« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

呆れてた・・・

2014630日(月)

P1010376

何となくほっとする月曜日。

青い空に白い雲。

夏の早朝は空気もまだひんやりして気持ちいい。

―――

海岸は波なし。

満潮で今の所は何処も駄目。

そこで、

昨日会った先輩に教えてもらったシークレット。

早速今朝は調査。

なるほど、

此処だけ腰サイズ。

ただ、

5人入れば満杯のローカルポイント。

むむむ、ちょっとな・・・。

―――

只今ホーム・ページをリニューアル中。

ドメインは同じですが、

移行にちょっと手間取って、

二三日消えちゃうかも知れません。

すぐに戻りますんで、

あしからず・・・。

―――

その為のカットを探すのに昔のビデオを見た。

神宮にビデオを持ち込んで撮ったものだ。

沢井先生や兄弟弟子、

勿論自分も映っている。

正直言って、

あんまりひどいんで嫌になった。

もし、弟子がこんな組み手をやったら、

多分切れるだろうな・・・。

あるいは

大声出して怒鳴る、

見合いの稽古してるんじゃねえぞ!!!って。

勿論自分だけじゃなくて、

皆もひどい。

箸にも棒にも掛からず、

お話にならない30年前。

まあ、そうは言っても

初めは誰でも

そんなもんか・・・。

―――

P1010387

体力任せの天然組み手なんかいくらやっても、

限界なんて2.3年ですぐ来る。

ちょっとした工夫と組み手慣れが精々。

そこを超えようと30年だもんな。

―――

でも、そんな組み手を、

何も言わずに見ていた沢井先生。

心が広いと言うか、

大きいと言うか、

あるいは呆れてた・・・。

―――

あの頃からすれば、

自分も多少は成長したんだろうな。

―――

しかし、

中には

あの頃は強かった、

なんて阿呆も居るかもね・・・。

| | コメント (0)

青空・・・

2014629日(日)

P1010375

低気圧通過の朝。

と言っても、

まだ抜けきっていない模様で雨。

取り敢えずは着替えて海。

サイズ腰で、

しかしながら満潮でテイク・オフしても何も出来ない。

これから良くなりそうですが、

稽古なんで一時間で終了。

上がって風呂から出ると、

青空・・・。

良い一日になりそうです。

―――

庭のトマトがどんどん大きくなってる。

まだ青いながらも、

そこ此処に。

期待ですね。

しかし、このトマトを見てると、

green boy の意味が良く判る。

―――

さてオーバー60’green boy

稽古に出発。

| | コメント (0)

修行した・・・

2014628日(土)

P1010368

あいも変わらず波無し。

海に浮かぶのはSUPのみ。

歩いているとジョギング中の先輩と遭遇。

先週はバリに行ってきました。

いやあ、ダブルからトリプルでしっかり修行してきました。

うらやましい・・・。

―――

しかし、修行って言葉は最近は聞かない。

でも、結構サーファーは良く使う。

ひたすら喰らいながら、

アウトに向かってパドルアウト。

20分足掻いて、

振り返ると

何のことは無い岸から20mのあたり。

アウトに出た頃は体力を使い果たしてる。

そんな日は

上がってから、

ああ、今日は修行した・・・。

―――

P1010372

about 太気拳

一昔前の自分の組み手。

組み手で相手と向かい合う。

出方を探る。

阿呆か!と思う。

出方なんか探ってどうする。

と思うけど、

以前はそこからしか始まらなかった。

何故なら、

相手と同じレベルだからだ。

お話になりませんでしたね、

ホント・・・。

| | コメント (0)

その先に行く・・・

2014627日(金)

P1010364

梅雨にもかかわらず快晴。

沖縄が梅雨明けで、

こちらはこれからが本番のはず。

しかし、

前線が遠すぎるせいか、

波もなし、連日膝サイズ。

それでも、

地形が良いせいか

何とかかんとか遊べる。

今日もそんな雰囲気で、

干潮前後が狙い目かな。

―――

勿論今朝も朝一メンバーは

波が無いのもお構いなし。

海に入れば気分一新だよね。

P1010365

―――

about 太気拳

此処のところ、

沢井先生の映像を繰り返し見る。

昔と随分違って見える。

そして気持ちについて考える。

「君たちには気持ちが無い」。

そう言われたのを今も思い出す。

気持ちって言葉で言うのは簡単だ。

じゃ、どんな気持ちだ、

って言うと難しい。

ただ、

揺りをしていると、

気持ちが明確になる。

―――

自分を先取りする感覚。

あるいは、

未来、時間を先取りする感覚だ。

自分が此処に居て、

しかし、

その先に行く・・・。

沢井先生が言っていたのは、

こんな感覚、気持ちなんじゃないだろうか。

前を向く気持ち、

とでも言うんだろうか。

| | コメント (0)

速さと力・・・

2014626日(木)

P1010362

南岸に低気圧接近。

とは言え、少しばかり遠い。

これではうねりが入っても大した事は無さそう。

それでも無いよりはましなんですが、

今の所は兆し無しの30cm台。

海はおいて、

まずは庭の野菜を見て回る

(もちろん回るほど広くは無いけど)。

今日の収穫は茄子3本にピーマン2個。

むむ、数え方はこれでいいのかな?

しかし、トマトってのは時間が掛かる。

横を見ると、

バジルだって負けてない。

P1010361

―――

散歩に出ると、

やはり波は無し。

何時もの皆さんは、

走ったりウォーキング。

―――

about 太気拳

ちょっと気になる。

発力で相手を飛ばしたり、

引き倒したりするのも大事だ。

そういったものは派手に見えるから

興味を持つのはわかるけど、

もっと大事なのは歩法だ。

歩の発力は見えない。

でも、速さがまるで違う。

大事なのは速さと力・・・。

その両方を引き出すのが発力

歩法に力が宿る。

発力歩法だ。

見た目には地味だけど

これが一番大事だ。

―――

本当に大事なものは見えない。

本人にしか判らないもんだ。

見栄えのいいものは、

あんまり役に立たない。

精々が素人受けするだけだ。

そんなことに気を取られても始まらない。

芸人じゃないんだから・・・。

| | コメント (0)

一緒にしないでくれ・・・

2014625日(水)

P1010355

終わった。

日本のWCUP終了。

良い戦いを見せてもらった。

コロンビア相手に最後まで戦った。

戦いきってくれました。

若い彼らが誇り高い戦いでした。

負けちゃったけどね。

―――

試合後は着替えて海。

サイズ膝。

厳しいながらも、

海に入って気分一新。

P1010356

―――

人は何かに向かう。

何を成し遂げるかではなく、

何かに向かい続ける。

実は、

人は何ものも成し遂げる事は出来ない。

人は他人の人生を見て、

その結果・成果で判断しようとする。

成果は他人の判断に過ぎない。

人は経過を生きる。

生きることは経過の質だ。

質を別の言葉にすれば誇り。

生きていく経過に誇りを持てるか。

勝者もいつかは敗者になり、

生者も何時か死者になるなら、

求むべきは誇りを持って経過を生きる。

誇りを持った生き方こそが

人を勇気付ける。

―――

about 太気拳

品格、dignity

問題はこれでしょ。

都議会のヤジにしても、

良いとか悪いとか、

本人の思想がどうとかの問題じゃないよね。

思想なんてのは服装と同じで

表面を取り繕う事だって簡単に出来る。

でも、

取り繕う事が出来ないのがこれだ。

―――

偽者と本物。

そんなことを書いたけど、

本物には品格がある。

偽者には無い。

講座の復習用に動画をアップした。

するとyou tubeだから他の関連動画が出てくる。

妙な動画も出てくる。

これもやっぱり品格の問題。

強いとかそうでないとか以上に、

品格です。

勿論弱くちゃしょうがないですが、

dignityです。

あまりにそれが無いのに驚く。

同じ太気拳と言いながら。

頼むから一緒にしないでくれ・・・。

| | コメント (0)

歳って事か・・・

2014624日(火)

Photo

何故か夜中に何度も目覚める。

もう朝か、

と思ったら12時半だったり、

再び起きたら2時だったり。

3回めに目覚めたらやっと空が明るんでいた。

風はオフでうねりは50cm

波無し覚悟で着替えて海。

サイズ膝でたま~に腿下。

それでも何本か立てたんで満足。

復活の兆しで、

しゃきっとした気分。

―――

庭の野菜たちが実る。

キュウリに茄子。

こんな自分が植えても野菜は育つ。

子供の頃夏休みは母の実家でひと月遊んだ。

農家ではなかったけど、

庭が広くて野菜を作っていた。

そこで野菜が好きになって、

家に帰るとあまりに味が違うので、

野菜が嫌いになる。

そんな繰り返し。

あの野菜が懐かしい、

そう思って始めて良かった。

―――

しかし、今頃になって

白菜や沢庵を漬けてみたり、

梅仕事をしてみたり。

子供の頃をどこかが懐かしんでるのかも知れない。

これが歳って事か・・・。

さて、

次は何に眼が行くんだろう。

| | コメント (0)

別腹・・・

2014623日(月)

P1010353

布団から窓越しに見上げる空。

薄い青空にかすかに雲か霞む。

昨日と違って、

今日は天気が良さそうだな、

と思いながらうねりチェック50cm台。

低気圧通過で期待を掛けたんですが、

残念ながら、の模様。

まあね~、昨日は一日中稽古だったんで、

お休みしなさいってことかな、

なんて思うけど、

寿司は別腹と同じで、

波乗りも別腹・・・。

―――

今朝も海パンにタッパ。

サイズ膝から腿ほぼ無風。

最近は場所を選べば膝腿でもできる。

波取り放題の一時間。

気分シャキッ!!!

P1010352

―――

about 太気拳 

結局稽古は同じところに行き着く。

何をやっても発勁・発力に結びつく。

基礎講座では、

膝の締りを確認。

膝を足指と腰から引き締める。

そしてそこからの変化。

午前は立禅と半禅で定歩での変化。

推手の接触から変化。

午後は打拳での発力。

特に勁道に素直なアッパー気味の打拳。

全身を使っての打拳。

変な話、

こんなのがまともに当たったら大変です。

そして推手での、後方発力から前方発力への転換。

と、昨日の要点記録

参加者は復習してください。

| | コメント (0)

あれを忘れて・・・

2014622日(日)

P1010349

低気圧接近。

しかしながらうねりはまだ届かない。

それでも良いか・・・。

何もしないより、

何かをするほうが良い。

と言う事で、

海パンにタッパ。

サイズ脛の洗顔サーフ。

朝からすっきりさっぱり。

基礎講座への元気充填。

P1010351

―――

本物と偽者、真似されるものと真似るもの。

誰だって初めから本物じゃあない。

最初は誰かの真似をする。

誰かにああだこうだと言われて、

教えを守る。

形を守る。

ある時転換点が来る。

言われてやってきたものが、

内的欲求、あるいは必然に従ったものになる。

この時に偽者が本物に化ける。

個性が生まれる。

守破離ってのは、

この変化を言う。

―――

禅に色んな注意点があって、

これに気をつけると、

あれを忘れて・・・。

なんてことを繰り返して日々を過ごす。

ある日身体が納得して、

内から滲んだものが形に表れる。

さあ、此処からが個性の発揮だ。

―――

王薌斎先生の言葉。

「力は試を通じて知り、更に知を通してその用いるところを知る」

| | コメント (0)

また夏が来る・・・

2014621日(土)

P1010345

曇り空。

お日様が出てれば、

着替えて顔でも洗いに、

と思ってましたが中止。

ただの?散歩。

―――

夏が近くなるといろいろイベントが始まる。

どうやらカヌーの大会でもあるのか、

大きなテントとビュウーアーが設置。

海水浴場サザンビーチでは海の家の建設真っ盛り。

ああ、また夏が来る・・・。

相変わらず夏が近づくと

中学生みたいに

ワクワクする。

P1010346 

―――

本物と偽者について考える。

偽者はそれ自身では存在しない。

偽者は本物あってこそ。

本物はただそれだけで存在する。

その価値をそれ自身が知る。

人の言葉も称賛とも無関係にある。

本物ってのは、

つまりは言葉どおりの意味で、

個性だ。

個性は比較じゃなくて、

在りかたそのもの。

| | コメント (0)

残念!!!

2014620日(金)

P1010337

布団の中でうねりチェック。

早起きするほどでもないか、

と、うとうと。

明るくなってから外を見ると、

もう夏の日差し。

これなら波が無くても、

海で顔を洗うか、

と海パンに長袖に着替えて海。

オン・ショアがさわさわで腿からたまに腰。

何とか出来て満足。

サッと上がってテレビでWCup

残念!残念!もひとつオマケに残念!!!

―――

Photo

生まれて初めての収穫。

いの一番はキュウリでした。

朝食前にまずは皆でひと齧り。

| | コメント (0)

万々歳・・・

2014619日(木)

P1010335

低気圧通過。

こんな朝は勿論早起き。

うねりチェック後着替え、

即出発。

サイズ腹から胸。

満潮前で厚めだけど切れた波

相変わらず進歩は無いものの、

楽しければ万々歳・・・。

昨晩酒を抜いた甲斐もあり、

の朝でした。

P1010336

―――

帰ってパソコンチェック。

先日のコメントの方が再び。

せっかく気分よく帰ってきたのに、

お話にならない内容なんで、

即ゴミ箱。

口で武術を語る御仁に用はなし。

医者に聴診器の使い方を教えようなんて、

10年早い。

で、以前のコメントもゴミ箱ですね。

はい、これまでよ・・・。

| | コメント (0)

表情が和む・・・

2014618日(水)

P1010334

夕方に一旦台風が発生。

しかし、朝には低気圧。

猛スピードで進んでるようで、

はてさて、波はどうなりますか。

―――

どうやら家庭菜園の収穫第一号はキュウリ。

しかし、キュウリがどのように実るのか、

なんて当たり前のことを知らなかった自分に驚く。

何も知らないんですね。

でも、毎朝起きてまずは野菜たちの具合を見ると、

自然に表情が和む・・・。

P1010333 良い事だね、こういうのも。

―――

about 太気拳

中国拳法でよく使われる「聴勁」。

相手の力を自分の中心で受け止める。

それが出来て初めて、

自分の力を相手に伝えられる。

相手の力の利用とは、

流すとかすかすのではない。

そのまったく逆で、

相手が入れた力が抜けなくさせて

コントロールする事だ。

その為に相手の力を聴き取る力を養う。

| | コメント (0)

しょうがないですね・・・

2014617日(火)

P1010330

薄曇。

それでも暫く歩くと軽く汗ばむ。

何となくうねりはあるものの、

今ひとつ。

それでも元チャンプは今朝も元気!

しかし、見習うべきはこの視線。

眼の向くところに意思がある。

あるいは、

意思があるところに眼が向く。

視線はその人そのものだ。

P1010331

―――

気が付くとコメントを頂いてた。

中々興味深い内容のコメントで、感謝です。

自宅火災での負債を抱えての柔術指南。

所謂大人の事情って奴ですね。

どおりでって感想です。

どう考えても、

本気で教えようとしてる姿は浮かんできませんからね。

弟子に教えて出来ちゃったら、

自分の存在感が無くなります。

ただ、武蔵に合気が無いと言ったそうですが、

武術家が既に偶像化された武蔵にコメントする時、

其処に必ずある意図がある。

武蔵に合気が無いと言えば、自分は武蔵の上を行ってるってことになったりする。

どちらにしても、誰にどんな意図を持って言ったのか、で意味は違ってきますから。

これも大人の事情って奴でしょう。

―――

ただ、中国拳法の修行者から見れば、合気は中国拳法で言う「勁」と同じ。

「五輪の書」にも、数箇所「勁」を指すと思われる記述があります。

「勁」の通り道を素直に辿れば合気上げになるし、

日常的なものからはかけ離れた力が出るし、

速さも反応も引き出せる。

武田惣角の功績は、合気を作った事ではなく、

剣で会得した「それ」に「合気」と名前を付け、

素人が驚き感嘆するパフォーマンスに仕上げ、

ビジュアル化した事です。

中国では「勁」と言い、日本で「合気」あるいは「気」と言う。

それは修験道や易学とは何の関係も無い、

身体内の力学と神経の涵養、昂進です。

ただ、普通の人には判らないので、

何かただならぬエネルギーと思われたり、

神通力のように考えられるだけです。

持っている人間には、当たり前で自然な事です。

だから指導するときは、

何でこんな事が判らないんだ、って事になりますがね。

まあ、自分もこうなる為には随分苦労したんだから

しょうがないですね・・・。

| | コメント (0)

恥じ入る・・・

2014616日(月)

P1010322

今朝も好天、

しかし、波無し。

海にはSUP数人。

上半身裸で歩くと汗が吹き出る。

腹減った、と帰宅

―――

P1010320

ふと思いついて

家庭菜園のようなもの、

をやってみたんですが、

結構心を動かされる。

何気なく食べていたトマト、キュウリ、茄子やピーマン。

それがどんな花を咲かせ、

実を付けていくのか。

そんなことを考えても居なかったけど、

着実に枝を伸ばし

蔓を這わせ、

花が咲き、

やがて小さな実を付け

徐々に大きくなっていくのを毎朝見ると、

命のけなげさ、伸びやかさに

愛おしさが湧いてくる。

命ってのは

本当に素晴らしい。

今まで、

こんな事すら知らなかったのか、

と、恥じ入る・・・。

| | コメント (0)

こんなに居たんだ・・・

2014615日(日)

P1010316

青空!!!

よし、今朝は海パンに長袖タッパ。

サイズ腿ですが、

ポイントが限られてるんで、

人が多い。

海から上がって見ると、

わ、こんなに居たんだ・・・。

しかし、この波でも、

上手い人は実に楽しそうに乗ってるな~。

波が中途半端で、

支部予選は今朝もウェイテング。

支部選かWCか。

Thai is the question.

| | コメント (0)

スペイン負けたか・・・

2014614日(土)

P1010310

南の風が吹いた昨日。

今朝は北の変わってうねりは1m

よし、と起きると連れ合いがサッカー観戦。

スペインとポルトガル戦で、

ちょっと心が動いたけど、

かまわず着替えて海。

満月を眺めながら波間に漂う。

サイズ腰から腹。

P1010312

暫くすると激混みで終了。

シャワーを浴びてWCの結果を聞くと、

おお、前回王者のスペイン負けたか・・・!!

しかも大差。

―――

about 太気拳

禅の静から動を引き出す。

と言っても、

ポイントは多々ある。

そのひとつが膝。

内に引き絞り、

外に張り、

上に引き上げ、

下に踏みつける。

これがあってこそ腰腹の力が大地に伝わる。

多くの場合、

勁力は膝と肩で滞る。

| | コメント (0)

染み込んだ孤独・・・

2014613日(金)

P1010309

うねり80cm台。

頭の中に染み込んだ孤独・・・。

孤独だって、

百年積み重なると大したもんだ。

マルケス死しても孤独が残る。

その孤独を振り払う。

その為に今朝は自転車に跨る。

サイズ腰腹。

満潮で分厚いながらも

いい朝です。

P1010308

| | コメント (0)

迷い無し・・・

2014612日(木)

Photo

4時起床うねりは130cm台。

迷い無し・・・。

即効着替えて自転車にまたがって意気揚々。

サイズ胸数人が海に浮かぶだけ。

波数もあるし、

アウトに出るにも喰らわない。

暫くすると何故かサイズがガクッと落ちて終了。

それでもヤッホー!!!と2時間半。

これで朝から元気一番!

さて、今日は実家で採った梅で梅干作り&来客準備。

―――

about 太気拳

ただ立ってんじゃねえよ!

ただ歩いてんじゃねえよ!

普通にただ立って、

ただ歩いてるんじゃ、

稽古してることにならない。

ただ立って、

ただ歩くんじゃ、

役に立たないから、

じゃあ、

どうすりゃいいんだ、

ってところで、

禅の出番。

動くと動かないを、

繋げて初めて武術の出番。

| | コメント (0)

朝が来たから起きる・・・

2014611日(水)

P1010303

雨模様の朝。

今にも降り始める空模様。

西から低気圧接近で、

その後を追って熱低。

熱低の声を聞く季節になりました。

海水温も22度超。

13度で寒い寒いと言っていたのが夢のようで、

既に海パンにタッパーも違和感無し。

今週末から来週前半にかけて波有り週間になる予想で、

何となく気持ちウキウキ。

脚が早く本調子になること期待ですね。

―――

嵐の前の静けさで、

海はまったりのんびり。

何時見ても海に居るA君。

今朝はSUP.

波があれば波乗り、

風が吹けばウィンド。

彼は彼の意思を生きてる。

―――

~のために夜布団に入る。

~のために朝起きる。

昨日君は何の為に布団に入った?

今朝君は何の為に朝起きたのか。

何かをするために眠る。

何かをするために朝起きる。

ただ眠いから眠る、

朝が来たから起きる・・・。

この違いを知ってるだろうか。

―――

about 太気拳

身体中に抵抗を感じながら動く。

さながら水飴の中を行くように。

しかし、

その中でまったく正反対のモノを求める。

ひとつは抵抗を強引に打ち壊す力。

もうひとつは抵抗を最低限に留める力。

力の原点と、

その力の通り道。

勁と勁道・・・。

| | コメント (0)

大事に育てろよ・・・

2014610日(火)

P1010299

弱~いうねり。

それでもロングで何とか。

今日も潮が引けば多少は出来そうですが、

まだ我慢。

今日明日と休めれば復調。

とのんびり散歩。

のどかな朝ですね。

P1010301

―――

about 太気拳

ほぼ隔週の茅ヶ崎での稽古。

嬉しいのは教えたことが通じたとき。

形にもならない勁が、

弟子の中に生まれた瞬間に立ち会う。

大事に育てろよ・・・

明日になったら忘れてた、

なんてことの無いように。

| | コメント (0)

浩然の気・・・

201469日(月)

P1010281

お決まりの散歩。

先日痛めた脚が

どうやら今朝あたりから回復傾向。

昨日はまともに歩けなかったのが、

なんとか脚を引きずらないで済む。

海岸に出ると、

何故か昨日のこの時間よりうねりが高い。

たまに入るセットは腰。

潮が多いので厚めですが、

もう少し引けば良くなりそうです。

しかしながらこの脚では無理なので、

悔しいながら本日は指をくわえることに決定。

早朝の親子サーフィンをしばし見学。

次の木曜日に期待・・・。

P1010285

―――

about 太気拳

下発力の稽古を皆とする。

要領は緩と急、弛緩と緊張。

これは筋肉に限った事ではない。

気持ちの上でも同じ事だ。

身体をふっと緩め、

次の瞬間に急激に緊張し、

何事も無かったように緩める。

全身の一瞬の爆発。

それは精神も同じで、

一瞬我を失い、

次の瞬間に急激に現れる。

我を失う、

と言う表現が的確であるかどうかは判らない。

一瞬自分の精神を放り投げ、

次の瞬間に引き戻す。

放り投げた瞬間に、

精神は樹々の間に在る。

―――

禅を組みながら感じる開放感。

自分が樹に成ったようで、

風と時間が身体を通り抜ける。

精神を魂と言い換える。

浩然の気・・・。

| | コメント (0)

お見事・・・

201468日(日)

P1010271

寝疲れ?

は~、よく寝ました。

雨上がりの澄んだ空気を胸一杯吸い込みながら散歩。

西に真鶴半島から伊豆半島、

富士山の雪もだいぶ少なくなってきた。

南には大島、

そしてその脇には

普段見えない利島。

雨で空気が洗われるなら、

人も心も洗われる・・・。

―――

P1010272

起抜けの海は静かだったけど、

師匠と海端会議を開いてると、

見る間にうねりが入るようになって来た。

好天波ありで、

今日は混みそうですね。

皆さんお気をつけて!!!

―――

しかし、つくづくサッカーは隔世の感。

昔は勝てると思ってたのに終了前に逆転されるとか、

引き分けか、

って試合を失うのが日本のお得意。

どれだけ悔し涙を流した事か。

それがコスタリカ戦に続いて昨日のザンビア戦。

同点直後に逆転弾。

お見事・・・。

ああ、すっきりした。

ちょっとばかしワールド・カップに期待。

| | コメント (0)

雨雨雨・・・

201467日(土)

P1010263

雨雨雨・・・。

梅雨梅雨梅雨・・・。

今朝は散歩も無し。

―――

about 太気拳

何かを得るためには

何かをやる。

何かを得るために

何かをやるんであって、

何かをやるために

何かをやるんじゃない。

中に入るために門を開ける。

中に入るために門を開けるのであって、

門を開けるために門を開けるのではない。

―――

P1010264

何のこっちゃ?

と、皆思うけど、

殆ど武術をやってる人は

この転倒に気付かない。

門てのは技だ。

技なんてのは単なる門に過ぎない。

門を開けて、

山に登る。

門の開け方をいくら工夫しても

山には登れない。

―――

眼の前に山があるのを

知るのは幸せだ。

山に登れる今があること、

それが幸せ・・・。

ひょっとすると、

登頂以上に過程の方が豊かかも知れない。

結果を生きるんじゃなくて、

人は過程を生きるんだから・・・。

| | コメント (0)

裏模様・・・

201466

P1010252

うねりは16cm台で問題なし。

これから満潮で体調も十分。

はやる気持ちを抑えてまずはチェック。

サイズ胸肩。

場所によっては絵に描いたような三角波。

よし、

これから腹ごしらえだ。

―――

試合に飢えて牙が生えた、

と福原愛のインタビュー。

飢える事が大事なんだな。

稽古も同じだな。

飢える事を教える。

よく皆に食べ物に例えて言う事がある。

みんな自分で食べてるものを美味いと思ってる。

もっと美味いものがあるんだ、

と言う事を教える。

美味いものに飢える。

眼の前に美味いものがあることを教える。

―――

あ、これは波乗りも同じか。

いつも皆さんに見せ付けられてる。

と、これは今朝の裏模様・・・

P1010254

| | コメント (0)

狙い目・・・

201465日(木)

P1010237

西から低気圧接近中。

うねりは昨夜半から徐々に上昇傾向。

久しぶりの波だ。

久しぶりだの~、

嬉しいの~。

これから満潮に向かうので、

はて、どこら辺の時間が狙い目・・・。

―――

P1010243

海岸に向かう途中で、

海から上がった先輩と遭遇。

「出来るよ!」。

東風でサイズ腹から腰。

この時間は勿論キッズキッズキッズ。

本日の朝はこんな動画

―――

P1010234 庭に出て大きく深呼吸。

ところで茄子やトマトは、

と見ると、

お!小さな実が成ってる。

小指ほどの茄子にトマト。

家庭菜園なんて初めての経験だけど、

実りを見ると、

嬉しいの~。

―――

about 太気拳

立禅を見つめる。

禅を組んで動かない。

動けないから

動かないところが動く。

同時に動くところを

動かさない事で

力を溜める。

何処まで溜める事が出来るか。

動くと見えないことばかりだ・・・。

| | コメント (0)

誰か教えて・・・

201464日(水)

P1010231

あああ、今朝も波の上がる要素無し。

散歩してると、

何時もの皆さんもジョギングにウォーキング。

週末期待ですね、

とご挨拶。

―――

出会う皆さんも同じなら、

何時ものところで

何時もの四十雀。

春の軽快な囀り。

下を見るとまだ開きかけの浜昼顔。

開く前は捻れてる。

どれを見ても同じ向きに捻れてる。

うむむ、北半球と南半球の捩れの原理。

これもコリオリ力なんでしょうかね。

南半球のの昼顔はどっちに捩れる???

誰か教えて・・・。

P1010225

―――

さて、勝ってくれました!!!

隔世の感のサッカー界。

日本対コスタリカ戦。

―――

試合前の国歌吹奏。

思い起こせる外国の国歌は

殆どが勇ましい。

翻って日本にはその勇ましさが無い。

考えてみれば国を興す当たって

其処には戦いが必ずあった。

内乱や革命、

外国を打ち払う。

その記憶が国歌の勇ましさになってるんだろう。

国を勝ち取った喜びがマーチになる。

戊辰戦争が内乱なのかどうかは別にして、

やっぱり国の成り立ちがちょっと違うんだろうな。

―――

十年以上ほぼそのままのHP.

新規更新を企てる。

そこでまずは太気拳とは何か、

と書きかける。

沢井先生が帰国後、

誰一人知る人のないところで禅を組む姿を思う時、

何時も背中がゾクッとする。

冷たい炎のように静かな執念。

継ぐのは武術だけじゃない。

| | コメント (0)

実に疲れた・・・

201463日(火)

P1010222

今朝もガスっていて烏帽子岩も霞気味。

うねりはほとんど無く、

波乗りの出番は無しで、

SUPにカヌー。

―――

しかし、昨日は久しぶりのテンション。

娘の友達が子供三歳と一歳を連れて遊びに来た。

まず連れ合いのテンションが上がってあやし始める。

それに答えて子供たちの嬌声。

一度始まったらもう子供は止まらない。

頭にピンピン響くこの騒ぎ。

ああ、久しぶり、

と昔を思い出したけど、

実に疲れた・・・。

| | コメント (0)

水シャワー・・・

201462日(月)

P1010212

連日の夏日。

朝の散歩はタンクトップに海パン。

その気になれば海水浴。

波は殆ど無しで心静か。

暫く歩くと背中に汗。

上半身裸で朝日を浴びながら一時間。

さすがに海水浴はしませんでしたが

帰ってから水シャワー・・・。

そんな季節になりました。

P1010216

―――

ここのところ体術めいた稽古をする。

そうするといろいろ感じるところがある。

体術って言えば柔術。

何故武田惣角は剣を捨てて柔術なのか。

師筋の榊原健吉は剣に拘っての撃剣興行。

当然惣角にも話が行ったと考えてもおかしくない。

剣では生活できず

それでも剣に拘っての興行。

惣角が柔術を選んだのは

剣では見えにくいものを柔術では明確になるからだろう。

剣で見えにくいものの可視化。

つまり勁は剣では見えにくい。

ところが柔術では勁を簡単に可視化できる。

腕を持たせて相手をコントロールすれば

簡単に判る。

勁が有るのと無いのが明確になる。

まあ、惣角はこの勁を合気と名付けた。

沢井先生は気と呼んだ。

剣で掴んだ勁を柔術に生かして可視化したのが大東流合気柔術。

危険なく誰でも安全に稽古できるから

生活の糧にもなるって寸法。

勁があれば

それをどう生かすかは自由自在。

剣だろうが拳だろうが棒だろうが、

そして柔術だろうが

どのようにも生かせる。

―――

しかし、先人の残した本てのも読んでみるもんだね。

最初は五輪の書を読んで、

なんだ、武蔵も同じ事やってたんだ、

と思ったら、

なんだ、武田惣角も佐川幸義も同じ事やってたんだ。

―――

結局何でも行き着くところ、

つまり着地点は同じだ。

| | コメント (0)

幸せ・・・

201461日(日)

P1010208

寝すぎ感・・・。

そういえば昨日は寝不足。

早起きして頑張りすぎたかな。

ともあれお陰ですっきり。

―――

海岸は何故か靄。

それでも陽射しが強くて、

しまった、海パンで来ればよかった、

と少し後悔。

―――

茄子の花。

ピーマンにも花。

さて、

この花、咲くのは良いけど、

めでたく受粉してくれるんでしょうか。

受粉しないと実がならない。

追肥は出来ても

受粉はあなた任せ・・・。

なんて思ったら、

これは人も同じで、

はてさて、

これは子供たちも同じだった・・・。

―――

P1010210

about

稽古が終わっての雑談。

渾元力って勁なんですか、

と弟子。

整勁、円勁と太極拳やその他でいろんな言葉があるけど、

モノは同じ。

そして渾元力も同じだ。

武術をやっていれば、

最後にたどり着くものは皆同じだ。

これを日本語にすると武田惣角の合気。

沢井先生は気。

これが基礎であり、

目標でもある。

言葉はどうあれ、

これを求めることが出来るのは、

限られた人だけ。

これを肌身で感じ取った人以外は、

求める事すら出来ない。

―――

これは夢に置き換えても良い。

夢を持てる人は限られる。

夢がある事を知る、

これが幸せ・・・。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »