« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

少しは上達してればいいんですが・・・

2017年10月19日(木)

今朝も雨から一日が始まる。

晴れたのは昨日だけで、

しょぼつく雨で気が重い。

とは言うものの、

前線に吹き込む風と高気圧の縁ってやつで、

何とかうねりは続き場所によってはサイズ頭。

但しワイド、ギロチンで入る気起こらず、

手近なところでサイズ腿腰。

東うねりでどこもかしこも速すぎる・・・。

結局インサイド・ブレイクにアタックで、

2時間で嫌になるくらいテイクオフのお稽古。

お陰で少しは上達してればいいんですが・・・。

さて、

明日くらいからひょっとすると台風の影響が出るかも。

本体が来る前の兆し、

そして過ぎた後の名残りで遊べればいいんですがね~。

| | コメント (0)

空いてるには訳がある・・・

2017年10月18日(水)

P1010095


久しぶりの朝日。

連日雨ばかりだったので、

気分すっきりでおまけに波がある。

まずは空いてるところを狙って一ラウンド。

セット腰で勇んで入ったものの、

速い!ワイド!

なるほど空いてるには訳がある・・・。

それでも朝食前に海に入る一時間は貴重。

―――

About 太気拳

いちばんの基本は立禅。

しかし、

注意しないとはまりやすい陥穽もある。

毎日禅を組む中で自ずと腰の高さが定まる。

しかし、

それが本当に要求を満足させるものなのかどうか。

それを確認するために必要なのは、

その高さを毎日の稽古の中で変えてみる。

見た目では確認できないくらいの変化でも、

思ってもみなかった世界が見えることがある。

| | コメント (0)

スパイス・・・

2017年10月14日(土)

Img_13011


秋雨前線の停滞で朝から雨。

雨と言っても、

降っては止み、

止んではしとしと降り出す。

思わず、はっきりせい!

と声を掛けたくなるような空模様。

―――

気温も急降下で今季初のダウンベストの出で立ち。

それでも稽古を始めてちょっと動くと暑くなる。

そんななか今朝は中国中央電視台の取材。

意拳を中心に、

中国武術の海外への影響をドキュメンタリー風に、

とのコンセプトで島田氏と自分が取材対象に。

稽古風景とその後のインタビューでしたが、

取材に協力するのはやぶさかではないが、

稽古がいつもと違う雰囲気になったのは残念。

とは言え、これも日常の一つのスパイス・・・。

| | コメント (0)

想像力にも・・・

2017年10月13日(金)

P1010094


気温がガクッと落ちて、

長袖でも肌寒い。

遠くからのうねりが少しだが入っている。

北風で押さえられながらうねりの筋がすっきりと見えて気持ち良い。

但し、サイズは膝腿ですが、

潮が引きすぎてロングのみ。

ショ=トは立って終わり。

前線の位置が微妙で、

うねりと風がどうなるか不明。

P1010093


―――

About 太気拳

王郷斎師の言葉に「但求神意足、不求形骸似」がある。

つまり「ただ神と意を充たす事を求め、形を似せる事を求めない」。

難しそうだが、「神と意」を能力と言い換えればすっきりする。

能力には形が無い。

―――

例えば「知徳体」。

知力にも徳力にも体力にも形が無い。

身体能力にも、

言語能力にも、

理解力にも、

あるいは想像力にも・・・。

つまり、形があって形が無いものが能力。

―――

能力が外部に発揮されると初めて形が生まれる。

だから澤井先生は「形あって形なし」。

そしてその能力には名前が複数ついていて、

姚宗勲師が著書に記した渾元力、円勁、整勁、

そして澤井先生の気。

―――

能力が生み出した形。

いくらその形をなぞっても、

形は能力を生み出せない。

だからその源泉となる神と意をこそ求める。

| | コメント (0)

悩みどころ・・・

2017年10月12日(木)

P1010082


サイズは腿から腰。

ざわついて沖でこれから吹きそうな気配。

波は良くないですが、

良い悪いよりあれば十分、

と皆さんは朝から全開。

P1010083


こちらは波乗りが出来ないのに、

朝起きると天気図を見て、

波情報をチェックする。

海岸に来て波を眺める。

まあ、往生際が悪いですね。

さて、今日はこの冬に向けてフルをオーダー予定。

年々寒さが答えるようになったので、

寒さ対策のネックエントリーか、

脱ぎ着が楽なバックジップか、

悩みどころ・・・。

ホントはサイドジップが欲しいんですが、

一人じゃ着れないんじゃな~。

―――

そう言えば、

大先輩が「今年はウエットに革命が起きる」

と言ってたけど、

果たして起きるか起きないか。

| | コメント (0)

見学のみ・・・

2017年10月11日(水)

P1010050


夏日が戻ってきて、

歩いてるうちに汗ばんでくる。

今朝は所謂高気圧の吹き出しってやつでしょうか。

全体にうねりが上がって、

サイズ胸から腿まで腕前に合わせて場所を選んで遊べてますね~。

皆さんの波乗りを見ながら、

こちらはちょっとした怪我で遊びに加われず、

残念ながら代わりに指を咥えて見学のみ・・・。

天気も良いし、

気持ちよさそうですね。

P1010054


P1010055

| | コメント (0)

残ってるじゃん・・・

2017年10月8日(日)

P1010040


うねりが残ってるじゃん・・・。

ってことで暗いうちから準備して出発。

日の出の瞬間だけ雲が晴れてオレンジ色の太陽が顔を出す。

ところが気か付くと秋のうろこ雲で覆われて曇り空。

波はサイズ腰ですが満潮で割れない。

ロングは楽しそうに乗ってますが、

こちらはインサイドに突っ込む波乗り。

ひやひやもので遊んで上がってから板を点検、

壊れてなくてよかった。

P1010041


P1010046


―――

About 太気拳

機能と認識の問題。

太気拳や意拳で求めるものは認識だ。

認識できにくい機能を明確に認識できるようにする。

初期的な稽古では多くの時間はこのために費やされる。

説明しても見せても、

あるいは触れさせても分からないのは、

認識できない部分を働かせなくては六面力その他を知ることはできない。

・・・のように、に代表される「意」は、

この存在するけれども認識できない深部の機能、

殆ど反射や本能に近ものを、

明確にするための方便としてある。

王郷斎師が形に厳しかったと言われるのは、

「意」を以って機能を引き出す一方、

足りない部分を形で補う必要があったからだ。

意拳だから「意」があれば十分ではなく、

立禅その他の稽古法に精確な形を求めないといけない。

| | コメント (0)

大混雑・・・

2017年10月7日(土)

P1010039


低気圧通過でうねりアップ。

スマホのおかげで寝床チェック80㎝台。

スパっと起きて出発。

サイズ腹から胸下ですが、

雨のせいかガラ空き。

来た波は全部とれて大満足の朝一サーフィン。

毎朝こうだと良いな・・・。

―――

P1010034


稽古から帰ってのチェックではさらにサイズアップで、

場所によっては頭サイズ。

しかししかしの大混雑・・・、

結構危険な雰囲気です。

このうねりが明日に残ると良いんですがね~。

と言っても三連休か、

混むんだろうな~。

| | コメント (0)

円周率は永遠・・・

2017年10月5日(木)

P1010033


秋の気配濃厚で、

今まで散歩は短パンに半袖だったのが、

今朝からは秋仕様。

曇り空の下で富士山もわずかに霞んで、

もったりもっさりの雰囲気。

波はもちろん無しで、

上手くいけば明日、

そうでなければ明後日。

週末は混むんだよな、

とは平日サーファーの贅沢な感想。

―――

About 太気拳

実に細かいことを注意する。

それを守ることで何が生まれるのか、

は各々が実感していることと思う。

しかし、

言われたこと、

教えられたことを守れば良いってもんじゃあ無い。

例えそれが有用なものでも、

教えられて見つけたなら、

それは教えられないでも見つけられたはずのもの。

―――

言われて出来ることを、

もし言われなかったら何時どのように出来るようになったのか、

あるいは出来なかったのか、

を考える。

稽古で教えていることは、

教えなくたって真面目に稽古していれば何時かは気付くはずの事。

しかし、

ひょっとすると何時まで経っても気付かないまま人生が終わるかもしれない。

もし教えられなかったら、

自分が何時どのようなプロセスを踏んで、

此処に至ったのかを想像する。

―――

問題はプロセス。

結果をいくら上手くこなせても、

プロセスつまりものの見方を検証しないと、

次の一手は永遠に見えてこない。

―――

稽古方法は手段に過ぎない。

禅を組むのも練りや這いも一手段に過ぎない。

禅も練りも上手くやるのが目的ではない。

では何が目的なのかと言えば、

それは「原理」に至り、

そこに身を置くことだ。

何の原理かと言えば、

それは「気と気分」。

―――

このプロセスってのは円周率と同じですね。

円周率が3.1415・・・、

ってのは誰でも知っている。

だから暗記していれば誰でも面積計算や円周を出せる。

でも、円周率に至るプロセスを辿ることが出来れば、

円周率が数値ではなく、

物事の捉え方の一つだと気づく。

単純化すれば円周率は「距離」と「道のり」、

あるいは直線による曲線の計測。

結果としての距離は測れるが、

そこに至る道のりは紆余曲折で伺い知れない。

他人がたどり切れない道のりを距離から測る、

だから円周率は永遠・・・。

―――

禅を組んだって捉え方によって結果は異なる。

いくら稽古しても実らない時もある。

それはコロンブスの卵と同じ。

永遠に立てられないで終わる。

―――

だからこそ、

教えられて知ったことを、

教えられなかったら何時どのように知るだろうか・・・、

と考えてみる。

原理に至る道のりは自分で編み出すしかない。

その第一歩として自分を検証する・・・。

道のりは心の中に在るからだ。

| | コメント (0)

メニューでも考えるかね~

2017年10月2日(月)

Img_12241


南風がサワサワと吹いて、

海面はざわつき気味。

それでも無いよりはましと、

数人が海に入ってます。

これから引きにかけて、

多少は出来そうな気配。

今朝はこれから稽古なので、波乗りは無し。

明日は低気圧通過で多少はうねりが上がりそう。

―――

そろそろ秋の秋刀魚シーズンで、

毎年慣例の弟子達との秋刀魚バーベキュー。

そろそろメニューでも考えるかね~。

| | コメント (0)

秋の気配濃厚・・・

2017年10月1日(日)

Img_1222


秋の気配濃厚・・・。

昨日に引き続いてうねり少々、

辛うじての膝。

しかし、

これこそプロの見せ所、

昨日に引き続きJPSAの大会開催。

海岸沿いの駐車場は早朝から関係者の車で行列。

いつもの皆さんも今朝は水路脇から釣竿振ってます。

こちらは人目につかないところで軽~く動いて目覚まし稽古。

今日は清々しい一日になりそうです。

さあ!元気で行こう!

Img_1219

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ