« 猫の欠伸・・・ | トップページ | 首が・・・ »

次回持越し・・・

2021年9月21日(火)
Img_0054_20210921101701
快晴、秋晴れ。

爽やかな風をまといながら、

Tシャツを脱いで海パン一丁で自転車。

軽く汗をかいたので海岸でシャワー。

ちょっと冷たいがひんやり感が季節の変化を感じさせる。

これから潮の引きにかかる時間で、

ロングの皆さんが走りすぎる。

好天満喫!
Img_0052_20210921101701

―――

About 太気拳

割りと新しい弟子からの質問。

「立禅の時に重心は爪先と踵のどちらがいいんでしょうか?」

これは立禅に対する疑問の中で一番多いかもしれない。

しかし、これに対する答えはない。

敢えて答えを探せば「不定」、住所不定の「不定」。

つまりどっちでも良い。

定まらないから「不定」。

―――

この疑問の問題点は、「爪先と踵」と言う問題の立て方の間違い。

爪先と踵しか重心の置き方がない、

重心はこの二つしかないと考える感性の未熟。

この問題の立て方では何時まで経っても答えは出ない。

だって、不定なのだから永遠に答えは出ない。

こんな疑問を持つ自分の問題意識に疑問を持つことこそ重要。

重心の問題は爪先踵ではない。

内か外か、つまり足の内側にあるか外側にあるかだ。

内外の疑問が出ないという事は、

それが意識に上らない、

つまり内外なんて思いもしない。

意識の中に内外の問題がないという事は、

線の動きしかない、面の動きが無い。

―――

で、結論は簡単で、

爪先踵は不定だが重心は常に外側。

重心を外側に置くことで得られる感覚を言葉に置き換えると、

「樹を抱く」になる。

では重心を内に置くとどうなる。

膝が内に入る。

内に入ると膝は座屈する。

相撲でよく言う「膝が入ってしまう」状態で、

関節の最も弱い状態だ。

膝が内に入り座屈する時の重心は内側。

―――

なんて説明をして、

具体的な形を示し終えたら弟子から一言。

「先生、猫の欠伸は・・・」?

すいません、忘れてました。

次回持越し・・・。

|

« 猫の欠伸・・・ | トップページ | 首が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫の欠伸・・・ | トップページ | 首が・・・ »