« ひっそり・・・ | トップページ | 明日・・・ »

出来るのか・・・

2018年9月25日(火)
P1010377

うねりはほとんど無しで、

今朝は寝坊して海岸に行く気も起きません。

海岸に行くと、

昨日の運動会の代休で浜に来たキッズが

困ったように座り込んでました。

ここしばらく波の無い日々で、

その間に何をやっていたかと言うと庭の改造、

連日土工さんの真似事。

スコップに鍬で樹を抜いたり根を掘り起こしたり、

トンボで均したり・・・。

そこに防草紙を敷いてその上に人工芝。

一旦は本芝をと思ったものの、

草むしりや根起こしなんかを考えたら、

結局のところ手間のかからない人工芝に決定。
P1010372

―――

孫が出来たらここにプールを置いて水遊びでもさせる。

と思うんですが、

その予定は暫くなさそうなので、

まずは、

予行演習で秋のバーベキューで秋刀魚でも焼くか・・・。

―――

About 太気拳

驚力と弾力は動作ではなく、

弾性応力の転換に過ぎない。

その転換を太極拳その他の中国武術では、

震脚の稽古法で習得しようとする。

それを太気拳では立禅の中で求める。

以前震動の名前で映像にしたので、

そこから感じ取れればいいと思う。

最近思うのは、驚力・弾力と呼吸の関わり。

どちらも胸郭が広がり、

空気が自然に入り込んでくる。

驚力で吸い弾で吐いても良いし、

その逆でも何の違和感もない。

呼吸はあくまでも自然で身体の求めるままが一番良い。

しかし、

実際に相手を弾き飛ばす際は、

吸うでもなく吐くでもない。

言ってみれば吸いながら吐く要領で、

それを形にすると試声になるし、

澤井先生の「気を入れる」になる。

呼吸から視線に至るまで、

先人の教えは実に深い。

何処まで迫ることが出来るのか・・・。

|

« ひっそり・・・ | トップページ | 明日・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひっそり・・・ | トップページ | 明日・・・ »