« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

痛くなった・・・

2015年4月30日(木)

P1011106


ある~、

と起きたら即着替え。

少しばかり遅刻気味。

キーコキーコと自転車漕いで、

到着!!!

P1011107


連休の谷間で思ったより人が少ない。

サイズ腰腹たまに胸。

しょっぱなからスパッと数本取れて気分爽快。

気が付くと、

肩の痛みを忘れてる。

で、

思い出した途端に痛くなった・・・。

| | コメント (0)

春の朝・・

2015年4月29日(水)

P1011105


風の置き土産があるかも、

そう期待して即着替え。

無ければ無いでそれも良し。

冬のうちはこうはいきませんが、

寒さも緩んで春の気分。

曇り空でも暖かい。

しかし、残念ながら置き土産無し。

結局パドル・トレーニングで終了。

満足も 中位なり 春の朝・・・。

| | コメント (0)

負けた・・・

2015年4月28日(火)

P1011103


うねり50cm台。

連休直前、

明日からは波が有っても無くても激混み予想。

天気もよさそうだし、

これは行くでしょ・・・。

サイズ辛うじて腿。

沖で吹いてるのか、

昨日の風のお陰か、

よれ気味ですが何とか。

ま、昨日よりは少しマシ。

―――

ブーツを脱いで喜んでたら、

今朝はA君がロンスプで登場。

曰く、「これでも暑いっす」。

若さには負けた・・・。

| | コメント (0)

フィンが・・・

2015年4月27日(月)

P1011095


天気も良いし、

波は無いけど海水浴気分。

サイズ膝で辛うじて立てるか立てないか。

あちゃ~!

うっかり立つとフィンが・・・。

それでも水に入るとそれだけですっきり。

もうブーツも必要なし。

徐々に身軽になってきた。P1011096


―――

About 太気拳

上下前後左右の中核。

言ってみれば、

その交点に中心があり、

其処にすべてを一元化する。

前に行くのも後ろに行くのも、

あるいは上も下も、

そして右も左も、

動きの源は全て同じ。

―――

前に行く動作と後ろに行く動作。

前後と言う矛盾した動きも、

実は同じ力の二つの側面に過ぎない。

これは上下も、そして左右にも同じ事が言える。

六面に向かう力はひとつの力、

つまり中心の力の六つの側面に過ぎない。

それが各方向に現実化するのは、

意の持つ作用に過ぎない。

意つまり気持ちの変化が中心に作用して、

いずれかに向かう。

風に揺れる木の葉、

波に揺れる水草、

空を飛ぶ鳥、

泳ぐ魚。

意は風であり、

時に流れる水。

―――

だから稽古では、

ただ中心の一点をマッピングして

失わないこと。

これに尽きる・・・。

| | コメント (0)

それなりに・・・

2015年4月26日(日)

P1011090


僅かにうねりあるのみ。

数人が入ってますが割れません。

天気が良いんで、

それなりに・・・。

―――

About 太気拳

中枢は末端の奴隷、

とまでは言えないけど、

力の中心を支えるのは末端だ。

例えば脚の小指。

小指で立ち、歩み、変化する。

立禅の鍵も此処にある。

その加減が中心の力を引き出す。

逆に此処が緩めば、

身体が地から離れ、

ふわふわして当て所ない。

内に絞り外に張り、

下に引き込み上に突き上げる六面を支えるのは、

何の事は無い、

普段役に立ってるんだかどうだか

訳の判らない末端。

此処から中心に至り、

その一点を明確にし全ての拠り所とする。

拠り所がひとつになった時、

前後上下左右は同じものの別の側面に過ぎず、

動と静は不可分になる。

太気拳の課題は勁にあり、

勁の鍵はこんな当たり前に潜む。

| | コメント (0)

山下公園・・・

2015年4月25日(土)

Img_0374


寝た寝た寝た・・・。

娘二人と遅くまで飲みすぎ。

しかし、気が付くと結構な酒豪に育った。

良いんだか悪いんだか。

―――

山下公園・・・。

久しぶりですね、

昔に比べると、

水が少しきれいになった気がする。

―――

About 太気拳

見えるところを直す。

身体がぶれたり、

頭が妙に揺らいだりする。

直せ、直せ、

と言っても直らない。

ところが立禅を直すと改善する。

面白いもんだ。

結果には原因があって、

原因が改善されると、

結果が変わる。

| | コメント (0)

次は夏が待ってるし・・・

2015年4月24日(金)

P1011088


春だな~、

と当たり前の感想・・・。

何処もうねりは弱く、

今のところは何処も♭♭♭。

―――

P1011089


しかし、年々春が来るのがより嬉しくなってきた。

以前は冬も春も単なる季節に過ぎなかったけど、

この数ヶ月、

ずーっと春を待ってきた気がする。

う~ん、これが歳のせいって奴か。

とすると、

歳を取るって事は、

なかなか良い。

以前は季節は単に暑いとか寒いだけだった。

それが春の素晴らしさ満喫できるようになった。

次は夏が待ってるし・・・。

| | コメント (0)

入っても良いかな・・・

2015年4月23日(木)

P1011076


暖かく成りましたね~。

昨日の波は殆ど終わりかけ。

膝サイズのインサイド。

満潮で小石が露出してるので、

下手にプルアウトすると板を壊しそうです。

どんな波でも上手い人は上手い。

さて、それでも天気が良いし、

ちょっと位入っても良いかな・・・。

―――

About 太気拳

上虚下実。

内に絞る。

そして同時に外に張る。

それが出来て初めて下が実になる。

言葉が表現できるのはこのレベルだ。

内に絞り外に張る。

実に簡単明瞭で矛盾に満ちている。

これで判れば苦労はない。

これで出来れば苦労はない。

しかし言葉が矛盾するのは当たり前で、

物事を切り分け、

切り捨てるのが言葉の仕事だからだ。

切り刻まれた身体の真実は、

矛盾を住処にする。

P1011083


―――

後ろに向かう力は即ち前に向かい、

前に向かう力は即ち後ろに向かう。

こんな矛盾する言葉を避けるためには、

対応する言葉を作るしかないのか。

―――

例えば、

射映的現相の身体依属性???

これはまあ、

平たく言えば、

ある奴しか判らない・・・。

ない奴は一生判らないって事だ。

―――

ともかく、

求めてるのは感覚与件の共有。

と言葉遊び・・・。

言葉遊びでは強くなれないのが残念。

| | コメント (0)

目論見・・・

2015年4月22日(水)

P1011071


しまった!寝坊した。

朝一サーフィン、

朝食後の朝二サーフィン、

との目論見・・・。

中途半端な時間に起きたので、

朝一は諦めるか。

潮時を見ればそのほうが良いのかも、

と気持ちを切り替えて散歩&偵察。

―――

P1011065


中潮満潮好天風オフサイズ腿腰腹。

ポイントのよっては胸。

これから引き狙いかな・・・。

さあ!いってきま~す。

| | コメント (0)

海路の日和あり・・・

2015年4月21日(火)

P1011051


風が変わり始めてますが、

まだサワッと南風。

殆どのポイントのレベルは修行波。

もうちょっと待たないと溺れそう。

慌てず騒がず、

待てば海路の日和あり・・・。

でも、P1011043


無くなるときはあっという間だからな~。

| | コメント (0)

挨拶できるようになった・・・

2015年4月20日(月)

P1011038


南風がそよそよ。

波が上がるほど吹いてるわけでもなく、

ただ海面がざわつくのみ。

湘南に五日続く波無し。

それでも四日続けて入ってんですからね~、

文句は言えません。

今日は雨と風が午後から強くなる予報。

明日のために今日一日は骨休め。

―――

早起きしてちょっと遠くまで散歩。

海浜公園でストレッチと少しばかり禅組んで・・・。

一息ついてベンチに座ったまま、

通りがかりのおばあさんにご挨拶。

おはようございます、

暖かくなりましたね。

こんな風に声をかけるなんて事は、

昔は考えもしなかったけど、

歳のせいですね。

そうか、やっと一人前に

挨拶できるようになった・・・。

P1011039


―――

About 太気拳

一生懸命に推手をする。

相手に負けまいとやってるのはいいんですが、

そのあまりに自分しか視界に入らない。

自分がやる事にしか注意が行かない。

こんな状態は稽古に飲み込まれてる。

禅を組んでるときは、

自分に眼を向けるともに、

周りの環境にも注意する。

つまり五感を開いて、

自分とともに自分以外にも気持ちを開く。

これを忘れないこと。

―――

常に客観的と言うと語弊があるが、

外から自分を見る眼を持てる余裕が要求される。

一生懸命にやればいいんじゃない。

簡単に言えば、

心を開いておく・・・。

| | コメント (0)

まあ、良いか・・・

2015年4月19日(日)

P1011034


お茶飲みながらいそいそと着替え。

たいした事無いんだろうな、

とは思いながら、

顔を洗うかわりでいいからな・・・。

大潮満潮のサイズたまに腿。

潮回りが悪いよね~、

とみなさんと愚痴言い合いながら一時間。

結局一本もとれずに終了。

稽古に向けて体力温存、

まあ、良いか・・・。

| | コメント (0)

サイズ落ちますね~

2015年4月18日(土)

P1011030


風が変わったのが昨日の夕刻。

12時間経つとサイズ落ちますね~。

しかも大潮ほぼ満潮でサイズ腿。

追っかけても追っかけても置いていかれる。

やっと取れると上陸寸前。

まあ、それでも朝陽を見ながら海に浸かれる、

それだけで幸せな始まり。

P1011032


―――

About 太気拳

身体を整える。

整ってくると、

無いものが有るように感じられる。

腕の上や下、

あるいは外や内に何かを感じる。

六面に力を感じ始める時はそうなる。

そうなって初めて、

今までそうなっていなかった事に気付く。

年明けに入門した弟子が、

ようやくそんな風に整い始めた。

成長を見るのは素直に嬉しい。

―――

静で整え、

動に静を移行する。

静で整った状態を整体。

前後上下左右、そして内に向かい外に張る。

此処が稽古の新しい出発点、スタートラインだ。

―――

整体とは即ち整勁だ。

静で整勁を知り、

動に至る。

太気拳の目的はこれに尽きる。

気と気分の源は整勁に始まり、

動に至り、

次に人に対する。

| | コメント (0)

Newborn・・・

2015年4月17日(金)

P1011029


風だしな~、

どうしようかな・・・。

あれ迷ってる!!!

と気付いて、

迷うなら入ろっと。

サイズ腿からたまに腰で、

もちろん苦手な風波。

結局のところ、

波に揉まれたり、

ドルフィンしたり、

パドルしたり、

冷たい水に身体が驚いたり

それが好きなんだな・・・。

海から上がったときの気分は

Newborn・・・。

―――

いつのはサッと明ける窓。

その窓を出来るだけゆっくりと開ける。

そうすると、

風が入ってくる瞬間、

カーテンが揺れ始める瞬間、

そんなものが見えてくる。

そんなものの積み重ねで世界が出来ている。

それらを頭は判っていないが、

身体は判っている。

頭なんかより、

身体のほうがよっぽど利口なんだよ・・・。

踊りはライブにしかない。

と田中泯。

―――

なんだ、

太気とおんなじだ・・・。

| | コメント (0)

だな・・・

2015年4月16日(木)

P1011028


明るくなるのを待って出発。

と思って早起きしたにも拘らず、

お茶をのんびり飲みすぎ。

海岸到着時には皆さん既に全開、

遅れて参戦のご挨拶は

「相変わらず水が冷たいですね~」。

サイズ胸肩で流れ強し。

一本レフトに乗ったら戻る気力無く、

Tバーの端に流れ着いて終了。

ふう!満足・・・。

P1011027


―――

About 太気拳

外から見える変化と

内に起きている変化の乖離。

外からは腰を落としているように見えるから

腰を落とす。

しかし、

実は腰を引き上げる事によって起きている。

形を真似る事で陥る間違いのひとつだ。

全ては矛盾のなかにある、

と言えるが、

その矛盾は思い込みと

見当違いで起きるだけの事で、

それを明らかにするのが禅。

―――

高いところに座る。

これは思い込みの矛盾を突き破る鍵だ。

持ち上げながら抑える。

押しながら引く。

稽古は鍵に満ちている。

見抜ける日が何時来るか、

だな・・・。

| | コメント (0)

朝の儀式・・・

2015年4月15日(水)

P1011022


南風強でサイズ腿。

朝一のキッズはいつもと同じ。

苦手な風波。

ちょっとな、どうしようかな~。

これからもっと吹きそうだし。

しかし、明日も吹き続ける予報だしな、

っと迷う。

―――

散歩から帰ると、

娘がBSで「あまちゃん」再放送。

続いて「希」。

でもって、

朝食後に続いて地上波でもう一度「希」。

朝の儀式・・・。

―――

About 太気拳

澤井先生に会ったのは人生の宝だ。

幸せな出会いだったと思う。

しかし、全ての人にそうだったのか。

先生に出会ってしまったお陰で、

人によっては、

先生の幻を追いかける人生になった人もいる。

追いかけるものを得たのが幸せなのか、

それとも出会わなかったほうが良かったのか。

30年、40年と追い掛けてかなわない夢。

それも人生か・・・。

P1011025_2

―――

先生は我々に教えてくれた。

教えくれたのは何故だろう。

それは教えれば出来る事柄だからだ。

先生は先生のやり方で伝えようとした。

しかし、

自分は自分のやり方で教える。

教えれば出来るからだ。

―――

太気拳と出会い、

意拳と出会い、

情報化の中で、

様々なものを見る機会が増えた。

同じものを、

異なった形で伝えようとした苦労が、

様々な情報の中に見て取れる。

だから伝え方は一層生活に根ざしたものに転換できる。

根幹は不変でなければならない。

勁の原則は守り通さなければならない。

しかし、

その育て方は時代と人によって変わってしかるべきだ。

| | コメント (0)

二人分の人生を生きた・・・

2015年4月14日(火)

P1011005


今朝も雨予報で、

その前にまずは散歩。

低気圧通過で波が上がる、

と思いきや、そうでもないらしい。

しかし、それでも昨日とは違って多少はうねりあり。

サイズたまに腿。

往復一時間の散歩で、

帰りには少しばかりうねりが上がっている気配。

昨日の散歩では樹上の百舌を発見。

カメラを構えたけど、

撮れたのは枝ばかり。

今日こそは、

と狙ったが見つかったのは一筆啓上居士のホオジロのみ。

小鳥を探すのも結構楽しい。

P1011018


―――

朝食後に勇んで海。

ほぼ十日ぶりの波乗り。

サイズ腿で、

皆さんと、この波でこの人!

と言いあいながらの二時間。

久しぶりの海で気分スッキリ。

――

海から上がったときには

生まれ変わったような気がする。

気分が変わるってのは、

こういう事なんだろう。

組み手なんかもそうだな。

一瞬に集中すると、

いつもの自分が何処かに行ってしまい、

別の自分が顔を出す。

終わって戻ると、

今が有ったのか無かったのか、

てな気分。

二人分の人生を生きた・・・。

| | コメント (0)

なるほど、なるほど・・

2015年4月13日(月)

P1011004


雨予報に付き、

早めに散歩に出る。

もちろん波は今日も無し。

低気圧接近にも拘らず、

今日明日は北風の予報。

一応は明日あたりに期待してるんですがね~。

―――

ヤンキースは田中が先発。

特に野球に興味があるわけじゃないが、

連れ合いの付き合いでテレビの前。

投球を観ていてふと気付く。

投球動作で大きく上げた足首の返し方。

なるほど、なるほど・・・。

回が変わって裏。

レッドソックスの投手のフォームも確認。

やはり同じような感じ。

這いの足首と共通だ。

こんな風に観てると、

たいして興味の無い野球もそれなりに面白い。

| | コメント (0)

お話になりません・・

2015年4月12日(日)

P1010991


波は全く無し。

明日の荒天を見越して漁船は忙しそうに網を置いたり上げたり・・・。

サイズ脛踝。

フィンの高さより波が小さい。

これではお話になりません・・・。

明日に低気圧通過で、

期待は火曜日!!!

―――


P1010989

昨日の雨に濡れた露草。

こんな日は猫ものんびり。

P1010994

| | コメント (0)

連絡が・・・

2015年4月11日(土)

P1010988


雨!!!

家を出て50mほど行ったところで携帯を忘れた事に気付いた。

ま、良いか。

たまには携帯無しも良いもんだ。

と思ったら、

そんな時に限って連絡が・・・。

どうも申し訳ありませんね~。

しかし、携帯無しも良いモンです。

どれだけ情報中毒になりかけてるのかよく判る。

有っても無くても、

どうでもいいようなものに中毒。

| | コメント (0)

♭♭♭・・

2015年4月9日(木)

P1010983


春が来た!

なんてはしゃいだ途端に逆戻り。

一旦緩んだ気持ちは戻らない。

冬支度で朝の散歩。

北風で海は♭♭♭・・・。

SUPのクルージングのみ。

―――

3万6千年前のショーべの洞窟壁画の複製が完成とのニュース。

インドネシアでは4万年前の壁画・・・。

頭がくらくらする時の流れ。

「描く」と言う事は発見されたんだ。

壁画、彫刻あるいは言葉や文字。

今当たり前とされているもの全ては、

ある時、ある人によって発見された。

人の歴史は発見の歴史だ。

この壁画を描いているとき、

周りを取り囲んでいたのは、

祈りや希望の熱狂か・・・。

―――

About 太気拳

発見されたのは武術も同じ。

いや、武術は発見されたんじゃないな。

武術は工夫されたんだ。

工夫され生かされたんだな、きっと。

何から工夫し、

何を生かして武術が出来上がっていったのか。

それは「勁」だ。

武術以前に「勁」が発見され、

それが生かされて出来上がったのが中国武術だ。

その発見の痕跡が「易筋経」って事なんだろう。

王薌斎師が、

拳法の源は達磨大師にあると言うのは、

そういう事なんだろう。

―――

厄介なのは、

改めて各々が、

各々の内部に「勁」発見するところから始め、

その発見を工夫し、

生かさないといけない事だ。

―――

これは誰しもが一人で歩む

孤独な道だ。

だからこそ、

志を同じくするものは

励ましあえ・・・。

| | コメント (0)

今年は危なかった・・

2015年4月8日(水)

Imgp3799


今朝も雨空。

冬に逆戻りの感。

ニュースでは宇都宮で雪!

南岸を低気圧が接近中ですが、

大陸よりの高気圧に抑えられてか、

うねりの上がる気配なし。

来週初めまでは暫くお休み。

思う通りにならないのが世の常ですね~。

―――

先日の交流会のスナップが送られてきたので、

後ほどホーム・ページにアップします。

改めてスナップを見ると、

講習も結構楽しそうで

あんな事もやったし、

こんなのもやったな、

と思い出します。

気功会の島田先生や中道会の鹿志村先生ものってますね。

懇親会も撮っておけば良かった・・・。

でも10年以上続けている青空交流会。

さすがに今年は危なかった・・・。

| | コメント (0)

上手くなっていたりして・・・

2015年4月7日(火)

P1010978


うって変わっての雨空。

今朝は海ではなく駅前の公園へ桜見物。

雨の歩道に桜の花びら。

これで今年の桜も終わりか・・・。

P1010979


―――

ちょっと肩の具合が良くなった。

調子に乗っていろいろやったら即反応、

また悪化。

昨日は好天で波乗り。

肩が痛くて板を抑えられない。

ならば、と立たずに(立てずに?)ボディ・ボードスタイル。

これが結構面白かった。

板が滑り出す感覚を十分に味わえ、

今までスルーしていた波も、

ひょっとしたら取れるかも、

と発見があった。

今までのように焦って立たなくとも、

十分に板の走りを確認しても間に合う。

万事塞翁が馬、

とはよく言ったもので、

怪我の功名ならぬ、

六十肩の功名か・・・。

肩が直ったら、

以前より上手くなっていたりして・・・。

| | コメント (0)

朝から上機嫌・・・

2015年4月6日(月)

P1010976


朝のお散歩、

なんてのんびりした事やってられません。

まずは昨日のお花見の後始末。

雨のお花見の後は

庭にシートの花畑。

―――

久しぶりに連れ合いと長女も参加で、

昔と全然変わらない、

とか

見違えるように綺麗に、

なんてお世辞が行ったり来たり・・・。

見え透いてても

お世辞の効用あり・・・。

お陰で二人とも朝から上機嫌・・・。

―――

しかし、

飲みながら何やってるかと言うと、

結局は稽古の話。

ああでもないこうでもない、

あちらこちらでコップ片手に・・・。

好きこそものの上手なれ。

―――

About 太気拳

勁という考えを島田先生が強調。

もっともな話で、

武術の核は勁です。

武術との関わりは人それぞれですが、

健康目的であれ、

強さ目的であれ、

勁を求めなくては目的に辿り着けない。

―――

太気拳の稽古をやった事があるから、

太気拳をやった事がある、

ではない。

太気拳の稽古を積み、

勁を得た事で初めて太気拳の経験者と言える。

ただ澤井先生の下で稽古した経歴があるから

弟子であるとは言えない。

稽古の結果に何を得たのか、

が問われてる。

| | コメント (0)

辛うじて・・・

2015年4月5日(日)

P1010974


天気予報がころころ変わって、

今のところ雨のはずが曇り。

前線の位置が微妙です。

昨日のうねりはますますダウン。

大潮の満潮で辛うじて・・・。

さて、今日は慣例の交流会。

気功会、拳学研究会、中道会の皆さん、

今日はお願いします。

私はケイタリング・サービスに没頭であります。

| | コメント (0)

オマケに指まで撮れてた・・・

2015年4月4日(土)

Img_0372_1


波あるじゃん、

と起き出したがちょっとばかし遅い。

それでも速攻着替え。

サイズ腹東風。

30分しか時間無しで波を追いかけるが、

結局一本もとれずにスゴスゴ帰宅。

稽古から帰って迷わずリベンジに出発。

サイズダウンでインサイド。

それでも数本取れて、

まあ、リベンジを果たした事にしましょう。

―――

About 太気拳

明日は慣例の交流会とお花見。

組み手の注意点の確認。

打つ事にばかり気をとられないで、

守るあるいは添え手をしっかりとする。

そして相手の防御を破壊して打つ強い気持ち。

冬に参加できなかったメンバーも居るし、

少し成長も見られるので楽しみですね。

稽古帰りに桜撮影。

桜のオマケに指まで撮れてた・・・。

| | コメント (0)

花鳥風月ですな~

2015年4月3日(金)

Photo


南風強で満潮。

ウィンドが一人、

サーファーは数人が入ってますが、

残念ながら立って終わり。

引けば少しは出来そうな雰囲気。

風が強いので防砂林に避難。

お!こんなところにシンビジューム。

誰かが植えたのかな~。

他に何か、

と見ると蔓日日草。

Photo_3

―――

庭の松にヒヨドリ。

こちらを見てもまるで動ぜず、

安心しきって一休み。

パチンコで狙えば獲れる距離。

とは言え、勿論そんなものはないし・・・。

何処に行ってもいる鳥で、

結構鳴声はうるさいし、

農家では嫌われ者。

お陰でヒヨドリは狩猟鳥で、

店によっては流行のジビエ。

しかしながら平安時代には貴族が名前までつけて愛玩用だったそうです。

そうか、食べるんじゃなくて飼っても良いか・・・。

人に慣れる鳥って事だから結構可愛いかも。

P1010957


―――

このうちにまだすみなれぬひえ鳥は 

心ならでも世をすぐす哉 (土御門院御集)

―――

花鳥風月ですな~。

| | コメント (0)

名は体を表すか・・・

2015年4月2日(木)

P1010952


うららか・・・。

散歩ものんびり欠伸しながら。

砂地にポツンと黄色い花。

帰って調べると鬼野芥子。

仲間には鬼田平子、荒地野菊、野襤褸菊、大地縛・・・。

鬼に荒地に襤褸・縛。

とても可憐な花の名前とは思えない。

名は体を表すか・・・。

P1010954


―――

About 太気拳

観察する。

ただ観察して受け止める。

これはちょっと違うかな。

観察すると言うのは、

観察する本人がいる。

受け止めるもちょっと違うな。

禅を組むって事は、

即ち全て受け入れるだな。

五感を開いて受け入れる。

そこに自分は居ない。

あるいは自分が居ないようにただ受け入れる。

竹葉が風に揺れるように、

逆らわずに受け入れて任せる。

受け入れ任せても、

風が止めば元に戻る。

外から吹く風があれば、

内から湧き上がるものもある。

―――

だから組み手だって推手だって、

同じようにする。

人が居ても居なくても。

―――

波があっても無くても・・・。

いや、これは出来ない。

やはり修行が足りん・・・。

| | コメント (0)

遅かりし・・・

2015年4月1日(水)

P1010950


雨が降り出す前に、

と海岸に出たら遅かりし・・・。

結構降られて防砂林に避難。

ふと脇を見るとムスカリ別名葡萄ヒヤシンス。

なかなか可愛くて心が和みます。

波は昨日の風波が残り、

サイズ腿からたまに腰。

P1010943


これから風が入りそうです。

朝一のタイミングを外したので、

今日は無し・・・。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »