« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

ショボッ・・・

2017年5月29日(月)

連日波が無いので、

波乗りの習慣が消えた。

朝起きて一番に海岸散歩、そして食事。

波がある時とはガラッと変わった。

今朝はその散歩もなしに寝坊して食事。

そして稽古。

海岸から帰るともう夏の海。

海辺で日光浴の皆さん多数。

波は辛うじてショボッ・・・。

―――

About 太気拳

歩法と連動させた練りは難しい。

練りで力を感じていないと歩法と連動しない。

今回の動画では、

練りとそこからの歩法、

そして発勁・発力動作までをシャカっとまとめました。

ここで大事なのは、

腰と肩の回転の連携、

そして重心の転換。

前回と同じように、

接触したところからの発勁、

つまりゼロから発し、

勢いや慣性力はまるでないので、

発勁のトルクそのものを観察できると思います。

じっくりと身体に入るように見てください。

部分ではなく、

全体の連携を見て取ることが大事です。

―――

どんな動きも基本にはゆっくりとした動きの中で、

自身の力に触ること。

力を感じるとは、

自身の内部にある力の可能性に触れることです。

これは摸力と中国では言いますが、

力に触れ、

次にその力を試す「試力」、

これが「練り」ですが、これに移り、

次に試した力の実効性を確かめ、

最後に実戦に生かす工夫をしていきます。

―――

全ての根本は、

立禅で力に触れるところから始まります。

自分の可能性を感じ取り、

育て生かしていく。

だから幾つになっても成長できるんですね。

| | コメント (0)

穴があったら入りたい・・・

2017年5月26日(金)

西から再び低気圧が接近。

おかげで朝から雨。

今のところは満潮で、

潮の具合と風さえ合えば昼くらいには。

枕元の窓から入る風を感じながら、

と期待半分布団で半覚半醒・・・。

―――

About 太気拳

心と身体。

見えないものと見えるもの。

心の働きと身体の働き。

内の働きと外への働きかけ。

心と表現。

思いと行動。

「つもり」と結果。

「つもり」の評価と結果の評価。

―――

人は表現の生き物で、

表現は「思い」の産物で、

「思い」の大地に咲くのが表現の華。

思いが意だから、

「意」の大地に初めて武術の精華。

―――

どんな小さな動きにも「思い」はこもる。

「君の動きには気持ちが無い」。

そう言った澤井先生。

確かに、

神宮時代の自分の動画を見ると、

穴があっ2017年5月26日(金)

西から再び低気圧が接近。

おかげで朝から雨。

今のところは満潮で、

潮の具合と風さえ合えば昼くらいには。

枕元の窓から入る風を感じながら、

と期待半分布団で半覚半醒・・・。

―――

About 太気拳

心と身体。

見えないものと見えるもの。

心の働きと身体の働き。

内の働きと外への働きかけ。

心と表現。

思いと行動。

「つもり」と結果。

「つもり」の評価と結果の評価。

―――

人は表現の生き物で、

表現は「思い」の産物で、

「思い」の大地に咲くのが表現の華。

思いが意だから、

「意」の大地に初めて武術の精華。

―――

どんな小さな動きにも「思い」はこもる。

「君の動きには気持ちが無い」。

そう言った澤井先生。

確かに、

神宮時代の自分の動画を見ると、

穴があったら入りたい・・・。

「思い」も「つもり」も「気持ち」もない、

ただマニュアルを真似ただけの貧しい動き。

―――

「気持ち」を追っかけての30年。

ジッと禅を組んで、

身体の隅々まで思いをいきわたらせる。
たら入りたい・・・。

「思い」も「つもり」も「気持ち」もない、

ただマニュアルを真似ただけの貧しい動き。

―――

「気持ち」を追っかけての30年。

ジッと禅を組んで、

身体の隅々まで思いをいきわたらせる。

| | コメント (0)

別の練りでも撮ってみますか・・・

2017年5月25日(木)

P1010014


本当に久しぶりの海。

日記を見ると10日ぶり。

はてさて、立てるやらどうやら分かりませんが、

と始めてみると辛うじて身体が覚えてる。

しかし、

しばらくぶりでぐっと疲れが来た。

水温も上がって、

ロングジョンのみでもう十分。

ジャケットを着て入ったので熱中症直前。

海上がりに缶ビール一本。

生き返りました。

P1010012


―――

About 太気拳

動画を見るとそれなりの効果があるようで、

揺りの動きの注意点が少しばかり改善の兆し。

眼の前で見本を見せても、

対象が近すぎて全体が見えにくいのかもしれない。

近いからこそ見える部分もあれば、

逆に見えにくくなるところもあるってこと。

近景と遠景、

このふたつの視点も稽古には必要なのかもしれません。

やって見せて、

注意点やタイミングを説明して、

その上動画でチェック。

その上で発勁の実効が上がっているかをチェック。

こうすれば少しは成長の助けになるかもしれません。

何とか次代に育ってもらわないことには安心できません。

次は別の練りでも撮ってみますか・・・。

| | コメント (0)

風も止まずうねりも上がらず・・・

2017年5月24日(水)

P1010009


風が弱ければ海に入るか、

と思って早起きそたんですが、

風も止まずうねりも上がらず・・・。

今朝も散歩のみ。

気温も水温も上がってきて、

これからが本番の気分ですが、

相変わらず波の無い日が続きますね~。

結局、場所を選んで軽~く稽古。

遠く富士山の山頂に笠のような雲。

いつもは雲がたなびいてるんですが、

今朝は山頂も無風なんでしょうか。

P1010007


―――

About 太気拳

稽古しながら形と質について考える。

身体は機械と同じ性質を持つ構造物でもあるから、

ギアやチェーン、シャフト、カムが上手くかみ合わないと、

性能が十分に発揮できない。

だから、

そのかみ合わせを形から探し求める。

かみ合わせを正確に求めるためには、

形にも同じく正確さを求める。

形に正確さを求めるためには、

各部分、姿勢や手足の指に至る細かい注意点がある。

しかし、

それらが正確にかみ合った瞬間には、

各部分の注意点から求めた繋がりが中心に収斂する。

そして今度は逆に中心から部分に至り、

新たに形を作り上げる。

―――

部分から中心に遡行し、

再び中心から部分に至る。

正から始まり動に至り、

再び動より静に至る。

この繰り返しで質がさらに高まる。

―――


さて、棒には勁が無い、

しかし、棍にはある。

中国ではそう言われる。

棒も棍も大した違いはないのに、

何故そんな風に言われるのか。

―――

実際には棒であろうと棍であろうと、

勁力は獲物を持つ人間に帰するものであり、

道具としての棒や棍の問題ではない。

であるのに、

何故それが「もの」に仮託されるのか。

―――

それは勁力が力の伝達だからだ。

棒と棍の違いは弾力性にある。

棒は文字通り硬い棒に過ぎないが、

棍は柔軟性のある撓りを持つ。

この柔軟性、撓りにこそが棍に「勁」を仮託するもとだ。

勁力は中心で生まれ、

そこからの力が身体内部を経て伝達され、

接触部分に至る。

伝達であればそこには力の質の転換があり、

時間的な経過もある。

棒には力の質の転換もなければ、

時間の経過も生まれない。

―――

勁力は振動から生まれる。

だからこそ同様の質感を持つ撓る棍に勁を感じる

―――

でもね、

人の骨格も関節を介した棒の集積だと思えば、

棒だって棍だって、

同じようなもんなんですがね~。

| | コメント (0)

世界を切り裂く・・・

2017年5月22日(月)

P1010004


今朝も波有りません。

南風がさわさわ吹いて、

気温上昇の気配。

散歩から帰る頃は陽射しも強くなって、

帽子が欲しい季節。

―――

朝食前後はいつもの慌ただしさ。

7時に長女が出勤で、

30分後に長男が、

そして8時に次女。

その30分後に母のディのお迎え。

そして次は私が稽古に出発。

連れ合いは女子会ランチとのこと。

さて、

日々はこうして流れて、

気が付くと

厚く積み重なっていくんですね。

P1010005


―――

About 太気拳

物事には裏と表がある。

机の上に紙にも表と裏。

その紙を横に立てれば、

裏と表が右と左になり、

縦にすれば前と後ろになる。

そして、

丸めれば前と後ろが外と内になる。

攻防はこの裏表、

右左や内外そして前後に極まる。

立禅で感じられる空間の感覚は、

丸めた紙の内外の感覚であり、

紙には厚みがあるが、

感覚には厚みが無い。

王郷斎師の言う光線の感覚。

外に向かう力と、

内に向かう力は、

夫々が異なる由来を持つ。

つまり武術はこの二つの感覚で世界を切り裂く・・・。

| | コメント (0)

なまくらはなまくら・・・

2017年5月21日(日)

P1010002


久しぶりに藤沢まで足を延ばす。

スケパー前でもサイズ膝。

それでも日曜日で結構な人出。

帰ってからシャワーで汗を流して朝食。

もう夏まで一息。

―――

農業の基本は土作りだそうです。

どんな苗を植えても、

いくら肥料を足しても、

土が悪ければ良いものはできない。

作刀の基本も鉄作りだそうです。

鉄が悪ければ、

いくら鍛えても研いでも、

なまくらはなまくら・・・。

―――

土を作り、

あるいは鉄を作る。

禅を組むってのは、

そんな作業ですね。

Hana

| | コメント (0)

徹底的に唯物・・・

2017年5月20日(土)

P1010018


一挙に季節の変化が加速。

歩いていると背中に汗が染みる。

波はまあ、有るっちゃあ有る。

分厚い波で、

いつもはショートの方々も今朝はロング。

快晴の土曜日でどこも混雑。

こんな日は皆さんの波乗りを見学。

しかし、

ここのところ人が増えたな・・・。

―――

About 太気拳

誰にでも武術の素質はある。

その素質を引き出す才能があるかどうかが問題。

この才能はコペ転能力。

P1010003


―――

人は誰でも一定の条件下で生活し稽古する。

では、その条件を転換するとどうなるか。

条件を様々に変化させ、

人の運動の形式を見定め、

その上で転換する。

この転換がコペ転。

転換以前には想像もできないことが、

支点が変われば、

こんな当たり前はない。

―――

人の身体は神経と筋肉、腱と骨格。

この合理的運用が武術。

だから徹底的に唯物・・・。

| | コメント (0)

動かないのが基本・・・

2017年5月19日(金)

P1010014


僅かにうねりあり。

引き潮にも関わらずに水が多い。

ショートは辛うじてテイクオフ、

しかしながら後が続かず。

それでも陽射しに誘われて海へ。

今季初のロングジョンのみ。

ちょっと冷たいけど、

御日様が出ていれば我慢できる。

寒さは我慢できるんですが、

波が厚くて乗れない。

まあ、日光浴と思って終了。

季節が変わったな~。

P1010008


―――

About 太気拳

立禅では力に触る。

力に触れるために禅を組む。

触る力は勁力。

動かずに力に触り、

その力を失わずに動く。

そこに慣性力、

つまり勢いは存在しない。

なんたって、動いてないんだから。

つまり力、勁力に触ると言う事は、

慣性力を排除した状態で力を感じることを言う。

その状態を開放すると発勁、発力となる。

だから基本は慣性力の無い、

つまり相手に触れた状態からの動作となる。

先日の動画では、

力の伝達を明確にするため、

腰の動きを大げさにしたが、

実際はもっとコンパクトになる。

接触面は動かないのが基本・・・。

| | コメント (0)

どんな「つもり」で禅を組んでるかい???

2017年5月18日(木)

Img_1126


朝食後に早速取り掛かったのが庭のテーブル仕上げ。

いろいろ考えて、

テーブルの真ん中に七輪スペース。

取り付けてみたら寸法違いがあったり、

行き当たりばったりでも、

何とか形になった。

仕上げの塗装を終わって、

ウィスキー片手に満足。

さて,Img_1125

誰かに自慢したいんですが・・・。

―――

About 太気拳

揺りの稽古をしていると、

それを見て澤井先生から「気持ちが無い」と言われた。

気持ちが無い、

なんて言われても何が何やら判らない。

でも、

今になってやっとその意味が飲み込める。

同じように弟子に「気持ちが無い」とは言わないが、

そう言った先生の気持ちがよくわかる。

―――

先生の言った「気持ち」。

意拳では「意」。

じゃあ、「意」って何だ。

―――

難しく考えることはない。

簡単に言えば「意」とは「つもり」だ。

「なんのつもりだ」とか「どういうつもりだ」の「つもり」。

外から見える形はそれとしてあるが、

それをどんなつもりでやったのかによって、

その中身は大きく違う。

「つもり」によって、

生まれるもの、

引き出せるもの、

失われるもの。

―――

発勁にしても発力にしても、

あるいは勁力全般にしても、

速さや変化や力もすべて、

要は「つもり」によって引き出される。

だから気は気分と一体になる。

太気拳は気と気分。

さて、どんな「つもり」で禅を組んでるかい???

| | コメント (0)

まっ平・・・

2017年5月16日(火)

P1010007


散歩ですれ違いざまに

「鵠沼腰!!!」と叫んで遠ざかる先輩。

茅ヶ崎はまっ平・・・。

今日はのんびりとして日曜大工。

結局昨日は仕上げられなかった庭のテーブル。

座れるようにしないと無用の長物。P1010002


―――

About 太気拳

稽古の内容は、

どれ一つとっても発勁・発力。

ゆっくりとした動きは、

どの瞬間をとっても発勁の準備を整えるため。

別に相手を飛ばすとか叩き落すのが発勁と言うわけではない。

這いの一歩一歩は発勁そのものだし、

ちょっとした変化もすべて発勁。

「太気拳は気と気分」は、

発勁が全てと言う事だ。

つまりこれがないのは太気拳ではない。

| | コメント (0)

脱帽・・・

2017年5月15日(月)

昨日は朝一サーフィン、

そして稽古、

仕上げは再び二ラウンド。

夕方に海で会った皆さんも複数ラウンド。

極めつけの先輩は、

海に入ってそろそろ八時間だよ!!!

には脱帽・・・。

―――

About 太気拳

こちらから見ていると出来てるように見える。

しかし、

実際には発勁力至らない。

原因は力が入りすぎる。

あるいは焦りすぎの感がある。

そこで、

「揺り」の動作からの発勁・発力をゆっくりした動きと

速い動きで映像にしました。

力の伝達には経路があり、

それには僅かな時間がかかります。

それを待てる気持ちの余裕と、

動作以前にイメージでは既に動作が終了している、

といった感覚に仕上げる」必要があります。

そこらへんがもう一歩なのかも知れません。

| | コメント (0)

シーズン到来・・・

2017年5月14日(日)
P1010042

低気圧通過の朝。

本日は鉄板予想のため、

暗いうちに起き出してお茶を飲んで、

そそくさと準備して出発。

サイズ胸から肩、

満潮で厚めですが、

取れると走れる。

ところが5時半にはもう大混雑で、

パタッと波が取れなくなって終了。

水温も徐々に高くなってきて、

シーズン到来・・・。

P1010041

| | コメント (0)

自慢したい・・・

2017年5月12日(金)P1010025


椅子と机を新しくセットしよう、

とデッキの改修工事を思い立った。

思い立つと矢も盾もたまらなくなるのが悪い癖。

昨日は早くから簡単に図面を引いて、

ホームセンターに出かけて材料を拾い。

取って返して素材のペンキ塗り。

本当は今朝から次の段階のデッキ破壊工作?

に着手して少しでも早く次の段階に進めたかったんですが、

朝から雨模様。

何事も焦らずに一息入れながらやるのが成功の基。

まあ、明日には上がるので、

朝一は波乗りして、稽古後に着手。

今日は手を付けられないもどかしさはあるものの、

実は計画を立てるのが実行よりも楽しい。

来週は長女とその友人のチビ達が、

庭で七輪パーティーの予定なので、

それまでに形にして、

おじさんは凄いだろう、

とチビ達にちょっと自慢したい・・・。

―――

About 太気拳

そうか、

武術ってのは潜水艦を作るのと似たようなもんだな、

なんて思う。

キールを骨組みにして、

周りを囲って水が入らないようにする。

その上で内部の圧を高める。

水が入ってから塞ぐのではなく、

上下前後左右を密閉する。

この場合の水は敵の攻撃の意味。

外殻は盾でもあり、

盾は同時に武器でもある。

六面力と言う内圧を高めつつ、

自在な運動性能を保つ。

まず最初にするのは外殻を作り上げる。

そしていかに堅固に保つか、

立禅で作り上げる空間の感触は、

潜水艦の外殻に相当する。

腕を以って作り上げた空間は、

外と内を明確に遮断する。

―――

この前腕から上腕にかけての感触を作り上げることに対しての、

配慮は韓氏意拳に顕著になっている。。

幾つかの独特な試力はここに特化している。

故佐藤聖二氏が晩年に韓氏意拳の稽古法を取り上げたのは、

自分の為と言うよりは、

弟子たちにこの感触を持たせたかったに違いない。

何故なら彼自身は既に自分のものにしていたからだ。

しかしながら、

その成果はまだ出ていない。

彼らには一層の奮起を望む。

―――

とは思うものの、

弟子なんてものは、

先生が死ななければ本気にならないものかもしれない。

それは自分の経験からよくわかる。

はてさて、

自分の弟子たちはどうなるんでしょうかね~。

| | コメント (0)

待つ楽しみ・・・

2017年5月9日(火)

P1010030


心配していた赤潮は何処にも見当たらない。

どうやらどこかに流れて行ってくれた。

いつもの海で、

いつものように波待ち。

いつものように、が一番いい。

いつものように波がないのが残念だけど・・・。

ホッと一息、

明日に期待が持てそうです。


―――

About 太気拳

判りました、

とか、

勉強になりました、

って簡単に言われると、

ああ!こりゃ駄目だ・・・。

結局何にも教えられないんだな、

と思う。

―――


P1010029

判るとか、学ぶなんてのは、

結局頭で整理できるかできないかの問題に過ぎない。

単なる自己満足。

整理できるものなんてのは、

人がやってることのほんの一部。

人の身体はカオス混沌。

上下前後左右なんて区別も有って無いようなもの。

有るような無いような混沌と矛盾だらけだから矛盾力。

カオスから突出して現れるのが拳術の力。

カオスは整理出来ないからカオス。

カオスに立ち向かう必要はない。

素直に受け入れるしかない。

判る必要はない。

存在するものは、

こうあって欲しいとか、

こうであれかし、

とは無関係に、

何時だって此処にある・・・。

カオスを丸ごと受け入れる、

あるいは身を投げ出す。

そんな中から何かがヒョコッと飛び出てくるのを待つ楽しみ・・・。

| | コメント (0)

キーストーン・・・

2017年5月8日(月)

P1010017


連休終了!

と言っても、

稽古は通常通りだし、

子供たちの仕事もシフト制なので特に変化なし。

電車がいつもより空いてるのと、

逆に海の混雑が辛うじてゴールデンウィークを感じたくらい。

まあ、最後の三日間は朝一に波乗りできたので、

良い連休だった事にしておきます。

水温も上がり若者は袖なしロングジョンもいますが、

おじさんはまだ5ミリだよ・・・。

―――

今朝の波は膝。

それでも上手いこと遊んでますね~。

‥と感心しながら稽古へ。

終了後に帰路を海岸線にとると、

海の色が変わっている。

先日来鎌倉の赤潮騒ぎが茅ヶ崎に回ってきた。

ふと見ると、

波打ち際に似合わない背広姿。

どこかの局のレポーターだかの取材。

P1010028


この色を見ると、

とても海に入る気が起きませんが、

それでも数人が・・・。

大したもんだ、

と素直に感心。

―――
P1010022

矛盾する力とは何か。

これは簡単なことで、

自然に要求されるものとそうでないもの、

立っている時に要求されるのは、

重力に抗する力。

それに対して要求され無いもの、

つまり上に対すて下に向かう力。

―――

例を挙げれば簡単で、

ママチャリ仕様かレーサー仕様か。

この違いが矛盾力あるいは六面力のキーストーン・・・。

| | コメント (0)

なんて言うんだろうな・・・

2017年5月3日(水)

P1010002


連休後半戦開始。

こんな天気の良い日は、

親子そろって海の中。

お父さんと一緒に波乗りトレーニング。

まずはお父さんのライディングを参考にして、

次の波はお父さんに押してもらって、

やった!立てました!!!

P1010001


P1010004


物心ついた時には、

もう波に乗ってました、

なんて言うんだろうな・・・。

| | コメント (0)

実に新鮮・・・

2017年5月2日(火)

P1010056


なんだかんだと言いながら、

結局、昨日は雨あがりの夕方に波乗り。

10日ぶりで波乗り忘れてるんじゃないか、

と心配したんですが、

パドルして、波に乗ったら立ち上がる、

と言う一連の動きは、

考えなくてもやっちゃうところが不思議。

しかし、

10日ぶりに海に入る感覚は実に新鮮・・・。

―――

About 太気拳

「精神と意が充足するところを求め、形を似せることは求めない」。

王郷斎師の言葉だが、

同時に形に厳しかったのも王師。

形を求めず、と言いながら、

形に厳しさを求めたのは矛盾するか。

―――

物事全てには形がある。

姿かたちの無いものでも、

何かに於いて形になって表れる。

形の無い心が人の顔や姿に現れるのと同じ。

だから意のある形とない形には違いがある。

いくら形を似せても、

意の無い形は求めても意味がない。

では、なぜそれでも形に厳しかったのか・・・。

それは意が形によっても導かれるからだ。

意の及ぼす影響が、

単なる形を似せるために必要とされる、

神経・筋や腱・骨格の緊張とは別の働きを要求するからだ。

意が導く緊張が形を成すなら、

形を以ってその緊張に迫り、

意に近づくことが可能になる。

意即動であり、意即力であるなら、

全てが神経と筋、骨格からなる身体を以って、

意即ち脳や神経の働きに迫ることも可能だ。

道は一方通行ではない。

意と言う麓から掘り進め、

同時に身体の側面からも掘り進める。

山の中心部でトンネルが貫通する。

内家拳、外家拳と言う区別も、

貫通すれば意味がなくなる。

| | コメント (0)

見放されてる・・・

2017年5月1日(月)

P1010045_2


今日から五月

いかにも五月らしい陽射しに、

今朝の散歩はTシャツ。

快晴の朝はサイズ腿から腰で、

皆さん快調に波乗り。

これなら朝一に稽古後にも行けそうな雰囲気。

―――

入るポイントを探しながらの帰り道。

帰宅後に着替えようか、

と思った途端に豪雨に雷。

P1010048


ありゃ、どうやら目算が外れた!

このところ波乗りから見放されてる・・・。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ