« 六根清浄・・・ | トップページ | 30年手形・・・ »

ひた進むような・・・

2018年5月1日(火)

P1010032


歩いているうちに背中が汗ばんでくる。

連休で波は無いものの、

釣りやSUPのクルージング。

ポイントに数人浮かび上陸覚悟のテイクオフ。

陽射しを避けて帰りは防砂林経由。

日陰に入るとヒンヤリ。

そんな季節になりました。
P1010034

―――

About 太気拳

「意は形から生じ形は意によって象られる」

この言葉は太気拳の稽古内容の二重性を表している。

形によって意を得るだけではなく、

次に意によって形を象ることが要求される。

「象る」とは展開を意味する。

意とは身体操作によって引き出されるもので、

筋肉と骨格の調整による脳神経への刺激で引き出される感情の起伏。

感情に起伏を生み出すのは、

形が副次的に生み出す深部の緊張だ。

そして次は深部の緊張によって形を展開する。

これを意に依って形を象る、と言う。

だから形に関しては精密さが要求される。

関節の僅かな角度変化にも繊細な形が要求される。

例えば手指や足指の状態、

手首足首、膝肘、肩や股関節、首や顎。

それらが整った時に初めて湧き上がる気分。

意とは気分も意味する。

高みに立ち周囲を睥睨するような、

あるいは生を前向きにひた進むような・・・。

―――

その深部の働きを時に「驚」とし、

時に状態を含胸抜背とする。

|

« 六根清浄・・・ | トップページ | 30年手形・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六根清浄・・・ | トップページ | 30年手形・・・ »