« 稽古を繰り返してもね・・・ | トップページ | 一人もいませんね~ »

もどかしい・・・。

2020年1月16日(木)
About 太気拳
一つの稽古に複数の目的がある。
立禅は六面力はもとより、
足指から手先に至るまで細かい要求事項がある。
各要求は稽古する人間のレベルによって異なる。
例えば手指の方向にしても向かい合うか、
或いは対象を指すかの違いはレベル次第だ。
手指が対象に向かうときに大事なのは、
力の方向を明らかにするのは当然だが、
もう一つ大事なことに気付かなくてはならない。
それは照準を作り出す、ということだ。
銃に照星があるように、
拳に於いても照準は非常に大事だ。
上下前後左右の変化と簡単に言うが、
そこには基準が無くてはならない。
ただ闇雲に動き回るのではなく、
基準点を作り出し、
そこからどう動くのか、
が結果として変化につながる。
視覚的照準と身体的照準の一致。
それが変化のための第一条件。
それを禅に求める。
基準となるX軸Y軸そして0点が無ければ、
プラスもマイナスも存在しえない。
こんなことは考えなくても誰でも判りそうだが、
どうもそうではないようでもどかしい・・・。

|

« 稽古を繰り返してもね・・・ | トップページ | 一人もいませんね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稽古を繰り返してもね・・・ | トップページ | 一人もいませんね~ »