« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

勝因はヒンソンかな・・・

2019年2月27日(水)
Img_0100

今朝も湘南は東うねり・・・。

昨日に引き続いて超速波。

上手い人でもテイクオフからちょこっと走って掴まる。

それでもたま~に抜ける上級者。

昨日は殆ど乗れなかったので、

ポイントを変えて再チャレンジ。

速いのは同じですが、


それでも辛うじて数本走れて大満足。

勝因はヒンソンかな・・・。
Img_0105


| | コメント (0)

速すぎ!!!

2019年2月26日(火)
Img_0094

低気圧通過の名残りの波。

サイズ腿からたま腰ですが、

速い!速すぎ!!!

とてもじゃないが太刀打ちできない。

このままでは小さなバンジージャンプみたいなもん。

さて、これから満潮を迎えて、

なんとかもうちょっとメローになりませんかね~。


Img_0072

Img_0075

| | コメント (0)

工夫と経験・・・

2019年2月25日(月)
Img_0071

風が変われば海に行く。

そう思って稽古帰りに海岸を偵察するが、

南風は変わらず。

空は曇っているが、

西にそびえる富士山はくっきり。

なかなかいい波に当たらない・・・。

―――

About 太気拳

ちょっとしたことが指導の方法の発見につながる。

かなり面白い。

通常は感じ取れないもの、

可視化できないもの、

現れては消え、

次の瞬間には消えていくもの。

そんなものを伝えようと苦労するが、

その苦労が自分をも成長させる。

大昔澤井先生に言われたことが有る。

「教えるのもいい勉強になる」。

最近になって「なるほど・・・」

―――

大事なのは反応と選択。

その為には準備が居る。

どのように反応して何を選択するか。

その為の準備は何処で行うか。

―――

反応するためにはまず神経回路の整備が求められる。

何故なら通常の反応とは異なる部分で反応を起こすからだ。

異なる部分で反応するから選択も異なる部分で起きる。

反応と選択を普通と違う部分で起こす為には、

心の準備が要求される。

準備があって、

反応と選択が滞りなくおこなわれる。

―――

通常と異なる運動形式。

つまり反応の形式、選択の形式、準備の形式の転換。

―――

教えたいことは10年前と変わらない。

変わったのは教え方。

稽古内容にも工夫と経験・・・。

| | コメント (0)

反省・・・

2019年2月21日(木)
Img_0080

昨日に引き続き多少は波がある。

早朝の偵察抜きで朝食後に海に到着。

うねりは結構あるようなので、

今朝は6.4fをチョイスしてみたんですが外れ。

しまった、厚い板の方が良かった。

ワイドで速くて走れない。

勿論上手い人はそこそこ走ってますが、

あくまでそこそこ・・・。

ま、御日様も途中から顔を出してくれたんで、

気持ちのいい時間が過ごせました。
Img_0083

―――

About太気拳

色々稽古に工夫をして、

自分の中で起きていることを伝えようとする。

こうすれば良いんじゃないか、

と考え込む。

そうか、こうすれば伝わる。

そんな工夫をして、

これが出来るようになればお役御免だな、

くらいに思ったりする。

ところがやっぱりそう簡単にはいかない。

同じ事をやっても、

同じことを感じるとは限らないし、

同じことを考えるとは限らない。

ああしてこうしてそうやって、

結局のところ、

自分で自分を育てるしかないんですね。

と、たまに癇癪を起す自分を反省・・・。

| | コメント (0)

応じるか・・・

2019年2月20日(水)
Img_0076

今朝は波があるのは鉄板予想。

布団の中でうねりをチェックして、

朝食を摂りながら再び三度と欠かさぬチェック。

イザ鎌倉ならぬイザラチエン。

サイズ腹からたま胸で結構いい形。

空いてるところを選んで数本乗って、

インを見ると大混雑。

ノー・ブーツでも寒さを感じない今日はラッキー・ディ。

天気は良いし波も良いし、

久しぶりに気分爽快・・・。

―――

About 太気拳

何が違うのか、

と考えていきあたったのが肩。

組手にしても推手にしても、

腕が死んでいる。

肘が死んで、

肩が死んで、

背が死んで、

結局手先足先。

何とか打開に糸口を昨日の稽古でつかんで、

さて、

皆がどう応じるか・・・。

| | コメント (0)

桜が足りない・・・

2019年2月19日(火)
Img_0074

うねりは20㎝台で、

それでも海に浮かんでるサーファーが居ますが、

勿論出来る訳もなく、

寒空の下沖を見ながら多分ため息・・・。

明日だよね明日!

と散歩中に会った先輩と言いかわす。

明日は天気も良いしそろそろ暖かくなるし、

もう少しで春・・・。

春と言えば梅の花。

庭には芙蓉、つつじ、もみじ、紫陽花、柘植、椿、八ツ手、

そして松、加えていつの間にかお隣の塀越しに迷い込んだ竹。

松竹で後は梅があれば松竹梅で完成、

そう連れ合いに言われて昨日買い込んだ梅の苗。

こっちが生きてるうちにどこまで成長するやら楽しみ。

後は桜が足りない・・・。
Img_0075

―――

About 太気拳

人は見えないものはない事にする。

無いから見えないのではなく、

見えないから無い事にする。

在るけど見えないから無い。

そう言う者に、

今見えなくても有るんだよ、

と信じろと言うのは無理なこと。

だから、

見えないものを見えるようにする訓練をする。

見えて初めて有ることに気付く。

そうすると、

なぜ皆見えないか不思議になる。

そう言うもんなんだ・・・。

| | コメント (0)

入ろ・・・

2019年2月17日(日)
Img_0077

今朝も波がある。

稽古前のチェックでいつものポイントは腰腹。

結構いい形の三角波。

場所によっては胸サイズ。

気持ちよく乗ってる人もいれば、

吹っ飛ばされるサーファーも。

午後に残ってれば海に入ろ・・・。

Img_0073

―――

About太気拳

渾元力の源は六面力。

つまり矛盾する三つの力、

つまり上下前後そして加えて左右であり、

この左右は時に開合となる。

これらを単純にピースと考えれば、

それらのピースの順列組み合わせで拳の力が実現される。

例えば前方発力は上前合、

あるいは後方発力は下後開・・・。

側方であればこれに左右が加わる。

だから六面力が基礎で出発点・・・。


| | コメント (0)

気が出てナンボ・・・

2019年2月12日(火)
Img_0045

低気圧通過でうねりは上がってるんですが、

満潮で割れない。

波乗りが出来るのは限られたポイントのみ。

情報に半信半疑で着替えて海に。

10日ぶりの波乗り!!!

入った当座は腿サイズの三角の良い波がたまに入る。

ところが徐々にサイズダウン一時間で終了。

冷たいのを我慢しながらノー・ブーツ。

引っ掛けるよりは我慢したほうが良いの結論。

所謂年寄りの冷や水・・・。
Img_0041

―――

About太気拳

情報処理とは、

取得した情報を解析抽出して加工、

別の形あるいは意味合いを持つものに変化させることらしい。

そう言う意味では、

人の精神活動と同じだ。

つまり稽古同じ。

異なるのは情報が外にあるのではなく、

稽古によって自分の中に生成するところから始まる事だ。

形を見て真似をする。

これは生の情報に過ぎないが、

これを繰り返すことで内的な情報に変化させる。

この情報を解析変化させて別のものに転化させる。

これが結果的に低次の形から、

渾元力を備えた高次の形になる。

だから情報の多寡によって生み出すものが違ってくるし、

教えられるものと教えられないものがあるのもここに由来する。

ここら辺は波乗りと同じで、

いくら教えられても結局のところ、

波に揉まれて海を知らない事には始まらないし、

経験を抽出加工変形して次に生かすのは個々のセンス。

解析抽出加工展開・・・。

―――

姚宗勲師が拳の目的は渾元力と言い、

澤井先生は気と気分と言う。

ぶっちゃけた話、

拳は気が出てナンボ・・・。

| | コメント (0)

空戻り・・・

2019年2月8日(金)
Img_0038

南風が夜半に変わって北。

結構強く吹いてるようですが、

早いうちなら波乗りが出来るんじゃないか。

そう思って朝食後に着替えて海に。

しまった!外した!

北風が強過ぎて全くなし。

ロングが数人入ってますが、

インサイドの膝。

殆どフィンを壊す波乗り。

ここ数年覚えがなかったんですが、

久しぶりの空戻り・・・。

| | コメント (0)

拳の本質だから・・・

2019年2月5日(火)
Img_0017

昨日の春陽気から一転の朝。

朝食直前に眼が覚めて、

眠い目をこすりながら波情報チェック。

この寒さに体がすくんで気力が出ず散歩のみ。

まだうねりは少しばかり残っていて、

所によっては腿たま~に腰。

波乗りの写真を撮ろうと構えるも、

手がかじかんで波が来るまで待てずに放棄。

何となく気持ちが引きこもりがち。
Img_0030

―――

About 太気拳

稽古にはすべて形がある。

打拳には打拳の形がある。

形は目的によって異なる。

前の敵を打つ形、

或いは横にいる敵を打つ形、

また後ろの敵を打つ形。

目的に依って形は異なるから、

目的別に稽古する。

しかし、

それで自己完結してしまっては、

拳を俯瞰することはできない。

前を打つも横を打つも、

そして後ろを打つも総ては同じだ。

何故なら上下前後左右の矛盾を統一する、

それが拳の本質だから・・・。

| | コメント (0)

仕事は・・・

2019年2月1日(金)
Img_0014

健康な毎日を送る。

なんといってもこれが一番ですね。

夜更かししないで睡眠を十分とる。

食べるものは偏らずにまんべんなく。

休む時は十分休んで、

遊ぶ時は心置きなく遊ぶ。

仕事は・・・、

よく判らない。

―――

昨夜は朝方まで本を読んで、

起き出したのはいつもと同じ。

朝食時も頭は半分寝てる。

にも拘らずに波がある。

なら行かなきゃしょうがないですね、

と着替えて海に。
Img_0007

エントリーした時はサイズ腰腹。

それが徐々に上がって腹胸で超速ッ波。

こんな波は若くて体重が軽い連中専用。

それでも久しぶりのサイズアップ波で楽しい二時間でした。

勿論昼食後はバタンキュウー。

気を失って、

気が付いたら陽も傾きかけてました。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »