« 夏が終わった・・・ | トップページ | 万事塞翁が馬・・・ »

カッコつけすぎである・・・

2019年10月2日(水)
Img_0009_20191002112101
静かな朝の海。
すれ違う皆さんとは、
台風の影響は何時ですかね~、
のご挨拶。
こちらはもう10月は捨てた気分。
Img_0008_20191002112101
―――
About 太気拳
内家拳と外家拳を考える。
こういった二つの分け方はどうなんだろう。
同じものを求める二つの筋道。
結局は至るところは同じようなもんですが、
切り口が全く違う。
―――
例えば震脚は優れた稽古法だが、
形から、つまり音から入る場合がある。
音と力で満足する場合が多い。
同じ震脚でも、動きと音を取り去れば禅になる。
震脚の目的は、
自らを一本の杭に見立てることだ。
地に打ち込まれる一本の杭。
これが震脚。
それに対して禅はふた様になる。
打ち込まれると同時に、
引き抜かれる一本の杭。
つまり上下の力。
―――
行く力は帰る力であり、
上がる力は下がる力と同じである。
そして前は後ろでもある。
全てが統一されれば、
人は地に屹立する一本の杭となる。
天を頂き地を踏む。
天地を繋ぐ一本の杭・・・。
―――
カッコつけすぎである・・・。

|

« 夏が終わった・・・ | トップページ | 万事塞翁が馬・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏が終わった・・・ | トップページ | 万事塞翁が馬・・・ »