« 台風の季節・・・ | トップページ | 太気と同じ・・・ »

理路整然・・・

2018年6月13日(水)
P1010155

さすがにこの季節になると台風が来る。

台風は紫陽花とともに来る。

庭の額紫陽花がきれいに咲く。

何故か庭の紫陽花は連れ合いの好みか全て額紫陽花。

紫陽花が呼んだ台風のしっかりしたうねり。

今日はサイズ腰からたま腹。

波は良いんですが何かおかしい。

上手いこと板が動かない、

と言うか動かせる気がしない。

どこかおかしい。

そう思って足元を見ると、

前足が板の中心を踏んでいない。

これじゃあな、

と次の波で慎重にトライするがやはり同じ。

なんかなあ~。

ややあって、

原因は視線か・・・。

しかし、

視線は心の問題でもあるから難しい。

気持ちが次のアクションに向かわないと、

視線も次に向かない。

波乗りは心ですね。

武術と同じか。
P1010157

―――

About 太気拳

練りは意拳では試力。

つまり力を試す。

どんな力を試すのか。

蓄えた力を試す。

蓄えた力を試し、

次にそれを発する、

つまり発力。

蓄え、試し、発する。

最も重要なのが力を蓄えること。

これは立禅による。

立禅で蓄えた力の方向をコントロールするのが試力。

コントロールとは、

畜力に与える条件を変化させ、

力に出口、方向を与えること。

理としては蒸気機関と同じ理屈。

条件によってはこれが歩法になり、

また別の条件では揺りになり、

各種の練り、試力になる。

畜力、つまり勁力を生み出す源は一つだが、

条件を変えることで変化は無限になる。

溜めた力が無ければただの体操に過ぎない。

そして一定の条件下で発する。

だから発力も条件次第で無限の可能性を生み出す。

畜力・試力・発力、

この関係をしっかりと把握する。

畜力を生む立禅は、

動の静的探究。

つまり動を求めての静。

静によって得られた動が生む力が勁力。

武術は理路整然・・・。

|

« 台風の季節・・・ | トップページ | 太気と同じ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風の季節・・・ | トップページ | 太気と同じ・・・ »