« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

セーブ・・・

2014331日(月)

P1010020

昨夜は兄弟が集まって母の卆寿祝い。

おかげで少し飲みすぎて、

何となく足元がフワフワ。

それでも気になる波情報。

うねりは1m超北風。

コンディション良し。

もっと気になる水温は14度台。

お日様は出てるし、

水温もさすがに上がってきてるので、

さあ!これからしゅっぱ~つ・・・。

(でも、午後から茅ヶ崎で稽古なので、

少しセーブ・・・)

P1010021

| | コメント (0)

眼が覚めたかな・・・

2014330日(日)

P1010008

春です。

今にも降りだしそうな気配。

手袋も無し、

ダウンも無し、

湿った空気が気持ちよく感じる。

海に向かう道は向かい風。

南風強く波の具合は、

と見ると、

むむむ、こんなもんか・・・。

と、腿サイズのショア・ブレイク。

辛うじて・・・。

―――

P1010015

about 太気拳

なんで、

皆さん同じように構えるんですかね。

左構えとかサウスポーとか・・・。

他にないんですか???

常識を捨てる。

常識ってのは、

世の中の大部分がそう思ってる、

ってだけの事。

常識を疑え!

稽古は当たり前を覆すためにやる。

昨日の稽古、

少しは眼が覚めたかな・・・。

| | コメント (0)

分析・・・

2014329日(土)

P1010008

一日の始まり。

朝が一番気持ち良い。

布団の中で夢を反芻。

同じような夢を二回目。

―――

沢井先生がこっちに帰ってきた。

でも、

すぐにまたあっちに帰らないといけない。

まぶしいくらいの笑顔。

「先生、私も少しはまともになりました」

と、動きを見てもらおうと思っていると、

「天野君、○×を買ってきてくれ!」

返事をして買いに行くが、

その○×が何処に行っても無い。

早くしないと、時間が来る。

時間が来れば先生があっちに帰る。

そう焦るばかり。

先生に成長を見せたい、

でも、買うまで帰れない・・・。

―――

こんな夢を見る。

自信があるような、

それでも、

まだ何処かに不安があるのか。

そんな自分を分析・・・。

| | コメント (0)

このせいか・・・

2014328日(金)

P1010002

雨上がりで霞が掛かった江ノ島。

陽射しが暖かくなってきた。

ひょっとしたら波が残るか、

との期待はあっさりと裏切られて静かな海、

うねりは20cm台。

―――

P1010007

背中に陽射しを浴びながら歩く。

眼の前に自分の影が移る。

ふと気付くと、

手の振りに左右の違いがある。

左足に十分に体重が乗っていない。

そうか、と気付く。

脚の太さが違うのはこのせいか・・・。

グーフィーもこのせい。

独立椿も左が少し不安定。

と、

判ったからどうって事ないけど、

また少し自分が判った。

| | コメント (0)

ぶっ倒れるかな・・・

2014327日(木)

P1010001

天気予報では雨。

と言ってた昨日の空模様。

実際は殆ど降らず。

―――

低気圧接近でうねりが上がって、

さあ、明日は出来るぞ、

と意気込んだんですが、

これじゃあ、

波も期待できないか、

と思ったら、さにあらず・・・。

―――

朝は何時ものように寝床でチェック。

日付の変わった頃からアップした気配。

偵察では腰腹。

さあ、今日は午前中は波に乗って、

午後はぶっ倒れるかな・・・。

―――

昨日は久しぶりに人形町。

以前は仕事の関係で随分来た。

相変わらずの甘酒横丁。

少し変わった気配はあるものの、

老舗があるので、

全体的には昔のまま。

お歳暮定番の「魚久」も変わらず。

水天宮は立替のため仮宮。

昔好きだった洋食屋を探したんですが、

どうやら店仕舞いでビルに。

ちょっと残念・・・。

昭和の時代に大正の雰囲気の店。

さすがに平成まで持たなかったか。

以前は仕事をサボって禅を組んだ浜町公園。

そこの枝垂桜、

一足先に満開でお見事。

―――

しかし、

何処行っても禅組んでたんだな~、

とあらためて・・・。

都内を巡ると稽古のできる所ガ頭に浮かぶ。

出社前に公園で禅組んで、

昼休みに会社の屋上で禅組んで、

営業途中の公園で禅組んで・・・。

帰りにはやはり家の前の公園で禅組んで・・・。

晩学遅咲きはこれくらいしか出来ないから。

晩学でも良いじゃん、

遅咲きでもかまわない。

花は小さくても咲きさえすれば良い。

小さくたって花は花だ。

それぞれの花だ。

Sakura

P1010003

| | コメント (0)

使用前使用後・・・

2014326日(水)

Photo

しまった!

寝坊した・・・。

風が変わった朝。

朝一で波乗り、

と考えてたんですが失敗。

潔く朝一は諦めて偵察行。

思ったほどではなくサイズ腿。

―――

朝食後に早速着替えて一時間。

何とか出来て満足。

しかし、

海に入ると気分一新。

別人に生まれ変わった気分・・・。

まるで使用前使用後。

―――

about 太気拳

反応の形式を変える。

動力定型の転換。

これも使用前使用後・・・。

| | コメント (0)

一言に尽きる・・・

2014325日(火)

1

名も知らぬ 遠き島より

流れよ~る椰子~の実・・・、

じゃなかった。

春が近づいてくる。

椰子の実もどきも春の使者か?

―――

about 太気拳

運動の形式を変える。

この一言に尽きる・・・。

禅を組むのは、

新しい運動形式の発見の為だ。

沢井先生の「気」の言葉に込めた思い。

大事に、大事にしたい。

| | コメント (0)

無知は悲しい・・・

2014324日(月)

2

ようやく春が来たな。

桜の開花まであと一週間と気象庁。

ところが、

桜の種類が違うのか、

何時もの公園の桜はもう一息で満開。

―――

散歩してると、

何時も海でお会いする皆さんがジョギング。

さすがにうねりが20cm台ではどうにもなりません。

しばらくは波無し予想。

おかげで体重が増えっぱなし。

ふと見ると、

干からびた四角い箱・・・ふぐ。

1

―――

about 太気拳

昨日の参加者はお疲れさん。

稽古の中心は楔と爪先踵。

なんと言っても発勁には必須。

蓄勁の条件。

―――

楔を締める・・・。

上下の力だ。

思い返してみると、

沢井先生が投げの返しを教えてくれた動きがこの力。

当時はただの形でしか判らなかった。

やっていたにも係わらず、

何故出来たのか判らなかった。

上下の力の何たるか、

あるいは、

楔を締めるの何たるかを、

何も知らなかった。

無知は恐ろしい。

―――

つま先をうけるようにして、

踵をふみつける・・・。

と、五輪の書。

これももう一つの昨日の課題。

これが研究者はわからないと言う。

研究者はわからないから研究するんで、

わからないのは当たり前ですが、

つまりは、

私は発勁できません、

と公言・宣言してるようで、

無知は悲しい・・・。

| | コメント (0)

引き締めて・・・

2014323(日)

散歩前の熱いお茶。

うねりチェックは習慣。

すっかり波は影を潜めて完全にフラット。

―――

さて、今日は一日中稽古。

まあ、昨日も午前午後と一日中だったんですが、

今日は基礎講座。

いつも以上にメンバーも来るんで、

気を引き締めて・・・。

| | コメント (0)

寝坊・・・

2014322日(土)

Photo_2

快晴!

久しぶりの波乗りのせいか寝坊・・・。

気が付くと御日様は既に高く、

窓から朝の陽射しが飛び込んでくる。

散歩無しで熱いお茶。

それでもうねりチェックは習慣。

50cm台ということは、

多少は残ってるって事かな。

と思いつつ、

水温を見ると12度台。

この水温が気になるな~。

水温は季節の一ヶ月遅れ。

水仙の蕾も膨らんできてるから、

もう一息かな。

水仙の後には鈴蘭。

鈴蘭が咲くころは、

もう5月だ。

| | コメント (0)

好天無風波有るディ・・・

2014321日(金)

Photo_5

天気予報で、

今日の気温が平年並みとの事。

え、こんなに暖かいんだ。

うねりは1m超で、

これが平年並みだと良いんですが、

さにあらず。

久しぶりの好天無風波有るディ・・・。

これは波乗りでしょ。

と意気込んでGO!

―――

サイズ胸肩、たま~に頭。

最初のパドルアウトでノー・ドルフィン。

一本乗っての帰りも同じくノー・ドルフィン。

もうちょっと掘れてれば、

なんてのは贅沢の言い過ぎ。

ああ、ひっさしぶりの良い波当てた・・・。

―――

と、ありゃ・・・。

カメラが壊れた???

パソで読み込めない。

| | コメント (0)

産んでくれてありがとう!

2014320日(木)

P1010348

朝から走り回った。

何とか速く用事を終わらせて、

波乗りが出来るんじゃないか。

そう思ったんですが、

いざ終わってみると、

午後遅くから入る気が起きない。

これが歳と言う事か、

と思いながら立ち寄った公園。

雨に濡れた梅の花。

これも今日あたりが見納め。

―――

やっと落ち着いて、

今日は一日早い母の卆寿祝い。

つくづく母には、

産んでくれてありがとう!

| | コメント (0)

始めるぞ・・・

2014319日(水)

P1010316

待っていた明日が今日になった。

夜半に変わった風で整った波。

サイズは腹から胸。P1010343

これから潮も引いてくるし、

キッズも引き上げ。

おじさん向きの波を探して、

さあ!これから一日をガッツリと始めるぞ・・・。

P1010330

| | コメント (0)

時間を無駄にした・・・

2014318日(火)

P1010308

南西風強。

東に歩いての帰り道。

砂が顔に当たって閉口。

風が吹いてるだけで、

波は無し。

期待は明日の早朝。

帰り道にニット帽・サングラス・マスク姿の怪しげな男が急に近づいてくる。

む、っと思ったら

「おはようございます!明日ですね!」。

誰だか判らんが

「そうですね」。

あのね、

その格好じゃ誰だか判りません・・・。

―――

P1010311

about 太気拳

言葉にはいくつか種類がある。

まず社会性のある言葉。

簡単に言えば傍観者の視点。

次は極めて狭い社会でのみ通じる言葉。

例えばサーファーにしか通じない言葉、「喰らった~」。

そして自分に語りかける個人的な言葉。

なるほど、こんな感じだ・・・。

―――

武術を研究するって事は、

個人的な言葉を自分のものにする事だ。

なぜなら武術は個人の内的なもの。

そういう意味では詩的なものだ。

―――

こんなことを思ったのは、

此処のところ宮本武蔵関連の研究書?を読んだりしたからだ。

そのあほらしさは、

視点が傍観者にしか過ぎないからだ。

感想・・・、

時間を無駄にした・・・。

| | コメント (0)

負けずに・・・

2014317日(月)

P1010299

日の出が随分早くなった。

おかげで朝一組みに元気が出てきた。

仕事前登校前にひと波当てて。

今朝も腰サイズが奇麗に割れて、

朝一母娘?サーフィンが全開。

グーフィーは遺伝する???

これでもう少し潮が引けば出来るポイントも増えそうなんで、

さあ、朝食後にはこちらも負けずに・・・。

P1010295

| | コメント (0)

外した・・・

2014316日(日)

P1010283

あちゃ!外した・・・。

どうせいつもの湘南で、

波無いでしょ、と散歩のつもりで海岸。

なんと腰サイズの波が綺麗にブレイク。

切れて三角、ノー・ドルフィンでおじさん仕様。

一瞬帰って着替えるか、

との考えが頭をよぎる。

帰って着替えて30分。

そのうえ好天無風の日曜日。

これから続々と皆さん登場だもんな~、

と諦めて散歩して少しばかり禅を組んで、

再びポイントを見ると思ったとおり。

ロングがずらりと勢ぞろい。

やっぱり・・・。

P1010284

気を取り直して今日は稽古稽古。

| | コメント (0)

2本・・・

2014315日(土)

P1010269

暗いうちに布団から抜け出て、

もちろんまずは熱いお茶。

ほっとしたところで着替えて海。

うねりは70cm台、

これなら十分。

と思って到着。

おっとっと!

思ったより無い。

潮回りが悪いので、

たまに腰サイズが分厚いブレイク。

と言っても、

今しか無いんで入る。

30分で終了。

ゲットは2本・・・。

体力温存で、

さあ、稽古だ稽古!!!

P1010270

―――

しかし、昨日の波を見てつくづく思った。

サーファーって人種はクレージー。

何処かの螺子が一本足りないか、

それとも一本多いのか。

| | コメント (0)

手が出ない・・・

2014314日(金)

P1010255

嵐の過ぎ去った朝。

風は北に変わって、

寒さが戻ってきた。

それでも、

自転車に手袋無しでも大丈夫。

うねりは2mを超えて、

烏帽子岩に当たった波が飛沫を上げる。

サイズは頭から、

所によってはダブル。

こんな波は手が出ない・・・。

P1010260  なんですが、

小学生ってのは怖さを知らない。

恐るべしキッズ。

しばらく静観・・・。

| | コメント (0)

底の心強く・・・

2014313日(木)

P1010252

やる事やって、

と、朝からめまぐるしい。

もっと早くやっとけば、

と言うものの、

伸ばし伸ばしで確定申告。

しかし、また一人扶養控除が減った。

子供が一人立ちで喜んで良いはずだけど、

少しばかり寂しくもある。

まあ、最後は誰でも独りだからな。

―――

雨の中を出かける。

ふと見るとアスファルトに水仙。

毎年アスファルトの隙間から葉を出すが、

残念ながら花を咲かせずに枯れる。

がんばれ水仙、

今年こそ・・・。

―――

about 太気拳

上の心弱くとも

底の心強く・・・。

とは武蔵の言葉。

上に対して下ではなく、

底と言う。

うむむ、

この言語感覚に感心する。

これは試声に違いないね。

王向斎先生の言う、

呼吸の功夫、

つまり腹背呼吸だ。

沢井先生流では、

呼吸の弾力。

呼吸の力で心を強くする。

気持ちは身体で強くも弱くもなる。

―――

もう一つ王向斎先生の言葉。

力について。

・・・・・

その運用については欲望にとらわれると、

幻想によって間違いが起きる。

往々にして本能と力量は幻想によって支配され、

かえって本能の求める運動と合致しなくなる。

・・・・・

何か判った気になると、

これをああしてこうしてと考える。

よく聞く、

身体の使い方とか言う奴。

天野も昔はそうだった・・・。

これを称して「欲望」「幻想」と先生は言い切る。

別の言葉で言えば助平根性・・・。

―――

何にも捉われない自然な心。

おのずからさなるこころ・・・か。

| | コメント (0)

風もオフ・・・

2014312日(水)

P1010249

ありゃ、波乗りしてる。

何故か腿位の波。

風もオフ・・・。

でも、水は冷たそう。

―――

朝食後に着替えて、

ちょっと迷ってからロング。

しかし、

波に乗ってからどうしたらいいの、

ってな感じで持て余して終了。

結局板が長かろうと短かろうと、

下手は下手って事、

と、ちょっと悲しい・・・。

P1010250

―――

昨日は久しぶりに推手。

肩が本調子じゃないので、

少しばかり心配したけど、

何とかできるくらいに回復。

しかし、久しぶりに手を合わせた弟子の成長。

手が重くなってる,

と、ちょっと嬉しい・・・。

| | コメント (0)

継続中・・・

2014311日(火)

P1010246

気が付くと毛布を蹴飛ばして寝ていた。

これも春のなせる業。

とは言っても、

外気は冷たい。

今朝は何処を探しても雲が無い。

透き通った空気に朝の陽射し。

冷たい空気をを大きく吸い込むと、

身体の中からシャンとしてくる。

もちろん連日の波無しは継続中・・・。

| | コメント (0)

底の心は強く・・・

2014310日(月)

P1010236

東には分厚い雲。

ふと西を見ると雪を背負った富士山。

相変わらず波無し。

おかげで心静か。

海は静穏、

心は平穏・・・。

帰りに昨日の桜の蕾を観によると、

桜一輪、

あ、こっちにも一輪。

P1010243

―――

About 太気拳

今回は五輪の書を読んで、

随分ヒントを貰った。

その中でまた新しい発見。

上の心弱くとも底の心は強く・・・。

と、心を二つに分けてる。

上の心は普通に言う心で、

底の心は気を入れた時の心に違いない。

「気を入れる」は沢井先生がやっていたものだけど、

これが意拳では「試声」となっている。

呼吸の弾力、

と先生は言っていた。

この時の気分が多分「底の心強く」だろう。

確かに身体を底に押し付けるような感じだ。

―――

新聞でちょこっと武術について。

まあ、ほんとに小手先のものを武術だと思ってるんだね、

普通の人は。

武術の系譜、伝統は、

武術の種類じゃなくて、

先生の言葉にすれば「気」だし、

中国の伝統的な言葉を借りれば「発勁」。

これの無いものは全部「もどき」でしょ。

| | コメント (0)

蕾・・・

201439日(日)

P1010226

水温が12℃と低い。

試しに去年は?

と思って調べてみる。

すると14℃から15℃。

3℃の差は大きい。

どおりで寒いわけだ。

―――

P1010228

とは言え、季節は確実に変わっていく。

満開の梅の脇で、

桜の蕾。

蕾の陰に春。

やさしく開く笑顔のような蕾・・・。

| | コメント (0)

行ってきま~す・・・

201438日(土)

P1010219

昨夜の雨で濡れた砂。

明け方には凍り付いて、

踏みしめると跳ね返ってくる。

波はほとんど無し。

すれ違ったローカルさんが

「鵠沼行ってきま~す・・・」。

―――

P1010217

浜千鳥がせわしない。

身体の時計の進み方が違う。

面白い。

あの速さは一体どこから来るんだろう。

| | コメント (0)

寒い寒い・・・

201437日(金)

P1010209

昨日はむちゃくちゃに寒かった。

波は良いんですが、

寒い寒い・・・。

一時間入って、

最後は波が取れても身体が冷えてもたもた。

白旗を掲げて終了。

参った参った、

これも歳かな~。

―――

そして、

一夜明ければ何時もの湘南。

サイズ膝がしょぼしょぼ割れる。

辛うじてロングで立てるくらい。

皆さんを横目に散歩。

P1010210

―――

何時ものところで片足立ち。

これやってると何時も思うのは王貞治。

王も確実に発勁してたんだな。

剣の発勁で見事なのは中村泰三郎。

その兄弟子が王貞治の一本足打法を指導したそうだから、

当たり前と言えば当たり前。

人から人にしか伝わらないもの。

最近は、

自分が自分が、

から人へ人へ、

と変わってきた。

これも歳かな~。

| | コメント (0)

全部・・・

201436日(木)

P1010199

抜けるような青空。

うねりは1m超北風。P1010201

サイズは肩からたまに頭。

地形も決まってる。

これで全部・・・。

P1010203 

| | コメント (0)

躍る心・・・

201435日(水)

P1010190

南岸を低気圧接近中で、

どうせ今日は南風。

オン・ショア大苦手なんで、

はなから諦めてたんですが、

情報を見ると北風???

なぜか判りませんが、

まずは朝食後に急いで着替え。

―――

途中であった皆さんが

「いい波だよ」に躍る心・・・。

サイズ胸肩。

最初のパドル・アウトでドルフィン8回。

二回目は13回まで数えて、

それ以上数えるのをやめた。

乗るのは良いけど、

インサイドで喰らうこと喰らうこと。

一時間半喰らいまくって終了。

―――

しかし、思ってることの半分も出来ん。

これが実力ってとこですね。

太気拳レベルとは言わんけど、

もうちょっと上手くなりたい。

P1010196

| | コメント (0)

待つしかないか・・・

201434日(火)

P1010179

最近はスカッとした朝陽にお会いできません。

今朝も雲間はあるものの、

なかなか顔が見えませんね。

もちろんうねりも無しで、

今日もノー・サーフ。

明後日まで待つしかないか・・・。

と、

今朝は稽古しないで、

音楽を聴きながら、

の~んびりと海を眺める。

―――

P1010180

about 太気拳

情報には二種類ある。

メディアに書ける情報と、

人の身体にしか書き込めない情報だ。

武術の中にも、

メディアに書き込めるものと、

書き込めないものがある。

武術の本質はメディアに映すことも書き込むことも出来ない。

書き込めるものは影に過ぎない。

影から本質を読み取れるのは、

同じところまで登ったものだけだ。

―――

人から人にしか伝達できないもの。

それが此処まで失われずに伝わってきた。

もちろん失われたものも多い。

影しか残っていないものが殆どだ。

太気拳はそうならなかった。

これからもそうならないようにする。

沢井健一を伝える。

志を同じくするもの。

それが同志だ。

| | コメント (0)

もうすぐお花見・・・

201433日(月)

P1010174

少しばかり期待。

なんと言っても低気圧が抜けて雨上がり。

ところが残念ながらうねりの上がる気配無し。

ちょっと裏切られた気分で散歩。

何時もと違った公園で禅を組むと、

雨に濡れた梅の花。

脇には膨らみかけた桜の蕾。

もうすぐお花見・・・,

は、ちょっと気が早いか。

―――

about 太気拳

歩法を稽古する。

歩法ってのは脚の動かし方じゃない。

脚の動かし方練習をするんじゃなくて、

脚を動かさないで動く法が歩法。

脚で身体を動かすんじゃ、

時間が掛かってしょうがない。

脚が動く前にどうすれば身体が動くのか。

それを見つける。

脚は身体に付いて来るもんだ。

つまり身体が動いてから脚が付いて来る。

歩法こそが発勁だ。

| | コメント (0)

しぶとさや・・・

201432日(日)

P1010167

昨日から降り続ける雨。

おかげで今朝は散歩無しで、

の~んびりと朝湯。

―――

春雨に 名残の雪の しぶとさや・・・ 

と、まあ、

筋肉痛の元になった雪もしぶとい。

―――

遥か南に台風3号。

そろそろこんな情報に胸ときめく季節。

Ir1

| | コメント (0)

楽しみ・・・

201431日(土)

P1010163

昨日のうねりの残り。

サイズ腿から腰。

短い板でも十分いける。

天野はお疲れでお休み。

何時ものように散歩して軽く身体を動かして終了。

―――

暖かくなってきて、

少しばかりホッとした。

波乗りの不調は、

要は寒さのせい、と言うことにした。

身体が冷えてると、

動作が鈍る。

鈍る動作を身体が感知して、

気持ちが後ろ向きになる。

で、結局上手く乗れなくなる。

P1010164

―――

気持ちってのは、

気持ちじゃ乗り越えられない。

それを乗り越えるのは身体。

さあ、次はウエットを脱ぐ季節が楽しみ・・・。

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »