« | トップページ | 意と動の懸け橋・・・ »

早起きできず・・・

2018年6月25日(月)
P1010203

早起きして波乗り、

と思ってたんですがサッカー観戦で早起きできず・・・。

稽古に向かう途中にチェックするとサイズ腿から腰。

ロング中心に結構楽しそう。

今日は波乗りなしで稽古に集中。

―――

About 太気拳

立禅などの静的な稽古での畜力は、

上下前後左右に軛を与えて動きを阻害させる。

動きが阻害される中で六面力を蓄える。

つまり密閉容器に入れた湯が沸騰するに似る。

静的に蓄えられた六面力、つまり畜力が試力に移行する際の条件の変化。

条件一として両脚は定歩で不動。

条件二として腰と上半身は動を許される。

この二つの条件を与えることで、

腰から上の上下前後の斜面の動きが成立する。

座るように後ろに向かい、

立ち上がるように前に向かう。

これに腕の動きを加えれば揺りの試力に変化する。

次に条件を変化させた試力。

条件一に両脚は動を許可される。

しかし、

条件二として上下左右の動きに制限を加える。

これによって、

上下の力は前後に向かい動を許された脚は前後に向かう。

つまり、

六面力のうち上下は前後に向かう力に転化する。

条件二を変化させて上下前後に制限を加えると左右に歩を進めることになる。

―――

上下前後左右の畜力は密閉容器の中で沸騰する蒸気と同じで、

出口のバルブのコントロールで出力方向は如何様にも変化する。

この動きの形式が武術の新たな運動形式。

形式とはシステム或いは秩序。

新しい秩序の運用に障害になるのは、

旧来の秩序。

この旧来の秩序の駆逐は、

身体の問題ではなく、

心、つまり意の問題となる。

―――

どちらにしても中核は六面力となる。

|

« | トップページ | 意と動の懸け橋・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | 意と動の懸け橋・・・ »