« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

歩法の入口・・・

2019年4月30日(火)
Img_0028
今日は朝から雨。
庭のツツジは雨に濡れた方がつややかですがね。
稽古はゴールデンウィークに縁はないものの、
晴れた方が気分は良い。
と言っても、
こちらは毎日がゴールデンウィーク。
世間様の休日は海が混んでかないません。
早く終わらないかな、
なんて思ってますが。
波乗りに関しては、
今日は南風で徐々にうねりが上がってるようですが、
苦手なオンショアなのでパス。
Img_0029
―――
About 太気拳
引き続いて歩法関連。
通常歩行の目的は最小限の力をもって、
より遠くまで移動すること。
何でも動物の中では一日の移動距離は
一番長いんだそうだ。
だから省エネが第一の目的になる。
10キロを歩いても消費カロリーは
精々の所300キロカロリー程度、
つまり御飯一膳程度。
消費カロリーが少ないと言う事は、
疲れない、
つまり力は殆ど使わないで済んでいる訳だ。
―――
これに対して拳に於いて歩法の目的は、
省エネはともかく、
素早く力強く変化に富むこと。
つまり目的が全く異なる。
移動法として歩行と歩法は対極にあると言って良い。
一致するのは省エネが望ましい事くらいだ。
歩法を論ずるのに、
歩行を前提にしてはならない。
歩行をいくら研究しても歩法には繋がらない。
むしろ歩行は歩法にとって否定すべきものとしてある。
その否定の材料は全て立禅の中に詰まっている。
つまり歩行の前提になる起立の方法、
それを変えていくことで歩法に転換する。
立禅とは起立方法を根本から変化させることであり、
立禅の要求事項が多岐にわたるのは
歩行に慣れ切った身体を転換させるためのものだ。
歩法における位置エネルギーの扱い、
推力そして方向転換の求め方、
接地面の確保法は歩行とは全く異なり、
それは立禅に限らずすべての椿法に共通する。
歩行からの脱却が歩法の入口・・・。

| | コメント (0)

拳の目的・・・

2019年4月28日(日)
Img_0023_2
さわやかな朝です。
風もほぼ無風で暖かい陽ざし。
昨日の雨と寒さが嘘のような日。
遠くの富士の山脈がくっきりで気持ちが良い。
残念ながら波はありませんが、
釣りをしていた先輩の手にマゴチ。
今夜はこれで一杯ですね・・・。
Img_0025
―――
About 太気拳

さて、今日は平成最後の基礎講座ですが、
課題は歩法。
拳の歩法は通常の歩行とはまるで異なる。
通常の歩行と異なるから歩「法」。
目的が違えばやり方が変わるのは当たり前。
つまり歩行とは全く異なる意味合いを持つのが歩法。
歩行の目的と拳に於いての歩法の目指すモノ、
その違いを頭に入れていきましょう。
殆どの人が歩行を基礎にしているので、
それでは何時まで経っても(立っても)普通のまま。
普通じゃなくなるのが拳の目的・・・。

| | コメント (0)

単に元気でいるだけではなく・・・

2019年4月25日(木)
Img_0001_3
雨上がりの朝。
勿論今朝は偵察なしで出発。
思ったほどうねりは上がっていなかったが、
それでもサイズ腿腰たまに腹。
勇躍海に飛び込んで潮水で顔を洗う。
初夏を思わせる気温ですが、
まだまだ水は冷たい。
それでもフルを脱いでロンジョンジャケットで軽装感。
気分も軽くジャンジャン乗って、
ともいかず相変わらず速い波で、
そろそろ地形が決まらんかな~、
と二時間遊んでそれでも満足満足。
連休前に出来て良かった。
Img_0009_2
―――
速いのは波だけではなく、
月日の経つのもそれ以上に速い。
あと十年経つと
神宮で初めて出会った頃の澤井先生とほぼ同じ年になる。
先生が三十歳を過ぎたばかりの自分に与えた衝撃を、
やはり同じように若者に与えられるようになっているだろうか。
単に元気でいるだけではなく・・・。

| | コメント (0)

うらら・・・

2019年4月23日(火)
Img_0022_1
べた凪。
油を流したようにさざ波もなく、
沖の釣り船も置物のように見えて、
揺れている気配なし。
まるで湖のように静かな朝の海。
9時過ぎの一番人の少ない時間。
しばらく歩いていると汗ばんでくる。
春うらら・・・。
Img_0016_1
―――
About 太気拳
30年も昔の話。
人に教えるのはとても勉強になる。
だから機会が有ったら教えなさい。
そう澤井先生に言われた。
その言葉をつくづく思いだす。
Img_0020_1
―――
教えたいことは形でも動き方でも、
やり方や方法でもない。
稽古を続けてきた中で、
自分自身の中に育んできたもの。
言葉にも殆ど形にもならないもの。
ただ続けるだけではなかなか見つけ出せないもの。
それを自分なりに整理して、
弟子たちと共有できるものに落とし込んでいく。
そうすることで、
そのものでは無いが近似値を伝える。
あくまで近似値に過ぎないから、
そこからそのものに到達するかどうかは本人の努力しかない。
しかし、
その近似値を探る過程で、
拳に対する理解が深まったのも事実。
そうか、
教えるのも勉強になるとはこういう事か、
そう思えるようになった。
ともすると独りよがりで、
どうせ判りはしないだろう、
と独断に陥りがちなのを救ってくれたのは、
実は弟子だったか・・・。

と言う事は、
澤井先生も我々に教えながら整理してたんだろうか。

| | コメント (0)

夏が待ち遠しい・・・

2019年4月21日(日)
Img_0010 うららかな春の陽射し。


 


カヌーやSUPものんびりムード。


 


今が一番いい季節、


 


と言いつつ実は夏が待ち遠しい・・・。
Img_0009_1 ―――


 


About 太気拳


 


人の動きは物理法則に基づくべきだ。


 


合理的な動きは物理法則に則る。


 


しかし、


 


実際はどうだろうか、


 


一体どんな法則に基づいて動いているのか、


 


を考えてみる事も大事だ。


 


色々な拳で似たような動きがあるのは、


 


根本には法則があるからだ。


 


剛体の動きは並進と回転だ。


 


面積速度一定の法則は、


 


攻守変化の要。


 


回転運動の変化は楕円に由来する。


 

なんといってもコスパが良い。

| | コメント (0)

シャバシャバ・・・

2019年4月19日(金)
Img_0008
何故かうねりがある。

理由はともかく波があれば海に入る。

で、入ってはみたけれど、

薄っぺらでシャバシャバ・・・。

おまけにワイドで乗ってお終い。

まあ、昨日に引き続き二日連続は久しぶり。

満足って事にしておきましょう。
Img_0006
―――

About太気拳

歩法で足裏は地面と水平を保つ。

これは古来剣でも言われていることで、

基本だ。

しかし、これは形を言っているに過ぎない。

何故足裏が水平になるか。

これはなるべくしてなるもので、

必然の結果だ。

なるべくしてなる。

ならないのは必然を必然たらしめるものが無いに過ぎない。

形は目的ではなく結果だ。

結果を以って原因を探るために形は厳密に守るべきものだ。

| | コメント (0)

出ない・・・

2019年4月15日(月)
Img_0003_1
稽古前に海を覗くと思った通りにうねりあり。

サイズ胸肩たまに頭。

今のところは修行モードかな・・・、

と安心して稽古。
Img_0001_2
―――

海に入るのはあの世に行くのとおんなじ。

浜はこの世・・・。

浜から見てるだけなら海もこの世。

ところが一旦海に入って海から見ると、

あの世からこの世を見る思い。

海と浜。

あの世とこの世の違い、

別の世界。

―――

About 太気拳

稽古をすると言う事は、

どうしたらあちら側に行けるか、

その道を見つけることだ。

もしその道を見つけて少しでもあちら側、

つまりあの世に行ったら戻らない。

稽古時間は精々のところ二時間半から三時間。

その間は一瞬もこの世に戻らない。

禅を組む、

これがまずは入り口で、

一度入ったら出ない。

禅を組んで次の稽古に移る時も戻らない。

練っても推手しても、

そして一息入れている時も戻らない。

用を足しに行ってもあの世から戻らない。

稽古が終わってこの世に戻る、

勿論戻らなくても、

行ったきりでも構わない。

勁を知るとはもう一つの世界を知ることで、

新しい世界を知ったら、

そこから出ない・・・。

| | コメント (0)

もちろん武術であれ・・・

2019年4月14日(日)
Img_0044
About 太気拳

世界には四つの力がある。

引力、電磁気力、大きい力に小さな力。

世界のどんな存在も四つの力から逃れる事は出来ない。

この四つの中の先の二つを乗り越えるのが全ての運動の課題になる。

スポーツであれ、ダンスであれ、もちろん武術であれ・・・。

引力は位置エネルギーを生み、

電磁気力は摩擦を生む。

要するに重さと抵抗だ。

重さとは位置エネルギーであり、

抵抗とはその位置エネルギーの移動に関わる。

位置エネルギー、重さは諸刃の剣、

そして摩擦力、抵抗力もしかりだ。

この二つの力とどう付き合うのか、

が鍵になる。

これに関する考察が無ければ、

拳の理は成り立たない。

| | コメント (0)

疲れが抜けん・・・

2019年4月12日(金)
Img_0035
朝起きて気が付いたのが筋肉痛。

昨日は10日ぶりの波乗りで、

使っていなかったパドル筋が音を上げた。

海岸偵察ではサイズダウンで腿腰。

昨日に引き続いて速い波。

満潮ならもうちょっとましか、

筋肉痛に負けてたまるか。

と時間を見て挑戦。
Img_0040
サイズダウンですがちょこっと走れて満足。

しかし、

肩がだるい、重い、

疲れが抜けん・・・。

| | コメント (0)

速い!!!

2019年4月11日(木)
Img_0031
昨日とはうって変わって快晴。

結構北風が強く吹いてますが、

うねりは十分の情報。

今朝は偵察なしで出発。

ポイント到着でサイズ胸。

気持ちよく筋張ったうねりが入ってきます。

しかし速い!!!

まあ、なんとか行けるか、

と気負って入ったものの速すぎ。

直前まで切れ目に見えたのが、

乗った途端に巻き上げられて何にも出来ず。

数本取れたには取れましたが、

走るには程遠い波乗り。

今日の所は10代にお任せですね。

若さには敵わない。
Img_0023_1

| | コメント (0)

嘘に近い・・・

2019年4月9日(火)
Img_0001_1
もう四月も前半終了にも拘らず寒い・・・。

お日様が高くなり、

陽射しは暖かくなるが空気は冷たいまま。

今年は水温も冷たいよね、

と口々。

今朝は北風で波はほぼ無し。

さて、

今日は引き続いての日曜大工。

新設したエアコン室外機のルーバー作り。
Img_0019
―――

About 太気拳

順力逆行の例ですが、

自動車は何故走るのか。

これは順力逆行だからです。

自動車が走るのはエンジンがタイヤを回すからだ、

は答えのようで答えではない。

答えは路面が動かないからだ。

順力逆行とはこういう事を言う。

―――

ただし、例はあくまで例に過ぎない。

ちょうど電流や電圧を水の流れに例えるのと同じだ。

例えとしては判りやすいかもしれないが、

まさか電気が水のように流れる訳がない。

つまり、

判りやすいが、

結局のところ嘘に近い・・・。

| | コメント (0)

発熱・・・

2019年4月7日(日)
Img_0020
どうも具合が悪い。

風が吹くと頭皮が痺れる。

熱っぽい、腰と背が痛い。

測ってみると熱がある。

と言っても、

普通の人には平熱の範囲内の36.4°。

自慢では無いが熱に弱い。

自分にとっては十分に発熱・・・。

昨日波があるのに海に入る気がしなかったのは、

この熱のせいに違いない。

と、風は寝薬で早寝すること10時間。

起き上がって寝汗で湿った下着を替えると元気回復。

今日は元気で行けそうです。

―――
Img_0022
まずは海岸散歩。

昨日の波は無くなって、

インサイドの膝。

ま、次回は木曜日かな。

About 太気拳

動静互根。

動と静が同じ根を持つ。

と言う事は、

動と静は可逆的か?

と言うとそうでもない感じがする。

可逆的とは逆戻りが出来る事だが、

逆戻りとは行けるけれども帰ることもできる状態。

2点間は離れているけれども往復、

或いは蒸し返して結論を変転させることが出来ると言う事だ。

しかし、

ここに於いての互根とは同じものの2つの見え方だ。

―――

静が基本になるのは、

そこで初めて身体が整うからで、

静で整え、

整えたまんま動けばいいだけだ。

だからとても簡単だ。

常識に囚われない自由な心があれば・・・。

| | コメント (0)

置き換えろ・・・

2019年4月6日(土)
Img_0001
昨夜の大風。
波があるのは鉄板予想で、
朝一からポイントは大混雑。
ここの所疲れが溜まっているので、
今朝はちょっとお休みで見学のみ。
満潮で分厚いのでなかなか走れませんが、
それでも上手い人はたま~に走ってます。
Img_0012
―――
帰ってから庭の水撒き。
先日頂いた桜の枝を挿し木したらどうなるか、
と毎日の水やりも楽しみ。
ふと脇を見ると、
今まで枯れ枝にしか見えなかった紫陽花が、
緑豊かな葉が茂り始めている。
桜が散り始めて、
次の準備が整いつつある・・・。
―――

About 太気拳
基本的に稽古の内容は個人の閃きに掛かっている。
「意」を用いるとはこういう事だ。
本を読むにしても、
話をするのしても、
表面の理解だけではなく、
そこの隠れた意図を探れるかどうかは、
個人の洞察力と閃きに掛かっている。
―――
筋トレのように生理的な反応に頼る稽古は、
洞察も閃きも意味はない。
しかし、
今自分に無いものを生み出すのが拳の目的なら、
求められるのは洞察と閃き。
―――
しかし、
最近はそんな悠長なことも言ってられないから、
才能が無ければ、
洞察と閃きを愚直に置き換えろ・・・。

| | コメント (0)

終われば終わる・・・

2019年4月5日(金)
Img_0049
なんだかんだ言っても、

春が来た・・・。

波は風の膝たま腿ですが、

上手い人は走ってますが、

こんな日に入ると貧しい自信が、

もっと寂しくなるので、

今日は日曜大工ですね。
Img_0051
About 太気拳

スケーターは靴を脱ぐまでスケーターだ。

或いは、

氷から降り靴を脱いでもスケーターで居られる。

ダンサーもレッスン場ではダンサーで、

稽古が終わってシューズを脱いでもダンサーで居ることが出来る。

翻って武術を学ぶものはどうだろう。

稽古の時だけ武術だの拳だの騒いでも、

それが技だの動きだのだったら、

終われば終わる・・・。

スケーターで居ること、

ダンサーで居ること、

武術家で居ること。

どのように居るのが武術家であるか。

基本とは、

どのように居るのか、

を明確にすることだ。

| | コメント (0)

日向ぼっこ・・・

2019年4月2日(火)
Img_0023
陽射しが高くなってから、

急に気温が上がって汗ばむくらい。

波がほとんど無いので、

ちょっと遠くまで足を延ばして、

海水浴場、漁港、西浜まで。

カモメものんびりと日向ぼっこ・・・。

帰りに出会ったお兄さん、

海から上がって一言、

「一本も乗れなかった」。
Img_0016
―――

About 太気拳

「間」の話。

「間」ってのは要するに隙間。

間に合わない、

間が違う、

間が良い、

間が抜ける。

その他いろいろあるが、

拳で大事なのは「間抜け」。

つまり間がない、

隙間が無い。

連続していて途切れることが無い。

―――

翻って「間がある」とは、

簡単に言ってリズムだ。

リズムとは隙間が無いと成り立たない。

つまり途切れる隙間があって始めてリズムになる。

リズムは跳ねる。

跳ねるからリズムが生まれる。

―――

飛び跳ねると、

気持ちが途切れる、

すると動きが途切れる。

動きが途切れると、

気持ちが途切れる。

途切れるとは、

最も拳では嫌う事だ。

大体飛び跳ねるような力は使わない。

| | コメント (0)

遊ぼ・・・

2019年4月1日(月)
Img_0009

 

Img_0003 寝床の中で悩んだ挙句、

 

寒さに負けて朝一サーフィンは取りやめ。

 

暫くお茶を飲んで身体を温めて、

 

陽が昇ってから偵察を兼ねた散歩。

 

春には珍しく空気が澄んで、

 

青空を背景に富士山が鮮明。

 

波は腿から腰で、

 

限られたポイントだけですが、

 

皆さん結構楽しそうに遊んでます。

 

さて、

 

これから朝食後に稽古して、

 

午後になっても波が消えてなかったら

 

仲間に入って遊ぼ・・・。
Img_0004

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »