« お気楽・・・ | トップページ | 波乗り!!! »

働きだからか・・・

2018年5月31日(木)

P1010121


夜更かしのお陰で寝坊。

母をディに送り出してから散歩、

と思ったら雨が降りだしたので中止。

家でグダグダして合間を見て海岸偵察。

低気圧が通過で少しばかり期待の朝だったんですが、

南風でざわつく海はサイズ膝。

天気が良ければ海水浴気分で入るんですが、

どうも気分になれません。

今日は庭の額紫陽花でもでも見ながらのんびり。
P1010127

―――

佐藤聖二氏の命日が近づいて、

ちょっとした頼まれ原稿があるので、

氏の「太気拳・意拳研究ノート」をパラパラ。

言葉なんだよな、言葉・・・。

言葉の洪水だ(当たり前だろ、本なんだから)。

教えるのが難しいのは最初の半年。

この半年は言葉が通じない。

少しづつ稽古を重ねて、

言葉の意味が分かれば一言で済むものを、

最初は一時間かけても理解してもらえない。

言葉は共通の了解事項の上に成り立つ。

にもかかわらず最初はこれが全くない。

見たことも触ったことも、

まして感じたこともないものに名前がついている。

経験していないものは無いのと同じ。

無いものに名前がついていても困る。

だから最初は言葉とそれに対応するものを見つけることから始める。

六面力の概略に最初の一日はかける。

あくまでも概略に過ぎないが、

それでも初めての体験に「六面力」と名前がついている事を知る。

つまり、

未知だったものが、

武術の世界では既知、

つまり常識だと知る。

第一歩は、

実は言葉を知る事だった。

言葉にならないものに名前がある。

六面力は働きの名前だが、

「それ」自身には名前が無い。

いや、

「それ」こそが働きだからか・・・。

|

« お気楽・・・ | トップページ | 波乗り!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お気楽・・・ | トップページ | 波乗り!!! »