« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

知的な冒険・・・

2018年11月14日(水)
Img_0108

昨夜は稽古帰りに雨に降られた。

この雨で波が上がれば濡れても上等。

そう思って少し期待して起きた朝。

残念ながら波ほぼ無し。

ロングとSUPのみのインサイドブレイク。

好天につき、

海に浸かるだけでもいいか、

とは思うものの、

いま一つ気が乗らず・・・。
Img_0109

―――

About 太気拳

様々な拳の種類はあるが、

目指すものは皆同じもの、

とは姚宗勲師の言葉。

静から始まる意拳や太気拳、

それに引き換え、

激しい動きが特長の南派もある。

その何処が同じで、

何処が異なるのか。

―――

それは展開と収斂の違いだ。

静と動と言う相反するもの。

それは同じものの展開と収斂の違い。

意拳・太気拳は静中で求めた全身の統一、

これを様々な激しい動に展開する。

そしてもう一方は激しい動の中で積み上げたものを収斂して

全身の統一に至る。

静からの展開と動からの収斂。

これは単なる鍛錬ではなく、

知的な冒険・・・。

| | コメント (0)

眼に神がある・・・

2018年11月13日(火)
Img_0104

夜中に降ったので、

ひょっとしたら波があるかも。

そう皆さんも思ったようで、

海岸には偵察の皆さん続々登場。

しかし、

思惑に反してサイズ膝からたま~に腿。

こんな朝はスポンジボードの天下です。

最近は結構うまい人も乗ってるんで、

今年の冬はちょっと考えてみようかな。
Img_0096

―――

About 太気拳

禅を組む時の最初の要求。

第六感も含めて視覚聴覚その他の感覚を研ぎ澄ます。

感覚を研ぎ澄ますの意味は、

外部に対して感覚を開くことだ。

外部からの刺激に対して鋭敏になる、

つまり入力の鋭敏さがまず最初の要求。

簡単に言えば、

入力が無ければ出力もない。

だから出力の前に入力の訓練。

ああするこうする、

の訓練は出力の繰り返し。

入力のないところでの出力訓練は意味を持たない。

だから入力が最初の要求となる。

―――

眼に神がある・・・、

と言う表現があるが、

ここでいう神とは、

入力の質を意味する。

| | コメント (0)

頃合い・・・

2018年11月12日(月)
Img_0089

霧のような細かい雨が、

降っているような

雨粒が空気中に浮いているような

はっきりしない空模様。

そんな中朝一組みは今朝もまた。

うねりは小さいけれども、

これから上がりそうな気配。

朝の稽古が終わった頃がちょうど干潮。

腹ごしらえすればちょうど頃合い・・・。
Img_0009


| | コメント (0)

半押し・・・

2018年11月9日(金)
Img_0086

朝からしょぼつく雨で散歩は中止。

そのせいか朝食後も眠気が覚めない。

どうやら雨がありそうなので家を出て海岸まで。

曇天無風波無し。

大潮周りのせいか釣り人多数。

サーファーはたった一人で

辛うじての膝波にトライ。
Img_0085

―――

About 太気拳

推手で最初の要求は、

相手の力量の在りかを探ること。

相手の力の量と質がどの方向に向かっているのかを接点から知り、

それに呼応すること。

これは中国拳法では聴勁、

つまり相手の力を聴くことです。

感じ取って呼応する。

その上で、

単に呼応するのみではなく、

発勁の準備を整える。

あくまで準備です。

呼応しながら発勁の準備を連綿と続けていく。

これが推手の最も大事な部分。

敢えて発勁などする必要はない。

つまり呼応と準備の連続、

例えれば銃身で照準を定め、

引き金に指をかけたロックオン状態。

カメラなら被写体にピントを合わせて、

シャッター半押し・・・。

この連続が最も大事で、

発勁は単なる結果に過ぎない。

| | コメント (0)

読解力・・・

2018年11月8日(木)
Img_0081

インディアン・サマー、小春日和。

いつもより海岸散歩で遠出。

波が無いので、

いつもの皆さんもジョギングしたりウォーキング。

すれ違うたびに「次は何時かね~」のご挨拶。

しばらく歩くと背中に汗が噴き出る。

陽射しを避けて防砂林に入ると、

結構いろんな花が咲いてる。

名前も知らない花、

をちょっと摘んで居間に飾るか。

秋風や むしりたがりし 赤い花

さて、この解釈は・・・。
Img_0083

―――

About 太気拳

拳の稽古法は人が意図的に作り出したもの。

つまり、

ただ身体を動かしたりポーズをとっているのではなく、

目的を持って作り出したものだ。

その意味では、

巷にあふれる小説や詩などと全く同じ。

其々の作者が表現したいものを明確に持って作り上げる。

しかし、小説や詩は作者がどのような意図で作品を書こうと、

その手を離れてしまえば、

読者のものになり、

読み方解釈の仕方は千差万別。

どう読もうが勝手だ。

10人の読者が居れば10の解釈がある。

その違いは性格、好み、読解力の違いで

それぞれが試されてるようなものだ。

―――

これは稽古も同じ。

先人が意図的に作り出した稽古法。

そこから何を読み取るのかは各人の自由だ。

しかし、

読書と違うのは目的が明確なことだ。

読み間違うと目的が達成できない。

試されるのは読解力・・・。

| | コメント (0)

キー・ワード・・・

2018年11月7日(水)
Img_0076

実に静かな海です。

波打ち際で脛サイズ。

薄曇りで少しばかり肌寒い北風。

流石に海に浮かんでる人はいません。

週末まではこんな感じでしょうか。

日本海側の低気圧のお陰で、

土曜日辺りは少し出来そうな気配。

ほんとは平日に来て欲しい。

―――

About 太気拳

形は仮のもので、

それを形作るもの、

つまり形を象るものに行きつくために形がある。

―――

形を繰り返すことで、

動きがスムーズになり、

身体の連携が整う。

これが普通の稽古だ。

しかし、

形によって求めるものは、

それを象るもの。

では、

象るものとは何か。

答えは簡単で澤井先生の言葉を借りれば「気」だし、

意拳で言えば「渾元力」。

その他「整勁」とか「円勁」とも言う。

だから形の向こうにあるものを求めるために形がある。

その為には何が求められるか。

それは想像力だ。

何ものにも惑わされない、

柔軟で創造的な心の働き。

―――

自分に無いものを求める時、

従来の方法や経験は意味を持たない。

そう気付くことが出来るかどうか。

―――

従来の方法とは、

明証的な理解を意味するが、

拳において「意」は「生理」を引き出すツール。

つまり拳は生理。

だからこそ「驚」がキー・ワード・・・。

| | コメント (0)

ひょっとして・・・

2018年11月6日(火)
Img_0075

昨日の波は昨日で終わり。

海から上がってきたローカルさんが一言、

「厳しい~」。

でも、何となくうねってる感じなので、

潮が引けばひょっとして・・・。
Img_0073


| | コメント (0)

本物に限る・・・

2018年11月5日(月)
Img_0034

昨夜は兄妹、そして甥や姪が集まって、

母を囲んでプチ宴会。

秋刀魚の刺身に煮物、

勿論塩焼きも含めての秋刀魚尽くし。

秋の恵みを十分堪能。

眠い目をこすって海岸に出ると、

サイズ腿から腰たまに腹で皆さんヒート。

前線通過のお陰ですね。
Img_0035

―――

About 太気拳

太気拳の名前には誇りを持っている。

同じように澤井健一の弟子であった事にも誇りがある。

しかし、

だからと言って、

他の拳を否定する気持ちは全くない。

拳の名前に本質を表すのは意拳だけではない。

太極の名にも、

あるいは通背の名にも本質が込められている。

勿論日本の武術にも。

拳の本質はひとつだ。

名前が変わろうと、

人が変わろうと、

ひとつはひとつ。

ただし本物に限る・・・。

| | コメント (0)

時当番・・・

2018年11月4日(日)
Img_0021

雲間からほんの少しだけ御日様。

流石に秋が深まってきて、

手袋が欲しくなるくらい。

もうそろそろブーツを出して、

ウエットも冬支度の準備。

ワックスだって塗り替える時期。

店頭には気の早いサンタクロース。

一年は速い・・・。
Img_0019

―――

About 太気拳

一年が過ぎるのがあっという間、

と言う事は一生が過ぎ去るのも速い。

拳に志を立てて達することが出来なければ悲しい。

少しでも早く!

―――

稽古に形がある。

しかし形は枝葉に過ぎない。

しかし、

枝葉を正確に掴み、

それを辿って幹や根に迫るしか方法がない。

だから形には拘る。

―――

大事なのは、

葉を辿り枝につかまり、

枝から幹に迫り、

幹から根に至るだけでは道の半分でしかない、

と知ることだ。

根に至ったところから、

再び稽古が始まる。

根から幹に、

幹から枝そして葉に遡行して初めて拳になる。

末端から中心に、

そして中心から末端に。

先人の残した道。

―――

時当番・・・、

そんな言葉があるそうだ。

受け継いだ海山や田畑を守り、

次に繋げていく。

拳だって同じこと。

たまたま自分がこの時代の当番になったに過ぎない。

ここで途絶えさせる訳にはいかない。

次代の当番は・・・。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ