« 驚点と弾点・・・ | トップページ | 働きだからか・・・ »

お気楽・・・

2018年5月29日(火)
P1010118

曇り空の下、

額に汗してトンボで砂掻き。

たまには人様のために働こう、

と散歩道にたまった砂を脇に寄せる。

と言っても、

高々15分のボランティア。

大した事ありませんね~。

これで人様にために働いたと思ってるんですからお気楽・・・。
P1010117

―――

About 太気拳

10年前に何を考えていたのか覚えていない。

そんなだから初めて澤井先生に会った時に、

何を思っていたのか、

あるいは何を考えて日々の稽古に向かっていたのか忘れた。

考えや感覚がまるで違ってしまっているからだ。

記憶にあるのは何かの拍子に何かに出会った衝撃。

自分の中の何かがまるで別のものに変質した瞬間の衝撃。

衝撃は感激とも言う。

何が衝撃をもたらしたのか。

何故驚き感激したのか。

昨日と同じ、

勿論去年とも同じはずの自分がまるで違ってくる。

これは身体の変質ではなく視点の転換。

同じものを別の角度から見ると、

まったく新しい景色になる。

禅を組まないと強くならない、

そう言った先生は、

視点を変えて自分を見つめないと強くなれない、

そう言ったんだろう。

勁力、気とは視点の転換だ。

―――

六面力はその転換の第一歩。

上下の力の核になる驚点、

それは生理的な反応と意識の接点であり、

上下の力と腕の接点であり、

その働きが腕を動かし、

瞬時に楔に影響を及ぼして腰を動かし、

その腰に動きに脚が付いてくる。

勁力の伝達順位は、

何のことはない、

神経の伝達順位に即している、

そう気づくと、

ここでも先人の足跡、その徹底に衝撃。

|

« 驚点と弾点・・・ | トップページ | 働きだからか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 驚点と弾点・・・ | トップページ | 働きだからか・・・ »