« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

秋だな・・・

2016年9月30日(金)

Img_0865


昨日の波が残っているはず、

とお茶を飲みながらチェック。

満潮ですが・・・。

目指すは昨日の満潮時に出来ていたポイント。

サイズ腿くらいでショボショボ。

それでも海に入れて満足。

太陽も顔を出さないので、

久しぶりに海で寒い思い。

秋だな・・・。

---

about 太気拳

稽古で迷った時に原則に戻る。

立禅の原則だ。

その原則は立禅にとどまらず、

半禅や歩法にも通じるし、推手や組み手すべてに通じていく。

上下の力が基盤になった時、

その形のイメージは円錐形になる。

頭を頂点にした

円を基盤にした最も安定した立体。

この原則に立ち返れば、

道を踏み外さずに済む。

そして頂点が上に向かう力。

その方向のコントロールが前後左右に転換するわけだ。


| | コメント (0)

話が長くなるし・・・

2016年9月29日(木)

P1010703


今朝はのんびりと確信犯的に寝坊。

寝坊と言っても、

習慣は恐ろしいもので6時前には目が覚める。

暫くうだうだしてからお茶を飲んで散歩。

南風強は予報通りで、

それでも出社前の1時間を海で過ごす人は相変わらず。

取って返して朝食後。

暫くすると風がオフに変わった情報。

スワっ、と着替えて海に直行。

サイズ腹でそこそこ良い波だったんですが、

1時間もすると繋がって走れない。

結局最初の数本走れただけで、

後はワイド・ダンパーで終了。

さて、お次は18号。

P1010704


―――

帰ってから暫くパソの前。

六面力とか勁力や発勁。


そんな言葉を使っているけど、

それなりに定義しておかないと話が面倒になる。

少しばかり纏めようと考えるが、

まともに書くと話が長くなるし・・・。

そのうちHPに纏めます。

| | コメント (0)

気分を切り替え・・・

2016年9月28日(水)

P1010700


サイズ腰から腹。

朝から南西の風がビュンビュン。

昨日が良すぎでしたよね~、

と皆さんと話しながら。

それでも海に入って気分はすっきり。

今日はいろいろ用事が立て込んでるんで、

海は朝で終了、

気分を切り替え・・・。

P1010779


P1010788


―――

About太気拳

いつ掃除したのか判らないような部屋。

そんなところでは気にも留めない片隅の汚れ。

ところがきれいに掃除したとたんに汚れが目立つ。

まあ、こんな例を出しては申し訳ない気もしますが、

これが先日の基礎講座の感想。

良くなればなったで更に厳しい要求が出てくる。

六面力の基礎、

という事はつまり勁力の基礎で、

太気拳の基礎。

その基盤になる膝の張り。

その張りを引き出すのが内に絞る力。

それはまだまだ不十分ですね。

まあ、不十分という事は、

十分なところもある、

という事でもありますから・・・。

| | コメント (0)

たま~に走れるのが・・・

2016年9月26日(月)

P1010772


まずは引き切る前の一時間。

昨日と同じポイントでサイズ腰。

繋がり気味ですが、

たま~に走れるのが・・・。

帰って朝食後にソファーでトロトロ。

さて、元気も回復したし、

潮の上げ鼻にもう一ラウンド。

P1010773

| | コメント (0)

どこまで行けますか・・・

2016年9月25日(日)

P1010768


夜中の3時に眼が覚めて、

なんとなく今朝は出来そうだな、

と、もうひと眠り。

あ!寝坊!!!

と6時に飛び起きて速攻着替えて海。

サイズ腰からたまに腹。

30分しか入れませんでしたが、

結構乗れて満足。

今日は一日稽古なんで、

あんまり遊んでられませんが、

久しぶりの明るい朝で気分爽快。

―――

さて、今日の講座は後方(下方)発勁を主にして、

そこから左右の変化にも進めると良いんですが、

さて、どこまで行けますか・・・。

| | コメント (0)

腹ごしらえ・・・

2016年9月24日(土)

P1010756


明け方まで降っていた雨がやっと上がった。

うねりは30cm台ほぼ無風。

海岸に出ると、

思いのほか人出が多い。

殆んどのポイントは膝。

辛うじて腿のブレイクのポイントでロングのみ。

それでもこれくらい乗れれば満足でしょうね。

さて、まずは腹ごしらえ・・・。

それから稽古。

P1010760

----


六面力について、

左右はそれほどでもないですが、

上下及び前後の震動の伝達について

観察を重ねなくてはいけないことがある。

震動には振幅と速度があり、

ゆっくりの場合は定歩での練になる。

このゆっくりした振幅の中で、

徐々に下から上へ、

あるいは後ろから前へと力が伝わり、

次にはその逆の経路をたどっていく。

この連続した感覚を味わう必要がある。

一挙に上下前後が入れ替わるのではなく、

その振幅の過程を明確にしないと過緊張になって自己満足に終わる。

下から上に伝わる事例では、

踵から始まる勁力が腰を経て背中を通り、

脊椎ひとつひとつを順に駆け上る。

駆け上がったものが、

そのまま逆に走り下りていく転換が震動になる。

これが前方に進む場合の歩法では、

勁力は駆け上がり、

下りることなく、

再び駆け上がり一方通行の繰り返しになる。

ここは繊細に自分と向かい合う事が要求される。

| | コメント (0)

波乗り不可・・・

2016年9月23日(金)

P1010753


雨の合間を縫って海岸散歩。

南風の予報ですが、

ほぼ無風で蒸し暑い。

しばらく歩くとTシャツがぐっしょり。

汗をかいたのですっきり。

本日はSUPディで波乗り不可・・・。

遠くに台風17号が発生。

今年は偏西風が弱いのか、

10号のような迷走台風もあり、

この17号もまっすぐに台湾を突っ切りそうな気配。

こちらに影響なしかな~、

それとも来週の前半には・・・。

―――

About 太気拳

禅では力の出口を塞ぐ。

塞ぎながら力の方向を探る。

力は中心から出てくるが、

それは細部との関連があってこそ。

細部あっての中心という事だ。

内に絞り外に張るのも、

それこそ小指に宿るものが中心に至ったものだ。

最も小さい事、

最も見えにくいもの、

気に留めることもない仔細な部分に勁力は宿る。

| | コメント (0)

そういう事だったのか・・・

2016年9月22日(木)


秋分の日の朝、

停滞する秋雨前線。

ショボショボと降る雨空。

昨日の波が嘘のようでうねりは20cm台。

前線の位置が微妙で、

場合によっては吹き込む風が、

等と都合の良い事ばかり考える。

まあ、今日はお休み。

波乗りも散歩も無しの朝は、

食欲も今一つ。


―――

風が吹いて波が起こる。

風は見えない、

波は見える。

こんな当たり前は人も同じ。

心と身体・・・。

心は見えない、

身体は見える。

心に風が吹いて身体がうねる。

心が動いて身体が動く。

身体を動かしてさらに心が動く。

身体は機械と同じで、

動かさないでいると錆びつく。

誰でも気付く、

最近身体が錆びついた、って。

心も同じで、

動かさないでいると、

あっという間に錆びつく。

でも気付けない。

気付く心自体が錆びつくからだ。

―――

もしも、

身体が錆びても、

心が錆びつかなければ、

最後まで人生は楽しい。

と、新参高齢者は思うんだがね~。

―――

About 太気拳

樹を抱くように禅を組む。

どんなふうに組めば

樹を抱くような感じになるのか。

なんて実際に樹に抱き着いても始まらない。

なった時に初めて

「ああ、そういう事だったのか・・・」、

と納得するものだ。

―――

昨日の稽古で話したことも、

樹を抱くように、

を別の言葉で言い換えたに過ぎない。

外に張る力と内に絞る力。

外に向かうものは見えやすい。

良く稽古でやるように触ればすぐ納得できる。

しかし、内に向かうものは見えにくい。

その両方が満ち足りた時に、

「樹を抱く」感覚が浮かび上がる。

特に見えにくい内に向かう力。

これがまだまだ不十分だし途切れがち。

樹を抱いたまま動く。

気持ちも身体も途切れずに動くことが、

力と速度の両輪を失わないための要求です。

―――

形からこれを強調したものが「伏虎椿」。

形に依って引き出されたものを、

形を取り除いても残す。

太気拳の方法論。

「立禅」も「伏虎椿」も同じもの・・・。
Img_0861


| | コメント (0)

来週のお楽しみ・・・

2016年9月21日(水)

通過した台風の置き土産。

うねりが上がってサイズ腹。

朝から皆さん早起きで、

明るくなるとすぐに混雑。

空いてるところに入ったつもりだったんですが、

ふと見まわすと囲まれてる。

まずは1時間で終了。

朝食後に第2ラウンド。

サイズは少し落ちて腰サイズ。

いろんな処で出来るせいか今度はそれほど混雑無し。

なんとなくまったりとした雰囲気で、

波を譲ったり譲られたりのフレンドリーな1時間半。

―――

どうやら思った通りにはるか南に熱低。

今週末は基礎講座なので、

ちょうど次の日辺りには、

と来週のお楽しみ・・・。

| | コメント (0)

大変なんである・・・

2016年9月20日(火)

Ir


台風接近で秋雨前線が刺激され、

大雨雷注意報。

海は大荒れ・・・、

のはずが北風のおかげでうねりは30cm台、

そして、あらら!20cm台!?

期待しての早起きだったんですが、

ガクッ・・・。

これは一挙にガバッと上がって、

パッとなくなるパターン?

どちらにしても暫くは様子見。

―――

16号はともかく、

マーシャル諸島あたりにかなりの低気圧。

ひょっとするとこちらに廻って来るのかも。

―――


昨日は敬老の日で兄や妹、

そして甥や姪が母のもとに集まった。

テレビによると65歳以上の高齢者が史上最多との事。

まあ、93歳の母と自分をひとくくりにしても始まらないが、

うむむ、そこに自分も入ってるのか・・・。

しかし、相変わらず歳をとるって事が何かのテーマになるのが、

今一つよくわからない。

もちろん社会問題としての高齢化は判るが、

そうではなくて本人の問題としての加齢だ。

良い歳のとり方とか、

あるいはアンチ・エイジングとか言われるけど、

どれも実感が湧かない。

年齢に逆らうってのは、

時間に逆らう訳だから、

そんな徒労はない。

―――

だからと言って歳を感じないわけではない。

訳もなく走り回る子供や、

若者の躍動する姿を見ると、

ああ、もうそんな気持ちは湧いてこないな、

なんて思ったりもする。

しかし、

だから寂しいとか残念だとか、

若いときは良かったな、

なんて事も思わない。

相変わらずワクッ!ドキッ!感はあるし、

毎日面白く時間が過ぎて行く。

これからも同じように楽しく送るんだろうな、

と思うのみで、

そのうちに「楽しかったよ、お先に!」と逝っちゃうんだろうな、

なんて思う。

―――

当たり前のことが、

当たり前に過ぎ去り、

次が始まり、

始まれば終わり、

また引き続いて・・・、

春が来て夏が過ぎ秋の恵みに冬になり、

生まれて生きて引き継いで、

バトンを渡してさようなら。

―――

先日海岸で先輩と話した際に、

人生遊ぶのをやめたらお終いだね、

ってな話に落ち着いた。

遊びを一度やめたら二度と戻れない。

だから遊び癖を付けたもん勝ち。

人生を遊ぶためにぞ使い切り・・・。

ただし、

遊び続けるのも、

実は結構根性が必要で、

大変なんである・・・。

念のため。

| | コメント (0)

お話にならない・・・

2016年9月19日(月)

P1010745


連日の小波、サイズ膝腿。

それでも連休でそれなりに混雑。

殆んどが顔見知りの方々なんで、

殺伐とした雰囲気はないですが、

波取り合戦は熾烈。

朝の充実した一時間で、

今日の始まり。

―――

朝食後に再び散歩と偵察行。

波が良ければもう一ラウンド。

そう思って出たけれど、

連休の混雑を見て意欲減退。

明日があるさ・・・、

波乗りは朝の一番にて本日の打ち止め・・・。

―――

About 太気拳

澤井先生が気について「湯が沸騰するように・・・」

と話していたが、

これは考えてみると実に象徴的な話だ。

水が熱を得て沸騰し蒸気を発する。

そんなことは経験的に誰でも知っている。

しかし、

その沸騰した湯が生み出すエネルギーを蒸気機関として完成させるには、

発想の転換と工夫がいる。

六面力も水蒸気と同じで全ての方向に力が向かう。

それを自在にコントロールするには、

全く同じような工夫が要求される。

エネルギーをピストン運動に変換し、

時に円運動に変え、

目的に応じた動きと力を得る。

六面力を駆使して、

前後左右への発勁も、

同じように工夫が命。

―――

太気拳は何にでも生かせる、

そう先生が言ったのは、

エネルギーを機関車の動力に使うか、

それとも紡績機に生かすか、

の違いに過ぎないからだ。

―――

蒸気の圧力にあたるもの、

つまり六面力のロスを無くすことにも工夫が求められる。

圧力を高めるためには出口を塞ぐ。

六面のバルブをいつどのように開閉するか。

それによって、

発勁の方向や力加減が可能になる。

―――

さて、身体の活動は神経に支配される。

と、岩合光昭の世界ネコ歩きを見ながら考える。

猫が尻尾で子供をじゃらす。

何処でも見かける当たり前の光景、

しかし、尻尾を動かす感覚が見当つかない、

想像すら出来ない。

尻尾を動かした経験が無いから想像できない。

何故ならヒトに尻尾が無いからだ。

しかし、本当にそうか・・・。

尻尾を動かす神経は人にあるのかないのか。

尾骶骨が尻尾の痕跡なら、

脳の片隅にその痕跡があってもおかしくない。

尻尾を動かさないから、

脳も神経も活動を休止する。

ひょっとすると、

脳内ホムンクルスのどこかでひっそりとその領域が隠れているかもしれない。

筋肉の活動と神経、脳の対応する関係は、

意識の上るか上らないかにも直接関連する。

―――

初心者に教える時の戸惑いの原因が此処にある。

初心者には六面力がない。

無いからその力感を理解できない。

これが無ければ何年稽古しても初心者だ。

なぜ、初心者が初心者で無くなるのか。

それは六面力を為す筋肉を活動させることで、

神経と対応する脳の活動を活発にし、

新しい感覚、つまり新たに脳と神経の活動領域を獲得するからだ。

そして、

この力感が共通了解事項となった時、

初めて太気拳の話が通じるようになる。

―――

立禅を組む澤井先生が「何をやっているのか」、

と尋ねられ「話しても判らない」、

と答えたのはこの了解事項が無いからだ。

つまり、

お話にならない・・・。

逆に、

深く掘り下げれば掘り下げるほど、

共通了解事項のない世界に分け入り、

孤独を深める事になる。

―――

中国から帰還した先生は、

人知れずに孤独に耐え稽古を重ね、

遂に至ってさらに孤独を深めたかもしれない。

どの分野であれ、

孤独は卓越した人の宿命かも知れない

| | コメント (0)

気がする・・・

2016年9月18日(日)

低気圧接近で予報では南風。

朝一はまだ風も弱そうなので、

まずは海へ。

P1010741


江の島を覆う雲と隙間から茜色の光。

サイズ膝腿インサイド。

こんな日はひたすらテイク・オフの練習。

サイズがあると誤魔化せることも、

小さい波だとそうはいかない。

落ち着いて板の方向判断をすることと、

動作のコンパクト化。

まずは課題の手をつく位置修正。

少しずつでも良くなった(気がする・・・)。

P1010742

| | コメント (0)

ほんとのところはどんなもん???

2016年9月17日(土)


P1010739


停滞前線が東西に伸びて、

南からは高気圧の吹き出しの風。

それを後押しする台風16号の運ぶ西うねり。

それを整えてくれる北風。

いろんな条件が整って、

昨夜から波浪計の数字が上がってきた。

さて、ほんとのところはどんなもん???

―――

と、お茶を飲みながらスタンバイ。

連日6.4fのツインだったので、

今朝は久しぶりに6.6fのクアッドで決まり。

ところがね~、

波ばっかりはあなた任せ。

ガクッとサイズが落ちてサイズ辛うじて膝腿。

30分で顔を洗って終了。


―――

About 太気拳

初心者ならいざ知らず、

少なくとも一年以上稽古をしたら目的が変わる。

初心者は出来ないことが出来るようにする。

言われたことを着実にこなす。

次は自分の足りないところを探すために稽古する。

つまり、

自分のあら探しをする。

これは自分以外にはできない。

自分以外に出来ないことは、

自分がやらない事には誰もやってくれない。

自分で自分のあら探し。

―――

でもね、

否定するには、

否定するべき自分が明確になってることが前提。

俎板に自分を乗せる。

自分の何処を乗っけるか。

乗せる自分を見つけるのを才能と言う(多分)。

| | コメント (0)

故郷・・・

2016年9月16日(金)

P1010732


前線が動かない。

おかげで大きくはないものの、

それなりのうねり。

まずは朝飯前の1ラウンド。

サイズ腰でちょっと速め。

―――

第2ラウンドはポイント変更でサイズ腹胸。

最初は波待ちの場所を間違え、

1時間ほどは一本も取れず。

暫くしてやっと取れるところが見つかって安心。

―――

夕方に散歩がてら海岸。

学校が終わってキッズの出番。

P1010735


―――

散歩の後しばらく禅を組む。

そうか、

禅てのは、

身体の中の故郷・・・。

| | コメント (0)

楽しみ・・・

2016年9月15日(木)

P1010728


秋雨前線が南岸に停滞。

言うところの、

前線の向こう側からうねりが来て、

こちら側からはオフの風。

今のところはサイズ腰。

たまのセットは腹位。

靄の掛かるなか、

朝一組は既に全開。

まずは腹ごしらえしてからGo!!!

P1010730


散歩から帰った玄関前。

のんびり蛙が・・・。


―――

About 太気拳

「身体の中の力の伝達はどんな動きよりも格段に速い、

そんなことが判ってきた」。

そう非公開の掲示板に書き込んできた遠方に住む弟子。

ひと月かふた月に一度出張の際の稽古参加。

稽古仲間の居ないところで続けるのは大変なこと。

これは大事な感覚で、

六面力が整うと出てくる。

これを彼自身の言葉で語れることの素晴らしさ。

次は力の伝達が途切れることなく、

身体全体に行き渡らせること。

こうなると、

対人練習がしたくてたまらなくなるね~。

次回の稽古参加が楽しみ・・・。

| | コメント (0)

下手な考え休むに似たり・・・

2016年9月14日(水)

P1010719


位置が悪いよね、位置が・・・。

そうだよね~、

もう少し早くカットバックしてくれれば・・・。

とか、様々なご意見。

そうなんですね~、

台風の進路がもう少し南で、

もう少し早く東にずれて…。

と、皆さんとそんな話ばかり。

それでも今朝は腿サイズの波。

たま~に入るセットの奪い合い。

14号に16号、

次には熱低が17号の準備。

さて、今週末はどうなりますか。

P1010721


―――

About 太気拳

合宿の延長で後方発勁を指導。

どうも皆はやる前から問題や課題を想定してるように見える。

あるいは、こうすれば良いんじゃないか、

と見当をつけている。

そんな思いから自由になることが大事だと思うね。

問題とか課題と言うのは何処にもない。

何度も繰り返して初めて出てくるのものだ。

予め想定した問題や課題は予断と言う。

予断とは、つまり偏った思い、つまり偏見。

出来ない時の考えは下手な考え。

つまり下手な考え休むに似たり・・・。

だから考えることを休ませて、

とにかく繰り返す。

―――

そうして出来るようになってから、

今まで何故出来なかったんだろう、

と考えれば良い。

その時初めて、

下手な考え休むに似たり、

| | コメント (0)

合宿の感想・・・

2016年9月13日(火)

P1010716


台風14号に引き続いて15号。

更に後を追って16号。

停滞しているのは既に秋雨前線?

おかげで波は殆んど無し。

夏も終わりで庭のトマトも元気無し。

引き続いて今日も身体を休めるのが一番。

のんびりしながら合宿の感想・・・。

HPに載せたのでちょっと見ておいてください。

| | コメント (0)

ヨロッ・・・

2016年9月12日(月)

Img_0857


布団から起き上がろうとして、

思わずヨロッ・・・。

どうやら思ったより合宿の疲れが出てるようで、

筋肉痛はないものの、

ちょっとばかり疲労感。

波のないし、

今日は一日ゴロッ・・・。

―――

そうは言っても、

やはり起きると散歩に出たくなる。

遠くに台風14号は台湾方面に抜けるようで、

その後カットバックの予報もありますが、

影響はどうなるやら。

今朝の海は静かそのもの。

地引網も見てる分にはのんびりムード。

朝食後にふと見ると、

お隣さんの柿の実が色づきつつある。

合宿も終わって一息。

秋の気配で、

次は秋刀魚会ですね~

| | コメント (0)

合宿・・・

2016年9月10日(土)


P1010708


まずは波の残るうち。

昨日に引き続いて朝一特訓。

サイズ腿ですが、

形の良いのがたまに入って、

上手い人は写真の如し。

こちらは立って終わり。

それでも数本乗って満足な一日の始まり。

さあ!今日はこれから合宿・・・。

勿論波乗りの合宿ではありません。

P1010711

| | コメント (0)

ガッツポーズ・・・

2016年9月9日(金)

P1010766


まずは波の残るうちに、

と暗いうちに出発。

ポイントを選んでサイズ肩。

見た目は良かったんですが、

入ってみるとさにあらず・・・。

ピンポイントでないと乗れない波で、

それがなかなかこちらに回ってこない。

結局1時間半でまるで乗れずに終了。

―――

朝食後にリベンジを期して再チャレンジ。

ポイント変更でサイズ腹胸。

何故か今度はポンポン取れて大満足。

朝一の疲れが重なってやはり1時間半で終了。

合計3時間やればもう十分か・・・。

―――

P1010703


夏日の夕方は大混雑。

その中でキッズ初心者が大奮戦。

わ!立てた!!!

見ているこちらも、

思わずガッツポーズ・・・。

P1010704

| | コメント (0)

バタッ・・・

016年9月8日(木)

P1010748


台風から変わった低気圧接近で朝からず~っと南風。

それでも思ったほどには強まらないので、

まずは朝一狙い。

サイズ腹で掴みどころのない波。

それでも数本乗ってまずは終了。

朝食後に再び同じポイント。

―――

浜にカメラマンがスタンバイで、

数人のプロが入ってきてギブアップ。

これでは順番が回ってきません。

という事で、

2ラウンドめは1本乗って終了。

まあ、下手な割には上出来。

本日は稽古も無いんで、

上がってから缶ビール。

で、バタッ・・・。

P1010762

| | コメント (0)

注目ですね・・・

2016年9月7日(水)


P1010731

台風が徐々に接近の朝。

今までなかったうねりが急激の上昇。

何故か風はオフ。

朝食後に慌てながら着替えて急行。

サイズ腰腹でごく少人数。

それが暫くすると激混み。

サイズはすぐに胸に上がるも、

よれて風も変わったので終了。

台風前に貴重な一時間。

これから南風強でぐしゃぐしゃ予想。

―――

と思ったら大違いで、

午後もそれほど強く吹かずに波がまとまり、

そこそこのコンディション。

いつもとは違う場所で写真を撮ると、

参考になるのが数枚。

なるほど、テイクオフの手の位置に注目ですね・・・。

P1010738


P1010739

| | コメント (0)

座禅ではない・・・

2016年9月6日(火)

P1010717

空が高い。

しばらく見るうちに雲が形を変える。

島影は見えないが、

その上に沸く雲で大島の位置が判る。

暫く散歩してから今朝もちょいと泳いで身体を伸ばす。

そのあとはシャワーを浴びて、

デッキでのんびり。

―――

禅を組むのに場所は選ばない。

時も選ばない。

椅子に座ってテレビを見る。

そんな時には「ながら禅」。

脚と座面の抵抗で、

立禅よりも際立つものもある。

―――

立禅はあくまで定歩での稽古だ。

定歩には定歩の限界、

あるいは勘違いを生む要素がある。

椅子に座ると、

また違う見え方をする。

接地面のみが動かない立禅と、

それに加えて腰も動かない椅子立禅

(あくまでも椅子立禅で座禅ではない・・・)。

―――

電車通勤でも禅は組める。

吊革に掴まりながら、

あるいは幸運に恵まれて席を確保しても、

それなりに禅を組むことができる。

通勤が楽しみになったりする(かも)。

| | コメント (0)

重力からの解放感・・・

2016年9月5日(月)

P1010706


もう9月なのに完璧な夏空。

うねりは殆んど無く膝。

ゴーグル持参で朝のひと泳ぎ。

連日の北風や潮流のおかげか水が澄んで気持ちが良い。

水の中で思いっきり身体を伸ばすと、

スッとして、

魚になった気分、

重力からの解放感・・・。

―――

About 太気拳

重力の制約、

摩擦の制約・・・。

その他諸々の制約の中に生きていて、

普通はそこからの発想しか出てこない。

しかし、

そこにある制約を逆手にとって能力を最大限に引き出す試み。

それが武術なんだろうね~。

難しいのは、

その制約を逆手にとる過程では、

一旦其処から離れないと見えてこないものもある。

稽古で魚の話をよくするのはその為だ。

水の中を自由に泳ぎまわる魚たち。

その自由な様を逆手にとって本質を探る。

解放された水中の感性を

重力と摩擦の制約の中に生かす。

それを理性的跳躍、

冒険する想像力・・・。

| | コメント (0)

すべて・・・

2016年9月4日(日)

P1010703


どうやら海に台風の影響はそれほどはない模様。

明け方に降った雨で気温が下がって爽やか。

それでも何となくうねってる雰囲気で、

これなら引けばできそうな気配。

今日は茅ヶ崎市長杯ですが、

開会式だけではなく、

ヒートも行けそうですね。


P1010705


―――

About 太気拳

モノを見て把握、分析して判断する、

そのうえで行動を選択する。

仕事を覚えるという事は、まあこんなもの。

世間では当たり前に必要とされる。

ところが武術はまるで方向が違う。

その方向性を探るのが禅のひとつの目的ですが、

それを見つけられない場合も多い。

ある人間がどちらの状態にあるのかどうかは、

パッと見えてくる。

表情から動きの質からすべて・・・。

―――

禅を組んでいる状態は、

普通、当たり前には居ない、

つまり普通でも当たり前でもない状態に居る。

その違いに気付ける繊細さが求められる。

何故なら、普通、当たり前を飛び越えないと武術にはならないからだ。

普通と普通でない、

当たり前と当たり前でない。

禅を組むことでこの境界を行き来する。

禅はこの当たり前を飛び越える手段。

自分を取り巻く世界の把握法の問題。

この転換を求めることを修養とか修行と言うんだろう。

―――

よく言われる身体の使い方とか、

それは縁辺に過ぎない・・・。

ヨガにしても中国拳法にしても、

フィットネスに還元して、

普及して結局は全ての本質を捨てさる。

―――

さて、そんな風潮とはおさらばして

また今日が始まる。

| | コメント (0)

2016年9月3日(土)

P1010701


今のところは台風の影響はまったく無し。

うねりはほぼなくフラット。

9月に入って夏も終わりで、

海水浴もそろそろ終了間近。

という事で、

最後の朝一海水浴。

P1010702

―――

About 太気拳

禅を組んでいれば、

誰でもその中なら感じ取れるものがある。

ところが、

感じ取ったからと言って、

それはそれで終われば何もならない。

禅の中で感じられるもののうち、

何が何と対応して行くのか・・・。

歩法にどう対応し、

打にどう繋がるのか。

それが明確にならないと、

永遠に武術にならない。

此処に大きな関門がある。

この転換をすることが出来るか否か。

此処に分かれ道があり、

ほとんどが此処で立ち止まる。

ただ禅を組んで時間を食いつぶすか。

それとも豊かに実るか。

求められるのは冒険的想像力、

あるいは飛翔する理性・・・。

繋がれば、

これほど当たり前なことはない。

―――

静に動を求め、

動に静を求める。

静は動の卵、

動も静の卵・・・.

コロンブスの卵みたいですが、

その前提にどこかに卵が無くては始まらないんだな。

| | コメント (0)

次回に期待・・・

2016年9月1日(木)

P1010700


ブレイクしているところが限られているために、

ポイントは大混雑。

来た波全部ロングにさらわれてガックリ。

ならば、

と場所を変わったけど、

こちらは無しのつぶて。

こんな日もあるさ・・・。

次の台風12号もスタンバイとの事で、

次回に期待・・・。


―――

About 太気拳

立禅には動の全てが詰まっている。

動の全てとは、

つまりは武術の全て。

しかし禅で何かを掴み、

それを何と関連付けることができるのか。

問題はそこだ。

禅の何処に何が潜み、

それが如何に武術に繋がるのか。

基本の六面力が如何に歩法に繋がり、

発力発勁に繋がり、

心の動きに繋がっていくのか。

教えることは、

その繋がりを明確にすることだ。

だから禅が足りなければ、

教えようにも教えられない・・・。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »