« 昭和のレトロ感・・・ | トップページ | 気が済んだ・・・ »

単純明快・・・

201476日(日)

P1010403

嵐の前の静けさ。

徐々に緯度を上げつつある台風。

明後日くらいには届きそうな気配。

今のところは膝サイズが辛うじて割れるのみ。

乞う、ご期待。

――― 

about 太気拳

稽古をしていて、

何でこんな稽古をしてるんだろう、

って疑問に思う。

納得して稽古をしたい、

何の為に何をやっているのかを知りたい、

納得してその上で苦労したい。

そう思うのは当たり前だ。

自分もそうだった。

―――

何で禅なんか組まされるのか判らない。

先生の答えは簡単だった。

禅を組まなきゃ強く成れない!

禅を組まないと気が出ない!

じゃあ、何で禅を組むとそうなるのか、

って聞くと、

そんな事はいくら言葉で言っても判らない!

判ったようで、

実は何も判らない、

と成る。

―――

P1010407 だから何も判らず、

疑問に苛まれながら1020年が過ぎた。

苦しいし、

不安だし、

大声を出したくなった時だってある。

―――

今その立場が逆転してる。

出来ない奴が判る程度の事だったら、

わざわざ苦労する事も無い。

人は自分が出来る事しか判らない。

だから判るのは、

精々筋トレに持久力。

それ以外に判る事は何も無い。

あるいは小手先の工夫。

―――

真実ってのは単純明快だ。

出来ないから判らない・・・。

これに尽きちゃう。

出来ない事が判るわけ無いだろ・・・。

単純明快ってのは、

当たり前ってことだ。

―――

判るから出来る、

と、思うのが大間違い。

出来るようになって、

それでも何故出来るのか判らなくて、

暫くしてやっと、

そうなんだ、

って事になる。

出来てから始めて判るんで、

出来ないうちに判る訳が無い。

水泳だって自転車だって、

同じだ。

―――

まったく違う世界の見方を探そう、

という時は、

こっちの世界を捨てる覚悟が無いと、

何にも見つからない。

―――

P1010408

こっちに居て、

安全に向こうを覗こうなんて、

そりゃ無理だろう・・・。

―――

捨てる勇気。

捨てる神あれば、

拾う神が何時も居るかどうか、

それは知らん・・・。

でも、捨てなければ、

拾えない。

これも単純明快・・・。

―――

何でこんなにも単純明快で、

当たり前なのか。

それは問題が心、

つまりどう向かい合うか、

だからだ。

|

« 昭和のレトロ感・・・ | トップページ | 気が済んだ・・・ »

コメント

自分の道に踏み出す勇気をいただきました!

投稿: 音楽屋 | 2014年7月 7日 (月) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和のレトロ感・・・ | トップページ | 気が済んだ・・・ »