« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

虫の良い話・・・

2018年8月30日(木)
P1010308

夜更かしのおかげで寝坊。

朝食後に海に行くと、

既に風は南風。

朝一はサイズは小さかったけど、

ちょっと出来たんですよ!

といつもの皆さん。

こちらは波乗りの邪魔にならないようにと、

離れたところで海水浴。

さて、

台風21号が接近中で、

来週中盤は関東直撃の予報もある。

台風のうねりは期待してるけど、

本体直撃は御免被るとは、

まあ虫の良い話・・・。

―――

About 太気拳

柔軟な心。

しなやかな感性。

常識や思い込みに惑わされずに、

そのものをそのままに受け入れる。

大事なのはそんな気持ち。

何年か後に弟子たちが武術を手にした時に、

なんだ、素直になれば良いだけの事だったんだ、

なんて事になるんだろうな、

と思ったりする。

―――

素直になろうと思っても、

何故かめんどくさい事を敢えて考えて、

簡単なことを難しくする。

自分のそうだったから、

人のそんな様子が手に取るように見えたりする。

身体から出てきたすべてを、

そのまんま、

丸のまま受け入れる。

まっさらな紙に禅の筆で武を描く。

| | コメント (0)

我慢・・・

2018年8月28日(火)
P1010302

え!出来てるの?!

お隣の娘さんが自転車にノードを乗せて、

波乗りの準備。

少しですけど遊べそうですよ!

むむ、行きたい、

と思いつつ未だに腰が渋い。

今週末には台風21号の影響が届きそうなので、

ちょっと我慢・・・。
P1010305

―――

About 太気拳

静に動を求める。

この静とは何か。

ここでいう静とは、

日常生活で動を担う部分に制約、

つまり抵抗を与え、

抑制を加えた非日常状態であり、

動とは、

その非日常状態で引き出されるものを指す。

何故動きに抑制を加えるのか。

それは安易に動かせる部分に制約を与えることで、

日常で動きを意識できない部分を浮かび上がらせるためだ。

つまり、

部分を抑える事で、

中心に迫る試みだ。

―――

そして、

さらにそこから一歩進め、

中心から再び部分に至って初めて勁力が明らかになる。

ここに至って初めて武術の入口となる。

| | コメント (0)

直観と想像力・・・

2018年8月26日(日)
P1010298

今月の遊びすぎが祟って、

数日前から腰が渋い。

8月に入ってからほぼ休みなしで波乗りして、

1日2ラウンドなんて日もざら。

流石に歳のせいか一休みで、

整体に通って身体の整備中。

それに加えて、

午後から健康診断につき朝食抜き。

そのまま午前中の稽古で、

昼食も抜いて午後に病院の予定。

水とお茶で空腹をしのぐ・・・。
P1010290

―――

About 太気拳

立禅と半禅、そして揺り。

這いと練り。

後は組手・・・。

神宮での稽古は実に単純で、

先生がその時その時に攻撃や防御を教えてくれる。

―――

現在自分で教えている状況と比べると、

何とも放任主義でのびのび。

手指から足先まで小うるさく注意して自分が、

そんな環境で育ったのが嘘のようだ。

変われば変わるものだ。

神宮は放任でのびのびだから、

結局本人の感受性次第。

でも、

小うるさく指導しても、

結局指導される側の感受性次第なのは変わらない。

教えると言っても、

結局そのものズバリは教えようがないから、

様々な例を挙げての方便。

だからそこから真実に至るには、

直観と想像力・・・。

| | コメント (0)

退散・・・

2018年8月24日(金)
P1010279


P1010280

強烈な南風。

濡れている砂が肌を打つ。

さすがに今朝は誰も海に居ない。

Tバーに当たった飛沫が舞う。

構えたカメラが風で揺れる。

草々に退散・・・。

| | コメント (0)

脱帽・・・

2018年8月23日(木)
P1010273

台風は今夕四国上陸予報。

そのうねりは茅ヶ崎では頭オーバー。

限られたポイントで入る元気者がいます。

スーパーエキスパート、

と眺めてると上がってくるのは小学生だったりする。

脱帽・・・。

たまに入るお掃除セットは多分ダブルサイズ。

強烈なカレントの発生で、

勿論こちらは見学のみ。

暫くはオンショア続きそうな湘南ですね。
P1010271

―――

About 太気拳

最も気を付けるのは途切れること。

ところが、

本人は途切れたとは思っていない。

日常では、

気持ちも動作も途切れる。

途切れるとは区切れること。

代表的なものはリズム。

リズムは「間」。

間は途切れる事であり、

区切り。

甲子園の応援でもそうだが、

リズムは心を一つにする。

つまり合わせる。

切って合わせて、

間をおいて合わせる。

合わせられるから合わせる。

だから一つになれる。

合わせられる動きは、

つまりは読める動きであり、

間は常に盗まれる。

―――

日常がリズムに溢れるために、

日常に搦めとられ、

無意識にリズムを摂っていることに気付けず、

容易に裏を取られる。

そして取られたことにも気づけない。

タイミングを取るとは、

つまり取られること。

自然界の捕食者はリズムを取らない。

―――

禅にリズムはない。

ただ時間とともに身体があり続け、

気持ちが寄り添うだけ。

| | コメント (0)

今日は波乗り定休日・・・

2018年8月22日(水)
P1010265

連日の疲れのせいか、

朝起きられず寝坊。

風オン予報なので安心して・・・。

朝食後の様子を見に行くと、

胸くらいで風の影響はあるものの、

上手い人は結構走れてます。

ただ、この風では修行の様相なので本日はパス。

明日早朝狙いで今日は波乗り定休日・・・。

| | コメント (0)

もうあきません・・・

2018年8月21日(火)
P1010251

とにかく連日波がある。

疲れた!

しかし、

時間になると眼が覚めて、

気が付くと着替えて海に居る。

今朝もポイントを選んで入ると、

昨日と同じメンバーがチラホラ。

サイズ胸肩たまに頭。

気持ちのいいレフトに乗って、

戻ろうと流れに逆らうも負けた・・・。

結局乗ったのがレフトオンリーで、

一本乗るごとに西に西に移動して、

入ったところから随分離れたところで終了。

一時間半で結構乗れて大満足の朝。
P1010252

さて、

明日も明後日も、

そしてその次もありそうなので、

何処かでインターバルが・・・。

とは言いつつも、

再び着替えて海に。

一本乗れればもう十分、

と別のポイントに入ったものの、

一本乗ればもう一本、

更に取れれば次で終わりにしよう、

と思いながら二時間。

もうあきません・・・。

| | コメント (0)

もう一ラウンド・・・

2018年8月20日(月)
P1010244

連日の疲れがたまってる。

昨日は朝一に波乗りで、

引き続いて稽古で、

帰ってからもう一ラウンド。

夕食を摂って、

寝て、

起きてまた朝一波乗りサイズ胸。

引き続いて午前中の稽古。

さて、

もう一ラウンド・・・、

とはいかず午後は見物のみ。

うねりの方向のせいかワイドです。

疲労の「タメ」が無くなったら、

あすは再挑戦。

―――

About 太気拳

発力・発勁と言うと、

動作あるいは技術として、

前後左右に相手を飛ばすとか引き倒す、

そんなふうに理解しがちだが、

それは勁力の武術においての可能性を狭めてしまう。

発力・発勁は動作ではなく状態だ。

状態の中に宿る力を「動を内包する静」。

これは水を湛えたダム湖のようなもの。

外見は全く穏やかで静謐そのもの。

しかし、

水圧が全ての方向に向かうのは六面力と同じで、

重力と大気圧に押さえられた力がダムの外殻に阻まれての静。

ひとたびダムに亀裂が走れば奔流となって流れ出る。

―――

推手や組手においての同じ事で、

常に上下の力を基盤にして相手に圧力を加えつつ、

一種の平衡状態を作り上げ、

亀裂の出来た瞬間には勁力が迸る。

スポーツで言う「タメ」はない、

或いは逆に六面に「タメ」が常にある状態ともいえる。

| | コメント (0)

注文の多い朝・・

2018年8月19日(日)
P1010242

とにかく早起き!

いつものように熱いお茶を飲みながらうねりをチェック。

数字の上ではそれほど変化なし。

しかし、台風は既に北緯25度を超えて接近中。

波が無い筈はないだろうと、

イソイソと着替えて出発。

海岸到着するも思ったほどではなくサイズ腿からたま腰。

ここら辺で、

と入るが見た目以上に繋がって速い。

ロングも苦戦の中とる波無し。

超WIDE超DUMPER!!!!!

もう少しうねりが上がって、

もう少し潮が上げて・・・,


と注文の多い朝・・・。
P1010239

―――

About 太気拳

求めてるものは何だろう。

大事なことは何だろう。

それは本当の事だ。

本当の事ってのは、

人がどう思うとか、

どう評価されるとかではないはず。

―――

求めるものが人の評価で、

それが権威に依存するならば、

金で解決できる、

と考えるものも出る。

―――

本当の事に出会えるかどうか。

それが人の人生を変える。

少しでも近づければ、

近づいた分だけ深い満足が訪れる。

| | コメント (0)

期待・・・

2018年8月15日(水)
P1010225

今朝も南風。

太平洋高気圧がドンと居座って、

台風も本州に接近できず九州に。

昨日は南風に台風のうねりも加わって、

場所によってはサイズ腹胸。

今朝は風波オンリーで腿たま腰。

ポイントはお盆休みで激混み。

とても危険で

入る気がせず見学のみ。

さて、

今日は庭の草むしり・・・。

―――「

昼食後の暑い中、

30分だけと区切って草むしり。

今月一杯にきれいにして、

秋には芝生を植えよう!

と思いついての作業。

長袖長ズボンは良いけれど、

気が付くと顔をそこら中蚊に食われた。

最近は昔のように蚊に食われなくなった、

と思いきや、

やはり藪蚊は手強い。
P1010228

―――

さて、

気が付くとミッドウェー諸島付近に熱低発生で、

これがどうやら太平洋高気圧駆逐の模様。

ついでにグアム付近で低気圧発達模様。

さて、

お盆明けの来週に期待・・・。

| | コメント (0)

一ラウンド予定・・・

2018年8月14日(火)
P1010210

ほぼ無風あるいは弱オフ。

満潮直前の分厚い波ですが、

時には腹サイズの切れた波が入る。

慌てず騒がずのんびり待てばですが、

じっと待つのは大変です。
P1010218

しかしSUP、ロングもショートも行けてます。

連日波があったので、

混雑もそれほどではない。

今朝はお疲れモードなので、

朝食後に一ラウンド予定・・・。
P1010221

―――

About 太気拳

下半身は土台。

どんなに立派な大砲でも、

土台が緩んでいれば役に立たない。

腰の働き以前に不動を知り、

不動を動に移行する。


立禅で不動の力を探り、

練りで不動を動に移行する方法を学ぶ。

発勁・発力でも基本の土台は不動。

不動を不動たらじめるもの、

そして不動を動に移行せしめるもの。

この二つの由来は異なるが、

ひとつは身体の核であり、

もう一つは心の働き、

つまり意との接点でもある。

| | コメント (0)

呆れるばかり・・・

2018年8月13日(月)
P1010204

潮時と風が合わない。

うねりはあるんですがほぼ満潮。

分厚くて何処も割れない。

ようやく意を決して入るが、

なかなか取れない。

結局早朝から頑張って2本のみ。

まあ、こんな朝もある。

―――

About 太気拳

納戸の整理をして、

捨てるものは捨て、

入れ替えるものは入れ替える。

埃をかぶった額縁が出てきた。

以前の家では居間に飾っておいた練士状。

何処にしまったのか、

と思っていたのがこんな所にしまっておいたか。

―――

以前佐藤聖二氏が練士状を称して手形ですね、

と言っていたのを思い出す。

確かに澤井先生が振り出した支払期日不明の、

落とせるかどうか判らない手形。

落とせなければただの紙。

あるいは神宮の在籍証明位なもので、

別に何の資格証明でもない。

手形は落とせなければただの紙っぺら。

ただ在籍記録があっても意味はない。

落ちない手形や在籍証明を

自慢する輩の実に多い事よ・・・。

―――

もっとも、最近は先生の名を騙った振出人が勝手にでっち上げた

手形や在籍証明があるそうで、

これに関しては呆れるばかり・・・。

| | コメント (0)

今のうち・・・

2018年8月12日(日)
P1010202

まずは熱いお茶。

飲み干してからもう一杯なみなみと注ぎ、

そのままテーブルに置きっぱなし。

慌てずに着替えて海。

朝一は風がオフなので、

今のうち今のうち・・・。

勿論満潮で厚ぼったい波ですが、

たま~に来る腰波。

出てくるのが遅かったので時間制限ありだったんですが、

来る波が良かったので、

もう一本もう一本と、

思わず時間オーバー。

家に帰ると、

朝食に間に合わなかったので、

連れ合いから一言。

ここは下手に出て夫婦円満。

冷めたお茶が海上がりにうまい。
P1010199

―――

高校野球の始球式。

さんざん野球に専心したレジェンドの投球、

なかなかストライクが入らない。

思った通りに制球できない。

思うように力をコントロールするのは難しいんですね。

―――

勁力のコントロールが難しいのは、

制球と同じ。

繰り返し力の方向と強度を定める稽古をしないとならない。

その基本は立禅や練りでの指先の方向に力と気持ちを込めること。

この基本が出来ていないと、

何をするのもお話にならない。

力の方向、強度、働き幅と様々な要求がある。

ただ出せば良いってもんじゃあ無い。

| | コメント (0)

一杯・・・

2018年8月11日(土)
P1010196

稽古から帰って海岸偵察。

南風が吹いてますが、

サイズ腰くらいのが結構入ってます。

苦手な風波ですが、

今日は挑戦するか、

と急いで帰って着替え。

夕食前の一時間の波乗り。

稽古して波乗りして、

腹も減ったし、

まずは食前の一杯・・・。
P1010198


―――

About 太気拳

発勁、発力の基礎が練り。

練り自体が発勁の練習だが、

そう意識しなくても

身体全体の協調を得るだけでも初期的には十分。

何故なら身体の協調・調和は動きの流れを作り出し、

無理のない動きを紡ぎ出す。

そこに最初から力を求める必要はない。

動きに自然な流れを作る。

無理やり作り上げたものではなく、

あたかも水が流れるような自然な動き。

発力発勁は、

無理やり力を引き出すのではない。

例えれば、

下り坂で自転車のペダルを踏んで加速するようなものだ。

自然な流れの動きを勁力が後押しする。

決して無理やり力を出すのではない。

だから発勁の動作は至極当たり前に見える。

無理やり力を出そうとするのは、

上り坂でペダルを踏むようなもの。

| | コメント (0)

違う世界・・・

2018年8月10日(金)
P1010185

さて13号の次は14号。

その次もどうやら準備が出来てるようですが、

それはまだ先の事。

先の事より今日の事で、

南風がそこそこ強く吹いてジャンク気味ですが、

それでも多少は遊べてるようですね。
P1010193

―――

About 太気拳


海岸の散歩から遊歩道に入って、

チョコっと禅を組みながら、

力の経路を探る。

ああでもないこうでもない・・・。

昨日こうと思ったものが、

今日はまた違ってくる。

多分明日はまた違うものが見えてきたりする。

毎日同じ事を続けていながら、

まるで違う景色が見える。
P1010191

―――

同床異夢の言葉があるが、

同じように禅を組みながら、

眺めているのはまったく違う世界・・・。

| | コメント (0)

何処へやら・・・

2018年8月9日(木)
P1010180


P1010182

台風一過の朝。

まだたまにポツリポツリと雨粒が落ちてくるが、

西の伊豆の山々の上は青空。

日が昇るとともに、

裾野の雲が上昇気流で波のように湧き上がる。

伊豆の山頂から見ると、

多分雲海の彼方に湘南の海が見えるに違いない。

波も雲も自然の営みで壮大なもんですね。

朝の海岸は吹き続いた北風のお陰で全くのフラット。

昨日までのうねりは何処へやら・・・。

―――

ところがところが、

干潮を迎える頃からにわかにうねりが入り始めた。

北風に抑えられていた13号のうねりが、

最後のご奉公なのか、

瞬く間にサイズ腰から腹。

思ったほど南風も吹かず、

ぼよついた波ながらも結構遊べた2時間。

大した混雑もなく、

のびのびと出来ました。

さて、

明日も少しは遊べそうで、

週末から明けまで期待できそう。

| | コメント (0)

かなりワイド・・・

2018年8月8日(水)
P1010168

どうやら台風13号は関東直撃予報。

朝の海は潮が引いていてかなりワイド・・・。

北風がうねりを押さえてサイズは腹胸、

しかし、

たまにドカーンと大波。

昨日今日と少しばかり気弱。

今朝も静観の構え。

それよりも、

この具合では交通手段がおぼつかず、

場合によっては稽古も中止かな・・・。
P1010170

―――

About 太気拳

発勁に関しては、

相手に触れたところからの暗勁、

数センチ離れて寸勁、

もう少し距離をとれば明勁がある。

基本は相手に触れたところからの暗勁。

寸勁や明勁は距離がある分慣性力、

つまり勢いがつくので結果として力積が大きくなる。

しかし本来勁力は慣性力を必要としない。

だから暗勁が稽古の基本になる。

そう、

暗勁の基本を学び取る稽古法、

それが立禅てことですね。
P1010166


| | コメント (0)

嘘のよう・・・

2018年8月7日(火)
P1010150

台風13号がほぼ電車道でこちらに突進中。

本日は上級者オンリーの湘南で、

下手糞が入ると皆さんに迷惑を掛けそうなので、

こちらは暫く静観の趣。

ドーンと寄せるうねり、

ドッカ~ンと炸裂する波。

昨日が嘘のよう・・・。
P1010156

P1010163


P1010164


―――

About 太気拳

発勁では全身の協調が要求される。

しかし、

全身の協調は外部から見て、

全てが動く、

と言う事だけを意味するのではない。

動きよりも、

むしろ力を繋ぐ回路と考えた方が良い。

身体の中核の力が全身を率いるが、

例えば腕は不動、

或いは脚は不動、

時に腰が不動でも、

回路が繋がっていれば力は相手に透徹する。

気が滞る、

等と表現されるのは、

この回路が閉じた、

つまり繋がりが切れた状態をいう。

だから身体各部の何処かが抑えられ、

動きが抑制されても、

力は回路を通じて発揮される。

―――

例えば相手を捉えた腕が伸びきった状態、

そこからの発勁を工夫することで、

思ってもみない風景が見えてくるが、

実はこれが発勁の最も基本の形に繋がったりもする。

―――

工夫を重ねてたどり着いた処が、

実は基本そのもの。

様々な稽古を通じて、

改めて基本に戻る・・・。

| | コメント (0)

再挑戦・・・

2018年8月6日(月)
P1010147

クーラーの風がいい加減嫌になった。

少しでも自然の風に当たりたい、

次いでに海につかりたい。

と朝一に着替えて海岸。

まだうねりが届いていないのは判ってるんですが、

ただ海に身体を沈めてれば満足。

サイズは腿くらいのが入ってきますが、

ここぞとパドルしても取れない。

ロングも結構苦労してるようで、

結局超インサイドで膝波狙い。

そこそこ乗って今朝は満足。

これから午前中は稽古で、

ひょっとして午後にうねりが入れば、

再挑戦・・・。
P1010148


| | コメント (0)

暑さを楽しむ・・・

2018年8月5日(日)
P1010145

顔を合わせては、

明日届くかな?

いや明後日くらいからじゃないの?

でも、

コースがね・・・、

と皆さんそれぞれのご意見。

とは言え、

勿論今日はまだまだの日曜の朝。

南風しょぼつく腿サイズの波。

ベテランはこの波でもさすがの波乗り。

板は持たずに海水浴気分の朝。

暑さを楽しむ・・・。

| | コメント (0)

NG・・・

2018年8月4日(土)
P1010137

今朝は海岸の様子も見ずに、

板を積んで海。

なけりゃないで海水浴、

と思ってきたんですが、

すごい人出。

本日はホノルル市長杯と、

花火大会の場所取りの皆さん。

ポイントによってはパニックどころではなく、

まるでキッズの養殖池???

ちょっと離れて15分だけの波乗り。

それでも1本乗れたんで満足です。
P1010138

---

About 太気拳

太気拳は気と気分。

つまり稽古は全てその為にある。

稽古して気が出なければ、

太気拳をやったことにならない。

禅も練りもすべての稽古は、

気と発勁の稽古。

稽古で力を感じる、

試す、

検討する、

工夫する、

直す、

再び試す、

検討する、

工夫する、

直す・・・。

目的をしっかり把握する。

発勁に繋がらなければ、

全てはNG・・・。

| | コメント (0)

今後の推移は・・・

2018年8月3日(金)
P1010135

今朝も暑い、暑い、暑い。

海は満潮を前にして水が多いですが、

それでもなんとなくうねりっぽい。

ポイントを眺めながら散歩してると、

よく見かける方が今朝はお孫さんとご一緒。

いかにも夏休みですね。

―――

朝食後に板を持って海岸。

冷房の効いた部屋に居るのが嫌になって、

かと言って切る訳にもいかず、

単なる海水浴も物足りない。

と言う事で波乗りになる訳ですが、

それはこちらの都合で、

波はダラダラの膝から腿で、

たまに来る波に乗って立つのが精いっぱい。

結局皆さんとのおしゃべりがメインの一時間半。

それでも暑いからと、

すぐに海に行けるのは幸せ・・・。

―――

帰宅後のチェックすると熱低が台風13号に。

さて、

今後の推移は・・・。

―――
Souji

昼食後も獅子奮迅の働きで駐車場の壁の清掃。

と言っても、

ジャパネットで買ったケルヒャーの高圧洗浄機で水遊び。

見事に落ちるので、

ついつい階段まで。

充実した一日で後昼寝。

さて元気に稽古。

| | コメント (0)

2018年8月2日(木)
P1010129

また今日も暑い日になりそうです。

早朝はまだ水が多くてインサイド。

軽い子供と上手い人のみ、

チョロっと乗れてます。。

さて、

こちらは腹ごしらえしてから。
P1010134

―――

About 太気拳

意は形のよって導かれる。

意は何処からくるか。

例えば樹を抱くような「意」。

樹を抱くような感じ、

は単純に骨格筋の働きによってもたらされる。

複雑な骨格筋の緊張により、

神経が刺激され、

「あたかも~のような」感覚を得る。

―――

だから正しい骨格筋の緊張を引き出すためには、

形は正確でなければならない。

また、

外見的な形ではなく、

その形がどのような骨格関係、

力の方向によって引き出されたのか、

も重要な要素となる。

―――

形は外見に過ぎない。

しかし、

外見を象る骨格と筋、神経の繋がりは簡単には見えてこない。

それを自分に問いかけ続けることが出来るか否か。

気・勁力はその御褒美・・・。

| | コメント (0)

2018年8月1日(水)
P1010120

とにかく暑いので、

波があろうがなかろうが、

板を自転車に積んで出発。

サイズは膝から腿でダラダラ。

限られたポイントで、

今日初めてのビギナーから

常連の上級者までごった煮の様相。

ちょっと無法地帯の様相なので一時間で終了。

夏はこんな雰囲気・・・。
P1010124


| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »