« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

シンパシー感じるよな・・・

2016年8月30日(火)

P1010726

夕方になり風が南に。

連日のスウェルも終了。

午前中に最後のひとあがきで入るも、

全く良いところなし。

こんな日が焦るよりも見る側に転向。

のんびりと皆さんの波乗り見物。

こんな日なので、

殆んどは上級者のみですが、

中にはほぼ初心者もいて、

心の中で「がんばれがんばれ」。

なんかシンパシー感じるよな・・・。

P1010730


| | コメント (0)

たまでもないけど・・・

2016年8月29日(月)

P1010703


本格的なうねりが入り始めて胸肩。

朝食前に一時間半。

そして食後にそそくさと着替えて2ラウンド目。

やはり同じポイントでサイズ変わらず。

入り始めに続けざまに良いのに乗れて上機嫌。

ところが暫くするとまるで出番がなくなり、

2j間で終了。

家に帰って缶ビール一本飲んだらほぼ人事不省。

今日は波乗りだけの1日。

たまには(たまでもないけど・・・)こんな日があっても良い。

P1010716

| | コメント (0)

ありません・・・

2016年8月28日(日)

P1010717


台風接近でうねりアップ。

下手糞の出る幕はないかも、

と思いながら自転車を走らせて海岸。

ありゃ!ありません・・・

西に向かって海に入ると、

見た目以上にワイド、ダンパーの腰腹。

ドカン、の爆音とともにスープに消えるサーファー。

Ⅰ時間で退却。

怪我しないでよかった。

さて、一息入れて今日は一日中稽古です。

| | コメント (0)

上出来の部類・・・

2016年8月27日(土)

P1010716


午後からは雨予報の朝。

早朝は日の出の茜色がまぶしい。

早速着替えて海に直行。

見た目は良さそうでも実際はそうでもない、

なんて事は人でもモノでも良くあること。

最初のポイントは良さそうに見えて

実際に入るとまるで出来ない。

すっぱりと切り替えて場所移動。

こちらはサイズ胸肩でたまに入るセットはショルダーが張ってピシッと走れる。

3本ほど乗るとパタッと来なくなって終了。

まあ、今朝は上出来の部類・・・。


―――

About 太気拳

立禅で見えてくる三角形を成す力の転換。

力の転換が潜んでいる形。

小さな三角形は足先と踵を底辺に膝を頂点。

次は同じく足先と踵を底辺にして腰が作り出す三角形。

そして一番大きな三角形は、

足先、踵、そして頭頂部が作り出す。

三角の形が変わることなく、

内部の力の転換が力の方向を変化させる。

この三角に気付けば、

もっといろんなところに潜んでいる。

上下前後左右の六面力も、

つまるところは、

様々な三角形の複合したものだ。

| | コメント (0)

もっと後ろを使うんだ・・・

2016年8月26日(金)

P1010703


やった~!胸肩。

ちょっとばかりトロ目ですが、

取れればロングライド。

朝に一時間半で空腹に耐えきれずに終了。

上がってしばらく皆さんの見学。

陽射しがじりじり痛いほど。

連術の波乗りで体重減。
P1010712

P1010715

―――

About 太気拳

頭の何処を使っているか、

が透けて見える。

だけれども、

これに関しては話の持って行きようがない。

そんなに前の方を使うんじゃなくて、

もっと後ろを使うんだ・・・。

頭のどの部分が活発に動いているのか、

なんて事は普通は誰も考えないし、

感じもしないだろう。

だが、

禅を組んでいる時とそうでない時の違いが歴然とする。

―――

見ながらも、

見る事に囚われない。

近くを見ながら、

遠くも見る。

身体全体に気を配る。

こんな表現も、

簡単に言えば脳の活動領域の話。

―――

寝ている部分が目覚めれば、

見ても見ないし、

遠くも近くも同じこと。

部分も全体も区別はない。

| | コメント (0)

機嫌麗しく・・・

2016年8月25日(木)

P1010702


連日波がありますね~、

と皆さんご機嫌麗しく・・・。

サイズ腿から腰で繋がり気味ながら、

高気圧の吹き出しだとか、

10号からの遠いうねりだとか、

ご意見はそれぞれですが、

まあ、波があればいいんじゃね~。

言葉通りの朝飯前。

P1010731

| | コメント (0)

放電・・・

2016年8月23日(火)

P1010721


昨日は一日中家にいて充電。

たっぷり充電したので、

まずは朝一のサーフィンで放電・・・。

思ったほどのサイズは残らず腰から腹。

南風の影響で海面に木屑や海藻が浮かび、

身体や板にまとわりつく。

満潮が近くて割れずらいが、

たまに切れたのが来て満足、満足。

| | コメント (0)

浮草・・・

2016年8月22日(月)

P1010718


連日続いた朝一波乗りも今日はお休み。

(だから、写真は昨日の朝。

今朝はとんでもない波でしょうね~)

早いうちならできないこともないんでしょうが、

目の前に迫った台風に敬意を表して、

家に籠ってのんびりとお茶。

この時間は八丈島近辺に接近で、

これから本番。

雨のなか庭にちょっと出て飛ばされるものが無いか確認。

ただ、今回は風よりも大雨の被害が心配されている。

じっとして頭の上を台風が通り過ぎるのを待つばかり。

―――

しかし、

連日の波乗りでしたが、

コンディションは良くなかったな~。

ワイドで速くてヘボサーファーには過酷。

派手に動き回るんじゃなくて、

こんな波をさも当たり前に乗りこなすのが巧いって事だ、

なんて、

見物しながらの感想。

見てると、

あれなら自分でも出来そうな、

と思わせられちゃう。

でもって、

入ってみるととんでもない波。

見事ってのは、

つまりは当たり前って事か・・・。

P1010714


―――

台風をやり過ごす間は波乗りは無論、稽古も休止。

雨を眺めながら思いを巡らす。

―――

人はみんな浮草・・・。

流離う(お!さすらう、ってこう書くのか!)、漂流する。

浮草のようにさすらって漂流して、

あっちを見たりこっちに手を出したり、

何処かに流れ着いて根を張るか、

それともそのまま流れて行ってしまうのか。

自分はたいしてさすらうこともなく、

気が付くと澤井先生に拾われた。

太気拳に流れついて引っかかった。

同じように流されていても、

そのまま流れ去ったり、

引っかかったのに根を張れなかった人も多い。


彼らは今も同じように漂っているんだろうな・・・。

本来の浮草が根を張れた幸運。

これは偶然の為す技なのか、

それとも何かの必然なのかね~。

| | コメント (0)

見当つかず・・・

2016年8月20日(土)

P1010708


三つの台風がほぼ同時に南岸から接近中。

それぞれが玉突き状態で、

どう動いていくのか、

どう影響してくるのか皆目見当つかず・・・。

見当はつかないけれど、

取り敢えずうねりが上がれば海に入る。

―――

波が続くので、

朝ものんびりとお茶を飲んで、

慌てず騒がず、

それでもそそくさと着替えてまずは朝一サーフ。

満潮で割れづらいもののサイズ腰で

そこそこ楽しめて終了。

P1010710


―――

台風の数は年間でほぼ一定との事。

7月に無かった分が突然8月に集中。

9、10、11号と連続して、

後続部隊に新たな熱低発生予報。

はてこれからどうなるんでしょうか。

しかし、

この東うねりは何時になったら西に変わるんでしょうか・・・。

| | コメント (0)

台風の卵が・・・

2016年8月19日(金)

P1010702


台風の卵が・・・、

と思っていたら

卵がそのまま南岸に漂着予想。

何故か熱低が東から西に移動する不思議。

今回も東うねりでワイド?

波が無ければ文句も言えないので、

言えるだけ贅沢・・・。

―――

ともあれ、

まずは小手調べ。

サイズ腰でワイド気味ですが、

少しばかり走れる波でⅠ時間。

皆さんノー・マークのせいかガラ空き。

雨上がりで南から西にサッと虹。

この虹を見られただけで十分満足な一日の始まり。

| | コメント (0)

幸せ・・・

2016年8月18日(木)

P1010700


遅くまでテレビ観戦にも関わらず、

眼だけは早く覚める。

まずはレスリングを見てから海岸偵察。

南風でコンディション悪くサイズ腿。

ちょこっとだけストレッチ代わりに海水浴。

波と遊ぶと、

それだけで身体がすっきり。

ついでに胃腸も目覚めて腹ペコの朝。

―――

Img_0844


今日は一日オンショアで波乗りはお休み。

結局午後は連れ合い、娘と連れ立って室内プール。

何でこの季節に室内なの?

だって日焼けが・・・。

ともあれ二時間泳ぎ続けてかなりぐったり。

帰りのファミレスで生ビール、プファ!

今日はこれでもう十分幸せ・・・。

| | コメント (0)

物語が始まって・・・

2016年8月17日(水)

P1010750


ドカッと来てピタッと無くなる。

台風7号が運んだうねりは、

昨日の夕方をピークに一気にダウン。

手近なポイントは風でざわつくのみ。

西に走って昨日入ったポイント。

胸肩でショルダーが張って楽しめたんですが、

こちらはサイズこそ腹胸有るものの、

風に潰されてぐしゃぐしゃ。

引けばできそうな雰囲気はあるものの、

P1010758


はてさてどうなんでしょうか・・・。

P1010759


―――

ひとつひとつの戦いにそれぞれの物語。

そして金メダルが幾つ、銀が幾つとカウント。

個人の物語の統計的転換。

で、転換された数字をもとに

組織が新しい物語を作り出して、

そこからまた個人の物語が始まって・・・。

ひとはなんとまあ、

物語好きなものか。

―――

すべて伝統に、そして新興にも物語を読み取る。

武術しかり、芸能しかり、

宗教、哲学しかり・・・。

物語を物語と感じるのは、

小説と同じで読むもの、

つまり読者のみ。

其処を生きる登場人物は、

物語ではなく、

此処を生きるしかない。

| | コメント (0)

お尻が痛い・・・

2016年8月16日(火)

P1010743


台風7号接近でうねりアップ予想で、

昨日は早々と布団に入って早朝に備え・・・。

ところが、目覚めてみるとうねり無し。

こんはずでは、

とまずは偵察行。

―――

海岸では皆さん集合。

フラットの海を前にして溜息。

ドカッと来て、

ピタッとなくなる???

そのドカッに当たるかどうかが運。

今日は一日気が抜けません。

P1010746


―――

たま通る道沿いに自転車屋さん。

ショーウインドウで人形が自転車を漕いでる。

人形がペダルを漕いでる・・・、

ように見えるがそうではない。

人形の脚がペダルに留められていて、

ペダルが電気仕掛けて回り、

それにつれて人形の脚が動く。

ペダルが脚を動かすのか、

脚がペダルを動かすのか。

見ただけでは区別がつかない。

―――

発勁の要領で自転車を漕ぐ。

ペダルは勿論踵に当てる。

震脚を繰り返す要領で、

漕ぐのはたやすいんだけど、

暫くして中止。

なんたって、

サドルが擦れてお尻が痛い・・・。

| | コメント (0)

なかなか難しい・・・

2016年8月15日(月)

Img_0825


連日のワイド波に飽きて、

今朝は散歩に切り替え。

それでも皆さんは果敢にワイド波にアタック。

少し波の方向がずれてきているのか、

昨日までとは少しばかり雰囲気が違うブレイク。

ロングならちょろっと走れてます。

今日のところは風が南。

明日には台風の位置によってはオフの風。

波が上がり過ぎても困るし、

なかなか難しい・・・。

―――

連日のオリンピック中継で、

テレビを見るのも疲れ気味。

選手の笑顔も悔しがる顔も、

それぞれ凛々しくて好ましいけれどね~。

メダルをとっても、

甲子園で優勝しても、

一夜明ければ過去になる。

そこから始まる物語があって、

それぞれはエピソード。

競技に関わり続ける、

あるいは離れるにしても、

失敗先生になる場合もあるだろうし、

その物語を結局どう仕舞えるかなんだろうね。

ともあれ、

選手の顔を見ながら、

半分は勝負を、

残りの半分は、

彼らの未来に起きるかもしれないあれやこれや、

そんな事を考えるから疲れるんだろうな・・・。

まあ、人の事より自分の事なんですがね。

| | コメント (0)

板を壊す・・・

2016年8月14日(日)

P1010728


まずは着替えて海に。

どこもワイドで速い。

どこも同じなら昨日と同じポイント。

たまに入るセットの胸に辛うじてテイクオフ。

テイクオフとブレイクがほぼ同時。

ドカンとブレイクすると深さは膝で砂まみれ。

上手く下りないと板を壊す・・・。

今朝も30分で2本。

あんまり欲張ると身体を壊しそうで終了。

墓参りの前にまずは気が済みました。

上がってから暫く見物。

ロングはちょっと走れますが、

問題はプルアウト。

P1010731

| | コメント (0)

ドッカ~ン!!!

2016年8月13日(土)


P1010724

お盆休み初日。

今朝は混雑必至、

と覚悟はしてたんですが、

やはり何処も彼処も混雑、ワイド。

いったんは帰ろうか、

とも思ったんですが、

とりあえず一本だけ・・・。

乗って、立って、ドッカ~ン!!!

はい、今朝は30分でもう十分。

後はしばらく海岸でぼんやりしたり、

デッキで禅組んだり。

P1010720


―――

About 太気拳

推手や組み手を見ていると、

何処に神経を使っているのかが見えてくる。

武術の気分ってのは日常の延長じゃあない。

こうしてああしてとか、

こう来たらこうとかは、

日常の範囲でのお話。

ああして失敗したから、

今度はこうしてやろうとか、

も同じ。

そうして稽古をしても何も身に付かない。

人の身体ってのは昨日も今日も変わらない。

ところが、

人の心、気分てやつは一瞬で様変わりして、

別人のようになる。

様変わりした心・気分は何処にあるか。

答えは簡単で立禅の中にある。

特別なものではなく、

弟子の様子を見ていれば、

そうなっているのがはっきり見えることがよくある。

ところが問題は、

その気分になっていることに気付かないことだ。

だから動き始めた途端に素に戻る。

その気分こそが大事だ、

という事に気付けない。

―――

自ら傷つくことも厭わずに身を守り、

場合によっては相手を傷つける行為が武術だ。

それを日常の気分の延長でできる訳がない。

自分の中核を明確に感じ取りながら、

何処か他人のように自分を捨てたような気分。

集中しながらも、

他人事のように眺める、

とでも表現するか。

―――

空っぽと言えば空っぽ。

密度の濃い空虚。

禅の気分はそのまま表情に出る。

実であり虚。

虚であり実。

―――

つまりは言葉の世界に無い世界・・・。

言葉との共犯関係を持たない気分。

澤井先生の話がオノマトペだらけだった理由だ。

| | コメント (0)

なんでだろ~

2016年8月12日(金)

P1010718


何でだろう~、

と皆さんと不思議がりながらも、

理由はどうあれ波があれば文句なし。

朝食前にまずは1ラウンドはサイズ腰から腹。

最少は少し走れたんですが、

引き一杯でワイド。

まずは一旦引き上げて、

上げ鼻を狙って2ラウンド目。

ところが、

最初よりももっとワイド。

いったん上がって海岸線をウロウロ。

何処も良いポイントがなく終了。

まあ、多少出来たので満足。

―――

昨日は娘と浜須賀市民プール。

卒業記念の沖縄旅行を控えた娘の

水着美人スリム化計画と水泳特訓。

一応水泳指導で株が上がった感。

しかし久しぶりの真水での水泳。

海だと判りにくい泳力診断が出来て結構面白い。

クロールでどのくらいの速さなのかがちょっと判った。

―――

About 太気拳

稽古にはいろんな種類がある。

立禅から半禅、這いや練り。

種類が違えば主たる目的は違う。

しかし、

差異を求めるよりも、

同じものを見つける方が手っ取り早い気がする。

異なる稽古に潜む同一性。

形が違っても、

質が同じもの。

つまり、

それが核心てやつだ。

何がどうなろうと無くならないもの。

全ての稽古に内包されているもの。

全ては「気と気分」に繋がる。

―――

そう考えると、

海岸のテラスで海を見ながらでも、

禅は組めるし、

気分を育むこともできる。

気と気分、

両方とも身体と心には、

備わっているもの。

それを取り戻す作業が稽古だ。

| | コメント (0)

チクッ・・・

2016年8月10日(水)

今年初!

なんでも初物は縁起が良い。

ところが今朝の初物はクラゲ。

海から上がり際に膝裏にチクッ・・・。

夏だ!夏だ!

と騒いでるうちにお盆直前。

既に夏の折り返し地点をターン。

夏休みの宿題がそろそろ気にかかる頃だったな~。

―――

About 太気拳

太気拳の速さは電気の速さだ、

とは澤井先生の言葉。

もちろん物理的な速度が電気を超えることはない。

しかし、

電気の速さと言わせるものは何か。

逆に言えば、

それは電撃によって引き出される速度だ。

これが「驚弾力」を理解するキーになる。

―――

全てが立禅に隠れている。

つくづく立ち続けることの豊かさ。

立つなかに何が隠れているのか、

を探る想像力。

全ては想像力に掛かっている。

| | コメント (0)

夏が来たな~

2016年8月9日(火)

P1010714


少しでも台風のうねりの残るうち、

と、暗いうちに起きだしていそいそと支度。

定番のポイントはサイズ膝でパス。

東か西かちょっと迷って、

結局昨日のポイント。

サイズ腰から腹、たまに胸下。

頭に昨日の波の印象が残って、

テイクオフのタイミングが今一つ。

それでも空いていることもあって、

来る波は全部とれて十分満足。

さあ、今回の台風は終了で気分を変える。

どうやら次の台風6号も準備出来てるようで、

夏が来たな~。

| | コメント (0)

六面力!!!

2016年8月8日(月)

P1010691


台風の影響でうねりは昨日よりアップ1.5m台。

ちと厳しいかな~、

と思いながら着替え。

無理せずに場合によってはギャラリーに徹する。

P1010697


―――

海岸到着すると思いのほか静か。

サイズ胸のポイントで一時間粘って一本のみ。

朝一は小手調べという事で、

朝食後に第二ラウンド。

サイズ肩から頭で強いオフショア。

板が落ちそうで落ちない。

乗ったと思った瞬間に、

ノーズがふわっと持ち上げられる、

ブレイク直前の波狙いで、

波に乗るより垂直に飛び降りる感じのテイクオフ。

乗ると怖いほど走る走る・・・。

もう肩が上がりませんね~、

と終了、大満足。

P1010708


―――

About 太気拳

昨日の稽古の復習確認。

非常に大事なポイントなので各自研究の事。

―――

立禅と半禅、そして歩法から発力。

この一連の変化の中に意拳、太気拳の核心がある。

立禅における六面力。

上下前後左右のうち、

上下は割愛、

というか前後左右にも上下が含まれるので、

敢えて話には出さない、

立禅では前後の力は爪先と踵の重心転換、

胸と腰にある。

そして左右は腰の張りから引き出される。

これが半禅になると前後の脚の役割分担がある。

後ろ脚は主に腰の張りによる左右の力であり、

この最大値は伝統的な定八歩にある。

そして前脚は主に前後の力が強調される。

大事なのは左右の力と前後の力の協調、

あるいは力の受け渡し。

前から後ろであれ、

後ろから前であれ、

これがスムーズに出来なければならない。

これが歩法の重心転換になり、

発力に於ける力の伝播、浸透する持続性に繋がる。

そして、

ここで再び浮上してくるのが上下の力。

左右の張りと前後の力を導き出すものそれ自体が、

上下の力という事になり、

つまりは上下前後左右の六面力が

動的変化を含みながらも決して失われない。

動的平衡状態を維持するとは、

つまり形がどう変化しようと

六面力が消える瞬間はありえない。

とすれば、

なんと言っても六面力!!!

そしてその中核をなす上下の力。

これなくして太気拳はありえない。

| | コメント (0)

水が多い・・・

2016年8月7日(日)

P1010758


うねり1m北風弱。

よし!と気合が入れて出発。

サイズ胸、皆さん早起きですね~。

勇躍入ったものの、

ロングに鼻先でさらわれる。

上がってから撮った写真もロングばかり。

P1010767


水が多い・・・、

と先輩連と愚痴。

それでもⅠ時間海に入れば気持ちすっきり。
P1010777


| | コメント (0)

一気筒・・・

2016年8月6日(土)

P1010755


オリンピック種目にサーフィン。

むむ、これで人気が上がったらどうなるのか。

野球なら野球場を作ればいい。

サッカーならサッカー場。

でも、

サーフィンのポイントは簡単に作れない。

キャパが同じで競技人口が増える・・・。

混雑必然!痛し痒し。

―――

稽古後に海岸偵察。

台風のうねりが徐々に入ってきてサイズ胸。

ただし軽いオンショア満潮で今一つ。

明日が楽しみですがどうなりますか。

今日は原爆記念日、オリンピック開幕、

そしてローカルには花火大会。

そこここに既に場所取りが始まっています。

P1010751


―――

About 太気拳

以前にも話したことがありますが、

力の方向には回転運動と直線運動があり、

その複合がある。

肩から腕の構造的を考えると、

そこに見えてくるのは、

機械的なクランクシャフトの理屈。

直線運動が回転運動に変わる場合と、

その逆、

つまり回転運動が直線運動に変化する。

接触点と方向による変化を探るには単推手が効果的。

螺旋力も斜面力もクランクシャフトの一面。

ただし人間の作ることができるのは一気筒・・・。

| | コメント (0)

じっと待つ・・・

2016年8月5日(金)P1010739


昨日の波が残ってれば・・・。

と、お茶を飲んでから出発。

昨日のポイントでサイズ腰。

サイズはあるんですが分厚くて、

割れる時はドカン!!!

30分で1ラウンドめは終了十分です。

P1010740


―――

P1010735


最近お隣さんの柿の木に

オナガがよく顔を見せる。

尻尾の動きが独特で面白い。

ところがカメラを構えると

シャッと飛び去る。

じっと待つ・・・、

カシャッ!!!

P1010732

| | コメント (0)

逆説が面白い・・・

2016年8月4日(木)

P1010722


少し下半身に疲労感で、

散歩ではなく自転車。

高気圧の吹き出しのせいか、

うねりが上がり気味ですが、

満潮で今一つ。

朝一帰りの女性サーファーが

すれ違いざまに「超ダンパー!」

と叫んで走り去る。

これから一息ついて引き狙い。

―――

About 太気拳

定歩での動きは形が立禅であれ半禅であれ、

膝は動いてはいけない。

これが大前提だから揺りなどでは身体が前後上下に動く。

足が移動しないからこそ腰を中心とした力が引き出される。

しかし、

移動、つまり歩法が加わると形は逆転する。

膝は大きく動き、

その代わりに腰の上下動はなくなる。

つまり上下動を生み出した力の成分は、

全て前後に向かう力に転換する。

―――

動くのは動かないからで、

動くのは動かないからだ。

と、逆説が面白い・・・。

| | コメント (0)

下手なまま・・・

2016年8月3日(水)

P1010719


平穏そのものの朝。

凪、静穏つまりほぼまっ平ら。

まあ、スクール日和。

今日も駄目ですね~、と散歩。

朝食後に再び様子見に行くと、

ああ、一部出来そうです。

昨日の場所で数人波待ち。

厚そうな波なので久しぶりのヒンソン6.8ft。

サイズ腰かと思いきや、

たまに胸近いのも来て、

予想外の大満足。

Pトレのおかげでパドルは快調。

しかし、

やはり波乗りは下手なまま・・・。

| | コメント (0)

人並みになったかも・・・

2016年8月2日(火)

P1010717


夜中の雷鳴。

暗い空を見ていると、

突然白く光って、

暫くするとズ~ンと来る。

すぐ近くに落ちたのか、

二度ほど家が震える。

夜が明けてからも遠雷が続き、

これでは海に出るのはご法度。

波浪計も雷の時間から計測値無し、

ついでに鵠沼ライブ映像も砂嵐。

朝一のPトレできないのは残念。

―――

連日のPトレではっきりした事。

なんだ、

パドルは後方発力と同じ。

これでパドルだけは人並みになったかも・・・。

―――

天気も落ち着いたようなので海岸偵察。

むむ、ほんのちょこっとですが出来てます。

慌てて帰って支度して、

皆さんにご挨拶して久しぶりの波乗り。

たま~に来る腰サイズ。

しかし、ほとんどは立って終わり。

しかし、

以前は取れなかった波が取れた(気がする)。

一呼吸早く波に乗れるので、

テイクオフに余裕が出来た(気がする)。

これなら波が多少上がっても大丈夫(な気がする)。

―――


About 太気拳

身体の領域があって、

普段はあまり意識に上らない部分を活性化させていく。

身体の領域は視覚的でもあり、

同時に動力形式の転換で計測化の可能な世界。

だからこちらに皆の関心は向き勝ちだ。

しかし同時に心の領域もあって、

日常と異なる部分を活性化させる。

これは視覚的でもなく、

力量を計測し数値化することもできない。

つまり、

心の領域とは、

脳の活動領域の問題になる。

―――

違った領域で捉え、

異なる形式で出力する。

心と身体、

入力と出力、

だけではなく、

お互いが干渉し、

響きあう・・・。

| | コメント (0)

何となくうねりっぽい・・・

2016年8月1日(月)

P1010712


南海上に低気圧。

そのせいか何となくうねりっぽい・・・。

とは言え、

波乗りが出来るほどではない。

で、今朝もPトレ30分。

連日のPトレで少しづつ変化も出てきて面白い。

考えてみれば、

今まで波乗りのおまけでパドルしたに過ぎなくて、

まともに向き合ったことが無かった。

徐々に立禅とリンクさせると面白い。

―――

About 太気拳

眼は心の窓だそうです。

窓は何処についているか。

窓は部屋についている。

部屋から窓を通して外と繋がる。

部屋は一つではない。

例えば言葉のある部屋とそこに付いた窓。

そこから見る風景。

そして言葉のない部屋もとそこに付いた窓。

そこから見える風景。

ふたつの部屋に同時にいることは出来ない。

―――

形意拳は言葉のない部屋の鍵を動物の形を借りることに求める。

言葉を持たない彼らの形を真似ることで、

言葉のない部屋の鍵を開けようとする。

世界と言葉が持つ共犯関係の清算法のひとつだ。


―――

太気拳、意拳はその鍵を立禅に求めた。

動物の形を借りて言葉を捨てる代わりに、

立禅の要求を満たすことで、

その鍵を手にする。

―――

P1010714


言葉のない部屋の表札には「不立文字」。

惑の風景は刹那の連続。

―――

始めに戻って、

眼は心の窓。

古来言われる「遠山の目付」。

これも言葉のない部屋からの眺め。

清算した共犯関係を

再び言葉で繋がざるを得ない自己矛盾を孕む直喩。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »