« オジサン達・・・ | トップページ | 止まらない動き・・・ »

詩集・・・

2017年12月3日(日)

P1010167


ほぼ無風なのに、

歩いていると顔が冷たい。

江の島からの日の出を楽しみながら

冷たい朝の海に数人の影。

ビーチブレイクで立ったら終わり。

それはそれで楽しそうです。

―――

歩きながら見えないものについて考える。

弟子の1人1人に個性がある。

個性にはいろいろな種類がある。

しかし、

武術の視点からすると、

変えなくてはならない個性がある。

それは「意味」を巡る個性。

人は意味から自由になれない。

しかし、

武術は意味から自由になった時に再生する。

禅を組むことは意味からの解放だ。

意味から解放は感性の自由を生む。

意味からの解放を言葉で行えば「詩」になる。

「深山幽谷をゆく龍のごとく」。

拳術を人の「気質本能を尽くす道」とした王郷斎師。

著作は殆ど詩集・・・。

詩に求めるのは意味ではない。

P1010171

|

« オジサン達・・・ | トップページ | 止まらない動き・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オジサン達・・・ | トップページ | 止まらない動き・・・ »