・。

魚を探すには、

まず鳥を探す。

―――

鳥を探すには、

バード・ウォッチャーを探す。

彼らは、

三脚を設え、

パンを齧りながら、

カメラの後ろで身構える。

聞いたところ、

プロ顔負けの機材一式で200万円超!!!

定年後の優雅~な趣味。

私には縁の無い世界であります。

| | コメント (0)

梅根性・・・

2014122日(水)

Photo

疲れが少したまり気味、

と布団の中で思案。

今朝は寝坊するか、

そう決めて朝寝。

―――

陽が高くなってから海岸散歩。

うねりは少々・・・。

出来るって言えば出来そうですが、

今日のところはパス。

ふと見ると寒さの中に梅の花。

梅は百花の魁。

そして、

寒空に 稽古重ねる 梅根性・・・。

| | コメント (0)

今日こそは・・・

2014121日(火)

P1010126 

遠くに靄が掛かっていて、

太陽が空中から顔を出してくる。

久しぶりに波乗りできるか、

と期待したんですが、

思ったほどではない。

それでも、

潮がもうちょっと引けばいけそう。

今日こそは、今日こそは・・・。P1010120_2

―――

about 太気拳

頭の回転数を上げるには、

身体の回転を上げる。

回転を上げるためには、

足の踏み替えをする。

身体の切り替えを知って、

そこから感性の回転を上げる。

瞬間的な変化は、

頭の回転数を上げた結果。

| | コメント (0)

跳躍・・・

2014120日(月)

P1010086

夜が明けて明るくなると、

鳥たちの朝ごはんが始まる。

千鳥のめまぐるしい動き、

こちらの眼も回る。

象の時間と鼠の時間なんてのがあったけど、

確かに生きてる時間が違う。

浅瀬に寄った小魚を追いかけて、

今度は海鵜が飛び回る。

鳥を見てたおかげで今朝は稽古無し。

まあ午後からの稽古が茅ヶ崎だからこれも良し。

P1010103

―――

about 太気拳

リズムを捨てる。

動く稽古してると、

どうしてもリズミカルになってくる。

リズムに乗って動くのは気持ちいいもの。

でも、リズムは誰でも同調する。

拍子や間とリズムを同じものと考えると、

大間違いだ。

ゼロからの突然の跳躍・・・

静から動。

突発が太気拳。

P1010105_2

| | コメント (0)

歪んでない?俺・・・

2014119日(日)

P1010067

自転車に乗って海岸まで。

ふと、サドルがおかしく感じる。

サドルが捻じれてる。

昨日まで気づかなかった捻じれ。

―――

半年ほど前に膝を痛めたけど、

理学療法士の意見では、

背骨に少し歪みがあり、

それが原因で負担がかかったのでは、

との事だった。

おかげで日常的に歪みをとる体操を続けてきて、

その結果歪みが取れてきたおかげで、

気づけたのかもしれない。

歪んでる時には気づけない。

直って初めて気づく。

背骨の話ですんでればいいけど、

これが人間だと困る。

勿論本人は気づかないんだよね。

―――

歪んでない?俺・・・。

P1010068

| | コメント (0)

在るとやる、の違い・・・

2014118日(土)

P1010047

今朝も日の出を拝めない。

空を覆う厚い雲。

そろそろ帰るか、

と思って空を見上げると雪。

ちらちら降る雪を見上げながら、

なかなか風情である、

なんて思ってたら一挙に降り始めたので帰宅。

30分ほどで降り終わったので、

稽古に影響なし。

―――

about 太気拳

稽古には二種類ある。

内にあるものを引き出すものと、

外にあるものを内に引き入れるもの。

内にあるものを引き出すのは、

如何に在るのか、

を探る。

外にあるものを引き入れるのは、

如何にやるか、

を探る。

在るとやる、の違い・・・。

| | コメント (0)

同じ事・・・

2014117日(金)

P1010039

昨日も今日も、

そして明日も明後日も波無し予想。

朝の散歩で、

波情報のお兄さんから聞いたところ、

鵠沼でチョロッ・・・。

―――

すっかり夜が明けると、

途端に人が少なくなる。

皆さん一日の始まりで、

それぞれがやらなくちゃいけない事があるから当たり前だ。

その時間にお気に入りの場所でのんびりと禅を組む。

禅を組んで、動いて、

止まってまた動いて。

P1010044

―――

腰をしっかりと立てていると、

それだけで十分。

剣と禅と能を結ぶ線がここで、

つまりは拳も同じ事・・・。

| | コメント (0)

天気快晴、波無し・・・

2014116日(木)

P1010031

4時間遅く寝たので、

同じく4時間遅れの一日の始まり。

昼前の散歩と稽古。

天気快晴、波無し・・・、

つまり気がかり無しで禅組んで稽古。

こうなると、

何時まで経っても終わらないので、

好い加減なところでけりをつけて終了。

| | コメント (0)

甘くない・・・

2014115日(水)

P1010017

昨夜は娘と話しこんで、

ついつい遅くまで起きてたので、

朝が少しきつい。

それでもサクッと起床。

そう言えば、

昔は冬の朝はいつまでも布団の中でグズグズしてた。

何であんなに布団から離れられなかったんだろう・・・。

考えてみると嘘のような気がする。

年寄りは朝が早い・・・。

―――

今朝は雲がどんよりして日の出は無し。

層を成す雲が存在感があって面白い。

相変わらずいつものところで禅。

ふと、片足で一体どのくらい立ってるんだろう、

と思って計ってみる。

すると片足で約3分。

疲れて軸足の膝を伸ばすと、

そのまま幾らでも立っていられる。

しかし適当なところで切り上げる。

多分いつもは左右合わせて5分から6分立ってる計算。

―――

ものの本によると、

片足で1分立つと、

53分歩いたのと同じ位の負荷があるとのこと。

一体どこから来た数字かは不明だけど、

今朝はもう5時間は歩いた計算か。

―――

P1010022

帰り道は波乗りのイメトレ。

テイク・オフの手の位置を刻み込みながら、

同時に体の反動をイメージ。

先日のストラプル平氏の治療のおかげで、

手首が楽になったので、

なんとなく上手く行くような気が・・・。

―――

まあ、頭の中では、

何でも上手くいくんですがね。

現実はそう甘くない・・・。

これは波乗りも組み手も一緒。

| | コメント (0)

納得・・・

2014114日(火)

P1010003

一日のうちで一番好きな時間。

日の出直前の30分。

さあ、これから始まるぞ、

とワクワクする感じがある。

―――

その時間を使って禅を組む。

禅を組むようにゆっくり歩く。

歩きながら、

気が向いたらそのまま止まる。

何のことはないこれが独立椿。

暫くすると日の出。

―――

about 太気拳

中国拳法で練功という言葉がある。

功を練る、

功を積み重ねる、

そんな意味だ。

練習とは少しばかり意味が違う。

何かのやり方を繰り返すのじゃなくて、

その源を見つめる、

感じながら味わう、

と言ったような意味合い。

禅を組むと言うことは、

功を重ね、

練り、

味わい、

熟成させていくと言う意味だ。

年齢は誰でも重ねることはできる。

でも、

功を重ねられる人は少ない。

P1010016

―――

なぜか今朝は小学生が走っているのが目立つ。

一休みしてる子供たちにちょっと聞いてみると、

マラソン大会があるらしい。

なるほど納得・・・。

| | コメント (0)

達人鉄人・・・

2014113日(月)

昨日は太気拳気功会の29周年記念の道場開き。

島田先生が道場を開いてそんなになるか、

と兄弟弟子の鹿志村氏と若干の感慨。

―――

例年の事ですが、

簡単に演武をする。

去年は、あるいは一昨年はあんな事をやったな、

と言うのが記憶に残る。

記憶はそのまま当時のレベルを思い起こさせる。

今年の演武を来年はどんな風に思い起こすんだろう。

なんだ、去年はこんなレベルだったんだ。

そう思えるように今年一年成長したい。

―――

気功会は修行の場。

そう言い切る島田先生。

単に教えるとか、

教えられるではなく、

本当の意味でお互いに、

つまり師も含め、

弟子も含め、

全員の修行の場。

そう語る島田氏の言葉を胸に収め、

太気拳は沢井先生だ、

の言葉も噛締めさせて頂きました。

同じく太気会も、

単に拳法を学ぶ・教えるではなく、

修行の場と位置づけて進もうと思っています。

―――

演武と気功会の諸君の激しい組み手。

その後はもちろん宴会。

と、そこで願ってもない奇跡。

―――

Imgp

相変わらず肩の具合がよくなかったんですが、

それを聞いて手当てしてくれた来賓のお二人。

もちろんお二人とも達人と鉄人。

まずはストラプルを主催する格闘家の平直行

独特の整体術で天野の肩を二回にわたり治療。

「これは根が深い」との感想を漏らし、

汗を流しながら治療して頂きました。

おかげで今朝も腕がすっと上がるようになりました。

感謝感謝・・・。

―――

Photo

しばらく歓談後、

今度はサンボ第一人者にして日本靭術協会の、

マウント富士の介こと萩原幸之助氏。

こちらは日ノ本開山 靭術。

こちらも実にハードでしたが、

終わると首もすっきり。

―――

施術中ににじみ出るオーラは、

半端なものじゃなくて、

今までいろいろな施術を受けたことがあるけど、

今回ほどインパクトは初めてでした。

さすがは達人鉄人・・・。

| | コメント (1)

不可能が無くなった・・・

2014112日(日)

P1010002

昨夜から不可能が無くなった・・・。

今日から、

もう出来ないことは無い、

という訳じゃない。

―――

「不可能」と名づけられた焼酎が無くなった。

不可能が無くなったのじゃなく、

酒がなくなっただけの話。

| | コメント (0)

Go・・・

2014111日(土)

P1010118

爽やかな朝の始まり。

海岸では皆さんが、

そこ此処でラジオ体操。

それを横目に朝日に向って、

と言いたいところですが、

あいにくと東の空は雲がズンと重たげ。

波は弱いうねりがかすかに入る程度。

軽くストレッチして禅を組んで体調確認。

よし!今日も元気で稽古にGo・・・。

P1010124

| | コメント (0)

やっぱり・・・

2014110日(金)

P1010111

やっぱり・・・。

思ったとおりだよな。

と、うねりはガクッと落ちました。

朝一はキッズが張り切ってますが、

サイズは腿。

場所によってはうねりの筋が入ってきてるんですが、

地形と潮まわりで出来るところがほんの一部。

久々にロングでも出してみようかな。P1010115

| | コメント (0)

お疲れさん・・・

201419日(木)

P1010101

余裕の朝。

うねりは十分の140cm台で、

まだこれから上がりそうな気配。

しかも、風は一日オフの予報。

何時もだったら、

あせって着替えて、

ってな風になるんですが、

いつに無く落ち着いてお茶飲んで新聞読んで・・・。

―――

よし、今日は二ラウンド、

と勢い込んで出発!!!

サイズはまたまたアップで肩から頭。

入った途端に食らう食らうで、

アウトに出たときには既にお疲れさん・・・。

それから二時間、

十分波に揉まれて終了。

寒くて二ラウンドの意気込みはいつの間にかしぼみました・・・。

P1010109

―――

おかげで上がってから居間に寝転んで読書。

見つけたのが柳生十兵衛。

なかなかに 

人里ちかくになりにけり 

あまりに山の奥をたづねて

            -

幸せの青い鳥を求めて旅に出て、

帰り着いたら鳥かごに・・・。

ってなところなんでしょうな。

結局すべては自分の中にある。

外に求めるんじゃなくて、

内に求める。

| | コメント (0)

良くわからんが・・・

201418日(水)

P1010087

久しぶりの曇天。

厚い雲が三浦半島にのしかかる。

東進する低気圧の影響で、

あ、波がある。

沖で吹いてるときの波で、

まだよれ気味。

久しぶりの波ですが、

今のところはまだ厳しそう。

サイズは腿くらいですが、

スープに押してもらわないと立てそうに無いな。

それでも、

待ちかねたキッズは登校前にまずは波乗り。P1010097

―――

波情報では、

風はオフらしい。

天気図を見ると、

なぜオフなのか良くわからんが・・・、

不思議だな・・・。

―――

雑誌の連載で、

たまたま目に入った五輪の書について書き始めた。

さすがに、

吉川英治の「宮本武蔵と「五輪の書」しか読んでないんじゃ具合が悪いか、

と別の本も読んでみる。

誰でも同じだけど、

読みたいところしか読んでない。

もちろんこれは自分も同じだけど、

いったい何処で自分の何と響き合う所があるのか、

がポイント。

すべての元になる剣に関して書いてあるものは皆無。

剣だけに通じる技術的なものじゃなくて、

もっと武術に普遍的な事がはっきりと書いてあって、

響きあうものが多い。

「水の巻」なんて読んでみると、

いろいろ書いてあるけど、

肝心なのはたった二つしかない。

この二つは肝に銘じる。

| | コメント (0)

壮観・・・

201417日(火)

P1010051

今朝は西に向って散歩しよう、

と思っても、

いざ海岸に着くと東に向う。

日の出に向って歩きたくなる、

向日葵と同じで、

向日性があるのが人情?

でも、今朝は敢えて西に向う。

それでも時々振り返る。

―――

P1010079 日の出までの暫くの間、

空の色は変わっていくのを見ながら立禅。

最近はすっかりこの習慣が身についた。

―――

日の出と同時に港から漁船が次々と出航。

二十隻を超える漁船が、

腹に響くディーゼル音を轟かせ、

出て行くさまは壮観・・・。

―――

やはり何時もと違うことすると、

発見があるな。

| | コメント (0)

得した気分・・・

201416日(月)

P1010044

夜明け前のほんの僅かな時間。

夜でも朝でもないこの時間が、

最近のお気に入り。

この時間に禅を組んでると、

何時もより得をした気分。

で、今日もちょっとばかり得した気分・・・。

―――

about 太気拳

畳の縁を歩く。

そんなのはいとも簡単、

誰でも出来る。

じゃあ、それが天守閣の天辺だったらどうだ。

この手の話は、

主人公が宮本武蔵だったり、

時には服部半蔵だったり、

あるいは柳生某とかだったりする。

畳の縁を歩くように、

天守閣の天辺を歩くのが極意って話。

つまりいつでも何処でも平常心が大事だ、

ってところに落ち着く。

だって、誰だって歩いているからだ。

―――

これほど逆転した話は無い。

話は複雑でもなんでもなくて、

いつでも何処でも安定して歩ける技術が大事だって話だ。

そんな技術がある事に気付けないから、

問題は心だって事にする。

平常心という心の問題は、

その技術の後に出てくる話に過ぎない。

―――

人は普通に立って歩く。

その当たり前を当たり前としたところで、

すべては終わる。

自分の当たり前に疑問を持って、

自分を乗り越える。

じっと立つのは、

自分の立つことに疑問を持つことだ。

自分の足元を疑うことだ。

俺は立てているのか・・・。

―――

P1010049

疑問の無いところに、

解決や進歩は無い。

―――

当たり前ってのは、

これを言う。

| | コメント (0)

成長の一年になりますように・・・

201415日(日)

P1010039

腹減った~、と起床。

正月食べ過ぎ飲みすぎから回復。

何時ものように散歩して、

何時ものところで禅を組んで、

軽く汗をかいて風呂入って朝食。

さあ、今日から稽古開始。

今年も成長の一年になりますように・・・。

| | コメント (0)

ホッとするな・・・

201414日(土)

P1010026

寝すぎて疲れた。

年末年始で身体だけじゃなくて、

内臓も疲れたようで、

九時間寝て、

背中が痛くなって目が覚めた。

―――

何時ものようにお茶を飲んでから海岸散歩。

もちろんうねりは乏しく、

波乗りの期待無し。

背中が汗ばむくらいの早足で暫く行ってから、

まずは立禅を組んで、

次は独立椿。

軽く動くと、

背中の痛みも無くなり、

身体が軽くなる。

明日からは稽古も再開。

正月が終わるとホッとするな・・・。

P1010031

| | コメント (0)

いい稽古するぞ!!!

201413日(金)

P1010010

元旦二日と朝一波乗りで、

今朝はさすがに波がつながらず散歩のみ。

海岸で皆さんとの挨拶も、

「おめでとう」から「おはようございます」。

「昨日はどこに入った」とか、

「いや、飲んじゃってパス」とか・・・。

―――

いつものところで、

日の出を待つ間に禅を組んで、

少しばかり動く。

そろそろ年末年始モードも終了。

―――

今朝からは普通の朝食。

日常に復帰しつつあるようで、

やはりほっとする。

昨日までは、

御屠蘇かわりに朝飲んだビールも、もう結構。

稽古すれば日常が戻ってくる。

気持ちがしゃんとする。

今年もいい稽古するぞ!!!

| | コメント (0)

疲れた・・・

201412日(木)

P1010005

今朝も波あり。

薄暗いうちに出発。

波の上から見る日の出。

やや厚めでなかなか取れない。

「水が多いよね~」と皆さんと言い合いながら、

それでも何とか一時間半の波乗りタイム。

良い正月です。

―――

波乗り前の準備運動。

そこに独立椿を加える。

芯がしゃきっとしてバランスが良い。

パドルから芯を意識すると、

テイク・オフもスムーズに行く感じ。

なんでもバランスだもんな。

P1010001

―――

遅い朝食を御節で摂って、

後はのんびりテレビで駅伝。

暫く見てたら茅ヶ崎海岸を空撮の映像。

ああ、風がまだオフだ・・・。

と思ったら我慢できなくて再び即着替え。

サイズは腹で相変わらず混雑。

さすがに二ラウンドで、

ああ、疲れた・・・。

帰っての昼食はお節。

ああ、飽きた・・・。

| | コメント (0)

一ラウンドいくか・・・

201411日(水)

P1010044

夜中に目が覚めると、

遠くに除夜の鐘。

ひとつ、ふたつ、と数えたら、

五つで終わった。

今年は除夜の鐘は五つで終わりかいな・・・。

と再び気絶。

―――

暗いうちに出発。

まずは着替えて元日サーフィンに出発。

サイズは腰からたまに腹、

もっとたまに胸。

でも、良いのは皆さんに持ってかれて、

お余りを頂戴。

それでも、

皆さんと新年のご挨拶しながら

良い一年の始まり。

―――

さてと、

ここでもう一ラウンドいくか・・・。

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »